掃除機のおすすめランキング15選を紹介!【おすすめ商品徹底比較】

記事ID915のサムネイル画像

快適に生活するには欠かせない掃除機。掃除機にはサイクロン式や紙パック式、ハンディタイプなど様々なものがあります。静音性の高いものは軽量なものなどその選び方も様々あります。そんな掃除機の選び方やおすすめ商品のランキングなどをご紹介します。

掃除機のおすすめ商品は?

高性能の掃除機が次々と販売されていて、新しい良い掃除機が欲しいなぁと思っている方もいるのではないでしょうか。掃除機を購入する際に皆さんが重視するものといえば、吸引力や軽量さでしょう。

 

しかし、他にも集塵方法や電源の種類、静音性など様々な選び方ができます。

 

そこで今回は、掃除機の選び方やおすすめ商品のランキングなどをご紹介します。

 

掃除機のお手入れ方法も合わせてご紹介しているので、最後までお見逃しなく!

人気のおすすめ掃除機ランキング15選

15位

日立(HITACHI)

紙パック式 掃除機 CV-PE80-H

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型でもパワフルな紙パック式掃除機

本体重量が3.4kgとキャニスター式としては軽量で小型なので扱いやすい掃除機です。

 

ヘッドにパワーブラシが搭載されているので力強くゴミを掻き込んでくれます。手首の操作でヘッドが左右90度曲がるので壁際も楽に掃除出来ますし、床までヘッドを倒すことが出来るのでベッドの下も奥までしっかり掃除出来ます。

電源コード集塵方式紙パック
キャニスター

口コミを紹介

やはり紙パック式は衛生的で満足です。吸引力も充分すぎるほど強いです。
同じ日立の旧式クリーナーから大きな変更点はありませんが、そこが信頼感に繋がっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

痒い所に手が届く商品を生み出すアイリスオーヤマ

重心が下にあるので体感重量は430gという驚異的な軽さが特徴の掃除機ですです。

 

スリムなボディですが吸引力もバッチリで、ほこり感知センサーで効率的に吸い込むことで運転時間を延ばしています。静電モップをセットにすることで1度で掃除機をかけにくい場所も同時に掃除できるアイリスオーヤマらしい掃除機です。

電源コードレス集塵方式紙パック
スティック

口コミを紹介

静電モップがついて、さらに掃除機を充電アダプターに立てたままでモップについたホコリが掃除できるのが気に入り購入しました。TV台がダークブラウンで結構ホコリが目立つのでTV台の横に設置してます。掃除機自体も軽量、作動音も静かなほうできちんと吸ってくれるので満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ツインバード

スティック型クリーナー ホワイト TC-EA35W

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格のシンプルな掃除機

掃除機としては非常にシンプルな機能ですが、3000円代で購入できる手頃な価格が特徴の掃除機です。

 

サイズもコンパクトで自立するので1人暮らしには十分ですし、2台目としも置き場所に困ることもありません。この価格ながら、コード付きですがハンディとしても使用できるので多くの機能を求めない人におすすめです。

電源コード集塵方式サイクロン
スティック

口コミを紹介

使い始めて半年たちましたが、吸引力そのまま。スリムなので起き場所も選ばず、大助かりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

山善(YAMAZEN)

掃除機 クリーナー ZKC-300(W)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴミを吸い取れればいい人向けの掃除機

置き型キャニスタータイプの極シンプルな掃除機です。

 

デザインも白で統一され扱いやすく、紙パックの交換やフィルターのお手入れも簡単に出来ます。シンプルで扱いやすさにこだわっている分多くも機能は望めませんが、その分価格もお手頃でなにより壊れにく掃除機になっています。

電源コード集塵方式紙パック
キャニスター

口コミを紹介

シンプルな機能で高齢の親でも使いやすいみたいです。コンパクトで良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

東芝

TORNEO mini (トルネオ ミニ) VC-C6-R

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な軽さと落ちない吸引力の掃除機

本体重量がわずか2.2kgしかない超軽量ボディは誰でも手軽に扱うことが出来ます。集めたゴミは圧縮されるので、捨てる時に埃が舞いにくいものうれしいポイントです。

 

自走式のヘッドで力を入れることなくグイグイ進むので日々の掃除が楽に出来ます。最新モデルが発売されたばかりなので、価格が下がりお買い得な掃除機です。

電源コード集塵方式サイクロン
キャニスター

口コミを紹介

買って帰った後の意見では、とても使いやすく買って正解だと言われました。見た目もかわいくて大好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ツインバード

コードレススティッククリーナー シルバー TC-E261S

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュでおしゃれな掃除機

スリムなボディでどんなインテリアにも合わせやすいシンプルなデザイン性の高い掃除機です。

 

壁掛け収納が出来るのでリビングに置いても空間を損なうことなく収納出来ますし、気になった時にすぐ掃除機をがけることが出来ます。ヘッドはパワーブラシで吸引力も十分なのでインテリアと生活の便利さを両立させる掃除機です。

電源コードレス集塵方式紙パック
スティック

口コミを紹介

とても軽くて女性にはありがたいです。アパートなので、付属の壁への取り付け器具は使えませんでしたが、立て掛けていてもシンプルなので気になりません。取っ手のちょうど壁にあたる部分に滑り止めのようにゴムが付いているので壁から滑って倒れることも有りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

日立

パワーブーストサイクロン CV-SF900-R

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立のキャニスタータイプ掃除機の最新モデル

最新モデルだけあってお値段は少し高めですがその分高性能な掃除機です。吸引力の強さの目安になる吸引仕事率は410Wとかなりのハイパワーです。

 

排気も吸い込んだゴミを99.999%逃さないのでお子さんがいる家庭でも安心して使用できます。ダストボックスやヘッドブラシまで取り外して水洗い出来るので衛生的です。

電源コード集塵方式サイクロン
キャニスター

口コミを追加

ダイソンのコードレスを使ってましたが、吸引力の弱さに不満があり色々WEBで比較して、こちらの商品を購入しました。結果は、大満足で吸引力は3倍以上に感じます。掃除しててストレスが解消され、掃除機をかける手間が楽しくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Shark

EVOFLEX (エヴォフレックス)S30

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本に上陸したボストン生まれの掃除機

ボストンのメーカーが日本の住環境やユーザーのニーズに合わせて開発をしたのがこの掃除機です。そのため日本人の体格に合ったサイズ設計がされています。

 

手元のボタンで折れ曲がるパイプも特徴で、屈むことなく家具の下を掃除出来ます。バッテリーは装着中でも取り外しても充電できるので場所を選ばず設置できます。

電源コードレス集塵方式サイクロン
スティック

口コミを紹介

スティックが曲がるので体勢を変えなくてもテーブルの下を掃除できるのは便利です。ヘッドも何種類かあり用途によって使い分けれるので便利です。バッテリーが2つあって1つが切れてもすぐ交換できるのでとても重宝します。ダイソンの様に中のゴミが見えてダストパック要らずなのも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東芝

コードレス VC-NXS2-R

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメトークの家電芸人でも紹介された掃除機の最新モデル

特徴的な本体の形は上下の区別がないため、方向転換した際にひっくり返ることなくスムーズな移動が出来ます。

 

稼働時間も最長60分と長く、本体を充電器を兼ねたダストステーションに戻すと自動で集めたゴミを回収しフィルターまでお手入れしてくれるので手間が省け掃除を楽にしてくれます。

電源コードレス集塵方式サイクロン
キャニスター

口コミを紹介

コードレスでこの形は気に入りました、吸引力も申し分ありません。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

日立(HITACHI)

かるパック シャンパン CV-PC500 N

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて静かなやさしい運転音の掃除機

近年はサイクロン式の掃除機が多く販売されていますが紙パック式もお手入れのしやすさや、ゴミを捨てる際に埃が飛び散らないので根強い人気があります。

 

そんな紙パック式の中でもかるパックは、比較的静かな運転音と高精度のフィルターによるキレイな排気で人気が高いです。紙パックの交換もしやすく使いやすい掃除機です。

電源コード集塵方式紙パック
キャニスター

口コミを紹介

99.999%の集塵補集性能とのことで、サイクロンに迫る性能です。ヘッドも軽く操作しやすく、床の上を滑るように掃除ができて爽快です。排気口も仰角を向いており、壁際で発進しなければ、床上のほこりを舞い上げてしまうことも最小限で、かなり細かい点にまで配慮が行き届いた素晴らしい製品作りと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Dyson (ダイソン)

Dyson Ball Turbinehead CY25 TH

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の吸引力でおなじみのダイソンのキャニスタータイプ

24個のパワフルなサイクロンで実現した吸引力はやはり見逃せません。カーペットや犬や猫などペットがいるご家庭では大活躍してくれます。

 

高精度のフィルターで排気もキレイですし、ダイソンボールはコンパクトで小回りもきくので使いやすく収納しやすい点も大きな魅力になっています。

電源コード集塵方式サイクロン
キャニスター

口コミを紹介

以前からダイソン商品を使用してます。以前の掃除機は、型も古く思いし小回りがきかないタイプで、ヘッド部分も弱く感じました。今回のものは、毎日使っていますがとても使いやすいし、音もそんなに、気にならないのと小回りもきき、ヘッドもいろいろ付属品がありました。掃除を使うのが楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

三菱電機

iNSTICK(インスティック) ピンクゴールド HC-VXG30P-N

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台4役の多機能掃除機

スタイリッシュな見た目でリビングにも調和するデザインのスティック型掃除機ですが、こちらはそのまま空気清浄機としても使用でき、ハンディクリーナー、ふとんクリーナーとしても使える1台4役の掃除機です。

 

空気清浄機と一体化させることで収納を確保する必要もなく使い勝手の良さも実現させたアイデア掃除機です。

電源コード集塵方式サイクロン
スティック

口コミを紹介

このアイデアとフォルムに感動です。機能的にも優れていて、ゴミもいっぱい吸ってくれるので、キレイになった実感がアリアリです。きょうはどれだけのホコリがたまるかなぁ~って楽しみで、掃除機がけが大好きになりました。掃除機はコードレスに限りますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

パナソニック(Panasonic)

プチサイクロン  ローズゴールド MC-SR560G-N

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れいらずで楽ちんのキャニスター型掃除機

本体重量が2.6kgとコンパクトな掃除機ですが、掃除機内部に独自のコーティングがしてあるので、ゴミが付着しづらく詰まりにくいので日々の溜まったゴミの処理さえしていれば場合によりますが、2年間お手入れなし大丈夫という楽ちん掃除機です。

 

ハウスダストセンサーで微細なゴミも見逃さずに吸い取る力強さも併せ持ちます。

電源コード集塵方式サイクロン
キャニスター

口コミを紹介

強すぎる吸引力でモーターヘッドブラシが軽くスイスイ掃除を進めてくれます。小型の本体と軽量ノズルで小回りが利き手に持って掃除をしても苦になりません。狭い隙間もゴミ捨てもワンタッチで出来て至れり尽くせりです。メンテナンスも丸洗いでフィルターレスなので目詰まりの心配からも解放されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Electrolux (エレクトロラックス)

エルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワー オンライン限定モデル (グラニットグレー)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧ブランドのおしゃれ掃除機

スウェーデンから来たスタイリッシュな掃除機は人気の北欧デザインだけあっておしゃれな見た目です。

 

もちろん掃除機としても使いやすく、しっかりとした吸引力に操作性の高さ、ワンタッチでハンディになる手軽さがあります。ふとんクリーナーとして優秀で、UVが照射できるノズルでダニや埃をしっかり除去してくれます。

電源コードレス集塵方式サイクロン
スティック

口コミを紹介

部屋の隅や家具の裏側などサッと掃除できます。コードを挿す手間がないだけで、こんなに掃除する意欲があがるとは。スティックにして床の掃除をするときも、動かしやすいですね。コードレスでも吸引力がきちんとあります。布団クリーナーとしても使え、ありがたいかぎりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

dyson(ダイソン)

Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスでも強い吸引力を実現

ダイソンの独自技術によって実現した0.3ミクロンという微細な粒子まで吸い取れるスティック掃除機です。コードレスやスティックタイプの吸引力に不安がある人でも安心して使用できます。

 

フル充電で最大60分使用できるのも魅力で、アタッチメントも豊富なのでどこを掃除するにも困ることはありません。

電源コードレス集塵方式サイクロン
スティック

口コミを紹介

静かでとても使いやすいです。髪の毛もダストボックスに吸い込まれて行きます。賃貸なので壁に収納ケースを取りつけられませんが掃除機単体で独立してくれます。インテリアにもなじむので掃除機を出しっぱなしにしておいても大丈夫です。高い買い物でしたが思い切って買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

掃除機の選び方

様々なタイプがある掃除機ですが、現状ハイパワーで静かで軽くておしゃれでといった全てを兼ね備えた掃除機は存在しません。それぞれの生活スタイルや好みによって自分にあった掃除機を選ぶ事が重要です。そこでここからは掃除機選びのポイントをご紹介したいと思います。

電源の種類で選ぶ

掃除機の電源にはコード付きかコードレスの2種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるので使用目的によって選ぶ事がおすすめです。

「コードレス」掃除機ならどこでも使えて便利

近年発売されているモデルに多く採用されているのがコードレスタイプです。充電式のバッテリーを搭載し、軽量でコンパクトな商品が多いので女性でも手軽に扱うことが出来ます。

 

掃除をする際、いちいちコンセントにコードを挿す手間がないので、気になった時にすぐ使うことが出来ますし、移動する時もコードが絡んだり範囲の制限なく掃除機をかけることが出来ます。

 

商品にもよりますが、フル充電状態で約30分、長いものだと最大60分も使えるものもあります。技術の進歩で使用時間は伸びている傾向ですし、吸引力も比較的強力になってきています。手軽さを求める人におすすめの掃除機です。

「コード付き」掃除機なら安定した吸引力で長時間使える

コード付きの掃除機はコードレスに比べて不便なイメージかもしれませんが、長時間使用するならコード付き掃除機がおすすめです。コードレスは充電を使い切ってしまうとしばらく使用できない商品もあるので、徹底的に掃除機をかけるならコードレスではスタミナ不足です。

 

また改善傾向にはありますが、コードレスの場合充電量が減ってくると吸引力も弱くなる場合がありますが、コード付きは安定して吸引力が維持出来る点も魅力です。

 

また、普段の掃除はロボット掃除機などで普通の掃除機はたまにしか使わない場合もコード付きがおすすめです。コードレスはバッテリーが消耗品になるので使用頻度が低い場合はコスパが悪くなってしまいます。

「集塵」方式で選ぶ

集塵方式というとわかりにくいですがサイクロンタイプが紙パックタイプかになります。紙パックは昔からの馴染みがあるタイプですが、サイクロンはダイソンで有名になりました。主にお手入れの面で違いがあるので自分に合ったタイプを選ぶ事が大事です。

吸引力が落ちにくい「サイクロン」

サイクロンタイプは遠心力の力で吸い込んだ埃やゴミと空気を分離し、空気だけを排出しダストカップにゴミを集めます。その為排気がキレイで、紙パックを必要としないのでコストもかかりません。

 

また、ゴミをこまめに捨てられるので吸引力が落ちにくい特徴もあります。ただ吸引力を維持するためにはダストカップやフィルターのお手入れは必須ですし、ゴミを捨てる際やフィルターを掃除する時に埃が舞いやすい場合があります。

 

衛生面が気になる場合はダストカップやフィルターが丸洗い出来るものを選ぶと安心です。最近では高級モデルにはなりますが、お手入れが楽なフィルターレスのサイクロン掃除機も登場しているので、どれだけお手入れが必要か確認するのがおすすめです。

お手入れが楽で衛生的な「紙パック」

紙パックタイプは使い捨ての紙パックにゴミを集め、溜まったらそのまま捨てられるので紙パックを定期的に購入するコストはかかりますが非常にお手軽で、紙パックを交換する際にも雑にやらない限り埃も舞いにくいので衛生的でもあります。

 

また紙パック自体がフィルターの役割も果たしているので、こまめなフィルター掃除などの手間が必要ないのでお手入れが楽というメリットもあり、昔ながらのタイプですが根強い人気があります。

 

ただ、サイクロンタイプとは違い排気される空気はゴミと分別されていないため、ゴミが溜まっていると臭いや微細な粒子が気になる場合があります。ゴミの容量が増えるにつれて吸引力も弱まる傾向にあるので紙パックは常時一定数用意しておく必要があります。

形で選ぶ

掃除機には主にスティックタイプとキャニスタータイプの2種類があります。スティックタイプであっても充電の必要があればどこに充電スペースを作るかを考えなければなりません。それぞれで使用感も変わってきますが自宅の収納スペースから逆算するのもおすすめの選び方です。

 

また、全自動式のロボット掃除機もあります。

「スティックタイプ」はハンディークリーナーとしても使える!一人暮らしの方にもおすすめ

スティックタイプは最近最も人気のある掃除機のタイプです。スタイリッシュな見た目のものが多く、軽量で誰でも手軽に使用することが出来ます。コードレスタイプの商品が多いですがコード付きの商品も存在します。

 

コードレスタイプの場合、充電器にセットして置いておくことが多く、リビングにも馴染むデザインであれば気軽にすぐ使うことが出来ます。ハンディクリーナーとしても使用できる商品が多いので、1人暮らしから1軒家まで幅広い用途で使用できます。

 

細身で場所を取りませんが、生活感が出て気になる人はバッテリー単体で充電できる機種を選ぶと掃除機はしまっておくことが出来るのでおすすめです。人によっては2台目の掃除機としてもおすすめです。

吸引力が強い「キャニスター」タイプ

キャニスタータイプは収納に場所を取りますし、コード付きのものが多くスティックタイプに押され気味ではありますがまだまだ需要のある掃除機です。重量が重いイメージですが、床に置いて車輪で移動するので実は使用感としてはスティックタイプより軽い場合が多いです。

 

ダストカップの容量も大きくコードで電力も安定しているので吸引力が安定して強い商品が多いです。またしっかりとした本体があることで様々な機能を搭載しやすいという特徴があります。

 

例えばより吸引力を高めようとすれば大きいモーターが必要になるのでスティックタイプでは搭載できるサイズに限界があります。また厚めのカバーであれば静音に効果を発揮しますし、コードレスタイプのキャニスター掃除機も登場しているので選択肢として見逃せません。

全自動式の「ロボット掃除機」は忙しい方に特におすすめ

ロボット式の掃除機は全て自動で掃除をしてくれるため、掃除の分の時間を他の時間に充てるなど家事の負担を減らすことができます。

 

カメラやセンサーなどが搭載されていて、障害物にぶつからないように賢くお掃除をしてくれます。

 

掃除場所やスケジュールを指定できたり、スマホのアプリから操作できるものなどもあります。

「ヘッドブラシ」から選ぶ

スティック掃除機を選ぶ際、ヘッド部分の種類に注目することも重要になります。ヘッド部分は「モーター式」「自走モーター式」「エアタービン式」の3つのタイプに分かれています。

「モーター式」は頑固なごみも楽々お掃除

モーター式はヘッド内部にあるブラシをモーターによって回転させて、ゴミを書き出します。

 

機種などによっても異なりますが、一般的に構造上サイズが大きめになっています。カーペットに絡まった頑固なゴミも掻き出してくれるのがポイントです。

「自走モーター式」はお年寄りや女性にもおすすめ

こちらもモーター式のため仕組み自体は特に変わりはないですが、自走モーター式の場合はモーターの力でヘッドが勝手に進んでいきます。

 

機能性が高いため、少々お値段のする製品に搭載されていることが多いようです。無駄な力を入れる必要なく掃除できるため、女性やお年寄りなどにおすすめですよ!

「エアタービン式」は価格が安い

エアタービン式は、吸い込む際に風力を活用してヘッド内部のブラシを回転させるよう式になっています。

 

旧機種に多くされており、最新機種に多く搭載されていることが多いモーター式に比べると集塵力への期待は下がりますが、低価格で購入できる上電池が長持ちするところがポイントです。

「マルチ掃除機」はワイパーや布団掃除機としても使える

最近ではアタッチメントとして多様なノズルを付属してある掃除機も多いですが、1台で何役もこなせる掃除機であれば所有する家電が少なく出来るので置き場所に困ることが少なくなります。物を少なくしたい人や1つで全て済ませたい人におすすめです。

 

ランキングにも入っている三菱電機のinstick(インスティック)は空気清浄機と掃除機一体化させたことで掃除機の収納という問題を解決しました。またエレクトロラックスのエルゴラピードはUVが照射できるふとんクリーナーとしても使用できるので似た形の家電を買わなくて済みます。

 

更にシャープからはコードレスワイパーという掃除機とフローリング用のワイパーを合体させた掃除機を販売しています。掃除機では取り切れない汚れやゴミを取りつつワイパーでは取り切れない大きなゴミを吸えるアイデア掃除機です。

「静音性」が高いものなら深夜のお掃除も

既存の機能を特化させた掃除機も多数販売されています。小さなお子さんがいる家庭や掃除をするのが深夜になる場合は静音性の高い掃除機がおすすめです。

 

音量を表すのにdB(デシベル)と表記されますが、換気扇の音で約50dBなのでそれ前後の掃除機であれば静音性が高いと言えます。

HEPAフィルター内蔵タイプなら「排気」がきれい

アレルギーがある人にとっては、いくら掃除機で部屋をキレイにしても、排気機能が弱ければアレルギー物質をまき散らしてしまうため排気機能も重要です。排気がキレイかはフィルターによりますが、0.3ミクロンの埃を99.999%カット出来るものであればかなり優秀です。

 

更にはHEPAフィルター内臓タイプと表記された掃除機は0.05ミクロンまでカットしてくれるので、掃除機をかけるほど空気がキレイになるという驚きの掃除機です。これらは優れた機能ですが、その分他の機能に関しては弱い場合が多いので必要に応じて選ぶのがおすすめです。

「ハンドル」が持ちやすいものなら長時間のお掃除でも疲れない

スティック掃除機のハンドルを持つ際、肘や手首が曲がった状態のままハンドルを持ち続けると疲れやすく、長時間の掃除が困難になってしまいます。楽に掃除するためには、パイプと腕が曲がらずに一直線になるのが良いとされています。

 

持ちやすいハンドルのお勧めとしてはラウンド型タイプのもので、このハンドルであれば身長に合わせて好きな部分を持つことができるため疲れにくくなりますよ!

 

せっかく機能性の高い掃除機を買っても、腕が痛くなって掃除が出来なければ役割を果たせないので、持ちやすいようなハンドル選びも重要になります。

「バッテリー」の持ち時間が長いものを

一般的なご家庭での掃除にかかる時間は45分程度と言われ、その際に掃除機を使う時間はたったの10分だとか。少々長めに使用しても20~30分で「強」の設定にすれば、10分ほどで掃除は終了します。

 

機種や性能によっても異なりますが、コードレス式スティック掃除機のバッテリーの持ち時間は20~40分のものが多いようです。一回の使用時間が長くなってしまうという方は、バッテリーの持ち時間が長い機種を選ぶようにしてください。

「汚れセンサー」がついていると効率よくお掃除ができる

スティック掃除機の多くには汚れセンサーが搭載されています。ゴミがあるか無いかを手元のランプで教えてくれ、ゴミの量によって自動的に吸収力を強めたり弱めたり調整してくれます。

 

自動で調整してくれるため、電池を無駄に消費することが減り効率的に掃除ができるようになります!

「吸込仕事率/吸引力」もチェック

多くの人が掃除機を購入する際気になることとして挙げられるのが吸引力だと思われます。この吸引力を表す数値が「吸込仕事率」で、この値が大きいほど吸引力が強いことを表します。

 

一般的な掃除機の吸込仕事率を見ると400~500Wあれば吸引力が強いと言われていますが、ゴミの取れやすさは吸収力の他にもヘッド部分のブラシなども関係してくるため、吸込仕事率だけでは判断ができないため、あくまでも基準の一つとすることをおすすめします。

「スタンド付き」のものだと便利

以前のスティック掃除機は耐震などの問題により、スタンドが付属していないものが多かったそうですが、現在はスタンドが最初から付属している機種が販売されているようになりました。

 

スタンドは機種によって使えるものと使えないものがあるので、スタンドが付属してないタイプの場合は、機種にあっているかを確認してからスタンドを選ぶようにしてください。

 

また、スタンドでも壁掛けタイプと床置きタイプがあり、壁掛けタイプの場合ネジを壁に打ち込む必要があるため、賃貸住宅に住んでいる場合は床置きタイプを選んでみてください。

「軽い」ものを選ぼう

掃除をする際、あまり重い掃除機を使ってしまうと高い場所の掃除ができなかったり、重さに腕が疲れてしまい長時間掃除ができない場合があります。

 

女性やご年配の方であれば、なるべく軽い掃除機を使うのが良いでしょう。一般的にキャニスター型は3kg前後、スティック型は2kgの掃除機は軽量タイプと言われています。

コンパクトに収納できるものなら置き場所に困らない

掃除機は製品によっては折りたたむことができたり、分解することができたりとコンパクトになるものもあります。

 

掃除機は大きいものが多く、困るのが収納場所ですよね。コンパクトになるものであれば、収納場所を取らず大きい掃除機でも気にせず使うことができおすすめです。

「メーカー」で選ぶ

掃除機は家電の代名詞といわれるほど人々の生活にとって馴染みのある家電のため、数多くのメーカーから低価格から高価格まで幅広く販売されています。どの掃除機を選べば良いのか分からない場合は、自身が信頼できるメーカーブランドの掃除機から選んで見るのも良いでしょう!

マキタ

マキタは業務用の電子工具を多数扱うメーカーで、有名な紙パック式のスティッククリーナーはその機能性の高さから新幹線の車内掃除道具として採用されているほどです。

 

電動工具を豊富に取り揃えるメーカーのため、掃除機のバッテリーの性能が高く、一度の充電で長時間使用することが可能です。

ダイソン

サイクロン掃除機の吸引力の高さがすごいと一躍名を広めたのがダイソンです。パワフルなモーターを搭載しており、じゅうたんの奥底に沈み込んだゴミも跡形なくしっかり吸い取ってくれますよ!

 

ワンタッチでゴミ捨てができるのでストレスフリーで後片付けでき、ズボラな方でも簡単にゴミの始末が可能です。

日立

日立は自走式ヘッドブラシを搭載したコードレス掃除機が人気で、女性や年配など力があまり無い方でも手軽に掃除機をかけることができます。

 

コードレスにも関わらずキャニスター型に近い吸収力があるため、ヘッド前進させた時のみならず後進させた時にもゴミを残らず吸収してくれます。

東芝

東芝の掃除機は吸収力や操作性、手入れの手軽さなど総合的に見てバランスが良いのが評判です。

 

同メーカーの掃除機は幅広いラインナップがありますが、中でもフィルターレスサイクロンクリーナーが人気で、強い吸引力が持ち味となっています。

 

高速気流によって空気とゴミを分離し、集めたゴミを約1/7に圧縮してくれるため、吸い込んだゴミを貯める部分がコンパクトになっており、掃除機本体の小型化を実現しています。

シャープ

シャープはサイクロン式掃除機をいち早く開発した国内メーカーで、コードレススティックサイクロン掃除機はスティッククリーナーに自走式ヘッドを搭載した逸品です。

 

コンパクトな設計にも関わらず、吸引力が高いため高い場所の掃除にも適していますよ!シャープは掃除機のラインナップ数が抜群に揃っているため、様々なモデルを比較して検討することが可能です。

シャーク

シャークの掃除機は、コードレス掃除機やハンディークリーナーなどどの商品もスリムで軽量な商品です。折りたたみ式でコンパクトさにも優れるものの、その吸引力は他のメーカーに引けを取りません。

 

また、掃除機の他にもスチームでほこりや汚れを落とすスチームクリーナーも販売されています。

パナソニック

パナソニックの掃除機は種類の多さが特徴的です。回転式ローラーが搭載された床拭きロボット掃除機、布団掃除機、さらには360°レーザーセンサーが搭載されたロボット型掃除機「RULO」が新しく販売されたます。

掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4813600の画像

    dyson(ダイソン)

  • 2
    アイテムID:4813523の画像

    Electrolux (エレクトロラックス)

  • 3
    アイテムID:4813078の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:4813026の画像

    三菱電機

  • 5
    アイテムID:4812571の画像

    Dyson (ダイソン)

  • 6
    アイテムID:4812468の画像

    日立(HITACHI)

  • 7
    アイテムID:4812366の画像

    東芝

  • 8
    アイテムID:4812104の画像

    Shark

  • 9
    アイテムID:4811918の画像

    日立

  • 10
    アイテムID:4811756の画像

    ツインバード

  • 11
    アイテムID:4811587の画像

    東芝

  • 12
    アイテムID:4811326の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 13
    アイテムID:4811238の画像

    ツインバード

  • 14
    アイテムID:4811014の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 15
    アイテムID:4810937の画像

    日立(HITACHI)

  • 商品名
  • Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF
  • エルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワー オンライン限定モデル (グラニットグレー)
  • プチサイクロン  ローズゴールド MC-SR560G-N
  • iNSTICK(インスティック) ピンクゴールド HC-VXG30P-N
  • Dyson Ball Turbinehead CY25 TH
  • かるパック シャンパン CV-PC500 N
  • コードレス VC-NXS2-R
  • EVOFLEX (エヴォフレックス)S30
  • パワーブーストサイクロン CV-SF900-R
  • コードレススティッククリーナー シルバー TC-E261S
  • TORNEO mini (トルネオ ミニ) VC-C6-R
  • 掃除機 クリーナー ZKC-300(W)
  • スティック型クリーナー ホワイト TC-EA35W
  • 極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5
  • 紙パック式 掃除機 CV-PE80-H
  • 特徴
  • コードレスでも強い吸引力を実現
  • 北欧ブランドのおしゃれ掃除機
  • お手入れいらずで楽ちんのキャニスター型掃除機
  • 1台4役の多機能掃除機
  • 抜群の吸引力でおなじみのダイソンのキャニスタータイプ
  • 軽くて静かなやさしい運転音の掃除機
  • アメトークの家電芸人でも紹介された掃除機の最新モデル
  • 日本に上陸したボストン生まれの掃除機
  • 日立のキャニスタータイプ掃除機の最新モデル
  • スタイリッシュでおしゃれな掃除機
  • 圧倒的な軽さと落ちない吸引力の掃除機
  • ゴミを吸い取れればいい人向けの掃除機
  • お手頃価格のシンプルな掃除機
  • 痒い所に手が届く商品を生み出すアイリスオーヤマ
  • 小型でもパワフルな紙パック式掃除機
  • 価格
  • 45622円(税込)
  • 32184円(税込)
  • 34010円(税込)
  • 36419円(税込)
  • 30495円(税込)
  • 30000円(税込)
  • 69700円(税込)
  • 38667円(税込)
  • 36446円(税込)
  • 18480円(税込)
  • 20980円(税込)
  • 5696円(税込)
  • 3298円(税込)
  • 21168円(税込)
  • 15819円(税込)
  • 電源
  • コードレス
  • コードレス
  • コード
  • コード
  • コード
  • コード
  • コードレス
  • コードレス
  • コード
  • コードレス
  • コード
  • コード
  • コード
  • コードレス
  • コード
  • 集塵方式
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • 紙パック
  • サイクロン
  • サイクロン
  • サイクロン
  • 紙パック
  • サイクロン
  • 紙パック
  • サイクロン
  • 紙パック
  • 紙パック
  • スティック
  • スティック
  • キャニスター
  • スティック
  • キャニスター
  • キャニスター
  • キャニスター
  • スティック
  • キャニスター
  • スティック
  • キャニスター
  • キャニスター
  • スティック
  • スティック
  • キャニスター

掃除機の正しいお手入れ方法

どんなに機能性の高い掃除機であっても、掃除機のお手入れをしなければ埃がたまってしまい、ゴミの吸収力が下がってしまいます。適度に掃除機本体のお手入れをして、最大限力を発揮させた掃除機を使ってお部屋を綺麗にしてくださいね!

掃除機の外装

【用意するもの】

・タオル

・アルコール消毒液 

 

【手入れ手順】

1.感電したり本体が故障してしまわないために、電源コードがコンセントから抜けているか確認してください。

2.濡らしたタオルをしっかり絞ったらアルコール消毒液をタオルに染み込ませて、掃除機本体の汚れを拭き取ってください。本体のタイヤ部分には髪の毛などが巻き込まれてゴミが付着している場合もあるので、タイヤ部分は歯ブラシなどの細いものを使うと汚れが綺麗に落ちます。

掃除機のヘッド部分【パワーヘッド編】

掃除機のヘッド部分はパワーヘッドとエアーヘッドがあり、まずはヘッド内部にモーターがあって、ブラシが回転する構造になったパワーヘッドのお手入れ方法をご紹介します。

 

【用意するもの】

・ピンセット

・水

 

【手順】

1.ブラシ部分をホースから外して、隙間用口モードを使ってブラシの排気口からゴミを吸い上げてください。

2.排気口から吸い上げるだけでは、大きなゴミは取れますが回転ブラシに絡まってしまったゴミまでは取り除くことができないため、ピンセットで取り除くようにしてください。

3.ブラシホルダーをとった後回転ブラシも取り外し、溝にゴミが絡まっていることがあるのでピンセットで取ってください。

4.回転ブラシを水で洗いましょう。この際、変色や変形の原因になってしまうため洗剤などの使用は控えるようにしてください。また、ドライヤーなどで乾かしてしまうと熱で変形する可能性があるため、自然乾燥で乾かすようにし、乾燥したら元のパワーヘッドに装着して終わりです。

掃除機のヘッド部分【エアーヘッド】

空気の力でブラシを回転させる構造になったエアーヘッドの手入れ方法をご紹介します。

 

【用意するもの】

・ピンセット

・歯ブラシ

・タオル

 

【手順】

1.ヘッド、ブラシホルダー、回転ブラシに分解し、ピンセットでゴミを取り除いていきます。

2.パワーヘッドは回転ブラシ以外も水洗いができるためエアーヘッド、ブラシホルダーも水洗いし、ヘアーヘッドは歯ブラシを使って磨いてください。

3.水洗い後はエアーヘッドとブラシホルダーをタオルで拭きあげて水気をなくし、回転ブラシは自然乾燥させます。全て乾いたらエアーヘッドに装着して手入れの完了です。

サイクロン掃除機のフィルター

【用意するもの】

・本体に付属しているクリーニング用ブラシ

・水

 

【手順】

1.ダスターボックスを外してフィルターカバー、クリーンフィルター、カップカバー、ダストカップの順番に分解していきます。

2.水を含ませたタオルでフィルターカバーを拭き、ダストカップはスポンジを使いながら水洗いしてください。

3.クリーニングブラシを使ってクリーンフィルター・カップカバーを水洗いし、細部のゴミを落としていきます。

4.洗った後は水気がなくなるまで十分に乾かし、最後に元の形に組み立てて手入れは完了です。

以下のサイトでは、サイクロン掃除機のダストボックスとフィルターのお手入れ方法が紹介されています。手入れを欠かさず行い、綺麗な状態の掃除機を長く使い続けられると良いですね。

まとめ

数年前の機種と比べると現在の掃除機は大きく進化しています。また最新モデルでなくても素晴らしい掃除機は沢山ありますし、むしろ型が落ちることで価格的にもお買い得になる場合も多いです。是非この機会に思い切って掃除機を買い替えてみてはいかがでしょうか?

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年03月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ