【専門家監修】Ryzenマザーボードの人気おすすめランキング16選【5 5600Xも】

AMD社の主力CPU「Ryzen」が搭載できるマザーボードは、第4世代のRyzen5 5600x・9 5900xなどさまざまです。記事前半は、人気のRyzen対応マザーボードをランキング形式で紹介します。後半では、これからRyzen対応マザーボードを購入しようと考えている方向けに、製品の選び方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

RyzenマザーボードでPCパフォーマンスをアップグレード!

RyzenはAMDが2016年12月に発表したCPUのブランドで、その特徴は、競合するIntelのプロセッサと異なり、コア数が多い点です。たとえばZen2型Ryzen9は16コア32スレッドと、Intelプロセッサにはない強力な並行処理性能を持っています。

 

こちら以外にも第3世代のRyzen7 5700G・5 5600G、第4世代のRyzen5 5600x・9 5900xなどのモデルがあります。実は、Ryzen搭載マザーボードは、CPUが持っているコア数の多さで高速処理を行いつつ拡張性を高めているため、性能の割にコスパの面で優位です。

 

そこで今回は、Ryzenマザーボードの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは規格・搭載チップセットを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

現役家電販売員が教えるRyzen対応マザーボードの選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多いRyzen対応マザーボードですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

チップセットの違いを確認しよう

たろっささんの画像

たろっささん

パソコンで注目される性能といえばCPUの処理能力やメモリの容量、グラフィックボードの能力などが一番に注目されますが、それらのパーツをマザーボードにジョイントする為のマザーボード上のパソコンのパーツの名称です。他のパーツと違い、マザーボード上に存在するため後から個人で付け替えるということはまず出来ませんのでご注意ください。現行だとB550、X570、X470、B450などが該当します。当然対応できるパーツも若干変わってくるため、気になる方はPCショップに行ってみて話を聞いてみるとよいでしょう。

マザーボードの大きさの違いもチェック

たろっささんの画像

たろっささん

マザーボードの大きさは規格が決まっており、ExtendedATX、ATX、MicroATX、MiniITXとそれぞれ種類があります。一番一般的なのはATXですが、パソコンケースの大きさに合わせてこちらの大きさは選ぶことになります。ミニタワーやスリムタワーと呼ばれるものに関してはATXサイズだと合わないことも多々あるため注意しましょう。また、乗せる拡張パーツの大きさによっても変わってきますので必ず余裕を持った設計をするようにしましょうね。

プラスαの機能の確認を

たろっささんの画像

たろっささん

拡張性に関してはチップセットや大きさの規格である程度決まってくるもの、そのマザーボード固有の機能などが中にはあります。例えば物によっては無線機能を有しており、BluetoothやWi-FiなどにデスクトップPCながらもそのまま対応できるもの、独自のヒートシンク構造により放熱性が非常に高いもの、ブースト機能によって各パーツの性能を引き出せるものなど様々。自分がほしい機能が付いているものを探してみましょう。

今家電量販店で一番売れてるRyzen対応マザーボードを紹介!

たろっささんの画像

たろっささん

家電量販店で実際に今一番売れているRyzen対応マザーボードを紹介します!

MSI COMPUTER

MEG B550 UNIFY

最強のゲーミングPCを組みたい方にはこれ

非常に評価の高かったMSIのUNIFYシリーズのB550バージョンです。UNIFYシリーズはゲーミングマザーボードにありがちなライトアップ機能が一切排除されている代わりに、作りが丁寧で高品質なコスパが優れています。

 

グラフィックボード2枚差しのCrossFire構成にも正式対応・M.2スロット3基完備・モリOCにも対応とさまざまな点で最強のマザーボードです

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD B550

第三世代AMD Ryzenプロセッサーについて

第三世代AMD Ryzenプロセッサーとは、「Zen2」マイクロアーキテクチャを採用するCPUシリーズです。第二世代の「Zen」に比べて、CPUのクロック当たりの処理能力が最大15%も向上しています。

 

現状、最上位モデルとしてRyzen9シリーズが販売されていて、従来のRyzen7シリーズから倍加したコア数とスレッド数を搭載しているのが特徴です。

Ryzenマザーボードの選び方

Ryzenに対応したマザーボードの種類と選び方について詳しく紹介します。購入前に必ずチェックしておきましょう。

マザーボードのサイズで選ぶ

Ryzenに対応したマザーボードのサイズから選ぶ方法を紹介します。Ryzenに対応したマザーボードにはATX・Micro ATX・Mini ITXの3種類です。

長期的に使いたい方には「ATXサイズ」がおすすめ

拡張性が高く、将来に渡って長く大切に使い続けたいユーザーの方におすすめなのがATXサイズのマザーボードです。ほかにもゲーミングマシンを組み立てたい方や、ビデオ編集をしたい方にもおすすめします。

 

また、ミドルタワーからフルタワーまで対応した大型のパソコンケースに組み込むのが可能です。大きなケースなので排熱などの空調も備えられ、グラフィックボードを複数拡張もできます。

 

ゲーミングマシンとして高性能なグラフィックボードを拡張したり、ビデオ編集のための高性能なSSDや、映像用端子を拡張したいユーザーの方はこのATXサイズがおすすめです。

初めて組み立てパソコンを作成する方には「Micro ATXサイズ」がおすすめ

組み立てパソコンを作るのがはじめての方には、Micro ATXサイズのRyzenマザーボードをおすすめします。このサイズの特徴は、大衆向けに作られている製品が多く、機能性とコストパフォーマンスとを両立している製品が多いからです。

 

同じMicro ATXサイズのRyzenマザーボードでも、メモリスロット数が2つのものと、4つのものとが販売されていたり、PCI-Expressのコネクタ数が異なっている場合があります。拡張性がいいものは高価になりますが、長期間の使用が可能です。

コンパクトが好みな方には「Mini ITXサイズ」がおすすめ

Mini ITXは17cm程度の正方形サイズに収まる、コンパクトなマザーボードです。Micro ATXよりもさらに一段小さい規格で、拡張性は劣りますが低消費電力で稼働できるので、デスクトップだけでなく個人向けのサーバパソコンなどにも用いられます。

 

小型で低消費電力ながら最低限のネット機能や拡張性を備えているため使いやすいです。しかし、難点は対応ケースが小型なので、放熱性が悪くなりがちなため上級者向けにおすすめします。

拡張端子で選ぶ

マザーボードをよく見ると、CPUを搭載するスペースは同じでも、拡張端子が異なっている場合があります。組み立てたいマシンの使用目的に合わせてチェックしておきましょう。

複数ソフトを並列処理させる方には「メモリスロット数が多め」がおすすめ

Ryzen対応のマザーボードには、メモリスロット数が2つのものと、4つのものとがあります。メモリスロットx2のマザーボードには、メインメモリと拡張メモリ、それぞれ1本ずつ搭載可能です

将来性を考えると拡張性が高いメモリスロット数を備えているRyzen対応マザーボードの方が安心できます。あるいは最初からメインメモリスロットが少ないマザーを買って、大容量メモリボードを1本ずつ搭載するのもおすすめです。

音質にこだわる方には「オーディオ端子」搭載がおすすめ

ステレオ音声端子は、ほとんどのRyzen対応マザーボードに搭載されています。しかしハイエンドなRyzenマザーボードとなると、5.1chサラウンドや7.1chサラウンド機能といった、高機能なサラウンド性能を持っているのが特徴です。

 

オーディオインターフェイスや音楽プレイヤーの録音に役立つ光オーディオ端子を装備しているものもあります。ゲームや映画鑑賞などで音質にこだわるユーザーの方は、付属しているオーディオ端子の有無についてもチェックしましょう。

チップセットから選ぶ

マザーボードのチップセットから選ぶ方法を紹介します。Ryzen対応のマザーボードにはX470・B450・A320などさまざまです。

ヘビーユースの方には第3世代対応「X470」がおすすめ

ヘビーユース向けのマザーボードに搭載されたX470は、ハイエンドクラスに搭載された高性能チップセットです。オーバークロック対応のほか、多数のPCIeコネクタ・SATAポートのサポートに対応しています。

 

Ryzenの能力を最大限に引き出せ能力を持っているほか、拡張性が高いチップセットで第3世代にも対応、ゲーミングユースやヘビーユースに最適です。また、マザーボード全体の消費電力も高くなるため、高機能な電源ユニットが必要になります。

ミドルレンジの方には「B450」がおすすめ

オーバークロックに対応しつつ、PCIeの拡張性も確保されているB450は、ミドルレンジクラスのRyzen用マザーボード向けチップセットです。低価格でマザーボードを提供しているため万人向けになります

消費電力もミドルレンジクラスで、性能とパフォーマンスを求めるユーザー向けのチップセットです。

B450よりも高い性能を求めるなら「B550」がおすすめ

第3世代Ryzen CPU以降のサポートをするB550チップセットは、B450よりも新しく追加された多くの機能を搭載しています。インターフェースの装備もかなり充実し、性能的にレベルが高いです。

価格はB450よりもやや高くなりますが、より高い性能を求める方にはおすすめのチップセットになっています。

最低限の性能を求める方には「A320」がおすすめ

ローエンド向けチップセットがA320で、拡張性は乏しいもののコストカットがなされています。また紹介してきたチップセットの中では、消費電力が一番少なく稼働できるのも魅力的です。

 

オーバークロックには対応していませんが、電力消費も少ないため、上位機種とは異なり放熱性を気にする必要もありません。ワンクラス上の静音ファンを取り付けられるのも魅力的です。

 

シンプルさが魅力とも言えるチップセットで、あまり高性能なマシンを求めていないユーザーや、これからRyzenでマザーボードをはじめてみたいユーザーの方におすすめします。

ゲーマーやクリエイターの方には「X570」がおすすめ

ゲーマーやクリエイターなど、かなりの性能を欲する方には「X570」をおすすめします。高性能なゲーミングマザーボードとしても知られていて、値段も30000円前後のものが多いです。ゲームなどをメインでする方は選択肢に入るかもしれません。

Ryzenの第4世代「5 5600X・9 5900X」もチェック

Ryzenのマザーボードにこだわるなら、5 5600X・9 5900Xもチェックをしましょう。このどちらもデスクパソコン向けに作られた第4世代のマザーボードです。Ryzenの9 5900xは、Ryzen 9 5950Xに次ぐモデルで、オンラインからも圧倒な人気を誇っています。

用途で選ぶ

いざ作成したものの、正常に動作しない場合があるので、それぞれに適したマザーボードを選ぶ必要があります。

ゲーム・動画編集用には Ryzen9やRyzen7「ハイエンド」がおすすめ

ゲームや動画編集など、重い処理をする必要がある場合は高性能なハイエンドマザーボードをおすすめします。GPUを複数組み合わせてグラフィックの性能を上げるマルチGPUやオーバークロックなど、処理機能を上昇させる機能が備わっている場合が多いです。

ネット・動画視聴にはRyzen5・Ryzen3「ミドルレンジ・ローエンド」がおすすめ

ネットサーフィンや動画視聴にはRyzen5・Ryzen3などのミドルレンジ・ローエンドがおすすめです。少しでもパフォーマンスを求めたいのであればミドルレンジを、価格の安さで選ぶならローエンドを選びましょう。

 

ゲーム・動画編集よりも性能にこだわる必要がないため、安価に購入できます。

I/Oポートで選ぶ

機器を接続する際にはI/Oポートを使うのが一般的です。ですが、端子の形状が合わなければ接続できないため、しっかりとチェックしましょう。

多数の機器を接続する方は「USBの数と規格」を確認するのがおすすめ

マザーボードのUSB数と規格をチェックするのは重要で、最低でも4つ以上のUSB端子が搭載されていると安心です。また、USBハブで端子数を増やす方法があります。以下の記事でUSBハブを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

信号劣化を防ぎたい方には「HDMI」付きがおすすめ

High-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略称で「HDMI」と呼ばれる接続端子は、映像と音を同時に送れます。なので、日圧力でプレーヤーからAVアンプ・プロジェクター・テレビやディスプレイへ転送可能です。

 

2つのモニターへ同時に映像を出力したい場合は複数のHDMIポートか、ほかの映像出力端子を搭載したマザーボードを選びましょう。

4K出力なら互換性心配ナシの「DisplayPort」がおすすめ

「DisplayPort」はHDMIの上位互換性があり、4k出力ができます。よりクリアな映像と音声を求める方におすすめです。こちらはハイエンド向けのマザーボードに搭載されている場合が多いため、ゲームや動画編集をする方はDisplayPortがあるかをチェックしましょう。

「CPU」に対応したモデルをチェック

CPUは、コンピューターを構成する主要なデバイスで、キーボード・マウス・ハードディスクなど周辺機器のデータ受け取りを担います。そこで、マザーボードのチップセットはこのCPUに対応するモデルを選ばないといけません。

 

AMD Ryzen第3世代に対応するチップセットには、X570・ B550・X470・ X450などさまざまです。また、AMD Ryzen第3世代のThreadripperに対応するチップセットには、TRX40があるものの、AMD Ryzen第2世代には対応できないモデルもあります

Ryzenマザーボードの人気おすすめランキング15選

1位

MSI

MEG X570 UNIFY マザーボード [AMD X570チップセット搭載] MB4869

機能性とデザイン性にすぐれたマザーボード

第3世代AMD3000シリーズ「AM4プロセッサ」対応のマザーボードです。12+2+1フェースの電源を搭載しているので、多コアのCPUの動作にもしっかり対応します。拡張ヒートシンクを装備し、ハイエンドプロセッサでも安定して冷却可能です。

 

LEDを取り除いてカラーを統一し、まとまりのあるデザインに仕上げている点も魅力です。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD X570

口コミを紹介

X570マザーを3枚持っていますが、その中でも一番安定して使いやすく感じる。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ASUS

AMD AM4対応 マザーボード ROG STRIX X570-F GAMING 【ATX】

第2・第3世代AMD Ryzenプロセッサーに対応したAM4ソケットを搭載し、最大限の接続と速度を実現しています。オーバークロックと冷却の設定をPCビルドに合わせてカスタマイズしているので、システム全体のチューニングが自動で行えます。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD X570

口コミを紹介

セールで22000円程と安くなっていたのでRyzen 9 3950X用に購入しました。ASUSのMBですから、勿論何の不具合もなく動作しております。尖った部分も特になく、ごく普通のMBですが、マニュアルもすべて日本語化されてますので、自作初心者にもおすすめできる商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ASROCK

B450 Steel Legend

コスパと性能とのいいとこ取りなマザーボード

Ryzen対応のマザーボードの中でも、コストパフォーマンスがいいタイプです。高負荷時でも動作パフォーマンスを良好にしています。性能面でも将来性が期待できる拡張性を備えているのが特徴です。

 

大型のフルカバーM.2ヒートシンクにより、SSDを高速稼働させたときの冷却効率を高める機能が備わっています。高速SSDをフルパワーで使うときでも安心です。PolychromeSync機能により、独自のイルミネーションを作れます。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD Promontory B450

口コミを紹介

黒をベースにアルミっぽいシルバーをアクセントにしたパーツで統一したいので、これを選びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ASUS

TUF B450M-PLUS GAMING

AMD B450 chipset搭載の高耐久マザーボード

マザーボード上に、軍用グレードのTUFコンポーネントと呼ばれる電子部品を採用して設計された、AMD B450搭載のマザーボードです。高い負荷がかかる環境での動作にも余裕の性能の高耐久モデルです。

 

ASUS独自のAuraSyncRGB照明を採用し、飽きの来ないイルミネーションを楽しめます。

基本情報
規格サイズ MicroATX
搭載チップセット AMD B450 chipset

口コミを紹介

稼働を開始して2か月ほどになりますが、不具合などなく安定して動作しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ASRock

B550 Pro4

コスパ抜群のマザーボード

Ryzen 5000シリーズは、Wi-Fi用M.2やPOLYCHROME RGBを搭載した第4世代マザーボードです。大容量で高速な22110 M.2 NVMe SSDを使用できます。また、デュアルUSB3.2を搭載しており、最大10Gbpsの通信が可能です。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD B550

口コミを紹介

初めての自作PCだったので、評判がいいマザボにしました。
全くの素人ですが、問題なく組み立てられました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

MSI

MPG B550 GAMING PLUS

コストパフォーマンスに優れた商品

拡張性を必要最低限に絞り、低コスト化と低消費電力を実現しているお得なモデルです。MSI 拡張 PWM ヒートシンクによりハイエンドモデルでもフルスピードで動作が可能です。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD B550 Chipset

口コミを紹介

シティーズスカイラインを遊ぶために、intelから6年ぶりに、
乗換えてみました。マザボとCPU以外はそのままに、
勝手に認識してくれて、何ら問題なく使える。コスパサイコー。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

MSI

B450 GAMING PLUS Max

ゲーミング用途に最適なRyzenマザー

ゲーマーに最適な高速ゲーム体験が可能なRyzen対応マザーボードです。DDR4メモリのオーバークロック機能を搭載し、最大3466Mhz以上の動作周波数を実現し、高速稼働を可能とします。

 

迫力のあるオンラインゲームプレイが可能な高機能マザーボードです。オーディオブースト機能Nahimic3に対応しており、最高の臨場感を作り上げるサラウンド機能と、スタジオクラスの解像度が高い音質を再現できます。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD® B450 Chipset
8位

ASUS

ROG STRIX B450-F GAMING

水冷システム向けエキスパートモデル

水冷システムによるRyzenの冷却を想定して作られたマザーボードです。FAN XPERTによる強力な冷却機能を備えており、プロファイルを設定しつつ、オーバークロック時にも最高のパフォーマンス性能を出せます。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD B450

口コミを紹介

メモリやCPUのOC設定も簡単に終わり、安定して動作してくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ASUS

ROG STRIX X570-I GAMING

没入感を高めるゲームオーディオが魅力

豊富なカスタマイズオプションを搭載しており、コンパクトなゲーミングマシンを組み立てするのに最適なRyzen用マザーボードです。AMD X570チップセットを搭載しており、高速なメモリOC機能を動作させられます。

 

ハードな動画編集やエンコードにも最適です。オンボードM.2ヒートシンクを搭載しており、M.2ドライブを強力に冷却し、安定した読み書きをできるストレージパフォーマンスと信頼性能を追求しています。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD X570

口コミを紹介

Mini-ITXで光らせたい人は買うべき

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

MSI

B450 TOMAHAWK MAX

e-Sportsなどゲームと相性がいいMSI製

コスパと実用性とを両立しているATX対応のマザーボードです。高速なUSBデバイスを転送できるUSB3.2の機能に対応しています。ヒートシンクが非常に大きく、バックパネル部分まで拡張されており、ハイエンドRyzenでも最高性能を発揮可能です。

 

最大限のパフォーマンス性能を発揮するため強力な冷却機能を搭載しています。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD® B450 Chipset

口コミを紹介

今まで自作してきた中(ミドルクラスまで)で最高のマザーボードでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ASUS

TUF B450M-PLUS GAMING

静音性と高機能を両立した9 5900Xと相性がいいマザーボード

GPUの温度を監視するための独自機能を搭載したマザーボードです。ゲームプレイ時などにGPUへ負荷がかかると、熱負荷を分散させるためファンの冷却性能を高める機能が採用されています。

 

オフィスワーク時には低消費電力で動作し、オンラインゲームやエンコードをするときにはパフォーマンス性を重視できる設計です。高品質・高信頼性の電子部品を搭載しており、動作性能や安定性を確保しています。

基本情報
規格サイズ Micro ATX
搭載チップセット AMD B450 CHIPSET

口コミを紹介

流石に老舗のメ−カ−だけあって安定性は抜群です

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ASROCK

A320M-HDV

迫力あるサラウンドを展開

オンボードオーディオ出力機能に7.1chサラウンドのHDオーディオを搭載したマザーボードです。音響メーカーの音楽コンポにも採用されているELNA製の高品質なオーディオコンデンサを贅沢に搭載しています。

 

映像端子にはHDMIとDVI-D、そしてD-sub端子とを標準装備しているため、多様なディスプレイへ接続可能です。迫力あるサラウンド体感とゲームや3Dシュミレーションでも話題のVR機能を搭載しています。

基本情報
規格サイズ Micro ATX
搭載チップセット AMD Promontory A320

口コミを紹介

自作パソコンのAMD RYZEN 1700Xに取り付けるので購入。特にこれといった問題もなく取り付けでき、使用できております。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

MSI

MPG X570 GAMING PLUS MB4782

専用サウンドチップを搭載

Audio Boost 4を搭載した音楽機能を強化したモデルです。さらに高音質化のためHDオーディオプロセッサ・専用アンプ・高品質なオーディオコンデンサを最適な位置で配置し回路設計されています。

 

オンボードオーディオ機能でもクオリティが高いオーディオ信号を再生可能です。さらに解像度が高いサウンドを堪能できます。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD® X570 Chipset

口コミを紹介

X570の中でもコストパフォーマンスがグッド

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ASROCK

X470 TAICHI ULTIMATE

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

オリジナルなLEDイルミを構成できるマザー

ATXマザーの下部分にはRGB LEDを搭載しており、独自のLED照明システムを構成できます。マザーボード上でピンヘッダの構成を変更すると、イルミの配色を変更可能です。

 

搭載されているRyzenを高機能に活かすために、高速なSSDであるデュアルM.2スロットを搭載しており、データ読み込み時の負担を大幅に減らせる工夫がされています。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD Promontory X470

口コミを紹介

買って後悔のしない満足度の高いマザーボードだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

MSI

B450M MORTAR MAX

冷却と性能を最大限に高めた最先端の拡張ヒートシンク設計

冷却と性能を最大限に高めるため、最先端のヒートシンク設計やミリタリースタイルを採用したB450M MORTARのMAX版マザーボードです。ⅮDR4 Boostにより安定したゲーム性能を実現、高速で省エネなマザーボードがほしい方におすすめです。

基本情報
規格サイズ ATX
搭載チップセット AMD® B450 Chipset

口コミを紹介

RYZEN2700Xと同時に購入しました。
BIOSが第二世代RYZEN対応済みで導入がスムーズできました。
導入後9か月が経過しましたが超安定動作してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

Ryzenマザーボードの人気おすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 規格サイズ 搭載チップセット
アイテムID:14543099の画像

Amazon

ヤフー

最強のゲーミングPCを組みたい方にはこれ

ATX

AMD B550

2位 アイテムID:14712779の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ATX

AMD X570

3位 アイテムID:14543208の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパと性能とのいいとこ取りなマザーボード

ATX

AMD Promontory B450

4位 アイテムID:14543202の画像

Amazon

楽天

ヤフー

AMD B450 chipset搭載の高耐久マザーボード

MicroATX

AMD B450 chipset

5位 アイテムID:14543199の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ抜群のマザーボード

ATX

AMD B550

6位 アイテムID:14543196の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コストパフォーマンスに優れた商品

ATX

AMD B550 Chipset

7位 アイテムID:14543195の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ゲーミング用途に最適なRyzenマザー

ATX

AMD® B450 Chipset

8位 アイテムID:14543192の画像

Amazon

楽天

ヤフー

水冷システム向けエキスパートモデル

ATX

AMD B450

9位 アイテムID:14543189の画像

Amazon

楽天

ヤフー

没入感を高めるゲームオーディオが魅力

ATX

AMD X570

10位 アイテムID:14543186の画像

Amazon

楽天

ヤフー

e-Sportsなどゲームと相性がいいMSI製

ATX

AMD® B450 Chipset

11位 アイテムID:14543183の画像

Amazon

楽天

ヤフー

静音性と高機能を両立した9 5900Xと相性がいいマザーボード

Micro ATX

AMD B450 CHIPSET

12位 アイテムID:14543180の画像

Amazon

楽天

ヤフー

迫力あるサラウンドを展開

Micro ATX

AMD Promontory A320

13位 アイテムID:14543177の画像

Amazon

楽天

ヤフー

専用サウンドチップを搭載

ATX

AMD® X570 Chipset

14位 アイテムID:14543174の画像

Amazon

オリジナルなLEDイルミを構成できるマザー

ATX

AMD Promontory X470

15位 アイテムID:14543168の画像

Amazon

楽天

ヤフー

冷却と性能を最大限に高めた最先端の拡張ヒートシンク設計

ATX

AMD® B450 Chipset

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

最新Ryzenはメモリとの相性問題なし

PCを自作する方なら第一世代Ryzen発売時に発生した、メモリとの相性問題を未だ気になさる方もいるかもしれません。この相性問題の原因は、第一世代Ryzenが発売された2017年当時、IntelのCPU規格に合わせたメモリが主流であったためです。

 

しかし、第2世代Ryzen以降ではAMD向けマザーボードのBIOSに含まれているファームウェア「AGESA」のメモリ設定が改良され、互換性や安定性が大幅に向上しているのも特徴です。その結果、メモリ相性による不具合報告が減っているので相性に問題はありません。

無線LANを使うならWiFi用M.2スロットが必要

家具配置などの問題で有線が使えない方は、WiFi用M.2スロットが付いた無線LANを使えるマザーボードがおすすめです。マザーボードに端子がある商品もありますが、なければ端子を準備する必要があります。

性能がいいマザーボードには性能がいいCPU・GPUを

いくらマザーボードの性能が高くても、ほかの部品の性能が見合っていなければ十全に性能を発揮できません。特にパソコンの頭脳と呼べるCPUや処理能力に関わるGPUは、しっかりと見合った性能のものを選びましょう。

快適な作業を行うためには無視できないポイントです。以下の記事でさまざまなメーカーのCPUを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ビデオカードなしでも映像出力ができる5700G・5600Gはおすすめか?

Ryzen7 5800x・Ryzen5600xのリテール品として販売されたRyzen7 5700G・Ryzen5 5600G。xシリーズと違い、内蔵グラフィックが搭載されているため、グラフィックボードなしでも映像出力が行えるのが特徴です。

 

軽めのゲームであれば十分遊べますが、最新のゲームを高画質でプレイしようとするとスペック不足が否めません。グラフィックボードを同時に買う予定であれば、5700G・5600Gを選ぶのは避けるべきです。

 

ただし、5700Gと5600Gだけを比較するのであれば、価格の開きがあるにも関わらず性能が大きく変わらない5600Gを選ぶのはおすすめできます。差額でグラフィックボードを買うのもいいですね。

まとめ

Ryzen対応マザーボードの選び方やおすすめの商品をを紹介しました。コスパがいいRyzen対応マザーボードの自作マシンを組み立てて、拡張性がいい自分だけの組み立てPCを作ってみましょう。お気に入りのマザーボードがあれば、購入前のチェックが大切です。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年01月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】フルタワーPCケースの人気おすすめランキング10選【冷却重視も】

【2024年最新版】フルタワーPCケースの人気おすすめランキング10選【冷却重視も】

PCケース
マリッシュ(marrish)の評判や口コミを調査!やばい・サクラがいるって本当?

マリッシュ(marrish)の評判や口コミを調査!やばい・サクラがいるって本当?

その他のサービス
【専門家監修】PCケースのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなタイプも!】

【専門家監修】PCケースのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなタイプも!】

PCケース
【2024年コスパ最強】小型PCのおすすめ人気ランキング8選【ミニ・コンパクト・超小型も】

【2024年コスパ最強】小型PCのおすすめ人気ランキング8選【ミニ・コンパクト・超小型も】

その他パソコン
【2024最強】ゲーミングスマホの人気おすすめランキング8選【ゲームがサクサク動く!】

【2024最強】ゲーミングスマホの人気おすすめランキング8選【ゲームがサクサク動く!】

スマートフォン
【研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【美味しい!】

【研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【美味しい!】

レトルト・惣菜

アクセスランキング

【専門家監修】Ryzenマザーボードの人気おすすめランキング16選【5 5600Xも】のサムネイル画像

【専門家監修】Ryzenマザーボードの人気おすすめランキング16選【5 5600Xも】

マザーボード
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。