ベース弦の人気おすすめランキング10選【初心者にも】

記事ID23476のサムネイル画像

バンドの要として重要な役割を持つベース。ギターベースのパフォーマンスを発揮するためには「弦」の存在は不可欠です。初心者用や指弾き用、太さやアニーボールなどの種類までさまざまです。本記事では、ベースの弦の選び方やおすすめ人気ランキングを解説しています。

ダダリオやアニーボールなど多数の種類があるベース弦

バンドのサウンドを奏でるために必要不可欠な存在「ベース」。縁の下の力持ちのような存在であるベースは、かっこよくて憧れますよね。そんなベースのサウンドをいかにかっこよく奏でることができるかは、「弦」の度合いによって異なります。

 

ベースの弦にはさまざまな種類があります。なかでも「ネオン弦」などは、暗闇で発光したりと存在感が抜群なんです。実は、アニーボールなどのメーカーの弦は、一流のトップベーシストたちが愛用していることで有名なんですよ!

 

そこで今回は、ベースの弦の選び方の解説やベース弦の人気おすすめランキング10選をご紹介いたします。ほかにも、弦のメンテナンス方法も解説していますので、これからベースを始める方や新しい弦を探している方はぜひご覧ください!

ベースの弦の選び方

ベースの弦には多数の種類が存在します。ここからは、それぞれの目的や特徴に応じたベースの弦の選び方を解説していきます。

弦の巻き方で選ぶ

ベース弦は芯線という線の外側に、巻き線と呼ばれる線を巻き付けて出来ています。ここからは、巻き線の巻き方で選ぶ方法を解説していきます。

指弾きをしたい初心者なら「ラウンドワウンド」がおすすめ

「ラウンドワウンド」は、断面の丸い巻き線で、表面に凹凸がありザラザラとした手触りが特徴です。サウンドは立ち上がりが早く明るい音色をしていて、サスティーンが長いので指弾きやピック弾き、スラップなどのさまざまな奏法に適しています。

 

一般的に最も使用されているポピュラーなタイプで、どの弦を選べば良いか分からない初心者におすすめです。しかし長期間交換しないままにしていると、汗や汚れなどが原因で劣化しやすく丸みを帯びたサウンドに変化してしまう性質を持っています。

アコースティックベースやジャズ系のベースに使うなら「フラットワウンド」がおすすめ

「フラットワウンド」は、四角い形状の巻き線で滑らかでツルツルとした表面の手触りが特徴です。落ち着いた甘めのサウンドをしており、サスティーンが短いのでアコースティックベースやジャズ系のベースに最適です。

 

滑らかな表面はフレットレスベースの指板を守る効果や、倍音成分が少なく暗めの音色から、フレットレスベースとしても使用できます。テンションはラウンドワウンドと比べると強めで、指との摩擦が大きいため演奏には慣れが必要なタイプでもあります。

弾きやすくてノイズが少ない弦なら「ハーフラウンド」がおすすめ

「ハーフラウンド」は、ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間の特性を持つタイプです。芯線の内側は丸い巻き線、外側は平らな巻き線を巻かれています。ラウンドワウンドの表面を削って加工したタイプなども、ハーフラウンドと呼ばれることがあります。

 

サウンドもラウンドワウンドとフラットワウンドの中間で、こもらない煌びやかなサウンドが特徴です。表面が平らなので弾きやすくノイズが少ないのがメリットですが、ハーフラウンド自体の種類があまりなく選択肢が少ないデメリットもあります。

弦の素材で選ぶ

ベースの弦には多数の素材があり、それぞれの素材によって奏でられるサウンドが変わってきます。それでは、素材ごとの選び方を解説していきます。

弦の素材に迷ったらリチャードココなどの「ニッケル」がおすすめ

「ニッケル」は、最もポピュラーなベースの弦として知られており、標準弦として多くのメーカーが採用されています。種類が多くて価格もリーズナブルなのが特徴です。耐久性やサウンドもバランスが良く、素材に迷ったらとにかくニッケルを選べば間違いありません。

 

弾き心地は滑らかで、中音域の押出しが強いサウンドが印象的です。クセの無い音とバランスに優れているため、さまざまな演奏ジャンルや奏法に適しているオールラウンドな素材といえるでしょう。

スラップ奏法を多用するならエリクサーなどの「ステンレス」や「スチール」がおすすめ

「ステンレス」や「スチール」は、硬くて高い耐久性が特徴の素材です。それが理由で、ずっと使用し続けているとフレットの消耗が激しくなります。サウンドははっきりとしていて明るく、そして硬い印象を感じられます。

 

音の立ち上がりも早いので、スラップを多用するベーシストによく好まれています。しかし、少しギラギラとしたサウンドでもあるため、人の好みや演奏ジャンルを選ぶ素材ともいえるでしょう。

まろやかでやや暗めな音色を奏でたいなら「ナイロン」がおすすめ

「ナイロン」は、まろやかでやや暗めなサウンドが特徴の素材です。その特徴のある音色から、クラシックギターなどに用いられることが多いですが、ベースにも時折使用されることがあります。

 

ベースに張ると、ウッドベースとエレキベースの中立のようなサウンドを奏でることができます。ナイロン自体は柔らかいため、フレットを傷つけにくい特性を持っています。また伸縮性があるので、弦を抑えやすいのも特徴の1つでしょう。

ジャズのような落ち着いた音色を奏でたいなら「ブロンズ」がおすすめ

銅と錫の合金を使用した素材である「ブロンズ」は、ベースだけではなくアコースティックギターにも使用されることが多い素材です。あたたかく落ち着きも兼ね備えたサウンドが特徴で、ジャズなどの演奏にも向いている弦素材といえます。

 

ほかにも、ブロンズ素材ににリンを加えた「フォスファーブロンズ」と呼ばれている素材もあります。こちらは、ブロンズの優しいサウンドに煌びやかさが加わった音色を出すことができるという特徴を持っています。

パワーのある音色を奏でたいなら「コバルト」がおすすめ

「コバルト」は高い磁性を持っており、パワフルで分かりやすい明快なサウンドが奏でられるのが特徴です。とくに低音を奏でる際のパワーが格段に増すため、力強い音色を奏でたい方に非常におすすめな素材です。

 

さらにはフィーリングが滑らかなので弦自体が弾きやすく、長い期間使用し続けられる頑丈さも持ち合わせています。使いやすさと使用期間の長さの両方を持ち合わせているので、初心者でも非常に扱いやすいですよ。

特殊加工されている弦で選ぶ

ベースの弦には、特殊加工が施されているものがあります。特殊加工のタイプによって音色や弦の寿命が変わるため、特殊加工についてもしっかり理解しておきましょう。

弦の寿命を長持ちさせたいなら「コーティング弦」がおすすめ

「コーティング弦」は名前の通りで、弦に特殊なコーティング加工を施したものです。コーティングされていない弦と比べると、錆びにくくて長持ちする特徴があります。またコーティング弦を使用することで、フィンガリングノイズが出にくくなるメリットがあります。

 

非コーティングの弦よりも、落ち着きのあるサウンドが印象的です。ラウンドワウンド弦であればギラギラとしたサウンドが軽減されますが、音抜けは少し悪いです。しかし、その落ち着いた音色を聞けば、そんなことは吹っ飛ぶほど気持ちいいですよ。

サステインに優れた音程の良さなら「テーパーコア弦」がおすすめ

「テーパーコア弦」は、多弦ベースの5・6弦によく用いられる特殊加工弦です。ブリッジサドル付近が細いので、通常の弦よりもサステインに優れて音程も良好です。テーパーコア弦を張った瞬間に馴染みやすく感じますよ。

ステージ上で圧倒的存在感を出したいなら「ネオン弦」がおすすめ

「ネオン弦」はステージ上の明るい照明の下に立つと、鮮やかなネオンカラーを発します。ブラックライトの下では、明るく発光する特徴も持っています。見た目が派手なので分かりやすく、ステージ上でしっかりと存在感をアピールすることができます。

 

気になるネオン弦のサウンドですが、発光塗料でコーティングしているおかげで、通常の弦と比べるとフレッシュなサウンドを奏でることができます。観客の心を間違いなく躍らせることができますよ!

弦の「太さ(ゲージ)」で選ぶ

ベースの弦は、太さによってテンション感が異なり弾き心地が変わります。弦の太さは「インチ」で表され、「45」や「045」などと表記されています。1弦目から順に45・65・85・105インチとセットになっているものが、最も一般的なレギュラーゲージです。

 

弦が太くなるほど重厚なサウンドに変化し、細くなると高域でギラギラとしたサウンドになります。ベース初心者の方はまずレギュラーゲージを試してみて、そのあと太い弦や細い弦などの自身に合った太さを見つけていくのがおすすめです。

ベースの「スケール」に合わせて選ぶ

「スケール」とは、ベースのナットからブリッジサドルまでの長さのことです。自身のベースのスケールに合った弦を選択しないと、弦を張れない場合があります。スケールには4種類存在し、最もポピュラーなのがジャズベースなどに使用される「ロングスケール」です。

 

ほかにも他弦ベースに多く採用されている「スーパーロングスケール」や、SGシェイプなどのギブソン系に多い「ミディアムスケール」。女性や子どもでも弾きやすい「ショートスケール」などが存在します。

安い「値段(価格)」で選ぶ

弦の値段を比べながら、自身のお財布事情と相談して選ぶのも1つの方法です。あまりにも高額すぎても購入しづらいですよね。ただし値段の安いものにこだわりすぎると、音質が悪かったり劣化が早いケースがよくあるので、ある程度の値段の弦を選ぶのがおすすめです。

ベース弦の人気おすすめランキング10選

10位

Bacchus

Bacchus/ベース弦BBS40【バッカス】

価格: 764円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的なコストパフォーマンスの良さ

本商品は、音質や弾き心地、寿命な関しては「ダダリオ・アーニー」などと同じ並み程度のレベルです。しかし、それを上回るほどの圧倒的値段の安さが、本商品の最大の魅力といっても過言ではありません。

 

コストパフォーマンスが良く、この値段ならライブごとやレコーディングごとに取り換えるといった使い方もできます。まさに初心者でも購入しやすい、ハードルの低さといえるでしょう。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ニッケル
スケール 40-100

口コミをご紹介

日本製で品質的には問題なし、音色の判定は使用ベースにもよると思いますが不満なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

DR

HI-BEAM MR-45

価格: 3,630円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DRの長い歴史が産んだ傑作

本商品「ハイビームシリーズ」は、しなやかで明るい低音を奏でることができ、オクターブ奏法の際に弦間で起きる音色のばらつきを抑えてくれるので、しっかりと明快なサウンドを奏でることができます。

 

また耐久性にも優れて長寿命で、フレットへに対する高い耐摩耗性などさまざまな特徴を持っています。DRの長い歴史が培った伝統の技術で、ラウンドワウンドにステンレス材を組み合わせたシリーズとなっています。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ステンレス
スケール 45-105

口コミをご紹介

望んだ音質になっています。サステインがより長く鳴ってる感じで、弦のミュートって大切なんだと改めて実感。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

GHS

BASS BOOMERS

価格: 2,545円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

弾きやすいニッケル弦

素材にニッケルを使用した弦と、45から105インチというロングスケールが特徴の本商品。ジャズ系べースなどに使用する際に、明るくて気持ちいい抜けるようなサウンドを楽しむことができます。

 

弦自体の耐久性も高く、長期間使用し続けても劣化しにくいです。長く使えて使用感も良い本商品は、初心者にもおすすめできる弦といえます。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ニッケル
スケール 45-105

口コミをご紹介

今まで使ったベース弦のなかで一番良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ELIXIR(エリクサー)

NANOWEB

価格: 6,606円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

劣化防止のコーティング弦「エリクサー」

本商品は、特殊なポリマー技術「エリクサー」によって汗や油分、汚れから守り弦の腐食を防止する効果を持っているのが特徴です。演奏の質を左右する弦のテンションと、反応速度をマッチさせ、様々なプレイスタイルに適応できるよう改良されています。

 

さらには耐久性も向上しているため、演奏にムラが出にくく手触り感が変わらないというメリットがあります。これまでに感じたことのない、エリクサー独自の高音質・長寿命をぜひ実際に手に取ってお試しください。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ステンレス
スケール 45-105

口コミをご紹介

ギター弦でも感じたブリブリ感は健在。ノンコーディング弦ではとかく指先が痛くなるのですが、コーティングのおかげで滑りが良く指には優しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

D'Addario

アコースティックギター弦 XT

価格: 1,512円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

D’Addarioの最新技術の成果

これまで数々のギター弦を進化させてきた「D’Addario」が新たに発売した、コーティング弦の「XT」です。独自のテクノロジーとこれまでに開発してきた素材、「FusionTwists」(ワイヤーのより合わせ工程)の3つの要素を組み合わせて製造されました。

 

XTシリーズは、スチールを芯線とした巻き線やプレーン弦の全てにコーティングを施しているので、ずっと使い続けられる頑丈さを生み出しています。強度・ピッチ安定性・耐腐食性においても高いパフォーマンスを誇っているので、まさに万能なベース弦といえます。

巻き線 フラットワウンド 素材 スチール
スケール 12-53

口コミをご紹介

音的には完璧に近いんじゃないでしょうか。低音もよく出ますし、サスティーンもほどよくバランスが取れていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

D'Addario(ダダリオ)

XL Chromes Flat Wound

価格: 4,455円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メロウなサウンドを奏でられる

「XL Chromes Flat Wound」は、ヘックスコア(6角芯線)の周りにベースの巻き線を施し、その上からフラットなリボン状の巻き線をした特殊構造をしています。さらにはワインディング後に精密な研磨を施すことにより、驚くほど滑らかな弦に仕上がっています。

 

フラットワウンドの弦には凹凸がほとんどないので、フィンガーノイズを取り除くことが可能です。サウンドはラウンドワウンドの弦と比べても、フラットワウンドの弦は音の伸縮性が小さく、柔らかくて甘いサウンドが特長です。

巻き線 フラットワウンド 素材 ニッケル
スケール 45-100

口コミをご紹介

万人に弾きやすい弦なのじゃないかと思います。多分、この先私はこれを使い続けると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Ibanez(アイバニーズ)

5弦エレキベース用 カーボンコーティング弦

価格: 5,631円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るくて壮大なサウンドを奏でよう

本商品は、ブロンズで作られたラウンドワウンドの弦に、ブラックカーボンコーティングを施した32スケールアコースティック・ベース専用のオリジナル弦です。

 

カーボンのコート層が、ほかの弦とは異なる角の取れた明るく壮大なサウンドを生み出すとともに、フィンガーノイズの軽減効果ももたらしています。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ブロンズ
スケール 40-95

口コミをご紹介

コスパ抜群。使用しているWarwick、MECピックアップと相性がいいのかも。しかも長持ち。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ERNIE BALL

SUPER SLINKY BASS

価格: 2,310円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

弾くだけで一流ベーシスト気分を味わえる

「SUPER SLINKY BASS」は、ブライトかつ高音から低音までバランスのとれたサウンドを奏でることができ、あらゆる演奏スタイルにマッチするラウンドワウンドの弦です。

 

コア(六角形の芯線)に巻いているニッケルやメッキ、スチールでできたワイヤーは、「コーチェラ・バレー」で採取した最高品質の原料を使用して製造されています。こだわり抜いた製造過程から、世界中のトップベーシストたちに愛用されているべース弦です。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ニッケル
スケール 45-100

口コミをご紹介

装着後1ヶ月くらい経ちますが、問題なく使用できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ROTOSOUND

ROT-RS66LDN

価格: 2,371円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽業界に革命をもたらしたベース弦

本商品は、老舗メーカー「ROTOSOUND」を代表する最も人気のあるラウンドワウンドのベース弦です。独自の製法によって生まれたこのスタイルは、ベースサウンドに革命をもたらし、ミュージックシーンを変える存在感でトップ・プレイヤーを魅了してきました。

 

「Billy Sheehan」や「John Paul Jones」、「Geddy Lee」など多くの有名ベーシストに愛用されています。そのサウンドは他メーカーと比べても響きが良く、圧倒的存在感を放つことができる迫力があります。

巻き線 ラウンドワウンド 素材 ニッケル
スケール 45-105

口コミをご紹介

弾いた時の音の伸び、音質の良さとてもきにいりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

THOMASTIK

フラットワウンド JAZZ

価格: 6,433円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピノ・パラディーノが愛用した最強のベース弦

数多くのベース弦を手掛けた、オーストリアにあるウイーンの総合弦メーカー「Thomastik-Infeld社」が販売しているフラットワウンドのベース弦です。世界的に有名なベーシスト「ピノ・パラディーノ」が愛用していることでも知られています。

 

本商品はやわらかい鋼の芯線を、特別なニッケル合金でワインディングしており、一般的なフラットワウンドの弦と比べてテンションが低めに設計されています。ネックの負担軽減効果と、ほかの弦では感じることができない独特なテンションとタッチ感が特徴です。

巻き線 フラットワウンド 素材 ニッケル
スケール 43-100

口コミをご紹介

色々なメーカーに手を出した末にトマスティックに辿り着き、この五年程はチューニングすらたまにしかしない程度に安定しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベース弦のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6768046の画像

    THOMASTIK

  • 2
    アイテムID:6767984の画像

    ROTOSOUND

  • 3
    アイテムID:6767494の画像

    ERNIE BALL

  • 4
    アイテムID:6767187の画像

    Ibanez(アイバニーズ)

  • 5
    アイテムID:6767084の画像

    D'Addario(ダダリオ)

  • 6
    アイテムID:6767044の画像

    D'Addario

  • 7
    アイテムID:6766505の画像

    ELIXIR(エリクサー)

  • 8
    アイテムID:6765893の画像

    GHS

  • 9
    アイテムID:6765860の画像

    DR

  • 10
    アイテムID:6765550の画像

    Bacchus

  • 商品名
  • フラットワウンド JAZZ
  • ROT-RS66LDN
  • SUPER SLINKY BASS
  • 5弦エレキベース用 カーボンコーティング弦
  • XL Chromes Flat Wound
  • アコースティックギター弦 XT
  • NANOWEB
  • BASS BOOMERS
  • HI-BEAM MR-45
  • Bacchus/ベース弦BBS40【バッカス】
  • 特徴
  • ピノ・パラディーノが愛用した最強のベース弦
  • 音楽業界に革命をもたらしたベース弦
  • 弾くだけで一流ベーシスト気分を味わえる
  • 明るくて壮大なサウンドを奏でよう
  • メロウなサウンドを奏でられる
  • D’Addarioの最新技術の成果
  • 劣化防止のコーティング弦「エリクサー」
  • 弾きやすいニッケル弦
  • DRの長い歴史が産んだ傑作
  • 圧倒的なコストパフォーマンスの良さ
  • 価格
  • 6,433円(税込)
  • 2,371円(税込)
  • 2,310円(税込)
  • 5,631円(税込)
  • 4,455円(税込)
  • 1,512円(税込)
  • 6,606円(税込)
  • 2,545円(税込)
  • 3,630円(税込)
  • 764円(税込)
  • 巻き線
  • フラットワウンド
  • ラウンドワウンド
  • ラウンドワウンド
  • ラウンドワウンド
  • フラットワウンド
  • フラットワウンド
  • ラウンドワウンド
  • ラウンドワウンド
  • ラウンドワウンド
  • ラウンドワウンド
  • 素材
  • ニッケル
  • ニッケル
  • ニッケル
  • ブロンズ
  • ニッケル
  • スチール
  • ステンレス
  • ニッケル
  • ステンレス
  • ニッケル
  • スケール
  • 43-100
  • 45-105
  • 45-100
  • 40-95
  • 45-100
  • 12-53
  • 45-105
  • 45-105
  • 45-105
  • 40-100

ベースの弦を長持ちさせるには

ベースの弦を長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが欠かせません。「クリーニングクロス」「ストリングクリーナー」という専用のメンテナンス道具があるので、まずはそちらを用意します。

 

メンテナンス自体は非常に簡単で、クリーニングクロスにストリングクリーナーを含ませて弦を拭くだけです。これだけで弦の状態を保つことができるので、毎回の演奏ごとにメンテナンスを行うようにしましょう。

ギターベースの張り替えにはニッパーが必須

ベースの弦を張り替える際には、「ニッパー」という工具が必要不可欠です。ギターの弦はニッケルやステンレスなどさまざまな鋼材でできています。大変硬いものなので、素手で張り替えるのは難しいですよね。ブロンズなどのコーティング弦なら尚更です。

 

特に5弦ベースなどのギターベースを使用している方にとっては、約3.4mmほどの太さの弦を切らないといけないので、切れ味の良いニッパーが必要になってきます。ベーシストを目指すなら、ニッパーなどのメンテナンス工具にもこだわることも大切ですよ。

エフェクターを使って迫力のある演奏をしよう!

「エフェクター」は使用することで、ベースのサウンドの迫力をさらにパワフルにすることができます。普段よりも演奏の幅が大きく広がってきますよ!下記の記事では、さまざまなエフェクターの人気おすすめランキングをご紹介しています。よければ参考にご覧ください。

エレキギターの弦の人気おすすめランキング

好きなミュージシャンに影響されて音楽を始めたいと思ったときに、一番人気があるのが「エレキギター」です。エレキギターも、ベースと同じく多数の種類があります。下記の記事では、エレキギターの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ミニギターの人気おすすめランキング

「ミニギター」は通常のギターよりも小さく、初心者でも扱いやすい点が特徴です。ミニギターにも、さまざまな種類や特徴があります。下記の記事では、ミニギターの人気おすすめランキングもご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。

まとめ

いかがでしたか。ベースの弦には多数の種類があり、それぞれ奏でられるサウンドや特性が違うことが分かりました。ベースにとって弦は心臓であり、良質な弦を選ぶことが良いサウンドに繋がるのです。本記事が、ベースの弦を選ぶあなたのお役に立てれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事