【車内の電話に!】ハンズフリーの人気おすすめランキング10選

記事ID720のサムネイル画像

手が使えない運転中や音楽を聞きたい時などにハンズフリーは重宝しますよね。今回は片耳や有線などのタイプやメーカーや防水性能などの選び方まで様々なおすすめを元にハンズフリーイヤホンの人気ランキングを作成しましたので是非参考にしてみてください。イヤホンのお手入れ方法なども共に紹介しています!

スマホを持たなくても通話できる!ハンズフリーの機能とは?

スマホやガラケーの携帯電話を使用するイヤホンは、普通の有線タイプのイヤホン以外にも無線通信でスマホに接続してなくても音楽や通話が楽しめるハンズフリーのイヤホンが発売されています。

 

元々ハンズフリーと言うのは「携帯を持たずに通話が出来るように作られた受信機器」の事を言います。2004年の道路交通法改正で運転中のスマホ操作罰則強化に伴い、現在に至るまでワイヤレス接続できるイヤホンの注目度が高まっています。

 

今回は、「充電時間」「タイプ」「ブランド」を基準にランキングを作成しました。ぜひ参考にしてみてください。

ハンズフリーの人気ランキング10選

10位

三旗連合(SanQi Union)

Bluetoothヘッドセット V4.1 ハンズフリーイヤホン

価格:3,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大増量バッテリーでビジネスシーンにも満足に使える!

10位にランクインしたのはSANQIの『Bluetoothワイヤレスヘッドセット』です!シンプルな黒を基調としたスタイリッシュなデザインで、マイク部分が可動するので自分で位置調整も出来ます。収納ケースと充電ケーブルにイヤーピースが3サイズそれぞれが付属品として付いてきます。

 

イヤホンを使用しなければ自動で省エネ待機となり、音声検索のSiriやGoogleアシストのサポート付きです。また、左右どちらの耳にも装着する事が出来ます。フックが耳からの落下防止となり、フックが伸縮するので自分の耳の大きさに調整が可能です。

 

ノイズキャンセリング機能デジタルノイズキャンセリング方式により、周囲の騒音を軽減しクリアな通話や音楽を楽しむ事が出来ます。車内で通話する機会が多いビジネスマンの方におすすめのハンズフリーイヤホンです。

充電時間約1.5時間タイプ片耳
9位

ZoeeTree

Bluetooth ワイヤレス イヤホン

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水で水への不安軽減!ネックバンドのワイヤレスイヤホン

9位にランクインしたのはZoeeTreeの『X8Bluetoothワイヤレスイヤホン』です!首から下げれるネックバンド型の両耳に付けるイヤホンで、収納ケースとイヤーピース・充電ケーブルが付属品で付いてきます。

 

また、ランニング中やお風呂場などの湿気にも耐えれる、防水・防汗性能があります。耳にフィットするカナル型なので、激しい運動やふとした拍子にイヤホンが外れる事もないので、スポーツのシーンにも使えます!

 

イヤホンにマグネットが内蔵しているので、使わない時はヘッド同士をくっつけてしまえば、首からの落下を防ぐ事が出来ます。また、音楽を聞いてる途中にもし着信があっても再生ボタンを押せばそのまま通話にも繋がるのでスマホからの操作が不要です!

充電時間約2時間タイプ両耳
8位

Ginova

Bluetooth イヤホン

価格:5,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケースから出すだけで即座にスイッチがONに!

8位にランクインしたのはGinovaの『Bluetoothワイヤレスイヤホン』です!耳栓の様な小さなサイズの小型イヤホンで、シンプルなデザインです。ケースから出すだけでスイッチがONになり、ケース自体も掌に収まるくらいのコンパクトなサイズです。

 

初回の起動だけ設定が必要ですが、それさえ完了すれば、スイッチがONになったと同時に自動で、androidやiphoneと繋がる様になっています!収納ケースも充電式となっているので、ケース自体がモバイルバッテリーとなり外出先でスマホの充電もする事が可能です!

 

防水にも対応しており、突然の雨やスポーツシーンでも使用可能です!ケースがあるのでイヤホンの持ち運びも便利で、イヤホンの充電が切れてもケースで再び充電する事が可能です。イヤホンで約1時間、ケースで約1~2時間でフル充電完了となります。

充電時間約1時間タイプ両耳
7位

Welle

Bluetooth イヤホン

価格:2,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量型の耳を塞がないイヤホン!

7位にランクインしたのはWelleの『Bluetoothヘッドセット』です!耳たぶに引っ掛けるタイプですが、こちらの商品は耳の穴を塞ぐ事なく音が聞こえるイヤホンです!

 

普通のイヤホンだと耳の穴が塞がる事になるので、イヤホンを長時間着けて耳が痛くなったり、耳の穴が小さくてサイズを悩んでいるそんな方へおすすめできます。骨伝導により、音を振動で伝えているので、耳の穴を塞がなくても音が聞こえるようになっています。

 

電源も約3秒長押しで入るので、使いたいその時に即座に使用する事が出来ます!メガネをかけていてもイヤホンがズレ落ちる心配もなく、左右どちらにでも使用できます。重量がわずか9gと軽量型で、耳に着けているを忘れてしまいそうな程です。

充電時間約1~2時間タイプ片耳
6位

GBest Buy

Bluetooth イヤホン

価格:1,570円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガラケーやSkype・LINE通話でも使える!

6位にランクインしたのは、GRDE,JPの『Bluetoothヘッドセット』です!片耳に着けるタイプのイヤホンで、ブラックの細見のボディをしています。ノイズキャンセリング機能搭載しているので雑音が軽減され、相手からも通話の音声が聞きやいと評判です。

 

このイヤホンはスマホ2台同時に接続する事が可能で、本体の重さが7gという軽量型です。通話時間が約10時間なので、走行中でも電話の応答が必須な職業の方や、両手が塞がった状態での通話に対応が必要な方におすすめです。

 

フックが耳たぶにかかる形になるので、走ったり何かの拍子にイヤホンが落ちる心配も無く、フックの素材がシリコンなので、耳が痛くなる事も無いです!

充電時間約1.5~2時間タイプ片耳
5位

Amazjp

Bluetooth イヤホン

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1つのボタンで操作可能なイヤホン

5位にランクインしたのはAmazjpの『Bluetoothイヤホン』です!片耳タイプのイヤホンで、シンプルなブラックのカラーとなっています。耳の穴を塞がないイヤホンで本体の重さが約6.38gと軽量型のイヤホンです。

 

操作が簡単で、通話の応答や音楽再生の開始と停止等の操作が1つのボタンで可能になっています。左右どちらの耳にもつける事が出来て、androidやiphoneの端末で使えます!そしてこのイヤホンは耳が聞こえずらい方には補聴器として使う事も出来ます!

 

スマホの動画を大画面のテレビで見れたりと、テレビにもBluetooth(ブルートゥース)機能が搭載されている物もあります。もし自宅のテレビが機能が無いタイプだった場合はBluetooth(ブルートゥース)アダプターを用意する必要があります。

 

価格も1299円と低価格なので、お試しでハンズフリーを初めて買われる方におすすめできる商品です。

充電時間約1.5時間タイプ片耳
4位

Aminy

Bluetooth イヤホン

価格:5,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤホン本体とバッテリーが取り外し出来るイヤホン!

4位にランクインしたのは、Aminyの『Bluetoothイヤホン』です!ブラックのカラーで、両耳に付けるタイプのイヤホンです。SとLサイズのイヤーピースが両耳用計4個が付属品として付いてきます。

 

特徴は、イヤホン本体とバッテリーが取り外し可能な事です!両耳付けなくても片方だけ持ち出して、もう片方のイヤホンのバッテリーを予備として使用したりする方法もあります。防水耐性もあるので汗をかくスポーツや雨にも対応できます。

 

バッテリーは左右どちらの耳にも付けれる形になっていますので、片方のバッテリーを予備機として片耳だけで使用すれば、待機時間や音楽再生などの時間もより長く使用できます。

充電時間約1.5時間タイプ両耳・片耳
3位

Elemiya

Bluetooth イヤホン

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケットにすっぽりと収まる小型イヤホン

3位にランクインしたのは、Elemiyaの『Bluetoothイヤホン』です!ケースが充電式になっていて、イヤホン自体も耳栓の様な小型で、重さが5gという超軽量のイヤホンです。ケースにはマグネットが付いてるので、イヤホンを失くす心配も無いです。

 

SとMとLサイズのイヤーピースが付属で付いてくるので、自分の耳の穴の大きさに合わせて選べます。ケースは掌にすっぽりと収まるサイズで、鞄の隙間やポケットなど入れられます。ケース自体もブラックの光沢があり見た目もオシャレです!

 

ケースで4回までイヤホンは充電可能で、イヤホン自体も約0.7時間(約40分)で充電完了となり、androidやIphoneに対応しています!

充電時間約1時間タイプ両耳
2位

Dudios

Bluetooth イヤホン

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マグネット内臓で防水対応!

2位にランクインしたのは、Dudiosの『Bluetoothイヤホン』です!ネックバンド型のイヤホンで、ブラックのカラーになります。付属品には収納ポーチやイヤーピースに、充電ケーブルやバック等にポーチをぶら下げれる用のカラビナが付いてきます。

 

このイヤホンは電池をネックバンドの部分に収納する事により左右のイヤホンが軽量化されており、遮音性も高いので音漏れの心配が無いです!また、イヤホンにマグネットが内臓されているので、使わない時はくっつけておけば落下防止になります。

 

イヤホンの重さをネックバンドを通して首で支えているので長時間つけてても負担が減り、首からゆったりとぶら下げられる長さがあるので、片耳だけイヤホンをつけて周りの音に注意を払う事も出来ます。

充電時間約1.5時間タイプ両耳
1位

ソニー

ワイヤレスイヤホン

価格:3,789円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスでも有線でも使えるイヤホン!

1位にランクインしたのは、ソニーの『ワイヤレスイヤホン』です!首から下げれるネックバンド型のイヤホンになっています。3サイズのイヤーピースと収納ポーチにワイヤレスではなく有線イヤホンとして使えるようにヘットフォンケーブルも付属品として付いてきます。

 

『ハイレゾ』というCD以上の高音質な音楽をワイヤレスでも申し分なく楽しめますが、ヘッドフォンケーブルで繋げればよりその音質を体感出来ます!ケーブルがあるので出先でイヤホンの充電が切れてしまっても、有線のヘッドフォンとしても使えるイヤホンです。

 

ワイヤレスイヤホンでもケーブルイヤホンにもなれる1つで2役の使い方があるので、充電切れを心配する必要も無いです!ワンタッチ接続『NFC』にも対応しているので、アプリと対応してるスマホがあればイヤホンに触れるだけで電源とワイヤレス接続が完了になります!

充電時間約2.5時間タイプ両耳

ハンズフリーの選び方

イヤホンを新調したい、ハンズフリーに興味があるけどどれを選んだらいいか悩む方へ、用途別におすすめするハンズフリーを紹介していきます。

ハンズフリーイヤホンの種類で選ぶ

ハンズフリーイヤホンにもたくさんの種類があります、自分にあった種類のものを選ぶことで快適なハンズフリーイヤホンライフを送ることができますので、是非参考にしてみてください!

片耳タイプ

王道のハンズフリーイヤホンです。片耳だけなので外の音が完全に遮断されるわけではなく、安全性が担保されているのでおすすめです。また片耳だけでとても軽いので長時間の通話などでも耳に負担がかかりづらいです。

 

外の音も聞こえますがしっかりイヤホンから流れる音声も聞こえるのでマルチで活躍してくれます。マイクが口元まで伸びているものや通常のコードレスヤホンのように短くてもしっかり音を拾うものまで様々あります。

完全ワイヤレスイヤホン

耳にすっぽりハマって目立たない超小型ハンズフリーイヤホンもあります。まるで耳栓のような大きさのものが多く、両耳から片耳まで両タイプの種類が存在しています。小型なので片耳ハンズフリーイヤホンよりも軽いのが特徴です。

 

また耳にすっぽりハマるため遮断性も高く周囲の音を消したい方やしっかり通話に集中したい方などにはおすすめ!ですが小さいため充電時間が短いのがデメリット、常に使用していたい人にはあまりおすすめできないかもしれません。

ワイヤレスイヤホン

有線でない無線のものを言います。ワイヤレスの場合だと線が邪魔になったりもしないので運動の最中などにも最適、音楽を聴くついでに通話を楽しむことなどもできるのでスマホで動画を見たり音楽アプリを楽しむことが多い人におすすめです。

有線ハンズフリー

有線ハンズフリーの場合は遅延もなく音質も悪くないのでおすすめのイヤホンです。使い方もBluetoothのものと違って差し込むだけなので簡単ですし、おすすめのタイプです。ただ布に擦れたりすると相手に不快な音が出る可能性や。

 

他にもマイク付きイヤホンでない場合は通話ができないので必ずマイクがついているかどうかは確認するようにしてください。

通話品質で選ぶ

出来るだけクリアな音声で通話をしたい人には音質もチェックしてもらいたいです。またイヤホンに搭載された形や位置などにも注目してみてください。有線イヤホンの場合マイクの位置が下にあるので服に擦れて相手に不快な音が届いてしまう可能性があります。

 

ですのでもし通話だけを目的にしているなら片耳イヤホンや完全ワイヤレス型イヤホンなどがおすすめです。ですがBluetoothのイヤホンを偉う場合はBluetoothの最新版を選ぶことだけは忘れないでください。

 

自分のスマホとそのBluetoothが対応しているか、遅延はどれぐらいなのかはしっかり確認しておく必要があります。

防水性で選ぶ

ハンズフリーイヤホンを使用するときに屋外で使うときやランニング、ジムで使うなどの場合に気にして欲しいのが防水性です。運動をしたときに普段は気になりませんが予想以上に耳周りに汗が集まりやすいです。

 

そんなときに防水耐性のないイヤホンを使うと汗などで水没してしまい、使えなくなってしまうことがあります、ですので必ず防水性のものであるかはチェックしてください。通話のみに使い屋内での想定なら防水性はあまり意識しなくてもいいです。

コードに囚われずに音楽や通話をしたい場合

携帯でイヤホンを使うと言えば、動画を見たり通勤や通学途中に音楽を聴いたりする時ですが、鞄に携帯をしまっていてもコードが気になる方も多いはずです。

運転中の突然の電話にも対応できる!

運転中の着信は応答してしまうと交通違反となり罰則の対象となっています。ですがマイク内臓型のハンズフリーを使えば携帯を持たずに通話可能となり、ハンズフリーを使った通話は運転中に行ってもルール違反にはならないので、電話の頻度が高い方は便利と言えます。

 

買ったばかりのハンズフリーはそのままではガラケーやスマホでは使えないので、事前に無線通信のBluetooth(ブルートゥース)をONにして、ハンズフリーとスマホやガラケーを繋いで初めて使用可能になります!

 

また、ハンズフリーは有線のイヤホンとは違い、完全充電式となっています。スマホやガラケーとは別にハンズフリーの充電も気にしなくてはいけませんが、今のハンズフリーは稼働時間が数十時間もつものが多くあります。

iphoneで音楽を楽しみたいならハンズフリーが必須?

最近ではiphoneにも新しいモデルが新登場したりと、新しい動きがあります。androidスマホは充電用の端子と有線イヤホンを挿せるジャックがあり、スマホを充電していてもイヤホンを使う事が出来ますが、

 

iphoneの方は以前発売されていた7plusまでであれば、イヤホンジャックがありましたがそれ以降のモデルからは充電用の端子しかなく、イヤホンを挿せるジャックが廃止となっています。充電しながらイヤホンを使う事出来なくなっています。

 

iphoneユーザーであり、ゲームしたり動画を頻繁に見るの方であれば、ハンズフリーにするとiphoneを充電中でも音を気にせず楽しむ事が出来ます!

車で音楽を楽しみたい場合

オーディオからiphoneに入っている聞きなれた曲をスピーカーを通して聞く事も可能です。Bluetooth(ブルートゥース)機能があれば曲だけでなく、オーディオで通話も可能なんです!

最新のオーディオはブルートゥースにも対応!

車にはオーディオが標準搭載されているタイプと、オーディオは付いてないがカーナビ自体に音楽が聴けるオーディオレスというタイプの2種類があります。新しくオーディオを車に取り付ける事も可能です。

 

iphoneに入ってる曲を車でも聞きたい場合は、Bluetooth(ブルートゥース)機能があるとワイヤレス接続で、音楽をオーディオから流す事が出来ます。現在発売されているオーディオはこの機能が付いています。

 

オーディオを古いタイプから新しいタイプに買い替えたい場合、オーディオが付いてない中古車を購入してオーディオを新たに購入したい時は、Bluetooth(ブルートゥース)機能付きかどうかも参考にするのが必要です。

ハンズフリー対応だとオーディオから通話も可能?

オーディオにはBluetooth(ブルートゥース)機能だけでなく、ハンズフリー通話機能付きの物があります!スマホとワイヤレス接続していれば、ハンズフリーイヤホンからではなく、オーディオを通して直接的な通話が可能になります。

 

走行中の通話がハンズフリーイヤホンよりもさらに手軽に対応する事が出来ます。ですがデメリットとしては自分以外に同乗者がいる場合は、会話の内容が相手にも分かってしまうのでその点だけは注意が必要です!

 

オーディオ機能付きのカーナビの場合は、タッチパネルから電話の発着信を行う事が出来ます!Bluetooth(ブルートゥース)機能があるとスマホとのリンクがしやすく、カーオーディオの使い道がさらに広がります。

スマートウォッチでハンズフリーを使いたい場合

スマートウォッチはappleから発売されている腕時計で、通話も音楽もメールも音楽も楽しめるデジタルウォッチです!Bluetooth(ブルートゥース)機能もあるので、音楽もスマホに入ってる曲を流す事が出来ます。

スマートウォッチからの通話を使うならハンズフリーが必要?

スマートウォッチには通話機能と、Bluetooth(ブルートゥース)機能が両方とも対応しており、腕に着けている状態で話が出来る品物です。ですが、ハンズフリーイヤホンを繋いでいればウォッチからではなく、イヤホンから通話も出来ます。

 

なので、スマートウォッチの通話機能を使う場合、もしくはスマートウォッチを新しく購入する際に通話機能お試しで使ってみたい方は、一緒にBluetooth(ブルートゥース)対応のハンズフリーイヤホンも購入を検討する事をおすすめします。

 

スマートウォッチは通話機能やデータ通信も導入されているので、腕時計型のスマホと言っても過言ではない代物です。ハンズフリーイヤホンも合わせて使えばスマートウォッチの便利性も高まると言えます!

スマートウォッチからの音楽を聴く場合

また、スマートウォッチで音楽を聞きたい場合にも、Bluetooth(ブルートゥース)でイヤホンと繋いでおけば、スピーカーから流さなくても音楽を聞く事が出来ます!

 

スマートウォッチには、心拍数を測定したり、走った時間や距離に消費カロリーまでチェック出来るアプリなど運動の際には必要なアプリが搭載しているタイプもあるので、運動をされる方にはおすすめできます。

 

また、ウォッチ自体に音楽を保存出来るように容量が付いているタイプの物もあるので、スマホや音楽プレーヤー等ランニング中にはどうしてもかさばってしまう物を持たなくても再生できるので、ハンズフリーのイヤホンと合わせて持っておくと便利です!

メーカーで選ぶ

ハンズフリーイヤホンのメーカーは大まかに「SONY」「Jabra」「PLANTRONICS」3つのメーカーがあります。そこで今回はこの3メーカーのおすすめをご紹介します。

SONY(ソニー)

SONYは世界的にも有名な日本の電機メーカーです。SONYのオーディオ類は音質も良いため人気のあるメーカーです。従来のワイヤレス製品はどうしても音質が悪くなってしまう傾向にあったのですがSONYは独自の技術を使うことでクリアな音質にすることに成功しました。

Jabra(ジャブラ)

Jabraはデンマークのコペンハーゲンを拠点にしている通信機器メーカーです。ハンズフリー(ヘッドセット)のリーディングカンパニーとしてとても有名でその業界の牽引役も担っている大御所なメーカーです。

 

業務用およびBluetoothのヘッドセットで世界ナンバーワンシェアを誇っており、その質もとても高いのが特徴です。またデザインも洗礼されていて美しいものが多いのも人気の理由です。

PLANTRONICS(プラントロニクス)

人類が初めて月に行ったときに使用された通信機器を作成したのがこのPLANTRONICSです。PLANTRONICSはアメリカを拠点にしている音響メーカーで、ヘッドセットの世界的トップクラスのメーカーでもあります。

 

ノイズキャンセル機能や細かく充実した様々な昨日が人気で、付け心地までにもこだわった世界クラスのハンズフリーイヤホンで快適性と安定性にこだわったメーカーです。

ハンズフリーイヤホンの接続方法

有線イヤホンですとイヤホンジャックに端子を差し込むだけで使用でき、特別な設定をしなくても使用できたのですが、Bluetoothを接続して使用するハンズフリーイヤホンは設定をしなければならないので戸惑う方もいると思います。

 

そんな時のためにハンズフリーイヤホンの接続方法をご紹介します!

接続方法

今回はiPhoneの接続方法をご紹介します。

 

[1.]

まずはiPhoneの設定画面を開きます。そこにBluetoothと書かれた欄があると思いますのでそこを選択します。

 

[2.]

次にBluetoothイヤホンの電源をオンにしてペアリングモードを設定します。ペアリングモードはBluetoothイヤホンに付いている説明書に書かれている通りに設定します。

 

[3.]

接続したいBluetoothイヤホンの名称がiPhoneの画面に表示されますので選択します。未接続から接続済みに変わったら接続は完了です。

イヤホンのお掃除方法

イヤホンは耳の中に入れるので気づいたらとても汚いなんてこともありますよね。そのまま放置しておくとイヤホンが汚いだけでなく耳の病気にも繋がる可能性がありますので定期的なお手入れは必ずしてください!

お手入れ方法

【用意するもの】

・歯間ブラシ(細い先にブラシが付いているもの)・ウェットティッシュ・ティッシュ

 

【お掃除方法】

まずはイヤーピース(耳に接触しているゴム製の部分)を外します、イヤーピースの表面をアルコールの入ったウェットティッシュで拭きます、イヤーピースをひっくり返して裏側もしっかり拭いていきます。

 

次にイヤーピース内とイヤホン本体の音が聞こえるメッシュ部分の汚れを掻き出していきます。最後にケーブルを綺麗に拭けば終了です。

手入れをしないと起こること

イヤホンのお手入れが面倒だからと放置しておくと耳にカビが生えてしまう原因になります。イヤホンが不潔で、湿った状態が続いてしまうとカビが生えてしまいます。外耳道真菌症と言います。

 

そうなると耳垂れなどの原因にもなりますので必ず定期的にお掃除してください!

ハンズフリーイヤホンと電波法

ハンズフリーイヤホン、もっと正確に言うならばワイヤレスイヤホンを使う方にはぜひ知っておいてほしい法律ですのでご紹介します。

電波法違反

ワイヤレスイヤホンが壊れてしまった時にgoogleやyoutubeなどで「ワイヤレスイヤホン 修理 仕方」などで検索をかけるとたくさんの記事や動画がヒットすると思います。また自分は機械に明るいので修理しよう、と思ってしまう方もいると思います。

 

ですが実はそれは電波法違反に引っかかってしまうかもしれないのです。もし修理しても直らずに使用できなければ大丈夫なのですが修理して音が聞こえ、使用できてしまった時点でそれはれっきとした電波法違反になります。

 

また市販で売られているものでも技術基準適合証明(工事設計認証)がないものを使用すると電波法違反になります。実は売ることや修理することは電波法違反にはならないのですがそれを使用した途端に電波法違反になってしまうのです。

 

なんとも消費者泣かせではありますが、自分の身を守るためにも知識は身につけておいてくださいね!

有線イヤホンの場合

有線イヤホンを修理してしようしてしまった!どうしよう!となっている方には朗報です。有線イヤホンの場合は電波法違反になりません電波法違反に引っかかるのはBluetoothなどの電波を発射するものが該当するため有線イヤホンの場合は大丈夫です。

 

ですがワイヤレスでも有線でも両方使えるものや有線だがBluetoothを使用する、といったものは電波法に該当しますのでしっかり確認しておいてください。本記事に取り上げられているイヤホンは全てBluetoothなどを経由して使用するものですのでくれぐれも注意してください!

ハンズフリーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4812311の画像

    ソニー

  • 2
    アイテムID:4812298の画像

    Dudios

  • 3
    アイテムID:4812249の画像

    Elemiya

  • 4
    アイテムID:4810950の画像

    Aminy

  • 5
    アイテムID:4810939の画像

    Amazjp

  • 6
    アイテムID:4810931の画像

    GBest Buy

  • 7
    アイテムID:4810912の画像

    Welle

  • 8
    アイテムID:4810890の画像

    Ginova

  • 9
    アイテムID:4810876の画像

    ZoeeTree

  • 10
    アイテムID:4810860の画像

    三旗連合(SanQi Union)

  • 商品名
  • ワイヤレスイヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • Bluetooth ワイヤレス イヤホン
  • Bluetoothヘッドセット V4.1 ハンズフリーイヤホン
  • 特徴
  • ワイヤレスでも有線でも使えるイヤホン!
  • マグネット内臓で防水対応!
  • ポケットにすっぽりと収まる小型イヤホン
  • イヤホン本体とバッテリーが取り外し出来るイヤホン!
  • 1つのボタンで操作可能なイヤホン
  • ガラケーやSkype・LINE通話でも使える!
  • 軽量型の耳を塞がないイヤホン!
  • ケースから出すだけで即座にスイッチがONに!
  • 防水で水への不安軽減!ネックバンドのワイヤレスイヤホン
  • 大増量バッテリーでビジネスシーンにも満足に使える!
  • 価格
  • 3789円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 5699円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 1570円(税込)
  • 2799円(税込)
  • 5780円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 3180円(税込)
  • 充電時間
  • 約2.5時間
  • 約1.5時間
  • 約1時間
  • 約1.5時間
  • 約1.5時間
  • 約1.5~2時間
  • 約1~2時間
  • 約1時間
  • 約2時間
  • 約1.5時間
  • タイプ
  • 両耳
  • 両耳
  • 両耳
  • 両耳・片耳
  • 片耳
  • 片耳
  • 片耳
  • 両耳
  • 両耳
  • 片耳

まとめ

おすすめのハンズフリーイヤホン人気ランキング10選をご紹介してきましたが、今後も新しいカラーや機能にデザインのイヤホンは登場してきます。その人の状況や用途に合わせておすすめするイヤホンは様々な物があります。金額も数千円から数万円までの差があります。高性能重視となるとやはり1万円ぐらいはしてしまいますが、購入される際は機能や形状・カラーなども自分が気に入った物を購入してみて下さい!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ