全粒粉の人気おすすめランキング15選【おすすめレシピもご紹介】

記事ID4895のサムネイル画像

栄養価が高く、パンやお菓子作りに使うと、香ばしさが増すことで人気な全粒粉。カルディや業務用スーパーをはじめ、一般スーパーの製菓材料コーナーでも売っています。今回は全粒分の選び方や、おすすめの全粒粉をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

全粒粉は栄養豊富でヘルシー!

全粒粉は、普通の小麦粉では取り除かれる表皮・胚芽・胚乳といった部分もまるごと粉にしたものです。粉自体がやや茶色がかっており、植物繊維やビタミン類、ミネラル類、ポリフェノールなどが小麦粉の3倍以上もあり、栄養が豊富です。

 

小麦粉よりカロリーが低くてヘルシーなので、健康を気にする方の味方です。また全粒粉を使ってパンやお菓子を作ると、香ばしさと歯ごたえが増し、独特の味わい深い生地になります。

 

今回は健康にいい全粒粉を、価格、使いやすさ、満足度を重視して、ランキング形式でご紹介します。料理の幅も広がりますし、香ばしさと歯ごたえがくせになりますよ。選び方のポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

全粒粉の選び方

全粒粉として販売されているものには色々な種類があり、その食感や特性はさまざまです。生産地や製法も違いますので、使いたい料理に合わせて全粒粉を選んでみてくださいね。それでは、具体的な全粒粉の選び方をご説明します。

作るもので選ぶ

よく売られている小麦粉には、大きく分けて「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の3種類がありますよね。これらは含まれるタンパク質量の異なるそれぞれ3種類の小麦から作られるためですが、小麦全体を粉にした全粒粉にも同様の違いがあります。

お菓子を作るなら「薄力粉タイプ」

お菓子作りに全粒粉を使うなら、薄力粉タイプを選びましょう。ケーキやマフィンなどは、特に細かく挽いた全粒粉がおすすめです。薄力粉タイプは含まれるたんぱく質が6.5~9%と最も少なく、柔らかい軟質小麦という種類から作られた小麦粉です。

 

水分を含んでも粘り気が強くならないため、サクサクとしたクッキーなど焼き菓子を作るのに向いています。ただし胚芽油などの影響でグルテン形成は良くありません。膨らみや見た目の綺麗さを重視するスポンジケーキなどは不向きです。

 

天ぷらやから揚げといった普段の料理には使うことができます。普通の薄力粉を使うよりも香ばしさがプラスされておすすめです。下記の記事では、お菓子作り用の小麦粉について詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

うどんや麺類を作るなら「中力粉タイプ」

中力粉タイプは、7.5~10.5%のたんぱく質を含む中間質小麦という種類から作られた小麦粉です。粘り気が薄力粉と強力粉の間くらいの強さになるため、中力粉は何でもオールマイティにこなす万能型と言えるでしょう。

 

全粒粉は普通の小麦粉に混ぜて使うことが多いので、お菓子もパンも両方作る機会の多い人におすすめします。クッキーなら硬めにザックリと仕上がります。パンを作るなら、塩パンやフランスパンはパリッとした食感になります。また、ゆでうどんやパスタなど麺類にも向いています。

パンを作るなら「強力粉タイプ」

通常のパンを作るとき、薄力粉ではなく強力粉を使いますよね。全粒粉の場合も同じく、パンを作るなら強力粉と書かれたものを選びましょう。全粒粉の強力粉には、最も多いたんぱく質を含む硬質小麦という種類から作られているため、水分を含むとかなり粘り気が出ます。

 

全粒粉100%でパンを作ると、吸水が低くなり、生地がべたつき、膨らみの悪い硬めのパンが出来ます。好みによりますが、通常は強力粉7に対して全粒粉3の割合で作ることをおすすめします。また、半々の割合で作る場合は、型焼きではなく直焼きをおすすめします。

 

生地ダレが起きた場合は、全粒粉を同量の沸騰水で煮たあと、固い団子状にしたものを小さくちぎってから生地を捏ねるときに混ぜます。そうすることで生地ダレは防げます。以下の記事ではパン作り用の小麦粉についてご紹介しています。合わせてご覧ください。

小麦粉の産地で選ぶ

小麦粉の産地によってどのような違いがあるかを知っておくことで、自分に適したものを選ぶことができます。

安心できるのは「国産」

日本で消費されている小麦粉の約85%が外国産です。国内に輸入される農作物には「ポストハーベスト農薬」が使われていることがあるので注意が必要です。

 

ポストハーベスト農薬とは収穫後に散布されるものです。長距離輸送に耐えて品質を保ち、見栄えのよい状態を維持するために使用されます。農薬に抵抗があり、安全性を重視するのであれば、国産小麦かどうか確認して選ぶようにしましょう。

 

国産小麦の生産量は少ないですが、食の安全に注目が集まる昨今、生産量は年々増加しています。主な生産地は北海道や九州で、製造方法や品質など、こだわりのある商品が多いです。

手に入りやすいのは「海外産」

日本は主に、アメリカ、カナダ、オーストラリアから小麦を輸入しています。国産小麦よりも流通量が多いので、比較的低価格で、手に入りやすいです。

 

海外産の小麦は日本政府が買い付け、製粉会社に売り渡すという流れがあります。海外産の小麦の価格は年に2回改定され、国際相場や海上運賃、円安や円高などを踏まえて決まります。時期によっては、低価格で購入することができます。

 

以下のサイトでは、海外産の小麦の価格のしくみについて説明しているので、気になる方はぜひご覧ください。

製法で選ぶ

全粒粉の製法は「石臼挽き」「細挽き」「粗挽き」とあり、それぞれ食感や風味が異なります。選ぶ際は全粒粉の製法についてもチェックしてみましょう。

風味にこだわるなら「石臼挽き」

石臼挽きとは、文字通り石臼を使用してゆっくりと丁寧に小麦を挽いていく製法です。熱をかけずに製粉できるので、食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含み、穀物の旨味をそのまま取り込むことができるので、香り高い豊かな風味で、味わい深い仕上がりになります。

 

しかし石臼挽きは、少量ずつしか生産できず、大量生産には向きません。よって石臼挽きの全粒粉の価格も高価になります。

初めて使う方なら「細挽き」

細挽きとは、小麦を細かく挽いた製法です。細かく挽いてあるので、こねやすく、全粒粉を初めて使う方などにおすすめです。

 

パンを作るとき、細挽き製法の方が生地になじみやすいので、口当たりが良く、柔らかいパンを作ることができます

ハード系のパンを作るなら「粗挽き」

粗挽きは、粗めに挽いた製法です。粗く挽いてあるので、食感が残りやすく、ハード系のパンや、どっしりとしたパンを作るときにおすすめです。

 

粗挽きは少し胚芽の香りがします。独特な麦茶のような香りです。苦手だと思う場合や、子供が食べる場合などは、細挽きの方が良いかもしれません。

使用頻度に合わせて容量を選ぶ

全粒粉は、通常の小麦粉よりは脂肪分が多いため、そのぶん保存性が悪くなります。 一般的な薄力粉と中力粉は約1年、強力粉は約6カ月が目安となりますので、全粒粉の場合はそれよりも早く使い切るのがおすすめです。

 

賞味期限内はおいしくご使用いただけますが、上手に保存することが大切です。料理頻度と全粒粉の使用頻度を加味した上で、無理のない範囲の容量を選ぶのが大切です。

 

また、ニオイを吸着しやすい性質をもっているので、ニオイの強いものの近くで保存しないようにしましょう。また、全粒粉も含まれる粉類は湿気に敏感です。

 

保存するときは、涼しい、乾燥した場所を選びましょう。冷蔵庫での保管おすすめしません。穀物を好む虫が外部から侵入する可能性もありますので、きちんと密封して保存しましょう。

オーガニックにこだわるなら有機JASマークを確認しよう

全粒粉の中には、有機栽培で育てられた小麦を使った商品もあります。全粒粉は果物や野菜のように洗ったり、皮を剥いたりなどができないので、特にお子さんなどに食べさせる場合は、有機栽培などで厳密に管理して生産された商品の方が安心・安全です。

 

オーガニックの全粒粉を手に入れたいなら、有機JAS認証の有無を確認してみましょう。有機JASとは、日本の農林水産省が定めた方法で生産していると認めた業者にのみ、認証を与える制度です。

 

パッケージに有機JASマークが付いていれば、その商品は有機栽培されたものだということになります。やはり多少割高にはなりますが、気になる方は有機栽培かどうかもチェックしてみてください。

全粒粉を選ぶときの注意点

よく見ずに全粒粉を買ってしまうと、自分が思っていたものと違うものだったということがあります。ここでは、間違えやすいポイントをもとに、全粒粉を選ぶときの注意点をご紹介します。

「パン用・菓子用」の違い

お店で売っている全粒粉をよく見てみると、「パン用全粒粉」「菓子用全粒粉」と記載されているものがあります。パン用は薄力粉の全粒粉で、タンパク質が多く、膨らみやすいです。菓子用は強力粉の全粒粉で、タンパク質が少なく、サクサク感のある仕上がりになります。

 

作るものによって使い分けることで、より美味しくできます。全粒粉を使って作るものが決まっているのであれば、購入する前にパン用、菓子用の記載をよく確認してみましょう。

 

しかし併用することも可能です。菓子用全粒分でパンを焼く場合は、強力粉に菓子用全粒粉を1割程、パン用全粒粉でお菓子を作る場合は、薄力粉にパン用全粒粉を1割程混ぜて使いましょう。

間違えやすい「グラハム粉」

売り場をよく見てみると、グラハム粉と書かれたものがあります。グラハム粉とは全粒粉の一種で、作り方が異なります

 

全粒粉は小麦の表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にしたものですが、グラハム粉は小麦を胚乳、表皮、胚芽に分けてから、胚乳は普通の小麦粉と同じ細かさに挽き、表皮と胚芽は粗挽きにして混ぜ合わせています。

 

見た目は一見同じですが、グラハム粉の方が全粒粉よりもザラザラしています。購入する前は、グラハム粉の表記の有無を確認してみましょう。

小麦粉とは異なる「ライ麦粉」

ライ麦を丸ごと製粉した、ライ麦粉の全粒粉もあります。ライ麦はイネ科に分類され、小麦より色が濃く、外皮が青緑色をしています。主にパン作りに適しています。

 

ライ麦粉の全粒粉は、小麦粉のものと違って、性質や風味が異なります。選ぶ際はよく確認しましょう。違いとしては、小麦粉と違ってグルテンが入ってないので、入れ過ぎるとパンが膨らまなくなる可能性があります。そして少し酸味のある風味になるのが特徴です。

全粒粉の人気おすすめランキング15選

15位

ムソー

国内産有機小麦粉・全粒粉

何にでも使いやすい中力粉の有機小麦粉

大阪のマクロビオティック専門メーカーのムソーから販売されている、オーガニックの全粒粉です。国産のオーガニック全粒粉としては価格も手ごろで、中力粉なので、お菓子、うどん、パンのどれにも適した粉になります。

 

製粉は普通の粗さで、スタンダードな全粒粉と言えます。「小麦粉だけより深みがあっていい味に仕上がる」「有機全粒粉なので安心」と口コミでも好評です。

種類 中力粉 内容量 500g
産地 日本(青森県) 製法
有機JASマーク

口コミを紹介

全粒粉入りパンやクッキーなどを作っていますが、小麦粉だけより深みがあっていい味に仕上がるので気に入っています。
有機なので安心して使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ナチュラルキッチン

オーガニック 強力全粒粉

ソフトな色調と軽い風味

オーストラリアで有機栽培されたプライムハード小麦を使用しています。丸ごと石臼で250ミクロンの細挽きにした、ソフトな色調と軽い風味の強力全粒粉です。

 

食パンの場合、強力粉の10%~20%を置き換えて使用するのがおすすめです。「粉が細かいのでパンがふっくらします」「美味しいです」と口コミでも好評です。

種類 強力粉 内容量 500g
産地 オーストラリア 製法 石臼挽き・細挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

極細挽きというくらい、粉が細かいのでパンがふっくらします。国産の強力全粒粉が手に入らない時に使用していますが、遜色なく食べられます。尾籠な話ですがお通じが良くなった気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

オーサワジャパン

北米産 有機全粒粉(強力粉)

有機JAS認証で安心!

アメリカ産の有機栽培小麦を使った全粒粉です。有機JAS認証を受けており、外国産でも安心です。500g入りで、初めてパン作りをするという人にも使い切りやすい容量だと思います。

 

少し割高ではありますが、オーガニックであることを考えれば魅力的な商品だと言えるでしょう。「いろいろ試してきて、今ではほぼ一択です」「500gがちょうどいい」と口コミでも好評です。

種類 強力粉 内容量 500g
産地 カナダ・アメリカ 製法
有機JASマーク

口コミを紹介

使いやすい量でまとめられているので、個数を増やして注文すると在庫としておけるので助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

株式会社富澤商店

北海道産全粒粉 春よ恋

パン作りに適した「春よ恋」使用

「春よ恋」は、北海道の有名なブランド小麦の一つです。パン作り向きの強力粉で、ふっくら・もっちりしたパンに仕上がります。こちらの商品は、そんな春よ恋を風味を壊さないよう石臼で細かく挽いた全粒粉です。

 

500gと使い切りやすい容量ですので、他の国産小麦も取り寄せて食べ比べをしてみるのもおすすめです。「ふわふわで香りが良くて、素朴な小麦の風味」「 思い通りのパンが焼けました」と口コミでも好評です。

種類 強力粉 内容量 500g
産地 日本(北海道) 製法 石臼挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

とても 美味しい 思い通りのパンが焼けました。又、注文します。有り難うございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ふわっと軽い口当たり

北海道小麦を100%使用した、薄力タイプの全粒粉です。扱いやすいように、ふすまを取り除いてあります。そのまま使用するのはもちろん、他の菓子用粉とブレンドして風味付けとして使用するのがおすすめです。全粒粉らしい小麦の風味が活きたお菓子に仕上がります。「小麦粉の香り良く大変満足」「ふわっと軽い口当たり」と口コミでも好評です。

種類 薄力粉 内容量 5kg
産地 日本(北海道) 製法
有機JASマーク

口コミを紹介

香り、味とも文句なし。パン、うどん、ケークサレ等、白い薄力粉は使わなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ビオ・マーケット

国産 有機 全粒粉

国産有機小麦100%使用

国産小麦の中でも稀少な有機小麦を100%使用しています。ふすまや胚芽を残した状態で粉にしているので香り豊かです。

 

パンやうどん、お好み焼きなど、中力粉と同じように使うことができます。国産と有機JAS認定を受けた製品が良いという方にはおすすめです

種類 薄力粉 内容量 500g
産地 カナダ・アメリカ 製法
有機JASマーク

口コミを紹介

こちらの全粒粉は有機だし安心して使えるのでリピ買いしたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

わらべ村

スペルト古代小麦 全粒粉

9000年前から栽培されていた小麦の原種!

ヨーロッパで遥か昔から栽培されてきたスペルト小麦は、現在のパン用小麦の原種にあたります。今の小麦よりも、ビタミンやミネラルが豊富で、栄養価が非常に高い小麦になります。

 

スペルト小麦は香りも強く、生地が扱いにくいので、100%で使用するよりも、最初は2~3割混ぜながら使用するのをお勧めします。「アレルギーも出ずに、おいしく頂くことが出来た」「とてもヘルシー」と口コミでも好評です。

種類 中力粉 内容量 1kg
産地 アメリカ 製法
有機JASマーク

口コミを紹介

これで、クッキーを作りました。ヘンプオイルや麻炭などもいれて、デトックスクッキーです。普通の小麦を使うよりも、効果が増しました。また、買いたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

株式会社富澤商店

北海道産全粒粉 キタノカオリ

小麦の人気ブランド「キタノカオリ」使用

流通量の少ない国産小麦の中でも、「キタノカオリ」というブランド小麦を使用した全粒粉です。キタノカオリとは、北海道で秋から作られ始めるパン用小麦の品種です。焼くともちもちでふわふわのパンに仕上がるので、パン作りを愛する方にも人気です。

 

風味を壊さないよう石臼で挽いて全粒粉にしているので、小麦らしい風味と香ばしさが楽しめるでしょう。「キタノカオリは香りが良く美味しい!」「十分な風味と良い仕上がり」と口コミでも好評です。

種類 強力粉 内容量 500g
産地 日本(北海道) 製法 石臼挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

きたのかおり の全粒粉なので小麦粉もきたのかおりで一緒に作ると出来上がりもきたのかおり100%になるので他の小麦と混ぜたくない人には最適だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

株式会社富澤商店

北海道産全粒粉 春よ恋

素材を引き立てる上品な香りが広がります

「春よ恋」は、北海道の有名なブランド小麦の一つです。パン作り向きの強力粉で、ふっくら・もっちりしたパンに仕上がります。こちらの商品は、そんな春よ恋を風味を壊さないよう石臼で細かく挽いた全粒粉です。

 

食パンでは小麦の味がしっかり感じられ、リッチなパンには素材を引き立てる上品な香りが広がります。どんなパンを作っても相性がいいので、レシピの幅が広がるのもうれしいポイントです。 「ふっくら、もっちり焼き上がりました」「もっちりと弾力もあり、小麦の風味もよく美味しい」と口コミでも好評です。

種類 強力粉 内容量 500g
産地 日本(北海道) 製法 石臼挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

これと白神こだま酵母のドライでホームベーカリーで焼くパンが劇的に変わりました。お安く買えて嬉しいですので、無くならないでほしい商品ですね。全粒粉もお安く入るとさらに嬉しいですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

横濱金澤麺商店

北海道産全粒粉 アグリシステム

国産の中力全粒粉ならこれ!

日本・北海道で育てられたブランド小麦「きたほなみ」は、北海道では最もよく作られている国産小麦の品種で、パンに使うと焼き上がりがパリッとするのが特徴です。そんなきたほなみを全粒粉にしたのがこちらの商品です。

 

ポストハーベスト等も行われていないため、安心・安全に食べられます。中力粉でチャック付きなので、使い勝手がいいのも魅力です。「満足の行くパンが焼けました」「味的にもお値段的にもとても満足」と口コミでも好評です。

種類 中力粉 内容量 2.5g
産地 日本(北海道) 製法
有機JASマーク

口コミを紹介

ダイエットのために全粒粉のパンを作っています。手持ちのホームベーカリーでは強力粉と混ぜずに全粒粉100%使用では膨らまないと記載がありましたが、通常通りのパンが焼けました。いつも使用していた市販の全粒粉よりも甘みがある印象で、味的にもお値段的にもとても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

初めて全粒粉でパン作りをするならこれ!

日清が独自に開発した、さらさらとした非常に目の細かい全粒粉です。パン用の強力粉となっており、生地に混ぜ込んで使うと風味がぐっと豊かになります。細かく挽いてあるため、固く焼き上がるということもありません。

 

また500gと使い切りやすい容量で、保存に便利なチャック付き、さらにパッケージ側面にはレシピも載っているので、初めて全粒粉を使う人、初めてパン作りをする人にもおすすめの商品です。手に取りやすいお値段ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

種類 強力粉 内容量 500g
産地 製法 細挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

精製食品ばかり食べていると体に良くないとかいう話で玄米や無漂白の砂糖を食べたりしていたのですが、食パンはと言えばホームベーカリーでいつも真っ白パンを焼いていましたので全粒粉を混ぜることにしました。HBのレシピ通りですが、強力粉200g+全粒粉50gで上手に焼けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

木下製粉株式会社

ブラウワー全粒粉

全粒粉100%の食パンも綺麗に膨らむ優れもの

パン・ピザに使用できる、独自開発の全粒粉小麦です。ブラウワーライト(全粒粉30%配合)とブラウワー(全粒粉50%配合)には粗挽きふすま、そしてブラウワーファイン(全粒粉50%配合)とブラウワー全粒粉には微粉砕ふすまが使用されています。

 

通常の強力粉の3.5倍の食物繊維、その量は100g当り9.9gを含んでいます。腸内フローラにやさしく、毎日のお通じ改善にも役立ちます。ブラウワー全粒粉100%でも、もっちりとしたきめ細かい食感が特徴の、ふっくらとしたパンが焼けます。従来の小麦粉にはない小麦風味豊かな味わいに感動すること間違いなしです。「甘みを感じます」「香ばしく仕上がります」と口コミでも好評です。

種類 強力粉 内容量 250g×24袋
産地 日本(香川県) 製法 粗挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

全粒粉100パーセントのパンを初めて焼きました。
ホームベーカリーの早焼きで2時間でふっくら焼けました!
どこかの記事で、全粒粉100パーセントならビタミンCの粉末を入れるとふっくら仕上がると書いてありましたのでそのようにしましたら、とても美味しくなりました!
自分で作るのですから、大好きなものをふんだんに入れて美味しく作って食べています!

出典:https://www.amazon.co.jp

クッキーにもパンにも使える!万能の全粒粉

パンにもお菓子にも適した使い勝手のいい中力粉です。非常に細かく挽いてあるため小麦粉しか使っていないかのような軽い仕上がりになります。もちろん香ばしさや風味はプラスされるので、初めて全粒粉を使うという人にもおすすめできます。

 

また、保存に最適なチャック付き袋入りも嬉しいポイントで、容量も少なすぎず多すぎない800gですから、多くの人に使っていただきやすい商品です。「おいしくて満足」「お店で売ってるようなパンができて感動」と口コミでも好評です。

種類 中力粉 内容量 800g
産地 アメリカ・カナダ 製法 細挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

毎週、強力粉にミックスしてホームベーカリーで焼いています。おいしくて満足してます。今のところ
しばらくは続けるつもりです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社富澤商店

微粒全粒粉 パン用

パン作りに適したきめ細かさ

蛋白13.5% 灰分1.5% という独自の製粉方法で作られたパン用の全粒粉です。商品名の通り、微粒なのでキメが細かいのが特徴です。手ごねしやすいので作業しやすく、口あたりが良くて香ばしい風味のパンが作れます

 

たっぷり1kg入っているので、頻繁に使いたい方におすすめです。メーカーの公式サイトでは食パンのレシピも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

種類 中力粉 内容量 2kg
産地 カナダ・アメリカ 製法 細挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

これホント便利です。常食するにはちょっと高いかもですが、全粒粉100%でパンが焼けて、ふんわり膨らんで味も美味しい。糖質制限してる私はそれほどたくさんはパンを食べませんが、家族の健康のためにこれで毎朝のパンをやいてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

江別製粉

北海道産全粒粉 強力タイプ

小麦の栄養が詰まった強力タイプ

ハルユタカ・はるきらり・きたほなみといった北海道小麦を代表する有名ブランドを使用した全粒粉です。蛋白質含有量は12.5%の強力粉タイプで、細かいふすまを使用し、扱いやすく仕上げてあります。食パンや、ハード系のパン、ベーグル、お菓子などにも幅広く使用できます。

 

パン作りの際は、全量を全粒粉にしてしまうと釜伸びが悪いため、全体の2~3割混ぜて使うのがおすすめです。

種類 強力粉 内容量 5kg
産地 日本(北海道) 製法 細挽き
有機JASマーク

口コミを紹介

全粒粉パンは基本は、強力粉に全粒粉を混ぜて焼きますが、この粉はそれ自体が強力粉なので、この粉100%でパンが焼けます。膨らみも十分でます。

出典:https://www.amazon.co.jp

全粒粉のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6665580の画像

    江別製粉

  • 2
    アイテムID:6665577の画像

    株式会社富澤商店

  • 3
    アイテムID:6665574の画像

    パイオニア企画

  • 4
    アイテムID:6665571の画像

    木下製粉株式会社

  • 5
    アイテムID:6665568の画像

    日清フーズ

  • 6
    アイテムID:6665565の画像

    横濱金澤麺商店

  • 7
    アイテムID:6665562の画像

    株式会社富澤商店

  • 8
    アイテムID:6665559の画像

    株式会社富澤商店

  • 9
    アイテムID:6665556の画像

    わらべ村

  • 10
    アイテムID:6665553の画像

    ビオ・マーケット

  • 11
    アイテムID:6665550の画像

    江別製粉

  • 12
    アイテムID:6665547の画像

    株式会社富澤商店

  • 13
    アイテムID:6665544の画像

    オーサワジャパン

  • 14
    アイテムID:6665541の画像

    ナチュラルキッチン

  • 15
    アイテムID:6665538の画像

    ムソー

  • 商品名
  • 北海道産全粒粉 強力タイプ
  • 微粒全粒粉 パン用
  • 全粒粉
  • ブラウワー全粒粉
  • 全粒粉パン用
  • 北海道産全粒粉 アグリシステム
  • 北海道産全粒粉 春よ恋
  • 北海道産全粒粉 キタノカオリ
  • スペルト古代小麦 全粒粉
  • 国産 有機 全粒粉
  • 薄力全粒粉
  • 北海道産全粒粉 春よ恋
  • 北米産 有機全粒粉(強力粉)
  • オーガニック 強力全粒粉
  • 国内産有機小麦粉・全粒粉
  • 特徴
  • 小麦の栄養が詰まった強力タイプ
  • パン作りに適したきめ細かさ
  • クッキーにもパンにも使える!万能の全粒粉
  • 全粒粉100%の食パンも綺麗に膨らむ優れもの
  • 初めて全粒粉でパン作りをするならこれ!
  • 国産の中力全粒粉ならこれ!
  • 素材を引き立てる上品な香りが広がります
  • 小麦の人気ブランド「キタノカオリ」使用
  • 9000年前から栽培されていた小麦の原種!
  • 国産有機小麦100%使用
  • ふわっと軽い口当たり
  • パン作りに適した「春よ恋」使用
  • 有機JAS認証で安心!
  • ソフトな色調と軽い風味
  • 何にでも使いやすい中力粉の有機小麦粉
  • 価格
  • 2,780円(税込)
  • 522円(税込)
  • 583円(税込)
  • 702円(税込)
  • 534円(税込)
  • 1,520円(税込)
  • 1,020円(税込)
  • 950円(税込)
  • 1,210円(税込)
  • 894円(税込)
  • 2,182円(税込)
  • 471円(税込)
  • 508円(税込)
  • 594円(税込)
  • 651円(税込)
  • 種類
  • 強力粉
  • 中力粉
  • 中力粉
  • 強力粉
  • 強力粉
  • 中力粉
  • 強力粉
  • 強力粉
  • 中力粉
  • 薄力粉
  • 薄力粉
  • 強力粉
  • 強力粉
  • 強力粉
  • 中力粉
  • 内容量
  • 5kg
  • 2kg
  • 800g
  • 250g×24袋
  • 500g
  • 2.5g
  • 500g
  • 500g
  • 1kg
  • 500g
  • 5kg
  • 500g
  • 500g
  • 500g
  • 500g
  • 産地
  • 日本(北海道)
  • カナダ・アメリカ
  • アメリカ・カナダ
  • 日本(香川県)
  • 日本(北海道)
  • 日本(北海道)
  • 日本(北海道)
  • アメリカ
  • カナダ・アメリカ
  • 日本(北海道)
  • 日本(北海道)
  • カナダ・アメリカ
  • オーストラリア
  • 日本(青森県)
  • 製法
  • 細挽き
  • 細挽き
  • 細挽き
  • 粗挽き
  • 細挽き
  • 石臼挽き
  • 石臼挽き
  • 石臼挽き
  • 石臼挽き・細挽き
  • 有機JASマーク

全粒粉はどこで買える?

一般のスーパーでも全粒粉を販売していますが、大きなスーパーでないと販売していない場合もあります。全粒粉が手に入るお店をご紹介します。

自然派食品を取り扱っている「こだわりや」

こだわりやは、化学的な農薬や肥料、合成添加物などを極力含まない、国内産原料の食品、日本産、外国産オーガニック食品を扱う専門店です。販売している全粒粉は、すべて国産有機小麦を使用しているものなので、安心です。

 

店舗は東京、神奈川、千葉、埼玉の関東地方のみとなりますが、オンラインショップがありますので、ぜひチェックしてみてください。

全粒粉のパスタやラーメンもある「カルディ」

輸入品を多く取り扱っているカルディでは全粒粉を販売しています。海外産の小麦粉が多いイメージかと思いますが、北海道産強力粉の全粒粉など、国産商品もあります

 

全粒粉パンケーキミックスなどもあり、石臼挽きにした国産全粒粉と北米産小麦を使用しています。その他にも全粒粉入りのパスタやラーメン、クラッカー、ビスケットなど、全粒粉入りの商品も多いので、ぜひチェックしてみてください。

安い価格で手に入る「業務用食品スーパーアミカ」

業務用食品スーパーアミカでは、パイオニア企画、日本製粉といった国内メーカーの全粒粉を取り扱っています。800gの大容量タイプもあり、値段も手頃なので、手に取りやすいです。

 

東海地方に多く展開していますが、ネットショップもありますので、ぜひチェックしてみてください。

全粒粉を使ったおすすめレシピ

ここでは、全粒粉を使ったおすすめレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

定番の「全粒粉ブレッド」

全粒分の香りを楽しむために、最小限のバターと水で生地を仕込むシンプルな味付けがおすすめです。全粒粉でパンを焼くと、膨らみにくい重い生地になりやすいので、食べやすさを重視するなら配合量を気をつけましょう。

 

強力粉の10%~30%を全粒粉に置き換えるようにするのがおすすめです。30%までの配合であれば、どの種類の全粒粉でも美味しくなります。

 

クルミやドライフルーツを混ぜても美味しいので、ぜひ試してみてください。下記の記事では、通販で買える全粒粉食パンについてご紹介しています。合わせてご覧ください。

ザクザク感がクセになる「全粒粉クッキー」

全粒粉を使ってクッキーを焼くと、ザクザク感がプラスされます。全粒分の配合量によって、食感は異なり、全粒粉100%で作ると、サクサク&ほろほろな感じに、薄力粉多めにて作ると、しっとりした感じに仕上がります。

 

またオートミールクッキーを作る時にも、全粒粉を使用するのがおすすめです。相性抜群でザクザク感が病みつきになります。全粒粉クッキーはヘルシーなので、ダイエット中のスイーツとしてもおすすめです。

 

全粒粉クッキーをバタークリームでサンドする、全粒粉バターサンドも美味しいですよ。下記の記事では、おからクッキーについてご紹介しています。合わせてご覧ください。

朝食やデザートにおすすめな「全粒粉ガレット」

そば粉の代わりに全粒粉を使って作ることで、香ばしく仕上がります。卵やハム、マッシュルームを合わせて食べるのがおすすめです。全粒粉の香ばしさとマッチし、朝食におすすめです。

 

またクリームチーズとくるみ、ドライイチジク、はちみつを合わせれば、甘いガレットとなり、デザートにぴったりです。どんな食材とも合わせやすいので、ぜひ試してみてください。

「ホームベーカリー」を使えば簡単に

ホームベーカリーを使えば、簡単に美味しい全粒粉パンを作ることができます。全粒粉パンであれば、材料もシンプルなので、ホームベーカリーに材料を入れてスイッチを押すだけでOKです。

 

お店で全粒粉パンを買うと案外高く、どんな材料を使っているのか分かりません。ホームベーカリーで作れば、経済的で新鮮な美味しい全粒粉パンが食べられます。自分で材料を選ぶので安心です。

 

以下の記事では、ホームベーカリーの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

まとめ

今回はおすすめ全粒粉をランキング形式でご紹介しました。いかがでしたか?パン向けのものやお菓子向けのもの、どちらにも使えるものなど、全粒粉にもさまざまな種類がありました。作りたいメニューやこだわりなどによって、ご自分にぴったりの全粒粉を選んでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【100人に聞いた!】久世福商店の人気おすすめランキング40選【こだわりのご飯のお供】

【100人に聞いた!】久世福商店の人気おすすめランキング40選【こだわりのご飯のお供】

その他食品
ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【2021年最新版】ドライイーストの人気おすすめランキング15選【ふっくら発酵】

【2021年最新版】ドライイーストの人気おすすめランキング15選【ふっくら発酵】

パン・ジャム
高級チョコレートの人気おすすめランキング27選【有名店の美味しいチョコレート】

高級チョコレートの人気おすすめランキング27選【有名店の美味しいチョコレート】

菓子・スイーツ
蒸し器の人気おすすめランキング15選【使い方やレシピも!】

蒸し器の人気おすすめランキング15選【使い方やレシピも!】

調理器具
【2021年最新】片栗粉の人気おすすめランキング15選【正しい保存方法も】

【2021年最新】片栗粉の人気おすすめランキング15選【正しい保存方法も】

粉類