【2021年最新版】タワーファンの人気おすすめランキング20選【人気メーカーも】

記事ID11204のサムネイル画像

スリムな形状で扇風機のような風を届けるタワーファンは、羽根で怪我をする心配がなく安心して使えます。この記事ではタワーファンの選び方と人気商品をランキング形式で紹介します。ダイソンなど人気メーカーの最新モデルや一人暮しにぴったりのミニタワーファンも要チェックです。

おしゃれなデザインで人気のタワーファン(スリムファン)

タワーファンはスリムファンとも呼ばれ、扇風機のような羽根が無い細長い形状の送風機です。モダンなインテリアに合わせやすいデザインで、羽根が無い分、設置スペースを節約できます。回転する羽で怪我をする心配がなく、安全面でも人気です。

 

羽根なし扇風機とも呼ばれるタワーファンですが、内部に羽根があるモデルがほとんどで本当に羽根のない扇風機は少ないんです!タワーファンは、Dyson(ダイソン)・シャープ(SHARP)などのメーカーが販売しており、選び方に迷う人も多いでしょう。

 

そこで今回はタワーファンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはサイズ・DCモーターの有無・消費電力などを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

タワーファンのメリットとは

タワーファンは扇風機特徴が異なるだけでなく、さまざまなメリットがあります。メリットを知ることで、よりタワーファンを使いやすく選びやすくなります。タワーファンのメリットをまとめたので参考にしてください。

デザインがおしゃれ

タワーファンはスリムでスタイリッシュなデザインの製品が多く、存在感のある扇風機と違って、部屋の雰囲気に馴染みやすいです。木製家具と相性のよい木目調や、和室にも合うマットな質感の製品など、選択肢も豊富でインテリアに合わせて選ぶことができます。

扇風機に比べて安全性が高い

タワーファンは一般的な扇風機と異なり、ファンが露出していません。ファン自体がないモデルもあり、ファンに手が触れて怪我をする心配がありません。小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使用できる点もポイントです。

スリムなので狭い場所にも置きやすい

タワーファンはスリムで縦長に作られています。高さはありますが、狭い場所にも置くことができ、扇風機が入らない場所でも置ける場合があります。使用しない季節に収納する際、省スペースで済む点もメリットです。

タワーファンのデメリットとは

さまざまなメリットがあるタワーファンですが、構造上の問題などによるデメリットもあります。タワーファンのデメリットをまとめたので参考にしてください。

タワーファンは運転音が大きいという意見もある

タワーファンは、扇風機に比べて稼働音が大きいと言われています。DCモーターを搭載した静音性の高いモデルが増えていますが、扇風機と比べると音が大きいと感じる人は少なくありません。

 

静音性を重視する場合は、DCモーターを搭載したモデルを選ぶと共に、口コミなども参考にするとよいでしょう。

分解できないので中を掃除できない

扇風機は分解して掃除ができるのに対して、タワーファンは分解して掃除ができません。ファンにホコリが付きにくい構造になっていますが、長期間使用するとホコリがたまりやすくなります。掃除機などを使ってこまめに掃除することが大切です。

背が高いので転倒しやすい

タワーファンは背が高いものが多く、扇風機に比べると安定感に欠けます。特に首振りをすると揺れるようなモデルは転倒しやすいと言われています。

 

重量があるタワーファンが倒れて子供やペットが下敷きになるなどの可能性もあります。重心が下にあり、安定した形状のタワーファンを選びましょう。

タワーファンの選び方

タワーファンはメーカーやモデルごとにさまざまな特徴があります。電気代や安全性など日常生活に関わる細かなポイントにも注目しましょう。

機能で選ぶ

風を送るだけでなく、静音性や首振り機能など快適に使用するための様々な機能があれば、タワーファンの使い心地がよりアップします。使用する場所や家族構成などを考慮して、必要な機能を搭載したモデルを選びましょう。

静音性重視なら「DCモーター」搭載がおすすめ

DCとはDirect Currentの略で直流を意味し、交流のAC(Alternating Current)モーターに比べて運転音が静かです。また、DCモーターは電圧に応じて回転速度を細かく制御できるので、細かく風力調節できます

 

DCモーターはACモーターに比べて消費電力が少ない点もメリットです。一方で、ACモーター搭載モデルに比べて、価格が高い傾向にある点に注意が必要です。

「空気清浄機能」付きなら清潔な空気を送風

空気清浄機能付きタワーファンなら、清潔な空気を送風して、ハウスダストが気になる小さな子どものいる家庭にもおすすめです。フィルターの性能によって清浄機能が異なりますが、空気清浄機を併用できればスペースの節約にもつながります。

「首振り」の範囲やタイプを確認しよう

タワーファンの首振り機能は、複数人で使用する際や、洗濯物の乾燥に使うときに重宝します。タワーファン内部の送風機だけが左右に振れる製品と、タワーファン自体が回転する製品があるので、それぞれの特徴を確認して選びましょう。

 

内部の送風機だけが振れる製品は、首振り角度が小さいことが多く、広範囲に風を送りたい場合に不向きです。タワーファン自体が回転する製品は、広範囲に送風できますが、首振り動作や運転音が気になることがあります。

風向きを「上下」に変えられるかもチェック

一般的な扇風機は上下に動いて風を送ることができますが、タワーファンは背が高いため、上下の調節機能が無い製品が多いです。風向きを調節したい、広範囲に送風したい場合は、上下に調節可能かどうか確認しましょう。

 

上下方向の風向き調節は、手動で行うものと、電子制御で自動で行うものがあります。タワーファン本体まで移動しなくても、リモコンで制御できる製品もありますから、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

「冷暖房併用」なら1年中使えておすすめ

タワーファンには送風だけでなく、冷風や温風を届けてオールシーズン使用できる製品もあります。冷暖房併用モデルなら、季節の変わり目にヒーターと入れ替える手間を省き、収納スペースの節約にもつながります。

 

夏に活躍する冷風機能は、冷風扇と同様、水や氷を投入して使用する製品が多いようです。暖房機能として温風を出したりセラミックヒーターを搭載しているモデルがあり、補助的な暖房器具として十分活用できます。

「メカ式・マイコン式」の違いで操作感や機能が変わるので確認

タワーファンには、操作方法の違いによってメカ式とマイコン式の2種類の方式があります。メカ式はリモコンが無く、本体のボタンを押すことで操作を行います。

 

マイコン式は電子ボタンで操作するタイプで、リモコンが付属するモデルもあります。タイマーの設定が細かく、リズム風など機能が充実していますが、マイコン式の方が価格が高価なモデルが多いです。

「リモコン」付きは離れたところから操作できるのが便利でおすすめ

リモコン付きのタワーファンなら、離れた場所からでも操作できるので便利ですが、その分、価格が高くなります。設置する部屋の広さや予算を考慮して、リモコンの必要性を決定しましょう。

消し忘れを防止するなら「タイマー機能」がおすすめ

タワーファンには、時間を設定すると自動でオン・オフなどができるタイマー機能がついたものがあります。就寝時や消し忘れ防止に便利で、起床時間に風が来るように設定することも可能です。

 

タイマー機能も製品によって異なります。タイマー機能付きのタワーファンを選ぶ場合は、タイマー設定できる時間や間隔も確認しておきましょう。

「温度センサー」付きなら快適温度を維持できておすすめ

タワーファンには温度センサーで室温を計測して、運転を調整するタイプもあります。室温が低すぎる場合などは、自動的に風量を弱めるなどの運転が可能です。冷やし過ぎを防止するだけでなく、電気代の無駄も防いでくれます。

 

ただ、温度センサーを搭載していても測った温度を表示するだけで、風量を調整する機能はないタワーファンもあります。温度センサーを搭載している場合は、どこまでの機能があるのか確認してから選びましょう。

「コードレス」タイプはコンセントのない場所にも使えるのでおすすめ

コードレスタイプなら、コンセントが無くても運転でき、場所を選ばず使用できます。充電する手間がかかりますが、自由に移動させられるので、来客時などに重宝します。コードレス使用時はバッテリー節約のために、機能が制限されることがあるので注意しましょう。

電気代で選ぶ

タワーファンを選ぶ場合、電気代がどのくらいかかのかも気になるところでしょう。電気代は消費電力に比例しますが、送風機能にかかる電力以外にも見落とされがちな点があります。

「W数」を参考にチェック

タワーファンなどほとんどの家電には、消費電力が記載されています。周波数で消費電力が異なる場合は、分けて記載されています。30から40Wがタワーファンの標準的な消費電力です。

 

24時間連続で使用した場合40Wが約26円、30Wは約19円ほどといわれています。本体価格が高額でも、消費電力が低く、トータルで考えるとコストを抑えられる製品もあります。本体価格だけでなくランニングコストも考えて選びましょう。

「暖房」は電気代が高くなるので確認

暖房機能が搭載されたタワーファンは、消費電力がかなり高くなります。暖房の消費電力は1000Wを超えるものがほとんどで、送風機能に比べると格段に電気代がかかります。

 

気温が低い季節は、エアコンや石油ファンヒーターなど暖房効率に優れた機器をメインにし、タワーファンの暖房機能は補助的に活用するのがおすすめです。

安全性で選ぶ

タワーファンは扇風機のような大きな羽根が無いため、安全性が高いイメージがありますが、危険性が皆無ではありません。タワーファンの安全性についてのポイントをまとめました。

倒れにくい「安定感」に注目

タワーファンは、縦長で重心が高いものが多いので、一般的な扇風機に比べて倒れやすいという問題があります。コンパクトで背が低い製品や、重心ができるだけ下になるよう設計された製品なら、倒れにくく安定感があります。

「チャイルドロック」などの安全装置付きがおすすめ

温風を送風するモードで運転中に、転倒など万が一の事故で火傷などが起こらないよう、安全装置付きのタワーファンを選びましょう。本体が傾いたり、温度が一定以上になったりすると、自動で電源が切れる製品もあります。

 

小さな子どもがいる家庭なら、誤操作を防ぐチャイルドロック機能があれば、さらに安心でしょう。タワーファンは大きな羽根が無いから大丈夫と油断せず、他の家電と同様に説明書に従って正しく使用することが大切です。

「ミニタワーファン」は卓上や一人暮しにおすすめ

スリムな本体が特徴のタワーファンですが、より小型のミニタワーファンもあります。30cmほどの高さで、卓上用や一人暮し用に便利です。ただし小さい分、パワーは弱くなるので設置する場所や目的に合わせて検討しましょう。

メーカーで選ぶ

タワーファンは、海外を含めて多数のメーカーから販売されています。リーズナブルな製品を多く扱うメーカーから、高価格で多機能なものを販売するメーカーなどそれぞれ特徴があります。検討するポイントの一つとして把握しておきましょう。

掃除がしやすい最新モデルが人気な「Dyson(ダイソン)」がおすすめ

Dyson(ダイソン)のタワーファンは、中心が大きく開いた楕円形のフレームが特徴です。本体下部の吸気口から取り込んだ空気をフレームに送り、周りの空気を巻き込んで大きな風を起こします。

 

インテリアとしてもおしゃれなデザインで、羽根が無くシンプルな形状であるため、掃除がしやすく手入れが簡単です。他のメーカーに比べて高価格ですが、最新技術による充実した機能で、コストパフォーマンスに優れます。

リーズナブルな価格が魅力の「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)」がおすすめ

リーズナブルな家電で人気のアイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)は、低価格のタワーファンも扱っています。ほとんどのタワーファンは1万円以下で購入でき、3000円代で購入できる製品もあります。

 

低価格なだけでなく、木目調などデザイン性を重視したモデルも販売されています。必要な機能に絞ったシンプルな操作性も特徴です。

プラズマクラスター搭載で洗濯物の部屋干しにも便利な「シャープ(SHARP)」がおすすめ

大手メーカーであるシャープ(SHARP)のタワーファンは、充実した機能が魅力です。エアロダイナミックフォルムなど独自の送風システムで、遠くまで柔らかな風を送ります。

 

プラズマクラスター搭載モデルもあり、空気清浄機能も期待できます。除菌消臭効果で洗濯物の部屋干しにも便利に使えるでしょう。

風量が細かに調節できる「コイズミ(Koizumi)」がおすすめ

コイズミ(Koizumi)のタワーファンは、1万円以下で購入できるものから3万円前後のものまで、幅広いグレードの製品が揃っています。送風と温風の両方を出せるものが、1万円前後と比較的リーズナブルな価格で購入できます。

 

風量の調整が16段階とかなり細かく設定できるタワーファンも販売されています。コードレスのタワーファンも充実のラインナップです。

リーズナブルでバリエーションが豊富な「山善(YAMAZEN)」がおすすめ

リーズナブルな家電を多く扱う山善(YAMAZEN)では、タワーファンも低価格のものが多いです。1万円以下でも、温風機能があるなど、低価格でも充実した機能が特徴です。

 

国内メーカーなので、サポート面でも安心です。山善(YAMAZEN)のタワーファンは、ネットのレビューも多いので、評判がわかりやすい点もポイントです。

 

下記の記事では山善について書かれているのでご覧ください。

インテリアに馴染むデザインなら「モダンデコ」がおすすめ

おしゃれな家具やインテリア雑貨メーカーのモダンデコでは、アンドデコというブランド名でデザイン性の高い家電を展開しています。アンドデコのタワーファンは、インテリアに合わせやすいすっきりしたフォルムが特徴です。

 

スリムタイプや木目調デザインなど、形状やカラー展開も豊富なので、部屋の雰囲気に合った製品が見つけやすいでしょう。空気清浄機能や冷暖房併用モデルなど、機能面でも充実しています。

Dyson(ダイソン)のタワーファン人気おすすめランキング3選

空中清浄機能付きのタワーファン

空気清浄機能付きのダイソンのタワーファンです。高さ約105cm、350度回転する首振り機能で、広い範囲に風を送ることができます。風量も十分で10段階に調整可能です。

 

空気中を浮遊する埃や花粉などの微細粒子を検知し、液晶ディスプレイで空気の汚れ具合を確認できます。空中清浄機能が付いたハイスペックなタワーファンが欲しい人におすすめです。

サイズ 幅22.3×奥行き22.3×高さ105.4cm DCモーター
消費電力 40W

口コミを紹介

犬を飼っているのですぐに扇風機に毛が絡まって掃除してばっかりだったので羽なしのダイソンを購入しました。電気屋さんよりやっぱりネットの方が安くて良いですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホ連動タイプ

Dyson Linkアプリに対応しており、スマートフォンで操作できる空気清浄機能付きタワーファンです。屋外からでも操作可能で、空気の汚れ具合などをリアルタイムで確認できます。

 

空気の状態から風量を自動で判断するオートモードや、夜は静音運転に切り替わるナイトモードなど機能も充実。夏だけでなく空気清浄機としてオールシーズン活躍します。

サイズ 幅19.6×奥行き19.6×高さ102.2cm DCモーター
消費電力 56W

口コミを紹介

外出先からも室内の清浄度などを確認できるのが良いです。風量も細かくコントロールできるので、購入して良かったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

送風・温風・空中清浄機能搭載でスマホとも連動

送風・温風・空中清浄機能搭載で、オールシーズン利用できます。ディフューズドモードは正面に風が来ないので、空中清浄機としても使いやすくなっています。

 

コンパクトサイズですが、上下に角度を調整でき、広範囲に送風できます。アプリでスマートフォンと連動でき、ダイソンのタワーファンでも特に人気の高いモデルです。

サイズ 幅24.8×奥行き24.8×高さ76.4cm DCモーター
消費電力 温風1400W・送風40W

口コミを紹介

空気清浄機に温風と送風機能付きなのでオールシーズン活躍します。メンテナンスもフィルター交換のみで簡単。ペットを飼っているので、ウサギの換毛期にも大活躍。フィルターが細くて軽いウサギの毛を完全にキャッチしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

Dyson(ダイソン)のタワーファンおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8009199の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 2
    アイテムID:8009196の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 3
    アイテムID:8009193の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 商品名
  • Pure Hot + Cool HP04WSN
  • Pure Cool Link TP03WS
  • 空気清浄タワーファン TP04WSN
  • 特徴
  • 送風・温風・空中清浄機能搭載でスマホとも連動
  • スマホ連動タイプ
  • 空中清浄機能付きのタワーファン
  • 価格
  • 72,017円(税込)
  • 37,980円(税込)
  • 56,850円(税込)
  • サイズ
  • 幅24.8×奥行き24.8×高さ76.4cm
  • 幅19.6×奥行き19.6×高さ102.2cm
  • 幅22.3×奥行き22.3×高さ105.4cm
  • DCモーター
  • 消費電力
  • 温風1400W・送風40W
  • 56W
  • 40W

アイリスオーヤマのタワーファン人気おすすめランキング4選

コンパクトでも広範囲に送風可能

高さ56cmで狭い場所でも邪魔にならないコンパクトなタワーファンです。小型ですが首振り機能と十分な風量で、広範囲に送風できます。ルーバーを手動で調節でき、上下の調節も可能です。

 

約2.8kgと軽量で持運びにも便利です。背が低いため、床に直接座る和室や、子ども部屋での使用にもおすすめです。

サイズ 直径23×高さ56cm DCモーター -
消費電力 36/37W

口コミを紹介

少し遠くから置くといい感じで風を受けられます。音は確かにうるさいかも、でも「弱」にすれば睡眠時はそれほど気にならないのでは、と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

パワフル送風

約100cmの高さで、アイリスオーヤマのタワーファンの中では大型のモデルです。リーズナブルな価格で、広範囲に風が届くタワーファンが欲しい人におすすめです。

 

風の強さは3段階から選ぶことができ、リズム風機能も付いています。リモコン付きなので、離れた場所からでも操作できます。

サイズ 幅約26×奥行約26×高さ約79.3 DCモーター -
消費電力 41/48W

口コミを紹介

単刀直入に言うと『外観シンプル』『操作シンプル』『使い易い』『組み立て簡単』です

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなデザインで消費電力も少なめ

木目調の上品なデザインのタワーファンです。DCモーターは搭載していませんが、消費電力は最大で30Wと比較的少ないです。スリムで省スペースの設計ですが、立体送風で縦横に広く風を送ります。

 

リーズナブルな価格ですが、リモコン付きで、首振り機能やおやすみモードなど便利な機能を搭載しています。

サイズ 幅24.5×奥行ki24.5×高さ76.5cm DCモーター -
消費電力 27/30W

口コミを紹介

初めて、アイリスオオヤマさんの製品を買いました。シャープや東芝製品でしたのて、不安でしたが最高です。形も、機能もよいです。邪魔にならぜ、羽根もないので、狭い部屋でも最適でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ抜群のタワーファン

3000円台で購入できるコスパの良いタワーファンです。3段階の風量調節やタイマーなど必要な機能を備えています。リモコンはありませんが、立ったまま操作できるよう設計されています。

 

DCモーター製品に比べるとやや運転音が大きいですが、弱運転時は37dbと図書館より小さな音で運転できます。安いタワーファンが欲しい人におすすめの商品です。

サイズ 幅24.5×奥行き24.5×高さ77cm DCモーター -
消費電力 27/30W

口コミを紹介

以前使っていた別社のものは強にしても風量が弱い上に首振り時にギーと音がするのであまり使い物にならなかったのですが、これは弱でも十分に風が出るので風量の出るタワー型扇風機を求めている方にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

アイリスオーヤマのタワーファンおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8009213の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 2
    アイテムID:8009210の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:8009207の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:8009204の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • タワーファン TWF-M73
  • タワーファン 木目調 TWF-C73M
  • タワーファン TWF-D82T
  • 上下ルーバーminiメカ式 TWF-M6T-LA
  • 特徴
  • コスパ抜群のタワーファン
  • おしゃれなデザインで消費電力も少なめ
  • パワフル送風
  • コンパクトでも広範囲に送風可能
  • 価格
  • 3,280円(税込)
  • 7,604円(税込)
  • 5,620円(税込)
  • 4,980円(税込)
  • サイズ
  • 幅24.5×奥行き24.5×高さ77cm
  • 幅24.5×奥行ki24.5×高さ76.5cm
  • 幅約26×奥行約26×高さ約79.3
  • 直径23×高さ56cm
  • DCモーター
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 消費電力
  • 27/30W
  • 27/30W
  • 41/48W
  • 36/37W

シャープ(SHARP)のタワーファン人気おすすめランキング3選

3位

シャープ(SHARP)

プラズマクラスタースリムイオンファンPF-FTC1-W

みはり機能で熱中症対策にも

プラズマクラスターイオン発生器搭載で、ファンとして使用しながら空気清浄機としても使用できます。空調としての用途以外にも、衣類脱臭モードを選べば、洗濯物の部屋干しも可能です。

 

温度や湿度を検知して、高温や乾燥を知らせるみはり機能搭載で、熱中症が心配な高齢者の方にもおすすめです。微風から強風まで調節でき、扇風機よりもやわらかな風が特徴です。

サイズ 幅24×奥行き24×高さ87cm DCモーター -
消費電力 27W

口コミを紹介

送風の機械性能も良く、ファンの上下左右の微調整が細かくできることにより、使用環境に応じた適度な使用が可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ツインファンでパワフル送風

ツインファンと4か所の吸い込み口で、効率的に風を取り込み、パワフルに送風します。十分な風量で、涼感と同時にプラズマクラスターイオンを部屋の隅々まで届け、除菌・消臭に役立ちます。

 

DCモーターでファンを回転させるため、強風でも静かな運転音で騒音が気になりません。温度や湿度に応じて自動で運転調節するので、面倒な操作の必要がなく快適に使用できます。

サイズ 幅26×奥行き27×高さ83cm DCモーター
消費電力 29W

口コミを紹介

設置面積が少なく気に入りました。エアコンと組み合わせ空気の流れを考慮し、部屋全体に届く様に配置。ティシュペーパーの検証で行い弱送風でも十分効果的のようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シャープ(SHARP)

スリムイオンファン HOT&COOL PF-HTH1-T

ヒーター機能付きで1年中使える

除菌・消臭効果が期待できるプラズマクラスターイオンを放出しながら、涼しさを届ける多機能タワーファンです。温風機能もあり、足元を温める補助的な暖房器具としても活躍します。

 

ファン・暖房・空気清浄が1台ででき、室内の家電設置スペース節約にも役立ちます。落ち着いたカラーとシンプルなデザインで、他のインテリアにもよく馴染むでしょう。

サイズ 幅26×奥行き27×高さ72cm DCモーター
消費電力 温風1200W・送風20W

口コミを紹介

デザインもシンプルでオシャレ!安全機能とプラズマクラスターの効果がありこちらにして正解でした。タイマーや風流調整も簡単で枕元に置いて使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャープ(SHARP)のタワーファンおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8009224の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:8009221の画像

    シャープ(SHARP)

  • 3
    アイテムID:8009218の画像

    シャープ(SHARP)

  • 商品名
  • スリムイオンファン HOT&COOL PF-HTH1-T
  • スリムイオンファン PF-HTC1-W
  • プラズマクラスタースリムイオンファンPF-FTC1-W
  • 特徴
  • ヒーター機能付きで1年中使える
  • ツインファンでパワフル送風
  • みはり機能で熱中症対策にも
  • 価格
  • 105,338円(税込)
  • 21,970円(税込)
  • 7,980円(税込)
  • サイズ
  • 幅26×奥行き27×高さ72cm
  • 幅26×奥行き27×高さ83cm
  • 幅24×奥行き24×高さ87cm
  • DCモーター
  • -
  • 消費電力
  • 温風1200W・送風20W
  • 29W
  • 27W

コイズミ(Koizumi)のタワーファンの人気おすすめランキング3選

細かい風量調整できリモコン付きで使いやすい

細かい風量調節やタイマー設定が可能な、使い勝手のよいタワーファンです。風量は10段階、首振りも3段階から選ぶことができます。オフタイマーも最大8時間から5段階から選べます。

 

リモコン付きなので離れた位置からも操作でき、キャスターで移動も楽にできます。シンプルで使いやすいタワーファンが欲しい人におすすめです。

サイズ 幅32.5×奥行き33.5×高さ92cm DCモーター
消費電力 44W

口コミを紹介

満足しています

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コイズミ(Koizumi)

タワーファン ホット&クール KHF-1291/W

送風機能と温風機能を搭載

送風機能と温風機能を搭載したタワーファンです。風量は16段階で調整可能で、強い風を出すターボ機能を搭載しています。

 

上下1か所ずつファンがあり、温風は下から出るので足元から温めることができます。人の動きから自動で電源をオン・オフする人感センサー付きで、消費電力の節約が期待できます。

サイズ 幅38×奥行き38×高さ104cm DCモーター
消費電力 温風1200/1150W・送風50W

口コミを紹介

北側の小さな部屋で使っています。うちの中で一番冷えると思われるこの部屋をしっかり温めてくれます。普通の部屋なら無理かと思いますが、小さな部屋なので部屋中ぬくぬくです。音も特に気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

コードレスで場所を選ばずに使える

コードレスでも使用でき、キャスター付きで移動させやすいタワーファンです。コードが届かない場所やエアコンの風が届かない場所などの使用に向いています。風量は数段階の調整が可能で、首振りも数種類の角度が選べます。

サイズ 38 x 38 x 104 cm DCモーター
消費電力 50W

口コミを紹介

風量もそこそこあり、今まで使っていたタワーファンより静か
赤ちゃんがいる為扇風機が使えず、重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コイズミ(Koizumi)のタワーファンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8009235の画像

    コイズミ(Koizumi)

  • 2
    アイテムID:8009232の画像

    コイズミ(Koizumi)

  • 3
    アイテムID:8009229の画像

    コイズミ(Koizumi)

  • 商品名
  • タワーファン ホット&クール KHF-1211/W
  • タワーファン ホット&クール KHF-1291/W
  • タワーファン ホット&クール KHF-1210/W
  • 特徴
  • コードレスで場所を選ばずに使える
  • 送風機能と温風機能を搭載
  • 細かい風量調整できリモコン付きで使いやすい
  • 価格
  • 16,632円(税込)
  • 12,800円(税込)
  • 19,500円(税込)
  • サイズ
  • 38 x 38 x 104 cm
  • 幅38×奥行き38×高さ104cm
  • 幅32.5×奥行き33.5×高さ92cm
  • DCモーター
  • 消費電力
  • 50W
  • 温風1200/1150W・送風50W
  • 44W

山善(YAMAZEN)のタワーファン人気おすすめランキング4選

冷風・送風の切り替えができる

心地よく優しい風で、エアコンの風が苦手な人にもおすすめです。タンクに水を注げば、気化熱で冷風運転もでき、気温が高い時期に活躍します。リモコン付きで、シーンに合わせて風力を3段階調節できます。

サイズ 幅24×奥行き29×高さ72.3cm DCモーター -
消費電力 42/47W

口コミを紹介

エアコンのように部屋全体が涼しくなることはありませんが、扇風機的な距離で使うと十分涼しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルで使いやすいタワーファン

狭い場所にも置きやすい幅22cmのスリムなタワーファンです。首振り機能や3段階の音量調節、タイマー、リズム風機能など必要な機能が揃っています。リモコン付きなので使いやすいです。

 

吸気フィルターはホコリが中に入りにくくなっており、掃除がしやすい点もポイントです。シンプルなデザインなので部屋のインテリアに合わせやすいです。

サイズ 幅22×奥行き24×高さ80.8cm DCモーター -
消費電力 34/39W

口コミを紹介

中央部分からしか風が出ないんだろうなと思ってたけどきっちり上下から風が出て良かったです。風量は3段階あり3にするとかなりの風量です。タイマーは1、2、4時間あり便利です。リモコンは本体上部に収納でき無くなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

省エネ設計で使い勝手も良い

消費電力20Wの省エネ設計で、1時間当たりの電気代は約0.5円です。運転音が静かなDCモーター搭載で、静音モードなら就寝時でも音が気になりません。

 

本体はタッチスイッチで、リモコンでも操作できます。椅子に座った状態でちょうどよい風を感じられるハイポジションタイプです。

サイズ 幅22×奥行き22×高さ86cm DCモーター
消費電力 20W

口コミを紹介

中央部分からしか風が出ないんだろうなと思ってたけどきっちり上下から風が出て良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

省スペースでお手入れも簡単

幅22cm、奥行き22cmと比較的コンパクトなので、扇風機を置きにくい狭いスペースにも無理なく設置できます。吸気フィルターが着脱できるので、手入れがしやすく、汚れを取り除いて清潔に保てます。

 

風量を3段階に調節でき、首振りやタイマーなど基本的な機能を備えています。前回運転終了時の設定が保存されるので、電源ボタン1つで設定の手間を減らせます。

サイズ 幅22×奥行き22×高さ80.2cm DCモーター -
消費電力 32/36W

口コミを紹介

タワー型で正解でした。寝室・仕事場で場所を取らずに働いてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

山善(YAMAZEN)のタワーファンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8009249の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 2
    アイテムID:8009246の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 3
    アイテムID:8009243の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 4
    アイテムID:8009240の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 商品名
  • リモコンスリムファンYSR-T802
  • ハイポジションスリムファンYSR-WD901
  • タワーファン YSR-J802
  • リモコン冷風扇 FCR-D405
  • 特徴
  • 省スペースでお手入れも簡単
  • 省エネ設計で使い勝手も良い
  • シンプルで使いやすいタワーファン
  • 冷風・送風の切り替えができる
  • 価格
  • 5,850円(税込)
  • 10,000円(税込)
  • 6,400円(税込)
  • 15,875円(税込)
  • サイズ
  • 幅22×奥行き22×高さ80.2cm
  • 幅22×奥行き22×高さ86cm
  • 幅22×奥行き24×高さ80.8cm
  • 幅24×奥行き29×高さ72.3cm
  • DCモーター
  • -
  • -
  • -
  • 消費電力
  • 32/36W
  • 20W
  • 34/39W
  • 42/47W

モダンデコのタワーファン人気おすすめランキング3選

スタイリッシュでコンパクトに設置できる

ボタンやディスプレイ表示を最低限に抑えたシンプルな外観で、部屋のインテリアに馴染みやすいスタイリッシュなデザインです。DCモーター搭載で9段階に細かく風量を調整できます。

 

左右に最大90度まで首振りできるので、広範囲に風を届けられます。直観的に操作できる円形のリモコンは、磁石で本体に収納できるので、紛失の心配がありません。

サイズ 幅23×奥行き23×高さ96.5cm DCモーター
消費電力 24W

口コミを紹介

デザインはとても気に入ってます。ブルーのLEDが間接照明になってるのでオシャレです。シーズンオフになって片付ける時も扇風機よりは場所を取らない気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

細かく風量調節できる送風・温風機能

一見して扇風機には見えないシンプルでモダンなデザインのタワーファンです。68cmの広い送風口で全身に涼しい風を感じられます。セラミックヒーター搭載で、暖をとるファンヒーターとしても活躍します。

 

送風時の風力は9段階、温風時は4段階に調節でき、使用する環境や人数に応じて細かく切り替え可能です。一定の温度を超えたり、本体が転倒したりすると自動停止する安全装置が働きます。

サイズ 幅23.6×奥行き23.6×高さ100cm DCモーター
消費電力 温風1200W・送風25W

口コミを紹介

デザインは素敵です。想像していたより高さがありましたが、それほど場所はとりません。暖かさは、至近距離でないと感じられません。ただ、風は優しいので、夏は扇風機より快適に過ごせる気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

モダンデコ

スリムタワーファン AIR SLIM tf002

活性炭含有フィルターがクリーンな空気を送風

温かみのある木目調デザインで、北欧風インテリアと相性のよい見た目が特徴です。活性炭含有フィルター搭載で、臭い物質やホルムアルデヒドなどを吸着し、クリーンな風を届けます。

 

リモコン操作の他、本体のデジタルタッチパネルで直感的に操作できます。表示パネルで常に室温を確認でき、エアコン併用時などに便利です。

サイズ 幅23.6×奥行23.6×高さ84.5cm DCモーター
消費電力 20W

モダンデコのタワーファンおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8009260の画像

    モダンデコ

  • 2
    アイテムID:8009257の画像

    モダンデコ

  • 3
    アイテムID:8009254の画像

    モダンデコ

  • 商品名
  • スリムタワーファン AIR SLIM tf002
  • 冷暖タイプ スリムタワーファンnp02
  • DCスリムタワーファンnp01
  • 特徴
  • 活性炭含有フィルターがクリーンな空気を送風
  • 細かく風量調節できる送風・温風機能
  • スタイリッシュでコンパクトに設置できる
  • 価格
  • 9,998円(税込)
  • 14,999円(税込)
  • 9,998円(税込)
  • サイズ
  • 幅23.6×奥行23.6×高さ84.5cm
  • 幅23.6×奥行き23.6×高さ100cm
  • 幅23×奥行き23×高さ96.5cm
  • DCモーター
  • 消費電力
  • 20W
  • 温風1200W・送風25W
  • 24W

タワーファンと扇風機はどっちが涼しい?

タワーファンと一般的な扇風機は構造が異なりますが、風を送ることに違いはありません。しかし、形状の違いから風を送る範囲などが異なり、それぞれの特徴があります。タワーファンと扇風機の違いをまとめました。

タワーファンは特定の範囲に風を送るのが得意

タワーファンは、内部に搭載されたシロッコファンを回転させて風を起こします。風を送る範囲は縦には長いですが、首振りが苦手なので風を広範囲に送るのには向いていません。決まった方向に風を送るために使うならおすすめです。

 

縦長の範囲に風が出せるので、キッチンなど立ったまま作業をする場所で使うのにも向いています。外からファンが見えないので安全性やデザイン性で優れますが、価格は扇風機より高い傾向にあります。

扇風機は広範囲に風を送れるので冷暖房の補助にも便利

扇風機は、タワーファンほど高さはないですが、首振りが得意です。そのため、広い範囲に風を送れるのに向いています。上下にも首振りができるので部屋全体の空気を対流させて、冷暖房の温度調節を効率的良く行えます。

 

タワーファンに比べると、価格帯が安くラインナップが豊富です。下の記事は扇風機の選び方やおすすめランキングをご紹介しています。興味のある人は参考にしてください。

タワーファンの掃除・お手入れの注意点とは

タワーファンは、掃除機で外側のホコリを吸い取ったり、細長いブラシなどで中のホコリを掻き出したりして掃除します。しかし、中に入ったホコリを完全に取り除くことはできません。そのため、分解してお手入れする方法をネットで紹介する人もいます。

 

しかし、分解して掃除することは基本的にメーカーでは禁止されており、故障しても保証対象にならない場合があります。各メーカーの取扱説明書を参考に正しい方法で手入れを行いましょう。

まとめ

タワーファンの選び方やおすすめランキングをご紹介しました。タワーファンは普通の扇風機よりもおしゃれで安全性が高く、多機能のものが多いです。ぜひ、お気に入りのタワーファンを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

温風扇風機の人気おすすめランキング10選【人気のタワーファンも】

温風扇風機の人気おすすめランキング10選【人気のタワーファンも】

扇風機・サーキュレーター
【2021年最新版】卓上冷風機の人気おすすめランキング13選【コンパクトでも涼しい】

【2021年最新版】卓上冷風機の人気おすすめランキング13選【コンパクトでも涼しい】

扇風機・サーキュレーター
【2021年最新版】一人暮らし向け扇風機の人気おすすめランキング10選【おしゃれでコンパクトな扇風機も】

【2021年最新版】一人暮らし向け扇風機の人気おすすめランキング10選【おしゃれでコンパクトな扇風機も】

扇風機・サーキュレーター
赤ちゃんに使える扇風機の人気おすすめランキング10選【安全性は?小さな子供にも】

赤ちゃんに使える扇風機の人気おすすめランキング10選【安全性は?小さな子供にも】

扇風機・サーキュレーター
【2021年最新版】寝室用空気清浄機の人気おすすめランキング11選【コンパクトなものからおしゃれなものまで】

【2021年最新版】寝室用空気清浄機の人気おすすめランキング11選【コンパクトなものからおしゃれなものまで】

空気清浄機
【現役家電販売展監修】加湿空気清浄機の人気おすすめランキング20選【2021年最新版】

【現役家電販売展監修】加湿空気清浄機の人気おすすめランキング20選【2021年最新版】

空気清浄機