調乳ポットの人気おすすめランキング10選【保温機能のみ or 沸騰機能付き?】

記事ID20799のサムネイル画像

ミルク作りに適した温度のお湯を用意することができる調乳ポットは、すぐに赤ちゃんにミルクをあげたいときに役立つアイテムです。保温機能のみのものや沸騰機能が付いたものなど,いろいろな種類があるのでどれを選べばいいのか迷いますよね。そこで今回は、調乳ポットの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。

調乳ポットって本当に必要?

赤ちゃんの授乳期は1年ほどで終わってしまうので、調乳ポットをわざわざ用意する必要があるのか悩む人は多いですよね。でも、実は赤ちゃんが泣きだしてしまったときや、すぐミルクがほしいときに調乳ポットがあるだけですごく便利なんです!

 

特に新生児や低月齢の赤ちゃんはミルクの回数も多いです。準備しておくと何度もお湯を沸かす必要がなく、適温のお湯がすぐに手に入るのでとっても役に立つアイテムです。

 

そこで今回は、乳頭ポットの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはタイプ・機能・容量などを基準に作成しています。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

調乳ポットの選び方

調乳ポットは授乳期の赤ちゃんがいるときに役立つアイテムですが、いろいろな機能、メーカーがあるため、どれを選べばいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。ここでは調乳ポットの選び方のポイントをご紹介していきます。

必要な機能で選ぶ

調乳ポットには保温機能のみ、沸騰機能付きなど製品によって機能が異なります。自分が必要だと思う機能のものを選びましょう。

電気ケトルを持っているなら保温機能のみがおすすめ

保温機能のみの調乳ポットは、自動的に調乳に適した70℃程度の温度に保てつことができます。ミルクを溶かすだけで、すぐに人肌程度まで冷ませるのはとても便利で魅力的です。お腹が空いている赤ちゃんを待たせることがないので、授乳期のママも安心です。

 

何度もお湯を沸かす必要がなく、ささっとミルクを作ることができる保温機能は、授乳回数が多い時にはとても助かる機能です。新生児や低月齢の赤ちゃんのように少ないミルクを何度もあげる必要がある時期にもぴったりだと思います。

 

また機能が限定されているので、価格を安く抑えることができます。毎回お湯を沸騰させるのが面倒だと思う方や、電気ケトルなどを持っていて、お湯を沸かす必要のない方は保温機能のみの調乳ポットがおすすめです。

煮沸したお湯を使いたいなら沸騰機能付きがおすすめ

沸騰機能付きの調乳ポットは、冷たい水を入れると沸騰してから70℃程度の適温に冷まし、そのままの適温で保温状態を保ってくれます。お湯を沸かしてから入れ直す必要がないので、とっても簡単で忙しい授乳期に重宝します。

 

また沸騰機能付きの調乳ポットは沸騰してから適温にしてくれるため、こまめに水を変えたり、その都度、必要なお湯だけを作ることもできます。新しい水でミルクを作りたい方や、煮沸したお湯を使いたい方も安心して使うことができます。

 

赤ちゃんの口に入るものなので、衛生面にも気を付けたい方にも人気があります。また電気ケトルなどを持っていない方は、お湯を沸かす手間を考えると沸騰機能付きの調乳ポットがおすすめです。

便利さなら電子レンジや食器洗浄機で使えるもの

電子レンジ対応している調乳ポットは、水を入れて電子レンジに入れるだけでお湯が沸かせて、そのままミルク作りに適した70℃程度に保温できるのでとても便利です。お湯を沸かしてからの移し替えて保温する手間が掛からないのが嬉しいですよね。

また電子レンジのボタンを押すだけなら、普段ミルクを作ることに慣れていない、おじいちゃん、おばあちゃんにも安心してミルク作りを任せることができます。簡単でスピーディーだから、育児中の忙しい中のママにおすすめです。

食器洗浄機が使える調乳ポットなら、お手入れが簡単になるので衛生面も安心です。保温したお湯は赤ちゃんの口に入るものなので清潔に保ちたいですよね。こまめに洗いたいものだからこそ、食器洗浄機が使えるのはとっても便利で重宝します。

お湯が沸くまで待たなくてOKのメロディー付きがおすすめ

お湯が沸いたらメロディーやアラームが鳴ってお知らせしてくれる機能が付いた調乳ポットは、お湯が沸くまでそばで待っている必要がないので便利です。ミルクを作るまでの間、少し調乳ポットから離れていても、忘れてしまう心配もないのでおすすめです。

 

授乳期の赤ちゃんはなかなか目を離すことが難しいので、この時期のママにとって一つのことに集中している時間はありません。だからこそ、お湯が沸くまで待っている必要のない、音でお知らせしてくれる調乳ポットは重宝します。

使うシーンで選ぶ

調乳ポットは、使用するシーンや用途に合ったものを選ぶことが重要です。夜間授乳と外出とでは必要機能がまったく違いますので、しっかりチェックしておきましょう。

夜間授乳には容量が大きい調乳ポットがおすすめ

保温機能が付いている調乳ポットは、その度にお湯を沸かす必要がないため夜間授乳にとても役立ちます。お湯を毎回作るか、作り置きしておくかによって、必要なお湯の量が変わりますよね。

赤ちゃんの成長などによって変わってきますが、1回のミルクで必要なお湯の量は200ml程度が目安です。夜間授乳のためにお湯をまとめて作っておきたい場合は800ml以上保温できる調乳ポットをおすすめします。 

新生児期だと23時間おきに授乳します。容量の大きい調乳ポットにたっぷりお湯を作っておけば、夜間授乳や夜泣きにもすぐに対応できておすすめです

外出先や持ち運びに使いたいならボトルタイプが便利

ミルクで育てている赤ちゃんとの外出に欠かせないのがステンレスボトル型の調乳ポットです。保温機能携帯性を重視した調乳ポットがあれば、外出先でお湯の調達に困る心配はありません。

 

ワンタッチで開くようになっていたり、哺乳瓶への注ぎやすい形の口をしているので、外出先で赤ちゃんがお腹を空かせても、さっとミルクをあげることができます。お出かけのときはステンレスボトル型の調乳ポットがおすすめです。

お湯を作り置きしておきたいなら容量重視

調乳ポットの容量は、500mlのステンレスボトルタイプや、ミルク3~4回分に適した800mlのものや、5Lも入る電気ポットタイプなど様々な大きさがあります。お湯を作り置きしておきたい場合には容量の大きいものをおすすめします。

 

200ml程度でミルク1回分とすると、1リットル保温しておけば5回程度ミルクを作れます。2~3時間おきに授乳する新生児の赤ちゃんや、夜間の授乳などにも大容量だと安心です。

安全性や衛生面で選ぶ

調乳ポットは赤ちゃんのミルクを作るためのものです。もちろん安全性や衛生面にはこだわりたいですよね。注意したいことを補ってくれるものを選びましょう。

お湯をこぼすのが心配なら安定した形がおすすめ

調乳ポットは赤ちゃんを抱っこしながら使うこともあるので、安定感や倒れにくさも重要なポイントです。お湯がこぼれてやけどをしてしまう可能性があるので、なるべく安定した形で倒れにくいものを選びましょう。

 

お湯の注ぎやすさや、取っ手の持ちやすさも確認しておくことが大切です。調乳ポットには本体が熱くならないものや、転倒してもお湯がこぼれないものなど様々な機能があります。子育てに安心な機能があるものを選ぶことがおすすめです。

洗いやすさならパーツの少ないものを選ぼう

調乳ポットは、赤ちゃんが飲むミルクのお湯を作るためのものなので清潔にしておきたいですよね。なるべく洗いやすいものを選んで、こまめに洗浄しましょう。附属パーツが多いものは奥まで洗えないことがあるので注意しましょう。

 

調乳ポットによっては、電子レンジや食器洗浄機が使えるタイプのものもあります。事前にお手入れ方法を確認して、自分にあったものを選ぶことがおすすめです。

 

「カルキ抜き」した水なら安心してミルクに使えておすすめ

赤ちゃんのミルク作りで、カルキ(塩素)は気になるところですよね。カルキは水道水を消毒・殺菌するためのものですが、赤ちゃんの体に入るのは心配です。

 

10分以上の沸騰でカルキは抜けるのですが、調乳の度にするのは大変です。カルキ抜きの機能のある電気ポットを調乳ポットとして使うことで、簡単にカルキ抜きができておすすめです。

寝室でも使いたいなら音の小さいものがおすすめ

調乳ポットには、お湯ができたことを音で知らせてくれるものや、沸騰するときにブクブク音を立てるものがあります。赤ちゃんがすやすや寝ているところに、大きな音が鳴ってしまうと赤ちゃんがびっくりしてしまいますよね

 

音が小さいものや、そもそも音のならないタイプの調乳ポットを選ぶことによって、寝室や子ども部屋などでも使えて便利です。

「ピジョン」や「西松屋」などベビーメーカーでなら安心

調乳ポットはピジョン赤ちゃん本舗コンビなどのベビー用品で有名なメーカーからも出ています。普段、利用してるメーカーのものだと安心して利用できるので、選ぶときに参考にしてみるのもおすすめです。

 

西松屋ではオリジナル商品を展開していますが、調乳ポットはないようです。しかし、哺乳瓶や哺乳瓶用の除菌液など調乳に役立つグッズもありますので、調乳ポットと一緒にチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

その他にも、象印タイガーサーモスなど保温性が優れていることで有名なメーカーからも調乳に適した商品が発売されています。水筒や電気ポットなどで馴染みの深いメーカーのものは信用性が高いのもポイントです。

値段重視なら電気代もかからないステンレスボトルを選ぼう

調乳ポットでもっとも手に取りやすい価格なのは、ステンレスボトル型です。電気代もかからないので値段を重視したい方におすすめです。

 

少し値段は高いですが、電気ケトルや電気ポット型のものは沸騰機能、何段階かの保温機能があり別用途に使えるのでお得感がありますよね。授乳期間が終わった後もティータイムなどに長く活用できるのが利点です。

 

それぞれの調乳ポットに魔法瓶構造省エネ機能が付いているものもあります。電気代を安くしたい場合は、そういった特徴のものを選びましょう。

代用したいなら70℃保温機能付きのものがおすすめ

赤ちゃんの授乳期は1年ほどで終わってしまうので、他のもので代用できたら便利ですよね。70℃程度のお湯が準備できていると、ミルクを作るのが簡単になります。なので、調乳ポットには70℃程度の保温機能が備わっているんです。

 

電気ポットや電気ケトルでも保温機能と温度調節ができるものがあります。それを調乳ポットとして活用すれば、授乳期が終わった後でも捨てることなく利用できるのでおすすめです。

 

またステンレスボトルタイプの調乳ポットは水筒でも代用できます。しかし、調乳ポットにはふたの開けやすさや哺乳瓶への注ぎやすさにこだわった商品もあるので、水筒を代用したい場合には注意しましょう。

調乳ポットの人気おすすめランキング10選

98℃・90℃・70℃の3段階で保温温度が選べる

3段階で保温温度が調節できるので、ミルク作りに最適です。6時間のタイマー付きなので就寝時や外出時に電気代が節約できます。お湯の残量が見やすい水量計がついている便利さもポイントです。

タイプ 沸騰・保温タイプ 機能 蒸気量約1/3カット ・節電タイマー・カラ炊き防止・転倒流水防止機能
容量 2.2ℓ 重量 2㎏
コードの長さ サイズ 21.2×28.0×25.4㎝

口コミを紹介

ミルクを作るため、保温選択の70度を設定しています。
食事の時に飲むお茶の温度も70度でちょうどいいですね。
2.2Lの大きさもコンパクトで気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

ティファール(T-fal)

アプレシア エージー・プラス コントロール

人気の「ティファール」の保温機能を活用!

7段階の温度調節と60分の保温ができます。スピード沸騰なので、必要な量のお湯をすぐに用意可能です。抗菌力もあり、お手入れもしやすいので清潔に保てるので、赤ちゃんにも安心です。

タイプ 沸騰・保温タイプ 機能 7段階の温度コントロール・60分間の保温・抗菌機能・ふた取り外し・目盛付き窓
容量 800ml 重量 982g
コードの長さ 1.3m サイズ 16×21×20cm

口コミを紹介

ミルク調乳の為購入。70℃設定可能。
使いだしたら、優秀ポット。赤ちゃんギャン泣きせずにすみます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

LightYou

ボトルウォーマー 多機能

多種類の哺乳瓶に対応の多機能ウォーマー

ミルク保温から滅菌ベビーフード加熱など6種類の機能が入った調乳ポット。多種類の哺乳瓶に対応しているので、持っている哺乳瓶もそのまま使えて安心です。

タイプ 保温タイプ 機能 ミルク保温・急速加熱・恒温水槽加熱・ベビーフード加熱・蒸気滅菌・解凍
容量 ボトル2本 重量 1.12㎏
コードの長さ サイズ 27.4×20.4×18㎝

口コミ紹介

この寒い中、授乳に最適です。
毎回起きて3時間の授乳には、助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

SKATER

ステンレスボトル

外出先でのミルク作りに便利

250gの超軽量コンパクトなステンレスボトルタイプの調乳ポットは持ち運びに最適です。ワンプッシュオープンでほ乳瓶のふちに引っ掛かりやすい注ぎ口なので、外出先でのミルクづくりも簡単になりおすすめです。

タイプ 保温タイプ 機能 ワンプッシュオープン・真空2重構造・ロック機能付・キャップロック設計
容量 500ml 重量 250g
コードの長さ なし サイズ 直径6.5×高さ22.5㎝

口コミを紹介

軽くて使いやすくよかったです!赤ちゃんに外でミルクの時に使っていこうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

「赤ちゃん本舗」なら安心して使える!

保温機能のみの調乳ポット。あらかじめ沸かしたお湯をいれておくと70℃以上に保温してくれます。すぐにミルクが作りたいときに、適温のお湯を使えるます。

タイプ 保温タイプ 機能 保温機能
容量 重量 1.25㎏
コードの長さ 1.4m サイズ 18×23.×17.8㎝

倒れてもお湯がこぼれないので安心

沸騰時間が短いのですぐにミルク分のお湯を沸かすことができます。万一倒れてもお湯もれをおさえる構造や本体が熱くならない二重構造など、子育てに安心の機能がたくさんあり、安全性を重視したい方におすすめです。

タイプ 沸騰・保温タイプ 機能 転倒お湯漏れ防止・給湯ロックボタン・本体二重構造・カラだき防止・通電自動オフ・蒸気レス
容量 800ml 重量 1.03kg
コードの長さ 1.3m サイズ 14.8×22.6×21.5㎝

口コミを紹介

本当に、倒れてもこぼれないし、湧いた直後にボディを触っても全然熱くない!!(感動
子育て世代には安全だしマジおすすめ!

出典:https://www.amazon.co.jp

「象印」の魔法瓶保温で省エネ!

用途に合わせてお湯の温度を5段階に選べる電気ポット。70℃保温設定もあるので、調乳ポットとしても活用できます。3Lの大容量で夜間授乳の際にも安心。まほうびん保温やタイマー設定で電気代の節約にもなるのでおすすめです。

タイプ 沸騰・保温タイプ 機能 5段階保温設定・省エネモード
容量 3L 重量 3㎏
コードの長さ サイズ 22×29.5×30㎝

口コミを紹介

保温の温度帯を設定できるので、非常に便利ですね。個人的には60度だとミルク虫が気になるので、80度に設定して使っています。
保温性が高いようで、待機電力が他のものより低いのは嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

「ピジョン」の調乳ポットはミルク1回分を3分で!

水を入れるだけで、沸騰後に70℃以上の調乳に適した温度で保温してくれます。さっとミルクを作れるので、授乳回数が多い低月齢の赤ちゃん夜間授乳などにも便利です。

タイプ 沸騰・保温タイプ 機能
容量 700ml 重量 1.5㎏
コードの長さ サイズ 22.2×13.6×23㎝

口コミを紹介

これのおかげで、夜中の調乳も楽々です。
もうずっと電源を入れっぱなしにしています。
もし買っていなかったら、どれだけ手間がかかっていたのだろうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

丸洗いできて衛生的なステンレスボトル

72℃以上で5時間保温できる乳頭ポット。ステンレスボトルの500mlの容量で持ち運びに適しています。ワンタッチで開くのでミルク作りに最適です。丸洗いできるので衛生面が気になる方にもおすすめです。

タイプ 保温タイプ 機能 ワンタッチオープン・丸洗いOK・ケータイマグ
容量 500ml 重量 299g
コードの長さ なし サイズ 7.5×6.5×22㎝

口コミを紹介

マザーズバッグは色々なものを入れるため重いので、こちらが軽いだけでも助かります。
調乳用だけあって、お湯を注ぎやすいです。
ロックが付いてるのも良いですね(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

ミルクから離乳食の過熱もできる

哺乳瓶ごと約40~70℃の適温で24時間保存できる調乳ポット。1台で温乳器、調乳ポット、消毒器、離乳食加熱器具など、4つも機能がついた多機能ボトルウォーマーです。

タイプ 保温タイプ 機能 温乳器・消毒器・離乳食加熱器具
容量 重量 880g
コードの長さ 1.5m サイズ 27.5×20×13㎝

口コミを紹介

妹が出産するのでお祝いにと思い購入しました。妹は夜中に起きてミルクを作って温めてというのがとても大変だった経験があるので、保温ができるタイプのものを選びました。殺菌機能もあり衛生的で妹は喜んでくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベビーメーカー「コンビ」の調乳ポットは電子レンジ対応!

沸騰したお湯を自動的に調乳に適した70度以上で保温できます。ガラスポットは電子レンジ対応なので、簡単にお湯が沸かせて便利!

タイプ 保温タイプ 機能 保温・電子レンジ対応
容量 重量 900g
コードの長さ サイズ 19.5×17.5×19.5㎝

口コミを紹介

お湯を70度保温ということで、そのままでは熱すぎるのですが湯冷ましを使えばすぐに適温にすることが出来ます。
これはポットでは熱すぎて出来なかったと思います。
ミルクを作るのがとても早くなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

調乳ポットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6432452の画像

    コンビ

  • 2
    アイテムID:6432551の画像

    Life Basis

  • 3
    アイテムID:6433622の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 4
    アイテムID:6433688の画像

    ピジョン

  • 5
    アイテムID:6434019の画像

    象印マホービン(ZOJIRUSHI)

  • 6
    アイテムID:6434157の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 7
    アイテムID:6434189の画像

    赤ちゃん本舗

  • 8
    アイテムID:6434767の画像

    LightYou

  • 9
    アイテムID:6437576の画像

    ティファール(T-fal)

  • 10
    アイテムID:6437883の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 商品名
  • 調乳じょ~ず
  • 多機能ボトルウォーマー
  • サーモス 調乳用ステンレスボトル
  • 調乳ポット かんたんミルクづくり
  • 電気ポット
  • 蒸気レス 電気ケトル わく子
  • ポットde調乳
  • ボトルウォーマー 多機能
  • アプレシア エージー・プラス コントロール
  • マイコン電気ポット
  • 特徴
  • ベビーメーカー「コンビ」の調乳ポットは電子レンジ対応!
  • ミルクから離乳食の過熱もできる
  • 丸洗いできて衛生的なステンレスボトル
  • 「ピジョン」の調乳ポットはミルク1回分を3分で!
  • 「象印」の魔法瓶保温で省エネ!
  • 倒れてもお湯がこぼれないので安心
  • 「赤ちゃん本舗」なら安心して使える!
  • 多種類の哺乳瓶に対応の多機能ウォーマー
  • 人気の「ティファール」の保温機能を活用!
  • 98℃・90℃・70℃の3段階で保温温度が選べる
  • 価格
  • 3822円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 2287円(税込)
  • 6391円(税込)
  • 9480円(税込)
  • 5800円(税込)
  • 6200円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 6973円(税込)
  • 5480円(税込)
  • タイプ
  • 保温タイプ
  • 保温タイプ
  • 保温タイプ
  • 沸騰・保温タイプ
  • 沸騰・保温タイプ
  • 沸騰・保温タイプ
  • 保温タイプ
  • 保温タイプ
  • 沸騰・保温タイプ
  • 沸騰・保温タイプ
  • 機能
  • 保温・電子レンジ対応
  • 温乳器・消毒器・離乳食加熱器具
  • ワンタッチオープン・丸洗いOK・ケータイマグ
  • 5段階保温設定・省エネモード
  • 転倒お湯漏れ防止・給湯ロックボタン・本体二重構造・カラだき防止・通電自動オフ・蒸気レス
  • 保温機能
  • ミルク保温・急速加熱・恒温水槽加熱・ベビーフード加熱・蒸気滅菌・解凍
  • 7段階の温度コントロール・60分間の保温・抗菌機能・ふた取り外し・目盛付き窓
  • 蒸気量約1/3カット ・節電タイマー・カラ炊き防止・転倒流水防止機能
  • 容量
  • 500ml
  • 700ml
  • 3L
  • 800ml
  • ボトル2本
  • 800ml
  • 2.2ℓ
  • 重量
  • 900g
  • 880g
  • 299g
  • 1.5㎏
  • 3㎏
  • 1.03kg
  • 1.25㎏
  • 1.12㎏
  • 982g
  • 2㎏
  • コードの長さ
  • 1.5m
  • なし
  • 1.3m
  • 1.4m
  • 1.3m
  • サイズ
  • 19.5×17.5×19.5㎝
  • 27.5×20×13㎝
  • 7.5×6.5×22㎝
  • 22.2×13.6×23㎝
  • 22×29.5×30㎝
  • 14.8×22.6×21.5㎝
  • 18×23.×17.8㎝
  • 27.4×20.4×18㎝
  • 16×21×20cm
  • 21.2×28.0×25.4㎝

使い方

調乳ポットの使い方はとても簡単で、保温機能のみの調乳ポットはお湯を注いでスイッチを入れるだけです。ステンレスボトルタイプの調乳ポットの場合は、お湯をいれるだけで保温できるので便利です。

 

さらに沸騰機能付きのものは、水を入れて電源を入れるだけで一定時間後に適温に保温してくれるのでお湯を沸かす必要がありません。電気ケトルなどを持っていない方にはミルク作りがより簡単になるのでおすすめです。

調乳用の水にこだわるなら「ウォーターサーバー」も活用!

赤ちゃんのミルクに使う水にはこだわりたい方も多いですよね。市販のミネラルウォーターや調乳専用の水もあります。赤ちゃんに適したものを準備しておきましょう。

 

ウォーターサーバーは直接お湯が出るので、赤ちゃんのミルク作りに利用している方もたくさんいます。調乳ポットと比較して検討してみましょう。買うと高額なものが多いので、レンタルの活用もおすすめです。

 

以下の記事では調乳用水とウォーターサーバーのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

粉ミルクを上手に使おう

粉ミルクを上手に使って育児をするママが増えています。母乳とミルクの混合育児や、完全母乳でも体調の悪い時などに粉ミルクを活用できます。粉ミルクだとママでなくても赤ちゃんにミルクを与えられるのは大きなメリットです。

 

粉ミルクにはいろいろな種類があり、栄養成分だけでなく、味や香りの違いがあります。簡単調乳のキューブタイプやスティックタイプもあり、毎日の授乳が楽になる粉ミルクもあるので調乳ポットと一緒にチェックしましょう。

 

以下の記事では粉ミルクのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

調乳ポットを買うことを迷っているなら

調乳ポットは、使用期間が短いベビー用品なので買うことを迷う方もいますよね。そんな方はレンタルで使用感を試してから購入を検討する手もあります。

 

レンタル会社や製品によって料金が異なるので一概には言えませんが、保温機能のみの調乳ポットでは3カ月2500~6000程度になります。長期間レンタルすると、逆にコストがかさんで割高になってしまう場合があるので注意しましょう。

 

授乳期のママにとって調乳ポットはとても役立つアイテムなので、必要なときに使えるように準備することで安心した授乳期を過ごせます。

まとめ

ここまで調乳ポットのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしょうか。調乳ポットと言っても、沸騰機能や電子レンジ対応など様々なものがあります。今回ご紹介した機能や選び方を参考に、ママや赤ちゃんに合った調乳ポットを選んでみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

幼稚園児用スモックの人気おすすめランキング20選【男の子も女の子も】

幼稚園児用スモックの人気おすすめランキング20選【男の子も女の子も】

ベビー・キッズ
【2021最新版】ベビーカーa型の人気おすすめランキング10選

【2021最新版】ベビーカーa型の人気おすすめランキング10選

ベビー・キッズ
ベビーチェアベルトの人気おすすめランキング10選【付け方・代用方法】

ベビーチェアベルトの人気おすすめランキング10選【付け方・代用方法】

ベビー・キッズ
【2021年最新版】赤ちゃん用ドアロックの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】赤ちゃん用ドアロックの人気おすすめランキング10選

ベビー・キッズ
ベビーカー用レインカバーの人気おすすめランキング15選【コロナにも】

ベビーカー用レインカバーの人気おすすめランキング15選【コロナにも】

ベビー・キッズ
TOPへ