シロカコーヒーメーカーの人気おすすめランキング10選【2020年最新】

記事ID13207のサムネイル画像

シロカ(siroca)のコーヒーメーカーは、コンパクトで使いやすくお手入れも簡単な人気アイテム。なかでも人気モデル「SC-C121」はコーヒー好き必見のアイテムです。今回はシロカ・コーヒーメーカーを、全部で10選ランキング形式でおすすめ!とくに人気な「SC-C121」・「SC-A351」の性能も徹底解説していきます!

今回の記事では「シロカ・コーヒーメーカー」に注目して人気おすすめランキングを紹介していきます。また、下記記事ではシロカ・コーヒーメーカー以外にもさまざまな種類のコーヒーメーカーを紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

オシャレで使いやすい・口コミでも人気のシロカコーヒーメーカー

コーヒーメーカーといえば場所をとってしまうイメージがありますよね。しかし実は最近ではコンパクトでスペースをほとんど圧迫しない便利なコーヒーメーカーも登場してきています。なかでもシロカ・コーヒーメーカーはコンパクトなデザインから口コミで人気。

 

シロカはコンパクトな箱型の本格コーヒーメーカー「カフェばこ」シリーズを始めとして、様々な人気モデルを展開しています。ボタンひとつでさっと美味しいコーヒーを作ることができ、毎朝コーヒーを飲むのが日課のコーヒー好きの方にぴったりのアイテムです。

 

今回はそんなシロカ・コーヒーメーカーの選び方を簡単にまとめ、2020年最新・人気のシロカ・コーヒーメーカーを全部で10選ランキング形式でご紹介していきます。ランキングの基準となったのは「機能性」・「使いやすさ」・「お手入れのしやすさ」の3点です。

シロカ全自動コーヒーメーカー「カフェばこ」とは?

シロカ・コーヒーメーカーの中でも特に人気なのが「カフェばこ」シリーズ。今までのコーヒーメーカーとは全く違ったコンパクトでオシャレなデザイン・本格的な機能性で、口コミでも話題になりました。気になる「カフェばこ」の魅力をいくつかご紹介していきます。

魅力その1・コンパクトでスタイリッシュな「デザイン」

シロカ・カフェばこシリーズの魅力はまずなんと言っても、その箱型でコンパクトなデザインです。コーヒーミルを内蔵した本格的な性能をもちながら、カフェばこシリーズでは小さな箱のようなスッキリとしたデザインに収まっています。

 

キッチン・デスクなどのスペースをとってしまうことがなく、邪魔になってしまわない使いやすいコーヒーメーカーです。また見た目もスタイリッシュでおしゃれなデザインとなっており、インテリアとしても魅力的なデザインとなっています。

魅力その2・「ミル内蔵」のパワフルな性能

シロカ・カフェばこシリーズの魅力その2は、コーヒーミル内蔵のパワフルな性能です。カフェばこシリーズはコンパクトなサイズ感でありながら、大型のコーヒーメーカーにも負けないような本格的な性能をもっています。

 

コーヒー豆を挽くところから全自動で動作し、まるでプロが淹れたような美味しいコーヒーをドリップします。コーヒーが美味しく仕上がる秘訣は、ドリップの工程に「蒸らし工程」が追加されていること。これによってコーヒー本来の香りと風味を引き出す構造となっています。

魅力その3・「お手入れも簡単」で使いやすい

シロカ・カフェばこシリーズの魅力その3は、お手入れも簡単で使いやすい点です。カフェばこシリーズではしっかりと使いやすさにも重点を置いてデザインされており、使い終わったあとのお手入れも簡単にできるよう配慮されています。

 

使い終わったあとに洗う必要があるパーツは、丸ごと取り外すことができるようになっており、らくらく丸洗いができます。さっと洗ってセットしなおせば、また直ぐに美味しいコーヒーを楽しむことができます。使いやすさもカフェばこシリーズの大きな魅力です。

人気モデル「SC-A351」「SC-A371」「SC-A211」を徹底比較

シロカ・コーヒーメーカーの中でも特に人気のモデルとなっている「SC-A351」・「SC-A371」・「SC-A211」。ここからはこちらの3つのモデルを徹底比較していきます。それぞれの特徴をチェックし、違いを確認していきましょう。

リーズナブルで高性能な「SC-A351」

「SC-A351」はシロカ・カフェばこシリーズのガラスサーバーを採用した人気モデルです。よく似たモデルであるSC-A371とは違い、こちらはガラスサーバーを採用しているため価格が安く、またサーバーの中身が見えるようになっています。

 

残量を目で見て確認することができるため、使いやすさも抜群のモデルとなっています。本体カラーはシルバーとなっており、シンプルでスタイリッシュなデザインです。こちらは中身の確認もできる、リーズナブルで使いやすいコーヒーメーカーが欲しい方におすすめです。

耐久性・安全性に優れた「SC-A371」

「SC-A371」はシロカ・カフェばこシリーズのステンレスサーバーを採用したモデルです。「SC-A351」とは違い、こちらは壊れにくいステンレス製のサーバーを採用することで、より耐久性が高められています。割れてしまいにくいため、こちらはより安全性に優れています。

 

本体カラーはブラックとなっており、高級感を感じることができる落ち着いたデザインです。価格はSC-A351と比べるとすこし高くなっており、コスパ重視の方は注意が必要となっています。こちらは耐久性・安全性の高いコーヒーメーカーが欲しい方におすすめです。

低価格で大容量の「SC-A211」

「SC-A211」はシロカ・カフェばこシリーズの少し容量が大きめのモデルです。同じカフェばこシリーズの「SC-A351」・「SC-A371」の2つよりも容量がすこし大きめのサイズとなっており、さらに価格もシリーズの中でも非常に低価格となっています。

 

大きめの容量のため一度に多くのコーヒーをドリップすることができ、大人数でコーヒーを楽しみたいという方にもおすすめ。ただし他2つと違い、水タンクの着脱ができない設計となっている点に注意していきましょう。

シロカ・コーヒーメーカーの選び方

それではシロカ・コーヒーメーカーの選び方のポイントをご紹介していきます。ひとつひとつのポイントをチェックし、自分にあったシロカ・コーヒーメーカーを見つけていきましょう!

小型コーヒーメーカーなら「SC-A211」がおすすめ

小型コンパクトなサイズ感のコーヒーメーカーが欲しいという方は「SC-A211」がおすすめです。シロカ・コーヒーメーカーのなかでも特にコンパクト・省スペースなサイズ感なことに加えて、雑味のないしっかりとした味わいのコーヒーを作ることができます。

 

お手入れも簡単な設計で、使いやすい点も魅力。キッチン・デスクのスペースをとらず邪魔にならないコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

味わい重視なら「SC-C121」がおすすめ

より奥深い本格的な味わいのコーヒーが楽しみたいという方は「SC-C121」がおすすめです。コーヒー豆の挽き方を細挽きから粗挽きまで、無段階で自由に調整することができる高性能なミルを搭載しており、気分にあわせてコーヒーの味わいを変えることができます。

 

薄く優しい飲み口のコーヒーから、濃くビターな味わいのコーヒーまで自由自在にドリップすることが可能です。こちらはより奥深い味わいのコーヒーが楽しみたいという方におすすめです。大型のため、スペースをとってしまう点に注意していきましょう。

コスパ重視なら「SCM-401」がおすすめ

コスパ重視のコーヒーメーカーが欲しいという方は「SCM-401」がおすすめです。こちらはコンパクト・軽量で使いやすい性能をもちながら、価格は千円程度と非常に低価格となっています。

 

メッシュフィルターを採用しているため、ペーパーフィルターを毎回交換する必要がなく、ランニングコストの面でも優れています。コストパフォーマンスに優れ、なるべく安くシロカ・コーヒーメーカーが欲しいという方にぴったりです。

種類から選ぶ

まずはコーヒーメーカーの種類をチェックしていきましょう。コーヒーメーカーには「ドリップ式タイプ」・「エスプレッソ式タイプ」の2種類があります。それぞれの特徴をチェックし、自分にあったものを選んでいきましょう。

オーソドックスな「全自動ドリップ式タイプ」

「ドリップ式タイプ」はオーソドックスな形式のコーヒーメーカーです。コーヒー豆と水をセットするだけで全自動で、プロが淹れたような挽きたてのコーヒーを作ってくれます。

 

こちらはシンプルな構造のため本体価格が安くなっており、またモデルの種類も豊富となっています。手軽に購入することができるコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

より本格的なコーヒーが楽しめる「エスプレッソ式タイプ」

「エスプレッソ式タイプ」はより本格的なコーヒーを楽しむことができるコーヒーメーカーです。通常のコーヒーメーカーでは作ることができないエスプレッソも淹れることができ、より濃厚で風味豊かな本格コーヒーが楽しめます。

 

エスプレッソのほか、お好みでカフェラテ・カプチーノなども作ることができます。本格的なコーヒーを気軽に楽しみたいという方におすすめです。

ミルの種類から選ぶ

続いてコーヒーメーカーのミルの種類をチェックしていきましょう。コーヒーはミルの種類によっても風味や味わいが変わってきます。それぞれの特徴をチェックし、自分好みのものを選んでいきましょう。

シンプルでコスパの高い「プロペラ式タイプ」

「プロペラ式タイプ」はもっともよく採用されているミルの種類です。こちらは刃のついたプロペラを回転させることでコーヒー豆を挽いていきます。構造がシンプルで設計しやすいため価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。

 

プロペラ式タイプは挽いた豆の大きさにムラができやすく、また摩擦で熱が発生することによって風味が損なわれてしまいやすい点に注意が必要です。なるべく価格を抑えたいという方におすすめです。

ムラなく均一にコーヒー豆が挽ける「臼式タイプ」

「臼式タイプ」は上下に重なった薄い刃によってコーヒー豆を挽いていきます。こちらは豆の大きさにムラが出来てしまうことがなく、均一に挽くことができる点が魅力です。

 

味わいに雑味ができず、いつでも同じ美味しさのコーヒーを作ることができます。臼式タイプはダイヤルで粗挽きから細挽きまで調節することができ、好みにあわせて味わいを変えることが出来る点もポイントです。

本格的な風味が楽しめる「コーン式タイプ」

「コーン式タイプ」は回転する刃と固定されている刃の2種類を使い、コーヒー豆を細かくすりつぶしていきます。コーン式タイプは極細挽きにまで対応しており、これによってエスプレッソを作ることが出来るようになっています。

 

雑味がなく濃厚な風味の本格コーヒーが楽しめるミルの種類となっています。コーン式タイプは複雑な構造になっているため、価格が高くなってしまいやすい点に注意しましょう。

「給水タンク」の容量から選ぶ

続いてコーヒーメーカーの給水タンクの容量をチェックしていきましょう。タンクの容量はコーヒーを飲む人数とあわせて選んでいくのがおすすめです。コーヒーカップ1杯は120〜180mlほど。こちらを目安として容量を選んでいきましょう。

 

オーソドックスな600ml前後のコーヒーメーカーは、1人〜3人程度の少人数で楽しむのに最適です。また4人〜6人ほどの大人数でコーヒーを楽しみたい場合には、1L以上の大容量モデルを選ぶのがおすすめです。

「お手入れ」のしやすさから選ぶ

続いてコーヒーメーカーのお手入れのしやすさをチェックしていきましょう。コーヒーメーカーのお手入れがしにくいと、使うのが面倒になってしまいやすいため、なるべくお手入れしやすいモデルを選んでいきましょう。

 

各パーツが簡単に分解できるモデルは、掃除が必要な箇所をさっと取り出して洗うことができおすすめです。またなるべく構造がシンプルなモデルを選ぶことで、簡単にお手入れすることが出来るようになります。こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

「サーバーの素材」から選ぶ

最後にコーヒーメーカーのサーバーの素材をチェックしていきましょう。サーバーの素材には「ガラス製」と「ステンレス製」の2種類が主流となっています。

 

ガラス製のサーバーは中のコーヒーの残量がひと目でわかる点、お手入れが簡単な点が魅力です。ガラス製サーバーは衝撃で割れてしまいやすい点に注意しましょう。

 

ステンレス製サーバーは保温性に優れている点が魅力です。長い時間温度を保つことができるため、淹れてから時間が経っても温かいコーヒーが楽しめます。

シロカ・コーヒーメーカーの人気おすすめランキング10選

10位

シロカ

全自動コーヒーメーカー STC-501

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー豆・粉両対応の自動コーヒーメーカー

こちらはシロカ、コーヒー豆・粉両対応の自動コーヒーメーカーです。コーヒー豆・コーヒー粉のどちらにも対応しており、どちらを使っても美味しいコーヒーを淹れることができます。ミルを内蔵しており、豆を挽くところから自動でコーヒーをつくってくれます。

 

場所をとらないコンパクトなサイズ感で、キッチンのスペースを圧迫してしまうことがありません。30分の保温機能を搭載しており、保温性も高くなっています。こちらは豆・粉どちらにも対応した使いやすいコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ幅17.3×奥行22×高さ27cm種類ドリップ式タイプ
重量約2.2kg消費電力600W
容量0.58L

口コミを紹介

使った後洗うのは結構なのだが使用したコーヒーの粉はネットを使っていなければそのまま流しの配管に流すことになると思います。そこが不便を感じること。でも、以前使っていたコーヒーメーカーよりはコクのあるおいしいコーヒーが飲めるので購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

siroca

コーヒーメーカー SC-C123

価格:22,300円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雑味のない本格コーヒーが楽しめる大型コーヒーメーカー

こちらはシロカ、雑味のない本格コーヒーが楽しめる大型コーヒーメーカーです。コーン式のミルを内蔵しており、均一な大きさにコーヒー豆を挽くことができるため、雑味のない本格コーヒーが楽しめます。挽き方は粗挽きから細挽きまで無段階で調整可能です。

 

本体サイズはすこし大きめとなっているため、置きスペースに注意しましょう。真空2重ステンレスサーバーを採用しているため、保温性にも優れています。こちらは雑味のない本格的な味わいのコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ43 x 33 x 21.5 cm種類ドリップ式タイプ
重量5.06kg消費電力750 W
容量-

口コミを紹介

毎日部屋いっぱいにひろがるコーヒーアロマの香りに癒されています。設置場所が限られているので仕方がないのですが、毎回水タンクのケースをとりはずして水をいれるのが少々面倒くさい感じになってきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

シロカ

コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122

価格:17,575円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で使いやすい大型コーヒーメーカー

こちらはシロカ、多機能で使いやすい大型コーヒーメーカーです。コーヒー豆は自動で計量してくれるため、豆を測る必要がありません。タイマー予約機能を搭載しており、前日予約しておけば翌朝すぐに淹れたての美味しいコーヒーを楽しむことができます。

 

内蔵ミルはコーン式を採用しており、雑味のない本格的な風味と味わいのコーヒーが楽しめます。操作パネルは直感的でわかりやすく、初めてでも簡単に使えます。こちらは便利な機能を多く搭載した使いやすいコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ幅16×奥行27×高さ39cm種類ドリップ式タイプ
重量4.0Kg消費電力750W
容量4杯分

口コミを紹介

タイマー使用はしませんので、その時その時の気分で豆を配合してます。音が小さく、完了時に音で知らせてくれるのが便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

シロカ

コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371

価格:13,333円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー本来の美味しさが楽しめるコーヒーメーカー

こちらはシロカ、コーヒー本来の美味しさが楽しめるコーヒーメーカーです。通常の工程に加えて「蒸らし工程」をプラスすることで、コーヒー本来の美味しさを引き出します。プロが淹れたような本格的なコーヒーの風味・テイストが楽しめます。

 

ミル内蔵のコーヒーメーカーでありながら箱型のコンパクトなサイズ感となっており、置きスペースに困ってしまうことがありません。ご自宅・オフィスなど場所を問わずに活躍します。豊かな風味のコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーが欲しい方におすすめです。

サイズ幅16.2×奥行28×高さ26.4cm種類ドリップ式タイプ
重量2.7kg消費電力-
容量0.55L

口コミを紹介

淹れ方も掃除も簡単で、非常に使い勝手がいいです。スペースも取らず良いデザインだと思います。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

シロカ

コーヒーメーカー SC-A211

価格:8,469円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新ブレード採用のコンパクトコーヒーメーカー

こちらはシロカ、新ブレード採用のコンパクトコーヒーメーカーです。カフェばこシリーズで従来まで採用していたブレードを改良し、さらに雑味のない美味しいコーヒーが淹れられるようになりました。蒸らし工程を挟むことで、風味豊かなコーヒーが楽しめます。

 

箱型のスペースをとらないデザインで邪魔になってしまことがなく、ご自宅・オフィスなどどこにでも気軽に置いておくことができます。ミル機能は2段階となっています。さらに美味しいコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ幅17.3×奥行22×高さ27cm種類ドリップ式タイプ
重量2.2kg消費電力600W
容量0.58L

口コミを紹介

デザインとコンパクトなところが気に入ってます。金属フィルターなので、オイリーな感じになるところに好みが別れるかも知れません。それと洗うのに2、3分かかるので、めんどくさがりやには不向きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

シロカ

コーヒーメーカー STC-401

価格:1,968円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さっと水洗いできるお手入れ簡単なコーヒーメーカー

こちらはシロカ、さっと水洗いできるお手入れ簡単なコーヒーメーカーです。使ったあとに洗う部品はまるごと取り外すことができ、さっと簡単に水洗いすることができます。お手入れがしやすく、衛生的で使い勝手の良いコーヒーメーカーとなっています。

 

箱型コンパクトなサイズ感で置き場所に困ってしまうことがありません。スタイリッシュでオシャレなデザインで、キッチンのインテリアアイテムとしても活躍します。こちらは水洗いも簡単な使いやすいコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ:幅17.3×奥行22×高さ27cm種類ドリップ式タイプ
重量2.2kg消費電力600W
容量580cc

口コミを紹介

レビューはいろいろ見たが不満な点は今のところない穴が開きやすいと不評のネットも大丈夫!他のコーヒーメーカーよりも味がいい コストパフォーマンスはかなり高いだろう!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

シロカ

コーヒーメーカー SC-A111

価格:4,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2段階ミル搭載のコンパクトコーヒーメーカー

こちらはシロカ、2段階ミル搭載のコンパクトコーヒーメーカーです。2段階でコーヒー豆の挽き方を変えることができるミルを搭載しており、お好みでコーヒーの風味を変えることができます。味に飽きてきたと思ったら、挽き方を変えて普段と違う味が楽しめます。

 

キッチンのスペースをとってしまうことがない箱型コンパクトなデザインで、使いやすさもバツグンです。蒸らし工程採用で、コーヒー本来の風味を引き出します。こちらは味わいを変えることができるコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ17.3×22×27cm種類ドリップ式タイプ
重量2.2kg消費電力600W
容量4杯分

口コミを紹介

水で丸洗いするとしばらく電源が入らず焦りますのでご注意を!その他の機能はこの価格なら100点です!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

シロカ

コーヒーメーカー SCM-401

価格:1,764円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに優れたコーヒーメーカー

こちらはシロカ、コストパフォーマンスに優れたコーヒーメーカーです。軽量コンパクトで使い勝手がよく、スタイリッシュでお洒落なデザインのコーヒーメーカーとなっています。一度に4杯まで、さっと手軽に美味しいコーヒーを淹れることができます。

 

メッシュフィルターを使用しているためペーパーフィルターを使う必要がなく、毎回のフィルター交換の手間がありません。価格もリーズナブルでコストパフォーマンスに優れています。こちらはリーズナブルで使いやすいコーヒーメーカーが欲しい方におすすめです。

サイズW17.8×D11.8×H25cm種類ドリップ式タイプ
重量約0.9kg消費電力600 W
容量4杯分

口コミを紹介

およそ1000円になっていたので購入しました。この価格帯であれば十分過ぎるコストパフォーマンスだと思います。使い勝手もよく、大きさもそれほど大きくないため置き場所にもそれほど気を使わなくて良いのもGOODですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シロカ

コーヒーメーカー SC-C121

価格:16,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テイストを自由に選べるコーヒーメーカー

こちらはシロカ、テイストを自由に選べるコーヒーメーカーです。搭載しているミルは挽き方を粗挽きから細挽きまで無段階で自由に選ぶことができ、細かくコーヒーの仕上がりを変えることができます。気分にあわせてコーヒーの濃さ・風味を変えていきましょう。

 

自動計量のため、コーヒー豆の量を毎回計る手間もありません。操作パネルは直感的に使えるわかりやすいデザインのため、初めてでも簡単に使うことができます。こちらはテイストを自在に変えることができるコーヒーメーカーが欲しいという方におすすめです。

サイズ43 x 33 x 22 cm種類ドリップ式タイプ
重量4.95kg消費電力750 W
容量0.54L

口コミを紹介

デ○ンギの全自動マシンが壊れてしまったのでこれに買い替えました。毎回豆から挽けて、豆を計る手間がありませんので、同クラスのものの中ではシロカが一番買いだと思います。非常にコスパが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シロカ

コーヒーメーカー SC-A211

価格:8,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでも本格コーヒーが楽しめる人気コーヒーメーカー

こちらはシロカ、コンパクトでも本格コーヒーが楽しめる人気コーヒーメーカーです。箱型コンパクトなデザインながら、本格的な味わいのコーヒーが楽しめる優れた性能をもっています。新ブレードを採用し、雑味のないコクのコーヒーをつくることができます。

 

フィルターはステンレスメッシュフィルターを採用しており、ペーパーフィルターを使う必要がなく、洗って何度でも使うことができます。コーヒー粉・豆、どちらにも対応しています。本格コーヒーが淹れられる小型コーヒーメーカーが欲しい方におすすめです。

サイズ幅17.3×奥行22×高さ27cm種類ドリップ式タイプ
重量2.2kg消費電力600W
容量0.58L

口コミを紹介

家庭用ではもっとも美味しいコーヒーを楽しめるコーヒーメーカーです。我が家ですでに1台使用しており、コーヒーに拘る友人に自信をもってプレゼントできる製品と知っていますので、贈答用にもう1台注文しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シロカ・コーヒーメーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5862642の画像

    シロカ

  • 2
    アイテムID:5862614の画像

    シロカ

  • 3
    アイテムID:5862594の画像

    シロカ

  • 4
    アイテムID:5862574の画像

    シロカ

  • 5
    アイテムID:5862562の画像

    シロカ

  • 6
    アイテムID:5862229の画像

    シロカ

  • 7
    アイテムID:5862212の画像

    シロカ

  • 8
    アイテムID:5862191の画像

    シロカ

  • 9
    アイテムID:5862169の画像

    siroca

  • 10
    アイテムID:5862155の画像

    シロカ

  • 商品名
  • コーヒーメーカー SC-A211
  • コーヒーメーカー SC-C121
  • コーヒーメーカー SCM-401
  • コーヒーメーカー SC-A111
  • コーヒーメーカー STC-401
  • コーヒーメーカー SC-A211
  • コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371
  • コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122
  • コーヒーメーカー SC-C123
  • 全自動コーヒーメーカー STC-501
  • 特徴
  • コンパクトでも本格コーヒーが楽しめる人気コーヒーメーカー
  • テイストを自由に選べるコーヒーメーカー
  • コストパフォーマンスに優れたコーヒーメーカー
  • 2段階ミル搭載のコンパクトコーヒーメーカー
  • さっと水洗いできるお手入れ簡単なコーヒーメーカー
  • 新ブレード採用のコンパクトコーヒーメーカー
  • コーヒー本来の美味しさが楽しめるコーヒーメーカー
  • 多機能で使いやすい大型コーヒーメーカー
  • 雑味のない本格コーヒーが楽しめる大型コーヒーメーカー
  • コーヒー豆・粉両対応の自動コーヒーメーカー
  • 価格
  • 8990円(税込)
  • 16800円(税込)
  • 1764円(税込)
  • 4380円(税込)
  • 1968円(税込)
  • 8469円(税込)
  • 13333円(税込)
  • 17575円(税込)
  • 22300円(税込)
  • 3980円(税込)
  • サイズ
  • 幅17.3×奥行22×高さ27cm
  • 43 x 33 x 22 cm
  • W17.8×D11.8×H25cm
  • 17.3×22×27cm
  • :幅17.3×奥行22×高さ27cm
  • 幅17.3×奥行22×高さ27cm
  • 幅16.2×奥行28×高さ26.4cm
  • 幅16×奥行27×高さ39cm
  • 43 x 33 x 21.5 cm
  • 幅17.3×奥行22×高さ27cm
  • 種類
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • ドリップ式タイプ
  • 重量
  • 2.2kg
  • 4.95kg
  • 約0.9kg
  • 2.2kg
  • 2.2kg
  • 2.2kg
  • 2.7kg
  • 4.0Kg
  • 5.06kg
  • 約2.2kg
  • 消費電力
  • 600W
  • 750 W
  • 600 W
  • 600W
  • 600W
  • 600W
  • -
  • 750W
  • 750 W
  • 600W
  • 容量
  • 0.58L
  • 0.54L
  • 4杯分
  • 4杯分
  • 580cc
  • 0.58L
  • 0.55L
  • 4杯分
  • -
  • 0.58L

美味しいコーヒーを淹れるポイント!

記事をまとめていく前に、コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れるときに大切なポイントをいくつかご紹介していきます。1つめのポイントはなるべく新鮮なコーヒー豆を使うことです。古くなったコーヒー豆は酸化が進んでしまっており、風味が損なわれてしまいます。

 

新鮮なコーヒー豆を使うことで、コーヒー豆本来の美味しさを引き出すことができます。2つめのポイントは飲む直前に豆を挽くことです。コーヒー豆にも鮮度があり、挽いてから時間が経っているコーヒー豆は味わいが落ちてしまっています。

 

味わいが落ちるのを防ぐためにもコーヒー豆は飲む直前に、必要な分だけを挽くことが大切です。コーヒーを淹れる際にはこうしたポイントに注意していきましょう。コーヒーについて下記記事でも詳しく紹介されています。興味のある方はこちらもチェックしていきましょう。

まとめ

シロカ・コーヒーメーカーには色々な機能をもった豊富な種類があり、自分にあったモデルを選ぶことが大切です。今回の紹介を通して、皆さんにあったコーヒーメーカーが見つかれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

下記記事ではシロカ・コーヒーメーカー以外にもさまざまなコーヒーメーカーを紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年08月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ