ウェアラブルスピーカーの人気おすすめランキング10選【厳選】

ウェアラブルスピーカーは人気だし値段も高いと思っている方も多いでしょう。実は数千円から買えるものもあるんです!そこで今回はウェアラブルスピーカーの選び方やおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。ランキングは音質・操作性・重さを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

第3の選択肢におすすめ!ウェアラブルスピーカー

ウェアラブルスピーカーは、ネックスピーカーや肩掛けスピーカーとも呼ばれている「肩にかけて聴くスピーカー」です。ワイアレスで楽しめるのでコードが邪魔になる心配もありません。テレビで紹介されたこともあるとても人気のスピーカーです。

 

イヤホンやヘッドホンをしていて耳が疲れたり物音などが聞こえなかったりすることがありますよね。ウェアラブルスピーカーは、イヤホンやヘッドホンと違い実は耳を塞がず音楽が聞けることが特徴。第3の選択肢としておすすめです。

 

SONYやSHARPをはじめとした多くのメーカーから発売されています。自分の使い方に合ったウェアラブルスピーカーを買うためにも興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ながら作業におすすめ!ウェアラブルスピーカーの魅力とは

ウェアラブルスピーカーは、イヤホンやヘッドホンと違い耳をふさぎません。そのため、聞き疲れや耳への圧迫感が少なく、周囲の音や会話も同時に聞くことができます

 

ウェアラブルスピーカーは、肩にかけて使用します。首を囲むように上へ音が鳴るので、通常のスピーカーと比べて周囲に大きく響かず、自分だけ臨場感のある音を楽しめます。周りを気にせず自分好みの音を楽しめるのは大きな魅力です。

 

食器洗いや掃除をしながらテレビの音声をはっきり聞き取りたいという人など、ながら作業に使用したい人におすすめです。

ウェアラブルスピーカーの選び方

ウェアラブルスピーカーのおすすめの選び方を紹介します。ウェアラブルスピーカーを購入する際に参考にしてみてください。

接続方法で選ぶ

ウェアラブルスピーカーの接続方法は「Wi-Fi無線」「Bluetooth」「有線(ワイヤレス)」の3つがあります。快適に使用するためこの3つの接続方法を紹介していきます。

ワイヤレスで安定を求める人には「Wi-Fiタイプ」のウェアラブルスピーカーがおすすめ

ウェアラブルスピーカーで、比較的遅延が少ないものがWi-Fi無線タイプです。同一のWi-Fiに繋いでいる機器の音をワイアレスで再生できます。タブレットやスマートフォン、ウォークマンなどの音楽も楽しめます。

 

安定したワイヤレス環境であれば、家の中で使う分にはWi-Fiタイプで十分と言えます。家庭内のネットワーク環境を利用して、対応する複数のスピーカーを一括で管理・操作するアプリもあります。

 

ウェアラブルスピーカーによっては複数の機器に接続可能なものもあります

安定して楽しみたい人には「有線タイプ」のウェアラブルスピーカーがおすすめ

より確実に音の遅延なく使用できるのが有線タイプです。有線であれば、イヤホンやヘッドホンと同様に使用できます。

 

ただし、有線タイプはコードの長さの範囲しか移動できません。また、コードが邪魔になったり誤ってコードを抜いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

ゲームや映画など、映像と音に集中したい時には有線タイプが良いでしょう。

Bluetoothの低遅延モデルが欲しい人には「FastStream・AptX-LL」がおすすめ

特に遅延の心配があるのがBluetoothでの接続です。Bluetoothの規格に「SBC」「AAC」「Apt-X」という規格が遅延の心配がありますが、「Bluetooth(FastStream)」「Bluetooth(AptX-LL)」という規格を選ぶと遅延が少ないと言われています。

 

ただし、「遅延」はあくまで通信環境によって変わるので、100%ではありません。音の遅延を気にする人には「有線タイプ」や「Wi-Fiタイプ」が向いているでしょう。

 

家の中で使用する場合は、「Wi-Fiタイプ」「有線タイプ」「Bluetoothタイプ」どれを選んでも問題ありません。しかし、外出先でも使用したい場合は場所を選ばない「Bluetoothタイプ」が向いています

用途で選ぶ

ウェアラブルスピーカーは、使い方によって最適な機能が異なります。テレビ、スマホ、ゲームなど何に使いたいかをイメージして選ぶのがポイントです。

テレビで使いたい人には「送信機付きのウェアラブルスピーカー」がおすすめ

テレビで使用したい人には「送信機付きモデル」がおすすめです。送信機はウェアラブルスピーカーとテレビの無線接続に役立ちます。Bluetooth接続対応のテレビの場合は送信機付きを選ぶ必要はありません。

 

ウェアラブルスピーカーを家の中で場所を選ばず使用できると、皿洗いや掃除をしながらの使用も可能です。その場合、ある程度離れていても使用できるものを選ぶ必要があります。

スマホで使いたい人には「ウェアラブルスピーカー本体のみ」がおすすめ

スマホで使用したい場合は、「ウェアラブルスピーカー本体のみ」で十分です。Bluetooth接続で使用できます。ウェアラブルスピーカーを通話に利用する場合はマイクが搭載されているか確認を忘れないようにしましょう。

ゲームで使いたい人には「低遅延モデルのウェアラブルスピーカー」がおすすめ

ゲームで使用したい場合は、「低遅延モデル」がおすすめです。振動機能付きを選べばゲームの臨場感アップも期待できます。「aptX-LL」という圧縮方法を採用した低遅延モデルがおすすめです。

 

重低音を振動で伝える機能を持つモデルもあるので、より深い没入感を体感できます。ウェアラブルスピーカーを使うことでよりゲームが楽しくなるでしょう。

外出時に使用したい人には「イヤホン付きタイプ」がおすすめ

外出先でも使用したい場合は、「イヤホン付きタイプ」がおすすめです。イヤホンとウェアラブルスピーカーが一体になったものやイヤホンの取り付けが可能なものであれば、音漏れの心配も少ないので外出先での使用に向いています。

 

中には外部の音を遮断して音を楽しめるノイズキャンセリング機能付きのウェアラブルスピーカーもあり電車などでも音を楽しめるものもあります。

通話したい人は「マイク機能付き」のものを

SkypeやZoom、スマホなどでハンズフリーで通話したい人には、マイク機能付きのウェアラブルスピーカーがおすすめです。マイク機能が付いていれば、マイクを別で用意する必要もないので便利です。

 

長時間の会議やリモート飲み会などマイクが付いていることで便利なシーンは意外と多いです。そんな時でもヘッドセットと違い耳をふさがないので、耳が疲れる心配もありません

 

会議や通話の際、音が小さいと聞き取りづらいので、最大音量が大きい「W数が大きいウェアラブルスピーカー」を選びましょう

音質で選ぶ

音量や低音域の広さなど音質のチェックも重要です。音質は「W数」「パッシブラジエーター」「コーデック」の3つのポイントを意識してチェックしましょう。

低音と音の大きさで選びたい人には「W数が大きいウェアラブルスピーカー」がおすすめ

音の大きさと低音は「W数」で確認しましょう。W数が大きいほど大きな音が出て、低音も再現してくれます

 

ウェアラブルスピーカーは耳に近い位置にスピーカーがあるため、それほど大きな音は必要ないですが、3W+3W程度のものを選んでおけば問題ないです。

 

映画館やコンサート会場のような大きな音で迫力や臨場感を味わいたい人には、さらにW数が大きいものを選ぶのも良いでしょう。

低音で選びたい人には「パッシブラジエーター搭載のウェアラブルスピーカー」がおすすめ

低音重視で音を楽しみたい人には、「パッシブラジエーター搭載モデル」がおすすめです。パッシブラジエーターは、振動板を揺らし低音を増幅させる機能のことです。ロックやヒップホップなど低音重視の音楽や、迫力のある映画を楽しみたいという人に向いています。

 

大きな音で楽しみたい人は、これに加えてW数が大きいものを選ぶとより迫力のある音を体感することができます。

音質や遅延にこだわりたい人には「コーデックで選ぶ」のがおすすめ

コーデックは、Bluetoothで音声データをウェアラブルスピーカーに無線転送する時に圧縮することです。この圧縮率で音質や遅延度合いが変わってきます。

 

対応するコーデックによって音質が変わってくるので、ウェアラブルスピーカーを選ぶ際は、コーデックのチェックも重要です。なお、コーデックは送信側も対応している必要があるため、使用したい機器や送信機・スマホにも対応したものを選ぶようにしましょう。

 

コーデックの種類は「SBC」「AAC」「aptX」など様々です。
種類によって特徴も変わるため、購入の際に確認しておくのがおすすめです。

「重さとフィット感」でつけ心地が決まる

ウェアラブルスピーカーは、軽いものから400g近くにもなるものまで様々な重さのものがあります。肩に乗せて使うものなので重いと負担になってしまいます。

 

選ぶ際には、使っていて「違和感を感じないもの」・「肩の負担にならないもの」といった「つけ心地・フィット感」は大切です。

 

音質やバッテリーの持ちにも注意しながら自分に合ったウェアラブルスピーカーを選びましょう。

「連続再生時間・急速充電対応」も確認ポイント

ワイアレスで利用するウェアラブルスピーカーは、持ち運び用に充電式のバッテリーが内蔵されています。一度の充電で使用可能な「連続再生時間」と短時間で充電できる「急速充電対応」かどうかを確認することは重要です。

初めての方には「操作がしやすいもの」がおすすめ

初めてウェアラブルスピーカーを使用する場合は、多機能なものを選ぶよりも操作方法が簡単なものがおすすめです。多機能なウェアラブルスピーカーは、その分操作が複雑になりがちです。

 

スピーカーなので操作が難しいものは無いですが、無線接続が分からない場合や無線接続である必要がない場合は有線のものを選ぶとすぐに使えるでしょう。

メーカーで選ぶ

ウェアラブルスピーカーは、メーカーごとに多機能・使いやすさ・デザイン・軽さなど特徴が変わってきます。何を重視するかでメーカーを選択しましょう。

高機能かつ重低音にこだわるなら「ソニー」のウェアラブルスピーカーがおすすめ

重低音や高機能のものを求めるのであればソニーのウェアラブルスピーカーがおすすめです。シンプルなデザインがソニーの特徴です。部屋にも馴染むでしょう。

 

高機能ゆえ値段がやや高めですが、映画や低音が響く音楽を楽しみたい人には最適でしょう。耳元から聞こえる重低音と振動機能によってより迫力と臨場感を感じられ世界観に没頭できるでしょう。

バランスを求める人には「シャープ」のウェアラブルスピーカーがおすすめ

シャープのウェアラブルスピーカーは、高機能かつバランス型。他のメーカーと比較しても機能は申し分ありません。音質も高解像度で操作も簡単で、シーンに応じて音にアプローチが可能です。

 

重低音に強いわけではありませんが、バランスが取れた音を楽しみたい人におすすめです。とはいえ、パッシブラジエーターやマイクも搭載していて、連続再生時間も長くかなり使いやすいのがシャープのウェアラブルスピーカーです。

音質にこだわる人には「JBL」のウェアラブルスピーカーがおすすめ

音質は生音のような解像度で、迫力ある音を楽しめます。デザインもシンプルで操作性も簡潔で分かりやすいのが特徴ですが、高機能ゆえ連続再生時間と重さが弱点と言えます。クラシックや映画などに向いています。

 

音質にこだわって大迫力でテレビや音楽などを楽しみたい人におすすめです。

デメリットも考慮して選ぼう

探している条件にピッタリ合ったウェアラブルスピーカーを探すのはなかなか難しいでしょう。デメリットの捉え方次第であなたに合ったものが見えてくることもあります。

 

「音質にはこだわりたいけど重さは多少重くても大丈夫」「重さも操作性も音質も求めているから多少値段は高くても構わない」など何を優先的に選ぶかで選択肢も広がり、自分に合ったウェアラブルスピーカーが見つかるでしょう。

ウェアラブルスピーカーの人気おすすめランキング10選

10位

サンワサプライ

MM-BTSH54BK

スピーカーとしてもイヤホンとしても使用できる

スピーカーとしてもイヤホンとしても使用できる特徴的なウェアラブルスピーカーです。フィット感もありBluetooth接続も簡単に行えて使いやすい印象ですが、3時間の充電で6時間しか持たない点が残念な点です。

 

音質は、低音が弱く音の厚みに物足りなさを感じます。音の解像度は優れていますが、迫力や臨場感はそれほど期待できません。大きめな音が鳴るので、音漏れが気になる点が残念なポイントです。

重量 94g 充電時間 3時間
連続再生時間 6時間 Bluetoothバージョン Bluetooth5.0(Class2)
9位

カシムラ

ワイヤレスネックスピーカー

価格が安い!大きめなフォルムで音質良し

大きめなフォルムが印象的なウェアラブルスピーカーです。

音質は、こもっているように聞こえますがそれぞれの音は聞こえるので、この価格にしては比較的クリアな方でしょう。音の厚みや迫力、臨場感は安さの割に良いという感じです。

 

連続再生時間が3時間充電で60時間と驚異的です。低音も比較的よく聞こえ、マイクも搭載されているので、高機能でコスパが良いウェアラブルスピーカーと言えます。

重量 270g 充電時間 3時間
連続再生時間 60時間 Bluetoothバージョン Bluetooth5.0

口コミを紹介

JBLのを持ってるのにかかわらず買った理由はaptX Low Latency対応、そして駆動時間が約60時間というのもあり購入に至りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

イーエムテック(Em-Tech)

EM-W100WH

高音・中音域に強いウェアラブルスピーカー

音質は、低音が物足りない印象を受けますが、高音や中音は比較的再現度が高いのが特徴です。軽くて伸縮性があるのでフィット感もあり、好印象です。操作性も簡単で使いやすさは高評価です。

 

2.5時間の充電で14時間という長時間再生が可能。88gでマイクも搭載されているので、低音が気にならない人には向いています。

重量 88g 充電時間 2.5時間
連続再生時間 14時間 Bluetoothバージョン Bluetooth 4.1

口コミを紹介

接続も操作も簡単に出来て音質も問題なく重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ケンウッド(KENWOOD)

CAX-NS1BT-W JVC

軽量で伸縮性あり音質は楽曲によりけり

ハンズフリー通話やAIアシスタントなどの音声認識機能にも使用可能。クラシックやジャズといった音楽では性能を発揮し、臨場感が再現されます。楽曲を選ぶウェアラブルスピーカーです。

 

軽量で伸縮性もあるので、フィット感が良いのが特徴。素材はプラスチック製です。3時間の充電で20時間という長時間再生が可能な点は優秀と言えます。

重量 90g 充電時間 3時間
連続再生時間 20時間 コーデック aptX

口コミを紹介

想像以上に音が良くて広がりも感じますし低音がそこそこ出るので海外ドラマ鑑賞にも使っています。
防水性がない分、音がクリアな感じがします。バッテリー持ちがいいですし、通話も問題なく出来て大変便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

シャープ(SHARP)

AQUOSサウンドパートナーホワイト

つけ心地良し操作性良しの「ながら使い用」ウェアラブルスピーカー

ながら使い用に発売されたウェアラブルスピーカーです。軽くて伸縮性があるので、装着した時のフィット感も良く快適です。重さ88gで連続再生時間は16時間、マイクも搭載されています。

 

低音の響きは弱めなので、臨場感は期待できません。音声はクリアに聞こえるので、テレビ視聴には向いていますが、映画の視聴では低音を重視したい人には物足りないでしょう。

重量 88g 充電時間 2.5時間
連続再生時間 14時間 Bluetoothバージョン Bluetooth 4.1

隣室で寝ている家族から、うるさいと苦情が出たので本機を購入しました。
音は綺麗です。高音、中音、低音のバランスが良く、葉擦れ音、足音、自動車の走行音等の効果音も、セリフもよく聞こえます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Doltech

ウェアラブルネックスピーカー

安い!低価格でコスパが良いウェアラブルスピーカー

多機能で価格も安いコスパが良いウェアラブルスピーカーです。初めてウェアラブルスピーカーの購入を考えている人にもおすすめです。防水機能も付いていてアウトドアや水回りの仕事をしながら使用したい人にもおすすめです。

 

3Dステレオ機能搭載なので、映画や音楽を臨場感溢れるサラウンド方式で楽しめます。高性能マイクも付いているのでスマホのハンズフリー通話も可能です。

重量 90g 充電時間 2時間
連続再生時間 15時間 Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0

口コミを紹介

初めてのネックスピーカー、感動してます。
臨場感ヤバいです。
この値段でこれならアリありのアリでしょう!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

オーディオテクニカ

AT-NSP300BT

デメリットが少ない!聞き取りやすさ重視

オンライン学習用に作られたウェアラブルスピーカーなので、音質は非常に良く、ささやくような小さな声や細かな声色までしっかり再現されています。掛け心地も良く、軽量なため長時間つけていても疲労感がない点は文句なしの高評価です。

 

重さは75gと超軽量型です。低音を増幅させるパッシブラジエーターも搭載しマイクも搭載されていて、金額、連続再生時間などを見ても十分と言える高機能で全体的にバランスも良いですが、低音や迫力を強く求める人には物足りないでしょう。

重量 75g 連続再生時間 13時間

口コミを紹介

ケーブルをつなぐだけの簡単セッティングです。
ニュース番組を聞く限り、遅延はほぼありません。
下手にbluetoothでつないで、つながりが悪いなどグダグダするよりも、賢い選択だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

振動で低音を響かせ臨場感アップ

ソニーのウェアラブルスピーカーは、シンプルなデザイン。重低音が振動によってより響くように設計されています。送信機付きで低遅延で2台同時接続が可能です。ステレオやスマホ、タブレットなども接続可能です。 

 

重さは他のウェアラブルスピーカーと比較するとやや重いですが、座っている時に装着感がしっくりくるように形が設計されています

重量 335g 充電時間 3時間
連続再生時間 7時間

口コミを紹介

あまりに売れ過ぎたという事で欠品になり、半年くらい待ったと思いますが、買って良かった。
低音でブルブル震えるのも楽しいです。これは、今年買ったものの中で、ベスト1かもしれません。超オススメ。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シャープ(SHARP)

AN-SX7A

低音・中音・高音と全体のバランスが良い

テレビと音楽に適したモデル。標準・ダイナミック・ボイス・バラエティ・ドラマ・映画などシーンによって使い分けられる独自の機能を搭載。音質は低音から高音までバランスよく、使い勝手が良いウェアラブルスピーカーです。

 

パッシブラジエーターやマイクも搭載しており、連続再生時間13.5時間と高性能にも関わらず、重さは300g以下ですが、やや重く感じるものの掛けているうちに気にならなくなります。

重量 280g 充電時間 5時間
連続再生時間 13.5時間 Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0

口コミを紹介

音楽鑑賞については、個々の楽器の定位感も良く、曲によっては低域がアナログアンプの様に響く時もあり、音質調整もしがいが有って、当分これで楽しめると思います。
音質も含めて購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

音の解像度が抜群で生音のような迫力

低音域もしっかり再現されており、生音のような迫力ある音が楽しめます。音楽はもちろんテレビや映画など、その世界観に没入できます。伸縮性がないためかけづらいですが、音・使いやすさ・操作性は抜群です。

 

操作性はボタンで再生・停止・音量と簡潔で分かりやすくストレスも感じません。重さが300g以上あることと連続再生時間6時間という点が気にならなければベストと言えるウェアラブルスピーカーでしょう。

重量 370g 充電時間 2時間
連続再生時間 6時間 Bluetoothバージョン apt-X対応

口コミを紹介

音に包まれる感覚が、今までにないものですごく良い感じです。
イヤホン・ヘッドホンだと耳への負担が大きいと感じる方は一考の余地ありかと。
動画との遅延は、ほとんど気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウェアラブルスピーカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 充電時間 連続再生時間 Bluetoothバージョン コーデック
1
アイテムID:6459109の画像
SoundGear BTA

詳細を見る

音の解像度が抜群で生音のような迫力

370g 2時間 6時間 apt-X対応
2
アイテムID:6459123の画像
AN-SX7A

詳細を見る

低音・中音・高音と全体のバランスが良い

280g 5時間 13.5時間 Bluetooth 5.0
3
アイテムID:6459147の画像
SRS-WS1

詳細を見る

振動で低音を響かせ臨場感アップ

335g 3時間 7時間
4
アイテムID:6459157の画像
AT-NSP300BT

詳細を見る

デメリットが少ない!聞き取りやすさ重視

75g 13時間
5
アイテムID:6452913の画像
ウェアラブルネックスピーカー

詳細を見る

安い!低価格でコスパが良いウェアラブルスピーカー

90g 2時間 15時間 Bluetooth 5.0
6
アイテムID:6459242の画像
AQUOSサウンドパートナーホワイト

詳細を見る

つけ心地良し操作性良しの「ながら使い用」ウェアラブルスピーカー

88g 2.5時間 14時間 Bluetooth 4.1
7
アイテムID:6459251の画像
CAX-NS1BT-W JVC

詳細を見る

軽量で伸縮性あり音質は楽曲によりけり

90g 3時間 20時間 aptX
8
アイテムID:6459317の画像
EM-W100WH

詳細を見る

高音・中音域に強いウェアラブルスピーカー

88g 2.5時間 14時間 Bluetooth 4.1
9
アイテムID:6459327の画像
ワイヤレスネックスピーカー

詳細を見る

価格が安い!大きめなフォルムで音質良し

270g 3時間 60時間 Bluetooth5.0
10
アイテムID:6459342の画像
MM-BTSH54BK

詳細を見る

スピーカーとしてもイヤホンとしても使用できる

94g 3時間 6時間 Bluetooth5.0(Class2)

外でも音楽を楽しむために!おすすめのイヤホン

イヤホンが取り付けられるウェアラブルスピーカーでも、外出先で音楽を楽しむためにはイヤホンが必須です。以下の記事ではおすすめのイヤホンを紹介しているので、外出先でも音楽を楽しみたい人はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがですか?1万円前後のウェアラブルスピーカーでも、自宅でゲームを楽しむ人からアウトドアでの使用まで、用途によってさまざまなタイプがあります。自分の目的や好みに合わせて、より良いウェアラブルスピーカーを選んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【オーディオライター監修】Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング19選【高級モデルもご紹介】

【オーディオライター監修】Bluetoothスピーカーのおすすめ人気ランキング19選【高級モデルもご紹介】

スピーカー
【オーディオ専門家監修】スピーカーの人気おすすめランキング16選

【オーディオ専門家監修】スピーカーの人気おすすめランキング16選

スピーカー
【専門家監修】PCスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【2021年最新版】

【専門家監修】PCスピーカーのおすすめ人気ランキング20選【2021年最新版】

PCスピーカー
【2021年最新版】密閉型ヘッドホンの人気おすすめランキング30選

【2021年最新版】密閉型ヘッドホンの人気おすすめランキング30選

イヤホン・ヘッドホン
【2021年最新版】1万円前後で買えるヘッドホンの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】1万円前後で買えるヘッドホンの人気おすすめランキング20選

イヤホン・ヘッドホン
【2021年最新版】PC用マイクの人気おすすめランキング10選【会議でも使える】

【2021年最新版】PC用マイクの人気おすすめランキング10選【会議でも使える】

楽器