【2021年度最新版】家庭用金庫の人気おすすめランキング15選

記事ID6005のサムネイル画像

金銭、貴金属、デジタルメディアなどを安全に保管できる家庭用金庫。万が一の盗難や火災、自然災害によるリスクを避けられるため、貴重品などの大切なものは家庭用金庫に保管しておくのがおすすめです。そこで今回は、家庭用金庫の選び方と人気モデルやおしゃれにカモフラージュできる、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。

家庭用金庫を使うと安心感が高まる!大切なものを安全に保管しよう

家庭用金庫はお金や宝石、時計やカメラ、重要書類などの貴重品を安全に保管しておける便利なアイテムですよね。実は近年、自然災害が増えており、いつ何どきに大切なものを紛失してしまう状況に見舞われるかもしれず、家庭用金庫の必要性が増してきているんです。

 

盗難防止用だけでなく大切なものの保管をより安全にするためにも、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。市販の家庭用金庫にはコンパクトな手提げタイプの他、高性能な据え置き型もあり、耐火機能だけでなく、防水、防盗の優れた機能を持つ商品もそろっています。

 

鍵の開け方の種類も豊富で、ダイヤル式や鍵穴のあるシリンダー式の他、テンキー式や生体認証式なども人気です。今回は、家庭用金庫のおすすめ人気商品を鍵の種類、機能性、使いやすさや安全性などで選んだランキング形式でご紹介!ぜひ家庭用金庫選びの参考にしてください。

耐火金庫と防盗金庫のどちら?

家庭用金庫に選ばれるものには基本的に火災対策用としての耐熱機能があり、耐火金庫と呼ばれます。一方、耐火機能に加えて盗難対策用の機能も備えたタイプを防盗金庫といい、金庫は耐火金庫と防盗金庫に2大別されています。

 

金庫はさまざまな原因で起こる火災を想定して設計され、耐火金庫と認めらるのは日本のJIS規格やアメリカのUL規格などに合格したものです。一方、防盗金庫と認められたものは、日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会(日セフ連)の規格などに合格しています。

 

防盗金庫は、耐火性を備えつつ盗難対策を主な目的としていて、盗難時に動かせないよう本体を重くしてあるうえ価格も高価なため、家庭用には不向きです。そこで、家庭用で防犯性も求める方には、耐火金庫の中でもTSグレードという破壊行為に強いタイプがおすすめですよ。

あらかじめ設置場所のサイズと耐荷重を確認!

金庫にはさまざまなサイズや重さの商品があるので、あらかじめ設置場所を決め、置ける金庫の最大のサイズと耐荷重を確認しておくことをおすすめします。設置スペースの周りの大きさを測る際には、据え置き型の場合は右側に扉を開けるときの余裕があるかも要チェックです。

 

耐火金庫の内部には気泡コンクリートという素材が充填されている場合が多く、中には小型でも数十kgの重さになるものもあります。据え置き型の場合は特に、棚板や床が抜けてしまわないよう、設置場所の耐荷重をチェックしておくことが大切です。

家庭用金庫の選び方

ランキングではいろいろな種類の家庭用金庫を紹介しましたが、ここからはランキングで紹介してきた金庫の選び方について紹介します。購入する前に使い方や目的を考えて、好みの製品の中から選んでみましょう。

用途に合わせて使いやすいタイプを選ぶ

家庭用金庫には手提げ付きタイプと据え置きタイプがあり、用途によって使い分けるのがおすすめです。それぞれにメリット・デメリットがあるので、タイプ別にご紹介します。

小型でおしゃれなデザインも!「手提げ型」は緊急時にも便利

手提げ型金庫は、軽量で持ち手が付いて持ち運びがしやすく、比較的安価なものが多いのが特徴です。小型なものが多くスペースを取らないので設置場所にも困りません。火事や地震などの災害で避難する際などの緊急時にもさっと持ち出せ便利です。

 

金庫が初心者の方や持ち運びをする必要がある場合におすすめですよ。ただし、空き巣などにも簡単に持ち去られてしまうというデメリットがあります。また、軽量な分、ボディの堅牢性が低く、耐火性や耐盗性、防水機能なども低い場合が多いのがデメリット。

 

とはいえ、人間が素手で破壊することは出来ず、また近年ではシリンダー錠とダイヤル錠、プッシュボタンロックなどを組み合わせ、一緒に解除しないと解錠できないモデルもあり、セキュリティ性を高くする工夫がされた商品も登場しています。

「据え置き型」はセキュリティ対策にもおすすめ

据え置き型の金庫は大きさと重量があり丈夫で持運びはできない場合が多く、代わりに耐火性や防盗性、耐破壊性、防水性などに優れているのが特徴です。併せて電子ロックなどの堅牢なセキュリティ機能を備えているモデルが多くあります。

 

価格は高価ですが、貴重品を定位置で保管しておくのにおすすめのタイプです。据え置き型は、商品により価格やサイズの幅が広く、セキュリティ対策に有効なタイプもありますが、万が一火災や災害などが起こった時に持って逃げられない点を心得ておきましょう。

 

中に何を入れたいかによって、大きさや仕切りなどの有無などもチェックして選びましょう。また、重量があるため、保管場所については耐荷重などのチェックが必要です。購入前に、設置スペースや設置条件を確かめておくようにしましょう。

ユニークなデザインの「隠し金庫」タイプも人気

通常、家庭用金庫は見つからないように隠しておく場合が多いですよね。たとえ見つかっても開けられないように、また開けられるまでに時間がかかるようにするため、さまざまなロック機能を備えています。

 

また、据え置き型のように、丸ごと持ち出されないために重さを備え、防盗性を高めた金庫もありますよね。家庭用金庫には他にも、見つからないようにするということから、まさかこんなところに!という意外なアイテムの形をした隠し金庫タイプもあります。

 

小型でユニークなデザインのものが多く、一見、本や辞書、時計やハンガーといった日常に普通にある物の形をしているので、カモフラージュする効果から見えているけれど見つからない隠し金庫として人気です。

好みや使い方に合わせて鍵の種類で選ぶ

家庭用金庫の鍵には、金庫の定番として知られるダイヤル式の他、鍵穴のあるシリンダー式や電子ロック式もあります。好みや使いやすさ、セキュリティ性の高さなどで選びましょう。鍵の種類ごとに、特徴やメリットなどをご紹介します。

使いやすさを重視するならシンプルな「シリンダー式」がおすすめ

シリンダー式は、家の玄関やキャリーバッグにも使われることが多い従来タイプの金属製の鍵を鍵穴に差し込み、回して開けるタイプです。家庭用金庫にも多く使われ、シンプルなので簡単に施錠・解錠ができ、使いやすさと安全性があります。

 

シリンダー鍵の中でも、ディンプルキーはキー表面に小さなくぼみが刻まれ、複製やピッキングにも強く、セキュリティ性が高い鍵として人気がありますよ。その他、安全性の高さでは、鍵部分が高性能で頑丈に作られているかどうかもチェックして選びましょう。

 

金庫を頻繁に開閉する必要がある場合や使いやすさを重視する方におすすめですよ。ただし、鍵が無いと開けられなくなるため、鍵を紛失してしまわないように注意することが大切です。

「ダイヤル式」ならキーの紛失リスクも電源も不要

ダイヤル式は、金庫といえばのお馴染みのロック方式で、家庭用金庫にも使われています。金庫の本体前面にダイヤル錠があり、指定された番号を指定された向きに回転させて合わせると解錠できるタイプです。

 

施錠する時は適当にダイヤルを回転させればロックをかけられるため手軽で、電源も要らず、シリンダー錠のように鍵を紛失してしまうリスクもありません。ただし、解錠方法や暗証番号を忘れてしまうと、開かなくなってしまうため注意が必要です。

 

ダイヤルには無音で回転するタイプとカチカチとクリック音がするタイプがあり、番号合わせの手順が単純なものと複雑なものがあります。少しでも番号がずれると開けられないので、購入前にチェックして自分に合うものを選びましょう。

防犯性の高さなら「電子ロック式」がおすすめ

電子ロック式には、テンキー式と磁気(IC)カード式の2種類があります。セキュリティー性と手軽さを兼ね備えたタイプで、頻繁に開け閉めする場合にもおすすめですよ。テンキー式は、金庫の表面部分に配置されたテンキーで暗証番号を入力して施錠・解錠を行います。

 

テンキー式は、暗証番号を共有すれば、複数人で使用する場合も便利です。一方、磁気カード式はセキュリティ会社やマンション玄関のドアロック、ホテルの部屋鍵にも使われるタイプで、暗証番号が漏洩により悟られるリスクも無く、安全性を高くすることができます。

 

テンキー式は普及に伴い、比較的手頃な価格で購入できるようになってきました。磁気カード式は高価ですが解錠履歴がわかるものもあり、防犯性の高さを重視する方におすすめです。電子ロック式には指紋認証と組み合わせるなど2重、3重のロックで防犯性の高いタイプもあります。

その他の高度なロック機能の種類で選ぶ

家庭用金庫の鍵の種類には、他にもさらに高度なロック機能を持つ、生体認証式やマグネット式などもあります。それぞれの特徴やメリットなどをご紹介しましょう。

安全性と信頼性の高さなら「生体認証式」がおすすめ

生体認証式は指を押し付けたりスライドさせたりしてロックを解除する指紋認証の他、指の静脈認証や顔認証のタイプもあります。指紋認証式は、あらかじめユーザーの指紋を登録しておいたセンサー部分に、再び指紋を当てて読み込ませるだけで解錠できるという方法です。

 

カードや鍵を無くしたり暗証番号を忘れる心配も無く、登録された情報でなければ開かないためセキュリティ性が高いのが特徴です。生体認証以外にも解除方法を備えているタイプもあり、例えば指をケガして指紋認証が使えないといった場合も安心ですよ。

 

解除方法が多いタイプは、複数人で使用する場合にもおすすめです。ただし、価格が高いものが多く、10万円以上する場合もあります。また、電源が必要なタイプの場合は、いざというときに電池切れにならないよう、予備電池も用意しておきましょう。

高性能で操作がシンプルな「マグネット式」も人気

マグネット式は、磁力を利用して解錠・施錠するタイプで、特殊なマグネットのキーを差し込んだりタッチしたりするだけで解錠でき、操作が簡単です。鍵穴が無いものが多いのでピッキングの心配が無く、シリンダー鍵と違って鍵穴合わせや回転の手間が省けます。

 

ただし、マグネット式のキーは合鍵を作りにくいのがデメリット。もし合鍵を作ろうと思うと、金庫磁気配列を解読しなければならず、日数や費用がかかる場合もあります。そのため、マグネットキーは携帯しやすいタイプを選び、無くさないよう気を付けましょう。

何を入れるかによって耐火性の強度から選ぶ

家庭用金庫を選ぶ際は耐火性の強度をチェックしましょう。家庭用金庫の機能には基本的に耐火性、耐熱性が大切ですが、強度は商品によってさまざまなので、保管したいものに合わせて選ぶことが大切です。保管物と金庫の強度について、おすすめ例をご紹介します。

「耐熱時間」は30分から1時間を目安に選ぶ

家庭用金庫に選ばれる耐火金庫には、耐火の強度の目安となる耐火(耐熱)時間が、30分、1時間、2時間などいろいろなタイプがあります。耐熱時間が長いほど耐火性能や強度が高いといえますが、その分価格も高く重さも増していくので家庭用には不向きに。

 

また、住宅火災の際、消防の消火活動により、開始から30分以内に約半数が鎮火しているという総務省消防庁から出されたデータがあります。そのため、家庭用金庫には30分~1時間の耐火力があることを目安に選ぶのがおすすめです。

「庫内の温度」も重要!デジタルメディアには「データセーフ金庫」がおすすめ

耐火金庫には、一般に紙類を保管することを前提に、庫内の温度は177度以下に抑えるという基準が設けられています。重要書類などの大切な紙類を保管するための金庫には、庫内温度の基準に合格している商品を選びましょう。

 

また、近年はCDやDVD、HDDといったデジタルメディアに大切なデータを保存して保管する場合も増えています。デジタルメディアは60度前後になるとデータが破壊されてしまう恐れがあるため、耐火金庫の中でもデータセーフ金庫に保管することをおすすめします。

 

データセーフ金庫とは、JIS規格で定められた温度52度以下、湿度80%以下に抑えるという基準に合格したもので、高価ではありますが、データを安全に保管するのに適した金庫です。

貴金属や美術品は種類ごとの「耐熱温度」に注意

時計やアクセサリーなどの貴金属類や美術品を保管する場合には、金属や宝石の種類によって耐熱温度が違うので、注意が必要です。そこで、金庫に保管したいものに対応できる強度があるかどうかと保管物側の耐熱温度もチェックしておくことをおすすめします。

安全性を高める機能で選ぶ

家庭用金庫には耐火性の他、耐水性や防盗性などの機能が備わってより安全性が高いタイプもあります。耐火性に耐水性や防盗性の加わった金庫は、どんな特徴やメリットがあるのかそれぞれご紹介しましょう。

「耐水性」が高いタイプは火災や浸水時に対応できる

CDやハードディスク、USBメモリなどのデジタルメディアや、重要書類などの保管には耐火性に加えて耐水性を持った金庫がおすすめです。ビル火災や地震などの災害から大切なデータを防ぐという役割を担います。

 

耐火性の基準がJIS規格に合格したものであれば、防火対策はもちろん、地上高およそ9mの高さから落下させる衝撃試験もクリアしていて信頼できる製品です。さらに、防水、耐水性のあるタイプなら、火災時のスプリンクラーや放水による水濡れからも守れますよ。

 

また、万が一の豪雨災害や河川の氾濫などの災害時に起こる浸水からも、大切な保管物を守れます。なお、耐水性よりも防水性の方がより水への耐性が強いことを表すので、注意して表示をチェックしましょう。

「防盗性」が高いタイプは強盗や空き巣対策におすすめ

貴金属やカメラ、金銭のようなものを保管する場合には、耐盗(防盗)性の高い金庫がおすすめです。金庫の外部からバールやドリルなどを使って破壊したり、バーナーなどにより溶断したりされることに耐えられるかどうか、耐性試験を行い、クリアした製品もあります。

 

防盗金庫の壁部分には鉄などの金属だけでなくコンクリート素材が使われているのが特徴で、特殊な破砕を長時間行わないと壊せない強固な設計です。金庫壁だけでなく、施錠部分などにも防犯対策がされ、簡単にピッキングで解錠したり鍵を破壊できないものもあります。

据え置き型には「ボルト等で固定」できるタイプも

据え置き型には、コンクリート部にアンカーボルトを通して固定することができるタイプもあります。金庫ごと持ちだそうとする空き巣被害などの対策におすすめです。固定タイプが希望の場合は、設置したい場所にボルト等を通しての設置が可能かどうかを確認しておきましょう。

書類には「A4サイズ」以上で「仕切り付き」タイプがおすすめ

重要書類などの大切な紙類を保管する場合には、金庫の内寸もチェックして選ぶことをおすすめします。公的な書類にはA4サイズが増えているので、A4サイズである210×297mmが入り適度なゆとりがあるかそれ以上の内寸があるタイプがおすすめです。

 

さらに、書類などを保管する場合は、仕切りの付いたタイプがおすすめですよ。仕切りが棚になっていたり、ケースやトレーが付いて引き出し式になっていたりして使いやすく、複数のものを入れる場合にも整理ができて便利です。

どこで買うか迷ったら人気メーカーで選ぶ

どこで買えば良いかと迷ってしまったら、人気の高いメーカーから選ぶ方法もおすすめです。金庫でおすすめの人気メーカーについて、メーカーごとに得意な部分や特徴などをご紹介します。

独特な機能を搭載した「EIKO(エーコー)」

エーコーはの家庭用金庫は種類も多く、さまざまなサイズや形の商品が見つかります。特徴的な点は、機能性に優れ、他のメーカーにはない独特な機能が搭載された商品があること。顔認証やスマートフォンを使用したロック方法など、最新機能もそろっています。

「Sentry(セントリー)」は世界中で人気

アメリカで登場した老舗金庫メーカーであるセントリーは、世界中で人気を集めています。アメリカの公式機関が定めた規格をクリアした製品を扱っているので機能性が高く、安心して使用できるのが魅力です。シンプルなデザインも人気の理由ですよ。

耐久性に優れた「Kumahira(クマヒラ)」

クマヒラの金庫は、金融機関でも使用されるほど耐久性に優れ人気です。いわゆる業務用と呼ばれる金庫を主に扱っているので大きさと重量があり、置き場所や床の耐荷重をチェックする必要がありますが、防盗金庫としての機能に優れ頑丈です。

手提げ型家庭用金庫の人気おすすめランキング8選

8位
 

コクヨ(KOKUYO)

手提げ金庫 ダイヤル付

価格: 9,945円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格で使い勝手が良いトレー付き

文房具や事務機器で人気の老舗、コクヨから発売されている、A4サイズが入る金庫で、本体はダイヤル式とシリンダー式のダブルロック仕様で施錠でき、セキュリティー面でも安心なタイプです。ダブルロック方式ですが、どちらか一方だけでも施錠することができます。

 

内部には便利なコインカウンター付きのプラスチック製2段トレーが付いていて、硬貨の計測も目視でもわかりやすく金銭出納の管理に役立ちますよ。店舗や出店などへの持ち運び用にもおすすめですよ。リーズナブルな価格で使い勝手が良く丈夫な人気商品です。

鍵の種類 シリンダー式、ダイヤル式 機能 トレー付
サイズ(外寸) 36×28.5×15cm サイズ(内寸) 31.8×22.8×7.9cm
重量 4kg 容量

口コミを紹介

A4サイズが入るものを探してました。 少し重いのですが重要な書類も保管できるのでこれから大活躍してくれそうです。コインケースも使いやすいものでした。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

7位
 

カール事務器(CARL)

手提げ金庫

価格: 8,140円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュで便利な2段トレー付き

カール事務器から発売されている、ダイヤル錠とシリンダー鍵とが付いて安心の二重ロックができるタイプです。おしゃれなデザインでも人気ですが、不意なダイヤル操作を防ぐためのダイヤルカバー付きで、持運び時にうっかり誤操作することなく持運べますよ。

 

2段トレーの上段にはコインカウンター付きのトレーが付いて便利。中間層のトレーを取り除くと、フリースペースにA4サイズの書類も収納できます。自宅からオフィスまで幅広く活用できるシリーズでB5、A5サイズも選べ、下段が引き出しのタイプもありますよ。

鍵の種類 シリンダー式、ダイヤル式 機能 トレー付
サイズ(外寸) 34.9×28.4×13.5cm サイズ(内寸) 32.4×21.3×6.5cm
重量 3.6kg 容量

口コミを紹介

仕様について吟味を重ねて選び抜いて大正解。他では無い使い勝手を細部まで考慮された逸品です。商売を始めたばかりなのでまだスカスカで大き過ぎますが、縁起を担いで、小さすぎて物足りないと思えるぐらい繁盛させたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

Jssmst(ジェスマット)

手提金庫

価格: 2,280円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルデザインとおしゃれなカラー人気モデル

医療用ケースなども製造する米国の金属製品メーカーJssmst(ジェスマット)から発売されている、鉄合金性の持ち運びやすく軽量コンパクトなタイプ。お手頃なのに耐久性にも優れた人気の金庫です。スイスの厳しい品質テストに合格し、世界中で愛されています。

 

ダイヤル錠で自分だけの暗証番号を設定できるので、忘れにくいのもメリットです。トレー付きで内容物の管理もしやすく、指輪やコインなどの小物を管理して保管するのにもおすすめです。シンプルデザインで、カラーも黒の他、白、赤、ブルー、ピンクがえらべます。

鍵の種類 ダイヤル式 機能 トレー付
サイズ(外寸) 25x20x9cm サイズ(内寸) 24.3x19.7x6.6cm
重量 1.115kg 容量 3.2L

口コミを紹介

耐火金庫ではないので火事対策には向いていませんが、家庭で手軽に現金、印鑑や通帳を保管するには丁度良いです。トレーが工夫されており、硬貨、お札とも使用可能ですしコンパクトに収納出来ます。コスパも良かったし買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

エイコー (Eiko)

耐火・防水プロテクターバッグ

価格: 6,980円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐火・防水性が高く簡単開閉できる

側面に持運びしやすい手提げ用バックルがあり、アタッシュケースのようにも使える金庫です。小型ながら30分間の耐火性(米国UL安全規格に合格)に加え、防水パッキ付きで水深20cmで8時間の防水性を備え、万が一の災害時にも収納物を安全に保護できます。

 

鍵はシリンダー式で、リバーシブルキーのため、方向を気にせずに差し込めて便利です。安全性が高く簡単に開閉できるタイプをお探しの方におすすめですよ。A4サイズ用の他に、B5サイズ用の製品も販売されていますよ。仕切りが無く多様な使い方ができます。

鍵の種類 シリンダ―式 機能 耐火、防水
サイズ(外寸) 40.8×32.1×15.3cm サイズ(内寸) 34×22×7.7cm
重量 8.5kg 容量 5.75L

口コミを紹介

金庫を初めて購入しましたが、ごつくて重量感があるので見た目はお値段以上かなと思いました。 中も変に凝っておらず、多様な使い方をしたい方にオススメです。 ただ、持ち運ぶ際は横→縦方向に変わるので、保護をした上で物を入れた方が良いかもしれません。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

4位
 

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

手提げ金庫

価格: 3,980円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スライド型コインカウンター付きトレーが便利

A5サイズの小型で携帯性に優れた金庫で、前面にシリンダー錠とダイヤル錠とが設置されたダブルロックタイプでセキュリティー面も安心です。コイントレーとコインカウンターの2段トレー付きで、コインカウンターがスライドして開くので見やすく、金銭管理に便利。

 

トレーは取り外して使うこともできます。トレーを外せば小物収納にもなり、貴重品の保管にもおすすめです。CDやDVDといったデジタルメディアの保管にも、有効活用できるでしょう。カラーはブルーとグレーがあり、手頃でお値段以上な使い勝手の良さで人気です。

鍵の種類 シリンダー式、ダイヤル式 機能 トレー付
サイズ(外寸) 27.5×18.5×12cm サイズ(内寸)
重量 約1.8kg 容量

口コミを紹介

通帳管理が必要になり、安心さと効率良く相続手続きが出来るようにと考え購入。通帳しか入れないのでこの大きさ(A5)で十分です。コイン入れは外しました。とてもリーズナブルだと思います。特にデザインと重さ、触り心地の良さは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

SENTRY(セントリー)

手提げ金庫

価格: 4,000円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

硬貨から貴重品まで合わせて収納できる

米国の老舗金庫メーカー、セントリーから発売されている人気の手提げ金庫。角を丸くした優しいフォルムに、焼き付け塗装で傷が付きにくく丈夫なうえに、取り外せるコインカウンターは硬貨を10枚ごとにまとめるくぼみ付きで、硬貨の枚数を数える際に重宝します。

 

コイントレーのにはB6サイズ用紙が入るスペースがあり、貴重品や小物も一緒に保管できますよ。シンプルなシリンダー式のキーロックシステムで開閉が簡単です。おしゃれなシンプルデザインで簡単な操作性の頑丈なタイプをお探しの方におすすめですよ。

鍵の種類 シリンダー式 機能 トレー付
サイズ(外寸) 約23×19.5×9cm サイズ(内寸) 約20.8×15.9×6cm
重量 1.37kg 容量 1.9L

口コミを紹介

中仕切りの小銭入れがかなりしっかり作ってあり、蓋の裏側にばね付きのクリップがあるので、小イベントとかでのレジ替わり、集金の一時保管に便利ですね。値段のわりには外側の作りや取っ手部分もしっかり作ってあり、コスパは良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

PLUS(プラス)

手提金庫 小型

価格: 2,650円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

硬貨や小物の保管にぴったりな小型タイプ

小銭を整理して保管しておいたり小口の現金を保管しておいたり、宝石や指輪などの貴重品類を保管しておくのにも便利な手提げ式の中でも小型のタイプです。携帯や持ち運びに便利で、耐久性などのセキュリティ面でも優れています。

 

簡単に開閉できるシリンダー式の鍵タイプをお探しの方におすすめです。取り出しもできるコイントレーが付いて、小銭の整理にも役立ちますよ。こちらのB6用紙が入るSサイズの他にA5、A4サイズ用もあり、カラーもダークグレーの他、ブルー、ピンクなども選べます。

鍵の種類 シリンダー式 機能 トレー付
サイズ(外寸) 19.7×16.4×8cm サイズ(内寸) 17.5×12.8×6cm
重量 1.0kg 容量

口コミを紹介

このサイズで重量も比較的軽く、内部の構造も用途に合わせることができ、取手の部分も倒すとフラットになるので上に物も乗せられて大変重宝しています。コスパもいいと思います。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

1位
 

Jssmst(ジェスマット)

辞書型金庫

価格: 1,380円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

辞典のような隠し金庫

英語辞典にそっくりな本型の隠し金庫です。本棚に保管しておけば誰も金庫だと気が付かない、ユニークなデザインで、見えていることで逆に見つかりにくくします。内部はスチール製で軽く、小型でも容量たっぷりで、大切なものや貴重品などを安全に保管できますよ。

 

ダイヤル式の鍵で自分で暗証番号を設定でき、忘れにくいのもメリットです。また、リーズナブルな価格で、デザインにいろいろなバリエーションがあるので、そろえて使うこともできますよ。

鍵の種類 ダイヤル式 機能
サイズ(外寸) 24x16x5.5cm サイズ(内寸) 23x14.5x4.2cm
重量 0.75kg 容量 1.5L

口コミを紹介

サイズ・デザイン共に素晴らしいです。値段も手頃で良い。あまり世間に知られていないなら尚更ですね。もっと早く出会いたかったくらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

手提げ型家庭用金庫のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6234929の画像

    Jssmst(ジェスマット)

  • 2
    アイテムID:6234926の画像

    PLUS(プラス)

  • 3
    アイテムID:6234923の画像

    SENTRY(セントリー)

  • 4
    アイテムID:6234920の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:6234917の画像

    エイコー (Eiko)

  • 6
    アイテムID:6234914の画像

    Jssmst(ジェスマット)

  • 7
    アイテムID:6234910の画像

    カール事務器(CARL)

  • 8
    アイテムID:6234907の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 商品名
  • 辞書型金庫
  • 手提金庫 小型
  • 手提げ金庫
  • 手提げ金庫
  • 耐火・防水プロテクターバッグ
  • 手提金庫
  • 手提げ金庫
  • 手提げ金庫 ダイヤル付
  • 特徴
  • 辞典のような隠し金庫
  • 硬貨や小物の保管にぴったりな小型タイプ
  • 硬貨から貴重品まで合わせて収納できる
  • スライド型コインカウンター付きトレーが便利
  • 耐火・防水性が高く簡単開閉できる
  • シンプルデザインとおしゃれなカラー人気モデル
  • スタイリッシュで便利な2段トレー付き
  • リーズナブルな価格で使い勝手が良いトレー付き
  • 価格
  • 1380円(税込)
  • 2650円(税込)
  • 4000円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 8140円(税込)
  • 9945円(税込)
  • 鍵の種類
  • ダイヤル式
  • シリンダー式
  • シリンダー式
  • シリンダー式、ダイヤル式
  • シリンダ―式
  • ダイヤル式
  • シリンダー式、ダイヤル式
  • シリンダー式、ダイヤル式
  • 機能
  • トレー付
  • トレー付
  • トレー付
  • 耐火、防水
  • トレー付
  • トレー付
  • トレー付
  • サイズ(外寸)
  • 24x16x5.5cm
  • 19.7×16.4×8cm
  • 約23×19.5×9cm
  • 27.5×18.5×12cm
  • 40.8×32.1×15.3cm
  • 25x20x9cm
  • 34.9×28.4×13.5cm
  • 36×28.5×15cm
  • サイズ(内寸)
  • 23x14.5x4.2cm
  • 17.5×12.8×6cm
  • 約20.8×15.9×6cm
  • 34×22×7.7cm
  • 24.3x19.7x6.6cm
  • 32.4×21.3×6.5cm
  • 31.8×22.8×7.9cm
  • 重量
  • 0.75kg
  • 1.0kg
  • 1.37kg
  • 約1.8kg
  • 8.5kg
  • 1.115kg
  • 3.6kg
  • 4kg
  • 容量
  • 1.5L
  • 1.9L
  • 5.75L
  • 3.2L

据え置き型家庭用金庫の人気おすすめランキング7選

7位
 

SENTRY(セントリー)

JIS認証1時間耐火金庫 A4

価格: 17,380円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JISマーク付きの高い耐火性

米国の老舗金庫メーカー、セントリーから発売されている耐火性の高い金庫です。JIS規格で1時間の耐火能力があると認証されています。暗証番号は4ケタから16ケタまでで自由に設定できるテンキー式で、開閉が簡単です。ドア裏に便利なキーフックも付いています。

 

A4サイズのフラットファイルを収納できる大きさでトレーも付いていて、書類の保管にもおすすめです。シンプルなデザインに白を基調としたおしゃれで落ち着いたカラーで、家庭にもオフィスにも調和します。重量もあるので、盗難対策にもなりますよ。

鍵の種類 電子式(テンキー) 機能 1時間耐火
サイズ(外寸) 約42×38.9×31cm サイズ(内寸) 約31.4×23.5×20.3cm
重量 約37kg 容量 約15L

口コミを紹介

金庫が欲しくて大きさや性能で悩んでいたところ1時間の耐火と鍵を使わないタイプがあったので購入。実際に届いたら思っていたより重く運ぶのが大変でしたが、その分防犯上も安心かも。暗唱番号の設定も簡単で、我が家にはぴったりな大きさで良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

ディプロマット

60分耐火・耐水金庫クリスタル

価格: 28,480円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

配色がおしゃれな耐水・防盗機能付き

世界有数の金庫メーカー、ディプロマットから発売されている、1時間耐火性能に加えて耐水機能があり、万が一の火災に強い金庫です。警報アラーム付きで重量もあるので防盗性もあります。内部には小物トレーやドアフック、可動式の仕切り棚板も付いて便利です。

 

デジタルメディアに対応した耐火強度があり、CDやDVDなどの保管にもおすすめですよ。ディプロマットらしい配色のおしゃれさでも人気で、黒色の本体に扉の色を黒、青、赤から選べますよ。A4サイズが入る容量36Lタイプの他、25、19Lの小さいタイプもあります。

鍵の種類 電子式 機能 耐火、耐水、警報アラーム・トレー付
サイズ(外寸) 40.4×47.4×52.2cm サイズ(内寸) 30×30×41cm
重量 53kg 容量 36L

口コミを紹介

重たいですが、使い勝手は良いです。見た目も悪くないです。安心できますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

日本アイエスケイ

家庭用金庫

価格: 16,280円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐火性能の高いシンプルな日本製

JIS規格の耐火試験に合格し、収納物を火災から守るセキュアな耐火性能を持った日本製の金庫です。耐火材には気泡コンクリートが使われており、1時間の耐火性能があります。鍵一本で開閉でき、操作が簡単なタイプをお探しの方におすすめです。

 

優しいアイボリーカラーで、A4サイズの書類やファイルが収納できるので、大切な書類の保管にもおすすめですよ。また、金属製の耐火金庫は重さがあることと中に水が入ることで流されにくく、津波などの水害などの際に大切な貴重品類を守ることができます。

鍵の種類 シリンダー式 機能 耐火
サイズ(外寸) 40.3×37×21cm サイズ(内寸) 31.5×24.5×10.2cm
重量 22kg 容量 7.8L

重たいですが、使い勝手は良いです。見た目も悪くないです。安心できますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

ディプロマット

60分耐火金庫

価格: 32,973円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1時間の耐火性能と高いセキュリティ性

ディプロマットから発売されている電子式の耐火金庫で、1時間の耐火性能を持った、火災や災害などにも安心できるタイプです。テンキー式で、2種類の暗証番号を組み合わせられますが、2人のオーナーが違う暗証番号を用いて共同で管理することもできて便利ですよ。

 

A4サイズが収納でき、トレーや可動棚、キーフックも付いて書類や貴重品などの保管にも便利。デジタルディスクの保管にもおすすめの耐火強度です。5回番号を間違えると自動ロックがかかり、強い衝撃に対しては警報アラームが鳴り、セキリティ面でも安心ですよ。

鍵の種類 電子式 機能 耐火、警報アラーム・トレー付
サイズ(外寸) 35.2×46.9×42cm サイズ(内寸) 26×30.4×32cm
重量 36kg 容量 25L

口コミを紹介

以前はダイヤルを回し、鍵を使って開けるタイプを使っていました。こちらの商品は暗証番号で開け閉めでき、便利になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

ダイヤセーフ(Diamond Safe)

耐火金庫

価格: 12,700円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性と信頼性の高さで人気

家庭用の据え置き型としてはコンパクトで扱いやすい耐火金庫です。定番のダイヤル式ロックをかけることができる設計で、高い安全性と信頼性とを兼ね備えた堅牢さで人気です。強固な設計ながら解錠は簡単操作で、金庫の操作に不慣れな初心者の方にもおすすめですよ。

 

内部には上部にA4サイズ用の引き出しトレーがあり、A4サイズの書類なども収納できます。JIS規格に合格した30分間の耐火性能を備え、火災対策にも安心です。

鍵の種類 ダイヤル式 機能 耐火
サイズ(外寸) 33×41.2×36.2cm サイズ(内寸) 23×33.5×22cm
重量 29kg 容量 17L

口コミを紹介

家庭の貴重品保管庫として購入しました。色々と悩んだ結果、やはり信頼性からダイヤル式に辿り着きました。毎日使うものではないので、シンプルが一番です。

出典:https://item.rakuten.co.jp

2位
 

HAPFIY

金庫

価格: 7,599円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セキュリティー性も高い多機能タイプ

お手頃価格なのに多機能なA4サイズのファイルも収納できる据え置き型金庫です。3~8ケタの暗証番号を自由に設定できるテンキー式の鍵ですが、電池切れの際などは緊急キーでも開けられて安心です。緊急キーは暗証番号を忘れたときも活躍しますよ。

 

盗難時に役立つ警報アラーム付きで、ボルトを使って固定できるようになっているので、セキュリティー性も高い金庫です。ボルトを使って、壁付けすることもできますよ。シンプルなデザインで家庭の貴重品入れなどにおすすめですが、店舗や旅館の部屋用にも人気です。

鍵の種類 電子式、シリンダー式 機能 警報アラーム付、アンカーボルト固定可
サイズ(外寸) 35×25×25cm サイズ(内寸) 34.5×19.5×24.5cm
重量 7kg 容量 16L

口コミを紹介

以前はダイヤル式を使っていたので、テンキー式の快適さに感動しました。デザインは必要最低限のシンプルなものでどの部屋にも合うと思いますし、8桁まで設定できる暗証番号はセキュリティの面でかなり信頼性が高いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

Sentry (セントリー)

1時間耐火金庫

価格: 44,157円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単操作の高性能耐火金庫

1時間耐火性能を持った高性能な防火金庫で、前面にテンキーが付いており暗証番号を入力すると解錠できる電子ロック式です。落下衝撃テストやETLデジタルメディア耐火テストにもパスしていて、デジタルメディアの保管にもおすすめですよ。

 

扉のこじ開けや破壊をガードできる蝶板を備え、高いセキュリティ構造に設計されています。独自の耐火素材、ピロノックスを使用し、熱を放散させる機能も。世界で人気のメーカー製で、高性能な耐火性能と堅牢性とを両立した、本格的な家庭用金庫です。

鍵の種類 電子式 機能 耐火
サイズ(外寸) 約41.5×49.1×45.3cm サイズ(内寸) 約31×28×34.9cm
重量 約39kg 容量 約33.6L

口コミを紹介

A4サイズが余裕で収まり今までタンスのお世話になっていた権利証、証券等がきっちり収まり大変重宝しています。今考えると少し大きいかと思いましたがこれで大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

据え置き型家庭用金庫のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6234951の画像

    Sentry (セントリー)

  • 2
    アイテムID:6234948の画像

    HAPFIY

  • 3
    アイテムID:6234945の画像

    ダイヤセーフ(Diamond Safe)

  • 4
    アイテムID:6234942の画像

    ディプロマット

  • 5
    アイテムID:6234940の画像

    日本アイエスケイ

  • 6
    アイテムID:6234937の画像

    ディプロマット

  • 7
    アイテムID:6234934の画像

    SENTRY(セントリー)

  • 商品名
  • 1時間耐火金庫
  • 金庫
  • 耐火金庫
  • 60分耐火金庫
  • 家庭用金庫
  • 60分耐火・耐水金庫クリスタル
  • JIS認証1時間耐火金庫 A4
  • 特徴
  • 簡単操作の高性能耐火金庫
  • セキュリティー性も高い多機能タイプ
  • 安全性と信頼性の高さで人気
  • 1時間の耐火性能と高いセキュリティ性
  • 耐火性能の高いシンプルな日本製
  • 配色がおしゃれな耐水・防盗機能付き
  • JISマーク付きの高い耐火性
  • 価格
  • 44157円(税込)
  • 7599円(税込)
  • 12700円(税込)
  • 32973円(税込)
  • 16280円(税込)
  • 28480円(税込)
  • 17380円(税込)
  • 鍵の種類
  • 電子式
  • 電子式、シリンダー式
  • ダイヤル式
  • 電子式
  • シリンダー式
  • 電子式
  • 電子式(テンキー)
  • 機能
  • 耐火
  • 警報アラーム付、アンカーボルト固定可
  • 耐火
  • 耐火、警報アラーム・トレー付
  • 耐火
  • 耐火、耐水、警報アラーム・トレー付
  • 1時間耐火
  • サイズ(外寸)
  • 約41.5×49.1×45.3cm
  • 35×25×25cm
  • 33×41.2×36.2cm
  • 35.2×46.9×42cm
  • 40.3×37×21cm
  • 40.4×47.4×52.2cm
  • 約42×38.9×31cm
  • サイズ(内寸)
  • 約31×28×34.9cm
  • 34.5×19.5×24.5cm
  • 23×33.5×22cm
  • 26×30.4×32cm
  • 31.5×24.5×10.2cm
  • 30×30×41cm
  • 約31.4×23.5×20.3cm
  • 重量
  • 約39kg
  • 7kg
  • 29kg
  • 36kg
  • 22kg
  • 53kg
  • 約37kg
  • 容量
  • 約33.6L
  • 16L
  • 17L
  • 25L
  • 7.8L
  • 36L
  • 約15L

JIS規格とUL規格はどう違う?

JIS規格とUL規格は、どちらも金庫の耐火性を判断する際に耳にしますが、JIS規格は日本、UL規格は米国で認定に使われている基準です。どちらの規格も、認定を受けた製品にはそれぞれマークが付けられているので、目印にすることができますよ。

 

2つの規格は、耐火性を判定するテストのやり方に違いがあり、米国のUL規格の方がより厳しく、輸出するには認定を前提としているため、アメリカ製金庫の信頼性を高める要因でもあります。JIS規格とUL規格の耐火試験の大きな違いは、炉内で加熱後のやり方です。

 

JIS規格では加熱後、炉からすぐに取り出して冷却しますが、UL規格の場合は加熱後も炉内にとどめて密閉状態で放冷します。消火活動の際に想定される現場検証後にならないと取り出せないこともあるという状況に置くことで、金庫の耐火性を厳しく判定するわけです。

金庫に使用期限がある?不要になったときの処分方法もチェック

耐火金庫には実は耐用年数があり、耐火効果の持続には期限がある場合があります。耐火のための発泡コンクリートなどの素材から、時間経過により水分が抜けてしまうことなどが原因です。耐火性能の有効耐用年数は、日セフ連により、製造後20年と定められています。

 

安全のため、金庫の製造日をチェックするようにしましょう。そして、不要になった金庫は、自治体に回収をしてもらうことができます。各自治体により、重量の制限などが設けられている場合もあるので必ずチェックしておきましょう。

 

その他、リサイクルショップなどで販売するか購入店舗で引き取ってもらうのもおすすめです。また、金庫の専門業社に依頼して引き取ってもらうという方法もあります。

鍵の保管はどうする?安全に保管できるキーボックスをご紹介

大切なものを火災や災害から守るために役立つ金庫をご紹介してきましたが、その金庫にもシリンダー式なら鍵を使います。生活の中には他にも、無くしてはならない鍵が多く存在しますよね。頻繁に使うものもあれば、たまに必要になったときだけ使う重要な鍵もあります。

 

そんな鍵類を安全に保管しておくためには、キーボックスが便利です。次の記事では、さまざまな種類のキーボックスについて、選び方やおすすめの人気商品をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

家庭用金庫があると、いざというときの住宅火災や災害、盗難からも大切な品物や貴重品を守れます。今回ご紹介した家庭用金庫の選び方のコツやおすすめ商品を参考に、設置場所や用途に合う使いやすい商品を選び、ぜひ活用して生活の安心感を高めてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】宅配ボックスの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】宅配ボックスの人気おすすめランキング10選

エクステリア・ガーデンファニチャー
大根おろし器の人気おすすめランキング16選【スーパーおろし器もランクイン】

大根おろし器の人気おすすめランキング16選【スーパーおろし器もランクイン】

調理器具
【2021年度最新版】ツールームテントの人気おすすめランキング17選

【2021年度最新版】ツールームテントの人気おすすめランキング17選

テント
【2021年最新版】赤ちゃんにも大切な家庭加湿器の人気おすすめランキング9選

【2021年最新版】赤ちゃんにも大切な家庭加湿器の人気おすすめランキング9選

加湿器
パソコン周辺機器の人気おすすめランキング36選【使いやすさ向上】

パソコン周辺機器の人気おすすめランキング36選【使いやすさ向上】

パソコンサプライ品
【2021年最新版】タイルカーペットの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】タイルカーペットの人気おすすめランキング15選

インテリアファブリック
TOPへ