【快適で安心】人気のPCケースおすすめランキング15選

記事ID19900のサムネイル画像

自作のPCケースで迷っている方へ。この記事ではPCケースに必要な要素を、さまざまな角度から検証しご紹介します。フルタワー型からミニタワー型、冷却性能から静音性能まで、豊富にあるデザインや種類から、あなたにぴったりのPCケース選びのポイントを解説していきます。ランキングもぜひご参考にしてください。

自作PCにぴったりなPCケースを見つけよう!

自作PCを作るのに、マザーボードやドライブなどのパーツを格納するPCケースは必須です。ミニタワー型からフルタワー型まで大きさもさまざまで、冷却性や防音性に優れたものなど機能が多く、何を基準に選べばいいのか迷っていませんか。

 

また、外見にも影響するパーツになるため、デザインも重視すべきポイントとなります。しかし、適当に安いものや人気のあるものを選んでしまうと、自分の入れたかったパーツが収まりきらなかったり、防音性や静音性が保たれなかったりと、せっかく組んだ自作PCが使い勝手の悪いものとなってしまいます。

 

この記事では、PCケースの大きさや機能を解説し、選び方について紹介しています。ピッタリのPCケースを見つけ、快適なPCライフを送ってみてはいかがでしょうか。

ミドルタワー型人気おすすめ商品5選

1位
 

Fractal Design

Define R6 - Black CS7007 FD-CA-DEF-R6-BK

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、静音性も冷却性も両方ほしい方に!

前モデルR5のビビリ音が解消され、スチールパネルの防音性も強化されました。9箇所にファンが取り付けられ水冷式もできます。フロントとサイドパネルを開けるだけでファンの交換やフィルタの掃除ができ、メンテナンスが楽です。

 

ドライブプレートの取り外しが可能なため、レイアウトを柔軟にできます。電源ユニットを隠すカバーも付いているため、ケーブルを見えないようにすることができ、外見のスッキリさが欲しい人におすすめです。3.5インチベイの振動音が気になるとの声もありました。

サイズ(奥行×幅×高さ)54.3×23.3×46.5ベイの種類・数【5.25インチ】×1
電源の付属-サイドパネルの種類スチール
シャドウベイの種類・数【3.5インチ・2.5インチ共用】×6【2.5インチ】×2静音性の有無
冷却の有無マザーボードE-ATX・ATX・microATX・Mini-ITX
2位
 

Thermaltake

Versa H26 Black /w casefan CS7070 CA-1J5-00M1WN-01

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、コスパ最強のミドルタワー型をお探しの方に!

エントリークラスの中でも、1万円クラスの良い製品と同等の品質でありながら、初心者にも組みやすくコスパ最強です。HDDとSSDは標準搭載ですが、新たに付け加えることもでき拡張性が高いです。サイドパネルの片側はアクリルになっているので、多少の漏れがありますが、配線が得意な方や見た目を気にする方にはおすすめです。

 

ファンが2つ付いていて音が静かめとの声や、フロントファンのすぐ後ろにストレージが搭載できるようになっているので、重いゲームをすると吸気が通らず熱くなってしまうとの声もあります。また、ストレージを4枚使う方は入りません。

サイズ(奥行×幅×高さ)46.4×22×49.3ベイの種類・数【5.25インチ】×2
電源の付属-サイドパネルの種類アクリル
シャドウベイの種類・数【3.5インチ・2.5インチ共用】×2(HDDトレイ)【2.5インチ】×3静音性の有無-
冷却の有無マザーボードATX・microATX・Mini-ITX
3位
 

NZXT

H510 Elite White & Black CA-H510E-W1 CS7941

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、初心者や配線が苦手な方に!

配線や電源を見えにくくするカバー付きで、配線が苦手な初心者でも使いやすいです。マザーボード裏面にケーブルを整理できるガイドがあり上級者にも便利。デザインがシンプルで、部屋の内観を気にする方におすすめです。

サイズ(奥行×幅×高さ)42.8×21×46ベイの種類・数
電源の付属-サイドパネルの種類鉄・ガラス
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】x2+1【2.5インチ】x2+1静音性の有無-
冷却の有無マザーボードATX・MicroATX・Mini-ITX
4位
 

Corsair

4000D ブラック CC-9011200-WW CS7975

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、2020年発売の新製品!組みやすいPCケースをお探しの方に

2020年にcorsairが発売した新製品です。同シリーズに比べ一番シンプルで、LEDが光らず使いやすいです。5インチベイがないので内部がすっきりしています。組み込みやすく裏面の配線作業もしやすいので、初心者も上級者も綺麗に作ることができます。

 

天板がメッシュ構造になっており、内部にホコリが入るのを防ぐ防塵フィルタ(磁石式)が被せられホコリの掃除をこまめにする必要がありません。他には、280mmクラスのラジエーターが干渉する可能性があるとの声もあります。

サイズ(奥行×幅×高さ)45.3×23×46.6ベイの種類・数
電源の付属ワイヤレスタイプ802.11aサイドパネルの種類強化ガラス
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】x2【2.5インチ】x2静音性の有無-
冷却の有無マザーボードE-ATX・ATX・microATX・Mini-ITX
5位
 

Sharkoon

VS4-Wシリーズ ブラックカラー SHA-VS4-WBK

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、コスパ最強!ミドルタワー型を試してみたい方に!

前面に装飾がなくすっきりとしたシンプルなデザインです。サイドパネルがアクリルになっており、光るファンケースがついています。静音性がいまいちとの声や、付属のマニュアルが英語のみのため、英語が不得意な方や初心者にはわかりづらいといった声もあります。

 

ファンが2個で、フロントからの吸気フローが悪く冷えにくいという声もありますが、ファンの取り付けは4基まで可能です。側面はドライバーなしでも外せるのでお手入れもしやすいです。

サイズ(奥行×幅×高さ)44.5×20×43ベイの種類・数【5.25インチ】x3
電源の付属非搭載。最大260mm奥行の製品に対応サイドパネルの種類アクリル
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】x3【2.5インチ】x4静音性の有無
冷却の有無マザーボードATX・microATX・Mini-ITX

ミドルタワー型PCケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6334841の画像

    Fractal Design

  • 2
    アイテムID:6334381の画像

    Thermaltake

  • 3
    アイテムID:6332799の画像

    NZXT

  • 4
    アイテムID:6332674の画像

    Corsair

  • 5
    アイテムID:6332588の画像

    Sharkoon

  • 商品名
  • Define R6 - Black CS7007 FD-CA-DEF-R6-BK
  • Versa H26 Black /w casefan CS7070 CA-1J5-00M1WN-01
  • H510 Elite White & Black CA-H510E-W1 CS7941
  • 4000D ブラック CC-9011200-WW CS7975
  • VS4-Wシリーズ ブラックカラー SHA-VS4-WBK
  • 特徴
  • ズバリ、静音性も冷却性も両方ほしい方に!
  • ズバリ、コスパ最強のミドルタワー型をお探しの方に!
  • ズバリ、初心者や配線が苦手な方に!
  • ズバリ、2020年発売の新製品!組みやすいPCケースをお探しの方に
  • ズバリ、コスパ最強!ミドルタワー型を試してみたい方に!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • サイズ(奥行×幅×高さ)
  • 54.3×23.3×46.5
  • 46.4×22×49.3
  • 42.8×21×46
  • 45.3×23×46.6
  • 44.5×20×43
  • ベイの種類・数
  • 【5.25インチ】×1
  • 【5.25インチ】×2
  • 【5.25インチ】x3
  • 電源の付属
  • -
  • -
  • -
  • ワイヤレスタイプ802.11a
  • 非搭載。最大260mm奥行の製品に対応
  • サイドパネルの種類
  • スチール
  • アクリル
  • 鉄・ガラス
  • 強化ガラス
  • アクリル
  • シャドウベイの種類・数
  • 【3.5インチ・2.5インチ共用】×6【2.5インチ】×2
  • 【3.5インチ・2.5インチ共用】×2(HDDトレイ)【2.5インチ】×3
  • 【3.5インチ】x2+1【2.5インチ】x2+1
  • 【3.5インチ】x2【2.5インチ】x2
  • 【3.5インチ】x3【2.5インチ】x4
  • 静音性の有無
  • -
  • -
  • -
  • 冷却の有無
  • マザーボード
  • E-ATX・ATX・microATX・Mini-ITX
  • ATX・microATX・Mini-ITX
  • ATX・MicroATX・Mini-ITX
  • E-ATX・ATX・microATX・Mini-ITX
  • ATX・microATX・Mini-ITX

フルタワー型人気おすすめ商品5選

1位
 

Corsair

Graphite 780T Black version CS5319 CC-9011063-WW

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、お手入れ簡単で拡張性十分なフルタワー型をお探しの方に!

空間が広く取り付け不可能なパーツがほとんど無いため、拡張性重視の方におすすめです。フロントと天井がメッシュなので少し音が出ますが、気にならない程度です。

 

ファンメッシュカバーは水洗いができ、ホコリもつきにくくお手入れが楽です。また、サイドパネルがアクリルなので、LEDを楽しみたい方にもおすすめです。

サイズ(奥行×幅×高さ)63.7×28.8x 60.2ベイの種類・数【5.25インチ】×2
電源の付属-サイドパネルの種類アクリル
シャドウベイの種類・数【2.5インチ】×3【3.5インチ/2.5インチ】×6静音性の有無-
冷却の有無-マザーボードE-ATX
2位
 

Cougar

PANZER MAX

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

ズバリ、ケース内を空冷や水冷でしっかり熱分離させたい方に!

ゲーミング向けのフルタワーPCケースです。8個の冷却ファン・4つの水冷ラジエーターを搭載できるのでしかっり冷えます。

 

全面と天板のメッシュパネルは、ワンタッチ開閉ができメンテナンスが楽です。電源を隠すこともできるので見た目がすっきりし、またイルミネーションを楽しめるクリアサイドパネル搭載なので、見た目重視の方も満足のPCケースです。

サイズ(奥行×幅×高さ)66.2×66×38ベイの種類・数【5.25インチ】×2
電源の付属-サイドパネルの種類アクリル
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】×2【2.5インチ】×4+2(3.5インチから変換)静音性の有無-
冷却の有無マザーボードE-ATX・L-ATX・CEB・ATX・MicroATX・Mini-ITX
3位
 

Fractal Design

Define XL R2 Titanium CS4062 FD-CA-DEF-XL-R2-TI

Amazonで詳細を見る

ズバリ、吸音材で防音性は最強!駆動音が気になる方に!

前面やサイドパネルに吸音材を搭載した「ModuVent」デザインは防音性に優れています。吸音材のパネルを外せば、口径ファンの取り付けもできるので、ユーザーが自由に選択することができます。

 

高密度の吸音材と高冷却のハイブリッドであり、フルタワー型のケースの中では安いモデルとなります。チタングレーのシンプルなデザインが目を引きます。

サイズ(奥行×幅×高さ)56×23.2×55.9ベイの種類・数【5.25インチ】×4
電源の付属-サイドパネルの種類高密度吸音スチール
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】HDD/SSDトレイ×8静音性の有無
冷却の有無マザーボードXL-ATX・E-ATX・ATX・MicroATX・Mini-ITX
4位
 

Thermaltake

VIEW 71 TG CS6930 CA-1I7-00F1WN-00

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、おしゃれかつ水冷式でしっかり冷えるフルタワー型をお探しの方に!

4面強化ガラスになっており、デザイン性が高いです。ケースがとにかく大きく広いので、ファンがたくさん付けられ、また本格水冷にも向いています。フレームとガラスの間が1cm程空いているため、静音機能はありません。

サイズ(奥行×幅×高さ)59.2×27.4×57.7ベイの種類・数
電源の付属-サイドパネルの種類ガラス
シャドウベイの種類・数【3.5インチ・2.5インチ共用】×4(HDDケージ)【3.5インチ】×3または【2.5インチ】×6(HDDトレイ)静音性の有無
冷却の有無マザーボードE-ATX・ATX・microATX・Mini-ITX
5位
 

Coolermaster

SGC-5000-KWN2 トルーパー SE

Amazonで詳細を見る

ズバリ、6段階のファン速度調整が便利!風通しの良いフルタワー型をお探しの方に

ファン速度コントローラー搭載で、6段階でファンの速度を調整可能。エアフローが良いとの声があります。また、水冷のラジエーターも入れられ冷却性に優れています。ライトグレー着色のクリアガラスで、PC内部を見ることができます。

サイズ(奥行×幅×高さ)63.98×28.5×65.99ベイの種類・数-
電源の付属サイドパネルの種類強化ガラス
シャドウベイの種類・数-静音性の有無-
冷却の有無マザーボードXL-ATX・ATX・Micro-ATX・Mini-ITX・E-ATX

フルタワー型PCケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6336938の画像

    Corsair

  • 2
    アイテムID:6336342の画像

    Cougar

  • 3
    アイテムID:6336144の画像

    Fractal Design

  • 4
    アイテムID:6335600の画像

    Thermaltake

  • 5
    アイテムID:6335108の画像

    Coolermaster

  • 商品名
  • Graphite 780T Black version CS5319 CC-9011063-WW
  • PANZER MAX
  • Define XL R2 Titanium CS4062 FD-CA-DEF-XL-R2-TI
  • VIEW 71 TG CS6930 CA-1I7-00F1WN-00
  • SGC-5000-KWN2 トルーパー SE
  • 特徴
  • ズバリ、お手入れ簡単で拡張性十分なフルタワー型をお探しの方に!
  • ズバリ、ケース内を空冷や水冷でしっかり熱分離させたい方に!
  • ズバリ、吸音材で防音性は最強!駆動音が気になる方に!
  • ズバリ、おしゃれかつ水冷式でしっかり冷えるフルタワー型をお探しの方に!
  • ズバリ、6段階のファン速度調整が便利!風通しの良いフルタワー型をお探しの方に
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • サイズ(奥行×幅×高さ)
  • 63.7×28.8x 60.2
  • 66.2×66×38
  • 56×23.2×55.9
  • 59.2×27.4×57.7
  • 63.98×28.5×65.99
  • ベイの種類・数
  • 【5.25インチ】×2
  • 【5.25インチ】×2
  • 【5.25インチ】×4
  • -
  • 電源の付属
  • -
  • -
  • -
  • -
  • サイドパネルの種類
  • アクリル
  • アクリル
  • 高密度吸音スチール
  • ガラス
  • 強化ガラス
  • シャドウベイの種類・数
  • 【2.5インチ】×3【3.5インチ/2.5インチ】×6
  • 【3.5インチ】×2【2.5インチ】×4+2(3.5インチから変換)
  • 【3.5インチ】HDD/SSDトレイ×8
  • 【3.5インチ・2.5インチ共用】×4(HDDケージ)【3.5インチ】×3または【2.5インチ】×6(HDDトレイ)
  • -
  • 静音性の有無
  • -
  • -
  • -
  • 冷却の有無
  • -
  • マザーボード
  • E-ATX
  • E-ATX・L-ATX・CEB・ATX・MicroATX・Mini-ITX
  • XL-ATX・E-ATX・ATX・MicroATX・Mini-ITX
  • E-ATX・ATX・microATX・Mini-ITX
  • XL-ATX・ATX・Micro-ATX・Mini-ITX・E-ATX

ミニタワー型人気おすすめ商品5選

1位
 

Thermaltake

Versa H18 CS7097 CA-1J4-00S1WN-00

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、コスパ抜群のミニタワー型をお探しの方に!

コンパクトですが、5基のケースファンを取り付けできます。裏手にケーブルタイ用の穴ホルダーがあり、裏配線しやすくとても使いやすいです。放熱用のメッシュが多様されておりますが、排熱吸熱2つずつあった方が排熱によく安心です。静音性はありません。

サイズ(奥行×幅×高さ)38×20.5×39ベイの種類・数
電源の付属-サイドパネルの種類アクリル
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】×2【2.5インチ】×2静音性の有無
冷却の有無マザーボードmicroATX・Mini-ITX
2位
 

RAIJINTEK

0R200058 (METIS PLUS BLUE)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、カラバリ豊富!コンパクトだけど拡張性は欲しい方に!

カラーバリエーションが豊富で、7色(黒・白・シルバー・赤・青・黄・緑)から選べます。小さいけれど拡張性は高く使いやすいです。上部にはメッシュ付きの開口部があり排熱性もあります。

サイズ(奥行×幅×高さ)27.7×19×25.4ベイの種類・数
電源の付属-サイドパネルの種類アルミニウム
シャドウベイの種類・数【2.5インチ(HDD)】×4【3.5インチ(HDD)】×1または【2.5インチ(HDD)】×2【3.5インチ(HD0)】×2静音性の有無-
冷却の有無-マザーボードMini-ITX
3位
 

Coolermaster

MasterBox Q300L MCB-Q300L-KANN-S00 CS7251

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、ミニタワー型もLEDでかっこよく!冷却機能が欲しい方に!

ATXケースの中で最も小さくて軽く、また拡張性と冷却機能も備わっております。夏場に思いゲームをやるのは厳しいかもしれませんが、フロントやトップどこにでもファンが付けられ、フロント+バックファンによりそこそこ冷えます。静音性は無いですが、通気性は良いです。

 

サイドパネルはアクリル板になっており、中を光らせたい方にもおすすめです。

サイズ(奥行×幅×高さ)38.7×23×38.1ベイの種類・数
電源の付属サイドパネルの種類アクリル
シャドウベイの種類・数【3.5インチ(HDD)】×1【2.5インチ(SSD)】×2静音性の有無
冷却の有無マザーボードmicroATX・Mini-ITX
4位
 

Fractal Design

Era ITX Silver FD-CA-ERA-ITX-SI CS7489

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、木目調の天板でお部屋に馴染むミニタワー型をお探しの方に!

天面がウッドパネルで、インテリアとしても活躍してくれます。コンパクトなのに収納力もあり、部屋の内装を気にする方におすすめです。

 

アルミが傷つきやすいとの声もありますが、トップパネルはマグネットになっているため工具無しで取り外しができメンテナンスが楽です。値段だけあって、ネジ穴の精度も高いです。

サイズ(奥行×幅×高さ)44×39×24.5ベイの種類・数
電源の付属-サイドパネルの種類アルミ・スチール
シャドウベイの種類・数【3.5インチ(HDD)】×1または【2.5インチ(SSD)】×2静音性の有無
冷却の有無-マザーボードMini-ITX
5位
 

SilverStone

SST-PS15B-G ブラック

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、コンパクトで軽く、安いミニタワー型をお探しの方に!

120mm換気ファン搭載のため、静音性がありながらもよく冷えます。サイドパネルは強化ガラスになっており、スタイリッシュで見栄えも良いです。耐久性が弱いとの声もありますが、コスパの良い商品です。

サイズ(奥行×幅×高さ)35.1×19.2×38.1ベイの種類・数
電源の付属標準ATX PS2サイドパネルの種類強化ガラス・スチール
シャドウベイの種類・数【3.5インチ】x 1 (2.5インチと互換), 【2.5インチ】x 3静音性の有無
冷却の有無マザーボードmicroATX・Mini-DTX

ミニタワー型PCケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6338758の画像

    Thermaltake

  • 2
    アイテムID:6338539の画像

    RAIJINTEK

  • 3
    アイテムID:6338295の画像

    Coolermaster

  • 4
    アイテムID:6337938の画像

    Fractal Design

  • 5
    アイテムID:6337432の画像

    SilverStone

  • 商品名
  • Versa H18 CS7097 CA-1J4-00S1WN-00
  • 0R200058 (METIS PLUS BLUE)
  • MasterBox Q300L MCB-Q300L-KANN-S00 CS7251
  • Era ITX Silver FD-CA-ERA-ITX-SI CS7489
  • SST-PS15B-G ブラック
  • 特徴
  • ズバリ、コスパ抜群のミニタワー型をお探しの方に!
  • ズバリ、カラバリ豊富!コンパクトだけど拡張性は欲しい方に!
  • ズバリ、ミニタワー型もLEDでかっこよく!冷却機能が欲しい方に!
  • ズバリ、木目調の天板でお部屋に馴染むミニタワー型をお探しの方に!
  • ズバリ、コンパクトで軽く、安いミニタワー型をお探しの方に!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • サイズ(奥行×幅×高さ)
  • 38×20.5×39
  • 27.7×19×25.4
  • 38.7×23×38.1
  • 44×39×24.5
  • 35.1×19.2×38.1
  • ベイの種類・数
  • 電源の付属
  • -
  • -
  • -
  • 標準ATX PS2
  • サイドパネルの種類
  • アクリル
  • アルミニウム
  • アクリル
  • アルミ・スチール
  • 強化ガラス・スチール
  • シャドウベイの種類・数
  • 【3.5インチ】×2【2.5インチ】×2
  • 【2.5インチ(HDD)】×4【3.5インチ(HDD)】×1または【2.5インチ(HDD)】×2【3.5インチ(HD0)】×2
  • 【3.5インチ(HDD)】×1【2.5インチ(SSD)】×2
  • 【3.5インチ(HDD)】×1または【2.5インチ(SSD)】×2
  • 【3.5インチ】x 1 (2.5インチと互換), 【2.5インチ】x 3
  • 静音性の有無
  • -
  • 冷却の有無
  • -
  • -
  • マザーボード
  • microATX・Mini-ITX
  • Mini-ITX
  • microATX・Mini-ITX
  • Mini-ITX
  • microATX・Mini-DTX

PCケースの選び方

PCケースは、部屋の広さ・インテリア・PCの機能にまで影響を及ぼします。サイズ・デザイン・性能・メンテナンスのしやすさなど、ケースの個性に沿って選び方のポイントをご紹介いたします。

ケースのサイズで選ぶ

ケースのサイズ選びはとても重要です。定番のミドルタワー型・拡張性抜群のフルタワー型・デザイン豊富なミニタワー型があります。設置したいパーツが入るかどうか、またデスク周りに設置可能かなどさまざまな角度から検討してみましょう。

初心者なら「ミドルタワー型」

PCケースの中でも最も主流なのがミドルタワー型です。ATX・Micro-ATXのマザーボード搭載可能で、拡張性もありケース本体に搭載できるHDDの数が多いです。また、パーツの交換もしやすいため、初心者にもおすすめです。

 

デスクの下にも収まり場所を取らないため、環境的に悩まれる方でも手に取りやすいです。

スペック重視なら「フルタワー型」

サーバー用マシンやゲーミングマシンなど、スペックを重視する方におすすめです。拡張性が高く多くのパーツを装着することができるので、カスタマイズに関して自由度が高いです。

 

内部が広いので冷却性が高く、大型のクーラーや空冷ユニットなども組み込むことができます。大きく場所を取ってしまうため、デスク周りに置けるかどうか確認をしましょう。

収納性なら「ミニタワー型」

小型で軽量なため設置や移動が楽です。拡張性は低く他のタイプのケースに比べ、搭載できるものに限りがあります。キューブ型やスリム型など、デザイン性に優れ、見た目を重視する方や場所を取らず設置したい方におすすめです。また、価格もお手頃なのも魅力です。

ケースの性能で選ぶ

ケースの仕様が本体の操作に影響を及ぼす場合があります。静音性・冷却性・拡張性などPCを機能させるうえで必要な性能ごとに解説していきます。

「冷却性」重視ならメッシュ加工やデュアルチャンバー

デュアルチャンバーとは、CPUやグラフィックボードと電源ユニットを仕切り、エアフローをそれぞれの部位で起こさせ、冷却機能を向上させる構造のことをいいます。また、メッシュ加工は、空気の通りをよくし吸気と排気の効率を上げます。どちらも、筐体内に熱がこもるのを防ぎます。

「排熱」重視ならファンを多く搭載

PCケースによって、ファンの増設可能数は変わります。ファンは多ければ多いほど冷却効果は上がりますが、その分騒音は発生しやすくなります。大きいファンは回転数が少なくても冷却機能に優れるため、静音性も備えているためおすすめです。ファンの外寸を測り、ケースに収まるか確認しておきましょう。

「静音性」重視なら吸音材付き

騒音の元となるのは、主に隙間から漏れるファンやHDDの音です。前面にドアがついてるタイプなどは、裏に吸音材や制振シートがついており、内部の音を軽減してくれます。

 

静音性が上がり密閉されるほど、内部にホコリが溜まりにくくお手入れは楽ですが、冷却性が損なわれてしまう場合もあります。バランスをみて、ファンの大きさを変えるなど工夫してみましょう。

「拡張性」重視ならフルタワー型

ケースの大きさは、大きい方からフルタワー型>ミドルタワー型>小型となっており、フルタワー型は拡張性が最も高いです。装着できるストレージ数や搭載できるファンの数も多く、ゲーミングや動画編集などの負荷の高い作業をしたい方におすすめです。

 

スペースを広く利用できるため、パーツ同士が干渉する心配がありません。内部が広いためエアフローもよく、メンテナンスをする際も大変使いやすいです。

「見た目」重視ならサイドパネルがアクリルウィンドウや白いもの

PCケースといえば黒いデザインのものが多いですが、中にはサイドパネルが白いものやアクリル、ガラスなどになっていてるものも多く出ています。サイドパネルが透明のタイプのものは、中から光るLEDをが覗けたり、ただケースとしてではなく、それ自体が鑑賞できるほどインテリアとしても楽しめます。また、ホコリのたまり具合や不調を目視できるという利点もあります。

パソコンの使用用途で選ぶ

ゲームや動画編集をする方、ネットサーフィンを楽しむ方など、使用用途によってPCにかかる負荷も変わってきます。それに伴いPCケース自体も、適したサイズや性能を選ばなくてはなりません。使用用途に適したPCケースにはどんな種類のものがあるか、解説していきます。

ゲームや動画編集なら「ミドルタワー型・フルタワー型」

FPS・MMO・3DCGの作成など、ハイスペックPCを使いたい方は、拡張性の高いミドルタワー型もしくはフルタワー型がおすすめです。スペースが広く、それぞれのパーツが干渉するのを防ぎます。また、必要に伴い冷却用のパーツなどを自由に組み込むこともできます。高性能PCを作りたい方におすすめです。

ネットサーフィンなら「小型」もおすすめ

ハイスペックなPCでなく、まずはネットサーフィン程度でいいので、とにかく自作PCを使ってみたいという方におすすめです。場所を取らず、お値段もお手頃なので、気軽に使い始められます。

使用したいマザーボードの種類で選ぶ

マザーボードにはATX・microATX・Mini-ATXという規格があり、それぞれサイズと性能も少しずつ変わってきます。対応していないケースもありますので、注意してチェックしましょう。

「ATX」ならミドルタワー型かフルタワー型

基盤の面積が広いため、ミドルタワー型もしくわフルタワー型対応になります。ATX型は最も製品の種類が多いので、たくさんの選択肢の中からお好きなものを選ぶことができます。

 

基本的なサイズは30.5×24.4cm。拡張性は高く、拡張スロット数は最大7つ、メモリースロットは4つ〜8つ搭載可能で、多くの機能を楽しみたい方や負荷の高い作業をしたい方におすすめです。

「Micro-ATX」はミドルタワー型かミニタワー型

ATXを一つ小さくしたサイズです。ATXよりは拡張性は低くなりますが、一般的な型なので人気があり、十分使い勝手はいいでしょう。基本的なサイズは24.4×24.4cmの正方形。メモリースロットは2〜4つ、拡張スロットは最大4つ搭載可能です。

「Mini-ITX」ならミニタワー型

Mini-ITXは小型のマザーボードで、ミニタワー型対応です。キューブ型など、かわいらしく他の型にはないデザインもあります。拡張性はほぼなく小さなPCを作りたい方におすすめです。

ドライブベイの数で選ぶ

ベイとは、SSD・HDD・DVDドライブなどの光学ドライブを設置する場所です。ベイは、5.25・3.5・2.5インチベイの3種類に分けられ、外から見えるタイプや中に組み込まれるタイプなど、それぞれ特性も異なります。

光学ドライブを搭載したいなら「5.25インチベイ」

5.25インチベイは、DVDやブルーレイドライブなどの光学ドライブに対応しています。最近は、この5.25インチのドライブベイを搭載していないモデルもあり、その場合は外付けの光学ドライブにて代用できます。DTMや動画編集など、光学ドライブが必要な場合に応じて選ぶといいでしょう。

SSDやHDDを搭載したいなら「2.5インチ・3.5インチベイ」

シャドウベイには、2.5インチベイと3.5インチベイがあります。主に、2.5インチはSSDに、3.5インチはHDDに対応しています。SSDは大変速度が速くOSやソフトの記録に向いていますが、速度が速い分容量が少ないため、データなどの保存はHDDにするとよいでしょう。

 

水冷ラジエーターを設置するなら「ベイが少ない製品」

大型のラジエーターを搭載する目的で、ドライブベイが少なく作られたPCケースがあります。水冷式は、空冷に比べ冷却性能が高いため、ハイエンド志向のPCに向いています。

 

CPUの発熱に適した大きいラジエーターが必要になりますので、その分の場所を確保する必要があります。小さめなPCケースでは対応できない場合もあります。

「メンテナンスのしやすさ」で選ぶ

工具不要でパネルの開け閉めができるものや、サイドパネルがアクリルなどで内部の様子が見えるもの、ケーブルを背面に回せて裏配線に対応しているケースなどがあります。内部がすっきりすることで、ファンの風通しがよく冷却性が保たれ、またメンテナンスもしやすくなり、故障の回避にも繋がります。

メーカーで選ぶ

今回は、NZXT・coolerMaster・Corsair・THERMALTAKEをご紹介いたします。それぞれ、シリーズ化した製品のあるメーカーや、PCケースだけでなく他のパーツを製造しているメーカーなど個性はさまざまです。お気に入りのメーカーを見つけてみましょう。

ウルトラタワー型まで展開のある「NZXT(エヌゼットエックスティー)」

サイズ展開の幅が広く、フルタワー型の上にはウルトラタワー型やスーパーウルトラタワー型まであります。スラっとしたシンプルなデザインですので、見た目重視の方にもおすすめです。マットカラーで、ハイエンド重視な人向けのHシリーズや、デザイン性抜群、サイズのラインナップ豊富なphantomシリーズなどがあります。

PCケース以外のパーツも豊富な「クーラーマスター(CoolerMaster)」

ミニ型からフルタワー型まで幅広いラインナップです。PCケースの他にも、キーボードやマウス・冷却ファンなどのパーツも製造しているので、クーラーマスターの製品でPCケースを組むことができます。

高品質で機能性の高い「コルセア(Corsair)」

Corsairは、アメリカのPCゲーム市場にて高品質なコンピュータ機器を提供しているメーカーです。PCケースだけでなく、ゲーミングマウスやヘッドセットなども取り揃えています。ケースデザインはシンプルなものから派手なものまであり、消費者を飽きさせません。

ゲーマーにおすすめの「サーマルテイク(THERMAL TAKE)」

THERMALTAKEは、1999年に設立された台湾の人気メーカーです。ミニタワー型からスペック重視のフルタワー型までありラインナップも豊富です。世界中のユーザーに定評があり、ゲーミングPC向けのパーツも取り揃えています。

自分好みの快適なPCライフを送ろう

PCケースはPC本体の機能にも影響を及ぼします。ケースといえど、一つの機能、パーツとして慎重に選ばなければならないということがわかりましたね。お仕事もしくはプライベートの空間で長く付き合っていくものですから、環境や自分の好みにあった心地いいPCケースを選び、あなただけの最高のPCを作ってください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月17日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ