【助産師監修】2021年最新版ベビーベッドの人気おすすめ15選を紹介!見るべきポイントとは?

記事ID3291のサムネイル画像

ベビーベッドは赤ちゃんが安心して過ごすために欠かせないアイテム。スタンダードタイプ・折り畳みタイプ・4wayなどの多機能タイプ・添い寝に便利なタイプなど、さまざまなベビーベッドがあります。フリー助産師の浅井貴子さん監修のもと、おすすめ商品をランキング形式でご紹介!

それぞれのご家庭に最適なベビーベッドを選ぼう!

赤ちゃんは生まれてしばらくは1日の大半を寝て過ごします。寝ることがお仕事の赤ちゃんに安全で快適なスペースを確保しようと、ベビーベッドの購入を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

一方でベビーベッドは使用期間が限定されるため、必要ないのでは?と購入を迷われる方も多いと思います。ただ、大人用のベッドに寝かせると、転落や柔らかい寝具に埋もれて窒息するといった事故の恐れがあり危険です。

 

そこで今回は、ベビーベッドの有用性を解説し、おすすめ商品や選び方をご紹介します。フリー助産師の浅井貴子さん監修のもと、安全で使いやすいベビーベッドから、お手頃価格なものまでカバーしていますので、赤ちゃんを迎える準備中の方は、是非チェックしてみてください!

ベビーベッドの必要性

ベビーベッドは赤ちゃんが安心して安全に過ごせる赤ちゃんだけの空間です。床からの高さがあるので、床に布団を敷いて寝かせるよりも埃やダニを避けられるのがメリット。また小さい兄弟姉妹やペットの思いがけないいたずらから赤ちゃんを守ることもできます。

 

また赤ちゃんのおむつ交換などを楽な姿勢で行えるので、体にかかる負担を減らすことも可能。腰痛が気になる方はベビーベッドの方がお世話しやすいですよ。ママやパパの体の負担を減らすようなベビーベッドも多く展開されています。

 

そして気をつけたいのが不慮の事故ですね。大人用のベッドで添い寝をすると転落したり、寝具に埋もれて窒息したりといった事故の危険から赤ちゃんを守るためにも、赤ちゃんにはベビーベッドを使用するのがおすすめです。

ベビーベッドはいつまで使える?

ベビーベッドはいつまで使えるのか気になる方も多いのでは?サイズや種類によって異なりますが、一般的には新生児〜2歳まで使えるものがほとんどです。とはいえ、首が座って寝返りをうち始める頃には卒業して、おむつ替えの台として使う場合も多いようです。

 

つかまり立ちをする頃になると赤ちゃんの動きも活発になるので、柵が外れたり落下したりといった事故に注意が必要です。成長発達に合わせてベビーベッドの卒業時期を見極めましょう。

 

またミニベッドやコンパクトタイプのベビーベッドは、生後4〜6ヶ月くらいになると狭く感じることも。ベビーベッドとしての役目を終えたあとは、ベビーサークルやおもちゃ入れなどとしても有効に活用できます。

助産師が教える!ベビーベッドの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

浅井 貴子

フリー助産師

群馬大学医学部助産課程卒業

浜松医科大学医学部附属病院産婦人科病棟勤務

聖隷浜松病院NICU勤務


IFAアロマセラピスト/JMHAメディカルハーバリスト

日本マタニティフィットネス協会マタニティアクアスペシャリスト

NCA(日本コンディショニング協会)プロフェショナルトレーナー

編集部の画像

編集部

ベビーベッドを選ぶときの重要ポイントを浅井さんに教えていただきました!

POINT①

■ベビーベッドの選び方


①安全規格の「PSCマーク」と「SGマーク」がついているか

②大きさ、レギュラーかコンパクトサイズか

③ベットの高さがどこまであがるか

④柵はどの方向から開くか

⑤キャスターがあるか

1.安全規格の「PSCマーク」と「SGマーク」がついているか

浅井さんの画像

浅井さん

商品の安全性を保障するものなので、輸入ものやECサイトで購入する時も必ず「PSCマーク」や「SGマーク」がついているか確認してください。

2.大きさ、レギュラーかコンパクトサイズか

浅井さんの画像

浅井さん

置きたい場所にピッタリのサイズのものを選ぶために、ベビーベッドの大きさを必ず確認するようにしましょう

3.ベットの高さがどこまであがるか

浅井さんの画像

浅井さん

産後はぎっくり腰や腰痛になりやすいので、特に背が高い人にとってはハイサイズがおすすめです。

4.柵はどの方向から開くか

浅井さんの画像

浅井さん

赤ちゃんの寝かせる方向とおむつを替える方向は必ずしも一致していないので、多方向から開くベビーベッドはとても便利です。

5.キャスターがあるか

浅井さんの画像

浅井さん

キャスター付きのベッドは使い勝手がいいことはもちろん、ベビーベッドの下はかなりほこりがたまるので、掃除もキャスターがあるとしやすいです。利便性と衛生面を重視するなら、キャスター付きのベビーベッドがおすすめです!

浅井さんおすすめ!ベビーベッド2選

ズバリ、安眠ベットといえばコレ!

赤ちゃん安眠の条件、安全であること・カーブに背骨を保つこと・心地よい包まれ感があることの3つの条件を兼ね備えたベビーベッドです。抱っこで寝かしつけた後、お布団やベッドにおろすと泣きだす赤ちゃんもスヤスヤ寝てしまいます

 

自由に傾斜をつける事ができるので、ゲップが出にくい・ミルクの吐き戻しが多い赤ちゃんにピッタリなベッドです。安全なノーホルマリンの日本製なのもうれしいポイントです。赤ちゃんの寝つきが悪く、悩まされている方はぜひ一度試してみてください!

サイズ 幅68x奥行43x高さ19cm 素材 ポリエステル・綿
重量 1.1kg 耐荷重 -
高さ ロー 安全マーク -
浅井さんの画像

浅井さん

ベットに入っている細かいビーズクッションが生み出す適度なふんわり感は、どんな赤ちゃんも優しく包み込みます。カバーもあり衛生的に使えるベビーベッドです。

ズバリ、移動するベビーベッドはコレ!

台車には素足でもサンダルでも踏めるストッパーがついており、ロック・解除が簡単に操作できるので安全です。ハンドルの高さを80~98cmに3段階調整できるので、150~180cmの幅広い身長の方に対応しています。

 

このベビーベッドの大きな特徴はかごが大きいことです。そのため双子用として使用できます。パチン錠を取り外してひっくり返せばコンパクトになるので、しまうときに便利です。

サイズ 幅53×奥行90×高さ80~98cm 素材 -
重量 12kg 耐荷重 -
高さ ハイ 安全マーク -
浅井さんの画像

浅井さん

家の中でも外でも寝ている赤ちゃんを下ろすことなく、部屋から外へと移動がスムーズにできます。赤ちゃんを移動させる労力をできるだけ減らしたい方におすすめです!

レギュラータイプのおすすめ商品ランキング5選

1位

スリーピー

エリーゼ

価格: 29,455円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、デザイン性に優れたコスパのいい商品はコレ!

こちらは床板の高さが2段階で調節可能なベビーベッド。赤ちゃんの世話をするときや寝るときなど、用途やシチュエーションに合わせて、高さを調節できるのが大きな特徴です。また床板の下の収納スペースが大きく開いて、使い勝手がいいのもメリットですよ。

 

小さな赤ちゃんの頭でも挟まることがないように、柵と柵の間は8cm以下にする安心の設計。扉にはロック金具が付いているので、小さい兄弟姉妹のいたずらも防止できます。赤ちゃんに優しい素材でできており、飾り棒のクラシカルでかわいいデザインにも注目です。

サイズ 幅124.8×奥行77.3×高さ93.5cm 素材 ブナ材
重量 23.5kg 耐荷重 静止状態で60kg
高さ ハイ 安全マーク PSC・SG
浅井さんの画像

浅井さん

ベッドの柵の間隔が8cm以下のため赤ちゃんの頭が入らない安全な設計になっています。床下にはオムツなど赤ちゃんグッズが大量に入るスペースがあり、紙おむつを沢山ストックできるのがうれしいポイントです!

2位

ヤマサキ

スリーオープンベッド b-side(ビーサイド)DX

価格: 43,674円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、赤ちゃんのお世話のしやすさにこだわるならコレ!

こちらは手前・奥・足元の3方向オープンタイプのベビーベッド。おむつ替えのときは足元をオープンするなど、赤ちゃんの体勢に合わせてお世話できるのがメリット。両側の柵がスライド、足元が手前に開閉するので省スペースなのも嬉しいポイントですね。

 

床下には収納扉が手前側と奥側の両方に搭載されているので、いつでもおむつやタオルを取り出せて便利。高級感のある色味や使い勝手のよさを評価する口コミも多く、日本製の使いやすいベビーベッドをお探しの方におすすめです。

サイズ 幅125×奥行82×高さ89cm 素材 天然木ブナ材
重量 31kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク PSC・SG
浅井さんの画像

浅井さん

床板の高さが約70cmと高めに調節できるハイタイプのベビーベッドです。身長が高いママや腰痛があるママに向いています

3位

STOKKE

スリーピー ベッド ナチュラル

価格: 99,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、おしゃれで長く使える商品はコレ!

床板の高さを4段階に調節でき、ベッドのサイズも広げることができるベビーベッド。赤ちゃんが安心して過ごせる、独特な楕円形のかわいいデザインも大きな魅力です。キャスター付きで移動が楽なので、いつも赤ちゃんのそばにいられる安心感を得たい方におすすめ。

 

一般的なベビーベッドは2歳頃までの使用が目安ですが、こちらは10歳頃まで長く使い続けられるのが特徴です。丈夫なブナ素材を使用しているため耐久性が高く、なるべく長く愛用できるベビーベッドをお探しの方にぴったりですよ。

サイズ 幅127×奥行74×高さ86cm 素材 ビーチ材
重量 24.2kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク -
浅井さんの画像

浅井さん

ベッドのパーツを買い足せば幼児~学童まで使えて、最後はソファーになるので使い勝手がいいです。良いものは長く使うという北欧の文化を感じます。

4位

カトージ

ベッド チャーミー ナチュラル

価格: 19,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、コスパのいいレギュラータイプはコレ!

こちらはママリで2019年に口コミ大賞1位を獲得した人気のベビーベッドです。床板は3段階に変更可能。用途やシチュエーションに合わせて、ハイにもローにもできます。床下スペースには収納扉が付いていて、使い勝手のよさも評判です。

 

消音キャスター付きなので、マンションのような集合住宅でも音が響きにくいのも嬉しいポイント。すやすや眠る赤ちゃんを起こさずに移動できますよ。コスパ面を考えて、機能と性能のバランスが取れたベビーベッドをお探しの方におすすめです。

サイズ 幅124.5×奥行78×高さ91.5cm 素材 パイン材
重量 18.6kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク PSC・SG

ズバリ、安心して添い寝できるベビーベッドはコレ!

こちらのベビーベッドの大きな特徴は、クイックジョイントによって工具不要で簡単に組み立てられること。ジョイントパーツに差し込むだけで簡単に組み立てられるので、はめるだけで簡単に組み立てられると、口コミでも高評価を得ています。

 

もう1つ注目したいのが、床板の高さを9段階に細かく調整できること。ハイタイプ・ロータイプ・添い寝用ベッド・ベビーサークルとして、長く利用できます。大人用のベッドと固定できるセーフティベルト付きで、大人用ベッドに近づけて添い寝したい方におすすめ。

サイズ 幅125×奥行75×高さ91cm 素材 天然木
重量 16.4kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク SG
浅井さんの画像

浅井さん

ママの寝室のベッドで添い寝ができ、高さも微調節ができるので夜間授乳やお世話も楽にできます。また天板をはずせばサークルにもなるので汎用性があって便利です!

レギュラータイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6418538の画像

    ママ代行ミルク屋さん

  • アイテムID:6418641の画像

    車椅子・シルバーカーの店 YUA

  • 3
    アイテムID:6412137の画像

    STOKKE

  • 4
    アイテムID:6412138の画像

    カトージ

  • 5
    アイテムID:6412139の画像

    グランドールインターナショナル

  • 商品名
  • おやすみたまご
  • 東京乳母車 プスプス
  • スリーピー ベッド ナチュラル
  • ベッド チャーミー ナチュラル
  • ベッドサイドベッド 03
  • 特徴
  • ズバリ、安眠ベットといえばコレ!
  • ズバリ、移動するベビーベッドはコレ!
  • ズバリ、おしゃれで長く使える商品はコレ!
  • ズバリ、コスパのいいレギュラータイプはコレ!
  • ズバリ、安心して添い寝できるベビーベッドはコレ!
  • 価格
  • -
  • -
  • 99000円(税込)
  • 19000円(税込)
  • -
  • サイズ
  • 幅68x奥行43x高さ19cm
  • 幅53×奥行90×高さ80~98cm
  • 幅127×奥行74×高さ86cm
  • 幅124.5×奥行78×高さ91.5cm
  • 幅125×奥行75×高さ91cm
  • 素材
  • ポリエステル・綿
  • -
  • ビーチ材
  • パイン材
  • 天然木
  • 重量
  • 1.1kg
  • 12kg
  • 24.2kg
  • 18.6kg
  • 16.4kg
  • 耐荷重
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 高さ
  • ロー
  • ハイ
  • ハイ・ロー
  • ハイ・ロー
  • ハイ・ロー
  • 安全マーク
  • -
  • -
  • -
  • PSC・SG
  • SG

ミニタイプのおすすめ商品ランキング5選

1位

石崎家具株式会社

ベビーベッド「ミニベッド&デスク」

価格: 23,900円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、子どもが成長しても使える5wayならコレ!

こちらはベビーベッドとして使用したあとも、デスク・収納棚・ベビーサークル・キッズテーブルとしても使える、5wayタイプのベビーベッド。形を変えながら長く愛用できるので、使用期間が短いことで購入を迷われていた方におすすめです。

 

柵は省スペースでも開閉がしやすいスライド式なので、設置スペースの広さに不安がある方でも安心。キャスター付きで移動が楽なので、いつでも赤ちゃんのそばにいて様子をみていたいと考えている方におすすめのベビーベッドです。

サイズ 幅94.8×奥行97.3×高さ86.7cm 素材 ブナ材
重量 22kg 耐荷重 静止状態で 60kg
高さ ハイ・ロー 安全マーク PSC・SG
浅井さんの画像

浅井さん

ブナの木を使っているためサイズの割には22kgとやや重いですが、その分頑丈でしっかりした作りになっており、赤ちゃんの安全面にも配慮されたベビーベッドです

ズバリ、組み立てが簡単なローベッドはコレ!

椅子やソファに座ったままでもお世話がしやすい、ロータイプのベビーベッド。ベビーベッドとして使ったあとも、ベビーサークルやキッズベンチとして使用できる3in1仕様なので、成長に合わせて長く使えるものをお探しの方におすすめです。

 

また、組み立てやすさもこちらの商品の大きな特徴。工具いらずで数分で簡単に組み立てられると口コミがあり、パーツをジョイントに差し込んでいくだけのワンタッチ式で、女性でも簡単に組み立てられますよ。

サイズ 幅94×奥行64×高さ70cm 素材 天然木
重量 11.5kg 耐荷重 -
高さ ロー 安全マーク SG

ズバリ、お世話がしやすいハイタイプの商品はコレ!

こちらは腰をかがめずに、立ったまま楽な姿勢でおむつ替えや着替えなどの赤ちゃんのお世話ができる、ハイタイプのベビーベッド。ツーオープンタイプでベッドの横と足元の柵が開閉できるので、おむつ替えのときにも便利ですよ。

 

レギュラーサイズよりもひと回り小さいコンパクトサイズで、設置するスペースに余裕がない場合でも安心して設置できます。独自のウレタン巻きキャスターを使用しているおり、移動時にフローリングを傷つけにくいのも嬉しいポイントですね。

サイズ 幅95×奥行68×高さ117cm 素材 天然木ブナ材
重量 23kg 耐荷重 約20kg
高さ ハイ 安全マーク PSC・SG
浅井さんの画像

浅井さん

ベッドの柵が横と縦と開けられるコンパクトサイズで、天板の高さが70cmもあるので赤ちゃんのお世話がしやすいベッドです!

ズバリ、赤ちゃんの快適な睡眠環境維持にはコレ!

こちらは寝つきが良くなったという口コミが多い商品です。赤ちゃんと子どもの眠りのスペシャリスト・永持伸子さんが監修したミニサイズのベビーベッド。お腹の中にいたときのような背中を丸めた自然な寝姿で過ごせる独特な形と、全面通気メッシュ素材を使った快適さが魅力です。

 

省スペースで軽量なのでリビングや脱衣所など、用途やシチュエーションに合わせてどこにでも置くことができます。大人が家事をしているあいだも、常に目の届くところに置けるのが嬉しいですね。

サイズ 幅74×奥行45×高さ15〜20cm 素材 ポリエステルわた・通気メッシュ
重量 1.3〜1.5kg 耐荷重 -
高さ ロー 安全マーク -

ズバリ、優しい色合いの立ちベッドはコレ!

クリーム色の優しい色合いが特徴のかわいいベビーベッドです。どんな部屋でもなじみやすく、特に白やパステルカラーを基調にしたインテリアとの相性が抜群。ハイタイプなので、パパやママの腰の負担を軽減しながらお世話をしたい方におすすめです。

 

狭いスペースでも設置しやすいミニサイズのベビーベッドですが、床下に収納スペースが付いています。必要な機能が揃った使い勝手のよさと、コスパの高さも大きな魅力。口コミでも組み立てやすく、小回りが効くので使い勝手がいいと高い評価を得ています。

サイズ 幅94.5×奥行68×高さ110cm 素材 メルナック
重量 16kg 耐荷重 -
高さ ハイ 安全マーク PSC・SG

ミニタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6412142の画像

    石崎家具株式会社

  • 2
    アイテムID:6412143の画像

    farska(ファルスカ )

  • 3
    アイテムID:6412144の画像

    ヤマサキ

  • 4
    アイテムID:6412145の画像

    iimin

  • 5
    アイテムID:6412146の画像

    カトージ

  • 商品名
  • ベビーベッド「ミニベッド&デスク」
  • ミニジョイントベッド ネオ
  • コンパクトベッド ツーオープン
  • Cカーブベビーベッド メッシュ
  • ミニ立ちベッド
  • 特徴
  • ズバリ、子どもが成長しても使える5wayならコレ!
  • ズバリ、組み立てが簡単なローベッドはコレ!
  • ズバリ、お世話がしやすいハイタイプの商品はコレ!
  • ズバリ、赤ちゃんの快適な睡眠環境維持にはコレ!
  • ズバリ、優しい色合いの立ちベッドはコレ!
  • 価格
  • 23900円(税込)
  • -
  • -
  • -
  • -
  • サイズ
  • 幅94.8×奥行97.3×高さ86.7cm
  • 幅94×奥行64×高さ70cm
  • 幅95×奥行68×高さ117cm
  • 幅74×奥行45×高さ15〜20cm
  • 幅94.5×奥行68×高さ110cm
  • 素材
  • ブナ材
  • 天然木
  • 天然木ブナ材
  • ポリエステルわた・通気メッシュ
  • メルナック
  • 重量
  • 22kg
  • 11.5kg
  • 23kg
  • 1.3〜1.5kg
  • 16kg
  • 耐荷重
  • 静止状態で 60kg
  • -
  • 約20kg
  • -
  • -
  • 高さ
  • ハイ・ロー
  • ロー
  • ハイ
  • ロー
  • ハイ
  • 安全マーク
  • PSC・SG
  • SG
  • PSC・SG
  • -
  • PSC・SG

折りたたみタイプのおすすめ商品ランキング5選

ズバリ、蒸れにくい折りたたみベビーベッドはコレ!

こちらは子育てにまつわるトレンドに贈られる、第7回ペアレンティングアワードを受賞した折りたたみ式のベビーベッド。シルキーエアーという通気性の高い素材を使用しているので、赤ちゃんに安心感を与えながら快適に眠れるのが魅力。

 

寝ている間に汗をかきやすい赤ちゃんのために、蒸れにくく汗疹を予防してくれる通気性のいいベビーベッドをお探しの方におすすめ。赤ちゃんの成長やシチュエーションに応じて、高さをハイ・ローに調整できる使い勝手のよさも人気の理由です。

サイズ 幅104.1×奥行73.7×高さ94 cm 素材 スチール・ポリプロピレン・ABS樹脂・ポリアミド・ポリエステル・MDF
重量 14.9kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク PSC・SG
浅井さんの画像

浅井さん

木の柵ではなく布のメッシュガードなので通気性がよく、夏場の赤ちゃんに最適です。寝がえりが激しい赤ちゃんでも手足が出たりぶつけたりする心配がないのでおすすめのベビーベッドです。

2位

カトージ

折り畳み式 ミニベビーベッド アーチ

価格: 24,800円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、ハイタイプの折りたたみベッドならコレ!

こちらは折りたたむと厚さ14.5cmまでコンパクトなる、ハイ&ロータイプのベビーベッド。使わないときはお部屋のスペースを有効に活用できます。通気性・耐久性に優れた有孔ボードを使用しているので、湿気がこもりにくいのも魅力ですね。

 

高さを3段階に調整できるため、ハイにすれば腰をかがめることなく赤ちゃんのお世話ができますよ。組み立てが楽でコスパ抜群と口コミがあり、簡単に設置できることも大きな魅力です。

サイズ 幅66×奥行97×高さ94cm 素材 メルナック
重量 17.5kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク PSC・SG

ズバリ、いつも清潔に保てるベビーベッドはコレ!

ココネルエアーのリニューアル商品。大きな違いは肌に優しくクッション性の高いマットが、洗濯機で丸洗いできることです。マットを清潔に保ちたい方におすすめ。簡単に折りたたんで持ち運べる軽量さと、強い強度も魅力です。

 

通気性の高いシルキーエアーを採用しているため、寝ている間に汗をかきやすい赤ちゃんを蒸れから守ります。汗疹ができやすい赤ちゃんのために、ベビーベッドをお探しの方におすすめですよ。

サイズ 幅104.1×奥行73.7×高さ95cm 素材 スチール・ポリプロピレン・ABS樹脂・ポリアミド・ポリエステル・MDF
重量 15kg 耐荷重 -
高さ ハイ・ロー 安全マーク PSC・SG
浅井さんの画像

浅井さん

11番のココネルのマットがウォッシャブルで、衛生面でもばっちりのベビーベッドです。吐き戻しの多い赤ちゃんや、頻繁にお布団を干したり洗ったりしたい方におすすめ!

ズバリ、防水機能に優れた折りたたみベッドはコレ!

赤ちゃんが成長したあとも、プレイヤードやベビーサークルとして利用可能な、多機能タイプの折りたたみベビーベッドです。腰をかがめずにおむつ替えができる、おむつ交換台が付属しているのでとても便利。

 

マットレスには防水機能がついており、汗やおねしょで濡れてしまってもお手入れが簡単です。ちょうどいい硬さのマットレスで、赤ちゃんもぐっすり眠れますよ。用途やシチュエーションに合わせて、さまざまな使い方ができるベビーベッドをお探しの方にぴったりです。

サイズ 幅120×奥行68×高さ76cm 素材 防水オックスフォード生地
重量 12kg 耐荷重 65kg
高さ ロー 安全マーク -
浅井さんの画像

浅井さん

メリーやおむつ交換台・収納などがあり、多機能ベビーベッドという印象です。大きめなのでかさばるのがデメリットな一方で、広いリビングに置くには適しています。

ズバリ、旅行・帰省の際に大活躍のベッドはコレ!

こちらは寝室やリビングなど、置く場所を選ばずに使えるベビーベッドです。開いた状態でもコンパクトな設計になっており、重量3.5kgと軽量なので、旅行や帰省などのお出かけの際も持ち運びやすいのが魅力。

 

布団・布団カバー・リング枕・敷きパッド・傾斜クッションなど、赤ちゃんに必要な寝具がすべて付属しているので、届いたその日から使用することができます。省スペースでコンパクトな手軽に使えるベビーベッドをお探しの方におすすめです。

サイズ 幅90×奥行60×高さ19cm 素材 PE・綿・ポリエステルなど
重量 3.5kg 耐荷重 -
高さ ロー 安全マーク -

折りたたみタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6412149の画像

    アップリカ

  • 2
    アイテムID:6412150の画像

    カトージ

  • 3
    アイテムID:6412151の画像

    アップリカ

  • 4
    アイテムID:6412152の画像

    b.p

  • 5
    アイテムID:6412153の画像

    farska(ファルスカ)

  • 商品名
  • 折り畳みミニベビーベッド ココネルエアー
  • 折り畳み式 ミニベビーベッド アーチ
  • ココネル エアープラス ポータブル
  • プレイヤード ベビーベッド
  • コンパクトベッド フィット
  • 特徴
  • ズバリ、蒸れにくい折りたたみベビーベッドはコレ!
  • ズバリ、ハイタイプの折りたたみベッドならコレ!
  • ズバリ、いつも清潔に保てるベビーベッドはコレ!
  • ズバリ、防水機能に優れた折りたたみベッドはコレ!
  • ズバリ、旅行・帰省の際に大活躍のベッドはコレ!
  • 価格
  • -
  • 24800円(税込)
  • -
  • -
  • -
  • サイズ
  • 幅104.1×奥行73.7×高さ94 cm
  • 幅66×奥行97×高さ94cm
  • 幅104.1×奥行73.7×高さ95cm
  • 幅120×奥行68×高さ76cm
  • 幅90×奥行60×高さ19cm
  • 素材
  • スチール・ポリプロピレン・ABS樹脂・ポリアミド・ポリエステル・MDF
  • メルナック
  • スチール・ポリプロピレン・ABS樹脂・ポリアミド・ポリエステル・MDF
  • 防水オックスフォード生地
  • PE・綿・ポリエステルなど
  • 重量
  • 14.9kg
  • 17.5kg
  • 15kg
  • 12kg
  • 3.5kg
  • 耐荷重
  • -
  • -
  • -
  • 65kg
  • -
  • 高さ
  • ハイ・ロー
  • ハイ・ロー
  • ハイ・ロー
  • ロー
  • ロー
  • 安全マーク
  • PSC・SG
  • PSC・SG
  • PSC・SG
  • -
  • -

ベビーベッドの選び方

ベビーベッドを購入する際に知っておきたい選び方のポイントを、安全性・サイズ・高さ・柵の仕様・機能・ブランドなどに注目してご紹介します。

安全性の指標「PSC・SG」マークをチェック

ベビーベッドを選ぶ上で必ずチェックしたいのが、PSCマークとSGマーク。PSCマークは国の安全基準に合格したもの、SGマークは製品安全協会の基準に合格したものを表すマークで、日本国内で販売されているベビーベッドには、この2つのマークの表示が義務付けられています。

 

海外ブランドの製品の中には、生産国の基準で作られているものもあります。海外製品の購入を検討されている場合は、安全性のチェックをしっかり行ってから購入しましょう。

編集部の画像

編集部

安全性の観点から、PSC・SCマーク以外で注目するポイントや指標はありますか?

浅井さんの画像

浅井さん

どこの国で作られているかを確認しましょう。中国やマレーシア製だと必ずしも検品がしっかりされているとは限らず、木が剥けていることもしばしばあります。

編集部の画像

編集部

赤ちゃんの安全面で、ベビーベッドの構造上何を気にしたら良いでしょうか?

浅井さんの画像

浅井さん

柵との間隔や塗料のにおい、ニスの使用の有無など赤ちゃんがなめても平気かどうかといったポイントをチェックしましょう。

置く場所に合ったサイズで選ぶ

ベビーベッドには大きく分けて2つのサイズがあります。ここではレギュラーサイズ・ミニサイズの2つをご紹介します。

赤ちゃんが快適に過ごせる「レギュラーサイズ」

レギュラーサイズのベビーベッドは、120cm×70cmの敷布団に対応したサイズ。24ヶ月(2歳)まで使用できるものが一般的です。設置スペースに余裕があって、できるだけ長く使えるタイプのベビーベッドをお探しの方におすすめ。圧迫感が出るので狭い部屋には不向きです。

 

レギュラーサイズは種類やデザインが豊富で、予算や好みに合わせて選びやすいのがメリット。スペースが広いので、おむつ替えや着替えなどのお世話もしやすいですよ。ベビーベッドとしての役目を終えたあとも、キッズベッド・ベビーサークルとして使えるタイプもあります。

コンパクトで設置スペースに困らない「ミニサイズ」

ミニサイズのベビーベッドは、90cm×60cmとレギュラーサイズよりひと回り小さく、コンパクトさが特徴。設置するための広いスペースがない家庭や、日中と夜間でベビーベッドの場所を移動させたい場合におすすめ。折りたたみ式や移動しやすいキャスター付きのものが豊富です。

 

使用年齢は24ヶ月までと設定されたものが多いですが、4ヶ月頃になると窮屈そうにみえることもあります。月齢が低いうちの使用がメインで、コンパクトなベビーベッドをお探しの方におすすめです。

編集部の画像

編集部

赤ちゃんが過ごしやすい大きさ・部屋に合った大きさどちらを優先して選ぶべきですか?その理由も教えてください。

浅井さんの画像

浅井さん

基本的には部屋に合った大きさで選ぶ人が多いです。リビングにはテレビやソファなど既存の家具が置いてあるので、邪魔にならない大きさや形のものを選ぶのが良いでしょう。

ベビーベッドの高さで選ぶ

ベビーベッドは高さによって使い勝手が変わります。ここではハイタイプ・ロータイプの2種類をご紹介します。

赤ちゃんのお世話がしやすい「ハイタイプ」

ハイタイプのベビーベッドとは、床から床板までの高さが70cm前後のもの。立ったままおむつ替えや着替えなどのお世話ができるので、腰への負担を少なくできるのがメリット。床下のスペースを収納スペースとして使えるのも便利です。

 

床にたまりやすい埃やペットの毛・ダニを避けられるのも、ハイタイプの大きな魅力。高さがあるので、小さい兄弟姉妹やペットのいたずら防止ができる一方で、赤ちゃんの動きが活発になってくると、落下の危険性が出てくるので注意が必要です。

座ったままのぞける「ロータイプ」

ロータイプのベビーベッドとは、床から床板までの高さが40cm前後のもの。ソファや椅子などに座った状態でも、赤ちゃんの様子を確認できるのがメリットです。和室のような床座スタイルで暮らしている方にもおすすめ。両親の寝室に置いて添い寝できるので、夜間のお世話も楽ですよ。

 

おむつ替えや着替えなどを立膝で行う必要があるので、腰痛持ちの方はお世話が辛い可能性も。また小さい兄弟姉妹やペットがいる家庭では、ベッドの上に登るなどのいたずらがしやすくなるので注意が必要です。

柵の「開き方」はチェックしておこう

ベビーベッドを選ぶときは、柵の開き方と構造を事前に確認しておくことが重要です。柵の開き方は大きく分けて2通り。1つは上下にスライドするタイプ、もう1つは手前に倒すタイプです。

 

上下にスライドするタイプは、柵を開けるスペースをとらないのがメリット。ただ柵を下ろすときに指を挟んでしまうこともあるので、小さなお子様がいる方は注意が必要です。

 

一方で手前に倒すタイプは、開閉時にいったん柵の前から離れて動かさなければならないので、柵を開けるスペースを確保する必要があります。購入前に設置する場所のスペースを確認しておきましょう。

編集部の画像

編集部

ベビーベッドの柵の開き方で一般的に使われているタイプはありますか?

浅井さんの画像

浅井さん

柵はスライド方式で上下に下がるタイプと手前に開くタイプがありますが、基本的に下がるタイプを使う方が多いです。稀に赤ちゃんの身体をはさんだままおろしてしまう危険があるので注意しましょう。

ベビーベッドの機能面で選ぶ

ベビーベッドにはさまざまな機能があります。ここではキャスター付き・高さ調節機能・多方面オープン機能・折りたたみ機能・変形機能・収納チェスト機能など8つをご紹介します。

部屋を移動できる「キャスター付き」

日中はリビング、夜間は寝室など赤ちゃんを寝かせたまま移動させたい方には、キャスター付きのベビーベッドがおすすめ。赤ちゃんを常に目の届く場所に連れて行けるので、泣いても即対応できて安心ですね。

 

ストッパーをかけないとベッド本体が動いてしまうので、安全のために必ずロックをして使用しましょう。キャスター部分に埃や汚れがたまりやすいのがデメリットです。

添い寝や腰の負担にもいい「高さ調節機能」

ベビーベッドには、高さ調節機能付きのものがあります。ハイタイプかロータイプか迷う方や、どちらのメリットも捨てがたい方には、高さ調節機能付きのベビーベッドがおすすめ。シチュエーションに合わせて高さを変えられるのでとても便利です。

 

おむつ交換が頻繁な時期は、高い方がお世話もしやすく腰痛が予防でき、大人のベッドの高さに合わせれば添い寝がしやすくなります。寝返りやつかまり立ちをするようになったら、誤って落下しないように低くすると、思いがけない事故を防ぐことができますよ。

おむつ替えが楽な柵が「多方面オープン機能」

赤ちゃんのお世話のしやすさで選ぶなら、柵が数ヶ所開く多方面オープン機能付きのベビーベッドがおすすめです。多方面に開くものなら、間取りやインテリアに合わせて好みの方向に設置できますよ。

 

特に赤ちゃんの足元からオープンできるタイプは、おむつ替えがしやすいのが魅力。抱っこ紐で赤ちゃんが寝てしまったときも、多方面に開くタイプなら起こさずにおろしてあげることができます。

収納・持ち運びに便利な「折りたたみ機能」

ベビーベッドにはコンパクトに折りたためるタイプもあります。持ち運びやすいので旅行や帰省・引越しの際も便利。他にもお昼寝用のセカンドベッドや来客用としても活躍します。スペースを取らないので収納場所にも困りません。

 

ベビーベッドとしての役目が終わったあとは、ベビーサークルやおもちゃ入れとして使えるのも嬉しいポイント。購入を検討される場合は、折りたたみの方法が面倒でないかをチェックして、簡単に折りたためる商品を選ぶのがおすすめです。

長く使い続けられる「変形機能」

ベビーベッドには床板を外してベビーサークルとして使えたり、パーツを組み替えることで机や収納ラック・ソファとして使えたり、ベッド以外の使い道ができる変形機能付きのものがあります。子供の成長に合わせて、長く使い続けられるベビーベッドをお探しの方におすすめです。

おむつやタオルを1箇所にまとめておける「収納チェスト機能」

ベビーベッドには、お世話に必要なおむつやタオルなどを整理して収納できる、収納チェスト付きや引き出し付きのものがあります。収納ボックスが必要ないので、物を増やしたくない方におすすめ。

 

お世話に必要なものがすぐに取り出せるので、家事動線がスムーズになり時短にもつながります。

赤ちゃんが快適に過ごせる通気性の良い「すのこ板」

赤ちゃんは眠っている間に大量の汗をかきますよ。汗で蒸れた肌をそのままにしておくと、汗疹やかぶれの原因になることも。汗っかきな赤ちゃんには、床板がすのこ状になったベビーベッドがおすすめ。すのこは通気性・吸湿性に優れ、抗菌機能・調湿機能もあるので快適に過ごせますよ。

添い寝用におすすめの「柵の取り外しができる機能」

ベビーベッドを大人用のベッドにくっつけて添い寝をする家庭には、柵の取り外しができてベッドの横にぴったり設置できるタイプがおすすめ。添い寝しながらもお互いのスペースが確保でき、夜中の授乳も楽に行えるのがメリットです。

 

以下の記事では添い寝やお出かけにも便利な、ベッドインベッドのおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

信頼できるメーカーで選ぶ

ベビーベッドを取り扱うメーカーは数多くあります。その中でも信頼できる西松屋・カトージ・ダスキン・無印・アップリカ・ファルスカ・ストッケ・グレコの8つをご紹介します。

豊富なバリエーションで安い!コスパの高い「西松屋」

西松屋は全国各地に実店舗を構えるベビーキッズ用品ショップです。西松屋のベビーベッドは、1万円台で購入できるリーズナブルな価格が魅力。レンタルよりも割安で、コスパの高いベビーベッドをお探しの方におすすめです。

 

スタンダードなタイプから、キャスター付き・ミニベッド・立ちベッドまで豊富なラインナップが揃っているので、理想に合うベビーベッドが見つかりますよ。

飽きのこない王道人気の木製ベッド「カトージ(KATOJI)」

カトージはベビーカーや家具・おもちゃなど、育児グッズを取り扱う日本のメーカーです。飽きのこない王道の木製ベビーベッドは、安心・安全な日本製。オーソドックスなデザインで、どんなインテリアにもしっくり馴染みます。

 

高さ調節可能な上下スライドドアで開け閉めが楽々行えるほか、キャスター付きや折りたたみタイプなど、ママパパ目線で作られた豊富なラインナップが魅力です。

手軽にレンタルしたいなら「ダスキン」

ベビーベッドを手軽にレンタルしたい方には、インターネットから簡単に申し込みできるダスキンの「かしてネット」がおすすめ。実店舗が全国に74店舗展開されており、来店引き取りにも対応しています。不要になっても処分に困らないのが最大のメリットです。

 

ベビーベッドはメンテナンス後にオゾンの霧で脱臭・除菌を行うので、気になる衛生面も安心して使用できます。レンタル料金は一番安いタイプで1ヵ月2000円前後。長くレンタルするほど割安になる料金体系も魅力ですね。

家庭の負担を減らしたい方は「無印」

使用する期間は限られていても、大切な赤ちゃんのためにベビーベッドを用意したいとお考えの方には、無印のレンタルベビーベッドが人気です。国産の檜を使った温もりのあるベビーベッドは、キャスター付き・スライド式扉・収納スペース付きで使い勝手も抜群です。

ミニサイズのベビーベッドが欲しい方は「アップリカ(Aprica)」

アップリカはチャイルドシートやベビーカーなど、安全で快適な育児グッズを取り扱う日本のメーカー。アップリカのベビーベッドは軽量で折りたたみ可能なタイプが人気です。すべてミニサイズなので省スペースで設置でき、取り外して洗える通気性のいいマットで清潔に保てますよ。

シンプル~多機能なものまで!「ファルスカ(farska)」

ファルスカは2009年に誕生した日本のメーカー。日本人の暮らしに寄り添う、シンプルで使いやすい育児グッズを生み出しています。成長に合わせてベビーサークルやベビーベンチに変形できるタイプや、添い寝できるタイプなど豊富なバリエーションが魅力のメーカーですよ。

おしゃれでインテリアにもなじむ「ストッケ(STOKKE)」

ストッケはノルウェー発祥のおしゃれなベビー用品ブランド。温かみのあるブナ材を使用したシンプルなデザインで、赤ちゃんが成長したあとも素敵なインテリアとして使えるものばかり。ベビーベッドでは優しいフォルムの円形デザインのベッドが人気です。

折りたたみ可能でコンパクトにまとまる「グレコ(GRACO)」

グレコはアメリカ定番ベビー用品ブランド。折りたたみ可能なコンパクトサイズのベビーベッドは、メッシュ素材でとても軽量です。かわいいデザインで、持ち運びもしやすいベビーベッドをお探しの方におすすめです。

編集部の画像

編集部

おすすめのメーカー(ブランド)はありますか?選んだ理由を教えてください。

浅井さんの画像

浅井さん

ストッケのスリーピーがおすすめです。楕円な形のフォルムが業界ではここだけ、作りがしっかりしているので大きくなっても使えます。2人目、3人目でも長持ちするのも魅力的です。

赤ちゃんをベッドに寝かせるときのコツは?

抱っこで寝かしつけた赤ちゃんをベビーベッドに寝かせるときに、赤ちゃんが起きて泣いてしまって困ったことはありませんか?俗にいう「背中スイッチ」というものですが、できれば起こさずに寝かせたいものですよね。

 

ベッドへおろすときのポイントは、いきなり仰向けに寝かさないことです。まず足をベッドにつけておしりをおろして座らせ、ゆっくりと横向きに寝かせましょう。背中を上下に優しくさすって緊張をほぐし、最後に肘でおしりを背中をとんとんして寝入ったら仰向けにしてあげます。

 

この他にもベビー布団をあたためておいたり、おくるみを活用したりする方法もあります。もっと詳しい情報が知りたい方は、以下のサイトをチェックしてみてくださいね。

ベビーベッドと一緒に使いたいベビー用品をチェック!

赤ちゃんが産まれたらベビーベッド以外にもさまざまなグッズが必要になります。以下の記事ではベビー用敷きパッド・ベビー布団・ベッドメリー・おむつストッカーのおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。本記事とあわせてぜひお読みくださいね。

編集部の画像

編集部

ベビーベッドは使用期間が短く、値段も高いことから使わない人も多いと思います。ベビーベッドの一番の魅力はどこにありますか?

浅井さんの画像

浅井さん

床から高さがあるため、衛生的な環境を整えることができる点が魅力です。粉塵やほこりから赤ちゃんをしっかり守ってくれます。また、ペットがいても柵があるので安心して寝かせられます。

編集部の画像

編集部

ベビーベッドをレンタルする人も多いと思いますが、レンタルするより買ったほうがいい人の特徴を教えてください。

浅井さんの画像

浅井さん

部屋の収納に余裕があるお家や子供を複数人欲しいとお考えの方はレンタルよりも購入するのが良いでしょう。

暮らしに合わせたベビーベッドで赤ちゃんも家族も笑顔に!

この記事ではベビーベッドの必要性や選び方を解説するとともに、おすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。使用する期間は限られていますが、大切な赤ちゃんの笑顔を守るために、安全で安心できるベビーベッドを選んでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【ベビーシッター研究家監修】人気のおすすめ抱っこ紐ランキング15選

【ベビーシッター研究家監修】人気のおすすめ抱っこ紐ランキング15選

抱っこひも・ベビーキャリー
折りたたみベッドの人気おすすめランキング20選【おすすめのマットレスも】

折りたたみベッドの人気おすすめランキング20選【おすすめのマットレスも】

家具
【2021年最新版】抱き枕の人気おすすめランキング20選!肩こり・腰痛にも!

【2021年最新版】抱き枕の人気おすすめランキング20選!肩こり・腰痛にも!

布団・寝具
【助産師監修】哺乳瓶の人気おすすめランキング15選を紹介!見るべきポイントとは?

【助産師監修】哺乳瓶の人気おすすめランキング15選を紹介!見るべきポイントとは?

ベビー用品
バウンサーの人気おすすめランキング9選【新生児から使える!2021年最新版】

バウンサーの人気おすすめランキング9選【新生児から使える!2021年最新版】

バウンサー
ジョイントマットの人気おすすめランキング20選【赤ちゃん用にも】

ジョイントマットの人気おすすめランキング20選【赤ちゃん用にも】

インテリアファブリック