【令和元年最新版】哺乳瓶の人気おすすめランキング15選

記事ID3255のサムネイル画像

赤ちゃんにとってとても大切な母乳やミルク。それらをあげるときに必要なのは哺乳瓶ですが、沢山の種類が合ってどれにしようか迷ってしまいますよね。そこで今回はおすすめの哺乳瓶ランキングと、賢い哺乳瓶の選び方をご紹介していきます。

失敗しない!哺乳瓶の選び方

生後間もない赤ちゃんを育てるために必要な母乳やミルク。それらをあげるためには哺乳瓶が必要です。赤ちゃんとお母さんにとってベストな哺乳瓶を選びたいですが、たくさんの種類があるのでどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

 

また、母乳メインのお母さんには必要ないのでは?と思われがちですが、出産後は様々なトラブルで母乳が急に出なくなってしまったり、乳首に傷がついてしまい母乳があげられないことも。なので、1本用意しておくと安心です。

 

それでは素材・サイズ・ボトルのかたち・乳首のかたちの4つの観点から、おすすめの哺乳瓶ランキングをご紹介していきます。ぜひ参考にしながら赤ちゃんにぴったりの哺乳瓶を選んであげてくださいね。

哺乳瓶ランキング15選

15位

メデラ

メデラ カーム 哺乳瓶

価格:2,374円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんのお口を研究した形状

独自設計の乳首で、新生児から月齢が上がってもひとつの乳首でOK。赤ちゃんが吸った分だけ出てくる仕組みなのでお母さんのおっぱいを飲むのと変わらないように、しっかりとあごや口まわりの筋肉を使って飲みながら、呼吸をしたり休憩することができます。

 

独自設計のCalma(カーム)の乳首は、こだわりのデザイン・通気システムで制御されており、赤ちゃんが母乳を飲む際に空気を吸い込まない工夫がされています。まだ飲むのが上手くない新生児の赤ちゃんも安心ですね。

 

リラックスした状態で、赤ちゃんのペースで飲むことが出来るようになっています。メデラの搾乳機に取り付けることが出来るので母乳育児にも。少し丸みのあるコロンとしたストレートタイプは使いやすく便利です。

 

250mlサイズもありますよ。

素材プラスチックボトル形状ストレート
容量150ml乳首カーム丸穴

口コミを紹介

子どもが未熟児で産まれ哺乳能力が低かったので、NICUで入院している間に使っていた哺乳瓶です。こちらは吸うのにだいぶ力を使うみたいで、すぐ疲れて寝てしまったりとしていましが、完母を目指していたので、こちらの哺乳瓶で育成されていました。見てると可哀想にも思えますが、無事母乳を吸う能力を身につけられたので、看護士さんの指示のもと使われるといいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

チュチュベビー

チュチュベビー 広口タイプ 哺乳びん

価格:1,362円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなストレートボトル

お母さんのおっぱいの形をお手本にした新形状ボトルです。柔らかい口当たりで深く咥えて飲みやすいフラットな形状の乳首が赤ちゃんにも嬉しいです。赤ちゃんが吸った分だけミルクが出るので、飲む量をコントロールしやすいスーパークロスカット。

 

倒してもミルクがこぼれない形状になっているので安心です。サイズアップ不要の新生児~卒乳まで対応した乳首なので、ずっと使えます。シンプルなストレート形状なのでお手入れもラクラクです。

 

淡いパステルカラーのボトルキャップが可愛らしいデザイン。パステルピンクの他にもパステルブルーのカラーバリエーションがあります。

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量240ml乳首クロスカット

口コミを紹介

ホントに軽いので、届いたときには安物。。。のイメージを持ってしまいました。
でも、そこはチュチュベビーの製品!倒しても漏れなんて1滴もないし、
締め付けた時のグラつきも無いし、メモリの文字も手書き風でオシャレ!
全パーツ日本製で安心感があります。
1本持ってるととても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

レック

アンパンマン 哺乳びん

価格:739円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みんな大好き!アンパンマンの哺乳瓶

みんな大好きなアンパンマンの哺乳瓶。ミルクを嫌がってしまう子も、アンパンマンを見たらご機嫌で飲みたくなるかもしれませんね。中身が熱くても濡れた手でも持ちやすいグリップ付き。クロスカット乳首のバリエーションもあります。

 

また、240mlボトルサイズもあるので、赤ちゃんが大きくなって飲む量が増えたら大きいサイズに変えても良いですね。メモリなど細部のデザインも可愛いデザインです。

素材プラスチックボトル形状ストレート
容量160ml乳首丸穴(別売り有)

口コミを紹介

今はもう使うことは無くなりましたが
よく使いました

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

チュチュベビー

チュチュベビー らく飲み哺乳びん

価格:1,255円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ変更のいらない乳首付き

サイズ変更のいらない乳首が嬉しいチュチュベビーのらく飲み哺乳瓶。160ml、240mlサイズでそれぞれプラスチック製とガラス製のバリエーションがあります。カラーも4色あり、ホッペレッドやゴキゲングリーンなど名前も可愛らしいのが特徴です。

 

スーパークロスカット乳首は、飲んでいないときはピッタリと閉じているので倒してもこぼれないので安心・安全です。まだ飲み方が上手くない新生児の赤ちゃんにもぴったりのおすすめ哺乳瓶です。

素材プラスチックボトル形状ストレート
容量160ml乳首クロスカット

口コミを紹介

クロスカットで倒してもこぼれないのと月齢で乳首を替える必要がないのと、デザインと色味で決めました。この他にプラ製240ml1本とガラス1本で乗り切るつもりです。
子供は飲むのが非常に早く、吸い付きも強めなので、たまに溺れそうになってますが概ね満足しています。月齢での乳首の替えの必要がないと言うのがやはり一番のメリットではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

コンビ

テテオ 授乳のお手本 哺乳びん

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんのペースに合わせた「4段階流量調節機能」

赤ちゃんの舌の動き、上唇の密着、上あごへのフィット感などにこだわった上下非対称の乳首デザイン。赤ちゃんのペースに合わせた「4段階流量調節機能」を搭載しており、2つの調節リングでミルクの出る量を調節できるハイテクは哺乳瓶です。

 

また、乳孔は小さな丸穴を3つ開けており、よりお母さんのおっぱいに近い形状に。160mlサイズもあります。

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量240ml乳首3つの丸穴

口コミを紹介

生後3か月頃にミルク量が増え
衛生的なことを考えガラスを探しており、日本製ということもあり購入。
なかなか160ml以上のガラス製はないので助かりました。
普段、混合で母乳実感をそれまで使っていましたが混乱もなく飲んでくれています。
空気穴の調整が自分ででき、現在4カ月で「3」で使っています。そのあたりも便利なのでおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ピジョン

母乳実感 my Precious ハリネズミ

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コロンと丸い形とハリネズミがかわいい

コロンと丸いかたちと、イラストがとても可愛らしい母乳実感のmy Preciousシリーズです。手にフィットして飲ませやすいデザイン。更に小さい80mlサイズもあります。他の母乳実感ボトルシリーズの乳首が使用出来るので、サイズや形も選べて長く使えますよ。

 

赤いボトルキャップも可愛らしいのでおすすめです。こちらのシリーズは他にもデザインやカラーも豊富で、他の哺乳瓶とは一味違ったデザインで授乳タイムがより楽しくなりそう。

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量160ml乳首丸穴(別売り有)

口コミを紹介

母乳相談室の乳首がつけられる、小さめで洗いやすい哺乳瓶を探していたので購入
デザインは可愛らしく、哺乳瓶用のスポンジじゃなくても洗えるし(食器用とは分けていますが)、混合栄養で完母に移行するまでのしばらくの間しか使わないので、このサイズで十分
値段は高いけど、使いやすさを考えれば買って正解でした

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

NUK

スリムほ乳びん ホエール 250ml

価格:1,235円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛らしい柄が特徴のヌーク

ドイツ製の可愛らしい柄が特徴のヌークからスリムタイプが登場。持ち運びにも便利な哺乳瓶です。くじら柄が個性的で可愛いデザイン。250mlと他社に比べて少し容量の大きいボトル。広口なのにスリムで洗いやすいです。

 

独自設計のエアシステムを採用しているので、余分な空気を吸い込まないように作られているのでおなかに空気がたまって痛くなることを防ぎます。こちらのシリーズは他にも、可愛らしいカラーと、日本製にはなかなかないポップなデザインが特徴です。

素材プラスチックボトル形状スリム
容量250ml乳首丸穴

口コミを紹介

瓶のほうを自宅で使用していましたが、外出用に割れないポリプロピレン製のほうを購入。
軽くて持ち運びに楽です。沢山飲めるようになってきた7か月になる娘はヌークの哺乳瓶がお気に入りのようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ピジョン

母乳実感 直付け哺乳瓶 100ml

価格:1,135円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

哺乳瓶に乳首を直接つけるタイプ

新生児から使える、乳首直付けタイプの哺乳瓶。産院でも使用されることが多いので安心して使用できますよ。母乳メインで育てたいお母さんのために、少しだけミルクを足したいときにも便利です。

 

100mlのコンパクトなサイズなので、生まれたばかりの赤ちゃんにも飲ませやすいです。ガラス製なので丈夫で傷がつきにくく、消毒にも強く劣化しづらいので、免疫の少ない新生児の赤ちゃんにもおすすめです。

 

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量100ml乳首丸穴(別売り有)

口コミを紹介

産院で使っていたので探していた所amazonで発見。
新生児期の飲む量が少ない時に使っていました。
フタがないので外には持ち運べませんが、新生児期は外にも出ませんし、家で使う分には使い勝手が良いです!2本買って使ってました!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

BooBoo

マジックベイビー ブルー

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビでも紹介された、温度で色が変わる哺乳瓶!

テレビや雑誌などでも話題になった、温度で色が変わる哺乳瓶のマジックベイビーです。お湯を入れると透明になり、飲み頃の40℃前後になるともとの色に戻ります。すりガラス状のおしゃれなボトルでデザイン性も高く、プレゼントにもピッタリ。

 

乳首は丸穴タイプで、なんとサイズ違いで3つセットになっています。また、他社製品との互換性もあり、ピジョン 母乳実感・NUK プレミアムチョイス・Chu Chu らく飲みなどの乳首も使用できます。

 

丸みを帯びた可愛らしいデザインとポップなカラーで授乳時間も楽しくなりそう。ブルーだけでなくピンクのカラーバリエーションがあります。

 

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量240ml乳首丸穴

口コミを紹介

以前NHKで放送されていてから気になっており、初孫が生まれたタイミングで即購入しました。本当に一目で温度が変わるのでビックリ、それ以上に家族で同じ温度でミルクをあげれるのが私にはすごく驚きでした。 
耐久性もアップしたとの事なので、これからも愛用します。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ベッタ (Betta)

ベッタ (Betta) 哺乳びん ジュエル

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーブタイプのスタイリッシュなデザイン

カーブタイプでおしゃれな見た目の哺乳瓶です。カーブタイプは角度が付きやすいので、残り少なくなったミルクも飲ませやすいことが特徴。カラフルなメモリで調乳時にも見やすいです。

 

可愛らしいキャップフードの形は「Jewel」の名前どおりの宝石のデザイン。また、レッド・ピンク・イエローなど様々なカラーバリエーションがあり、好きなものを付け替えることができます。ぜひお好きなカラーを選んでみてくださいね。

 

コンパクトで使いやすい120mlサイズ。240mlサイズもあります。プラスチック製なので軽く持ち運びにも便利です。乳首の形状は新生児から飲みやすい丸穴タイプが付属していますが、別売りでクロスカットタイプもあります。

素材プラスチックボトル形状カーブ
容量120ml乳首丸穴(別売り有)

口コミを紹介

生後1ヶ月から、縦だきを好む子で母乳実感の哺乳瓶ではだんだんミルクを飲まなくなってきました。そこで、ドクターベッタに変えてみたところ、ごくごく飲むようになりました。角度がついて少し体をあげて飲めるのが気に入ったようです。縦だきを好む赤ちゃんに特にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ジェクス

チュチュベビー 哺乳びん スリムタイプ

価格:814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペンギン柄が可愛い!プラスチック製で軽い哺乳瓶

チュチュベビーの可愛いペンギン柄哺乳瓶です。サイズ変更のいらないクロスカット乳首なので、赤ちゃんの吸う力に合わせてミルクが出てきます。長く使えるのも嬉しいですね。150mlサイズもあります。

 

内分泌攪乱化学物質を含まない新素材(ポリフェニルサルホン)採用の哺乳瓶なので、免疫力の少ない赤ちゃんでも安心して使用できます。広口タイプなのでお手入れもラクラクでお母さんに嬉しい商品です。

 

スリムタイプなのでお出かけ時にも場所を取らないこともポイントです。

素材プラスチックボトル形状スリム
容量240ml乳首クロスカット

口コミを紹介

口と下顎が小さい我が子は、他社哺乳瓶だと飲みにくそうにして嫌がったりミルクをこぼしたりしていました。
唯一気に入ったのは母乳相談室でしたが、2ヶ月になった今、SSしかない母乳相談室をつかいつづけるのも…とこちらの哺乳瓶にかえました。すぐに上手に飲めるようになりました。
これは成長にあわせて乳首を変えなくてもよいとのことなので、乳頭混乱を起こさなそうで良いですね。
スリムなので粉ミルクをいれるとき少し気を使いますが、それを抜きにしてもいい商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ビーンスターク

ビーンスターク 哺乳びん スリム

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムでスッキリとしたボトル

ビーンスタークからスリムボトルがランクイン。スッキリとしたストレートボトルで、家でもお出かけ時でも場所を取りません。さわやかなグリーンとかわいいロゴマークがワンポイント。150mlサイズあり。

 

ガラス製なので、度々の煮沸消毒にも劣化することなく安心して使えるガラス製の哺乳瓶です。傷もつきづらいので長く使用できます。軽くて丈夫なホウケイ酸ガラスを採用しています。

素材耐熱ガラスボトル形状スリム
容量240ml乳首スリーカット

口コミを紹介

ビーンスタークのプラ哺乳瓶は上の子で使っていたので、乳首部分を成長で変えなくて良いビーンスタークのビン製哺乳瓶が欲しくて買いました。
空気穴があるので自然に瓶内に空気が入り、赤ちゃん自身で吸引した量が飲める=努力しないと飲めないため、母乳も嫌がらずに飲んでくれます。
瓶も薄くて軽いのも良いですね!すぐにミルクが冷やせます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ピジョン

母乳実感 哺乳びん プラスチック製 アニマル柄

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛らしいアニマル柄

人気の母乳実感シリーズのプラスチック製も大人気です。お手入れしやすいストレートタイプのボトルは広口なので、調乳や水洗いも簡単です。乳首は月齢によって大きさとかたちが選べ、付け替えが可能ですので長く使えます。

 

軽いプラスチック製なのでお出かけにも便利です。持ちやすくて軽いので高いところに保管しても割れずに安心して使用できます。可愛らしいアニマル柄で赤ちゃんもニコニコ!160mlサイズもあります。

素材プラスチックボトル形状ストレート
容量240ml乳首スリーカット(別売り有)

口コミを紹介

乳首が適度な硬さで、他の製品より飲みやすい様子です。

他の哺乳瓶では、乳首がつぶれてミルクが出てこなかったり、
色々不具合がありましたが、ピジョンのものは3つ購入し全く問題ありませんでした。
160mlならば、0ヶ月から半年越えても使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ピジョン

桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん

価格:1,498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

母乳育児におすすめ

母乳での育児を応援する、桶谷式トレーニング監修の哺乳瓶。完全母乳を目指すお母さんに人気です。乳頭乳房トラブルなどで、一時的に直接母乳をあげられない時にや、母乳哺乳に移行するトレーニングのための哺乳瓶です。

 

容量は新生児から使いやすい160ml。素材は耐熱ガラス製で傷がつきにくく、長く使用できます。広口のストレートタイプなので洗いやすく、別売りのさく乳カップをとりつければ母乳をストックできるので便利です。

 

乳首は丸穴のSSサイズのみ。いずれは直母乳にしたいお母さんと赤ちゃんのための哺乳瓶です。助産師さんのアドバイスのもと使用するとより効果的です。

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量160ml乳首丸穴

口コミを紹介

病院の方針により、最初は混合でスタート。10日目に桶谷式の助産師さんにマッサージしてもらい、だんだんとミルクを減らしていき1ヶ月検診の頃には完母でいけそうだとお伝え頂きましたが、それまでに乳頭混乱が起きないよう、こちらを購入しました!
助産師さんにすすめられたのもありますが、他に哺乳瓶を揃えてましたが、結局こちらを2本購入、使用してよかったです(^-^)

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ピジョン

母乳実感 哺乳びん ライトグリーン 240ml ガラス製

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の母乳実感のガラス製

老舗メーカーのピジョンから、人気シリーズの「母乳実感」耐熱ガラス製が堂々の1位にランクイン。赤ちゃんが母乳を飲むお口の動きを研究して作られた、「母乳実感乳首」付きの耐熱ガラス製の哺乳瓶です。

 

ママのおっぱいから飲むのと同じ口の動きで飲めるので、母乳メインのお母さんでも安心。おっぱいとの併用がしやすく、赤ちゃんにもママにも嬉しい、ミルクだけでなく母乳での育児を応援する哺乳瓶です。

 

240mlの大きめサイズなので、赤ちゃんが大きくなっても使えます。広口なのでお手入れもラクラクです。ライトグリーンのボトルキャップもさわやかで可愛らしいですね。160mlサイズもあります。

素材耐熱ガラスボトル形状ストレート
容量240ml乳首スリーカット(別売あり)

口コミを紹介

ガラス製なのでしっかりしており、何かにぶつけてすぐに割れるようなものではありません!
メーカーのホームページには、赤ちゃんが母乳を飲むお口の動きを研究して作った母乳実感乳首付き。とあり、子供も嫌がらずに飲んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

哺乳瓶の選び方

おすすめランキングはいかがでしたか?気になる商品は見付かったでしょうか?それでは更に詳しい選び方のポイントを見ていきましょう。

素材で選ぶ

哺乳瓶の素材は大きく分けて2種類あり、ガラス製プラスチック製が主流となっています。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ガラス

ガラス製哺乳瓶は丈夫で傷がつきにくいので、清潔を保ちやすいこと・臭いがつかないこと・劣化しにくいことが特徴です。また、熱が逃げやすいので冷ましやすいため、調乳がしやすいです。

 

デメリットとしては、重いのでおでかけには向いていないこと・割れたら危ないということなどがあります。

プラスチック

プラスチックの哺乳瓶はとにかく軽く、割れにくいことが特徴です。なのでお出かけに持っていくにはガラス製よりプラスチック製がおすすめですよ。また加工がしやすいのでボトル自体に色のついたデザイン性の高い商品が多いことも。

 

デメリットとしては、傷が付きやすいこと・繰り返しの消毒で劣化しやすいこと・ガラス製に比べてミルクを冷ましづらいことなどがあります。

シリコン

主流ではないですがシリコンタイプもあります。シリコンタイプは熱に強く劣化しにくいといったメリットがあります。また柔らかいので割れにくく外に持っていく際にも便利なタイプです。

 

ですが割れにくい代わりに避けやすいといったデメリットもあり、赤ちゃんは味や匂いに敏感なのでシリコン特有の匂いを嫌がって飲んでくれない可能性もありますので注意して様子をみてください。

ボトルサイズで選ぶ

ボトルサイズはいろいろありますが、赤ちゃんの飲む量に合わせて変えると使いやすく、また赤ちゃんも飲みやすくなる場合があります。

~160ml

大体の哺乳瓶には大小のサイズバリエーションがありますが、小さなものは160mlまでのタイプが多いです。新生児~低月齢の頃は1回の飲む量が100ml以下になることが多いため、240mlなどの大きいボトルだと調乳やお手入れが面倒になることも。

 

赤ちゃんが低月齢の場合、お出かけに持っていきたい場合、母乳メインのお母さんの場合は小さめのボトルがおすすめです。

160~200ml

生後3ヶ月から6ヶ月の赤ちゃんはMサイズをおすすめします。また赤ちゃんが早飲みしないようにSサイズなどで飲ませたり、後述するように初めから大きいLサイズを使うこともできますので赤ちゃんに合わせて選んであげてください。

~240ml

赤ちゃんが3ヶ月以上になると1回の飲む量が200mlを超えることが多くなってきます。その際に小さいボトルだと足りないので、大きめのボトルを買い足す方も多いです。もちろん最初から大きいボトルを買うのも問題はありません。

ボトル形状で選ぶ

哺乳瓶のボトルの形状も大きく分けて3種類あります。それぞれのメリット・デメリットがあるのでくわしく見ていきましょう。

ストレート

ストレートタイプはほとんどの哺乳瓶に採用されているスタンダードな形状です。まっすぐなので調乳やお手入れのしやすさは抜群です。ストレートの中でも、若干くびれているものを選ぶと手にフィットしやすいでしょう。

スリム

スリムタイプはカバンの中で場所も取らないので、持ち運びにとっても便利です。お出かけ時にもさっと取り出せてすぐにミルクをあげることができますよ。また小さい手のお母さんでも持ちやすいというのも嬉しいポイントです。

 

デメリットとしては細いボトルなので若干洗いづらいことがあります。専用のスポンジなどを使用しましょう。

カーブ

カーブタイプは角度がつけやすいので、赤ちゃんのよってはこちらが一番飲みやすいということもあります。個性的なデザインが多いので、他の人と被りたくないお母さんにもおすすめです。

 

デメリットとしては、スリムタイプと同様に少し洗いづらいということと、ボトルデザインによっては持ち運び時にかさばるといった点があります。

くびれ

哺乳瓶の真ん中ほどが少し凹んでいる形のものがくびれタイプです。赤ちゃんに飲ませるときに持ちやすく、口が広いので調乳しやすいといったメリットがあります。ですが少しだけ温度が下がりづらいといったデメリットもあります。

乳首の形で選ぶ

哺乳瓶の乳首の形にも様々な種類があります。月齢によって大きさや形状を変えていくのも良いでしょう。中でも、ミルクの出る穴の部分の形状は赤ちゃんにとってとても重要なので、詳しく見ていきましょう。

丸穴

丸穴タイプは新生児から使えるスタンダードな乳首です。丸い穴が中心に空いており、自然にミルクが出るのが特徴です。均等に少しずつミルクが出るので、吸う力が弱い赤ちゃんでも安心。

スリーカット

生後2~3ヶ月を過ぎたら、Y字状に穴が空いているスリーカットがおすすめです。赤ちゃんの吸う力によってミルクの出る量が変わります。丸穴タイプよりもミルクの出る量が多くなっているので、最後まで飽きずに飲むことができますよ。

 

1度の授乳が10分以内になったら、換え時の目安になります。

クロスカット

更に哺乳量が増えてきたら、クロスカットがおすすめです。X字に穴があいており、赤ちゃんの吸う力によってミルクの出る量が変わります。スリーカットよりもミルクの出る量が多くなっています。

乳首の素材で選ぶ

乳首の素材には主に2つありますのでご紹介します。

シリコンゴム製

劣化しづらくゴム特有に嫌な匂いがしないのでシリコンゴムをおすすめします。また熱に強いといったメリットもあります。煮沸消毒できる熱に強いシリコンゴムを選ぶと衛生面的にも良いのでチェックしてみてください。

イソプレンゴム製

1番はシリコンゴムがおすすめではあるのですが赤ちゃんによってはシリコンゴムを嫌がる子ももちろいます。そんな赤ちゃんにはイソプレンゴムがおすすめです。シリコンゴムより少し柔らかいので赤ちゃんもよく飲んでくれると思います。

 

またイソプレンゴムも熱に強いのでそういった面でもおすすめです。

天然ゴム

とても高いのでほとんど店頭では並びませんが、イソプレンゴムよりももっと柔らかく、本物に近いためもしシリコンもイソプレンゴムもダメだった場合は検討してみてください。どのタイプも熱に強い作りになっていルものが多いです。

哺乳瓶選びで注意する点

哺乳瓶は衛生面はもちろん赤ちゃんが混乱してしまう可能性もありますので哺乳瓶選びではそういった点を考慮して考えてみてください。

乳頭混乱

哺乳瓶を選んでいるときに乳頭混乱という文字を目にする機会いって結構ありますよね。乳頭混乱とは赤ちゃんが哺乳瓶を好み母乳を直接おっぱいから飲んでくれなくなることを言います。

 

どうしてそういったことが起きるのかのメカニズムはしっかりとは判明していませんが、おっぱいから直接飲むと正しい吸い付きなどをしなければならず、簡単に出てきてくれる哺乳瓶からの方が楽だからではないかと言われています。

 

ですがおっぱいと哺乳瓶の混合をしていても乳頭混乱に陥らない赤ちゃんもいるのでやはり赤ちゃんの個人的な嗜好の一つではないかと言われています。

対処法

これ!といった対処法は残念ながらないのですが月齢が上がるにつれて飲んでくれるようになったり、おっぱいの出をよくしたら飲んでくれるようになったりなどがあるそうです。おっぱいの出をよくするには授乳と授乳の間に搾乳すると良いです。

 

分泌量が多いほど母乳はよく作られると言われていますので赤ちゃんが飲み残した分はしっかり搾乳してあげてください。また人口のおしゃぶりや哺乳瓶といったものを避けてスプーンやスポイト、カップなどを使用するといった方法もあります。

 

ですがやはり赤ちゃんの嗜好に寄るところが大きいのでお母さん自身を責めずにまあ仕方ないかと思うことも大切です。あまり無理せず赤ちゃんと向き合ってあげてください

哺乳瓶の消毒

哺乳瓶はしっかり消毒するべきだってなんとなくわかっていてもなぜしなければならないのか、またいつまでしなければならないのか、どう消毒すればいいのかなど悩むところではありますよね。今回は哺乳瓶の消毒のあれこれをご紹介します。

哺乳瓶を消毒する理由

赤ちゃんはお母さんから免疫をしっかり受け継いで生まれてはきますがそれでも雑菌やウイルスなど様々な病原菌には弱い傾向にあります。しっかり消毒されていないもので赤ちゃんにミルクをあげるとお腹を壊してしまうかもしれません。

 

ちょっとしたことでも命に繋がってしまう赤ちゃんですので、口に含みお腹に入るものだけでも清潔にしておきたいのが親心ですよね。

消毒の期間

この期間まで消毒しなさい、といった明確な決まりはありませんが大体は離乳食に移行する5~6ヶ月ぐらいとされています。その頃から赤ちゃんはおもちゃや落ちているものをよく舐めて質感を確かめようとしますのでそれをみて哺乳瓶だけ消毒しても、といってやめた方もいるみたいです。

 

赤ちゃんによって様々ですが3ヶ月ぐらいから免疫力が強くなってくる傾向にありますので最低でも4ヶ月ぐらいは消毒した方がいいでしょう。人によっては哺乳瓶を使っている間はずっと消毒していた、という方もいますので参考にしてみてください。

哺乳瓶の消毒方法

哺乳瓶の消毒方法はたくさんありますのでご紹介します。

煮沸消毒

まず鍋に哺乳瓶が全部つかるぐらいのお湯を入れます。沸騰したら哺乳瓶を全て入れ沈ませまて7分煮沸したら次に乳首やキャップを入れて3分ほど煮沸させます。3分経ったら哺乳瓶や乳首、キャップを取り出します。この時とても暑くなっているので注意してください。

 

清潔なタオルかキッチンペーパーの上に置いて乾燥させれば終了です。消毒の鍋は普段使いの鍋とは別の鍋を使ってください。少し大きめの鍋にしておくと大きくなった時に使うコップや食器なども煮沸消毒できるので便利です。

 

ですが熱に弱い製品ですと劣化したりしてしまう可能性もあるので哺乳瓶を選ぶ際は気をつけてください。

電子レンジでの消毒方法

電子レンジを使うためには専用のスチームケースやバックが必要です。まず哺乳瓶は普通の食器と同じように洗浄します。そのままスチームケースやバックに入れて規定量の水を入れ、規定のW数と時間を設定します。

 

蒸気にだけ気をつけて蓋を開けてそのまま放置して乾燥させれば終了です。わざわざ鍋の様子や時間を測る必要もなく電子レンジに入れればいいだけなので安全で忙しい方にはおすすめの方法です。

 

ですが専用のケースが必要なのでもしかしたら電子レンジにケースが入りきらない可能性もあるので事前にしっかりチェックしてください。

消毒液での方法

消毒液とは赤ちゃんのために作られたミルトンなどのことを言います。消毒液を規定の量の水に規定の量を入れます。哺乳瓶や乳首、キャップはしっかり洗い、消毒液の中に入れます。規定の時間が経ったら水洗いか、またはそのまま乾燥させていいものはそのまま乾燥させて終了です。

 

作った消毒液は24時間使用できるものがあるので使った側から消毒液の中に入れればいいだけなので便利ではありますが、他の方法に比べて少し時間がかかる面もあり、また消毒液特有の匂いなどが気になってしまう方もいます。

 

ですがつけているだけなので熱に弱い材質にも安心して使え、つけている間は家事や育児に専念できるため、おすすめです。

哺乳瓶のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4956444の画像

    ピジョン

  • 2
    アイテムID:4956504の画像

    ピジョン

  • 3
    アイテムID:4956529の画像

    ピジョン

  • 4
    アイテムID:4956532の画像

    ビーンスターク

  • 5
    アイテムID:4956533の画像

    ジェクス

  • 6
    アイテムID:4956535の画像

    ベッタ (Betta)

  • 7
    アイテムID:4957818の画像

    BooBoo

  • 8
    アイテムID:4957821の画像

    ピジョン

  • 9
    アイテムID:4957825の画像

    NUK

  • 10
    アイテムID:4957827の画像

    ピジョン

  • 11
    アイテムID:4957834の画像

    コンビ

  • 12
    アイテムID:4957838の画像

    チュチュベビー

  • 13
    アイテムID:4957842の画像

    レック

  • 14
    アイテムID:4957846の画像

    チュチュベビー

  • 15
    アイテムID:4957853の画像

    メデラ

  • 商品名
  • 母乳実感 哺乳びん ライトグリーン 240ml ガラス製
  • 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん
  • 母乳実感 哺乳びん プラスチック製 アニマル柄
  • ビーンスターク 哺乳びん スリム
  • チュチュベビー 哺乳びん スリムタイプ
  • ベッタ (Betta) 哺乳びん ジュエル
  • マジックベイビー ブルー
  • 母乳実感 直付け哺乳瓶 100ml
  • スリムほ乳びん ホエール 250ml
  • 母乳実感 my Precious ハリネズミ
  • テテオ 授乳のお手本 哺乳びん
  • チュチュベビー らく飲み哺乳びん
  • アンパンマン 哺乳びん
  • チュチュベビー 広口タイプ 哺乳びん
  • メデラ カーム 哺乳瓶
  • 特徴
  • 人気の母乳実感のガラス製
  • 母乳育児におすすめ
  • 可愛らしいアニマル柄
  • スリムでスッキリとしたボトル
  • ペンギン柄が可愛い!プラスチック製で軽い哺乳瓶
  • カーブタイプのスタイリッシュなデザイン
  • テレビでも紹介された、温度で色が変わる哺乳瓶!
  • 哺乳瓶に乳首を直接つけるタイプ
  • 可愛らしい柄が特徴のヌーク
  • コロンと丸い形とハリネズミがかわいい
  • 赤ちゃんのペースに合わせた「4段階流量調節機能」
  • サイズ変更のいらない乳首付き
  • みんな大好き!アンパンマンの哺乳瓶
  • シンプルなストレートボトル
  • 赤ちゃんのお口を研究した形状
  • 価格
  • 1430円(税込)
  • 1498円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 980円(税込)
  • 814円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 1135円(税込)
  • 1235円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 1255円(税込)
  • 739円(税込)
  • 1362円(税込)
  • 2374円(税込)
  • 素材
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱ガラス
  • プラスチック
  • 耐熱ガラス
  • プラスチック
  • プラスチック
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱ガラス
  • プラスチック
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱ガラス
  • プラスチック
  • プラスチック
  • 耐熱ガラス
  • プラスチック
  • ボトル形状
  • ストレート
  • ストレート
  • ストレート
  • スリム
  • スリム
  • カーブ
  • ストレート
  • ストレート
  • スリム
  • ストレート
  • ストレート
  • ストレート
  • ストレート
  • ストレート
  • ストレート
  • 容量
  • 240ml
  • 160ml
  • 240ml
  • 240ml
  • 240ml
  • 120ml
  • 240ml
  • 100ml
  • 250ml
  • 160ml
  • 240ml
  • 160ml
  • 160ml
  • 240ml
  • 150ml
  • 乳首
  • スリーカット(別売あり)
  • 丸穴
  • スリーカット(別売り有)
  • スリーカット
  • クロスカット
  • 丸穴(別売り有)
  • 丸穴
  • 丸穴(別売り有)
  • 丸穴
  • 丸穴(別売り有)
  • 3つの丸穴
  • クロスカット
  • 丸穴(別売り有)
  • クロスカット
  • カーム丸穴

まとめ

沢山の種類がある哺乳瓶。気になる商品は見つかったでしょうか?デザインやお手入れのしやすさなど、選ぶポイントは人それぞれです。ぜひこちらの記事を参考にして、赤ちゃんとお母さんにとってベストな哺乳瓶を探してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ