Jabraイヤホンのおすすめ人気ランキング10選【ワイヤレスイヤホンをご紹介!】

Jabra(ジャブラ)のイヤホンはスタイリッシュなデザインが特徴です。アプリを使ったサウンドのカスタマイズも優れていて高い評価を得ています。今回はJabraのイヤホンを種類・機能・使い方などから選び方を解説し、おすすめランキングを紹介します。

Jabra(ジャブラ)のイヤホンは多機能でスタイリッシュ

Jabra(ジャブラ)のイヤホンは多機能なだけでなく、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。ゆっくりと音楽や映画を楽しみたいとき以外にも、通勤・通学といった普段使いからビジネスシーンまで、あらゆるシーンに対応できます。

 

Jabraのイヤホンには、Elite 7 Pro・Elite 3、Elite 5などさまざまな種類があり、目的に合わせた選択ができます。さらに、Jabraが提供しているアプリ「Jabra Sound+」では好みの音質や周囲の環境音の調節など、使い方に合わせたカスタマイズが可能です。

 

今回は、Jabraのイヤホンの選び方のポイントとともに、人気のおすすめランキングを作成しました。ランキングは、種類・スタイル・最大再生時間などを基準に作成しています。ぜひ、参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのJabraおすすめ商品

Jabraの有線タイプイヤホンのおすすめ

付けていることを忘れてしまうと高評価なネックバンド型イヤホン

付けてしまうことを忘れてしまうくらい、快適な装着感が評価が高いネックバンド型イヤホンです。周りの音を除去してくれて、とてもクリアな音質を実現してくれます。バッテリーも一日続き、アプリ対応で自分の好みの音質になります。

 

デジタルアシスタントにも対応しているだけでなく、さらに低音ブーストで快適性と低音を強化しているのも魅力です。

サイズ 3 x 14.5 x 40 cm 重量 49.9g
Bluetooth 5.0 バッテリー 13時間 8時間(アクティブノイズキャンセリング利用時)
高速充電 - 防塵・防水性能 IP54準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレス
スタイル インイヤー(ネックバンド) 周波数帯域 20Hz ~ 20kHz
最大再生時間 -

Jabraの片耳タイプイヤホンのおすすめ

1位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン TALK 25

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

通話メインの使い方にぴったりの片耳タイプ

TALK25は片耳タイプのイヤホンです。高音質で明瞭でクリアな通話が楽しめます。メディアを最大限に活用して携帯電話からのメディアのストリーミングなどができるのも魅力です。

 

デバイスの充電が可能なときや、接続状況の最新の情報が通知される音声ガイダンス付きになっています。1回の充電で確実に1日中ワイヤレス通話が可能なので、通話メインの使い方をする方におすすめです。

サイズ 9.9 x 14.7 x 47.1 cm 重量 9.07g
Bluetooth 4.0 バッテリー 9時間
高速充電 - 防塵・防水性能 -
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレス
スタイル インイヤー(片耳) 周波数帯域 300Hz ~ 7kHz
最大再生時間 9時間

Jabraのワイヤレスタイプイヤホンのおすすめ

1位

Jabra(ジャブラ)

ワイヤレスイヤホン Elite75t

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安定したフィット感でコンパクトなElite 75t

世界的にヒットしたイヤホン、Elite 65tが進化したモデルです。更にフィット感が増し、安定感のある付け心地で、ボタンの操作も簡単です。急速充電も可能で、充電し忘れていても安心です。遮音性は完全ワイヤレスイヤホンの中でも最高峰です。

 

周囲の邪魔なノイズを除去する4マイク通話テクノロジー搭載で、騒がしい環境や風の強いときも問題なく通話できます。バッテリーも改良され、1回の充電で最長7.5時間・充電ケースを含むと最長28時間もの接続が可能です。

サイズ 1.6 x 2.2 x 1.9 cm 重量 -
Bluetooth 5.0 バッテリー 7.5 時間、充電ケースで最大 28 時間
高速充電 15分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IP55準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hz〜20kHz
最大再生時間 7.5時間

Jabraのイヤホンの選び方

Jabraのイヤホンには、さまざまなものがあります。種類・機能・接続タイプ・装着スタイルの観点から、選び方を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

種類で選ぶ

まず、イヤホンの種類からみていきましょう。ワイヤレスタイプ・片耳タイプのものをご紹介します。

スムーズに行動したいなら「ワイヤレスタイプ」がおすすめ

ワイヤレスイヤホンのメリットは、左右が独立しているためケーブルなどに絡まったりせず、スムーズに自由に行動できる点です。スマホを取り出さなくても、再生・停止・ノイズキャンセリングオンオフなどの操作でき、いろいろなシーンに対応できるのも魅力です。

 

デメリットは、ヘッドホンタイプや片耳タイプよりバッテリーの持ちが悪い点になります。しかし、Jabraのイヤホンは収納ケースにバッテリー充電機能が付いているので、長時間の再生も可能にしています。

ビジネスシーンにはコンパクトに持ち運べる「片耳タイプ」がおすすめ

片耳タイプのイヤホンは、両耳を塞がないため周囲の環境音を聞き取りやすく、ハンズフリーの通話にも便利なのでビジネスシーンにもおすすめです。コンパクトなので、従来のものよりも持ち運びしやすくなっています。

 

よりはっきりとした音声を求める方は、風切音を防ぐ機能が付いているものを選ぶのがおすすめです。マルチクッションボタンや音声認識機能があれば、デバイス操作をしないでも電話応答・リダイヤルができます。

機能で選ぶ

Jabraのイヤホンには、さまざまな優れた機能があるので、機能から選ぶのも方法の一つです。さまざまな機能を紹介しますので、参考にしてください。

自分好みにサウンドをカスタマイズしたいなら「イコライザー機能」付きがおすすめ

サウンドをカスタマイズして楽しみたい方におすすめなのが、Jabra Sound+というアプリです。このアプリにはイコライザー機能が搭載されており、デフォルトの6種類の設定を調整して、自分好みのサウンドにできます。

 

また、使用シーンごとに好みのサウンドを設定できるのもとても便利な機能です。音質の調整というと難しく聞こえますが、画面上に表示された5つのポイントを上げ下げするだけなので、直感的に操作ができます。

自分の聴力に合わせたサウンドに調整するなら「My Sound機能」がおすすめ

MySound機能は、アプリ内で行われる聴力テストでそれぞれの聴力に合わせた細かい調整を行ってくれる機能になります。5段階の周波数帯の調整ができるイコライザー機能よりも、MySound機能はさらに緻密な10段階もの調整が可能です。

 

聴力テストは、低周波や高周波がどれだけ聞こえるかをチェックする3分ほどの簡単なものになります。このテストの個々のデータをもとに、それぞれの聞こえ方に合わせて快適なサウンドを作り出してくれる画期的な機能です。

特定の使用シーンに合わせて調整するなら「モーメント機能」がおすすめ

Jabra Sound+アプリの中にモーメント機能が用意されています。あらかじめ、マイモーメント・通勤・フォーカスの3種類がデフォルトで設定されていて、その時の状況に合わせたサウンドを設定できます

 

たとえば通勤では、通勤途中に相応しいサウンドが出るように設計されていて、さらに自分でも細かく調整し、自分好みのサウンドにできます。シーンの切り替えは簡単な操作でできるので、使用シーンでサウンドを使い分けたい場合にとても便利です。

周囲の音をかき消して集中したいなら「サウンドスケープ機能」がおすすめ

サウンドスケープ機能は自分の好きな音楽を再生するのではなく、さまざまな種類の環境音をエンドレスで再生できる機能です。たとえば「ホワイトノイズ」や「海の波」「雨の日」などがデフォルトで設定されています。

 

ノイズキャンセリング機能をオンにした状態でサンドスケープ状態を使うと、余分なノイズを除去した状態で自然由来の環境音を聞き続けられます。テレワークやカフェなどでの勉強時など、集中したいときに使うのにぴったりです。

イヤホンの紛失が心配ならば「Find My Jabra 機能」付きがおすすめ

このFind My Jabra 機能が付いていれば、デバイスが最後に検出された場所を記録し、イヤホンを紛失してしまっても、スマートフォンのマップを使ってすぐに探し出せます。記録されるのは認識された最後の位置のみで、それ以前の情報は削除されます。

 

また全ての位置情報はスマートフォンの内部メモリにのみ記録されるため、外部と情報を共有することはありません。この機能はデフォルトでは無効となっているので、使用したい場合は有効にしましょう。

充電をよく忘れるなら「急速充電機能」がおすすめ

朝起きた時に、イヤホンの充電が完了していなくてバタバタしてしまった経験はありませんか?Jabraのイヤホンなら急速充電機能が搭載されているので、急いで充電する必要がある場合に活躍してくれます。平均して10分から15分の充電で、およそ1時間使用できます。

 

15分充電すれば5~8時間使用可能な機種もあります。主にヘッドホンタイプのものは、短い充電時間でも使用できる時間が長くなるので、ぜひ自分のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

音の遅延を防ぐには「Bluetooth5.0以上」搭載のElite 3やElite 5などがおすすめ

ワイヤレスイヤホンの最大の欠点は、音が途切れてしまったり遅延してしまうことでした。Bluetooth5.0以前の規格は音の遅延などが問題になっていました。しかし、Elite 3やElite 5ではBluetooth5.0以上が対応になり、音の転送速度と通信範囲が大幅に向上しました。

 

そのため、音の遅延や音飛びなどを防ぎたいならばBluetoothの規格にも注目して選びましょう。音楽と通話が更に安定してするので、とても快適に過ごせます。

ビジネスシーンには「ノイズキャンセリング機能」搭載のEvolveシリーズがおすすめ

Evolveシリーズは、世界初の業務用UC認定ワイヤレスイヤホンで、Skype認定のワイヤレスイヤホンです。わずかな時間でフル充電ができ、長時間使用できるのでビジネスシーンで使いたい方におすすめです。

 

ノイズキャンセリング機能には、高音から中音域の音量を下げるパッシブノイズキャンセリング機能と、中音から低音域の音量を下げるアクティブノイズキャンセリング機能が魅力です。パッシブノイズキャンセリング機能は、物理的に密着度などで音を遮断しています。

 

対して、アクティブノイズキャンセリング機能は、回路を用いて音を遮断してくれるのもポイントです。自分の好みや、下げたい音域に合わせたノイズキャンセリング機能を選びましょう。

雨の日やスポーツシーンに使うなら高い「防塵・防水機能」付きがおすすめ

Jabraのイヤホンは、防塵・防水機能が付いています。その基準は、IPコードといって、数字で表されているます。0から8の等級に分かれていて、0は無保護で数字が高くなるほど保護されています。防塵・防水はIPのアルファベットの次に記載されている数字です。

 

例えば、IP56だとすると、防塵の等級は5で防水の等級が6を示しています。Jabraには、IP55・IP56・IP57・IP67に準拠したイヤホンがあります。保護規定は、世界各国で共通に使用されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

また下記では、防水イヤホンのおすすめランキングを紹介していますので、併せてチェックしてください。

外部音を取り込みたいならば「Hear Through機能」がおすすめ

外部の音を遮断できるノイズキャンセリング機能に対して、外部の音を取り込めるのがHear Through機能です。マイクで取り込んだ周囲の音をイヤホン自体で再生させ、イヤホンをしたまま周囲の音を聞けます。密閉度が軽減され、自然な聴感で音楽を楽しめます。

 

集中したい場合はHear Through機能をオフにしておき、周りの音を確認したくなったときには、スライドボタンを操作するだけで簡単に切り替えられます。お店のレジなどで一時的に店員さんの声を聞き取りたい場合などにおすすめの機能です。

接続タイプで選ぶ

接続タイプのご紹介です。有線タイプ・ワイヤレスタイプをご紹介しますので、それぞれの特徴などをチェックして、自分の目的に合わせて選んでみてください。

固定デスクの仕事には「有線タイプ」がおすすめ

固定デスクの仕事に最適なのは、有線タイプになります。業務への注力にこだわった設計です。ワイヤレスタイプと比較すると、有線タイプの方が高音質です。ワイヤレスタイプの場合、データを圧縮する工程が増えるため、音質が下がってしまいます。

 

また、有線タイプは情報の遅れがないためスムーズに作業ができますし、バッテリーが減る心配もない点もメリットです。線が邪魔で動きに制限がかかってしまうのはデメリットですが、頻繁に動かないのであれば快適に使えます。

スマホやタブレットを接続したいならBluetooth搭載の「ワイヤレスタイプ」がおすすめ

Bluetooth搭載のワイヤレス接続タイプのイヤホンなら、コードに邪魔されずに体を自由に動かせるのでスポーツ時におすすめです。車の運転中などでも、スマホを触らなくても通話することが可能です。音が途切れてしまうことも有りますが快適に過ごせます。

 

もっと快適に過ごしたい方は、Bluetooth5.0対応の完全ワイヤレスのものを選ぶと、音が途切れる悩みも解消されるのでおすすめです。

装着スタイルで選ぶ

装着スタイルも選び方として重要です。ここでは、4つの装着スタイルを紹介していきます。使い心地やメリットなど、参考にしてみてください。

簡単に装着できて疲れにくいイヤホンなら「インイヤー」タイプがおすすめ

簡単に装着できて疲れにくいイヤホンを求める方におすすめなのは、耳の入り口部分にはめ込むインイヤータイプになります。軽くてつけている感じがあまりしないので、手軽で扱いやすく大変便利です。しかし外れやすいデメリットもあるので、密着度が高いものを選びましょう。

 

また、装着感がいいものを選ぶと、より疲れにくく外れにくいのでストレスが軽減されます。インイヤータイプでも装着感が機種によって異なるので、チェックしてみてください。

ハンズフリーの通話なら「片耳」スタイルがおすすめ

片耳スタイルのイヤホンは、ハンズフリーで身動きを取りやすく、屋内でも屋外でも通話するのに最適です。ほかの作業をしながら、簡単に発信したり対応したりできます。デザインはスタイリッシュで、どんなコーディネートにも合うのもポイントです。

 

耳の後ろを包み込む設計で、デバイスをしっかり固定する大変快適なビハインドモデルから、付けていることを忘れるほど滑らかでさりげない使い心地のスタイルのものまで、さまざまな種類があるのも特徴です。

迷ったら「口コミ」評価をチェック

Jabraのイヤホンは、有線と無線タイプ問わずさまざまなシリーズが登場しているので、選ぶのに迷う場合も十分あります。そんなときは、各商品の口コミもチェックしてみましょう。実際に使った方の声が反映されているので、参考にできる要素も多いです。

 

どのタイプが自分の使い方に合うのか、機能面の使いやすさや便利さなどはどんな評価なのか、気になる点があるならば、併せて確認してみてください。

Jabraの有線タイプイヤホンおすすめ人気ランキング3選

3位

Jabra

UC Voice 250 MS ヘッドセット

優れた音質と安定した装着感で高評価

片耳タイプのイヤホンなので、仕事にも遊びにも使える万能型イヤホンとして評価が高い製品です。コンパクトなビハインドイヤーデザインを好み、優れた音質と安定した装着が必要な方におすすめのアイテムです。


ノイズキャンセリングマイクとフレキシブルブームアームが搭載されているため快適で、安定しているので、外出先でも十分に活躍してくれます。

サイズ 18.03 x 9.53 x 4.06 cm 重量 117g
Bluetooth - バッテリー -
高速充電 - 防塵・防水性能 -
イコライザー - 種類 -
スタイル オンイヤー 周波数帯域 -
最大再生時間 -

口コミを紹介

片耳のみなので、リモートワークや社内でのTeamsやzoomの会議で非常に使いやすいです。ポーチも付いてて持ち運びも良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手頃価格で機能面も優秀なVOX

こちらのイヤホンは、有線タイプのマイク付きイヤホンです。お手頃な価格なので、価格を抑えたい方におすすめのアイテムです。力強いサウンドで豊かな音質を実現していりだけでなく、アプリにも対応していてSNSの連携も可能です。

 

絡みにくいケーブルを採用していて、引張を軽減するプラグで快適に過ごせます。ケーブルにある多機能ボタンで、音楽の再生・一時停止・スキップ・通話が可能です。

サイズ - 重量 17g
Bluetooth - バッテリー -
高速充電 - 防塵・防水性能 -
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 マイク付ステレオイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hz~2kHz
最大再生時間 -

口コミを紹介

とてもいい商品だと思いましたありがとうございました

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

付けていることを忘れてしまうと高評価なネックバンド型イヤホン

付けてしまうことを忘れてしまうくらい快適な装着感が評価が高い、ネックバンド型イヤホンです。周りの音を除去してくれて、とてもクリアな音質を実現してくれます。バッテリーも一日続き、アプリ対応で自分の好みの音質になります。

 

デジタルアシスタントにも対応しているだけでなく、さらに低音ブーストで快適性と低音を強化しているのも魅力です。

サイズ 3 x 14.5 x 40 cm 重量 49.9g
Bluetooth 5.0 バッテリー 13時間 8時間(アクティブノイズキャンセリング利用時)
高速充電 - 防塵・防水性能 IP54準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレス
スタイル インイヤー(ネックバンド) 周波数帯域 20Hz ~ 20kHz
最大再生時間 -

口コミを紹介

重機を動かしながらでも普通に通話できるのは今のところJabraだけ。
ノイキャン性能はAirPods Proに軍配が上がるが、必要充分。

出典:https://www.amazon.co.jp

Jabraの有線タイプイヤホンおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 Bluetooth バッテリー 高速充電 防塵・防水性能 イコライザー 種類 スタイル 周波数帯域 最大再生時間
アイテムID:11152057の画像

ヤフー

付けていることを忘れてしまうと高評価なネックバンド型イヤホン

3 x 14.5 x 40 cm

49.9g

5.0

13時間 8時間(アクティブノイズキャンセリング利用時)

-

IP54準拠

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレス

インイヤー(ネックバンド)

20Hz ~ 20kHz

-

アイテムID:11152135の画像

ヤフー

お手頃価格で機能面も優秀なVOX

-

17g

-

-

-

-

〇 Jabra Sound+アプリにて

マイク付ステレオイヤホン

インイヤー

20Hz~2kHz

-

アイテムID:11152132の画像

楽天

ヤフー

優れた音質と安定した装着感で高評価

18.03 x 9.53 x 4.06 cm

117g

-

-

-

-

-

-

オンイヤー

-

-

Jabraの片耳タイプイヤホン人気おすすめランキング2選

2位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン TALK 45

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

初心者にも安心と口コミで人気のワイヤレスイヤホン

TALK 45は、オンライン限定のデザイン性に優れた片耳用のイヤホンです。操作方法などを日本語で説明してくれる機能が付いているので、ワイヤレスイヤホンが初心者の方にも安心して使えます。

 

電源オン・オフも簡単にでき、通話の応答と終了の操作も簡単です。ノイズキャンセル機能も高いモデルなので、騒がしい場所でもクリアな音質で長時間会話を楽しめます。

サイズ 9.7 x 15.9 x 46.9 cm 重量 18.1g
Bluetooth 4.0 バッテリー 最大9時間
高速充電 - 防塵・防水性能 -
イコライザー - 種類 ワイヤレス
スタイル インイヤー(片耳) 周波数帯域 -
最大再生時間 9時間

口コミを紹介

相手の声もクリアで聞き取りやすく購入して正解だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

1位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン TALK 25

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

通話メインの使い方にぴったりの片耳タイプ

TALK 25は片耳タイプのイヤホンです。高音質で明瞭でクリアな通話が楽しめます。メディアを最大限に活用して携帯電話からのメディアのストリーミングなどができるのも魅力です。

 

デバイスの充電が可能なときや、接続状況の最新の情報が通知される音声ガイダンス付きになっています。1回の充電で確実に1日中ワイヤレス通話が可能なので、通話メインの使い方をする方におすすめです。

サイズ 9.9 x 14.7 x 47.1 cm 重量 9.07g
Bluetooth 4.0 バッテリー 8時間
高速充電 - 防塵・防水性能 -
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレス
スタイル インイヤー(片耳) 周波数帯域 300 Hz ~ 7kHz
最大再生時間 9時間

口コミを紹介

通話品質も問題ありませんし、イヤーパッドの形状がE500とは違ってやや密閉型ですが、装着してて違和感もないですし、軽くて全く気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

Jabraの片耳タイプイヤホンおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 Bluetooth バッテリー 高速充電 防塵・防水性能 イコライザー 種類 スタイル 周波数帯域 最大再生時間
アイテムID:11152149の画像

楽天

Amazon

ヤフー

通話メインの使い方にぴったりの片耳タイプ

9.9 x 14.7 x 47.1 cm

9.07g

4.0

8時間

-

-

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレス

インイヤー(片耳)

300 Hz ~ 7kHz

9時間

アイテムID:11152143の画像

楽天

Amazon

ヤフー

初心者にも安心と口コミで人気のワイヤレスイヤホン

9.7 x 15.9 x 46.9 cm

18.1g

4.0

最大9時間

-

-

-

ワイヤレス

インイヤー(片耳)

-

9時間

Jabraのワイヤレスタイプイヤホンおすすめ人気ランキング6選

6位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン Elite 7 Pro

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

別次元の通話体験をしたいならElite 7 Pro

別次元の通話体験をしたい場合におすすめなのがElite 7 Proです。日々進化し続ける日常に対応できるように、最先端のテクノロジーを搭載しています。騒がしい場所などでの会話が多い方にぴったりの機種です。

 

ジャブラのマルチセンサーボイスを搭載し、4つの高機能マイクだけではなく両耳に高性能音声認識も搭載しています。強風時などにも独自のアルゴリズムによって雑音を消して、どんな場所でもクリアな音声通話を可能にしています。

サイズ 1.9×1.6×1.7 重量 5.4g
Bluetooth 5.2 バッテリー 8時間、充電ケースで30時間
高速充電 5分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IP57準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hz ~ 20kHz
最大再生時間 8時間

口コミを紹介

音質も良く、耳にもジャストフィットします。接続も簡単で使いやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン Elite 3

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コスパの良さが魅力のElite 3

迫力ある低音とパワフルなサウンドをコスパ良く楽しみたい方におすすめなのがElite 3です。カスタマイズできる専用アプリを使えば、より自分好みの音楽を手軽にそして魅力的に楽しめます。

 

ケースを併用しすれば28時間も使えるロングバッテリーな点も魅力的です。また遮音性能も追求して設計されており、周囲の雑音を気にすることなく、集中を高めたい場合にもおすすめです。

サイズ 2 x 2.7 x 2.1 cm 重量 4.6g
Bluetooth 5.2 バッテリー 7時間、充電ケースで最大28時間
高速充電 10分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IP55準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hz ~ 20kHz
最大再生時間 7時間

口コミを紹介

低価格の商品てすけど音質 高低音質良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン Elite 5

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

Elite 5で自分だけの空間を手に入れよう

Elite 5には、ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング機能 (ANC) が搭載されています。内側と外側両方のマイクを使ってノイズキャンセリングを行うので、いつでも自分だけの空間を持てます。

 

騒がしいカフェにいても、自分の聞きたい音楽だけに集中でき、パワフルな6mmスピーカーから流れる音を楽しめます。操作性もとてもシンプルなので、使い方に迷う心配もありません。

サイズ 2x 2.05x 2.7cm 重量 5g
Bluetooth 5.2 バッテリー 9時間、充電ケースで最大30時間
高速充電 10分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IP55準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hk〜20kHz
最大再生時間 9時間

口コミを紹介

立ち位置的にはスタンダードモデルにはなるかと思いますが、ANCにマルチポイント接続に防塵防水と大体の機能が揃っています。専用アプリで音質やANC等の調整も可能です。通話/音質も高品質で大体のことは何でもできる優等生。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン Elite 65t

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

多機能で隙のないモデルElite 65t

Bluetooth5.0対応で左右の音声も安定した持続性です。バッテリーは、最長5時間使用可能で、ケースの充電と併せると最長で15時間接続できます。イヤホン本体に4つのマイクを内蔵しているので、クリアな音質を実現しています。

 

音声アシストはAmazonAlexe・Siri・GoogleAssistantの3つに対応しているので、使いやすいアシストを選びましょう。多機能で隙がなく、総合力の評価が高いワイヤレスイヤホンを探している場合におすすめのイヤホンです。

サイズ 1.2 x 0.6 x 1.9 cm 重量 4.54g
Bluetooth 5.0 バッテリー 5時間、充電ケースで最大15時間
高速充電 15分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IP55準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hk〜20kHz
最大再生時間 5時間

口コミを紹介

装着感は概ね良好、耳から外れたり痛くなったりもしていません。音質はいいですね!途切れに関しても今まで何種類か使用してきましたが一番途切れにくいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン Elite 85t

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

音の力強さが進化した新製品のElite 85t

フィット感が高く音の良さでも人気のElite 7 proより、音の力強さが進化したのがElite 85tです。Jabraアドバンストアクティブノイズキャンセリングを搭載し、高精度なノイズキャンセリングが可能です。

 

周囲の雑音を低減させますが、ワンタッチで外部音の取り込みもできて使い勝手も抜群です。あらゆる耳の形にフィットする形状で、長時間快適な装着感を提供する形状も魅力的です。

サイズ 2.3×1.9×1.6cm 重量
Bluetooth 5.1 バッテリー 5.5時間、充電ケースで最大25時間
高速充電 15分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IPX4準拠
イコライザー ◯ Jabra Sounds+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hz~20kHz
最大再生時間 5.5時間

口コミを紹介

テレワークが多い為購入しました
通話音信も良くとてもいい商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Jabra(ジャブラ)

イヤホン Elite 75t

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

安定したフィット感でコンパクトなElite 75t

高評価で世界的にヒットしたイヤホン、Elite 65tが進化したモデルです。さらにフィット感が増し、安定感のある付け心地です。急速充電も可能で、充電し忘れていても安心です。遮音性は完全ワイヤレスイヤホンの中でも最高峰です。

 

周囲の邪魔なノイズを除去する4マイク通話テクノロジー搭載で、騒がしい環境や風の強いときも問題なく通話できます。バッテリーも改良され、1回の充電で最長7.5時間・充電ケースを含むと最長28時間もの接続が可能です。

サイズ 1.6 x 2.2 x 1.9 cm 重量 -
Bluetooth 5.0 バッテリー 7.5 時間、充電ケースで最大 28 時間
高速充電 15分の充電で、1時間使用可能 防塵・防水性能 IP55準拠
イコライザー 〇 Jabra Sound+アプリにて 種類 ワイヤレスイヤホン
スタイル インイヤー 周波数帯域 20Hz〜20kHz
最大再生時間 7.5時間

口コミを紹介

音質、装着感、操作性いずれも高レベルで良好です。HearThrough機能は便利ですし、バッテリーの持ちもよく、ほぼ非の打ち所がない優れた商品だと思います。Bluetoothイヤホンは10製品以上使用してきましたがその中でもベストな商品といって良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

Jabraのワイヤレスタイプイヤホンおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 Bluetooth バッテリー 高速充電 防塵・防水性能 イコライザー 種類 スタイル 周波数帯域 最大再生時間
アイテムID:11152166の画像

楽天

Amazon

ヤフー

安定したフィット感でコンパクトなElite 75t

1.6 x 2.2 x 1.9 cm

-

5.0

7.5 時間、充電ケースで最大 28 時間

15分の充電で、1時間使用可能

IP55準拠

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレスイヤホン

インイヤー

20Hz〜20kHz

7.5時間

アイテムID:11159751の画像

楽天

Amazon

ヤフー

音の力強さが進化した新製品のElite 85t

2.3×1.9×1.6cm

5.1

5.5時間、充電ケースで最大25時間

15分の充電で、1時間使用可能

IPX4準拠

◯ Jabra Sounds+アプリにて

ワイヤレスイヤホン

インイヤー

20Hz~20kHz

5.5時間

アイテムID:11152163の画像

楽天

Amazon

ヤフー

多機能で隙のないモデルElite 65t

1.2 x 0.6 x 1.9 cm

4.54g

5.0

5時間、充電ケースで最大15時間

15分の充電で、1時間使用可能

IP55準拠

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレスイヤホン

インイヤー

20Hk〜20kHz

5時間

アイテムID:11152160の画像

楽天

Amazon

ヤフー

Elite 5で自分だけの空間を手に入れよう

2x 2.05x 2.7cm

5g

5.2

9時間、充電ケースで最大30時間

10分の充電で、1時間使用可能

IP55準拠

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレスイヤホン

インイヤー

20Hk〜20kHz

9時間

アイテムID:11152157の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コスパの良さが魅力のElite 3

2 x 2.7 x 2.1 cm

4.6g

5.2

7時間、充電ケースで最大28時間

10分の充電で、1時間使用可能

IP55準拠

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレスイヤホン

インイヤー

20Hz ~ 20kHz

7時間

アイテムID:11308422の画像

楽天

Amazon

ヤフー

別次元の通話体験をしたいならElite 7 Pro

1.9×1.6×1.7

5.4g

5.2

8時間、充電ケースで30時間

5分の充電で、1時間使用可能

IP57準拠

〇 Jabra Sound+アプリにて

ワイヤレスイヤホン

インイヤー

20Hz ~ 20kHz

8時間

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング
\フラッシュクーポン開催中/ 楽天 「オーディオ」ランキング ジャブラ

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

Jabraはどの国のブランド?イヤホンの特徴もご紹介

まずは、Jabraがどの国のブランドで、取り扱っているイヤホンにどんな機能や特徴があるのかについて、併せて紹介します。

Elite 7 proなどEliteシリーズが人気のJabraとは?

Jabraは、創業150年という歴史あるデンマークのグローバルブランドです。長い時代に積み重ねた技術力が、Elite 7 proをはじめとする製品に搭載されています。一般消費者向け・ビジネス向け・医療グレードのサウンドを一元的に統合した世界唯一の企業です。

 

Jabraの事業は適切な音の取り込みから、妨害になるノイズの除去に至るまで、消費者が聞きたいと思う音を提供できるのが目標です。そのため、日常的に耳にする音をより優れたものにできる直感的な機能を多数搭載しています。

 

Jabrahヨーロッパとアジアを結ぶ電信ケーブルを最初に敷設し、世界初のウルトラノイズキャンセリングマイクを開発しました。常につながりを維持し、聞く(聴く)ことをよりサポートできるような、革新的なテクノロジーの導入に取り組んでいる企業です。

Jabraのイヤホンの特徴

Jabraのイヤホンは、快適性とフィット感を追求しています。安定したフィット感で、どんな動きをしても安心です。新しいタイプのコンパクトなイヤホンの形状は、人間工学に基づいて設計されていて、あらゆる耳の形状に理想的なフィット感を提供しています。

 

Jabraのイヤホンは、多機能・シンプルでスタイリッシュなデザイン・優れた通話機能・サウンドカスタマイズ機能・完璧なフィット感を備えているのが特徴です。そのためイヤホンで耳が痛くなりやすかった方や、自分の好みの音を追求したい方におすすめです。

Jabraのイヤホンの使い方

Jabraのイヤホンは防水防塵機能にも優れたモデルが多いのが特徴です。そのため突然の雨などでも焦る必要がなく、汗への対策もできるので、マラソンなどスポーツシーンでの使用にも向いています。

 

シーンを選ばずにアクティブな使い方に対応できるので、どんな場所にも持ち出して気軽に自分だけの音楽を楽しみましょう。

人気のモデルElite 65tと新製品Elite 85tを比較

人気のモデルのElite 65tと、その進化した新製品のElite 85tはどういった違いがあるのか紹介します。特徴や違いなどをチェックしてください。

完全ワイヤレスで最高の通話と音楽体験ができるElite 65t

Bluetooth対応で完全ワイヤレスであり最高の通話と音楽体験ができるのがElite 65tです。4マイクテクノロジーで通話中に風切音(ウィンドウノイズ)を低減させ、わずか6mmの高性能スピーカーを通して周囲ノイズが除去された音や、自然の音を聴けます。

 

ボタンにタッチするだけで環境音を防ぐ、Hear Through機能で周囲の音を確認できるのもポイントです。また、3つのサイズの異なるサイズのイヤージェルで快適に装着できます。バッテリー接続時間が5時間、充電ケースを使用すれば最長15時間可能です。

 

耐久性は、IP55認定の防塵防水性能なので、汗や急な雨で濡れても優れた通話と音を楽しめます。音質もアプリを使って細かく自分好みにカスタマイズ可能です。ほかにも片方のイヤホンを外すと自動的に一時停止する機能も備えています。

ワンランク上のノイズキャンセリング機能が特徴の新製品Elite 85t

Elite 85tはひとつ上のノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホンです。最先端の機能を搭載していて、周囲の音をどのように聞くかを完全に自分好みに調整できます。集中したい時に、周囲の音を段階的に遮断できるようになっています。

 

バッテリーは最長7時間で充電ケースと合わせると、最長で31時間持続します。15分の充電で最長1時間使用できる急速充電に対応していて、ケースを充電器の上に置くだけで簡単に充電できるワイヤレス充電機能も備えています。

 

IPX4準拠の防塵防水性能があり、周りの音を調整できるHear Through機能も搭載しています。音声アシスタント対応なので、必要なタイミングで素早く情報にアクセス可能な点も評価を得ています。

Elite 65tとElite 85tを比較し違うところは

2つのモデルを比較して違うところは、Elite 65tはElite 85tより価格が抑えられているところです。そのためできるだけ安価で優れたイヤホンを購入したい場合は、Elite 65がおすすめです。

 

Elite 85tはフィット感やノイズを強力に遮断し、バッテリーの持続時間も長くなっている点が特徴です。フィット感やバッテリーの時間で選ぶならばElite 85tがおすすめです。どちらも人気がありますが、どの機能を優先したいのか、目的に合わせて選んでください。

ケースの傷予防にカバーを使おう

使う場所を選ばずどこにでも持ち運べるのがイヤホンのいいところですが、持ち運ぶときに心配なのがケースに傷や汚れがついてしまうことです。大切なケースを守るためにもカバーを使うのがおすすめです。

 

カバーで使われるものはケースをそのまま中に収めるシリコン製が多く、またカバーをつけたまま充電が可能なタイプがほとんどです。カバーにカラビナがついてさらに持ち運び安くなっているものもあるので、ぜひ傷予防にカバーをケースに装着しましょう。

ワイヤレスイヤホンのペアリング方法

ワイヤレスイヤホンのペアリングの設定方法をご紹介します。

 

  1. スマートフォンなどのモバイルデバイスのBluetooth機能をONに設定
  2. ケースから取り出した右側のイヤホンの多機能ボタンを1秒間長押しし、LEDが緑色に点滅するまで待ちます。
  3. ペアリングモードになったら、Bluetooth設定画面で接続するデバイス名を選択します。PIN コードを要求された場合は、数字の「0000」を入力
  4. モバイルデバイスのBluetooth機能のリストに接続したデバイスが表示されたらペアリングは完了です。

イヤホンの片耳が聞こえない場合の対処方法

イヤホンの片耳だけが聞こえないといったような経験はありませんか?そんなときには、左右のイヤホンのペアリングが上手くできていない可能性があるため、ペアリング状況をまず確かめましょう。また充電が不十分なため、ぺアリングができていないといったことも考えられます。

 

充電などに不備がない場合は、一度リセットして初期状態に戻してみることがおすすめです。サイドの設定が必要になりますが、問題が解決することが多くあります

 

自分のお好みのJabraのイヤホンは見つかりましたか?こちらの記事ではJabraを含め、さまざまなメーカーのおすすめイヤホンを紹介しているので、記事を参考にぜひ自分にぴったりのイヤホンをみつけてください。

Jabraのサポートは日本でも受けられる

Jabraはデンマークのブランドですが、日本でもサポートを受けられます。公式サイトには、よくある質問が充実しているので、故障を疑ったり使い方がわからない場合は、まず公式サイトを見るのがおすすめです。

 

それでも解決しなければ、メーカーに直接問い合わせましょう。問い合わせ方法は、メール・SNS・電話の3つの方法が可能です。Q&Aでも解決しない場合は、直接問い合わせてみましょう。その際には自分が使用している機種を確認しておきましょう。

まとめ

ここまで、Jabraのイヤホンの選び方のポイント・人気のおすすめをランキング形式でご紹介してきました。ぜひ、今回の記事を参考にして、自分に合ったJabraのイヤホンを選んでみてください。お気に入りのイヤホンで日常をより楽しみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ハンズフリーの人気おすすめランキング15選【運転中のトラック運転手におすすめ!】

ハンズフリーの人気おすすめランキング15選【運転中のトラック運転手におすすめ!】

イヤホン・ヘッドホン
【令和最新版!】ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング15選

【令和最新版!】ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング15選

イヤホン・ヘッドホン
【2023年最新版】イヤホンの人気おすすめランキング20選

【2023年最新版】イヤホンの人気おすすめランキング20選

イヤホン・ヘッドホン
【2023年最新版】JBLのワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング18選

【2023年最新版】JBLのワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング18選

イヤホン・ヘッドホン
【2023年最新版】taotronicsのワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング13選

【2023年最新版】taotronicsのワイヤレスイヤホン人気おすすめランキング13選

イヤホン・ヘッドホン
80人に聞いた!安いワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング20選【格安の日本製も】

80人に聞いた!安いワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング20選【格安の日本製も】

イヤホン・ヘッドホン