ナチュラルチーズのおすすめ人気ランキング10選【食べ方やスーパーで買えるものも】

おやつにおつまみに人気のナチュラルチーズ。入手しやすい市販品から輸入品、お安いタイプから高級品まで、どう選んだらいいのか迷ってしまいますよね。今回はナチュラルチーズの人気おすすめランキングと種類、選び方やおすすめの食べ方などもご紹介します。

今回の記事ではナチュラルチーズの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではチーズについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ナチュラルチーズとは

デザートに料理におつまみに子供から大人まで人気のチーズ。普段どのように選んでいますか?ナチュラルチーズは原材料や加工方法、産地、熟成期間などで世界になんと1000種類以上あると言われています。

 

カロリーが高いイメージですが、カルシウム、タンパク質などの栄養が豊富で健康増進作用もあり、種類や食べ方によってはダイエットの味方に。また離乳食に使うのももおすすめです。

 

今回は国内産から輸入品までデイリー向けからギフトにもおすすめなちょっと贅沢なタイプのナチュラルチーズ人気おすすめランキングを作成しました。合わせて選び方や種類、おすすめの食べ方、保存方法もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

ナチュラルチーズの選び方

チーズは大別すると自然熟成させる「ナチュラルチーズ」と加熱処理・加工された6Pチーズ等の「プロセスチーズ」に分けられます。ここからはナチュラルチーズの種類、賞味期限、価格、お酒に合わせた選び方などチェックしたいポイントをご紹介します。

ナチュラルチーズの種類で選ぶ

まずナチュラルチーズにどんな種類があるのかご紹介します。原材料乳、加工法、固さ、熟成期間など多様ですが、お子様でも食べやすいタイプからおつまみ向けなど是非お好みのものを見つけて楽しんでください。

くせがなく食べやすい「フレッシュチーズ」

生乳を乳酸菌や酵素で発酵させて、熟成しないフレッシュチーズ。水分と酸味が多くその名の通り、フレッシュな味わいのものが多いのが特徴です。脂肪分、塩分ともに少ないカッテージチーズはダイエットや離乳食にもおすすめです。

 

主な銘柄に「モッツァレラチーズ」「クリームチーズ」「カッテージチーズ」「リコッタチーズ」「マスカルポーネ」などがあります。カッテージチーズやリコッタチーズタイプは自宅で作ることもできます。

お子様にも人気の「白カビチーズ」

表面に白カビを繁殖させて熟成させた白カビチーズ。表面は柔らかな白カビで覆われ、中はとろりとまろやかです。くせがなく食べやすいタイプが多く万人向けなナチュラルチーズ。そのままカットしてパンやクラッカーと合わせておつまみにもおすすめです。

 

「カマンベール」「ブリ―」「バラカ」などが有名ですが、お手頃価格で入手しやすい国内産のものも多いので気軽にお試しできるのもうれしいポイントです。

 

下記のサイトでは、カマンベールチーズの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてください

濃厚さを求めるなら「ブルーチーズ」がおすすめ

ナチュラルチーズ独特の香りと言えばこの青カビタイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。表面ではなく内側から青カビを使って熟成させます。「ゴルゴンゾーラ」「ロックフォール」「スティルトン」の世界3大ブルーチーズが有名です。

 

ピリッとした刺激や塩気、濃厚で独特の風味は好みが分かれますが、赤ワインにはこれ。という方も多いのではないでしょうか。パスタソースやサラダにしたり、クラッカーやはちみつ、ドライフルーツなどと合わせるのも食べやすくおすすめです。

 

下記のサイトでは、ブルーチーズの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

お酒や塩水で洗う「ウォッシュチーズ」

「リネンス菌」をチーズ表面に繫殖させて熟成し、途中で塩水やお酒で洗いながら熟成させるチーズ。洗う水分の種類によって風味が変わります。外皮はやや固めで独特の香りがあり、中はとろりとマイルドな口当たりです。

 

「エポワス」「ショーム」「タレッジョ」「リヴァロ」「モンドール」などが有名です。

山羊の生乳で作る「シェーブルチーズ」

ナチュラルチーズの原料となる生乳には「牛」「山羊」「羊」「水牛」などがあります。牛は比較的穏やかな風味のものが多く、羊はコッテリと濃厚、水牛はミルキーで甘味があり山羊は独特の酸味があります。

 

山羊の生乳で作られたシェーブルチーズは柔らかくクリーミーで、個性的な香りと濃厚なコクがありどちらかというと上級者向けです。加熱したり、蜂蜜やジャム、フルーツと合わせると食べやすくなります。

 

また、ピラミッド型の「ヴァランセ」、丸く平たい「セル・シュール・シェール」、エッフェル塔のような「プリニー・サン・ピエール」など形に凝ったものが多く、見ているだけでも楽しいチーズです。

チーズ本来の風味が楽しめる「無殺菌乳チーズ」

フランスなどでは絞ったそのままの生乳で作る「無殺菌チーズ」というものがあります。原料乳に含まれる微生物や乳酸菌による自然発酵で作られるため、気候や風土ではぐくまれる複雑で深い味わいを楽しむことができ、おすすめです。

 

フランス産は「lait・cru(レ・クリュ)」、イタリア産は「latte crudo(ラッテ・クルード)」と記載されています。無殺菌って大丈夫?と思われるかもしれませんが、フランスには「A.O.C」、EUでは 「A.O.P」という品質認証システムがあるので安心です。

固さと賞味期限で選ぶ

ナチュラルチーズがどれくらい日持ちするのか気になるところですが、固さや保存方法で様々です。賞味期限は個々に記載されていますが、大まかな目安をご紹介します。

賞味期限は短め「ソフト」タイプ

フレッシュタイプや柔らかい「ソフトタイプ」などの水分が多いナチュラルチーズは開封後3日ほどで食べきるのがおすすめです。またブルーチーズはセミハードに分類されますが、やはり柔らかいため賞味期限は短めです。記載された日にちをよく確認してください。

 

パーティーなど大人数で食べる場合はいいですが、少人数やご自宅用には個包装の商品やミニサイズ、少量タイプを選ぶのもおすすめです。

長く楽しめる「ハード」「セミハード」

「ゴーダ」「「マリボー」「サムソー」などが代表的なセミハードタイプは、スライスしてパンにはさんだり、チーズフォンデュにしたり、そのままカットしておつまみにも食べやすく、プロセスチーズの原材料にもなっています。

 

削ってパスタにかけたりする「パルミジャーノ」、表面を溶かしながらパンやジャガイモにかける食べ方で人気の「ラクレット」などの「ハードタイプ」は最低でも半年以上の熟成期間が必要で、凝縮された旨みが楽しめます。

 

水分も少なく、比較的長期間の保存が可能ですが気温や環境に左右されます。表示をよく確認し、できるだけ一定の温度・湿度で乾燥しないようにするのがポイントです。

加熱するなら「冷凍保存」も可能

そのままカットして食べたい場合は風味や舌触りが変化してしまうため、基本的に冷凍保存はおすすめしません。ですが、ピザやグラタンなど加熱調理用に使いたい場合は冷凍保存も可能。1ヶ月程度は保存できます。

 

1回分ずつ小分けにして冷凍し、使いたい分だけそのまま加熱すればOKです。パンにのせてそのまま焼いてもいいので、とても便利でおすすめです。冷凍状態で販売している商品もあるので、ぜひチェックしてみてください。

ナチュラルチーズの価格で選ぶ

ナチュラルチーズは高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、市販の1000円以下の商品から数万円するものまで様々。ご自宅用からギフトまで用途に合わせてご紹介します。

デイリー使いにおすすめのナチュラルチーズ

高いイメージのナチュラルチーズですが、有名な銘柄のチーズもカットされて少量で販売され1000円/100g以下で十分楽しめます。大容量な商品やちょっと値が張っても長期保存可能なものなどコストパフォーマンスの良いものもありますのでチェックしてみてください。

ちょっと贅沢したいときにおすすめな「高級」チーズ

ちょっと高級なタイプはパッケージもお洒落で手土産やパーティーにおすすめです。珍しいタイプやラクレットなど場が華やぎます。またハードタイプなどg売りでご自宅用に購入して、週末のご褒美にもおすすめです。

色々試したいときにおすすめの「詰め合わせ」

ギフトにもおすすめな詰め合わせ。色々なタイプを少しずつ試したいときやおもてなしにオードブル盛り合わせも素敵ですね。食べやすいタイプと普段手にしたことのないナチュラルチーズが入っていると楽しめるのでおすすめです。

手軽に購入したいなら「市販で買える」ものから選ぶ

雪印などの有名な国内メーカーからもたくさんのナチュラルチーズが販売されています。カマンベールチーズやさけるチーズ、デザートにおすすめなクリームチーズやマスカルポーネチーズ溶けるなど、目移りしてしまうほど。

 

その他、ブルーチーズやクラッシュタイプのゴーダ、ミニサイズのアラカルト詰め合わせなど、ご自宅用のちょっとしたおつまみにもおすすめです。市販品は普段の買い物で気軽に購入できるのがうれしいポイントですね。

健康を意識するなら「無添加」がおすすめ

通常、ナチュラルチーズの原材料は「生乳」「塩」だけです。しかし賞味期限をのばしたり、見た目をよくするために添加物が使用されている物もあります。特に注意したいのは「乳化剤(リン酸塩)」「セルロース」「pH調整剤」「安定剤」など。

 

過剰摂取に配慮が必要なリン酸塩はもちろん、セルロースの中には安全性が不十分な「加工セルロース」が使用されている可能性も。お子様が食べる場合や健康を意識すると、やはり「無添加」と記載された商品か原材料「生乳・塩」のみの商品を選ぶのがおすすめです。

デイリー向けのナチュラルチーズ人気おすすめランキング5選

5位

COEUR DE LION

ミニカマンベールチーズ

コストコでも人気の個包装カマンベールチーズ

コストコでも人気の商品で,直径4cmほどのミニサイズが10個入って1袋となっています。サイズは小さくても味は本格派。未開封であれば長期保存可能なので、ちょっとだけ美味しいカマンベールチーズが食べたい!という方におすすめです。

タイプ 白カビ 原産国 フランス
原材料 生乳・クリーム・食塩 内容量 250g(10個入り)
賞味期限 未開封10ヶ月

口コミを紹介

自分が住んでいる近くには10個入りのものは売ってないので見つけた時は嬉しかったです。フルーツと一緒にメープルシロップをかけて食べてます。ワインとの相性も最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

花畑牧場

メダル モッツァレラチーズ

冷凍保存タイプで料理の幅がひろがる

十勝産生乳を100%使用した滑らかでモッチリとした食感のモッツァレラチーズです。しっかりとしたミルク感で塩分も控えめなのでお子様向けにもおすすめ。ピザやパスタなどデイリー使いはもちろん急なおもてなしに「チーズしゃぶしゃぶ」も楽しいです。

 

冷凍保存商品なので加熱調理限定ですが、1kg入りでしかも賞味期限がなんと1年間。冷凍庫に1袋常備しておくととても便利です。食べやすい形にカットされている所もおすすめポイントです。

タイプ フレッシュ 原産国 日本
原材料 生乳、食塩 内容量 1㎏
賞味期限 製造日より冷凍365日

口コミを紹介

毎度買うのも切るのも面倒で。解凍も早いし、切らなくていいし。酸味が少なく、ミルク感の強いチーズです。チーズが苦手な家族も食べられて、トーストにしてあげるとみんな喜びます。なくなったらリピすると思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ジェラール

ジェラールセレクション ブルーチーズ

食べやすいブルーチーズ

中身はブルーチーズ、外側は白カビチーズというジェラールセレクション・ブルーチーズ。青カビの風味とカマンベールチーズのマイルドさが絶妙なバランスで合わさり、ブルーチーズ初心者にもおすすめ。スーパーでの取り扱いが多く、入手もしやすいです。

タイプ 青カビ/白カビ 原産国 フランス
原材料 生乳、クリーム、食塩 内容量 125g
賞味期限

口コミを紹介

クセがなく とても食べやすいブルーチーズでした。カマンベールチーズに程近いので、ブルーチーズが苦手な人でも食べれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

花畑牧場

花畑牧場 カチョカヴァロ チーズ

コンテスト優秀賞受賞のナチュラルチーズ

2009年度ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト優秀賞を受賞した「花畑牧場 カチョカヴァロ」。ひょうたんのようなコロンとした形が可愛らしいチーズですが、モッツァレラチーズを紐で結びぶら下げた状態で短期間熟成させます。

 

ぶら下げた様子が馬の鞍に袋をぶら下げている姿に似ていることから、イタリア語で「馬のチーズ」と呼ばれています。とても伸びが良く表面をカリカリに焼いて食べるのがおすすめです。

タイプ モッツァレラチーズを熟成 原産国 日本
原材料 生乳、食塩 内容量 180g×3個
賞味期限 製造から120日

口コミを紹介

友達の勧めで購入しました。フライパンで焼くとすぐに溶けて焼き目が付くくらいまで焼き、食パンやフランスパンに乗せて食べました!これは、僕が食べた中で1番かもしてないくらい美味しかった!!チーズが好きな方は、ぜひ買って食べてもらいたい!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ZANNETTI(ザネッティ)

ザネッティ マスカルポーネ

ティラミスと言えばこのチーズ

クリーミーで生クリームのような濃厚な味わいが楽しめるイタリアのマスカルポーネです。ティラミスの材料として有名ですが、カロリーも低めでダイエット中の生クリームの代用としてもおすすめ。クリームコロッケやチーズケーキにも使用できます。

タイプ フレッシュ 原産国 イタリア
原材料 クリーム、生乳、ph調整剤 内容量 500g
賞味期限

口コミを紹介

ティラミスといえばこれです。愛用しているのは生クリームを使わないレシピですが、コクがあってまろやかで美味しく出来ます。近頃KALDIの店頭で見かけなくなってしまい残念に思っていましたがAmazonに無いものは無いのですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

デイリー向けナチュラルチーズおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 原産国 原材料 内容量 賞味期限
1
アイテムID:6510549の画像
ザネッティ マスカルポーネ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ティラミスと言えばこのチーズ

フレッシュ イタリア クリーム、生乳、ph調整剤 500g
2
アイテムID:6500708の画像
花畑牧場 カチョカヴァロ チーズ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンテスト優秀賞受賞のナチュラルチーズ

モッツァレラチーズを熟成 日本 生乳、食塩 180g×3個 製造から120日
3
アイテムID:6497267の画像
ジェラールセレクション ブルーチーズ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

食べやすいブルーチーズ

青カビ/白カビ フランス 生乳、クリーム、食塩 125g
4
アイテムID:6497241の画像
メダル モッツァレラチーズ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

冷凍保存タイプで料理の幅がひろがる

フレッシュ 日本 生乳、食塩 1㎏ 製造日より冷凍365日
5
アイテムID:6497219の画像
ミニカマンベールチーズ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コストコでも人気の個包装カマンベールチーズ

白カビ フランス 生乳・クリーム・食塩 250g(10個入り) 未開封10ヶ月

高級ナチュラルチーズの人気おすすめランキング5選

5位

男の台所

フランス馬蹄型のチーズ バラカ 

贈答用におすすめ!「幸運を運ぶ」ナチュラルチーズ

「幸運を運ぶ形」とされる馬蹄形でフランスでも贈答用に人気の白カビチーズです。生クリームをたっぷり使用し、なんと脂肪分70%。くせがなく、ふんわりととろける食感と生クリームのコクがとてもリッチで贅沢です。

 

薄くスライスしたリンゴや少し酸味のある葡萄フルーツとオードブルにして、ライトボディの赤ワインやシャンパンに合わせるのがおすすめです。

タイプ 白カビ 原産国 フランス
原材料 生乳 クリーム 食塩 内容量 200g
賞味期限
4位

花畑牧場

花畑牧場 ラクレットチーズ ハーフタイプ

溶かして熱々がたまらない

十勝産生乳100%使用した国内産のラクレットチーズ。3か月の熟成期間でセミハードタイプのウオッシュチーズです。2011年度ナチュラルチーズコンテストで農林水産大臣賞を受賞。ウオッシュとしては比較的くせがないので食べやすくおすすめです。

 

なにより注目はやはりその大きさ。直径30cm厚さ8cmのハーフカットという迫力はパーティーが盛り上がること間違いなしです。スキレットやバーナーがあればベストですが、ホットプレートでも楽しめます。熱々トロトロをぜひご賞味ください。

タイプ セミハード/ウオッシュ 原産国 日本
原材料 生乳(北海道産)、食塩 内容量 不定貫(約2.3kg~約2.7kg)
賞味期限 製造日より冷蔵180日

口コミを紹介

タッカルビ風焼肉と温野菜にかけました。台がないので片手でチーズを持ち 、プルプルしながらバーナで炙りました。風味、味共に大満足。お陰様でパーティーも大変盛り上がりました(笑)。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

バドーズ

モンドールAOP(バドーズ)

ソムリエ日本チャンピオンもおすすめ

毎年8月から3月まで期間限定で生産され、幻のチーズ・チーズの真珠ともいわれる「モン・ドール」。エセビア(モミの木)の樹皮でできた木箱に入れられ、熟成による複雑な風味の変化も楽しめる上級者向けのナチュラルチーズです。

 

常温で30分から1時間ほど置くと中がトロリと柔らかくなるので、スプーンなどで掬ったり、ジャガイモやパンにつけたりして頂きます。1度食べたらやみつきとなり、毎年シーズンを楽しみにしているという声も。

 

おすすめは熱々トロトロの「フォンドール」というチーズフォンデュのような食べ方。半分ほど食べた後、木箱の外側をアルミホイルでくるみ、ニンニクのみじん切りと白ワインを少し足し、オーブンで10分ほど焼きます。パーティーにもおすすめの贅沢な味わいです。

 

タイプ ウォッシュ 原産国 フランス
原材料 牛乳、食塩、レンネット 内容量 400g
賞味期限

口コミを紹介

初めて購入しましたが、とってもクリーミーで美味しくて、なんと再購入。季節限定品なので、また忘れずに買いたいと思ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アンブロシア

24ケ月熟成 DOPパルミジャーノレジャーノ

削りたてを味わいたいチーズの王様

最低でも24ケ月以上熟成されないと認められないパルミジャーノレッジャーノ。食べたい分だけ削ってパスタなどにかけると、今まで食べていた粉チーズとの違いに驚くことでしょう。

 

薄く削っておつまみやシーザーサラダなどダイレクトにチーズの風味を味わうのもいいですし、カルボナーラなどもおすすめです。凝縮された濃厚な風味がいつものお料理をワンランクアップしてくれます。

タイプ ハード 原産国 イタリア
原材料 生乳、食塩 内容量 950g~1㎏
賞味期限 未開封2か月

口コミを紹介

3回目の購入になります。うちではチーズが大好き家族なので、もう市販の粉チーズには戻れません!保存も冷凍しておけば、大丈夫なので、ピザや、グラタン、トースト、オニオンスープなど様々使えます。また、なくなったらリピします!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

FETA

FETA ギリシャ フェタ チーズ 400g

ギリシャの伝統的ななチーズ

塩気が強く、さっぱりした風味の「フェタチーズ」。古代ギリシア時代から存在し、なんと現存する最古のチーズといわれています。見た目はお豆腐のようですが噛むとホロっと崩れるような感じの食感です。

 

そのまま食べるというより、肉料理やサラダにトッピングして食べるのがおすすめです。最近では成城石井やコストコなどのスーパーやAmazonなどのインターネット通販でも入手できるのがうれしいですね。

 

フレッシュチーズの1種なので通常は開封後1週間以内に食べた方がいいですが、8%程度の塩水(パッケージに入っているものでも可)かオリーブオイルにつけて冷蔵庫で1ヶ月程度の保存ができます。ハーブや香辛料とオイル漬けにするのもおすすめです。

タイプ シェーブル 原産国 ギリシャ
原材料 乳、海塩 内容量 400g
賞味期限 塩水につけて冷蔵1か月

口コミを紹介

ギリシャへ旅行に行ったときに食べた美味しいチーズは、日本ではなかなか見つからず途方にくれていました。ついに見つけました!サラダと一緒に食べると丁度良い塩分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

高級ナチュラルチーズおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ 原産国 原材料 内容量 賞味期限
1
アイテムID:6500590の画像
FETA ギリシャ フェタ チーズ 400g

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ギリシャの伝統的ななチーズ

シェーブル ギリシャ 乳、海塩 400g 塩水につけて冷蔵1か月
2
アイテムID:6500627の画像
24ケ月熟成 DOPパルミジャーノレジャーノ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

削りたてを味わいたいチーズの王様

ハード イタリア 生乳、食塩 950g~1㎏ 未開封2か月
3
アイテムID:6500662の画像
モンドールAOP(バドーズ)

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソムリエ日本チャンピオンもおすすめ

ウォッシュ フランス 牛乳、食塩、レンネット 400g
4
アイテムID:6497252の画像
花畑牧場 ラクレットチーズ ハーフタイプ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

溶かして熱々がたまらない

セミハード/ウオッシュ 日本 生乳(北海道産)、食塩 不定貫(約2.3kg~約2.7kg) 製造日より冷蔵180日
5
アイテムID:6497235の画像
フランス馬蹄型のチーズ バラカ 

Amazon

詳細を見る

贈答用におすすめ!「幸運を運ぶ」ナチュラルチーズ

白カビ フランス 生乳 クリーム 食塩 200g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ナチュラルチーズの食べ方

ナチュラルチーズの種類も豊富ですが、食べ方も色々あります。デザートにおつまみにダイエットにおすすめの食べ方をご紹介します。

ナチュラルチーズのおすすめの食べ方

いつもどのようにナチュラルチーズを食べていますか?パンにのせたり、カットしておつまみに、とついつい同じパターンになりがちですが、ほんの少しの変化でもいつもの食卓が華やぎますよ。

ダイエット中にもおすすめな「自家製フレッシュチーズ」

糖質も低めで血糖値があがりにくく、良質なタンパク質を摂取できるナチュラルチーズはダイエット中にもおすすめ食品。ただ、栄養も豊富ですがカロリーも高めなので種類や量、食べ方に注意して上手に摂取するのがおすすめです。

 

ちなみに種類ごとのカロリーはカマンベールチーズが310kcl/100ℊ程、パルメザンチーズは475kcl/100g、リコッタチーズ162kcl/100g、カッテージチーズ105kcl/100gとなっています。熟成期間が長い方がカロリーが高めな傾向です。

 

おすすめはフレッシュチーズ。サラダにトッピングしたり、ダイエット中のデザートにも。じつは牛乳とお酢があれば簡単に自宅で作ることもできるんです。下記のサイトに作り方とレシピを掲載していますのでぜひ参考にしてみてください。

おつまみには「オードブル盛り合わせ」

ナチュラルチーズといえばワイン。お酒に合わせて選ぶポイントはまず産地と熟成度をチェックすること。同じ産地のものは相性が良いことが多いです。また若いチーズには若いワイン、熟成期間の長いチーズにはしっかりしたワインが合わせやすいです。

 

次にチェックしたいのは酸味・コク・塩気や質感です。酸味のあるフレッシュチーズには酸味のある白ワイン、マイルドなタイプはコクのある白ワインが良く合います。またくせのあるタイプや塩気の強いチーズにはしっかりした赤ワインがおすすめです。

 

おつまみとしておすすめなのは「チーズプラトー」。チーズの盛り合わせですが、ドライフルーツをのせたり、ちょっとしたコツで見栄えが全然変わります。下記のサイトに盛り付けのポイントやワインとの合わせ方が掲載されていますのでぜひ参考にしてみてください。

「生クリーム代わり」デザートにおすすめ

子供から大人まで人気のチーズを使ったデザート。マスカルポーネを使ったティラミスが有名ですが、生クリームよりカロリーが抑えられるのもうれしいですね。フルーツにクリームチーズを添えるだけで簡単に立派なデザートになり、おもてなしにもおすすめです。

 

下記のサイトにはその他色々なチーズを使ったデザートレシピが掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中や乳幼児には注意が必要

カルシウムを豊富に含むナチュラルチーズを妊娠中に食べたいと思うこともあるかもしれませんが実は注意が必要なんです。

妊婦さんは必ず「加熱」して

妊娠中にそのままナチュラルチーズを食べることは絶対にやめましょう「リステリア」という細菌が繫殖する可能性があり、免疫力の低下している妊娠中にナチュラルチーズを食べると、最悪の場合、命にかかわります。新生児にも影響が及ぶ為、WHOも警鐘をならしています。

 

どうしても食べたい時は加熱すること。もし知らずに食べてしまった場合はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

離乳食は「カッテージチーズ」から始める

ナチュラルチーズは「カルシウム」だけでなく「必須アミノ酸」をバランス良く含んだ良質なタンパク質も摂取できます。その他ビタミンA,B2、乳酸菌由来の酵素など体にうれしい栄養素がたっぷり入っています。

 

離乳食に使いたい場合はまず防腐剤や添加物の有無をチェック。そして乳製品のアレルギーがないか確認しましょう。7,8か月頃から脂肪分・塩分の少ないカッテージチーズじゃがいもと混ぜておやきにしたり、ニンジンやサツマイモと和えたりするのがおすすめです。

 

粉チーズとして有名なパルメザンチーズも7、8か月から食べられますが、脂肪分・塩分ともに多いのでごく少量から始めましょう。またクリームチーズは9,10ヶ月頃から。脂肪分が多いので少量パンにつけたりしてあげるのがおすすめです。

 

下記のサイトにはチーズを使用した離乳食レシピが掲載されていますで、ぜひ参考にしてみてください。

ナチュラルチーズの「保存方法」

せっかくおいしいナチュラルチーズを購入したのにカビが生えたらショックですよね。ナチュラルチーズはは常に熟成し続けているため、乾燥させない・窒息させないことが大切です。

 

基本的な保存方法としてはオーブンシートに包み、ファスナー付き保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れるのがおすすめです。ラップでも乾燥は防げますが、チーズから出る水分でカビが発生しやすくなる為、2,3日ごとに交換しましょう。

 

種類ごとのポイントとして、まずフレッシュタイプは出来るだけ早く食べきることソフトタイプは崩れやすかったり、水分が多かったりするため、アルミホイルやキッチンペーパーでくるんでからラップするのがおすすめです。こまめに様子を確認しましょう。

 

ハードタイプは保存に向いていますが、乾燥しやすいです。固くなってしまった場合はすりおろして粉チーズとして使用するのがおすすめです。

まとめ

とてもたくさんの種類があるナチュラルチーズ。美味しいチーズは難しい調理をしなくても食卓を華やかにしてくれます。デザートにお料理におつまみに大活躍のナチュラルチーズ。選ぶ時間も楽しみながら、ぜひいろんなタイプを味わってみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月03日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

カッテージチーズのおすすめ人気ランキング9選【美味しいレシピやおつまみも】

カッテージチーズのおすすめ人気ランキング9選【美味しいレシピやおつまみも】

乳製品・卵
ノンアルコールワインのおすすめ人気ランキング25選【カルディで買えるものも】

ノンアルコールワインのおすすめ人気ランキング25選【カルディで買えるものも】

ノンアルコール飲料
とろけるチーズのおすすめ人気ランキング10選【種類をご紹介!】

とろけるチーズのおすすめ人気ランキング10選【種類をご紹介!】

乳製品・卵
デザートワインの人気おすすめランキング20選【甘くて美味しい!初心者にも!】

デザートワインの人気おすすめランキング20選【甘くて美味しい!初心者にも!】

お酒
【2022年最新版】アウトドア用ピザ窯の人気おすすめランキング10選【バーベキューやキャンプに使える】

【2022年最新版】アウトドア用ピザ窯の人気おすすめランキング10選【バーベキューやキャンプに使える】

アウトドアグッズ
猫用おやつのおすすめ人気ランキング30選【高級なプレゼント向きおやつも】

猫用おやつのおすすめ人気ランキング30選【高級なプレゼント向きおやつも】

猫用品