オムツの人気おすすめランキング15選【赤ちゃんの毎日に!】

記事ID3686のサムネイル画像

赤ちゃんが毎日使うオムツ。赤ちゃんのために、通気性・吸収性・素材などの性能が良くて、コスパの良い紙おむつを選びたいですよね!今回はそんなオムツ選びに悩むママさんたちにおすすめのオムツをランキング形式で紹介したいと思います。

赤ちゃんに合ったオムツ選びをしよう

パンパース、メリーズ、ムーニーなど、いろんなブランド販売されているオムツ。ブランドごとに少しずつ性能に特徴があるんです!さらに夜用、汗をかくとき、トイレトレーニング用など使用時と使用目的によって使い分けることもあります。それぞれのブランドの性能を理解してオムツを選びましょう!

 

例えば通気性がないとムレてしまってかぶれの原因になってしまいます。吸収性がないと漏れや不快感につながり、漏れにくさ・おむつのずれの少なさのためにはフィット感が大切になります。

 

今回は通気性、吸収性、フィット感、コストパフォーマンス、その他用途を考えてランキングを作成しました。 オムツはパンツタイプのLサイズを紹介しています。

オムツ人気おすすめランキング15選

15位

ユニチャーム

トレパンマン

価格:1,523円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トイレトレーニングのためのおむつ!

おしっこをした時の不快感でオムツが普通よりも早く取れるとのことです。男の子の用のオムツの柄がトイストーリー、女の子の柄はミッキーなので、デザインを気に入って履いてくれる子も多いようです。

 

ただ、吸水量が少ないのですぐに交換しないと漏れてしまうことも。また、人によっては不快感を訴えない子もいるみたいです。

枚数36枚一枚あたりの値段42.3円

口コミを紹介

わけあって、おまるや補助便座でのトイトレをまだ始められなかったので、まず、自分でオシッコした時に教えてくれるようになるといいなぁと思い使用してみました。
やはり気持ち悪いらしく、ウンコは確実に、パンツ変えて!と言ってくれます。オシッコも気持ち悪いようです。オムツ外し前には適しているかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

P&G

パンパース オムツ卒業パンツ

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トイレトレーニングに!

普通のパンパースのオムツと違って、名前通りオムツを卒業するためのトイレトレーニング用のオムツ。おしっこをすると不快感を感じる仕組みになっています。パンパース特有の生地の薄さにより、洋服を着た時に見た目のボリュームがでにくいのもポイントです。

 

パンパースの吸収性が良いのか、おしっこをしても不快に思わずトイレトレーニングにならなかった子も多いようです。オムツ卒業間近で、おもらしした時の保険として使っている方もいました。

枚数36枚一枚あたりの値段35.5円

口コミを紹介

そろそろおむつ卒業に向けて準備がしていきたいわが子にぴったりのおむつでした.
おしっこをすると,不快感があるらしく,自然とする前に「おしっこ!」といえるようになってきました.

普通のおむつと見た目の大きな差がないので,すんなり履いてくれるので助かります.

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

王子ネピア

ネピア Whito パンツ

価格:1,706円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄くて軽い!12時間持続!

3時間用と12時間用でそれぞれお出かけ用、夜用など用途によって使い分けることができるWhito。こちらは夜用の12時間タイプです。

 

キルティングおむつなので、肌触りがよく柔らかいのが特徴!特に腰のギャザーが柔らかく、痒くなりにくいとの評判です。他のブランドよりも薄くて軽いので、持ち運びにも便利!ただし人によっては12時間持たずに漏れてしまうこともあるようです。

枚数46枚一枚あたりの値段37.1円

口コミを紹介

冬になり夜中のおしっこが増えたようで朝になると漏れてることが多くなりました。夜中に起きてオムツを替えるのも考えましたが、夜に2枚使うなら夜用を買った方が安価なのでは?と思い購入しました。結果、買って良かったです(*^^*)いま2週間使ってますが1度も漏れてません。デザインもかわいいし、厚みもグーンと同じくらい薄くてモコモコしないし柔らかめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

王子ネピア

Mama Bear ふわふわベビーパンツ

価格:4,146円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふわふわ肌触りなアマゾンブランド!

アマゾンのブランド、Mama Bear。ブランド名通りふわふわ素材が魅力!さらに値段もお手頃なので、日中に何回もおむつを替えることができます。

 

同じ王子ネピアのゲンキと似たようなオムツで、アマゾンでは3つパックでお得に買うことができるのでおすすめです。太もものギャザーが赤ちゃんによってはゆるい場合があり、ゆるめのうんちの時などに漏れが気になることがあるようです。

枚数168枚一枚あたりの値段24.7円

口コミを紹介

この品質でこのお値段なら定期便で買い続けたいと思っています。
ムーニーマンやパンパースに比べて少し小さめなので、緩めの便のときには他のものを使うようにしています。
肌弱めの子どもですがかぶれはありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ユニチャーム

オヤスミマン

価格:1,349円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜のおむつに!漏れない

夜間の漏れが気になる赤ちゃんとおむつ卒業間際のお子さんにぴったり!日中使うオムツでは夜の間持たない場合に夜用オムツを持っておくと便利です。また、日中はもうパンツでも平気なお子さんの夜のおねしょ対策に使用している方も多いです。オヤスミマンを使うことで、洗い物の回数を減らすことができます。

 

一枚あたりの値段が45円とオムツにしては高めなのがマイナスポイント。しかし夜のうちに二回分のオムツを買えることを考えると、コスパが悪いわけではないと思います。

枚数30枚一枚あたりの値段45.0円

口コミを紹介

吸収力は結構いいので、漏れたことはないです。カーズの柄も子供は喜んでいます。
商品はいいと思いますが、お値段が高いので星は3つで。日常的に使う消耗品はお値段も非常にだいじな要素だと思いますの。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ユニチャーム

マミーポコ

価格:3,430円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく安い!ミッキー柄で可愛い

リニューアルしてゴワゴワ感が少なくなったとの噂のマミーポコ。一番の魅力はその安さ!一枚20円ほどと他のブランドと比べて格段に安いです。しかも基本の性能はしっかりしています。安いので気楽に何回も取り替えることができるがいい点ですね。

 

ミッキーのデザインが可愛く、赤ちゃんが嫌がらずに履いてくれるという声も多いです。

枚数168一枚あたりの値段20.4

口コミを紹介

女の子の双子で、ムーニーの女の子用とこちらのオムツを兼用しています。
1番安いので、昼のこまめに変える用に使用しております。
夜や、遠くにお出かけするときはムーニーです。
おしっこの量が多かったときなんかは漏れてしまいます。夜履かせてしまうと朝しみてしまっている状態です。
他のオムツに比べてかなり安いので、昼用としては文句ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

大王製紙

グーン 消臭パンツ

価格:1,282円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消臭機能つきのグーン!

グーンに消臭機能がついたオムツ。それほどグーンとお値段も変わりません。ほんのりシャボンの良い香りがするそうで、夜間長時間つけたあとやうんちのときなどにニオイを消してくれます。特に、使用後のオムツを持ち歩かなければならない時、ゴミ箱に捨てる時など、ニオイが気になる場面で役立ちます。

 

動物のデザインも可愛らしく評判がいいです。

枚数42枚一枚あたりの値段30.5円

我が家は消臭グーンを愛用。
他のオムツに比べて臭い漏れが軽減していると思う。柔軟剤のような香りがして良い。またうちの子は蒸れが少なく、これを使ってからはオムツかぶれをしなくなった。少しお値段は高いがこの程度なら◎。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ユニチャーム

ムーニーマン 汗スッキリ 男女共用

価格:2,650円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

漏れない!ムレない!

特徴的なのは、背中の汗吸いとるシート!さらに全面通気シートが付いているので通気性に優れています。ムレない構造になっています!動き回って汗をかく日中や夏場にだけに使用したりと使う場面に合わせて使ってみるのもありですね!

 

ギャザーが全体的にゆるめで、少し大きめの作りになっているようです。サイズ選びは注意した方が良さそうです。

枚数80枚一枚あたりの値段33.1

口コミを紹介

赤ちゃんは体温が高いため、すぐ汗をかきます。
おむつで覆われている背中のあせもがひどかったですが、
よく汗を吸収してくれるため、背中のあせもが激減しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

王子ネピア

GENKI!

価格:1,233円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンパンマンのプリントで楽々オムツ替え!

アンパンマンのデザインでオムツ替えが楽々!それぞれキャラクターの柄が違うので赤ちゃんもワクワクしながらオムツ替えができちゃいます!

 

ゲンキは他のブランドと比べてダントツで肌触りがふわふわで柔らかいです。ゴムの作りもふんわりとしているので動きが激しくても擦れて赤くなるなどの自体は防げそうです。夏場はちょっと通気性の悪さが気になるかもしれません。太もも大きめの作りとのことで、体型によっては漏れることがあるようです。

枚数44枚一枚あたりの値段28.0円

口コミを紹介

おむつ替えの時にアンパンマン穿こう!っていうと喜びます。
ただ、箱で買うと全ての中身が同じ柄なので違うキャラクターがいい!と言われると困ってしまいます。
出来るなら、全て違う柄の組み合わせにしてもらえたらいいのに・・・と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

大王製紙

グーン

価格:1,545円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さに自信あり!ぽっちゃり体型◎

グーンの特徴は、安さと全体的な性能の良さです!クーポンと定期便を利用するとさらにやすくなり、コスパで考えたら最強なのではないでしょうか。Amazonのレビューも84%が星4以上と高評価です。

 

股上がしっかりあって、大きめサイズなのでぽっちゃりめの赤ちゃんはぴったりとのことです。男の子用と女の子用で構造が違うのもポイント。吸水性、通気性に優れ、ムレてかぶれることや漏れがないというレビューが多い印象を受けました。ただし人によってはカブれてしまうことや、少し薄いところが気になるところみたいです。

枚数58枚一枚あたりの値段26.6円

口コミを紹介

ちょっと体格の大きいうちの息子にはパンパースのLサイズのオムツでは小さかったのですが、これはピッタリでした。
小柄なお子様には少し大きいかもしれませんが、オムツかぶれもなくうちの子には合ってました。
次も購入したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ユニチャーム

ナチュラルム-ニ-マン

価格:1,340円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーガニックコットンでお肌に優しい!

ナチュラルムーニーは、とにかく赤ちゃんに優しい!お肌にいいオーガニックコットンを使用しています。さらに無添加弱酸性なので赤ちゃんの敏感なお肌にも安心です。

 

ゆるうんち吸収ゾーンがついているので、漏れにくい上にうんちの刺激が少ないのもポイントの一つです。お値段は少し高めですが、その分素材が良く赤ちゃんのことを考えたオムツだと言えそうです。

枚数36枚一枚あたりの値段37.2円

口コミを紹介

漏れないことが前提ですが、穿いていて蒸れないも良い。
オムツの基本を網羅しているので
これ以上、言うことはないという感じのおむつです。
お勧めはオーガニックコットンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ユニチャーム

ムーニーマン 男の子 エアフィット

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男女別もあり!しっかりフィットのオムツ

ムーニーの良さはなんといっても密着感です!太ももの隙間をつくらずしっかりフィットするので、動き回る赤ちゃんでもズレにくく、漏れにくいのが魅力です。新しくリニューアルされて腰のギャザーがハイウエストになったことで、赤ちゃんの身体をすっぽり包み込みます。

 

子どもの成長に合わせて男女別のオムツがあるのも特徴的です。それぞれ男女で吸水ポイントが異なり、しっかり吸水してくれます。レビューのなかには。リニューアル後、ギャザーが薄くなり漏れやすくなったとの意見もありました。

枚数162枚一枚あたりの値段30.9円

口コミを紹介

こちらだと漏れません!!!ストレスフリーで寝ることができて感謝です!(;_;)

あとハイウエストなので、お腹が冷えず、ずり落ちずらいです!とくに冬場は重宝します!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

P&G

パンパース オムツ肌へのいちばん

価格:4,560円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お肌に優しい!かぶれにくいオムツ

人気のパンパースのなかでも赤ちゃんのお肌に優しいオムツです!薄くて通気性が良い上に、ふわふわ素材で触りごこちも最高です。さらにパンパースの特徴である”吸水性”と”フィット感”も抜群で、何回吸収してもサラサラ感が持続するとの評判です。通気性、伸縮性、吸水性、どの性能のいいと言えそうです。

 

一枚あたりのオムツの値段は少し高めなのがデメリットですが、ムレてかぶれやすい夏の夜に使うなど使い分けをしている人もいるようです。Amazonの定期便を利用すると安く購入できるので、おすすめです。

枚数138枚一枚あたりの値段33.5円

口コミを紹介

はだいちの良さは、なんといっても質の良さだと思います。新生児の頃いろいろなおむつを試しましたが、触っただけで違いがわかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

花王

メリーズパンツ さらさらエアスルー

価格:3,348円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性よくふわふわ!

「さらさらエアスルー」の言葉通り、ギャザーの空気トンネルと全体の通気性シートがついていてムレにくいのが魅力です。パンパースなどの他のブランドに比べて肌ざわりがふわふわで気持ちいいのも特徴の一つ。横幅にゆとりのある設計で、厚みがあって伸縮性もかなりあるため、赤ちゃんの身体にふんわりとフィットし、履かせやすいとの評判です。

 

気になる点として生地が厚めで持ち運ぶ際にかさばるところが挙げられていました。総合的に性能がよく、高品質だと評価が良いオムツです。

枚数112枚一枚あたりの値段29.9円

口コミを紹介

Mサイズの時は他のメーカーのオムツを使っていましたが、お腹周りが痒そうなので、こちらに変えてみました。
肌さわりがいいのか、自分でオムツを持ってくるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

P&G

パンパース オムツ さらさらケア

価格:4,715円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸水性バツグン!さらさらキープのおむつ!

一位に選ばれたのは、多くのママさんにも産院にも支持されるパンパース!吸水性に優れ、漏れにくく、履きかえさせやすいとのことです。性能ももちろん、薄くてコンパクトなので持ち運びに便利な点や、オムツのラインが見やすい点も評価が高いです。

 

Amazonでは大容量でお買い得なAmazon限定品がおすすめです!パンパースに登録するとポイントを集めることができるところも人気の理由です。人によっては、他のブランドに比べて触った感覚が紙っぽいところが気になるようです。

枚数180枚一枚あたりの値段26.1円

口コミを紹介

やっぱりオムツはパンパースですね。コストを考えると安いオムツはたくさんありますが、やっぱりパンパースは漏れない!!絶対に漏れないです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

オムツの選び方

以上ランキング形式で紹介してきましたが、これからはオムツ選びの基準を紹介したいと思います。それぞれのブランドでオムツに特徴がありますが、そもそもどのような特徴・性質があるのでしょうか。ぜひ赤ちゃんの体格、体質にあったオムツ選びの参考にしてみてください。

テープタイプ、パンツタイプで選ぶ

オムツには、テープタイプとパンツタイプの二種類があります。赤ちゃんの成長に合わせて身体にあった方を選んでください。テープタイプからパンツタイプへの移行するタイミングは、赤ちゃんのねんね期が終わって寝返りをし始めた生後半年くらいです。

 

パンツタイプを使い始めた最初は、活発に動き回る日中はパンツ、オムツ替えが楽な夜はテープタイプと使い分けている人もいるようです。

 

性能・特徴で選ぶ

オムツ選びの基本になる性能。どのブランドも基本の性能は兼ね備えていますが、それぞれのメーカーで独自の工夫をこらしているため、ブランドごとで当然性能に差があります。どの性能を重視するのかを考えて選ぶといいと思います。

通気性が良い

通気性が悪いとムレてしまい、かぶれ、かゆみの原因になるのでとても大切です。とくに熱がこもりやすい夏場は汗をかきやすいためオムツでのかゆみが出やすく、通気性が重要になってきます。

 

通気性で選ぶならメリーズがおすすめです。通気性シートがしっかりついているので、熱を外に逃してムレにくい構造になっています。皮膚が痒くなりやすいお子さんには通気性を基準に選ぶのもいいかもしれません。

吸収性が良い・吸水量が多い

吸水性はオムツ選びの重要なポイントです。吸水量がよくないと、何度もオムツ替えをしなければいけなくなり、結果としてオムツにかかる金銭的負担が大きくなってしまいます。また、吸収性の良いオムツだとおしっこのあともさらっとしていて、不快感が少なく済みます。

 

吸収性、吸水量で選ぶならパンパース!夜間や長時間の使用でもしっかり吸収し、さらさらが持続します。生地自体が薄いから、長時間使ったあとでもぶよぶよに膨らむことがないことも魅力です。

フィット感がいい

うまく赤ちゃんの身体に密着しないとオムツが当たって足の付け根が痛くなってしまったり、ズレて漏れてしまったりしてしまいます。さらに、ぽっちゃりの赤ちゃんや足が太めの赤ちゃんなど、赤ちゃんそれぞれの身体の特徴によって合うブランドが異なってくるので慎重に選ぶ必要がありそうです。うまく大きさが合わない時は、サイズ、ブランドを変えてみると良いと思います。

 

フィット感で選ぶ場合、ムーニーがおすすめです。エアフィットという名前の通り、しっかりと赤ちゃんの体に密着して隙間つくらないので、漏れにくくてズレにくい仕様になっています。

コストパフォーマンスの良さ

1日で平均して5、6回替えるというオムツ 。家計によってオムツの安さはとても重要な要素ですよね。安いとその分気兼ねなく何度も新しいオムツに替えてあげることができます。

 

安さで選ぶなら断然マミーポコです。アマゾン会員なら一枚16円ほどで購入できてしまう安さ!ただ性能は他のブランドに劣る部分があるので、総合的なコストパフォーマンスで考えるとグーンだと思います。しっかりと基本の性能を兼ね備えながら、一枚26円と安いです。また、パンパースさらさらケアのアマゾン限定品もかなり安いです!

機能で選ぶ

オムツには様々な機能がつけられています。各ブランドでママさんたちに使いやすいような工夫がされているのです。ブランドによっては便利な機能がついていなかったり、使いにくかったりするので、チェックが必要です。

オムツラインの見やすさ

オムツ替えに慣れてきたころならオムツのラインは見なくとも済むかもしれませんが、はじめのうちはとても重要ですよね!オムツのラインが見にくいと、オムツ替えのタイミングが遅くなってしまい、漏れにつながってしまうことも。

 

一番オムツのラインが見やすいのは、パンパース!特にパンパースのはじめての肌へいちばんがおすすめです。太いラインが見やすく存在感があります。逆に、柄がしっかりと入っているオムツや線が細くて色が変わりにくいオムツはわかりにくいです。ブランド名で言うと、グーンは柄が多く、ゲンキは色が変わりにくいようです。

厚さで選ぶ

厚さはオムツ選びの際の重要な要素の一つです。持ち運びを考えるならば、薄くまとまるオムツがいいですよね。洋服を着る時にも、薄いオムツだとたくさん吸水しても膨らまず、スッキリ見えます。外出用に別で薄いオムツを購入している方もいるようです。しかし、薄すぎるとすぐに破ける原因や手触りが紙っぽくなってしまうのが難点ですね。

 

ネピアのWhitoは薄くてコンパクトにまとまるので、お出かけ用として使用してる方が多かったです。パンパースも生地が薄くて膨らみにくいようです。

使用用途で選ぶ

普段使いのオムツに加えて、赤ちゃんの成長やオムツを使用する時間帯に合わせて使うオムツがあります。いつものオムツとは別で購入しておくと便利です。全体的に割高なのが少し残念ですが、使ってみる価値はありそうです。

夜間のオムツとして使う

夜用のオムツは夜間のおしっこが多くて、日中使っているオムツだと吸水が間に合わない場合、4、5歳のお子さんのおねしょに困っている場合におすすめです。一晩中しっかり吸収してくれるので、夜中におきてオムツ替えをするストレスがありません。

 

具体的なブランドで言うと、オヤスミマン、パンパースの夜用などがあります。オヤスミマンは一個45円程度と高めではありますが、しっかり夜の間吸収してくれるので、おねしょや漏れによって洗濯物に困っているママさんにおすすめです。

トイレトレーニング用おむつとして選ぶ

赤ちゃんが成長してくると、どうしても直面する「オムツ離れ」。トイレトレーニング用オムツを使うことで、早くオムツを卒業させることができます。トイレトレーニング用オムツは全体的に吸水性には優れていないので、おしっこからすぐに取り替えないと漏れにつながってしまうので気をつけなければいけないようです。

 

トイレトレーニング用オムツはパンパースのトイレトレーニング用の卒業オムツがおすすめです。ただし、お子さんによっては不快感を訴えないため通常のオムツとの差がわからないという意見もあり、トレーニングになるかどうかはお子さんによって個人差があるようです。

その他の関連商品のおすすめ!

乳幼児や赤ちゃんはたくさんのものが必要になってくる時期ですが何がいいのか1つ1つ探すのは大変だと思いますのでランキングにした記事のご紹介をします。

哺乳瓶

赤ちゃんに1番大切なのは哺乳瓶ではないでしょうか、完全母乳神話というのがまことしやかに囁かれていた大昔、母乳がうまく出ない方や、うまく吸えない赤ちゃん、外出先で授乳室がない場合など、様々なお母さんが苦労したことだろうと思います。

 

手間はかかってしまいますが最近では様々な哺乳瓶のスタイルもできていて、赤ちゃん1人1人にあった哺乳瓶などを見つけることができると思いますのでぜひ探して見てください。

ベビーカー

ベビーカーは外出先で大いに役に立つアイテムです。保護者の方の負担も大きく減ります。実はベビーカーには種類があり、種類に応じて使える月年齢も変わってきますので注意してください。

 

ほかにも軽い方がいいのか、赤ちゃんのためにはどんなものを選べばいいのかなどを記載していますのでぜひご一読ください。

赤ちゃんのオムツかぶれトラブル

近年は手軽で便利、漏れにくい紙おむつの普及に伴って急増しているのが赤ちゃんのオムツかぶれです。可愛い赤ちゃんのデリケートな肌を守るための対策をいくつかご紹介します。

オムツかぶれの原因とは

おしっこやうんちなどの刺激でかぶれる場合が大半です。おしっこやうんちに触れている時間が長ければ長いほどかぶれは酷くなります。そのほかにも汗などでむれて汗疹になったり、また敏感肌になることによりおしっこやうんちでかぶれてしまうなどの場合もあります。

 

お尻を拭く際に強く拭いてしまったり、合わないオムツを履いている場合でも起こりますのでそう言ったことはないかなどを今一度確認してみてください。

 

見た目にあまり分からない状態でももし赤ちゃんがお尻を拭く際に痛がっていたり。お風呂に入れる際に痛がっていたり、オムツを外した際にお尻に手を伸ばしてかくような仕草をした場合はオムツかぶれの場合がありますので注意してください。

オムツかぶれの対処法

湿った状態が続くことで赤ちゃんのお尻のバリアがなくなりかぶれやすくなりますので、常に乾燥した、清潔な状態を保つようにしてください。汚れたオムツを長時間履かせないことが1番大切な要素になります。

 

定期的なオムツ交換は習慣付けてやるといいです。うんちやおしっこが出ていなくても長時間立ったなら交換する、夏場などが特に蒸れやすいので注意してください。ほかにもうんちがゆるい時などはいつも以上に気を配ってください。

 

お尻を拭くさいはお尻ふきシートやぬるま湯に浸した柔らかな布などで優しく拭き取ってあげてください。

ベビーパウダーを使う

そのほかにもベビーパウダーを使う方法もあります。どれだけ頑張っても赤ちゃんは代謝が良いのですぐに汗をかくのでオムツ替えが間に合わない時もあると思います。そんな時はベビーパウダーなどを使ってあげてください。

 

そのほかにも大人でも汗疹や股擦れなどのトラブルがある場合はベビパウダーで予防できますのでぜひ試してみてください

布おむつ

最近は紙おむつが主流ではありますが近年はオムツかぶれなどを考慮して紙おむつに切り替える方も多いです。紙おむつは吸水性に優れていて、漏れにも強いので公共の場などで使う場合には強い味方ですが。

 

その分蒸れやオムツかぶれの原因にもなってしまいますので、少し手間ではありますが赤ちゃんのお肌を考えて布オムツに切り替えるのも1つの手です。布オムツは通気性もよく、柔らかな布ですので擦れて肌を傷つけることも防げます

 

おむつカバーなどと併用して使うのが一般的ですのでぜひ一度みて見てください。

紙おむつの捨て方

初めての育児で紙オムツが何ゴミで、どう捨てればいいのか分からない方もいると思いますのでご紹介します。

紙おむつは可燃ゴミ

紙オムツはうんちやおしっこが付いているので、普通のゴミに捨ててはいけない、と思ってしまいがちですが紙オムツは可燃ゴミで捨てて大丈夫です。ですが一点注意する点はそのまま捨てていいわけではなく。もしオムツ内でうんちをしてあった場合はうんちをトイレに流してから捨ててください。

 

また臭いが広がらない様に、漏れてしまわない様に、ゴミを処理してくれる方や周りの方へのエチケットも兼ねてうんちやおしっこがついている側を内側にしてくるくると丸めてゴミ袋に捨ててください。

紙オムツの捨て方

紙オムツは可燃ゴミで捨てますがそのままゴミ袋に突っ込んでいいわけではありません。まずは新聞紙や広告の紙などで紙オムツを包んでからビニール袋に入れて、しっかり口を固く縛ってください。

 

臭いが気になる場合などはオムツの臭いを軽減してくれる消臭ビニール袋などがおすすめですし、ほかにも消臭ゴミ箱などもおすすめです。

外出先

外出先で近くのお店などでオムツ交換をしてそのままお店のゴミ箱に捨ててしまえばいいや、と思っている方もいると思いますが、オムツを捨ててはいけないお店の方が多いのが現状です。

 

というのも家のゴミ箱とは違い、毎日の様に捨てたり清掃をするわけではないので、トイレに臭いがついたり、不衛生になってしまうためです。そのほかにも裸のまま紙オムツを捨てるマナーの悪い人などもいますので、オムツを捨てられるお店は中々ありません。

 

そんな時は事前にオムツを捨てられるか、ほかにもオムツを帰るスペースがあるかなどを確認しておいてください。『baby map』というアプリでは授乳室やおむつ交換台などがあるお店のマップを検索できるのでおすすめのアプリです。

オムツのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4987922の画像

    P&G

  • 2
    アイテムID:4988020の画像

    花王

  • 3
    アイテムID:4987984の画像

    P&G

  • 4
    アイテムID:4988078の画像

    ユニチャーム

  • 5
    アイテムID:4988091の画像

    ユニチャーム

  • 6
    アイテムID:5001285の画像

    大王製紙

  • 7
    アイテムID:5001317の画像

    王子ネピア

  • 8
    アイテムID:5001403の画像

    ユニチャーム

  • 9
    アイテムID:5001503の画像

    大王製紙

  • 10
    アイテムID:5001329の画像

    ユニチャーム

  • 11
    アイテムID:5001451の画像

    ユニチャーム

  • 12
    アイテムID:5001394の画像

    王子ネピア

  • 13
    アイテムID:5001572の画像

    王子ネピア

  • 14
    アイテムID:5001352の画像

    P&G

  • 15
    アイテムID:5001554の画像

    ユニチャーム

  • 商品名
  • パンパース オムツ さらさらケア
  • メリーズパンツ さらさらエアスルー
  • パンパース オムツ肌へのいちばん
  • ムーニーマン 男の子 エアフィット
  • ナチュラルム-ニ-マン
  • グーン
  • GENKI!
  • ムーニーマン 汗スッキリ 男女共用
  • グーン 消臭パンツ
  • マミーポコ
  • オヤスミマン
  • Mama Bear ふわふわベビーパンツ
  • ネピア Whito パンツ
  • パンパース オムツ卒業パンツ
  • トレパンマン
  • 特徴
  • 吸水性バツグン!さらさらキープのおむつ!
  • 通気性よくふわふわ!
  • お肌に優しい!かぶれにくいオムツ
  • 男女別もあり!しっかりフィットのオムツ
  • オーガニックコットンでお肌に優しい!
  • 安さに自信あり!ぽっちゃり体型◎
  • アンパンマンのプリントで楽々オムツ替え!
  • 漏れない!ムレない!
  • 消臭機能つきのグーン!
  • とにかく安い!ミッキー柄で可愛い
  • 夜のおむつに!漏れない
  • ふわふわ肌触りなアマゾンブランド!
  • 薄くて軽い!12時間持続!
  • トイレトレーニングに!
  • トイレトレーニングのためのおむつ!
  • 価格
  • 4715円(税込)
  • 3348円(税込)
  • 4560円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 1340円(税込)
  • 1545円(税込)
  • 1233円(税込)
  • 2650円(税込)
  • 1282円(税込)
  • 3430円(税込)
  • 1349円(税込)
  • 4146円(税込)
  • 1706円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 1523円(税込)
  • 枚数
  • 180枚
  • 112枚
  • 138枚
  • 162枚
  • 36枚
  • 58枚
  • 44枚
  • 80枚
  • 42枚
  • 168
  • 30枚
  • 168枚
  • 46枚
  • 36枚
  • 36枚
  • 一枚あたりの値段
  • 26.1円
  • 29.9円
  • 33.5円
  • 30.9円
  • 37.2円
  • 26.6円
  • 28.0円
  • 33.1
  • 30.5円
  • 20.4
  • 45.0円
  • 24.7円
  • 37.1円
  • 35.5円
  • 42.3円

まとめ

オムツの紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。それぞれブランドによって性能に特徴があり、オムツ一つで赤ちゃんの肌の状態や、オムツ交換の頻度が変わってきます。ぜひお子さんの身体に合ったオムツを探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ