ドリップ式コーヒーメーカーのおすすめ人気ランキング10選【ティファールも紹介】

本格的で美味しいコーヒーを手軽に淹れられるドリップ式コーヒーメーカー。シロカやパナソニックなど、さまざまな機種が各メーカーから販売されています。そこで今回は、ミル付き全自動マシンやミルなしの機種など、ドリップ式コーヒーメーカーの人気ランキングと選び方のポイントをご紹介します。

今回ご紹介している、ドリップ式コーヒーメーカーの人気ランキングと併せて、下記の専門家監修コーヒーメーカーの人気ランキング25選の記事もご参考ください。

ドリップ式コーヒーメーカーの魅力

ドリップ式コーヒーメーカーとは、挽いた豆と水を本体にセットし、スイッチを押すだけでドリップしてコーヒーが抽出される機械です。コーヒーメーカーには様々な種類がありますが、その中でも今回はドリップ式のコーヒーメーカーに注目して紹介します。

 

本格的なコーヒーを手軽に楽しめるドリップ式コーヒーメーカーは、コーヒーの種類や淹れる量などによって選ぶ機種も変わってきます。ミル付きやミルなし、抽出できる杯数、設置場所などまず自分に合った機種を見極めましょう。

 

そこで今回は、ドリップ式コーヒーメーカーの選び方と、人気ランキングを紹介します。ランキングは、サイズ・容量・ミルを基準に作成しました。購入を検討されている方は是非参考にして、自分好みの商品を見つけてください。

コーヒーメーカーの種類と特徴

コーヒーメーカーの種類は大きく分けて3種類です。ここでは、ドリップ式の特徴とそのほかの種類も併せてご紹介します。

ドリップ式の特徴

ドリップ式とは、コーヒーの粉にお湯をゆっくりと回しながらかけコーヒーを抽出する方法です。初心者の方は、マシンを使用するとより均一で簡単に美味しいコーヒーが淹れられます。

他の抽出方法の特徴

ドリップ式コーヒーメーカーの他には、カプセル式のものとエスプレッソマシンがあります。それぞれの特徴も併せて紹介します。

コーヒーだけでない豊富なフレーバーを楽しめるのは「カプセル式」

カプセル式のコーヒーメーカーはカプセルをセットするだけで好みのドリンクを作れます。コーヒーはもちろん抹茶ラテや紅茶、ルイボスティーやフレーバーティーなどさまざまなドリンクを、それぞれの特徴に合わせて美味しく抽出できるのも特徴です。

エスプレッソが好きな方は「エスプレッソマシーン」

エスプレッソコーヒーは、コーヒー豆に一定の圧力をかけて一気に抽出します。そのため通常のコーヒーメーカーではなく、エスプレッソマシンが必要になります。豆から抽出するタイプや粉を使用するタイプ、全自動など種類はさまざまです。

 

エスプレッソはもちろん、カプチーノ・カフェラテなど飲みたい味や使いやすさで選べます。

買ってよかったと思えるドリップ式コーヒーメーカーの選び方

美味しいコーヒーを楽しむためには、買ってよかったと思えるコーヒーメーカーを選びましょう。ここでは、ドリップ式コーヒーメーカーの選び方のコツなどをご紹介します。

容量で選ぶ

コーヒーメーカーは機種によって一度にどのくらいの量のコーヒーを淹れられるかが異なります。あなたのライフスタイルに合わせて選ぶと便利です。

1~2人で使うなら一度に「180ml~360ml」入れられるモデルがおすすめ

一人暮らしの方や、家族がいても自分だけが日常的にコーヒーを飲む習慣がある方は、一度に1~2杯淹れられるモデルがおすすめです。1杯だけ飲みたいのに大容量モデルを選んでしまうと、コーヒーが余ってしまったり、冷めてしまったりしてしまいますね。

3人以上で使うなら一度に「500ml以上」淹れられる大容量モデルがおすすめ

家族みんなでコーヒーを楽しむときや、来客が多い時などは一度に数杯分を淹れられる大容量モデルがおすすめです。少ない杯数のモデルで何度も淹れる手間が省け、いつでも美味しいコーヒーを楽しめます。

 

さらにオフィスやカフェなどで、大人数が一度に使用するのが想定されている場合は、10杯分以上を一度に淹れられる大容量モデルがとても効率的です。以下の記事では、大容量淹れられるコーヒーメーカーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

フィルターで選ぶ

ドリップ式コーヒーメーカーを使う上で欠かせないのがフィルターです。フィルターによっては、お手入れ簡単なものなどもあるので購入前にチェックしてください。

お手入れ簡単なものなら「紙フィルター」がおすすめ

紙フィルターとは名前のとおり厚めの紙でできたコーヒーフィルターです。紙フィルターはコーヒーに含まれる油分や水分を素早く吸い取る能力に優れているため、ドリップ後はさっぱりとした味わいのコーヒーを楽しめます。

 

使用後のフィルターにはコーヒーの粉など細かいものがたくさん張り付いているので、使い捨てできる紙フィルターだと掃除の手間がなくとても便利です。以下の記事では、コーヒーフィルターの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

味わいを重視するなら「メッシュフィルター」がおすすめ

メッシュフィルターとは、金属や樹脂でできたフィルターです。紙のフィルターと異なり、コーヒー豆から出る油分を吸収しないのでコーヒー豆本来の深い味わいを楽しめます。

 

使い捨てではないので、コーヒーの粉や細かいゴミなどが付いたフィルターは使うたびに洗う必要があります。洗うのは少し手間ですが、ごみが少なくなるので環境にやさしく、ごみ袋有料化などでごみを減らしたい方におすすめです。

機能で選ぶ

各メーカーのドリップ式コーヒーメーカーには、さまざまな機能があります。自分好みの美味しいコーヒーを淹れるには、自分に合った機能のある機種を選びたいですね。

時間をかけて飲みたい方は「保温機能」がおすすめ

ドリップ式のコーヒーメーカーには、ドリップしたコーヒーをためるサーバー付きの機種が多いです。せっかく抽出したコーヒーをためている間に冷めてしまっては味が落ちてしまいます。そのため何回かに分けてコーヒーを飲みたい方は保温機能付きがおすすめです。

 

保温機能はサーバーを直接温めるタイプと、サーバーそのものが保温性の高い素材を使用しているタイプがあります。また、保温機能を自動で調整し、温め続けると水分が失われてコーヒーが煮詰まる状態を防いでくれるタイプもあります。

ハンドドリップに近い味わいを楽しむなら「蒸らし機能」がおすすめ

コーヒーをドリップする方法として、コーヒーマシンを使う以外に人の手でお湯を注いでドリップする方法もあります。喫茶店などでマスターがドリップしている姿を、見た経験がある方もいらっしゃると思います。

 

その役目を自動で担うのがドリップ式コーヒーメーカーですが、抽出するときに蒸らし機能がついているとハンドドリップで淹れたコーヒーに近い味わいを楽しめます。蒸らすとコーヒー粉の全体にお湯がしっかりと行き渡るので、風味や香りを十分に引き出せます。

水道水を使用するなら「浄水機能」がおすすめ

浄水器などを通した水ではなく水道水を直接使用する場合は、浄水機能が搭載されているコーヒーメーカーがおすすめです。水道水を消毒するために含まれているカルキ(塩素)は独特の味やにおいをもつため、コーヒーの味に影響を与えます

 

そのため、浄水機能がついているとカルキの味やにおいを取り除けるので、コーヒー本来の味を楽しめます。

飲みたいタイミングに合わせて準備しておきたい方は「タイマー機能付き」がおすすめ

タイマー機能がついていると朝起きたとき、仕事から帰ったときなどあらかじめ設定した時間に合わせて、できたてのコーヒーが淹れられます。いつも決まったタイミングで飲む場合が多い方におすすめの機能です。

ミル付き・ミルなしの違いで選ぶ

ドリップ式コーヒーメーカーには、本体で豆を挽いてくれるミル付きと、ドリップのみのミルなしタイプがあります。また、ミルの種類にも違いがあるのでそれぞれを紹介します。

手軽さを重視する方はお手入れ簡単な「ミルなし」がおすすめ

豆から挽いた状態のコーヒーの粉は商品としてたくさん販売されているので、粉をセットしてドリップするタイプのモデルが最もシンプルで手軽なモデルです。ミルが内蔵されていないので値段も安く抑えられます。

 

初めてコーヒーメーカーを使う方やコスパを重視したい方は、まずミルなしのタイプを使ってみてください。お手入れ簡単なので初心者の方におすすめです。

安い価格のものをお探しの方は「カッター式ミル付き」おすすめ

粉で売られている用品を活用するのも手軽で良いのですが、やっぱりコーヒー豆は淹れる直前に挽いた方が香りをより楽しめます。香りにはこだわりたいけど値段が高すぎるのは手が出せない方には、カッター式ミルが内蔵されている対応がおすすめです。

 

ミルにはカッター式とコーン式の2種類があります。割と安い値段で手に入れられるカッター式は、プロペラ状の刃が回転してコーヒー豆を粉にしていきます。ある程度挽きたての豆の香りを楽しめるので、コスパのいいミル付きモデルを探している方におすすめです。

豆から香りを最大限楽しむには「コーン式ミル付き」がおすすめ

もう一つのタイプのコーン式ミルは、渦のような形の刃が回転しながら、豆から粉になるまで挽いていきます。美味しいコーヒーを入れるために必要なミルの性能のポイントは、熱を発生させない・粉の大きさを均等にするの2つです。

 

コーン式ミルは豆を挽く過程で発生する熱が少なく、均一な粉にできるので両方のポイントでカッター式ミルより勝っています。雑味が少なく香りが豊かなコーヒーを楽しめます。価格は少し高く、お手入れに少し手間がかかりますが、おいしいコーヒーを追求している方におすすめです。

既にミルを持っているなら「ミルなしタイプで併用」もおすすめ

すでに自分好みの豆の挽き方ができるミルを持っている方は、ミルなしタイプのコーヒーメーカーがおすすめです。内蔵型ではないミルを選ぶと選択肢の幅も広がるので、自分好みの挽き方にこだわって美味しいコーヒーを淹れられます。

最も少ない手間で使用したい方は「全自動式」をチェック

全自動式のマシンは、豆を挽きコーヒーを抽出するまで全て自動で行います。そのため一度操作すればコーヒーができるまでの時間を有効に活用できます。粉にも豆にも対応している機種もあるのでコーヒーを楽しむ幅が広がるので、さまざまな方におすすめです。

サーバーの素材で選ぶ

サーバーとは、ドリップしたコーヒーを一時的にためておく容器です。サーバーの素材は大きく分けてステンレスとガラスの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

汚れにくいのなら「ガラス製」がおすすめ

ガラス製のサーバーの良いところは、においや汚れが付きにくいため日頃のお手入れが簡単な点です。また、抽出している様子や、カップに注いだ後も残りのコーヒーの量が確認しやすいです。落とすと割れやすい点だけ気を付けましょう。

温度を保つ性能が優れているのは「ステンレス製」がおすすめ

ステンレス製サーバーは、抽出されたコーヒーの温度をある程度保てるので、温かいコーヒーは温かいままに、冷たいコーヒーは冷たいままにしてくれます。そのためサーバーだけ取り外してポットのように使用もできとても便利です。

 

温め直したり、淹れ直す必要が減るので環境にも優しく、電気代も抑えられます。あくまでもステンレスのサーバーができるのは保温であり、追加で加熱はしないので水分が蒸発して味が変わってしまう心配もありません。

メーカーで選ぶ

ドリップ式コーヒーメーカーを製造しているメーカーはたくさんあり、それぞれに特徴があるので好みや使い方に合わせて選ぶようにしてください。

美味しいカフェインレスコーヒーが飲みたいなら「パナソニック」がおすすめ

パナソニックは、コーヒーメーカーに限らず多くの家電を取り扱っているメーカーです。コーヒー豆を挽いて粉にして抽出するまでのすべての工程を全自動で行う機種や、カフェインレスコーヒーを淹れられる機種などたくさんの選択肢があります。

 

カフェインは取りすぎると肌が荒れたり睡眠の質が悪くなったりするので、コーヒーをたくさん飲みたい方にとっては、美味しいカフェインレスコーヒーを飲める機能が付いていると、健康にも良い影響が期待できます。

おしゃれにバリスタ気分を楽しめる高級モデルなら「デロンギ」がおすすめ

デロンギはエスプレッソマシーンで有名なイタリアのメーカーです。キッチン家電を主に取り扱っているので、特化した技術の高さが生かされています。さらに、日本のメーカーではあまり見ないおしゃれなデザインが特徴です。

 

機能性が高く本格的な美味しいコーヒーを淹れられ、高級モデルタイプになると十数種類のコーヒーメニューを取り揃えているので、おうちでバリスタ気分が味わえます。

一人暮らしならコンパクトなモデルの「シロカ」がおすすめ

シロカはていねいな暮らしに焦点を当てた日本のメーカーです。そのため、技術の高さはお墨付きです。さらに、コンパクトな機種が充実しているので一人暮らしの方や、スペースが少ししか確保できない方でも気軽に美味しいコーヒーを飲めます。

オフィスに置くなら「ネスレ」がおすすめ

コーヒーといえばネスレのイメージがつくほど、人気で知名度の高いメーカーです。一般的にはペットボトルのコーヒーなど、飲み物のメーカーとして知られています。コーヒーメーカーは家電に分類されますが、ネスレは飲料メーカーとしての観点を生かした商品作りが特徴です。

 

使い方も簡単で美味しいコーヒーが楽しめるモデルは、テレビCMも放送されています。家庭用だけでなくオフィス向けのレンタルサービスも行っているので、会社や取引先で目にする場面も多いと思います。また、価格的にもプレゼントや景品にちょうど良い商品です。

ドリップ式コーヒーメーカーの人気おすすめランキング10選

10位

DeLonghi(デロンギ)

マグニフィカS ECAM22112W

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コーヒー通ならバリスタ気分を味わえるデロンギの全自動マシン

ボタン一つで、日本人好みの特別なレギュラーコーヒーが味わえる、デロンギの全自動コーヒーメーカーです。コーヒー通の方であれば少しお値段は張りますが、一度は使ってみたい機種ですね。

 

レギュラーコーヒー以外にもカプチーノ・カフェラテに最適なふわふわなミルクも作れるので、バリスタ気分でいろんなメニューを楽しめます。氷や冷たいミルクを使えばアイスメニューも作れます

容量 1.8L フィルター ウォーターフィルター
ミル フィルター

口コミを紹介

今までのコーヒーメーカーより、簡単にコーヒーが作れて、手入れも簡単、しかも美味しいですね。
寂しいテレワークに「彩り」が加わった生活感覚があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

美味しいアイスコーヒーもすぐに飲めるミルなしタイプ

容量が200mlと少なめなので一人用にぴったりです。ミルなしタイプで保温機能などもありませんが、本体はとてもコンパクトで飲みたいときにすぐに一杯分を淹れられます。ガラス製のサーバーは温度変化に耐えられる仕様になっているので、氷をあらかじめ入れておくと美味しいアイスコーヒーがすぐに準備可能です。

容量 200ml フィルター メッシュフィルター
ミル サーバー ガラス

口コミを紹介

一人分のコーヒーを煎れるために特化した商品。使い方は簡単です。使用後の手入れも水洗いで可能で清潔さも保てます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

東芝(TOSHIBA)

HCD-L50M

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

2種類の蒸らし機能とカルキカットができる浄水フィルター付き

繊維活性炭と呼ばれるフィルターで、水道水をろ過するので気になるカルキ臭さが取り除けます。また、2種類の蒸らし機能を調整すると、コクのあるリッチテイストとキレのあるライトテイストのそれぞれを、気分や好みに合わせて味わえるのでおすすめです。

容量 約1000ml フィルター ペーパーフィルター
ミル サーバー ガラス

口コミを紹介

豆に均一にお湯がかかる構造や、タンクやドリッパー部分も外れるので、注水しやすい上、細かく洗える。抽出したコーヒーを全て落とすのではなく、最後の雑味のある部分をあえてドリッパー部分に残すように出来ていて、本当に美味しく淹れてくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Kalita(カリタ)

MD-102N

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

リーズナブルで大人数向きの大容量モデル

5杯分のコーヒーを約9分で用意できる、スピード重視の大容量モデルです。付属しているミルにも急速粉砕モードが搭載されています。浄水機能もついているのでコストパフォーマンスが抜群です。

容量 1080ml フィルター ペーパーフィルター
ミル カッター式 サーバー ガラス
6位

シロカ

SC-A111

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コーヒーメーカーに見えないほどスタイリッシュなおしゃれデザイン

どんなインテリアにもなじむ、一見コーヒーメーカーに見えないほど洗練されたおしゃれなデザインのコーヒーメーカーです。内蔵されているミルは2段階の挽き具合を選べるので、豆の種類や味の好みに合わせた美味しいコーヒーがいただけます。

容量 580ml フィルター メッシュフィルター
ミル サーバー ガラス

口コミを紹介

蒸らしている間とても良い香りが部屋中に溢れて美味しそうなコーヒーができそうだなーと期待しつつ飲んだところ、豆の分量が多すぎて苦いコーヒーとなってしまいましたが二度目からは豆の分量を減らして香り良く味わい深いコーヒーが楽しめました!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

パナソニック(Panasonic)

NC-R500-T

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コーヒーの淹れ分けと豆の挽き分けができるミル付きモデル

ドリップするパーツの上にある、ドーム型の部分で一度お湯をためてから一気に注ぐと、蒸らす時間を十分に確保できます。そのため、ミルクとの相性が良いコクのある味や、レギュラーコーヒーの味わいなど淹れ分けも楽しめます

 

また、豆の挽き分けも可能なミル付きモデルなので、一台でいろんなコーヒーが味わえます。

容量 1080ml フィルター ステンレスフィルター
ミル サーバー ガラス

口コミを紹介

全自動タイプを買うにあたり、手入れのしやすさに重点を置いて購入しました。ペーパーフィルターは市販のものでOK、ミルは自動で水を流して洗ってくれる、コーヒーの通り道はかんたんに外して水洗いできる、といたれりつくせり。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

メリタ

AFT1021-1B

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

淹れる量を調節できるミル付き全自動モデル

2杯から10杯まで幅広い量のコーヒーを場面に合わせて淹れられます。ミル付き全自動モデルで、3段階に挽き具合を調整したり、蒸らし機能にもこだわったコーヒーメーカーです。タイマー機能もあるので寝る前にセットしておけば、朝起きたときにコーヒーのいい香りがお部屋に広がります。

容量 360ml~1800ml フィルター ペーパーフィルター
ミル コーン式 サーバー ステンレス

口コミを紹介

肝心の味は、毎朝が楽しみになるレベルです。買って正解でした。雑味が全くなく、コーヒーの風味がよく分かります。なので濃さや水の量を替えると素人でも味の変化を楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ツインバード工業(Twinbird)

CM-D457B

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高級気分が味わえコーヒーが抽出される過程そのものを楽しめる

豆を挽く音からドリップするときの湯気や温かさ、コーヒーアロマの香りまで五感すべてを楽しませてくれるモデルです。抽出温度は83℃と90℃の二種類から選べます。ミルが着脱可能なためお手入れに苦労しません。

 

コーヒーを淹れる過程からじっくりと楽しめるので、感性が豊かで余裕のある方向けの高級モデルです。

容量 450ml フィルター ペーパーフィルター
ミル 低速臼式フラット式 サーバー ガラス

口コミを紹介

使用感はとにかく楽なのと、挽き具合と抽出温度が変えられるので、豆の種類に応じて酸味や渋みをコントロール出来るのが素晴らしいです。静電気対策もしっかり機能していて、手間もかかりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

T-fal(ティファール)

スビト CM151GJP

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安い価格で購入でき、均等にお湯を注げるため味ムラがない

お湯が5つの穴からシャワーのように注がれ、粉に均等にかかりムラなく抽出できます。メッシュフィルターが付属していますが、お手入れが煩わしい場合はペーパーフィルターを使用できます。サイズもコンパクトなので、置く場所を選びません。

容量 600ml フィルター ペーパーフィルター
ミル サーバー ガラス

口コミを紹介

コーヒーメーカー何台も使ってきましたが、これは一番見た目がいいです気に入ってます。引いた豆ををフィルターの紙を使わず、使えるのですがその後洗うのにはバタバタ払うのか面倒なので、ロシを使っています。毎日使う物ですから値段もですが、デザインが気に入った物だといいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タイガー魔法瓶(TIGER)

ACE-S080

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

多機能でコストパフォーマンスに優れる

ミル無しなので、こだわりのミルを併用できるコーヒーメーカーです。テイストを選べたりアイスコーヒー用のコースがあったりと、機能が充実していながら低価格です。コストパフォーマンス重視の方にはおすすめの商品です。

容量 1080ml フィルター ペーパーフィルター
ミル サーバー ステンレス

口コミを紹介

ちょっと濃い目に入れてもらうコーヒーはかなり美味しいです。
1杯4~500円で売れそうなくらい美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドリップ式コーヒーメーカーの人気おすすめ商品の比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 フィルター ミル サーバー
アイテムID:10905126の画像
SC-A111

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コーヒーメーカーに見えないほどスタイリッシュなおしゃれデザイン

580ml メッシュフィルター ガラス
1
アイテムID:10905141の画像
ACE-S080

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多機能でコストパフォーマンスに優れる

1080ml ペーパーフィルター ステンレス
2
アイテムID:10905138の画像
スビト CM151GJP

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安い価格で購入でき、均等にお湯を注げるため味ムラがない

600ml ペーパーフィルター ガラス
3
アイテムID:10905135の画像
CM-D457B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高級気分が味わえコーヒーが抽出される過程そのものを楽しめる

450ml ペーパーフィルター 低速臼式フラット式 ガラス
4
アイテムID:10905132の画像
AFT1021-1B

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

淹れる量を調節できるミル付き全自動モデル

360ml~1800ml ペーパーフィルター コーン式 ステンレス
5
アイテムID:10905129の画像
NC-R500-T

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コーヒーの淹れ分けと豆の挽き分けができるミル付きモデル

1080ml ステンレスフィルター ガラス
7
アイテムID:10905125の画像
MD-102N

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブルで大人数向きの大容量モデル

1080ml ペーパーフィルター カッター式 ガラス
8
アイテムID:10905122の画像
HCD-L50M

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

2種類の蒸らし機能とカルキカットができる浄水フィルター付き

約1000ml ペーパーフィルター ガラス
9
アイテムID:10905119の画像
SLK-1BR

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

美味しいアイスコーヒーもすぐに飲めるミルなしタイプ

200ml メッシュフィルター ガラス
10
アイテムID:10905116の画像
マグニフィカS ECAM22112W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コーヒー通ならバリスタ気分を味わえるデロンギの全自動マシン

1.8L ウォーターフィルター

買ってはいけないドリップ式コーヒーメーカーとは?

ドリップ式コーヒーメーカーを購入する際に失敗しないためには、買ってはいけないと言われる理由や特徴をしっかりと把握しておく必要があります。特に初めて購入する方であれば、どんな機種がいいのかわからないですよね。

 

買ってはいけないポイントとしては、おうちに置くには大きすぎる・機能が多すぎる・パーツが多すぎてお手入れが大変などがあります。カフェで使用しているような機種は、本体が大きく場所も取り、付いている機能を使いこなせなかったりします。

 

選ぶ際の基準としては、実際に使用している方の口コミやレビューを参考にしてみましょう。また、家電量販店の店員さんに直接聞いてみるのもいいですね。まずは、自分の使いたい機能をしっかりと決めて、使いやすいコーヒーメーカーを選びましょう。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\楽天スーパーSALE開催中!!/ 楽天 「コーヒーメーカー」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ドリップ式コーヒーメーカーの基本的な使い方

ドリップ式コーヒーメーカーの使い方は、ミル付きかミルなしかで手順が変わってきます。ここではそれぞれの基本的な使い方を簡単に説明します。

ミル付き全自動コーヒーメーカーの使い方

ミル付きの全自動コーヒーメーカーの使い方は、まず、ミルの部分にコーヒー豆を必要杯数分入れます。コーヒー豆はお好みの濃さにもよりますが、一杯分で約10グラム~15グラムが適量です。

 

次に、ペーパーフィルターの継ぎ目を折りドリッパー部分にセットします。フィルターはドリッパーの大きさに合ったものをセットしましょう。あとは、水を淹れるタンクに必要量の水を淹れます。これでコーヒーメーカーへのセットは完了です。

 

あとは豆の煎り具合や抽出方法などがセットできるコーヒーメーカーであれば、必要項目をセットし、抽出スタートのボタンを押すだけです。抽出が完了したら自動的にコーヒーメーカーは止まりますので、コーヒーカップに注いで完成です。

ミルなしコーヒーメーカーの使い方

ミルなしのコーヒーメーカーの使い方は、あらかじめコーヒー豆を挽いておく必要があります。手動や電動のコーヒーミルを使って豆を挽くか、すでに挽いて粉になっている状態のものを準備しましょう。

 

コーヒーメーカーのドリッパーに、継ぎ目に沿って折り目を付けたペーパーフィルターをセットしコーヒー粉を必要量入れます。この場合も一杯分の目安は10グラム~15グラムで、お好みの濃さによって粉の量は調節しましょう。

 

その後タンクに水を入れてサーバーをセットし、スタートボタンを押します。コーヒーの抽出が終わったら、コーヒーカップに注ぎ完成です。

まとめ

今回はドリップ式コーヒーメーカーについて、商品ランキングと選び方を紹介しました。仕事のお供や朝の一杯など、コーヒーが生活の一部になっている方にとっては欠かせない家電のひとつになります。ぜひ商品選びの参考にしていただき、美味しいコーヒーを楽しんでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年11月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コーヒーギフトの人気おすすめランキング15選【ドリップコーヒーや高級品も】

コーヒーギフトの人気おすすめランキング15選【ドリップコーヒーや高級品も】

その他のギフト
【2022年最新版】泡立て器の人気おすすめランキング15選【ティファールなども!】

【2022年最新版】泡立て器の人気おすすめランキング15選【ティファールなども!】

調理器具
食パンミックスの人気おすすめランキング10選【パナソニック・sirocaもご紹介】

食パンミックスの人気おすすめランキング10選【パナソニック・sirocaもご紹介】

パン・ジャム
【バリスタ監修】ドリップコーヒーのおすすめ人気ランキング21選【プロ顔負けの美味しいコーヒー】

【バリスタ監修】ドリップコーヒーのおすすめ人気ランキング21選【プロ顔負けの美味しいコーヒー】

茶葉・インスタントドリンク
コーヒーポットの人気おすすめランキング20選【安いドリップポットも紹介】

コーヒーポットの人気おすすめランキング20選【安いドリップポットも紹介】

コーヒー・ティー用品
コーヒー用電気ケトルのおすすめ人気ランキング17選【ドリップしやすいものも!】

コーヒー用電気ケトルのおすすめ人気ランキング17選【ドリップしやすいものも!】

電気ポット・電気ケトル