【2021年最新版】ベビーモニターの人気おすすめランキング15選【トリビュートからパナソニックまで!】

記事ID7213のサムネイル画像

離れている場所にいても、スマホなどで子どもの様子を確認することができる便利なベビーモニター。音声のみのものや高画質のもの、最近ではレンタルのベビーモニターもあります。そこで今回は、ベビモニターの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ベビーモニター赤ちゃんを危険から守ろう

「子供が寝ている間に家事を済ませたいけれど子供のことも気になる…」そんなママにベビーモニターはおすすめです。ベビーモニターは離れている場所にいてもお子さまの様子を確認することができるのが最大のメリットです。

 

モニターで様子が見られるとはいっても、離れているとやっぱり不安を感じるという方もいらっしゃいますよね。実は、最新製品の中には、お子様の動きを感知して音で知らせてくれる機能などを搭載したものもあるんです!

 

そこで今回は、ベビーモニターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、タイプ・音声機能・その他の便利機能を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

ベビーモニターの選び方

種類が豊富なベビーモニターをどのようにして選べば良いのか、いくつかポイントをあげながら解説していきますので参考にしてみてください。

ベビーモニターのタイプで選ぶ

ベビーモニターには、映像+音声のものと音声のみのものの2種類に分けることができます。どのようにベビーモニターを使いたいかによってタイプを決めるようにしましょう。

短時間のみの利用なら「音声タイプ」がおすすめ

音声タイプの最大のメリットは、コンパクトで持ち運びがしやすいことです。エプロンのポケットにいれておいたり、クリップ付きのものは洋服にもつけることができます。動きながらでもすぐに確認できるのは忙しいママにとっては嬉しいポイント。

 

しかし、映像で赤ちゃんの様子を見ることができないので、赤ちゃんが泣かない限り様子がわからないこともあります。短時間だけその場を離れるときや、すぐに赤ちゃんの様子を確認できる環境であれば、音声のみのタイプでも十分と言えます。

しっかりと様子を見守りたいなら「見守りカメラ付きモニター」がおすすめ

お子様の様子をしっかりと確認した人には、映像と音声タイプがおすすめです。映像は付属のモニターやスマホやパソコンに表示できるものなど、メーカーによって異なります。ご自身の使い方によって、最適な表示方法を選ぶようにしましょう。

 

映像タイプのメリットは、赤ちゃんの動きを映像で確認できるという点。泣かずに起きて遊び始めてしまったら、音声タイプでは察知できない場合もあります。離れていても直接モニターで様子を見守ることができれば、より安心感があるでしょう。

使用場所で選ぶ

ベビーモニターは屋外で使うのか屋内で使うのかなど、使用場所によってタイプを選び分けましょう。

家事や休憩中の屋内での見守りなら「専用モニタータイプ」がおすすめ

屋内で見守りならカメラと専用のモニターがセットになったタイプがおすすめです。あらかじめカメラとモニターが接続されているものが多いため、電源オンですぐに使用可能。接続が面倒だと思う方におすすめです。

 

自立タイプの専用モニターなら、作業や家事の間も小まめに赤ちゃんの様子をチェックできます。休憩時間や自由時間にも有効利用できるでしょう。ワイヤレス通信ができないものも多いため、屋外では使用しにくいのが難点です。

外出先や屋外から様子を見たいなら「アプリモニタータイプ」がおすすめ

カメラをネット接続してスマホアプリで映像を確認したいならアプリモニターがおすすめです。カメラの設置場所にネットワーク環境が整っている場合に使えます。別室や外出先から赤ちゃんの様子をチェックしたいときに重宝します。

 

お留守番カメラとしてお子さんやペットをモニタリングできるため、赤ちゃんが成長してからも長く使用できるのもメリットです。初期設定としてネットワーク接続の設定が必要なため、専用モニターと比べると、手間はかかるのが難点。

 

またネットワーク環境が必要なため接続トラブルなどの可能性もあります。とはいえ、離れていてもモニタリングしたい場合にはメリットが多いです。

ハッキングも怖い!安全な「盗聴防止機能」があるものがおすすめ

通信機器は盗聴の危険があったり、Wi-Fiを使った製品はハッキングをされる恐れもあります。それらの被害によって、生活パターンを知られてしまったり、親の留守を知られてしまうことは大変危険です。盗聴防止機能が搭載されたものをおすすめします。

 

また、Wi-Fiを使った製品は、パスワードをしっかりと管理し、セキュリティの更新を行いましょう。ベビーモニターのソフトウェアなどは、常にアップデートしておくようにすることも重要です。

「技適マーク」は必須!必ず確認して選ぼう

ベビーモニターは電波を使ってモニターに画像を映す無線機に分類されるので、使用には特定無線設備の技術基準に適合している必要があります。その証明書となるのがこの「技適マーク」です。

 

技適マークのないベビーモニターを使用すると電波法令に違反となる可能性があるため、必ず技適マークのある製品を選びましょう。技適マークは、パッケージなどに表示されているのが一般的です。わからなければ、メーカーに確認してみましょう。

「画質・画角」の良さも確認

画角とは、カメラで撮影される範囲のことです。画角が広いほど広範囲を撮影できるので、広いリビングルームでも安心です。また、画質の良さも重要です。画質が荒いとかなり見えづらくなってしまいます。高画質で必要に応じた画角のものを選びましょう。

お子さんの成長後も使うなら「音声通話機能」モニターがおすすめ

ベビーモニターは双方音声通信機能のあるモニターとカメラのそれぞれにマイクがが付いているものだと、ママの声を赤ちゃんの元に届けられます。新生児の場合は赤ちゃんの声だけでも問題はありませんが、長く使うのであれば双方音声通話機能の製品がおすすめです。

 

お子様がママを認識し始める時期や、お話ができる年齢になる頃にこの機能はとても便利。すぐに行けない場合も声がけをすることができるので、お子さまも安心できます。家事や仕事で手が離せないとき、兄弟のお世話をしているときなどに活躍するでしょう。

 

アパートなど声が届く環境の場合は1wayタイプでもかまいませんが、一戸建てなど声が届きにくい環境の場合には双方音声通信機能のものを選ぶことをおすすめします。

モニタリング機能から選ぶ

ベビーモニターには優れたモニタリング機能があり、生活パターンや使い方によって必要な機能も変わってきます。必要な機能が搭載されているものを選びましょう。

忙しいママには自動で「子守唄が流れる」機能がおすすめ

メーカーによって名称は異なりますが、赤ちゃんが泣くと自動で音声が流れる機能があるととても便利です。体内音や心音、波音などの赤ちゃんが安心する音が自動で流れることによって、起きた赤ちゃんも再び眠ることもあります。

 

赤ちゃんが眠るまで子守歌を流してくれるものもあります。家事をしていたり兄弟のお世話をしていたりと、泣いてもすぐに行くことができない場合にとても便利な機能なので、忙しいママさんにおすすめしたい機能です。

夜も利用するなら暗くてもよく見える「暗視機能」がおすすめ

映像タイプのベビーモニターは、暗視機能が搭載されているものを選ぶようにしましょう。赤ちゃんが眠るのは日中だけではありませんから夜中もしっかりと見守れるように暗視機能が搭載されているものにしましょう。

 

暗視機能が搭載されていない場合、部屋を明るくしていなければならないので赤ちゃんも昼夜を感じられなくなります。夜は暗い部屋でしっかりと眠るリズムを作るためにも暗視機能は必須といえるでしょう。

赤ちゃんが寝返りやハイハイを始めたら「自動追跡機能」がおすすめ

新生児の赤ちゃんはそれほど動きはありませんが、月齢が大きくなればなるほど動きも出てきます。寝返りもだんだんと動く範囲が広がり、起きて動き出すようになるとモニターに映らない場所に移動してしまうことも考えられます。

 

その時のために、モニターからカメラの向きを操作できるものがあるとても便利です。またカメラの首振り機能や赤ちゃんの動きに合わせてカメラを自動的に調節できるオートトラッキング機能が搭載されているものもおすすめです。

小さな赤ちゃんには温度変化を感知する「温度センサー」機能がおすすめ

赤ちゃんはまだ自分で体温調節をすることが苦手ですから快適な温度を作ってあげることも大切です。しかし冷暖房がききすぎて寒すぎたり暑すぎたりすることもあります。そんな時のために、温度センサーがあるものがおすすめ。

 

メーカーによって機能は異なりますが、設定温度よりも上がったり下がったりした場合に警告音でお知らせをしてくれるものが主流となっています。

Wi-Fi接続で「スマホ連動・遠隔操作」ができるタイプなら外出先からも見守りできる

Wi-Fiで接続するタイプなら、専用のアプリをダウンロードすることで複数のスマホから映像を見ることも可能。いつも赤ちゃんと触れ合う時間が少ないパパや、遠くにすむおじいちゃんやおばあちゃんも赤ちゃんの様子を手軽に見ることができます。

 

またスマホで映像を見るときにズームで見れたり、カメラの位置を変えたりできるのも便利です。旅行などで留守にする場合はベビーモニターが防犯カメラに早変わり。旅先から留守の家をスマホでチェックすることもできるのでとても便利です。

「録画」機能がついていれば可愛い瞬間を保存しておける

ベビーモニターの中には、見ている画面を録画することができるものもあります。見守っていて「かわいい!」と思った瞬間を保存しておけば、あとで何度も楽しんだり家族と共有したりすることができます。必ずなくてはいけないわけではありませんが、あるとうれしい機能です。

安いものを探しているなら「モニターなし」のタイプもおすすめ

ベビーモニターをどうしてもリーズナブルに手に入れたいと考えるなら、音声のみのタイプや、スマホをモニターとして使用するタイプだと5000円以下でも購入できます。専用モニターとカメラがセットになっているものは、だいたい1~2万円程度の価格です。

 

また、機能の多い製品は多少の費用は掛かりますが、それによって自分の時間を作れたり赤ちゃんの安全を守れるなら、検討してみるのも良いでしょう。

アレクサ対応なら「音声操作」で様子を見ることができる

家にアレクサがあるなら、アレクサ対応のベビーモニターもおすすめ。Fire TV Stickとも接続することで、「アレクサ、カメラを見せて」と声をかけるだけでカメラを表示することができます。手がふさがってしまいがちな家事の最中でも様子を見ることができるので、便利ですよ。

有線よりも「ワイヤレス」タイプがおすすめ!

ベビーモニターには有線接続のタイプと無線接続(ワイヤレス)のタイプがありますが、おすすめなのはワイヤレスタイプ。コードがないことですっきりとするだけでなく、安全性も高まります。有線のほうが価格が低くなる傾向にありますが、多少高くなっても無線タイプがおすすめです。

人気メーカーや話題の製品で選ぶ

どうしても迷ったときには、人気の高い製品から選ぶのも良いでしょう。利用者が多い分、口コミなどの情報も多く、購入前にたくさんの情報を集めることもできて安心です。

著名ママタレントさんおすすめのベビーカメラなら「トリビュート」

「えびちゃん」ことモデルの蛯原友里さんがおすすめしていることでも有名なのが「トリビュート」から発売されているベビーカメラシリーズです。彼女自身も2児の母であり、その視点を活かした様々な便利機能があることでも人気です。

 

実際のユーザーレビューをみると、お子様に動きがあった時や室温が設定温度ではなくなってしまった時に音で知らせてくれるので、画面をずっと見る必要がない、というポイントが人気のようです。また、暗視機能やオートトラッキング機能も高性能で評価が高いです。

 

一方、カメラの可動域が下方向への動きが少ないのでカメラの配置に工夫が必要、モニターの充電消費が早い、などの声もあります。使うシーンやお子様の年齢・月齢に合わせて必要な機能が網羅されているか確認してみましょう。

日本製や最新の人気機種から選びたいなら「パナソニック」がおすすめ

パナソニックのベビーモニターの中でも最新機種の「KX-HC705-W」などは、人気も評判も高い商品です。海外製品が多い中、パナソニックは日本製なので、きちんと日本語に対応している点も、実は扱いやすく人気を集めているポイントです。

 

誰でも簡単に使えて必要な機能性能を満たし、耐久性や信頼性を十分に満たせるうえに価格もそこそこ。要は最もコストパフォーマンスが良い製品と評価が高く、初めてベビーを迎える家庭でも安心して使うことができるでしょう。

リーズナブルさなら海外製品「victure」はラインナップ豊富

日本製のものや、有名ブランド商品に比べるとぐんと安価で手に入るのが海外製品です。ラインナップも豊富で、安くてもモニター付きの製品もあります。ただ、一部の機能に制限があったり、操作画面も英語表記になっていたりと、使いづらい部分があることも。

 

日本語の説明書がないものだと、使い方だけでなく安全性も不安になることもあります。とにかく価格重視という方にはおすすめできますが、購入前にはできるだけ多くのレビューなどの情報を集め、使い勝手を確認するのが良いでしょう。

ベビーモニターの人気おすすめランキング15選

ハイレベルな画角・画質性能のネットワークカメラ

この商品はベビーモニターとしても使用できる屋内ネットワークカメラです。使用するには接続設定やアプリが必要ですが、設定を済ませれば外出先からでも自宅の様子を確認することができます。

 

また、撮影範囲と明るい場所での画質はかなりハイレベルな性能で、安心して赤ちゃんを見守ることができます。しかし、暗視機能はないので暗い場所でのモニター使用は難しく、設置場所や使用時間には注意が必要です。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 人感・温度・湿度・音センサー対応

口コミを紹介

離れた場所からスマホで家の様子を確認できます。モーションセンサーだけでなく、音や温度、湿度などでも録画ができます。音声のやりとりもできて、高画質で、価格もそれほど高くなく、おススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

日本アンテナが開発したブランドのワイヤレスモニター

こちらの製品は、日本アンテナのブランドとしては初めて家庭用向け製品として開発されたワイヤレスモニターです。「ベビー&セキュリティー」をコンセプトに、介護も含めた幅広いユーザーに向けて、安全性を重視した機能を搭載しています。

 

電波方式は2.4GHzのデジタルFH方式を採用しているので盗視や盗聴を防ぎ、他の通信を避けて通信を行うのでノイズの無い綺麗な映像を伝送することができます。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 赤外線ナイトビジョン

口コミを紹介

寝室に置くようになり、かなり助かってます!音もよく拾うので、ちょっと起きたらすぐ駆けつけることが出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

超広角カメラで見守る

こちらのベビーモニターは水平355度、垂直110度に回転するので、赤ちゃんが動いてもしっかりと映すことが可能。モニターは5インチの大画面で2倍ズームもできるので、細かい部分までしっかりと確認することができます。

 

暗くなれば自動的にナイトビジョンに切り替え、5分以内に声を感知しなければ自動でモニターをオフ、泣くと自動的にモニターの電源が入ります。温度センサーも搭載しているので快適なお部屋で赤ちゃんを寝かせることができます。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 広角カメラ・暗視・音声・温度警告・子守唄など

口コミを紹介

モニター側からカメラ側の操作が出来ます。画質もいいです。流石に暗いところですと荒くなりますが、必要十分です。木造2階から1階の様子を見ましたがアンテナ強度は全く下がらず、結構遠くまで届きます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

日本育児

デジタル2WAY スマートベビーモニターII

離れていても赤ちゃんの声をしっかりキャッチ

日本育児の音声のみのベビーモニターです。離れていても赤ちゃんの声をしっかりとキャッチできママの声も届けることができます。子機側(赤ちゃん)の小さな音もしっかりとキャッチしてくれると口コミでも評価が高くなっています。

 

設定音量以下の音を拾うと受信をはじめ消費電力もおさえてくれます。軽量でコンパクト、持ち運びもしやすいので家事の邪魔にならないのも嬉しいポイント。赤ちゃんの様子をちょこちょこと見に行ける環境であれば音声のみでも十分です。

タイプ 音声のみ 双方音声通信機能
機能 盗聴防止・秘話機能

口コミを紹介

2階が寝室、1階キッチン。田舎の家で広いのですが、しっかり受信してくれます!寝起きがいい子で泣かない子なのですが、小さな声までキャッチしてくれます。音をキャッチしたらランプが光るのも良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

便利なアラーム機能搭載

こちらの製品は、大きな専用モニターが特徴のベビーモニターです。サンワサプライ直販サイト「サンワダイレクト」のみの限定販売商品です。モニターからカメラの遠隔操作ができのも便利です。

 

カメラ性能についてもレビュー評価は高く、撮影範囲が非常に広く、画質も鮮明。明るい場所では細部までくっきり、暗い場所でも撮影可能です。動体検知機能などはないので、あくまでも映像での見守りとして使用するのがおすすめです。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 音、温度検出・子守唄・暗視

口コミを紹介

セッティングが超簡単。IPカメラと違い、インターネットを介さないので電源オンですぐに画像が見られます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Earthly Paradise

YISSVIC ベビーモニター

充実機能で使いやすい

こちらのベビーモニターは、機能が充実しており使いやすいのが特徴です。暗視機能・温度チェック・子守歌・授乳タイマー・双方音声通信機能など便利な機能が全て搭載されています。

 

必要であれば別売りでカメラを4台まで追加することも可能。3.5インチのモニターでは2倍ズームで見ることができるので細かい赤ちゃんの表情もチェックできます。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 3.5インチディスプレイ・暗視・温度センサーなど

口コミを紹介

赤外線で夜間の視認性がバッチリ、それと双方向のマイク付きなので、赤ちゃんが泣く瞬間で気づくことができます。室温もセンサーすることができます。赤ちゃんは体温調整が苦手なので、暑すぎたり寒すぎたりしたときに対応できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

外出先でも見守れるネットワークカメラ

こちらはネットワークを利用して使います。スマホやパソコンを使ってカメラとインターネットを接続するだけですぐに開始できます。暗号通信機能を搭載しているのでカメラからの映像を暗号化しているので攻撃者の侵入も防止できます。

 

音検知機能を使用すると、カメラに動きや音を検知して自動映像を記録します。カメラ映像内の「顔」部分を検知し、カメラの向きを動かして対象を撮影し続ける「自動追跡」機能も搭載されています。また、異常をスマホに通知するとともに録画できます

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 動体検知機能・音検知・顔認識・自動追跡・暗視

口コミを紹介

自動追尾のスピードもそこそこ速いのでしっかりとらえてくれました。これなら防犯用として設置してもかなりの効果を期待出来そうです。その他にも暗視機能・双方通話・クラウド録画などこの価格ではありえないほど機能満載で良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホ連動の安いものがいいならこれ!

こちらのネットワークカメラは専用アプリを使って使用します。カメラを複数で共有することも可能なので忙しくて赤ちゃんになかなか会えないパパや、遠くに住む祖父母なども赤ちゃんの様子を確認することができます。

 

双方音声通信機能搭載しているのでスマホからカメラへ音声を送ることも可能です。360度カメラで全方向をカバー。暗視機能も搭載されているので夜も安心して見守ることができます。外出時には家の防犯カメラとしても活躍してくれます。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 動体検知機能・音検知・顔認識・自動追跡・暗視・スマホ連動

口コミを紹介

スマホとのセットアップもマニュアル通りに問題なくできて、本体との接続完了すると、スマホに明るい映像が映り始めました。他社メーカーには動体追跡機能が付いていないのが多いようですので、1万円でこの機能と性能は最高だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

離れていても寄り添える

こちらのビデオモニターはコンパクトながらも機能性抜群です。双方音声通信機能搭載で赤ちゃんの声もママの声も届けることができます。赤ちゃんが泣いてすぐにいけない時でもリモートで子守歌を流すことも可能です。

 

室温モニターで快適な空間に。ナイトビジョンで夜も安心です。デジタル2倍ズームで細かい表情もしっかりと確認。コンパクトサイズでエプロンのポケットに入れて持ち歩くことも可能。盗聴防止で安全性も確保しています。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 ズーム機能2倍・角度調節可能・壁に取り付けできるブラケット付など

口コミを紹介

寝ている間に洗面所やお風呂掃除、家事などができます。暗闇でも鮮明な画像で良く見えるし、今まで何回も見に行くことで物音立てたりしちゃってたかなと思うので、もっと早く買えば良かったなーと。

出典:https://www.amazon.co.jp

育児をしっかりとサポート

こちらの見守りカメラは最大200メートルまで離れた場所にいても赤ちゃんとお部屋の様子をしっかりと確認できます。ナイトビジョンがあるので夜も安心。内蔵された4曲の子守歌は赤ちゃんを落ち着かせてくれます。

 

温度センサーは赤ちゃんが快適に過ごせるように常時確認し異常を感知すればお知らせしてくれます。ズームボタンひとつで赤ちゃんの細かい表情までしっかりと確認。双方音声通信機能でママの声を赤ちゃんに届けることもできます。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 暗視・子守歌・温度&泣き声センサーなど

口コミを紹介

子供が寝ているときにも部屋を行き来せずにカメラで様子を確認できるため安心して過ごせるようになりました。部屋を暗くしていても鮮明に様子がわかります!

出典:https://www.amazon.co.jp

音声で赤ちゃんを守る

こちらのスマートベビーモニターは音声のみです。クリアな音質で赤ちゃんの声をしっかりと届けてくれます。面倒な組み立てや設定もなく充電してスイッチを入れるだけですぐに使えます。充電式なので持ち運びながら家事をすることも可能です。

 

盗聴しづらいデジタル1.9㎓を採用しており電波法にも適合した商品ですので安全性も確保。赤ちゃんが泣いてすぐにいけないときは親機から子守歌を流してあげることができるので赤ちゃんをすぐに安心させてあげることができます。

タイプ 音声のみ 双方音声通信機能
機能 温度センサー・リモート子守歌・省エネモードなど

口コミを紹介

本体は手のひらサイズでコンパクトながら、音はとてもクリアです。モニターがあっても、常に画面を見続けているわけではないし、音声だけで十分という考えであれば、お手頃な商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

トリビュート

ワイヤレスベビーカメラ (BM-LTL2)

オートトラッキング搭載カメラ

モデルの蛯原英里さんおすすめのベビーモニターです。カメラにはオートトラッキング機能が搭載されているのでハイハイや寝返りなど動きまわる赤ちゃんをしっかりと追いかけてくれます。その他、ズーム機能、温度センサーなど充実の機能です。

 

モニターは暗い中でもしっかりと確認でき子守歌をモニターから流すことも可能。オートトラッキング機能だけでなくモニターでカメラの角度や向きを調節することができます。双方音声通信機能で赤ちゃんが起きてもママの声を届けることができます。

タイプ 映像+音声 双方音声通信機能
機能 ボイスオン・遠隔操作・ナイトビジョンなど

口コミを紹介

暗闇でもはっきり赤ちゃんの顔が確認できるだけでなく、マイクが非常に小さい音でも拾ってくれるため、ちょっとした寝返りや、小さいぐずりなどにも素早く反応できるようになりました。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Earthly Paradise

YISSVIC ベビーモニター

プレゼントにもおすすめ

こちらのベビーモニターは、カメラのサイズを2.4と3.5インチから選ぶことができます。こちらの商品は2.4インチタイプです。暗くなると自動で暗視機能になるので夜も安心して見守ることができます。

 

2倍ズームで細かい表情もしっかりと確認。子守歌が内蔵されているのでカメラから再生することが可能です。ママの声も、赤ちゃんの声も届けられる双方音声通信機能搭載。出産祝いなどプレゼントとして贈る人も多いベビーモニターです。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 アラーム・2倍ズーム・ナイトビジョンなど

口コミを紹介

赤ちゃんの泣き声に反応してすぐに知らせてくれます。画面が小さく画質に不安でしたが全然問題ありません。部屋を真っ暗にした状態でも赤ちゃんの様子をちゃんと確認できます。この値段でこの機能、性能は素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック モニター付き屋内カメラ スマ@ホーム

安心の日本製

ベビーモニターは海外製のものが多く操作など不安に思っている方も多いですがそんな人にもおすすめのパナソニックの室内カメラです。モニターは充電式なので家事で動き回っていても持ち歩くことができるので安心です。

 

おやすみ音は、赤ちゃんが泣いたら自動で再生してくれる機能です。胎内音や波の音、ホワイトノイズから子守歌まで赤ちゃんがリラックスできる音を聞かせることができます。カメラは付属のアダプターで壁に設置することも可能です。

タイプ 映像+音声 双方音声通信機能
機能 おやすみ音・ナイトモード・温度センサーなど

口コミを紹介

暗視での写りとても良いです!しっかり子どもの状態が確認できます。お腹の動きも見えるので、呼吸してるかも一応確認できます。他のも検討しましたが、パナソニック製なので、こちらにしてみました。

出典:https://www.amazon.co.jp

最大300メートルまでコントロール可能

こちらのベビーモニターは最大300メートルまでコントロールが可能なので、1階と2階やベランダや庭で家事をしていてもしっかりと見守ることができます。赤ちゃんが泣いていると自動で起動するのですぐに確認が可能。

 

すぐにいけない時にはママの声を届けたり、子守歌を再生して赤ちゃんを落ち着かすこともできます。アラーム機能は授乳タイムなどを設定しておけるので忙しいママも安心です。暗視機能や温度センサーなど便利な機能もしっかりと搭載されています。

タイプ 音声+映像 双方音声通信機能
機能 子守歌・暗視・温度センサーなど

口コミを紹介

画面が大きくとても見やすいです。値段も安くておすすめです!赤ちゃんを部屋にひとり寝かせていますが、様子が分かるので安心することができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーモニターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7916682の画像

    Victure

  • 2
    アイテムID:7916679の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:7916676の画像

    Earthly Paradise

  • 4
    アイテムID:7916673の画像

    トリビュート

  • 5
    アイテムID:7916670の画像

    日本育児

  • 6
    アイテムID:7916667の画像

    HB LIFE

  • 7
    アイテムID:7916664の画像

    日本育児

  • 8
    アイテムID:7916661の画像

    COOAU

  • 9
    アイテムID:7916658の画像

    ieGeek

  • 10
    アイテムID:7916655の画像

    Earthly Paradise

  • 11
    アイテムID:7916652の画像

    サンワダイレクト

  • 12
    アイテムID:7916649の画像

    日本育児

  • 13
    アイテムID:7916646の画像

    PORMIDO

  • 14
    アイテムID:7916643の画像

    INE

  • 15
    アイテムID:7916640の画像

    アイ・オー・データ機器

  • 商品名
  • ベビーモニター
  • パナソニック モニター付き屋内カメラ スマ@ホーム
  • YISSVIC ベビーモニター
  • ワイヤレスベビーカメラ (BM-LTL2)
  • デジタル2WayスマートベビーモニターIII
  • HBLIFE 見守りカメラ
  • デジタルカラースマートビデオモニターIII
  • ネットワークカメラ
  • ネットワークカメラ
  • YISSVIC ベビーモニター
  • ワイヤレスカメラ・モニターセット
  • デジタル2WAY スマートベビーモニターII
  • ベビーモニター
  • ドコでもeye
  • Qwatch
  • 特徴
  • 最大300メートルまでコントロール可能
  • 安心の日本製
  • プレゼントにもおすすめ
  • オートトラッキング搭載カメラ
  • 音声で赤ちゃんを守る
  • 育児をしっかりとサポート
  • 離れていても寄り添える
  • スマホ連動の安いものがいいならこれ!
  • 外出先でも見守れるネットワークカメラ
  • 充実機能で使いやすい
  • 便利なアラーム機能搭載
  • 離れていても赤ちゃんの声をしっかりキャッチ
  • 超広角カメラで見守る
  • 日本アンテナが開発したブランドのワイヤレスモニター
  • ハイレベルな画角・画質性能のネットワークカメラ
  • 価格
  • 10,790円(税込)
  • 14,990円(税込)
  • 6,999円(税込)
  • 12,800円(税込)
  • 6,985円(税込)
  • 5,150円(税込)
  • 12,800円(税込)
  • 4,504円(税込)
  • 5,399円(税込)
  • 7,999円(税込)
  • 19,980円(税込)
  • 10,380円(税込)
  • 14,980円(税込)
  • 11,000円(税込)
  • 11,111円(税込)
  • タイプ
  • 音声+映像
  • 映像+音声
  • 音声+映像
  • 映像+音声
  • 音声のみ
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 音声のみ
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 音声+映像
  • 双方音声通信機能
  • 機能
  • 子守歌・暗視・温度センサーなど
  • おやすみ音・ナイトモード・温度センサーなど
  • アラーム・2倍ズーム・ナイトビジョンなど
  • ボイスオン・遠隔操作・ナイトビジョンなど
  • 温度センサー・リモート子守歌・省エネモードなど
  • 暗視・子守歌・温度&泣き声センサーなど
  • ズーム機能2倍・角度調節可能・壁に取り付けできるブラケット付など
  • 動体検知機能・音検知・顔認識・自動追跡・暗視・スマホ連動
  • 動体検知機能・音検知・顔認識・自動追跡・暗視
  • 3.5インチディスプレイ・暗視・温度センサーなど
  • 音、温度検出・子守唄・暗視
  • 盗聴防止・秘話機能
  • 広角カメラ・暗視・音声・温度警告・子守唄など
  • 赤外線ナイトビジョン
  • 人感・温度・湿度・音センサー対応

ベビーモニターはレンタルでもOK?購入とレンタルを比較

ベビーモニターを使うのは限られた時期だけの場合もあるので、レンタルをうまく活用することも良いでしょう。購入とレンタルのメリットデメリットを比較します。

購入のメリット・デメリット

ベビーモニターを購入して手元に置いておけば、赤ちゃんが大きくなってからも通信用として使うこともできます。また万が一、壊してしまっても弁償する必要がないので、家族も赤ちゃんも安心して使えるでしょう。

 

一方、購入するとなるとレンタルの3~4倍の値段がかかります。また、ベビーモニターは電波の入りやすさが重要ですが、家に届いてから電波の入りが悪いことに気づいてもなかなか返品できません。自宅環境に合ったものか、よく検討する必要があります。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルなら安い物で5,000円~から借りられます。「ベビーモニターを使うのは少しの間だけでいい」と考えているママにとって、お得に用意できるのが嬉しいポイントです。電波が入らないといったトラブルの発生時は交換対応してくれるレンタルショップもあります。

 

しかし、レンタルショップによっては品ぞろえが少なく、お目当てのベビーモニターを借りられないことがあります。 専門スタッフによる洗浄・除菌が行なわれてから貸し出されますが、一度はレンタルされた商品なので、使用感が気になる方には不向きといえます。

ベビーモニターはどこに売ってるの?

ベビーモニターは、ヨドバシカメラやケーズデンキなどの家電量販店で取り扱われています。一部のベビー用品店での取り扱いもあるようです。ベビー用品店なら他の買い物といっしょに購入できるというメリットが、家電量販店ならポイントが貯まるというメリットがあります。

 

また、赤ちゃんを連れて外出するのはちょっと……という方にはインターネットでの通販がおすすめ。現物を見ることはできませんが、ネット通販は口コミやレビューを参考にできるのがメリットです。自分にあった方法で入手しましょう。

ベビーモニターと一緒に使いたいベビーベッドをチェック!

ベビーモニターを設置する場所は、もちろんベビーベッドです。まずは、赤ちゃんが安心して眠れる安全で快適なベッドが必要です。以下の記事ではベビーベッドのおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。本記事とあわせてぜひお読みください。

ベビーモニターはジーナ式育児法のサポートにもおすすめ!

ジーナ式とは育児法のひとつで、授乳の時間や寝る時間を親がコントロールし、赤ちゃんの生活リズムを習慣的なものにするというもの。うまくいけば寝かしつけなくても自然に眠るようになるというメリットがあります。

 

このジーナ法ですが、しっかりと眠る環境を作るため、ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせたら親は別室に移動しなくてはなりません。でも、目が届かない場所で赤ちゃんがどのようにすごしているか心配になってしまいますよね。

 

そんなときに便利なのがベビーモニター。眠る環境を用意しつつも赤ちゃんの様子を確認することができます。何か異変があってもすぐに気づくことができるのは安心ですよね。ジーナ式育児法に挑戦しようと思っている方はぜひベビーモニターをつけておくことをおすすめします。

まとめ

ベビーモニターは離れた場所から赤ちゃんの様子を見ることができる育児の心強いサポートアイテムです。種類も機能も豊富なベビーモニターですが、使い方や環境によって選ぶと選びやすくなりますから、記事を参考に最適なベビーモニターを選んでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
【2021最新】暖房器具人気ランキング17選|赤ちゃんがいる部屋におすすめ!

【2021最新】暖房器具人気ランキング17選|赤ちゃんがいる部屋におすすめ!

ベビー用品
【2021年最新版】6畳用エアコン人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】6畳用エアコン人気おすすめランキング20選

エアコン・クーラー
【2021年度最新版】家庭用金庫の人気おすすめランキング18選【小型のものや耐火性に優れたものも】

【2021年度最新版】家庭用金庫の人気おすすめランキング18選【小型のものや耐火性に優れたものも】

防犯グッズ
【2021年最新版】PLCアダプターの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】PLCアダプターの人気おすすめランキング15選

その他ネットワーク機器
【家電販売員監修】赤ちゃんにも大切な家庭加湿器の人気おすすめランキング11選【2021年最新版】

【家電販売員監修】赤ちゃんにも大切な家庭加湿器の人気おすすめランキング11選【2021年最新版】

加湿器