【2022年版】ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング20選【icampの評判は?】

ツーリングの際などにするソロキャンプが密かにブームになっています。そんなソロキャンプの際にテントは必需品です。テントには大きいものから軽量の物、おしゃれなデザインのものまで幅広くあります。今回はソロキャンプ用テントの人気おすすめアイテムと選び方を紹介します。

ソロキャンプの快適さはテントで決まる!

毎日のバタバタした生活から抜け出して一人楽しむリラックスタイムは、リフレッシュに最適。実は今、1人の時間を満喫する手段としてソロキャンプが密かなブームになっています。そんなソロキャンプに絶対欠かせないアイテムが、テントです。

 

テントというと「重くて1人では運べないのでは」と考える方もいるでしょう。しかしテントの携行性は上がっており、軽量タイプも販売されています。なんと、1kgちょっとの重さしかないモデルも多いんです!

 

そこで今回はソロキャンプ用テントの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは設営方法・サイズ・重さを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ソロキャンプのテントの選び方

ソロキャンプ用テントは様々なアイテムが販売されています。選択肢が多く、どれを選んだら良いのか分からないという方も多いでしょう。ソロキャンプのテントの選び方を紹介していきます。

シチュエーションで選ぶ

キャンプのシチュエーションによって、選ぶテントも変わってきます。そこでキャンプ、ツーリング、登山にわけておすすめのテントの性能をご紹介しています。

「ツーリング」で移動して使うなら収納性・携行性の良いタイプがおすすめ

ツーリングの場合、最も大切なのは収納性と携行性です。バイクでの移動ですので、コンパクトに収納しなければ持っていけません。メーカーによってはツーリング用のコンパクトテントも販売されていますのでチェックしておきましょう。

 

さらに前室付きのテントを選んでおけば、バイクも軒下に収納できて便利です。丸々バイクが収納できるくらい大きい前室があれば、雨が降っても吹き曝しにさせずにすみます。「大切なバイクも収納したい」そんなあなたは前室付きのテントをチェックしておきましょう。

「登山」で持ち運んで使うなら軽くて耐久性の高いタイプがおすすめ

登山の際のテントで大切なのは軽さと耐久性です。山道を歩くことになる登山では、第一に軽さが大切になってきます。また高山でテントを張る場合は、悪天候を想定した防水性や安全性が高いテントを選ぶことも大切なポイントです。

「平地のキャンプ」で使うなら快適に過ごせるタイプがおすすめ

平地(平野)でのソロキャンプで使うなら、快適に過ごせるテントがおすすめです。周囲のキャンプ客の喧騒にせっかくの一人の時間が損なわれてしまう場合もあります。そんな時でもくつろげるように、前室が広く確保できるタイプのテントがおすすめです。

構造で選ぶ

1人用のテントは主に2種類、シングルウォールテントダブルウォールテントに分けられます。構造によって分かれており、持ち運びやすさが異なるのできちんとチェックしておきましょう。

自転車・徒歩でキャンプ場に向かう方には「シングルウォールテント」がおすすめ

一枚の布地でできているのが、シングルウォールテントです。布地が少ないためコンパクトで比較的軽め。持ち運びがしやすくなっています。自転車や徒歩など、目的地にたどり着くまでにも体力を使う場合におすすめです。

 

また「防水透湿性」が高く、しっかり雨風を防ぎながらテント内にこもった蒸気は逃がしてくれるというのも特徴。持ち運びから撤収まで快適に過ごしたいという方におすすめです。

山へ行く方には「ダブルウォールテント」がおすすめ

ダブルウォールテントは二枚の布地でできているテントのことです。一枚はテント本体に、もう一枚はフライシートという暴風防水対策のための布に使われています。シングルウォールに比べて当然重さも大きさも大きくなりますが、快適性と安心感が段違いです。

 

フライシートは前室としても使えます。前室は靴や椅子を置いたり雨宿りしたり、荷物置き場や調理場としても使える軒ありのスペースです。急な天候の変化が起こる山や、荷物が多い場合も安心ですよ。

設営方法で選ぶ

ソロキャンプでは基本的にテントを1人で組み立てるので、設営方法にも注目して選びましょう。特に初めての場合は必ずチェックしておく必要があります。

初心者は「自立式テント」をチェック

自立式テントは、ポールを立てて立たせるテントを言います。ペグ(釘や杭)やロープが不要なので、初心者でも簡単に設営できます。構造によってポップアップ式テント・ワンタッチ式テントとも呼ばれます。

 

居住性に優れており快適な空間が作れる・お洒落なデザインも多いと、ラインナップは多いです。その一方で、ポールが入るため少々重さが出るのがデメリットと言えます。

慣れてきたらワンポール式など「非自立式テント」も

非自立式テントはポールに加えペグやロープも必要になるタイプです。代表的なものにワンポールテント、ツーポールテントがあります。自立式テントよりもポールが少ないため、比較的軽量・コンパクトに収まります。

 

その一方で一度設置したら場所の移動ができない、ペグやロープで設営しなければならないなど、場所の見極めと設営が少々大変です。テントの設営に慣れてきた方におすすめのタイプです。

初心者でどれを選んだらいいか迷ったら「ワンタッチ式」か「ワンポール式」を

テントの設営方法は、上述の通り自立式・非自立式の2種類です。しかしどちらも一長一短で、迷ってしまいますよね。しかも自立式にはポップアップ式・ワンタッチ式が、非自立式にはワンポール式・ツーポール式がというように4種類もあり困惑している方もいるでしょう。

 

初心者ならその場合は、自立式のワンタッチ式か非自立式のワンポール式に候補を絞るのがおすすめです。ワンタッチ式は自立式の中でもしっかりとした造りをしており、非自立式のような頑丈さがあります。ワンポール式は使うポールが一本のみなので、自立式のように比較的設営がしやすいです。

テントの形状で選ぶ

テントの形状は、ドーム型、ワンポールテント、パップテントの3つに分けられます。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

可愛い丸いフォルムと機能性で幅広い層に愛される「ドーム型」

最も一般的な、半円型のテントです。自立式のテントなので中のスペースが広く使えるという特徴があります。軽いだけでなく風に強く、初心者から上級者まで幅広い層に人気のテントです。迷ったら選んでおきたい形状と言えます。

スマートでスタイリッシュな「ワンポールテント」

ワンポールテントは、度々触れているように非自立式のテントです。中央にポールが立っており、裾が円錐状にのびるおしゃれな形状をしています。可愛いフォルムではなくスマートな印象のあるテントを選びたい方におすすめです。

無骨・ミリタリー系の「パップテント」

もともと軍隊で使われていた、厚手で丈夫な生地を使って作られているのがパップテントです。生地は難燃素材を採用しているアイテムも登場しており、焚火など火を起こす場合も安心。パワフルで野性的なキャンプをしたい方にぴったりです。

素材・性能で選ぶ

テントに用いられる素材はさまざまで、コットン、ポリエステル、ナイロン、アルミなどが挙げられます。ここでは素材と性能について紹介します。

気候に左右されず快適に過ごしたいなら「断熱性」をチェック

3種類ある素材の中でも、特に断熱性に優れているのはコットンです。夏の暑さを遮断し、冬は暖かい空気を逃しません。少々価格が高くなる傾向にありますが、快適な温度で過ごしたい方はチェックしておきましょう。

 

その一方で、雨に濡れると重くなるのがデメリット。キャンプ地の気候も考慮して選びましょう。

強い雨にも安心できるテントが欲しいなら「耐水性」をチェック

テントは当然屋外で使うものなので、急な雨にも耐えられる防水性が備わっていることも重要です。防水性は「耐水圧」で表されます。

 

目安として耐水圧500mmで小雨に、1000mmで並の雨に、1500mmで強い雨にそれぞれ耐えられるとされています。2000mmほどもあれば、強い雨でも安心して過ごせるでしょう。

 

耐水圧をチェックする際はテント本体はもちろん、ダブルウォールタイプはフライシートも忘れずにチェックしておきましょう。

焚火や炭火を使ったキャンプをするなら「難燃素材」をチェック

キャンプでは火を起こしてスペシャルな食事を摂ったり、炎のゆらめきを見つめてリラクゼーション効果を感じたりしたいものですよね。そこで重要になるのが「テントは難燃素材かどうか」です。

 

難燃素材を使っていないテントでは、火の粉が付着して穴が開いてしまうことも。そうなると雨が降ったときや風が強い火などは散々なキャンプになってしまいます。

 

火が燃えにくいものの重いコットン素材を選ぶのもいいですが、軽量のポリエステルなどに難燃加工の施されたものを選ぶと便利です。自分が焚火をしなくても付近で火を起こしている人がいれば着火の危険性はあるので、できれば難燃素材のものを選びましょう。

一人で寝るのに適度のスペースが取れる「サイズ」をチェック

ソロキャンプ用テントの場合、サイズはコンパクトであればあるほど良いと思いがちですよね。たしかに持ち運びにはコンパクトな方が便利ですが、設営後窮屈な思いをしながら眠るのはストレスになりかねません。

 

例えば1人用のテントでコンパクトなものだと横幅が75cm(シングルベッドの横幅未満)になるものも多いです。その幅だと、荷物を置いて眠るスペースも確保するとなるとかなり窮屈になる場合があります。

 

できるだけポリエステルなどの軽量な素材のものを選び、きちんと荷物と自分がストレスなく収まるサイズを選びましょう。

移動手段に適した重さで選ぶ

ソロキャンプの道具の中で最も重量があるのがテントです。持ち運ぶことを考えるとできるだけ軽いテントを選ぶと負担が減ります。テントの軽さで最も影響するのがポールの部分になります。

徒歩・登山箇所があるなら「1kg~2kg」がベスト

徒歩での移動距離が長い・山を登る、といった場合は、できるだけ軽量のものを選ぶと負担が少ないです。目安としては1kg~2kg程度のものを選ぶのがおすすめ。

 

構造は非自立式よりも自立式のテントを、素材ならコットンよりポリエステルを選ぶのがおすすめです。

車やバイク・自転車で近くまで行けず歩くなら「2kg~3kg」まで

「駐車場から予定している場所まで遠く、少し歩く必要がある」そんな場合は3kg程度までのテントを選ぶと便利です。歩く距離に合わせて、無理のない重さを選びましょう。

車・バイク・自転車で近くまで行けるなら「4kg~5kg」も選択肢に

バイクや車で近くまで行けるのであれば、重くても問題ありません。4kgや5kgなどの、持ち歩くには厳しい重さのものも選択肢に入れられます。重さにとらわれず、好みのものを選びましょう。

冬もキャンプするなら「対応シーズン」をチェック

テントの中には、春~秋までの3シーズンにしか対応していないものもあります。でも冬にこそキャンプをしたい!という方もいますよね。その場合は、4シーズン対応のものを選びましょう。

 

表記はメーカーにより異なり、4シーズン対応、オールシーズン、冬も使用可能など様々。冬でも使える旨の表記があるかは、商品説明を見たり聞いたりしてきちんと確認しておきましょう。

メーカーで選ぶ

キャンプ用のテントを販売しているメーカーはたくさんあります。メーカーごとの特徴や国産のテントと外国産のテントの注意点もご紹介していきます。

日本の気候にぴったりのテントを選ぶなら「モンベル」

モンベルは登山家が創立した日本のアウトドアブランドです。キャンプ用テントだけでなく、いろいろなアウトドア用品を開発・発売しています。日本人好みのセット販売などを展開している点や、日本の気候にあったアウトドア用品が揃っているのが嬉しいポイントです。

登山用テントなら「アライテント」

モンベルと同様、日本創業のアウトドアブランドです。主に登山用として販売されているのが多く、高品質なのが特徴。老舗のブランドとして長年アウトドア用品を開発、販売しています。

全製品永久保証!高品質なテントなら「snow peak」

snow peakは、日本に本社を置くアウトドア用品のメーカーです。耐久性の高いものや防水・撥水の機能がしっかりしている高品質のものが多くラインナップされています。ロッジ型シェルターなど一風変わったものも取り扱っており、個性的なアイテムが多いです。全製品永久保証がついている点も、嬉しいポイントです。

個性的で大きいテントが欲しいなら「DOD」がおすすめ

通常のワンタッチテント以外にも、個性的で可愛い「カマボコテント」「タケノコテント」エイテント」ワラビーテント」などを展開するのがDODです。日本に籍を置く会社で、アウトドア用品全般を取り扱っています。

 

X型に部屋が伸びる「クレイジーエックス」半月状の「カマボコテント」大きな窓がいくつも空いた「レンコンテント」など、他のメーカーにはない遊び心と機能性を兼ね備えたモデルもたくさん。テントでも個性を出したいという方におすすめです。

女子におすすめ!おしゃれなテントなら「MSR(マウンテンセーフティーリサーチ)」

アウトドア用品が強いアメリカで創業されたアウトドアブランドです。シチュエーション別で販売されているため、自分の好むシチュエーションに特化したテントを購入できます。また、他のメーカーには無いおしゃれなデザイン展開がされていることも特徴です。

コスパ良しの安いテントなら「Coleman」

コスパの良さで初心者から上級者まで幅広い人気を誇るのが、colemanです。アメリカのメーカーで、アウトドア用品全般を扱っています。設営・撤収がしやすいので、不慣れなうちはチェックしておきたい1社と言えます。

国内でキャンプするなら「国内メーカー」がおすすめ

様々なメーカーがありましたが、そもそも国産と外国産のテントとでは違いがあるのでしょうか。実はもともとアウトドア用品は外国、特にアメリカが強い傾向がありました。しかしテントに関すれば国内メーカーのテントが断然おすすめです。

 

それというのも、日本の気候は外国から見ても非常に特徴的。特にキャンプをする機会の多い夏は高温多湿でよく夕立が降る季節です。そのような特殊な天候にも元々対応しているのが国内メーカーのキャンプ用テントだからです。

 

また外国産のテントでは保証がきちんと対応されなかったり、雨が少ない国で作られたテントは防水性が低かったりと扱いが難しいものも。メーカーがどこ発祥のなのかを調べることも、アウトドアでは大切です。

自立式ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング6選

居住性と使いやすさ重視設計

自立式のダブルウォールテントです。サイズは148×122×97cmと1人用にしては広い空間となっています。重さは1.29kgと軽量なので、持ち運びも楽です。設営はポールを2本立てるだけなので、誰でも簡単に組み立てられます。

 

また従来とは違う視点で設計されたグランドシートとフレームラインが、個性的な台形のテントを形づくっています。さらにペグが使えない場合でも前室の設置が可能。居住性と使いやすさを重視して作られています。

設営方法 自立式 サイズ 148×122×97cm
重さ 1.29kg

口コミを紹介

自転車ソロキャンプ旅用に買って現在までに22泊しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Six Moon Designs (シックスムーンデザインズ)

SMD lunar solo (ルナーソロ)

設営が簡単で初心者にもおすすめ

三角型でコンパクトなソロキャンプ用のテントです。軽量で扱いやすいのが特徴で、サイズは267×199×122cm、重さは驚愕の710g。さらに防水性が高いので急な雨でも安心して使える他、結露しにくいのがおすすめのポイントです。丈夫なメッシュ構造になっており、通気性が良いテントです。

設営方法 自立式 サイズ 267×199×122cm
重さ 710g

口コミを紹介

ともかく、軽量で設営が楽です。今までムーンライト2を使っていましたが、こちらの方がさらに軽量で持ち運びが楽な上設営は瞬時に終了します。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

icamp(アイキャンプ)

ソロテント solo2 広々使える一人用

ゆったりサイズでコンパクト

ジョイントポールに軽くて丈夫なアルミ合金を採用した自立式テントです。サイズが215×100×110cmと横幅が広いのでゆったりしたソロキャンプを満喫できるでしょう。

 

天井部と出入り口の反対側に窓があり通気性が良く、夏場でも快適に過ごせます。重さは1.6kgと軽く、徒歩でキャンプ地に向かう場合もおすすめですよ。

設営方法 自立式 サイズ 215×100×110cm
重さ 1.6kg

口コミを紹介

1.6kgと軽いテントにもかかわらず、丈夫に作られていてとてもいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アルパインデザイン

Alpine DESIGN ポップアップュシェルターテント

自立式で設営楽々!

自立式のポップアップなので、設営が簡単にできるテントです。また別売りのコット(簡易ベッド)を使えば、そのまま座ると痛い砂利の上でも快適に過ごせます。ベンチレーション(換気装置)もついているので、空気が籠もることもありません。

 

のびのびと過ごせるテントを探している方におすすめです。

設営方法 自立式 サイズ 約253×203×80cm
重さ 2.6kg

口コミを紹介

自分はこれをDODのコットに乗せる形で設営しました。自分は身長175cmですが、寝る上では頭も足も当たらず、特に狭さを感じる事なく寝返りも打てるくらいで、コットと併用すれば当然、砂利の上だろうが平気で眠れます。ポップアップなだけあって設営もかなり楽で、タープのおまけみたいに設営できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

優雅なソロキャンプを計画している方におすすめ

大きめサイズのテントです。サイズが200×150×110cmと複数人でも過ごせるテントなのに、重さはわずか1kg。持ち運びが非常に便利です。また自立式(ワンタッチテント)なので、初心者の方にもおすすめです。

設営方法 自立式 サイズ 200×200×135cm
重さ 1kg

口コミを紹介

中身を取り出したら直ぐに広がるので直ぐに設置して使えて便利です。また、デザインも期待通りで気に入ってます。二本のリングしっかりしてますので丈夫な作りになってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広のシェルターにも通常のテントにもなる2in1テント

OUTBACK RETREATシェルターテントは、全面メッシュの風通しの良いシェルターにも、幅広のひさし付きテントにもなる2in1のテントです。非常に開放感があり、リフレッシュできます。

 

またポールはアルミニウムなので、4本付きでも3.7kgにとどまります。途中まで自転車や車で運べれば、キャンプ地まで少し離れていても持ち歩ける重さです。ソロキャンプでしがらみから解き放たれて、思いっきり空気を吸いたい!そんな方におすすめです。

設営方法 自立式 サイズ 約3.7m*1.3m*1.2m
重さ 3.7kg

口コミを紹介

キャンプで一度使いました、設営も簡単で特に問題なく使用できました!インナーテントも思ったより広く2人なら余裕です。作りもしっかりしているので安心です。雨の時の耐水性などは今後使っていって確認していきます。いまのところ満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

自立式ソロキャンプ用テントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 設営方法 サイズ 重さ
1
アイテムID:8003560の画像
OUTBACK RETREATシェルターテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

幅広のシェルターにも通常のテントにもなる2in1テント

自立式 約3.7m*1.3m*1.2m 3.7kg
2
アイテムID:8003554の画像
テント

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

優雅なソロキャンプを計画している方におすすめ

自立式 200×200×135cm 1kg
3
アイテムID:8003542の画像
Alpine DESIGN ポップアップュシェルターテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

自立式で設営楽々!

自立式 約253×203×80cm 2.6kg
4
アイテムID:8003518の画像
ソロテント solo2 広々使える一人用

Amazon

詳細を見る

ゆったりサイズでコンパクト

自立式 215×100×110cm 1.6kg
5
アイテムID:8003509の画像
SMD lunar solo (ルナーソロ)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

設営が簡単で初心者にもおすすめ

自立式 267×199×122cm 710g
6
アイテムID:8003506の画像
オニドーム1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

居住性と使いやすさ重視設計

自立式 148×122×97cm 1.29kg

非自立式ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング14選

14位

ロゴス(LOGOS)

Tradcanvas ツーリングドゥーブル・DUO-BJ

ロングノーズシルエットで広い前室が実現!

画像のように、前室が前に大きく出ているタイプのテントです。そのためチェアやテーブル、調理場などの設営も余裕をもってできます。ソロキャンプを存分に楽しめるテントです。

 

また全面に雨風の侵入を防ぐマッドスカート付き、耐水圧も2000mmと強い雨にも耐えられます。4.9kgと少々重めなので車移動する方向けにはなりますが、山で存分に活躍してくれるテントと言えます。

設営方法 非自立式 サイズ 385×220×140cm
重さ 4.9kg

口コミを紹介

設置は初心者でも1人でできました。持ち運びするバックに説明書がついてる為現地で迷わず見ながらできます。ペグは所詮セット品なので硬い地面だと、苦労しますが消耗品なのでダメになったら自分が気になってる物に買い換えるのがいいと思います。コンパクトに収まりバイクに積みやすいサイズかとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

エクスギア ソロ テント

前後方に出入り口のあるテント

210×70×1.8cm、重さは2.18kgと軽量の非自立式テントです。軽くて丈夫なジュラルミン7100製ポールを採用しています。ポールの色を変えてあり、設営で迷わない工夫がされていて初心者にもおすすめ

 

また前室は高さと広さを持たせたワイド設計、出入り口は後方にもあるといった特徴があるので、前室が荷物で埋まってしまっても安心です。

設営方法 非自立式 サイズ 210×70×1.8cm
重さ 2.18kg

口コミを紹介

慣れていないテント張りをしてみましたが、2ポールで非常にわかりやすく、最初は手間取りましたが2回目以降5分以内に組み立てられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

全てにおいてコンパクト

前から後ろに向かって空間が小さくなっていく、独特な形のテントです。サイズは110×220×106-58cmで重さは2.1kgと比較的軽量。自転車やバイクでのツーリングにもおすすめです。

 

「ムーンライトテント」は、月明かりでも簡単に設営できるよう設計されたモンベルの最も歴史があるモデル。雨の多い日本の気候にぴったりで防水性・通気性が抜群です。

設営方法 非自立式 サイズ 110×220×106-58cm
重さ 2.1kg

口コミを紹介

今、ソロ用テントを探してる方。2万円代であれば一番のおススメです。
ワンポール、ドーム、などに比べて設営の簡単さ、細部に渡る作りの丁寧さは、流石の一言に尽きる。

出典:https://www.amazon.co.jp

通気性抜群で耐水性も良い

通気性と防水性に優れている非自立式テントです。サイズは210×100×110cmで重さは2.4kgとこちらも軽量タイプ。フレーム2本のシンプルな構造で、組み立ても楽に終えられます

 

フライシートがテント全体を覆わない構造になので通気性が良くて熱がこもりにくいのが特徴です。耐水性シートが入り口のドアの下側にあり、雨の日でも安心して使えます。

設営方法 非自立式 サイズ 210×100×110cm
重さ 2.4kg

口コミを紹介

1人で使うにはちょうどよく、軽くコンパクトで助かりました。チャックがたくさんあり、暑い日でも使用出来そうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

寒い季節にも使いやすいソロキャンプ用テント

扉がメッシュとクローズの両方できるタイプのテントです。スペースは210×150×170cmと広く、重さは4kgと少々重め。車移動や、バイク・自転車が使える場合におすすめです。前室が広いので荷物置き場の役割も担ってくれますよ。

設営方法 非自立式 サイズ 210×150×170cm
重さ 4kg

口コミを紹介

ワンポールなんで設営はカンタンです。ツーリングドームSTより室内は広いです。前室はなかなか使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

コールマン(Coleman)

テント ツーリングドームST 1~2人用

前室に高さがあるソロキャンプ用テント

コールマンから販売されているダブルウォールテントです。非自立式のテントですが1人でも設営しやすいアシストクリップ付きなので初心者でも設営可能です。

 

サイズは210×120×100cmですので広さも十分で窮屈にはなりません。前室付きなので荷物や自転車収納ができ、便利です。

設営方法 非自立式(ポールポケット) サイズ 210×120×100cm
重さ 4.4kg

口コミを紹介

大人の男性一人と、ソロキャンプ道具一式の荷物を一緒に入れたらピッタリです。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量だから持ち運びに便利

防水性に優れているドーム型のテントです。二層構造になっていてシェルターの下にインナーテントを吊り下げ式で置きます。またインナーテントを外すとシェルターとしても使用可能です。2人用なので、広々とした空間でソロキャンプを楽しみたい方におすすめです。

設営方法 非自立性 サイズ 143×245×110cm
重さ 1.71kg

口コミを紹介

使用感については、まず売り文句通り、とにかく設営が楽です。疲れた身体でも全然苦にならないし、撤収も早い。本体の収納袋は余裕をもって作られているので、神経使わずに入れられるのも個人的には高評価です。

出典:https://www.amazon.co.jp

オールシーズン使用できる

防水・防風・防虫に優れたテントです。非自立式ですが一体型のポールを採用しており、初心者でもスムーズに設営することができます。重さが1.333kgでダブルウォールタイプのテントとしては最軽量クラスです。インナーテントはマイクロメッシュを採用、通気性が良く結露を軽減してくれます。

 

カラーバリエーションは6種類。サイズの違いがあるものの、比較的好みの色を選べます

設営方法 非自立式 サイズ 215×60×125cm
重さ 1.333kg

口コミを紹介

ソロキャンプに使用しています。驚くほど軽く収納時はコンパクトになるので、ソロキャンプにはもってこいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

通気性抜群でおすすめのソロキャンプ用テント

様々な機能を兼ね備えたテントです。インナーテントはオールメッシュ素材なので通気性が抜群。快適に過ごせます。重さはたったの1.88kgなので、持ち運びも楽にできます。室内にはランタン用のフックや小物収納に便利なポケットなど、あると嬉しい機能が満載です。

設営方法 非自立式 サイズ 200×90×100cm
重さ 1.88kg

口コミを紹介

作秋に購入して、今年の夏に北アルプス縦走4泊5日、白馬岳1泊、燕岳1泊で使用しました。雨や強風時でも大丈夫でしたので今後も使っていきます。シュラフをケチってモンベル♯5にしたので夜中に寒くなることがありましたので、♯3を買う予定です。

出典:https://www.amazon.co.jp

寝転がりながら空が見られるテント

迷彩柄が素敵なコンパクトサイズのテントです。出入り口と天井部分はメッシュ素材を採用しているため通気性もばっちり。

 

天井部分のトップカバーを外せば空を見上げられ、星空の観測ができます。日々の疲れを癒してくれるひと時を過ごせますよ。重さはわずかに920gなので、持ち運びも便利です。

設営方法 非自立式 サイズ 200×100×85cm
重さ 920g

口コミを紹介

収納が楽!あまりタイトに畳まなくても付属の袋にすっぽり収まります!意外とこれは重要!
ツーリング時に、変な所で時間をとられずに済む!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コンポジット

FIELDOOR フライシート付キャンプテント

テントを閉めたまま換気ができる

サイズが210×105×110cmとゆとりがあるので、ゆったりと過ごしたい方におすすめです。

 

前室があるので荷物置き場もばっちり。ポールは軽量のジュラルミン素材が使われています。また両サイドにベンチレーション(換気装置)を搭載しているので、「空気が籠もって不快!」という思いをせずに済みます。

設営方法 非自立式 サイズ 210×105×110cm
重さ 2.2kg

口コミを紹介

本体のポールの接続部の仕上げやロープも金額を考えると、大変満足のいくクオリティでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

インナーテントは快適な全面メッシュ

インナーテントが全面メッシュで風通しが抜群のテントです。もちろん外側のカバーをかければ雨風をしのげます。またカバーをすれば前後に空間ができるため、雨天時に出入りしてもテント内が濡れない、荷物置き場や靴置き場として使えるなど便利です。

 

重さは2.6kgと歩きでキャンプに向かうには少々重め。ツーリングや車で向かう際におすすめです。

設営方法 非自立式 サイズ 約210cm×130cm×85cm
重さ 2.6kg

口コミを紹介

ソロテントとして購入
コンパクトで作りもしっかりしていると思います

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シンプルで簡単な設営が特長のワンポールテント

BUNDOK(バンドック) のソロ ティピー 1 TC BDK-75TC は、センターポールで立ち上げてペグダウンするだけのシンプルで簡単な設営が特長のワンポールテントです。

 

フライの素材は、ポリエステルとコットンの混紡で、火の粉にも強く冬場では結露も軽減する仕様になっています。また、冷気を遮断するスカートが付いている点も魅力です。

設営方法 非自立式 サイズ 220x100x135cm
重さ 4.8kg

口コミを紹介

ソロティピー1TCを遂に入手。道志村で実戦投入した。人気なのが頷ける格好良さ。通常の張り方とは違う、オリジナルの張り方をしてみた。

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブル価格と軽量性が魅力

BUNDOK(バンドック)のソロティピー1 BDK-75は、1万円台のリーズナブル価格と2.2kgという軽量性が魅力。四角にペグを打って中央のポールを立てれば簡単に設営できるワンポールテントです。

 

インナーはメッシュになっており、暑い夏には通気性を確保してくれます。また、比較的に広めの前室が付いているので、居室とは別にさまざまな用途に使えて便利です。収納ケース付なので携帯や収納にも便利です。

設営方法 非自立式 サイズ 220 x 100 x 135 cm
重さ 2.2kg

口コミを紹介

綺麗に拘って張ると少し手間取りますが、大雑把に、とりあえず設営というだけなら慣れれば5分程で出来るかと思います。なんと言っても魅力は前室の広さ。居室では調理や飲食に少々気を遣いますが前室であれば気を遣わず、雨の日も前室で全て完結出来ちゃいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

非自立式ソロキャンプ用テントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 設営方法 サイズ 重さ
1
アイテムID:8004137の画像
ソロティピー1 BDK-75

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

リーズナブル価格と軽量性が魅力

非自立式 220 x 100 x 135 cm 2.2kg
2
アイテムID:8004122の画像
ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルで簡単な設営が特長のワンポールテント

非自立式 220x100x135cm 4.8kg
3
アイテムID:8003557の画像
TARAS BOULBA ALRP ブラック

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

インナーテントは快適な全面メッシュ

非自立式 約210cm×130cm×85cm 2.6kg
4
アイテムID:8003551の画像
FIELDOOR フライシート付キャンプテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

テントを閉めたまま換気ができる

非自立式 210×105×110cm 2.2kg
5
アイテムID:8003548の画像
テント コンパクト 迷彩柄

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

寝転がりながら空が見られるテント

非自立式 200×100×85cm 920g
6
アイテムID:8003545の画像
ソロ ドーム 1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

通気性抜群でおすすめのソロキャンプ用テント

非自立式 200×90×100cm 1.88kg
7
アイテムID:8003539の画像
テント 2人用 アウトドア

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

オールシーズン使用できる

非自立式 215×60×125cm 1.333kg
8
アイテムID:8003536の画像
ファル Pro.air 2

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量だから持ち運びに便利

非自立性 143×245×110cm 1.71kg
9
アイテムID:8003533の画像
テント ツーリングドームST 1~2人用

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

前室に高さがあるソロキャンプ用テント

非自立式(ポールポケット) 210×120×100cm 4.4kg
10
アイテムID:8003530の画像
ワンポールテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

寒い季節にも使いやすいソロキャンプ用テント

非自立式 210×150×170cm 4kg
11
アイテムID:8003527の画像
ツーリングドーム

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

通気性抜群で耐水性も良い

非自立式 210×100×110cm 2.4kg
12
アイテムID:8003524の画像
ムーンライトテント 1型

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

全てにおいてコンパクト

非自立式 110×220×106-58cm 2.1kg
13
アイテムID:8003521の画像
エクスギア ソロ テント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

前後方に出入り口のあるテント

非自立式 210×70×1.8cm 2.18kg
14
アイテムID:8003515の画像
Tradcanvas ツーリングドゥーブル・DUO-BJ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ロングノーズシルエットで広い前室が実現!

非自立式 385×220×140cm 4.9kg

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

本記事ではソロキャンプ用のテントに関してご紹介していますが、以下の記事ではキャンプコットに関して専門家監修の元、人気おすすめランキングをご紹介しています。是非、本記事と併せて参考にしてみてください。

ソロキャンプ用テント設営時の注意点

テントの設営は、注意して場所を選びましょう。急な雨が降ってきた時に、テントに雨水が入らないよう水はけが良い場所を選ぶ、などの工夫が必要です。それぞれチェックしておきましょう。

日陰や木の下は水はけが良い

テントは、日陰や木の下に設営するのがおすすめ木の下は水はけがよいだけでなく、直射日光から守ってくれます。しかし一本だけ立っている木の下は、落雷の可能性があるため避けてください。

 

また、木には虫が住み着いていることが多いので、虫が落ちてきたりテントの中に入ってきたりする場合があることも頭に入れておきましょう!

命の危険もある川辺は避ける

川辺へのテント設営は危険なので避けましょう。テントを張ったときは水位が低い場合でも、急な雨などによって水位が急激に上昇してしまうことがあります。さらに、寝ている間に水位が上がると命を落とす危険性があります。さらさらと流れる川の音を聞いて眠りたいところですが、注意が必要です。

テントが飛ばされないよう風の通り道は避ける

風が吹き抜ける場所にテントを設置してしまうと、強風によって飛ばされる可能性があります。危険なので必ず風の吹き抜けない場所に設営するようにしてください。

ソロキャンプ用テントの張り方

テントは、まずきちんと広げておきます。ポールを指定位置からクロスするように差し込んで、エンドピンにしっかり差し込みましょう。次にインナーテントについているフックをポールにひっかけます。

 

フロントポールをU字に伸ばしたら、出入り口の脇にあるエンドピンに差し込んでください。次にインナーテントについたテープをフロントポールに巻き付けます。その後、フロントポールの反対側の入り口上部にあるフックにリアバイザーボールを設置します。

 

最後に、ペグを、リッジポールを天井部分にある小窓に差し込む、フライトシートの順に設置します。フライトシートとインナーテントを接合し、フライトシートをペグダウンしたら設置完了です。

ソロキャンプ用テントに関する記事はこちら

ソロキャンプ用テントについてご紹介しましたがいかがでしたか?最後に、ソロキャンプ用テントに関するその他の記事をご用意しているので合わせてご覧ください!

まとめ

ソロキャンプ用のおすすめのテントと選び方を紹介しました。しっかり吟味し、あなたにぴったりのテントでソロキャンプを楽しんでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

キャンプ・アウトドア用テーブルの人気おすすめランキング20選【コスパ最強の安い商品も!】

キャンプ・アウトドア用テーブルの人気おすすめランキング20選【コスパ最強の安い商品も!】

アウトドアテーブル
【2022年版】ワンタッチテントのおすすめ人気ランキング20選【最強の簡易テントも】

【2022年版】ワンタッチテントのおすすめ人気ランキング20選【最強の簡易テントも】

テント
ワンタッチタープの人気おすすめランキング15選【組み立て簡単!安いものも!】

ワンタッチタープの人気おすすめランキング15選【組み立て簡単!安いものも!】

タープ・シェルター
【2022年最新版】インフレーターマットの人気おすすめランキング20選【登山、キャンプにも】

【2022年最新版】インフレーターマットの人気おすすめランキング20選【登山、キャンプにも】

キャンプ用マット・スリーピングパッド
寝心地の良いベッドの人気おすすめランキング16選【快眠マットレスを多数紹介】

寝心地の良いベッドの人気おすすめランキング16選【快眠マットレスを多数紹介】

家具
【2022年版】iPhoneスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【音質最高】

【2022年版】iPhoneスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【音質最高】

スピーカー