メリタのコーヒーメーカー人気おすすめランキング12選【全自動や新製品も!】

メリタのコーヒーメーカーには全自動モデルからドリップ式のオルフィやツイストなど複数のモデルがあります。今回はメリタのコーヒーメーカーをランキング形式でご紹介していきます。選び方も併せてご紹介していきますので、購入を迷われている方は、ぜひご覧ください。

メリタのコーヒーメーカーで心豊かなコーヒータイムを

メリタといえば、世界で初めてペーパードリップシステムを考案したコーヒーメーカーブランドです。理想的なスピードでドリップする「メリタ式1つ穴抽出」で、コーヒー豆とお湯の接触時間をコントロールして、美味しいコーヒーをドリップします。

 

メリタのコーヒーメーカーは全自動・ドリップ・カフェポッドタイプと種類も豊富で、どのコーヒーメーカーを選べばいいのか判断するのが難しいですよね。またモデルによって価格や機能性も異なるため、どれが自分に合っているのかも分かりにくいものです。

 

そこで今回は、メリタのコーヒーメーカーの選び方とおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。ランキングは種類・容量・機能などの基準で作成しました。購入に迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

メリタコーヒーメーカーの選び方

メリタのコーヒーメーカーは種類・容量・素材・機能などの基準から選ぶと、好みのものに出会いやすいです。

コーヒーメーカーの種類で選ぶ

メリタのコーヒーメーカーには全自動式・ドリップ式・カフェポッド式の3種類のタイプがあります。それぞれ扱いやすさやバリエーションの数などから、選び分けてみてください。

挽きたてのコーヒーを楽しむならミル付き「全自動式」がおすすめ

メリタの全自動式はミル付きなので、挽きたてのコーヒー豆で美味しい入れたコーヒーを手軽に楽しめます。「※メリタゴールドスタンダード・クオリティ」で入れられる機能が完備です。※18~22%の抽出率・コーヒー豆8gあたり91℃~94℃の熱湯を140ml注ぐ

 

豆の挽き目調節機能や目覚ましのタイマー機能付きなので、簡単操作で挽きたてのスペシャルな味わいのコーヒーが楽しみたい方はぜひ全自動式を選んでみてください。

幅広い種類の中から選びたいなら「ドリップ式」がおすすめ

ドリップ式は、メリタのコーヒーメーカーでもラインナップが豊富です。スタンダードタイプやラージタイプなどの容量や保温機能の有無、サーバー(カラフェ)の素材の違いなどから選べます。

 

ドリップ式は機能がシンプルなものやコスパ重視で低価格なものもあるので、初めてコーヒーメーカーを購入する方でも扱いやすく、選びやすいです。豊富なラインナップの中から選びたいなら、ドリップ式を選んでみてください。

手軽に1杯のコーヒーを楽しみなら「カフェポッド式」がおすすめ

メリタのカフェポッド式コーヒーメーカーは、ボタンを押すだけでマグカップ1杯分前後のコーヒーを入れられるシステムです。事前にコーヒー粉のパック「コーヒーポッド」をセットしてカップに直接コーヒーを注げば、1度に2杯分のコーヒーを入れられます。

 

コーヒーの挽き加減や抽出量が一定なので、手軽にコーヒーを飲みたい方に適しています。カフェポッド式はフィルターもペーパーフィルムも不要なので、入れ終わった後の片付けが簡単です。簡単にコーヒーを楽しみたい方はカフェポッド式を選んでみてください。

容量・サイズで選ぶ

メリタのコーヒーメーカーの容量・サイズはスタンダードタイプとラージタイプの2種類で、それぞれ抽出量が「~杯まで」と分かりやすいです。容量を基準に選んでみてください。

1~2人で楽しむなら「スタンダード」がおすすめ

メリタのコーヒーメーカーのスタンダードタイプでは、1回でコーヒーカップ5杯までドリップ可能です。コーヒーは入れた瞬間が最も風味がよく、時間の経過とともに風味が落ちてきます。美味しい状態で1~2人で楽しむなら、スタンダードタイプが適量です。

 

スタンダードタイプの容量は、1杯125mlのコーヒーカップを基準としているため、1杯250ml前後のマグカップであれば2~3杯前後の量なのです。おひとりでたっぷり楽しみたい方にもおすすめします。

職場やパーティなど複数人で楽しむなら「ラージ」がおすすめ

ラージタイプではコーヒーカップ10杯分のコーヒーが1回でドリップ可能です。マグカップであれば5~6杯分相当なので、職場や小規模なカフェ、パーティやランチ会など人が集まる機会で活躍してくれます。

 

スタンダードタイプと比べると重量が重くサイズも大きくなるため、入れる量や頻度によって選ぶのがおすすめです。5杯分以上をまとめてドリップする場合には、ラージタイプを選んでみてください。

素材で選ぶ

コーヒーメーカーの素材はステンレスとガラスの2種類で、それぞれ保温性や、見た目のデザイン、お手入れのしやすさなどが変わります。扱いやすい素材のものを選ぶのがおすすめです。

温度やコーヒーの風味を保ちたいなら「ステンレス」がおすすめ

ステンレス製のサーバーは真空二重構造になっており、保温や保冷性に優れています。保温プレートやヒーターを使わずに温度を保つため、コーヒーの風味を損なわずに保温が可能です。詰替え用やアイスコーヒー用に保管しやすい点で、非常に優れています。

 

また氷を入れれば簡単にアイスコーヒーを作れる上に、結露しにくいのもメリットです。

デザイン性やお手入れのしやすさ重視なら「ガラス」がおすすめ

ガラス製のサーバーはデザイン性が優れており、またドリップの瞬間を見れるので視覚的にも楽しめます。汚れが分かりやすく洗いやすいので、清潔に保ちやすいのもメリットです。ガラス製のサーバーは備え付きの保温プレートにより保温します。

 

保温プレートでの保温により風味や味わいが変化してしまうので、短時間で飲み切る必要があるのが欠点です。デザイン性や扱いやすさ重視の方は、ガラス製のメーカーを選んでみてください。

機能で選ぶ

メリタのコーヒーメーカーでは濃度調整機能・オートオフ機能・タイマー機能など便利に使える機能がついています。ご自身の希望する使い方によって、機能を選び分けてみてください。

コーヒーの濃さを日によって変えたいなら「濃度調節機能あり」がおすすめ

メリタのコーヒーメーカーの中には、コーヒーの濃度を段階的に調整する機能が搭載されているものがあります。「アロマフレッシュサーモ」や「ルックセレクション」が代表的な製品です。

 

例えば「アロマフレッシュサーモ」は3段階、「ルックセレクション」では7段階まで濃度調節が行えます。その日の気分や飲む時間によってコーヒーの濃さを変えたい方におすすめです。コーヒーの濃さにこだわりたいなら、濃度調節機能があるものを選んでみてください。

電源の切り忘れが心配なら「オートオフ機能付き」がおすすめ

電源の切り忘れが心配な方は、オートオフ機能が搭載されているものがおすすめです。メリタのコーヒーメーカーでは「オルフィ」や「ノア」がオートオフ機能に対応しています。抽出開始時や終了時にアラームが鳴り、その後自動に電源が切れるタイプがメインです。

 

またガラスタイプのサーバーの場合にはオートオフ機能により、コーヒー煮詰まりも防ぎます。

いつも決まった時間にコーヒーを楽しみたいなら「タイマー機能付き」がおすすめ

朝コーヒーを楽しみたい方や決まった時間にコーヒータイムを取っている方なら、タイマー機能付きがおすすめです。タイマーをセットしておけば操作不要で決まった時間に入れたてのコーヒーが楽しめます。

 

タイマー機能付きの製品は「アロマフレッシュサーモ」のような全自動式メーカーがメインです。事前に抽出濃度調整をしておくと飲みたいときに好みの濃さのコーヒーが楽しめます。決まった時間にコーヒーを飲むなら、タイマー機能付きを検討してみてください。

モデルで選ぶ

メリタのコーヒーメーカーにはそれぞれ特色のあるモデルが複数あります。機能性や価格がそれぞれ異なるので、ぜひ機能に合わせて選び分けてみてください。

クリーンな水でコーヒーを飲みたいなら「オルフィ・オルフィプラス」がおすすめ

「オルフィ」はメリタ専用の浄水フィルターを搭載しており、水道水のカルキを99%除去してくれるモデルです。コーヒー豆の本来の風味を引き出してくれるので、ご家庭の水道に浄水がない方に特におすすめします。また着脱式のタンクにより、お手入れも簡単です。

 

また機能を改良・バージョンアップした後継モデルの「オルフィプラス」もあります。蒸らし機能や「メリタ1つ穴抽出」により、コーヒーの味わいにも定評があるので、水にこだわったコーヒーを楽しみたい方はぜひオルフィを選んでみてください。

スタイルッシュでコンパクトなタイプがいいなら「ノア・ノアプラス」がおすすめ

「ノア」はコンパクトでスタイリッシュな見た目が特徴的な人気モデルです。後継タイプとして「ノアプラス」も発売されています。メリタ独自の蒸らし機能を採用しており、コーヒーの味わいにも定評があるモデルです。

 

オートオフ機能やしずく漏れ防止機能などによる使い勝手はもちろん、省スペースに収まるコンパクト設計も評価されています。使いやすく、キッチン周りをスッキリと見せるコーヒーメーカーをお探しなら、「ノア」や「ノアプラス」を検討してみてください。

使いやすい低価格モデルがいいなら「ツイスト」がおすすめ

「ツイスト」はコンパクトかつシンプルなデザインが特徴的なモデルです。抽出したコーヒーを攪拌する「アロマツイスター」機能により、濃度を均一にしてくれます。中身が見えるガラスポットタイプなので、視覚でドリップが楽しめるポットがよい方にもおすすめです。

 

最低限の機能のついたシンプル設計のスタンダードサイズのモデルなので、低価格でシンプルな物が欲しい方にもおすすめします。

 

今回はコーヒーメーカーをご紹介していますが、ドリップを楽しみたい方にはコーヒードリッパーもおすすめです。以下の記事ではおすすめのコーヒードリッパーと選び方をご紹介していますので、参考にしてみてください。

多機能で全自動のハイエンドモデルがいいなら「アロマフレッシュサーモ」

「アロマフレッシュサーモ」はミル付の全自動式コーヒーメーカーなので、挽きたてのコーヒー豆の風味豊かな味わいが楽しめます。濃度調整も3段階・タイマー機能が搭載されているので、好みの濃度のコーヒーを決まった時間に楽しみたい方におすすめのモデルです。

 

50年以上積み重ねたメリタのコーヒー抽出の独自理論が詰め込まれています。「メリタゴールドスタンダード」を楽しめる高機能なコーヒーメーカーをお探しの方におすすめです。

コスパ重視で手軽に試してみるなら「ミアス」がおすすめ

「ミアス」は比較的安価でありながら、10杯までのコーヒーが入れられるコスパ重視のモデルです。メリタのコーヒーメーカーの特徴であるメリタ式抽出法や、しずく漏れ防止機能など使いやすい機能がつまっています。

 

ガラスポットタイプなのでドリップの状態を見たい方や、清潔に保ちたい方におすすめです。最低限の機能性が揃っているので、コスパよくメリタのコーヒーメーカーを試してみたい方は、「ミアス」を選んでみてください。

「新製品」もチェック

メリタのコーヒーメーカーの新製品は2021年12月15日に発売された「メリタオルフィプラス」と2021年11月1日に発売された「メリタノアプラス」の2種類です。(※2022年4月現在)

 

いずれも2015年発売の人気モデルの後継バージョンで複数のバージョンアップがなされています。蒸らし機能・着脱式タンク・浄水フィルターなど快適に美味しいコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーです。

 

メリタジャパンでは新製品発表会をオンラインで行う場合もあるため、新製品や最新作が気になる方は、メリタジャパンのHPをチェックしてみてください。

業務用に導入するなら「カフィーナ」シリーズもチェック!

メリタのコーヒーメーカーには業務用のフルオートのコーヒーマシーンがあります。メリタの業務用モデルは「カフィーナ」で、直観操作が可能なタッチパネル式モニターが特徴です。

 

その他コーヒーのクオリティ管理システム・圧力可変システム・1kg×2のキューブ型ホッパーを搭載しています。業務用の導入を検討している方は、カフィーナモデルをチェックしてみてください。

メリタコーヒーメーカーの人気おすすめランキング12選

シックで使いやすいシンプル設計メーカー

こちらは最低限の機能が揃ったシンプル設計のコーヒーメーカーです。お湯の流れを調節する「メリタ1つ穴抽出」や高温抽出など、メリタ独自機能が揃っています。またガラス製ポットで保温プレートでの保温が可能です。

 

またシックかつスタイリッシュなデザインなので、一人暮らしからファミリー層まで手頃に使えます。

タイプ ドリップ式 サイズ 193×180×265mm
抽出可能量 2~5杯 重量 1.5kg
ポットタイプ ガラス 機能 保温・しずく漏れ防止

口コミを紹介

さすがメリタ、予想通りの優秀なドリップバスケットのお陰でしょうか。
大満足です。
二千円以下でこの性能はコストパフォーマンス最高です。
価格の安さで判断されないほうが良いですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

本格のドリップでマイルドからストロングまで楽しめる

こちらは本格的なドリップを極めた高機能コーヒーメーカーです。アロマセレクターでマイルドからストロングまでテイストを簡単に選べます。オートオフ機能・ワンタッチプッシュボタンでの開閉・フィルターの簡単着脱と機能性も高いです。

 

その他しずく漏れ防止機能や保温機能など嬉しい機能が揃っているので、操作性と機能性ともに優れたコーヒーメーカーをお探しの方におすすめします。

タイプ ドリップ サイズ W225mm×D225mm×H330mm
抽出可能量 2~10杯 重量 2.15kg
ポットタイプ ガラス 機能 オートオフ・アロマセクター・しずく漏れ防止・保温

口コミを紹介

結局"残量が見える""綺麗に洗える"ガラス製が一番と思いました。その中でもこちらは注いだ後コーヒーが回ることもありません。あれは私にとってかなりのストレス。そしてポットの形も洗いやすく洗い残しは多分ないと思えます。肝心の味と香りですが、ひとつ前に購入したものがかなり味と香りが薄く出たのに比べてしっかり出ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ボタン1つで簡単に2杯分のコーヒーが入る

コーヒーポッドマシーンは2つのポッドホルダーがあり、1回に2杯までのコーヒーが簡単に入れられます。コーヒーポッドをセットし、ボタンを押すだけで手軽にコーヒーが楽しめます。1回で2カップ分を同時に抽出可能です。

 

圧力や水量を絶妙に調整し、抽出量も好みによって調整可能です。カップの置き位置も調整可能なので、手軽に美味しいコーヒーを楽しみたい方にもおすすめします。

タイプ カフェポッド式 サイズ 約340x272x234mm
抽出可能量 約250ml(2杯分) 重量 3.78kg
ポットタイプ ステンレス 機能 抽出量調整・2種類のドリップトレー

口コミを紹介

ポッドを2杯で湯量を1カップ分にして、氷を入れたグラスをセットすれば手軽にアイスコーヒーも入れられるなど自由度が高いです。以前はポッドが高い記憶があったのですがキーコーヒーさんでは1杯34円前後で手に入り、豆で買うよりお安く簡単に美味しいコーヒーが飲めるので非常に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

メリタ(Melitta)

オルフィプラス ブラックSKT53-1B

口コミも良い人気モデルの後継新製品

「オルフィプラス」は人気モデル「オルフィ」の後継タイプのコーヒーメーカーです。世界基準の美味しさ「メリタゴールドスタンダード・クオリティ」によるコーヒーの味わいはそのままに、随所に使いやすい工夫がほどこされています。

 

リムーバブル・タンクで取り外ししやすく、日々のお手入れや給水が簡単です。しずく漏れ防止・蒸らし機能・オートオフ機能など機能も充実しているので、使い勝手のよいコーヒーメーカーをお探しの方におすすめします。

タイプ ドリップ式 サイズ 約146×310×293mm
抽出可能量 0.7L(2~5杯) 重量 1.7kg
ポットタイプ ステンレス 機能 しずく漏れ防止・オートオフ

口コミを紹介

この製品非常にシンプル。洗えるところはこまごましてなくて洗いやすく、水のタンクも外せてしっかり洗える。コーヒー豆がフィルターからあふれることなく、入れた水の量だけボタン一つでコーヒーが入る!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

メリタジャパン

ノア プラス ブラック SKT55-1B

人気モデルの後継タイプの新商品

ノアプラスは、人気のモデル「ノア」の後継タイプのコーヒーメーカーです。温度や抽出時間にこだわった世界基準「メリタゴールドスタンダード」を採用しており、美味しいコーヒーを楽しめます。

 

真空二重構造のステンレスボトルなので、保温性に富んでいます。ワンタッチでの開閉機能・しずく漏れ防止機能・オートオフ機能など扱いやすい機能も充実しています。コーヒーの煮詰まりが気になる方にもおすすめです。

タイプ ドリップ式 サイズ 331 x 278 x 167mm
抽出可能量 0.7L(2~5杯) 重量 2.1kg
ポットタイプ ステンレス 機能 蒸らし機能・しずく漏れ防止機能・オートオフ

口コミを紹介

久しぶりに使用のコーヒーメーカーなので味についてはほかのものと比較できないですが普通においしい
蒸らし機能が働いてるのか入れてる途中に電源が付いたり消えたりしててそこで村氏の時間を取っているのかなと。ポットの漏れもなくペーパーを受ける部分も取っ手付きで取り外し容易で使いやすいです

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

スイングフィルターで取り外し簡単

こちらはスリムでスタイリッシュな見た目のコーヒーメーカーです。ラージタイプで1回で最大10杯分まで入れられるので、大人数が集まるシーンでも活躍します。ステンレスタイプなので、煮詰まりを防ぎながら保温したい方にもおすすめです。

 

またポットの口径が広いため、洗浄が簡単な上に氷をそのまま入れてアイスコーヒーが簡単に楽しめる使いやすさ重視のタイプです。さらにオートオフ機能や「メリタ1つ穴抽出機能」など機能性も充実しています。

タイプ ドリップ式 サイズ 約180×235×345mm
抽出可能量 1.4L(3~10杯) 重量 1.7kg
ポットタイプ ステンレス 機能 オートオフ

口コミを紹介

以前からメリタのコーヒーメーカー使用。サーモスのやつでしたが漏れてきて掃除もしにくくフィルター入れが割れたので買い替えました。一回り小さくなったようで、蓋が開けやすく閉めやすいですね。洗いやすいし保温もバッチリで買って良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Melitta メリタ

AFT1021-1B アロマフレッシュサーモ ブラック

タイマーや濃度調節など多機能な全自動メーカー

こちらはミル付の全自動コーヒーメーカーです。タイマー・コーヒー粉の3段階調整・抽出濃度の調整と機能性も高く、性能、価格ともに高いハイエンドモデルといって差し支えありません。メリタの独自の抽出理論を体現したモデルです。

 

付属のミルは「コニカル式グラインダー」採用で均一に挽くので、簡単操作で「挽きたて、入れたて」の美味しいコーヒーが楽しめます。挽目や抽出濃度など細かい設定により、お好みのコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

タイプ 全自動 サイズ 約263×237×441mm
抽出可能量 1.25L(2~10杯) 重量 4.7kg
ポットタイプ ステンレス 機能 3段階挽き目調節・抽出濃度調整・タイマー

口コミを紹介

沢山、容量が必要な人に最適です。追加でポットだけを購入しておくと便利です。ドライブや農作業の時など、出掛ける時にもポットごと持って移動できるので愛用してます。アイスは半日以上冷たく、ホットも6時間は持ちます。これ2台とポットのみ4つも使用してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

最低限の機能が揃った良質低価格モデル

こちらはシンプルな機能が揃った低価格モデルのコーヒーメーカーです。高温抽出機能により、コーヒーが最も美味しくなる温度でドリップします。さらに「メリタ式1つ穴抽出」でコーヒー豆を蒸らすので、ハンドドリップさながらの味わいです。

 

リーズナブルに風味豊かなコーヒーを味わえるモデルをお探しの方は、ぜひこちらのモデルを選んでみてください。

タイプ ドリップ式 サイズ 約180×195×265mm
抽出可能量 0.7L(2~5杯) 重量 1.3kg
ポットタイプ ガラス 機能 保温

口コミを紹介

今まで3つ穴のメーカーを使っていましたが、メリタに変えると珈琲の香が一際引き立ち自宅で美味しい珈琲が頂けます。一つ穴で抽出する事により、美味しさも集約されていると思います。お手軽な珈琲を買うより自宅でゆったりした気分の珈琲タイム。スタイリッシュなデザインでキッチンもお洒落。大満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

メリタジャパン

ミアス MKM-4101/B ブラック

低価格でコスパのいいラージタイプ

ミアスは4,000円以下の低価格にもかかわらず、1度に3~10杯のコーヒーが入れられるコーヒーメーカーです。職場やパーティなど複数人で楽しめるシーンで活躍してくれます。コンパクトで場所を取らないので、扱いやすいのもメリットです。

 

またフィルターはスイングフィルターを採用しており、取りはずしやすく、セットや丸洗いも簡単です。ポットはガラス製なので汚れが目視しやすく清潔に保てます。コスパのよいコーヒーメーカーをお探しの方のおすすめです。

タイプ ドリップ式 サイズ 約168×230×305mm
抽出可能量 1.4L(3~10杯) 重量 1.4kg
ポットタイプ ガラス 機能 保温プレート

口コミを紹介

最大で約1.2Lも使えるのにコンパクトに仕上がっており、置き場に困らない。
値段も安く、味も及第点。初めてコーヒーメーカーを購入する方にもおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

メリタ

ツイスト ジェットブラック SCG58-3B

リーズナブルに香り豊かなコーヒーを楽しめる

こちらは抽出したコーヒーを攪拌する「アロマツイスター機能」を搭載しており、風味豊かなコーヒーを楽しめるコーヒーメーカーです。ガラスタイプで付属の保温プレートによりいつも温かいコーヒーが楽しめます。

 

非常にスリムかつコンパクトなタイプで価格も5,000円以下とリーズナブルです。カラーバリエーションはジェットブラックのほかルビーレッドの2種類あるので、インテリアとの調和を考えて選びたい方は選んでみてください。

タイプ ドリップ式 サイズ 約180×195×265mm
抽出可能量 0.7L(2~5杯) 重量 1.3kg
ポットタイプ ガラス 機能 アロマツイスター・保温

口コミを紹介

ドリップも早いしコーヒーそのものも美味しいです。サーバーが洗いにくいのはレビューで読んで知っていました。値段と照らし合わせても我慢出来ると思います。5000円以上の物にしなくてもこちらで充分の品物だと思います。商品も早く届いて助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

真空二重構造のステンレスポットで風味をそのままに保温

こちらは数あるメリタコーヒーメーカーの中でもリーズナブルなタイプで、スリムでスタイリッシュなデザインが特徴的なステンレスタイプのコーヒーメーカーです。アラーム機能やオートオフ機能などの便利な機能を搭載しています。

 

ポットを外す際にしずくが落ちない「しずく漏れ防止機能」も備わっており、清潔に使いやすいです。1回で2~5杯分を入れられるスタンダードタイプなので、使いやすくお手頃なコーヒーメーカーをお探しな方におすすめします。

タイプ ドリップ式 サイズ 約269×152×311mm
抽出可能量 0.7L(2~5杯) 重量 1.7kg
ポットタイプ ステンレス 機能 アラーム・オートオフ

口コミを紹介

激しく愛用しています。
悩みましたが、保温ポットのタイプにして本当に良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Melitta(メリタ)

ALLFI (オルフィ)ブラック SKT521B

こだわりの抽出法と保温法のドリップ式メーカー

こちらは専用浄水フィルター付きで水道水の99%のカルキを除去するコーヒーメーカーです。「メリタ式1つ穴抽出」で内側のミゾと角度でお湯の流れを調整しコーヒー豆をじっくり蒸らします。ステンレス製なので風味をそのままに保温可能です。

 

アラームやオートオフ機能付きなので、省電力が気になる人にもおすすめです。給水タンクはリムーバブル式で取りはずしやすく、洗浄や給水も簡単です。多機能なドリップ式メーカーをお探しの方はぜひ選んでみてください。

タイプ ドリップ式※ミルなし サイズ 幅31cm×奥行14.6cm×高さ29.3cm
抽出可能量 2~5杯分 重量 1.7kg
ポットタイプ ステンレス 機能 アラーム・オートオフ

口コミを紹介

すごく気に入ってます。ポットがステンレスなので、割れる心配もなく、洗いやすい。一番気に入ってるのが、多めに作って、少し時間を置いて飲んでも味がほぼ変わらず、温かいのがよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

メリタコーヒーメーカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ サイズ 抽出可能量 重量 ポットタイプ 機能
1
アイテムID:9675511の画像
ALLFI (オルフィ)ブラック SKT521B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

こだわりの抽出法と保温法のドリップ式メーカー

ドリップ式※ミルなし 幅31cm×奥行14.6cm×高さ29.3cm 2~5杯分 1.7kg ステンレス アラーム・オートオフ
2
アイテムID:9675517の画像
ノア ブラック SKT54-1-B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

真空二重構造のステンレスポットで風味をそのままに保温

ドリップ式 約269×152×311mm 0.7L(2~5杯) 1.7kg ステンレス アラーム・オートオフ
3
アイテムID:9675528の画像
ツイスト ジェットブラック SCG58-3B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブルに香り豊かなコーヒーを楽しめる

ドリップ式 約180×195×265mm 0.7L(2~5杯) 1.3kg ガラス アロマツイスター・保温
4
アイテムID:9675755の画像
ミアス MKM-4101/B ブラック

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

低価格でコスパのいいラージタイプ

ドリップ式 約168×230×305mm 1.4L(3~10杯) 1.4kg ガラス 保温プレート
5
アイテムID:9675536の画像
エズ ブラック SKG56-T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最低限の機能が揃った良質低価格モデル

ドリップ式 約180×195×265mm 0.7L(2~5杯) 1.3kg ガラス 保温
6
アイテムID:9675747の画像
AFT1021-1B アロマフレッシュサーモ ブラック

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

タイマーや濃度調節など多機能な全自動メーカー

全自動 約263×237×441mm 1.25L(2~10杯) 4.7kg ステンレス 3段階挽き目調節・抽出濃度調整・タイマー
7
アイテムID:9675748の画像
イージートップサーモ LKT-1001

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スイングフィルターで取り外し簡単

ドリップ式 約180×235×345mm 1.4L(3~10杯) 1.7kg ステンレス オートオフ
8
アイテムID:9680014の画像
ノア プラス ブラック SKT55-1B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

人気モデルの後継タイプの新商品

ドリップ式 331 x 278 x 167mm 0.7L(2~5杯) 2.1kg ステンレス 蒸らし機能・しずく漏れ防止機能・オートオフ
9
アイテムID:9675762の画像
オルフィプラス ブラックSKT53-1B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

口コミも良い人気モデルの後継新製品

ドリップ式 約146×310×293mm 0.7L(2~5杯) 1.7kg ステンレス しずく漏れ防止・オートオフ
10
アイテムID:9675771の画像
MKM-112 コーヒーポッドマシーン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ボタン1つで簡単に2杯分のコーヒーが入る

カフェポッド式 約340x272x234mm 約250ml(2杯分) 3.78kg ステンレス 抽出量調整・2種類のドリップトレー
11
アイテムID:9696799の画像
ルック デラックスII MKM-9110/B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

本格のドリップでマイルドからストロングまで楽しめる

ドリップ W225mm×D225mm×H330mm 2~10杯 2.15kg ガラス オートオフ・アロマセクター・しずく漏れ防止・保温
12
アイテムID:9697140の画像
ステップス MKM-533/B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シックで使いやすいシンプル設計メーカー

ドリップ式 193×180×265mm 2~5杯 1.5kg ガラス 保温・しずく漏れ防止

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

 

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

コーヒーメーカーの使い方&美味しく入れるワンポイント

コーヒーメーカーは些細なポイントをおさえるだけで、美味しいコーヒーが楽しめます。ここでは3つのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ドリップ式コーヒーメーカーの使い方

ドリップ式コーヒーメーカーの基本的な使い方をご紹介します。用意するものは以下のものです。

  • ドリップ式コーヒーメーカーペーパーフィルター
  • コーヒー粉
  • コーヒーサーバー
  • 計量スプーン

 

ペーパーフィルターのつなぎ目を折り、ドリッパーに密着してセットします。計測スプーンで入れる量のコーヒー粉を計測し、フィルターの中で粉の表面を平らにしてください。給水タンクに水をいれて、コーヒーサーバーとドリッパーをセットして抽出設定します。

 

コーヒーの抽出量や濃度設定を選び、スタートボタンを押します。機械音が無くなったら抽出完了です。以下の記事ではコーヒー粉についてご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ミル付コーヒーメーカーの使い方

ミル付コーヒーメーカーはコーヒー豆を挽き、抽出まで行う全自動タイプから、半自動タイプがあります。コーヒー豆の「自動計量タイプ」と「入れた分だけ使い切るタイプ」があるため、事前に確認して量を調節してください。

 

コーヒー豆とコーヒー粉のどちらも使えるコーヒーメーカーの場合には、豆か粉かを選択します。挽き方が調整可能なタイプは粉の粒度(挽き方)を設定して好みに選んでみてください。「細挽き」なら苦みが強まり、「粗挽き」と軽く酸味が残る味になる傾向です。

 

ミル部分に希望する杯数分のコーヒー豆を入れて挽きます。半自動のコーヒーメーカーは挽いた粉を手動でドリッパーに移し替えて使います。その後の基本手順はドリップ式と同じです。以下の記事ではコーヒー豆についてご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

コーヒー豆や粉の適量をチェック!

コーヒーメーカーを使うときには、コーヒー豆の量・コーヒー粉の量は1杯あたり10~15gが基本です。コクや味に深みがあるコーヒーを飲みたいときには、深入りの豆を使うと味に深みが出ます。コーヒー粉やコーヒー豆の量を増やすよりも、味の深みを感じやすいです。

ペーパーフィルターは折り目をつける

初めてコーヒーメーカーを使うときに、意外に見のがしやすいのがコーヒーフィルターの折り目です。紙の溶接部分をしっかり折ってみてください。適切に折っておけばコーヒーメーカーとフィルターが密着し、コーヒー粉や豆の混入を防ぎます。

 

以下の記事ではコーヒーフィルターについてご紹介しています。ぜひ参考にしてみください。

希望する味わいに合った水を選ぶ

コーヒーを入れるのは硬度が低い水道水がおすすめです。日本の水道水は軟水が多くミネラル成分が少ないため、コーヒー本来の風味を引きたてます。また水道水には塩素が入っているため、コーヒーメーカーの内部を清潔に保つ働きをしてくるのもメリットです。

 

一方でマイルドな味わいに仕上げたいなら、軟水のミネラルウォーターがおすすめです。ミネラルウォーターは塩素がない分マイルドな味わいになるので、角の取れた味を求める方におすすめします。

コーヒーメーカーの掃除方法

コーヒーメーカーは日々の掃除やメンテナンスをしっかり行うと、コーヒーの味にも反映されます。ここではコーヒーメーカーの掃除の方法をご紹介します。

普段のお手入れのコツ

コーヒーメーカーを掃除するときには、パーツを分解して洗う・拭くのが基本です。フィルター・フィルターカバー・給水タンク・ポット・本体を外します。どこまで外してOKなのかは製品にもよるので、メーカーHPや説明書でチェックしてみてください。

 

パーツは水洗いをして、本体は水拭きが基本です。パーツは食器用スポンジと水で水洗いをしてから乾拭きをします。本体は濡れた布巾で水拭きをしてから、乾拭きで仕上げてみてください。カビや生乾き臭を防ぐためにも水分をしっかりふき取るのは重要です。

こびりついた水垢・コーヒー渋掃除のコツ

本体内部の水垢を落とすときには、水とクエン酸を使います。クエン酸はアルカリ性の水垢を落とすので、コーヒーの水垢を溶かす作用をするためです。酢も同じくクエン酸ですが匂いが移ってしまうため、おすすめしません。

 

給水タンクいっぱいに水を注いだあとに、クエン酸を投入し混ぜます。クエン酸の量はコーヒーメーカーの抽出可能量(何杯分入るか)に合わせて調節してみてください。1杯分あたり1gなので10杯分まで作れるコーヒーメーカーなら、クエン酸を10g入れます。

 

コーヒーの粉をセットせずにドリップして、全て出し切ります。「給水タンクにクエン酸水セット~ドリップ」の工程を4~5回繰り返してください。清潔な布で乾拭きし、水分をふき取れば完了です。もしコーヒー渋まで落とすしたいなら専用の洗剤を使ってみてください。

まとめ

今回はおすすめのメリタのコーヒーメーカーと選び方をご紹介してきました。ぜひこの機会に使いやすいコーヒーメーカーを見つけて、素敵なコーヒータイムを過ごしてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年04月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コーヒーの人気おすすめランキング15選【インスタントや缶コーヒーも】

コーヒーの人気おすすめランキング15選【インスタントや缶コーヒーも】

コーヒー飲料
ドリップ式コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選【ティファールも紹介】

ドリップ式コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選【ティファールも紹介】

コーヒーメーカー
コーヒーギフトの人気おすすめランキング15選【ドリップコーヒーや高級品も】

コーヒーギフトの人気おすすめランキング15選【ドリップコーヒーや高級品も】

その他のギフト
【2022年最新版】全自動コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング23選【買ってよかった】

【2022年最新版】全自動コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング23選【買ってよかった】

コーヒーメーカー
大容量コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング12選【10杯以上飲める!】

大容量コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング12選【10杯以上飲める!】

コーヒーメーカー
【2022年最新版】缶コーヒーの人気おすすめランキング28選【美味しい種類はどれ?】

【2022年最新版】缶コーヒーの人気おすすめランキング28選【美味しい種類はどれ?】

コーヒー飲料