コーヒー向け電気ケトルのおすすめ人気ランキング16選【ドリップケトルなど】

電気ケトルを使えば、美味しいコーヒーを手軽に楽しめます。ドリップケトルなど注ぎ口が細い電気ケトルも人気です。今回は、コーヒー向け電気ケトルの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。電気ケトルで淹れるとまずいと感じる理由についても必見です。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

本記事では、コーヒー向け電気ケトルの人気おすすめランキングを紹介しますが、下記の記事では電気ケトルについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

注ぎ口が細いドリップケトルも!コーヒー向け電気ケトルをご紹介

コーヒーなどを飲む際にいちいちヤカンや電気ポットなどでお湯を沸かすのは大変ですよね。そんなとき、電気ケトルがあれば簡単にお湯を沸かせます。ですが、注ぎ口が大きく使いにくかったり、保温ができなかったりと購入を見送っている方も多いはずです。

 

しかし、最近では注ぎやすい細口のドリップケトルや保温機能・温度調整機能が付いたものなど、使い勝手のいい電気ケトルも販売されています。また、海外製・日本製メーカーのものや、コーヒーを淹れるのに最適なハンドドリップモードを搭載した電気ケトルも人気です。

 

そこで今回は、コーヒー向け電気ケトルの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは機能・価格・口コミなどを基準に作成しました。電気ケトルで淹れるとまずいと感じる理由も紹介するので、購入を迷われてる方はぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

軽量タイプのコーヒー向け電気ケトルのおすすめ

1位

山善(YAMAZEN)

EGL-C1281(BB)

4.5

1℃単位で温度調節が可能!シリコン付きの蓋でしっかり密閉

蓋の開閉がスムーズに行えるようシリコン素材を採用し、取り外して洗えるため衛生的に保てます。50℃から100℃に対応した温度調節機能は、白湯作りや食材の洗浄まで幅広く対応します。握りやすく安定しやすい持ち手と、シンプルで直感的に操作できるパネルで、使い勝手も十分です。

容量 0.8L 機能 温度調節(1℃単位)・保温機能
質量 900g カラー ブラック・セラドン・グレージュ・ホワイト

温度調整可のコーヒー向け電気ケトルのおすすめ

1位

山善(YAMAZEN)

電気ケトル YKG-C800

4.4
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

デジタル表示の温度調節機能付き!適温で飲み物が楽しめる

デジタル表示の温度調節機能付きで、1℃単位の細かい温度調節ができます。難しい操作が必要ないので、シンプルな機能を求めている方にもおすすめです。コーヒーを淹れやすい細口ノズルになっています。

 

調節した温度を一定の温度に保てる保温機能付きで、70℃~90℃で煎茶、ドリップコーヒーには95℃など飲み物に合わせて温度調節が可能です。

容量 800mL 機能 空だき防止機能、温度設定、温度選択、沸とう、メモリー機能、オートオフ機能
質量 980g(ケトル・電源プレートセット時) カラー ブラック

コーヒー向け電気ケトルの魅力

コーヒー向け電気ケトルは、先が細くなっているものが多く少しずつお湯を注げるのが特徴です。一度に注げるお湯の量を調節できるため、蒸らしやすく作られています。また、温度調整ができるものだとコーヒー豆によって使い分けできるため便利です。

コーヒー向け電気ケトルの選び方

機能やデザインなど、さまざまな観点から見た選び方をご紹介するので、是非購入時の参考にしてみてください。

注ぎ口は「細口」タイプをチェック

美味しいコーヒーをドリップするときに大切なのは、蒸らし作業です。少量のお湯を一定の速度で注ぎやすい細口ノズルのケトルは、コーヒーの粉全体にまんべんなくお湯を染み渡らせられます。お湯を注ぐ場所や量などもコントロールしやすいので、コーヒーを淹れるには細口がおすすめです。

機能で選ぶ

最近では、メーカーごとにさまざまな機能がついたコーヒー向け電気ケトルが販売されています。機能ごとに特徴をまとめましたので、ぜひご自分に合った機能を探してみてください。

本格的なコーヒーを楽しむなら「温度調整機能」付きがおすすめ

コーヒーの味わいはお湯の温度によっても異なります。1℃ごとに調整できるタイプなら、コーヒーのほかにも紅茶やお茶を入れる際にも使えます。また、温度設定のプリセットに対応していれば、あらかじめドリップに適した温度に設定できるのでおすすめです。

 

さらに、保温機能付きを選べば設定温度に達したあとは保温機能に切り替わるため、常に温度を確認する作業を省くことが可能です。

コーヒーを1日に何度も飲むなら「保温機能」付きがおすすめ

お湯を沸騰させた後に電源をオフにしても作動する保温機能付きケトルは、コーヒーを飲むたびに何度もお湯を沸かすのが面倒な方に向いています。1度に何人分かのコーヒーを淹れる場合は温度キープ機能は便利です。

 

以下の記事では保温機能付き電気ケトルのおすすめ商品を紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

安全機能を重視するなら「空焚き防止機能・自動電源オフ機能」付きがおすすめ

安全機能を重視するなら空焚き防止機能や自動電源オフ機能がおすすめです。空焚き防止機能があれば電気ケトルに水が入っていない場合は加熱を開始しないので、火災を防げます。また、沸騰後に自動で電源をオフする機能があれば、つけっぱなしを防げます。

 

小さいお子さんがご家庭にいる場合は、安全機能については購入前に確認しておきましょう。

本体が熱くなりにくい「本体二重構造」もおすすめ

お湯を入れる部分が二重構造になっている電気ケトルは、お湯が沸騰しても熱くならないので安全性が高く、内部がステンレスでできているため匂いが付きにくいです。誤って電気ケトルに手が触れてしまった場合にも火傷の心配はありません。

湯漏れの事故を防ぐなら「転倒湯漏れ防止構造」がおすすめ

転倒湯漏れ防止構造は、電気ケトルが転倒してしまった場合でもお湯が流れないように作られているので、子供やペットがいる場合は事故を事前に防げます。上蓋におもりがあるものや、注ぎ口に止水用の弁が付いているものが多いです。

タイガーや象印に搭載!小さな子供がいるなら「蒸気レス」がおすすめ

蒸気レスは、電気ケトルでお湯を沸かした時に出る蒸気を減らせるので、蒸気に触れて火傷するリスクを減らせます。ペットや小さな子どもがいる場合は、蒸気に触れる可能性があるので欠かせない機能です。象印やタイガーなどの電気ケトルに搭載されています。

コーヒーの濃度にこだわりたい方は「カウントアップタイマー」付きがおすすめ

カウントアップタイマーを備えた電気ケトルは、コーヒー抽出時の時間管理を正確に行えるため、理想的な味わいを追求できます。ただし、多機能性は価格に反映されるため、必要な機能と予算を考慮して判断しましょう。

目的に合ったサイズやデザインを選ぶ

ご自分のライフスタイルや使用用途など、目的に合わせて選ぶのも大切です。またお手入れのしやすさも重要ポイントになります。

気軽にコーヒーを飲むなら「軽量」タイプがおすすめ

片手でドリッパーに注ぐ場合は軽量タイプの電気ケトルがおすすめです。1kg以下の質量に抑えてあるものや、入れる水の容量が少ないタイプは片手でも持つことができます。1杯分のコーヒーをドリップしたいときに気軽に使えて便利です。

家族で使うなら1リットル以上の「大容量」タイプがおすすめ

家族で電気ケトルを利用するなら、1回に入る水の容量が多い大容量タイプを選ぶのがおすすめです。1リットル程度の容量のものを選ぶと、およそ4杯以上のコーヒーが一度に淹れられます。使う人数や他の用途に合わせて、容量の大きさを選びましょう。

手入れのしやすさなら「開口デザイン」がおすすめ

開口デザインは入口が広いので電気ケトルの手入れがしやすいです。蓋が簡単に取り外せたり、布で拭き取るだけで汚れが取れたりと簡単に電気ケトルの中の手入れができます。また、開口デザインは水を注ぐときにもこぼれにくいです。

材質で選ぶ

電気ケトルの材質で選ぶ方法です。プラスチック製・ステンレス製・ガラス製など、さまざまな材質があるので、デザインや機能性を確認して選びましょう。

コスパにこだわるなら安い一人暮らしにも向いている「プラスチック製」がおすすめ

プラスチック製はステンレス製やガラス製に比べて、質量が軽いため持ち運びに便利です。価格が安いので、一人暮らしの方や初めてコーヒー用電気ケトルに挑戦したい方に向いています。耐久性が低い点やプラスチックの臭いが付きやすい点がデメリットです。

壊れにくさを求めるなら「ステンレス製」がおすすめ

ステンレス製の電気ケトルは耐衝撃性が高く傷がつきにくいのが特徴です。プラスチックと比べると匂いが付きにくいので衛生的に使えます。スタイリッシュなデザインなどデザイン性が高いものが多いため、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

手入れのしやすさなら「ガラス製」がおすすめ

水量や汚れが分かるガラス製は手入れがしやすい点が魅力です。匂いも移りにくく、見た目もおしゃれなデザインが多いですが、プラスチック製やステンレス製の電気ケトルに比べると衝撃に弱い点がデメリットとして挙げられます。

 

以下の記事では、ガラス電気ケトルの人気おすすめランキングをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

価格で選ぶ

コーヒー用の電気ケトルを購入する際には、価格も重要です。容量が小さいものや人気メーカーでなければ安い価格で購入できます。高いものになると2万円以上するものもあります。予算と機能のバランスを考慮して、自分の目的に合った電気ケトルを探してみましょう。

視覚でも楽しみたいなら電気ケトルの「見た目」もチェック

視覚でも楽しむなら電気ケトルの見た目もチェックしましょう。シンプルなものや、マットな質感のデザインなど、さまざまな見た目のものがあるため、インテリアや好みのデザインに合わせて選ぶのがおすすめです。

インテリアに合わせたいなら「カラー」をチェック

部屋のインテリアに合わせて選ぶなら、電気ケトルのカラーを重視して選ぶのがおすすめです。ゴールドな質感のカラーやマットカラーなど、好みに合わせて選ぶことで部屋に馴染みやすくなります。お部屋のインテリアに合う色を探してみましょう。

コーヒーを上手に淹れたいなら「ハンドドリップモード」をチェック

電気ケトルの中には、ハンドドリップモードを搭載している商品があります。ハンドドリップモードとは、注ぐ量を少なくできる設定で、コーヒーをゆっくり丁寧に淹れたい方におすすめの機能です。

人気メーカーから選ぶ

人気メーカーは種類が多く、実際に購入された方の口コミも多いので、メリットやデメリット、使用感などを確認しやすいです。

おしゃれなデザインなら注ぎ口が細い「HARIO(ハリオ)」がおすすめ

ハリオは耐熱ガラスの商品を中心に販売しているメーカーです。コーヒー用電気ケトルは細い注ぎ口になっており、ハンドドリップしやすい形状になっています。世界で愛されるおしゃれなデザインで、多くのデザイン賞を獲得している人気のメーカーです。

細かい温度調節がしたい方には「YAMAZEN(山善)」がおすすめ

山善は調理家電や収納、インテリアなど多くの商品を販売しているメーカーです。60℃~100℃まで1℃単位で温度調節できる点が強みで、インテリアに馴染むシンプルなデザイン性が支持を得ています。

用途で選ぶなら「T-fal(ティファール)」がおすすめ

1956年から現在も世界で愛されている人気メーカーです。フライパンや電気ケトルなど、家電用品が多く販売されています。カップ1杯分が50秒で沸かせるスピーディーな点が魅力で、軽量タイプやあんしんタイプなど用途に合わせて使えるところも人気です。

 

以下の記事ではティファールの電気ケトルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

インテリアに馴染ませたいなら「Vitantonio(ビタントニオ)」がおすすめ

ビタントニオはキッチン用品や生活家電などを販売しているメーカーです。中でも、天然木を使った持ち手の電気ケトルが人気で、インテリアにおしゃれに馴染みます。コラボアイテムも多く販売されており、デザインを重視して選ぶ方にもおすすめです。

かわいさにこだわなら「DeLonghi(デロンギ)」がおすすめ

デロンギはイタリアのメーカーで、暖房器具やキッチン家電を多く取り扱っています。ヨーロッパらしい鮮やかなデザインが特徴で、かわいらしいケトルを探している方におすすめです。使いやすさや耐久性に優れています。

 

以下の記事ではデロンギ電気ケトルのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

日本製メーカーこだわるなら「BALMUDA(バルミューダ)」がおすすめ

バルミューダは2003年に設立された日本製のメーカーです。炊飯器やトースターなどさまざまな商品を幅広く取り扱っています。どれもデザイン性が高く、インテリアにこだわっている方からも高い支持を得ており、見た目のデザイン性に惹かれて購入する方も多いです。

 

2022年には最新モデルが販売され、ケトル内の最大水量が確認しやすいプレートが追加されました。また、ロゴの文字もゴールドカラーに変更されるなど、より使いやすくなりました。

 
 

安い価格で手に入れたいなら「NITORI(ニトリ)」がおすすめ

ニトリは安い価格で手に入るので、初めての一人暮らしの方にもおすすめです。操作方法も簡単で、スイッチを押すだけでお湯が湧きます。奥まで手が入る広口設計で、お手入れも簡単です。空焚き防止機能や自動電源OFF機能付きで、安全面でも安心して使えます。

シンプルで湯沸かし時間が速いものなら「無印良品」がおすすめ

シンプルな生活雑貨・インテリア商品・食料品などを取り扱っている無印良品では電気ケトルも販売されています。無印良品の電気ケトルはシンプルな見た目だけでなく、カップ1杯分を80秒で沸騰でき、湯沸かし時間が速いのが魅力です。

直接お茶も沸かすなら「IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)」がおすすめ

アイリスオーヤマには、直接電気ケトルでお茶を沸かせる商品があります。ケトルの中に取り出し可能な茶こしが付属しており、透明なガラスでできているため、お茶の濃さも簡単に確認できます

軽量タイプのコーヒー向け電気ケトル人気おすすめランキング8選

1位

山善(YAMAZEN)

EGL-C1281(BB)

4.5

1℃単位で温度調節が可能!シリコン付きの蓋でしっかり密閉

蓋の開閉がスムーズに行えるようシリコン素材を採用し、取り外して洗えるため衛生的に保てます。50℃から100℃に対応した温度調節機能は、白湯作りや食材の洗浄まで幅広く対応します。握りやすく安定しやすい持ち手と、シンプルで直感的に操作できるパネルで、使い勝手も十分です。

容量 0.8L 機能 温度調節(1℃単位)・保温機能
質量 900g カラー ブラック・セラドン・グレージュ・ホワイト

口コミを紹介

コーヒー用に購入。
毎回ガスコンロで手間が省けて
かなり快適になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BALMUDA

BALMUDA The Pot

4.5

美しいデザイン性が人気

600mlの電気ケトルです。軽量なので片手で注ぎやすく、注ぎ口がブレることもありません。沸騰時はもちろん、水が少ないときに自動で電源がオフになる空だき防止機能も付いているので安心です。デザイン性を求める方におすすめです。

容量 0.6L(リットル) 機能 空だき防止機能、自動電源OFF機能
質量 本体 : 約0.6kg カラー ブラック、ホワイト

口コミを紹介

ドリップコーヒーがとても淹れやすくなりました。カップにも注ぎやすく、お値段の価値はありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

Amazon売れ筋ランキング ホーム&キッチン 電気ケトル部門 8位

(2024/02/01調べ)

電気ケトル(ガラス) 温度調節付 IKE-G1500T-B

4.3
amazonランキング
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る

直接お茶が沸かせる!温度調整機能付きで便利

ガラス製でできたこちらの電気ケトルは、内部に茶こしが付属しており、直接お茶が沸かせる仕様になっています。もちろん水を沸騰させることも可能で、60℃~100℃の間で5℃刻みで最適な温度を選べます。

 

沸騰・コーヒー・日本茶モードを搭載しており、最適な温度をボタンにワンタッチで設定できます。

容量 約1.5L 機能 温度調節機能、60℃~95℃での保温、空焚き防止機能、自動電源オフ機能
質量 電源プレート含まず:約1.0kg カラー ブラック
4位

HAGOOGI

電気ケトル GEK‐1804

4.5

ボタン操作のみで簡単!1℃単位で温度調節ができる

40℃から100℃まで1℃単位で温度調整ができるので、初心者でも簡単に本格的なドリップコーヒーが楽しめます。また、ボタン操作のみなので使いやすいです。また、30分間の保温機能付きなので、暖かさを保ったままもう1杯飲むことが可能です。

容量 0.8L 機能 温度設定・温度調節機能、誤タッチ防止、沸騰お知らせ音、蒸気レス、自動電源オフ、空焚き防止
質量 580g カラー ブラック

口コミを紹介

ダイヤル回して温度決めてボタンを押すだけ。とても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

モダンデコ

クラシック電気ケトル スリムノズル

4.2

沸騰時間が速い!軽量の1リットルサイズ

スリムノズル仕様なため、コーヒーを注ぐ量やスピードが調整しやすいです。沸騰時間がカップ1杯あたり約90秒と速いのが魅力的です。質量は660gで軽量ですが、1リットルも沸かせます。また、片手で簡単にドリップできます。

 

また、蓋部分は簡単に取り外せるので、使用した後のお手入れも簡単にできます。便利な自動電源OFF機能付きなので、切り忘れても安心です。すぐに沸かせるため、一人暮らしの方にも向いています。

容量 ベーシック:1.0L  ハイグレード:0.6L 機能 コード長さ調節可能・電源ランプ付き・MAX水量表示・自動スイッチOFF機能・温度調節*・保温機能*・湯沸かしアラーム*
質量 ベーシック:660g  ハイグレード:1.1kg カラー ベーシック:ホワイト、ブラック、グレージュ   ハイグレード:ホワイト、ブラック

*ハイグレードモデルのみ

口コミを紹介

真っ白でオシャレで可愛いし、蓋も簡単に開くし、プラスチックでは無いので変な味もしないし、スムーズに出るし、沸く音も以前使っていた800mlより静かめで良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

シロカ

温度調節電気ケトル SK-D171

4.0
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

3つのモード搭載!細かな温度設定で便利

1℃単位の細かい温度設定が可能で、設定した温度になれば自動で保温モードに入るので便利です。沸騰した後に冷ますこともできるので、赤ちゃんのミルク作りにも使えます。

 

蓋部分は取り外しが可能で、簡単に洗えて清潔です。3つのモードが搭載されており、沸騰モード・加熱モード・煮沸モードと使い分けができます。

容量 0.8L 機能 完全に取り外せるフタ、空だき防止機能、メモリー機能、、煮沸モード、加熱モード、温度調節機能、沸とうモード、自動保温機能
質量 0.98kg(ケトル:595 g(ふた含む) 電源プレート:385g(電源コード含む)) カラー ブラック

口コミを紹介

見た目重視で購入したが、2週間程度使用してみてまったく不満点はありません。沸騰するまでの温度の上り具合が確認できるのが良い。お湯を注ぐときの量の調整もしやすい。コンパクトでかわいらしいし、良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

デバイスタイル

温度計付き電気ケトル KA-800C

4.6

おしゃれなウッド調!細口タイプでドリップしやすい

蓋部分に温度計が付いている珍しいタイプの温度計付き電気ケトルです。沸騰までの時間は4分〜4分30秒で、800ccを短時間で沸かせます。グースネック式の細口の注ぎ口なので、コーヒーをドリップをする際の調節もしやすいです。

 

底の部分はおしゃれなウッド調で、本体は高級感のあるホワイトステンレスで作られています。おしゃれな電気ケトルをお探しの方におすすめです。

容量 800cc 機能 1200Wハイパワー・アナログ式温度計
質量 約0.72kg カラー ホワイト

口コミを紹介

見た目もよいし、ホーローの質感もいいです。コーヒー等に注ぐのに口が細いタイプが欲しかったのですが、使い勝手も特に問題なく使えてよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

象印マホービン (ZOJIRUSHI)

電気ケトル CK-AX10-WA

4.5

ハンドドリップモードで丁寧に淹れられる

通常の注ぎ口とハンドドリップモードを使い分けできる電気ケトルです。コーヒーや紅茶をゆっくり丁寧に淹れたい方におすすめです。保温機能もあるので、沸かしたお湯が冷めて捨てるといった無駄をせずに済みます。

容量 1.0L 機能 保温機能・ハンドドリップモード
質量 1.0kg(本体のみ) カラー ブラック・ホワイト

軽量タイプのコーヒー向け電気ケトルのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 容量 機能 質量 カラー
アイテムID:14959866の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1℃単位で温度調節が可能!シリコン付きの蓋でしっかり密閉

0.8L

温度調節(1℃単位)・保温機能

900g

ブラック・セラドン・グレージュ・ホワイト

アイテムID:14601516の画像

Amazon

楽天

ヤフー

美しいデザイン性が人気

0.6L(リットル)

空だき防止機能、自動電源OFF機能

本体 : 約0.6kg

ブラック、ホワイト

アイテムID:14601512の画像

Amazon

楽天

直接お茶が沸かせる!温度調整機能付きで便利

約1.5L

温度調節機能、60℃~95℃での保温、空焚き防止機能、自動電源オフ機能

電源プレート含まず:約1.0kg

ブラック

アイテムID:14601525の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ボタン操作のみで簡単!1℃単位で温度調節ができる

0.8L

温度設定・温度調節機能、誤タッチ防止、沸騰お知らせ音、蒸気レス、自動電源オフ、空焚き防止

580g

ブラック

アイテムID:14601508の画像

Amazon

ヤフー

沸騰時間が速い!軽量の1リットルサイズ

ベーシック:1.0L  ハイグレード:0.6L

コード長さ調節可能・電源ランプ付き・MAX水量表示・自動スイッチOFF機能・温度調節*・保温機能*・湯沸かしアラーム*

ベーシック:660g  ハイグレード:1.1kg

ベーシック:ホワイト、ブラック、グレージュ   ハイグレード:ホワイト、ブラック

アイテムID:14601531の画像

Amazon

楽天

ヤフー

3つのモード搭載!細かな温度設定で便利

0.8L

完全に取り外せるフタ、空だき防止機能、メモリー機能、、煮沸モード、加熱モード、温度調節機能、沸とうモード、自動保温機能

0.98kg(ケトル:595 g(ふた含む) 電源プレート:385g(電源コード含む))

ブラック

アイテムID:14601505の画像

Amazon

楽天

ヤフー

おしゃれなウッド調!細口タイプでドリップしやすい

800cc

1200Wハイパワー・アナログ式温度計

約0.72kg

ホワイト

アイテムID:14601524の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ハンドドリップモードで丁寧に淹れられる

1.0L

保温機能・ハンドドリップモード

1.0kg(本体のみ)

ブラック・ホワイト

温度調整可のコーヒー向け電気ケトルの人気おすすめランキング8選

ここからは、温度調節可のコーヒー向け電気ケトルの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介します。商品によっては、プリセットされた温度設定の中から調節が可能なタイプも紹介しています。

1位

山善(YAMAZEN)

電気ケトル YKG-C800

4.4
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

デジタル表示の温度調節機能付き!適温で飲み物が楽しめる

デジタル表示の温度調節機能付きで、1℃単位の細かい温度調節ができます。難しい操作が必要ないので、シンプルな機能を求めている方にもおすすめです。コーヒーを淹れやすい細口ノズルになっています。

 

調節した温度を一定の温度に保てる保温機能付きで、70℃~90℃で煎茶、ドリップコーヒーには95℃など飲み物に合わせて温度調節が可能です。

容量 800mL 機能 空だき防止機能、温度設定、温度選択、沸とう、メモリー機能、オートオフ機能
質量 980g(ケトル・電源プレートセット時) カラー ブラック

口コミを紹介

温度の管理、リアルタイムで表示されること自体が非常に魅力的な商品です。デザインも良く使わない時の佇まいも素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ドリップケトル 温度調節付 IKE-C600T-B ブラック

4.3
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安い価格なのに高機能!5℃刻みの温度調節ができるドリップケトル

沸騰の100℃からコーヒー用の90℃、日本茶の70℃と飲み物や目的に合わせて5℃刻みの温度調節ができるドリップケトルです。コーヒーが淹れやすい細口ノズルで、ドリップの際に速度や量をコントロールしやすくなっています。

 

また、ケトルと電源プレートがセパレート式で、給水やお手入れがしやすい点もポイントです。

容量 約0.6L 機能 空焚き防止機能、沸騰後自動電源オフ機能、温度調節機能
質量 1300g(電源プレート含む) カラー ブラック

口コミを紹介

お茶を適温で入れたくて購入しましたが、お湯はすぐ沸くし、いらないと思っていた保温機能も細かい精度で設定温度を保ってくれますので使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

エペイオス(Epeios)

ドリップケトル

4.2

プロのバリスタも納得!思いのままに正確なドリップができる注ぎ口

滑り止め付きのハンドルで安定してお湯を注ぐことができます。お湯の流れを細かく調節でき、均一に抽出します。計算された角度を施した注ぎ口は、お湯を狙った場所に正確に注ぐことができ、見た目の美しさはもちろん使い勝手も抜群です。

容量 900ml 機能 温度調整・保温・アラート・タイマー機能
質量 - カラー ブラック・ホワイト
4位

HARIO(ハリオ)

V60温度調整付きパワーケトル・ヴォーノN  EVT-80-HSV

4.1
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ハリオのケトルは細かい温度調節で本格コーヒー

1℃単位で細かい温度調節ができるコーヒー用のハリオの電気ケトルです。お茶やコーヒーなど、飲み物に合わせて最適な温度に調節できます。50℃~96℃の範囲での細かい温度設定や温度調節機能に加え、一定時間の保温機能付きで使いやすいです。

 

10分間操作がない場合は自動で電源がオフになるオートパワーオフ機能や、安全面を考慮した空焚き防止機能など、電気ケトルでの事故も減らせます。

容量 最大容量800mL 機能 空焚き防止機能、パワーオフ機能、温度調節設定、一定時間の保温
質量 (個箱含む) 約1200g カラー ヘアラインシルバー

温度調整ができるので、コーヒーを淹れるときの温度を適切に保つことができるので好みの温度でコーヒーを淹れるのには適している。温度設定すればその温度付近で湯温が保たれるので便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

5位

DeLonghi(デロンギ)

温度設定機能付き電気カフェケトル KBOE1230J

4.5
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ワンタッチで温度調整が可能!

50℃~100℃までの5段階から選べる温度調整機能付きの電気ケトルです。使い方はボタンを押すだけで良いので、誰でも簡単に操作できます。お湯を沸かした後は20分間保温*してくれるので、適温で飲み物を飲めるので便利です。

 

また、電気ケトルを使わない際は電源コードをホルダーに収納できるので、インテリアの邪魔になりません。また、水が少なくなったら自動で電源がオフになる空焚き防止機能付きです。

容量 1L 機能 5段階の温度設定、20分間の保温機能、水量計 、自動電源OFF機能 、空だき防止機能
質量 1.4kg(本体+ベース) カラー ピースフルホワイト(W)、プレステージグレー(GY)、ビターグレージュ(BG)

*100℃設定時は除く。

口コミを紹介

温度設定も細かいので、普段の湯沸かしやコーヒー紅茶、日本茶などお湯の温度にこだわる人にはおススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Vitantonio

温調ドリップケトル・ACTYⅡ(アクティⅡ) VEK-20-K

4.4

プロのバリスタ監修!スタイリッシュな電気ケトル

温度設定と保湿機能が使えるので、ドリップの際に細かい設定が可能です。バリスタの向山岳さん監修で、プロのようにハンドドリップが行えます。開けやすく注ぎやすい、着脱可能で上面フラットな独自形状のフタが特徴です。

 

温度設定は50℃~100℃まで可能で、1℃単位で温度設定できます。また、バリスタ機能では、設定温度に到達してから自動で15分間保温*してくれます。

容量 約800ml 機能 空焚き防止機能、消音機能、メモリー機能、15分保温機能、バリスタ機能、プリセット機能、温度設定モード
質量 約980g カラー ブラック

*96℃以上に設定している場合は、96℃で保温します。

口コミを紹介

重さも丁度良く蓋も手で押さえなくてもある程度固定してくれるため、片手でドリップできます。ドリップもコントロールしやすく満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

COSORI(コソリ)

電気ケトル CO108-NK

4.4
\新生活セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る

開口デザインでお手入れ簡単!湯量の調節もしやすい

開口デザインで作られているため水が入れやすいだけでなく、お手入れもしやすい電気ケトルです。細長いノズルなので湯量の調節や速度の調節が簡単にできます。0.8Lと使いやすい容量なので片手でハンドドリップもしやすいです。

 

つや消しのシックなカラーとおしゃれなデザインで、インテリアにも馴染みます

容量 0.8L 機能 サーモスタットテクノロジー、空焚き防止機能、自動シャットオフ機能、ケトルアラート、急速沸騰、オーバーフロー防止
質量 - カラー ブラック、シルバー

口コミを紹介

まずスタイルが良くお湯が入れやすい。そして沸騰が早く、温度調節機能も素晴らしい。
以前使っていた安い電気ケトルは常にグツグツ沸騰したお湯で作ったお茶をふーふー言いながら飲んでたが今はその手間が不要。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ティファール(T-fal)

カフェコントロール KO9238JP

4.4

8段階の温度調節機能でこだわりの一杯を

精密な注ぎ口でお湯の量を自在にコントロールします。最大60分の保温機能付きで、再沸騰の手間なく2杯目もすぐに味わえます。お茶やコーヒーなど、飲み物に合わせた8段階の温度設定が可能です。人間工学に基づいたハンドルは握りやすく、安定感があります。

容量 1.0L 機能 自動電源オフ・保温・温度コントロール機能
質量 - カラー ブラック

温度調整ができるコーヒー向け電気ケトルのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 容量 機能 質量 カラー
アイテムID:14601543の画像

Amazon

楽天

ヤフー

デジタル表示の温度調節機能付き!適温で飲み物が楽しめる

800mL

空だき防止機能、温度設定、温度選択、沸とう、メモリー機能、オートオフ機能

980g(ケトル・電源プレートセット時)

ブラック

アイテムID:14601540の画像

Amazon

楽天

ヤフー

安い価格なのに高機能!5℃刻みの温度調節ができるドリップケトル

約0.6L

空焚き防止機能、沸騰後自動電源オフ機能、温度調節機能

1300g(電源プレート含む)

ブラック

アイテムID:14971141の画像

Amazon

楽天

ヤフー

プロのバリスタも納得!思いのままに正確なドリップができる注ぎ口

900ml

温度調整・保温・アラート・タイマー機能

-

ブラック・ホワイト

アイテムID:14601537の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ハリオのケトルは細かい温度調節で本格コーヒー

最大容量800mL

空焚き防止機能、パワーオフ機能、温度調節設定、一定時間の保温

(個箱含む) 約1200g

ヘアラインシルバー

アイテムID:14601534の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ワンタッチで温度調整が可能!

1L

5段階の温度設定、20分間の保温機能、水量計 、自動電源OFF機能 、空だき防止機能

1.4kg(本体+ベース)

ピースフルホワイト(W)、プレステージグレー(GY)、ビターグレージュ(BG)

アイテムID:14601528の画像

Amazon

楽天

ヤフー

プロのバリスタ監修!スタイリッシュな電気ケトル

約800ml

空焚き防止機能、消音機能、メモリー機能、15分保温機能、バリスタ機能、プリセット機能、温度設定モード

約980g

ブラック

アイテムID:14601519の画像

Amazon

楽天

開口デザインでお手入れ簡単!湯量の調節もしやすい

0.8L

サーモスタットテクノロジー、空焚き防止機能、自動シャットオフ機能、ケトルアラート、急速沸騰、オーバーフロー防止

-

ブラック、シルバー

アイテムID:14971446の画像

Amazon

楽天

ヤフー

8段階の温度調節機能でこだわりの一杯を

1.0L

自動電源オフ・保温・温度コントロール機能

-

ブラック

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天 「電気ケトル」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

やかん・電気ポットでもコーヒーは淹れられる?

やかんで沸かしたお湯や電気ポットなどでもコーヒーは淹れられますが、注ぎ口が太くあまりドリップするのに適した形状ではありません。注ぎ口が細いコーヒー向け電気ケトルなら電気ポットよりもお湯を注ぎやすいため、より美味しいコーヒーを楽しめます。

 

挽いた豆の粉の上に「の」の字を書くようにお湯を注ぐことで、えぐみや雑味が出にくくなり、豆を蒸らすことでコーヒーのエキスが良く出ます。そのため、バリスタに入れてもらったようなコーヒーを楽しみたい方には、コーヒー向け電気ケトルが最適です。

コーヒーメーカーと電気ケトルはどっちがいい?

電気ケトルとコーヒーメーカーのどちらを買うか悩む方は、メリットとデメリットを考えてみましょう。コーヒーメーカーのメリットは、コーヒー豆を投入しボタン一つで挽きたてのコーヒーを飲むことができる点です。

 

コーヒーメーカーのデメリットとしては、蒸らすことや抽出速度の調整の調整ができないため誰が入れても一定の味になってしまいます。自分好みのコーヒーを淹れたい方には電気ケトルがおすすめです。

電気ケトルで淹れたコーヒーがまずい?クエン酸が効果的!

電気ケトルで淹れたコーヒーがまずいと感じるのは、プラスチックの臭いが原因です。この臭いが気になる場合は、本体に水量をマックスでお湯を沸かし、お湯を捨てるという流れを3回ほど繰り返します。

 

その際に、重曹・クエン酸・ベーキングパウダーを含めて沸かすと効果的です。また、このとき1〜2時間置いてから流すことで、カルシウムを溶かす酸性のクエン酸によりカルキを落としやすくなります。

プロ仕様のコーヒーを飲みたいならコーヒードリッパーもこだわろう

コーヒー用の電気ケトルと組み合わせて使うコーヒードリッパーは、多くの種類が販売されています。プロが淹れたような美味しいコーヒーを楽しみたいなら、使っている豆や飲みたいコーヒーに合わせるのがおすすめです。

 

以下の記事ではコーヒードリッパーのおすすめ商品を紹介しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

まとめ

多機能でおしゃれなコーヒー用電気ケトルを使うことで、気軽にコーヒーを楽しめます。ガスやIHを使う必要もなく素早くお湯を沸かせるので、一人暮らしの方にもぴったりです。購入の際は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年03月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コーヒーケトルの人気おすすめランキング20選【無印や100均で買えるものも紹介】

コーヒーケトルの人気おすすめランキング20選【無印や100均で買えるものも紹介】

コーヒー・ティー用品
ケトルの人気おすすめランキング14選【電気タイプや一人暮らし向けも】

ケトルの人気おすすめランキング14選【電気タイプや一人暮らし向けも】

調理器具
100人に調査|ティファール電気ケトルのおすすめ人気ランキング16選【どれがいい?】

100人に調査|ティファール電気ケトルのおすすめ人気ランキング16選【どれがいい?】

電気ポット・電気ケトル
国内メーカーの電気ケトル人気おすすめランキング15選【日本製のおしゃれなものも】

国内メーカーの電気ケトル人気おすすめランキング15選【日本製のおしゃれなものも】

電気ポット・電気ケトル
ガラス製電気ケトルのおすすめ人気ランキング7選【デメリットはある?日本製も】

ガラス製電気ケトルのおすすめ人気ランキング7選【デメリットはある?日本製も】

電気ポット・電気ケトル
安い電気ケトルの人気おすすめランキング16選【ドンキホーテで1000円以下のものも】

安い電気ケトルの人気おすすめランキング16選【ドンキホーテで1000円以下のものも】

電気ポット・電気ケトル