ネックスピーカーの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID6520のサムネイル画像

テレビ番組で紹介されてから、爆発的な人気のネックスピーカーですが、大手メーカーを含め多くの種類があります。じつは、ネックスピーカーも用途に応じてそれぞれ得意な分野に分かれています。ランキングや選び方をご参考にぜひベストな1台をお選びください。

流行りのネックスピーカー 実はこんなに便利です

ネックスピーカーはヘッドホンやイヤホンとはチョットとはちがった不思議な形をしていますよね。ネックスピーカーとは、その名の通り肩からかけて耳元でテレビの音声や、スマホの音楽を聴くものです。従来のスピーカーとヘッドホンを合わせた新しいタイプのスピーカーです。

 

人気の秘密は、耳を塞ぐことなくテレビ番組や好きな音楽を聴きながら作業ができ夜間でもボリュームを上げずに楽しむことができる点や、ヘッドホンと違って髪の毛が乱れず使えるところです。テレビで紹介され一時は手に入らない程の人気でした。現在は各メーカーから多くの機種がでていて選ぶのにも迷ってしまう程です。

 

そんな人気のネックスピーカーですが、今回は便利な機能面、連続使用時間充電時間接続方式などを基準に、いま流行のネックスピーカー15選をご紹介します。便利なネックスピーカーをぜひ使ってみてください。

ネックスピーカー人気のおすすめ15選

15位

Orito Directly

ワイヤレス イヤフォン ネックバンド型

価格:2,950円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3段階に折りたたみめバッテリーも長持ち

ネックスピーカーの中でも重量が63.5gととても軽く、使いやすさが特徴のネックスピーカーです。満充電から最大で約600時間の待機時間と33時間の連続通話や通信ができ、約30時間の音楽再生が可能で、充電の心配をすることが無く一日中外でも好きな音楽を聴いていられます。

 

人間工学に基づいて設計されたネックバンドは、激しいスポーツでも落ちにくく、シリカゲル素材で肌にも優しいです。さらに防水基準もIPX4を満たし、キッチンでも使えるといった様々なシチュエーションでの対応が可能なネックスピーカーです。3段階に折りたため、ポケットにも余裕で入り持ち運びもにも邪魔になりません。

連続使用時間30時間充電時間約3.5時間
重量63.5gコーディック-
通信方式Bluetooth防水IPX4

口コミを紹介

私が長い間探していた製品に非常に満足しています包装は非常に良かったとすべての指示とビットを中に持っていた。ヘッドフォンは非常にユーザーフレンドリーな、セットアップが簡単で電話に接続することができます。 

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

サンワダイレクト

ウェアラブルネックスピーカー 400-SP085

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肩口にジャストフィットなデザイン

生活家電を幅広く製造販売するサンワダイレクトのネックスピーカーです。装着した際にスーピーカーがちょうど肩の部分に配置された設計で、包み込むような迫力のサウンドが楽しめます。また、送信距離は約10m防水機能もついており、キッチンでお料理しながらお好みの音楽を楽しむことができます。

 

さらに、高感度マイクを内蔵しスマートフォンをハンズフリーマイクで使えたり、microSDカードを装着して音楽プレーヤーとしても使うことが出来たりと多機能なネックスピーカーとして人気です。

 

連続使用時間約10時間充電時間約3時間
重量約175gコーディックSBC
通信方式Bluetooth防水IPX5

口コミを紹介

3000円台の物を最初買いましたが、音も小さくチープな音なので返品しました。代わりにこちらを買ったのですが、ペアリングも簡単で音も3000円台の物とは、蘊嶺の差で良いです。おすすめします。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Vida Felic

イヤホン & スピーカー

価格:4,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみできイヤホンとスピーカーの2一台で役

Bluetooth接続方式のイヤホンとスピーカーの1台2役のネックスピーカーです。折りたたみ式のためポケットに入れて持ち運びにも便利です。イヤホンも最大21cmの長さを、使いやすように調整が可能で煩わしさもありません。

 

また、ネックスピーカーの操作ボタンを使ってスマートフォンなどの音楽再生の曲送りや戻し、音量調節などの操作が簡単にでき、さらに電話の応答やリダイヤルなどの操作もできる使い勝手の良いネックスピーカーです。

連続使用時間7時間充電時間3時間
重量-コーディック-
通信方式Bluetooth防水-

口コミを紹介

通勤中やプライベートで使用しています。首にかけて使用することができますので、便利でいいですね!!
音質も十分です。折りたたみ式ですので持ち運びも楽でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Bluenin

ネックスピーカー

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ調整できネック部分はゴム製で折り曲げ可能

肩口に4つのスピーカーを配置した、改良型の高性能Blueninのネックスピーカーです。BluetoothコーディックはApt-Xに対応し、高音質なサウンドが楽しめます。また、本体はサイズの調整ができ体にピッタリとフィット、さらにネック部分はゴム製で折り曲げできる柔軟性がありとても使いやすい構造になってしまいます。

 

4つのマイクはノイズリダクション機能を搭載し、外部の音を排除し通話もクリアにできます。他にもキッチンでも使えるように防水性もIPX4にも対応していたり、重さも85gと超軽量で肩や首に負担が掛からないように設計されたりと、手軽で人気のおすすめのネックスピーカーです。

連続使用時間15時間充電時間-
重量85gコーディックapt-X
通信方式Bluetooth防水IPX4

口コミを紹介

使い方は日常の家事で首にかけて使っています。ネックスピーカー自体、実店舗も見て回りましたが、量販店の大手メーカーと遜色ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Bluenin

首掛けイヤホン

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イヤホン取り出し独立型

2019年最新版の完全左右分離式ネックスピーカーです。最大の特徴は、イヤホン部分が取り出し可能で、いま流行の耳に装着するワイヤレススピーカーに早変わりします。左右独立型のため左右を2人でシェアしながら音楽を楽しめます。

 

また、ワイヤレスイヤホンには超長持ちバッテリーが搭載さており、フル充電から最大25時間連続使用可となり、お好きな楽曲を存分に楽しめます。さらに最新の両耳通話技術より両方のイヤホンがハンズフリーで通話できる便利な機能も搭載されています。なおiPhone、AndroidやiPadなどBluetooth機能付きデバイスならこのワイヤレス イヤホンで対応可能です。

連続使用時間6時間充電時間約1.5~2時間
重量59gコーディックAAC
通信方式Bluetooth防水-

口コミを紹介

運動をするときは、ポケットのないトレーニングウェアを着ることが多いのでネックバンド型のこちらのイヤホンはとても使いやすくて助かりました。イヤホンを取り出すとすぐに接続されるので、手間がないです。音質も良くて低音も拾っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

AZESTA

ネックスピーカー

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式 イヤホン巻き取りでコンパクト

Bluetoothバージョン4.1に対応したネックスピーカーで、Blutooth機能を搭載した各種デバイスに対応しています。また、ハンズフリーで通話も可能で、ノイズキャンセリング技術により周囲の雑音を気にすることなく高性能マイクでハッキリと通話ができ、着信があると振動と音声で知らせてくれます。重さも70gと肩に負担のかからない超軽量のネックスピーカーです。

 

イヤホン部分も耳にフィットするシリコン素材を使用し耳に負担がかかりません。イヤホンコードも巻き取り式で、使わないときは本体に収納ができ、折りたたみができるので非常にコンパクトで持ち運びに便利です。

連続使用時間20時間充電時間3時間
重量70gコーディック-
通信方式Bluetooth防水-

口コミを紹介

ジョギング用に購入。最近イヤホンもいい奴買ったんですがやっぱ周囲の音聞こえないの危険ですからね。
結論から言うとジョギングに花を添えてくれてすごく満足してます。やっぱBGMって大事!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ケンウッド(KENWOOD)

ウェアラブルネックスピーカー CAX-NS1BT

価格:9,634円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パッシブラジエーター搭載で迫力の重低音

高音質コーデックapt-Xに対応したケンウッドのウェアラブルネックスピーカーです。肩掛けした時にちょうど耳の下に当たる部分にメインのスピーカーがあり、さらに両方の鎖骨付近にパッシブラジエターが配置され包み込むようなサウンドでより臨場感が楽しめます。

 

88gと軽量で肩負や首などに負担がが掛からず、さらに約20時間の長時間再生が可能で、充電を気にせずに使えます。お好みでホワイトとブラックの2色が選べます。

連続使用時間20時間充電時間-
重量86.2gコーディックapt-X
通信方式Bluetooth防水-

口コミを紹介

ウェアラブルネックスピーカーをローエンドからハイエンドまで試しましたが、耳をふさがないタイプでは、この製品が最良。使い勝手・音質・価格全てが最もバランスが良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Doltech

ネックスピーカー

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazon口コミの多数 高評価

わずか80gの超軽量のネックスピーカーです。防水性能はIPX4で思いっきり汗をかくスポーツシーンでも安心して使えます。さらにBluetooth機能対応のデバイスに対応し、2つのスピーカーからはクリアな音質が流れます。ハンズフリーで通話もできる、アマゾンでも高評価の口コミの数の多いネックスピーカーです。

連続使用時間約12時間充電時間約3.5時間
重量81.6gコーディック-
通信方式Bluetooth防水IPX4

口コミを紹介

今まではサイクリングには骨伝導イヤホンを使っていましたが、サイクリングにはこちらの方が全然良いですね。
骨伝導とは違って締め付け感なし。もちろん低音は望むべくもないですが、この包まれ感は気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

JVCケンウッド

ウェアラブルネックスピーカー SP-A10BT

価格:10,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーデックはapt-X パッシブラジエーター搭載

Bluetooth対応コーデックはapt-Xと高音質のJVCのネックスピーカーです。パッシブラジエーターも搭載されており、重低音の振動がリアルに伝わります。また、リチウムポリマー充電池が内蔵されており、約20時間連続使用が可能です。

 

独特のカーブを描いた本体は、体の負担を最低限にするように計算されてた設計がされており、約88gの超軽量で付けいている感覚を忘れさせ、長時間つけていても負担が掛かりません。お料理、お洗濯などをしながらでも周りの状況が分かる人気のネックスピーカーです。

連続使用時間約20時間充電時間約3時間
重量約88gコーディックapt-X
通信方式Bluetooth防水-

口コミを紹介

すごく良いです。音質、バッテリーの持ち、充電時間、操作性、問題ありません。
私はルアーフィッシングをする際に使っているのですが
イヤホンのような邪魔な配線は無いし、ワイヤレスイヤホンみたいに落したり
耳が痛くなる心配も無く快適に釣りできます。
 

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ソニー(SONY)

首かけ集音器/テレビ用スピーカー SMR-10

価格:27,937円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビスピーカーのほか集音器としても使える

ソニーオリジナルの集音器付きネックスピーカーです。集音器はオートシーンセレクトが搭載されており、周囲の音を解析しノイズをカットして最適な音質に調整します。その他にも、自動音量調整機能のマイボイスキャンセリングや、ハウリング音を自動で抑える機能など便利な機能がついています。

 

また、ワイヤレスでテレビ用スピーカーとしても使えます。接続方法もも付属のケーブルで充電台をテレビと繋ぐだけのかんたん接続で、イヤホンを外しても使うことができ、その場合は本体のスピーカーから音が聞こえます。なお、本体はコンパクトに折りたため、付属の収納ポーチにしまって持ち運べます。

連続使用時間約10時間充電時間約3時間
重量90.7gコーディック-
通信方式付属専用充電器防水-

口コミを紹介

義母に購入しました良く聞こえるので喜んでいます。
デザインも先進的で、すごく気に入てます。
充電器が、スマートでかっこいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

シャープ(SHARP)

ウェアラブルネックスピーカー AN-SX7A

価格:23,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゆったりと映画や音楽を聴くときに使ってみましょう

低音を増幅させるバスレフと重低音を振動で伝えるパッシブラジエーターの両方の機能を搭載したシャープの迫力満点のネックスピーカーです。ゆったりと座って映画や音楽を聴くことを想定して、スピーカー部分が本体の前部に配置されており音が前から聞こえてくるため映像との一体感を楽しめます。

 

また、付属のBluetooth送信機を接続するとテレビもワイヤレスで聴くことが可能です。コーディックはAACapt-Xapt-XLLに対応し映像と音声のズレが軽減されています。そのほかGoogleアシストSiriにも対応しハンズフリーで音声検索もできます。

連続使用時間約13時間30分充電時間5時間
重量約280gコーディックAAC apt-X apt-XLL
通信方式Bluetooth防水-

口コミを紹介

有名どころも加え、3台目のネックスピーカーです。
今までにでていたネックスピーカーの不満点「バッテリーの持ちが悪い、接続方法に難がある、遅延が気になる、低音が出ない等々の不満点を全て解消しました!」と言う感じの商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

JBL

SoundGear ウェアラブル ネックスピーカー

価格:15,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低遅延でテレビやスマホ、タブレットなど快適に接続可能

JBL初のウェアラブルネックスピーカーで、付属のトランスミッターをテレビに接続するだけでテレビとワイヤレスで繋がります。また、光デジタル入力端子やアナログ端子が付いているため、このトランスミッター1台で殆どのテレビに繋がります。

 

Bluetoothコーディックもapt-X Low Latencyに対応し、高音質で遅延が少ない処理がされています。さらに、テレビ以外でもスマートフォンやタブレット、パソコンなどBluetooth対応の様々な機器と幅広く接続可能です。31mmの高性能スピーカーが4基搭載された、迫力満点のサウンドをお楽しみください。

連続使用時間6時間充電時間約2時間
重量372gコーディックapt-X apt-XLL
通信方式Bluetooth 付属トランスミッター防水-

口コミを紹介

バランスがよく、解像度も文句なし。
私は低音が強めか好きなので、ややおとなしい感じもしました。
ところがネックの後ろを襟の上に載せたら、後ろにあるバスブーストが強調されて、別物の迫力が!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

シャープ(SHARP)

ウェアラブルネックスピーカー AN-SS1-B

価格:9,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で上向きスピーカーが聴きやすい

シャープのウェアラブルネックスピーカーは、本体のスーピーカーが上向きのためハッキリと耳元で聞こえます。スマートフォンやタブレットなどの音楽をBluetoothで聴くほかに、付属の送信機を接続してテレビも聴くことができます。

 

重さも88gと軽量で、装着を意識することなく肩や首に負担が掛かりません。またカラーバリエーションも豊富で、ブラック以外にミントグリーンやローズゴールドなどおしゃれな5種類があります。

連続使用時間約14時間充電時間2.5時間
重量約88gコーディックSBC  
通信方式Bluetooth 付属送信機防水-

口コミを紹介

さすがはシャープさんだけあります
首の裏側部分は柔らかい素材となっており多分シリコンか何かでできておりスムーズに装着ができこれで首筋傷めなくなりホッとしました
音質も良くただ重低音がガンガン出ているわけでもなく優しい感じの音質です

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BOSE

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

価格:26,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BOSE独自の技術ノイズキャンセリングを実現

人気の音響機器メーカーのBOSEのネックスピーカーです。デザインは体にフィットするように首や肩の形に合わせ、形状固定ワイヤーやシリコンで微調整が可能。BOSE独自の技術でノイズキャンセリングを実現。クリアな音質と迫力ある重低音が様々なコンテンツで楽しめます。

 

また、Bose Connectアプリを使用して、Bluetooth接続や設定を簡単にできます。スマートフォンやタブレットなどのほか、テレビはトランスミッターでワイヤレス接続が可能です。さらに、IPX4に対応し防滴機能にも優れ汗をかくスポーツシーンなどでも安心して使え、オプションでカバーも替えられます。

連続使用時間12時間充電時間最大3時間
重量259gコーディック-
通信方式Bluetooth防水IPX4

口コミを紹介

静かにテレビを見たい時用に購入した。機微に負担になるかと思ったが、意外と負担にならず、耳元から音が出るので、騒音防止にもなり、また聞こえる範囲も広いので、一般家庭での使用にはBestであると思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ソニー(SONY)

ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

価格:20,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネックスピーカーイチオシ

テレビで紹介されて、一時は入手困難になるほどの人気のソニーのネックスピーカーです。音質はもちろんのこと、テレビ番組や映画、特にゲームなどは、銃撃戦のあるアクションやSFといったシーンではバイブレーションでよりリアルに臨場感を味わえる、今までにない感覚がネックスピーカーの火付け役ともなりました。

 

付属の送信機をテレビに繋ぐだけで、ワイヤレスでゲームやテレビ番組などが楽しめます。Amazonなどネットでも常に人気上位の売れ筋ウェアラブルネックスピーカーです。ぜひこの臨場感をお試しください。

連続使用時間7時間充電時間約3時間
重量335gコーディック-
通信方式付属送信機防水-

口コミを紹介

あまりに売れ過ぎたという事で欠品になり、ネット上で高値で売られていましたが、じっと我慢をして再度売り出されるのを待ってました。半年くらい待ったと思いますが、買って良かった。TVやiPhoneの音声出力とBluetoothで繋ぐのかと思ってましたが、TV機器のデジタル音声出力(またはイヤホン出力)だけに対応してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ネックスピーカーの選び方

ここからは、ネックスピーカーの選び方をご紹介します。ネックスピーカーも使う目的によって、選ぶポイントがあります。「特に、ここは外せない」といった重要な点をご説明しますので、ネックスピーカー購入時の参考になさってみてください。

Bluetoothコーディックによる違い

ネックスピーカーを便利に使うのに外せない、ワイヤレス接続ですが多くのネックスピーカーで使われているのがBluetoothです。コーディックとは音声を圧縮する方式の名称で、遅延や音質に関わってきます。標準的なものから高音質なものまで、主なものを説明します。なお、コーディックは同じ方式同志でのみ作用し、異なる場合は下位のSBCに対応します。

 

・SBC      標準的な音質で殆どのワイヤレス製品に対応。遅延あり。

・AAC      SBCよりも高音質で主にIOSに対応。

・apt-X    遅延が少なく、CD相当の高音質。主にAndroidに対応。

・apt-X HD  ハイレゾ相当の高音質。

・apt-X LL   apt-Xより遅延少なく、ゲームには必須の低遅延

・LDAC     ソニーの次世代コーディックでハイレゾ相当の高音質。

使用する目的で選ぶ

ネックスピーカーも使用する目的によって、選び方も変わってきます。ここでは主な使い方の具体的な場面とその選ぶポイントをご紹介します。とくに、Bluetoothコーディックには注意して選びたいところです。

テレビ

ネックスピーカーの使用目的で多いのがやはり、テレビ番組や映画の視聴です。夜間でもテレビのボリュームを上げることなく耳元で迫力のあるサウンドを楽しめます。ただワイヤレスでテレビ視聴に対応しているネックスーピーカでも、接続には付属か別売りのトランスミッターが必要になります。

 

音声と画像の遅延はせっかくのネックスピーカーですなので避けたいところですね、Bluetoothコーディックはapt-X LLFastStreamに対応しているものをおすすめします。

 

 

スマートフォン オーディオプレイヤー

スマートフォンやオーディオプレイヤーで音楽を聴く場合は、やはり音質を重視したいですね。特に、ネックスピーカーは小型のため重低音の迫力が疑問の方には「パッシブラジエーター」搭載のモデルをおすすめします。また、BluetoothコーディックはAACかapt-X以上のタイプであれば高音質なサウンドを楽しめます。

 

重量で選ぶ

ネックスピーカーの重量は60g程度のものから370gのものまで様々あります。特に、高性能で多機能のものほど重量があるのは仕方ないことです。ただ、映画やテレビ番組、音楽を長時間聴く場合などに肩や首に負担が掛かってはせっかくのネックスピーカーも台無しです。

 

使用するシーンによって、ご自分に負担にならない程度のものを選びましょう。なお、重量のあるネックスピーカーを使う場合のポイントは首の骨と鎖骨の3点で支えることで、これにより負担が少なく長時間使用できます。意識して使ってみてください。

連続再生時間

連続再生時間も選ぶ際には重要なポイントです。短いもので6時間から長いもので20時間以上のものもあり、多いタイプはおおよそ10時間前後です。使う場所や使い方によってそれぞれどの程度の時間を使うか把握してチェックしましょう。

充電時間

ネックスピーカーの充電時間も購入前にチェックしておきたいところです。多くの機種は約3時間でフル充電でき、中には急速充電が可能なネックスピーカーもあり、15分の充電で約2.5時間連続再生が可能なものもあります。

 

ウッカリ充電をし忘れてせっかくテレビ番組の面白いところや、映画のクライマックスシーンで使えなくなってしまう残念なことにならないように、常に充電はしておきたいところですね。

 

防水機能

防水機能もあると便利な機能です。キッチンなどで音楽を聴く場合や、ランニングやサイクリングなどスポーツシーンで汗をかいても大丈夫なのかも大事ですね。防水機能の表記にあるIPXとはJIS(日本工業規格)とIEC(国際電気標準会議)の防水基準で、IPX0の無保護からIPX8の潜水状態での使用が可能までがあり、IPX4は多量の汗や雨程度は長時間でなければ保護されています。

ネックスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5217101の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5219196の画像

    BOSE

  • 3
    アイテムID:5219193の画像

    シャープ(SHARP)

  • 4
    アイテムID:5219192の画像

    JBL

  • 5
    アイテムID:5219188の画像

    シャープ(SHARP)

  • 6
    アイテムID:5222411の画像

    ソニー(SONY)

  • 7
    アイテムID:5219185の画像

    JVCケンウッド

  • 8
    アイテムID:5218363の画像

    Doltech

  • 9
    アイテムID:5218358の画像

    ケンウッド(KENWOOD)

  • 10
    アイテムID:5220974の画像

    AZESTA

  • 11
    アイテムID:5218332の画像

    Bluenin

  • 12
    アイテムID:5219355の画像

    Bluenin

  • 13
    アイテムID:5218320の画像

    Vida Felic

  • 14
    アイテムID:5219178の画像

    サンワダイレクト

  • 15
    アイテムID:5218335の画像

    Orito Directly

  • 商品名
  • ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1
  • Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー
  • ウェアラブルネックスピーカー AN-SS1-B
  • SoundGear ウェアラブル ネックスピーカー
  • ウェアラブルネックスピーカー AN-SX7A
  • 首かけ集音器/テレビ用スピーカー SMR-10
  • ウェアラブルネックスピーカー SP-A10BT
  • ネックスピーカー
  • ウェアラブルネックスピーカー CAX-NS1BT
  • ネックスピーカー
  • 首掛けイヤホン
  • ネックスピーカー
  • イヤホン & スピーカー
  • ウェアラブルネックスピーカー 400-SP085
  • ワイヤレス イヤフォン ネックバンド型
  • 特徴
  • ネックスピーカーイチオシ
  • BOSE独自の技術ノイズキャンセリングを実現
  • 軽量で上向きスピーカーが聴きやすい
  • 低遅延でテレビやスマホ、タブレットなど快適に接続可能
  • ゆったりと映画や音楽を聴くときに使ってみましょう
  • テレビスピーカーのほか集音器としても使える
  • コーデックはapt-X パッシブラジエーター搭載
  • Amazon口コミの多数 高評価
  • パッシブラジエーター搭載で迫力の重低音
  • 折りたたみ式 イヤホン巻き取りでコンパクト
  • イヤホン取り出し独立型
  • サイズ調整できネック部分はゴム製で折り曲げ可能
  • 折りたたみできイヤホンとスピーカーの2一台で役
  • 肩口にジャストフィットなデザイン
  • 3段階に折りたたみめバッテリーも長持ち
  • 価格
  • 20700円(税込)
  • 26500円(税込)
  • 9600円(税込)
  • 15600円(税込)
  • 23200円(税込)
  • 27937円(税込)
  • 10400円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 9634円(税込)
  • 4380円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 4299円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2950円(税込)
  • 連続使用時間
  • 7時間
  • 12時間
  • 約14時間
  • 6時間
  • 約13時間30分
  • 約10時間
  • 約20時間
  • 約12時間
  • 20時間
  • 20時間
  • 6時間
  • 15時間
  • 7時間
  • 約10時間
  • 30時間
  • 充電時間
  • 約3時間
  • 最大3時間
  • 2.5時間
  • 約2時間
  • 5時間
  • 約3時間
  • 約3時間
  • 約3.5時間
  • -
  • 3時間
  • 約1.5~2時間
  • -
  • 3時間
  • 約3時間
  • 約3.5時間
  • 重量
  • 335g
  • 259g
  • 約88g
  • 372g
  • 約280g
  • 90.7g
  • 約88g
  • 81.6g
  • 86.2g
  • 70g
  • 59g
  • 85g
  • -
  • 約175g
  • 63.5g
  • コーディック
  • -
  • -
  • SBC  
  • apt-X apt-XLL
  • AAC apt-X apt-XLL
  • -
  • apt-X
  • -
  • apt-X
  • -
  • AAC
  • apt-X
  • -
  • SBC
  • -
  • 通信方式
  • 付属送信機
  • Bluetooth
  • Bluetooth 付属送信機
  • Bluetooth 付属トランスミッター
  • Bluetooth
  • 付属専用充電器
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • 防水
  • -
  • IPX4
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • IPX4
  • -
  • -
  • -
  • IPX4
  • -
  • IPX5
  • IPX4

まとめ

ネックスピーカーランキング15選選び方をご紹介しました。ひと口にネックスピーカーといっても、使い方によって機能が細かく分かれていて意外と迷われるのではないでしょうか。ランキングなどをご参考に、いつどこで使うかなどシーンによって、ご自分に合った最適なネックスピーカーをお選びください。1度使うとその使い勝手の良さに手放せなくなりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ