エレキギターの弦の人気おすすめランキング10選【初心者の方も!】

記事ID20188のサムネイル画像

おうち時間が増えてエレキギターを購入した方も多いのではないでしょうか?エレキギターを演奏する際に欠かせないのは弦ですよね。しかし弦といっても種類や値段も様々。何を選んだらいいか悩んでいる方にエレキギターの弦のおすすめを紹介します。

弦はギターにとっての生命線

エレキギターの弦は演奏をする上で一番重要な道具の一つですよね。弦によって演奏する音が変わると言われている程です。弦は消耗品なので使っていく内に劣化したり、切れてしまう事もあるかと思います。

 

ギタリストにとって欠かせないルーティンワークのひとつが弦の交換。面倒臭くても弦はギターにとっての生命線。弦を知るとよりギターが楽しくなること間違いなしです!

 

でも、いざ弦を購入しようと思ってもどれを選べばいいのか?弦の違いってあるの?と悩む事もしばしば・・・。そこで今回はエレキギターの弦の購入する際のポイントとおすすめ10選を紹介します。

エレキギターの弦の選び方

エレキギターの弦を選ぶ時に重要な弦の素材や弦の太さなど細かく紹介していきたいと思います!

弦の素材で選ぶならニッケル弦がおすすめ!

購入する際のポイント1つ目は弦の素材です。基本的な素材は3つ。それぞれの特徴を簡単に紹介します。

扱いやすさで選ぶならニッケル弦

エレキギターの出荷時の弦として多く使用されている弦で初心者でも扱いやすく一番人気のある弦です。ERNIE BALLとDADDARIOの2大ブランドは特に人気があり、世界中のギタリストが愛用しています。弦選びに迷った時はニッケル弦を選んでおけば間違いなしです。

 

ニッケルは強い磁性体の金属なので、ギターのピックアップの磁石と良く反応しエレキギターに最も合う素材です。しかし錆びやすいので演奏後は毎回メンテナンスをした方がいいでしょう。

錆びにくさで選ぶならステンレス弦

鉄にクロームを加えた合金素材のことで、錆びにくい特性を持つ金属です。高音が特徴的なステンレス弦はニッケル弦よりも汚れや錆に強く耐久性にも優れています。シャープな演奏をしたい方や自分の音を追求している方にはおすすめです。

 

ニッケル弦よりも固めなので初心者の方には扱いにくいかもしれません。

耐久性で選ぶなら高値だけどコーティング弦

特殊なコーティングで上記2つの弦よりも錆や耐久性が非常に強い弦です。プロの方達が多く好んで使用されていますが、値段が高めなので頻繁に弦を交換したい方には不向きかもしれません。

 

コーティングされている事でフィンガリングノイズが出にくいのでジャズ等の演奏に向いています。

耐久性重視なら「コーティング加工」もチェック!

コーティング加工とは弦の周りに特殊なコーティングをする事によって耐久性が強くなる加工の事です。錆びにくく長持ちするので弦の張り替えの頻度を減らしたい方におすすめです。

 

ただコーティングがされてない弦と比べると音の抜けが悪く、比較的値段も高めなので頻繁に弦の張り替えをしたいという方には不向きかもしれません。

弦の太さで選ぶならライトゲージがおすすめ!

ポイント2つめは弦の太さです。弦の太さの事を「ゲージ」、弦の直径を「インチ」と言います。ゲージによって出る音が変わるので自分の演奏スタイルに合わせて使い分けます。

細めのゲージは切れやすいけど扱いやすい

細目のゲージにはスーパーライトゲージ(0.009~0.042インチ)とエクストラライトゲージ(0.008~0.038インチ)があります。エクストラライトゲージが一番細い弦になります。ゲージが細いほど力がいらないので指が押さえやすいというメリットがありますが、細いので弦が切れやすいというデメリットもあります。

普通のゲージは初心者におすすめ

ライトゲージ(0.010~0.046インチ)はどんなタイプのエレキギターにも合うので初心者の方でも弾きやすい弦です。弦を選ぶ際に迷った時はライトゲージをおすすめします。ギターボーカルに人気のテレキャスにおすすめのゲージの一つです。

太めのゲージはテクニックが必要

太めのゲージにはミディアムゲージ(0.011~0.049インチ)とヘビーゲージ(0.012~0.052インチ)があります。一番太いのがヘビーゲージです。ゲージが太いほど重厚なサウンドが奏でられますが、その分力がいるのでテクニックが必要になります。

弦の巻き方で音が変わる

一言で巻き方といっても音や弾き心地に影響してしまうのでかなり重要なポイントです。素材や加工の仕方で大きな違いが出るのが弦の特徴なんです。

倍音豊かな「ラウンドワウンド」

巻いた部分に丸みがあるラウンドワウンドは定番の巻き方で、特にこだわらないという方はラウンドワウンドがおすすめです。明るくはっきりとした音で音の伸びにも優れています。

ジャズをする方に人気な「フラットワウンド」

ラウンドワウンドはざらついた感触をしていますが、フラットワウンドは対照的につるつるとした感触でしなやかで触れた時に心地良いのが特徴です。ジャズなどに良く合う丸みを帯びた甘い音が得意です。

二つの良い部分を併せ持った「ハーフワウンド」

ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間の質感のハーフワウンド。ラウンドワウンドのはっきりした音とフラットワウンドの手触りを持っているので音や弾きやすさで妥協したくないという方におすすめです。

メーカーで選ぶならdadarioがおすすめ!

エレキギターの弦を出しているメーカーは多くあります。ここでは有名なメーカーを紹介します。

D'Addario(ダダリオ)

D'Addario(ダダリオ)はアメリカのNY州ロングランドに本社がある弦のメーカーです。エレキギター弦からクラシックギター弦まで業界トップクラスのシェアを誇っています。業界で初めてエレキギターの4弦から6弦に用いられる巻弦、「ラウンドワウンド弦」を開発しました。

 

D’Addarioは各種の弦セットを販売していますが耐久度が高く、他のメーカーよりも「錆びにくい」と言われています。また商品を開封すると、弦のボール・エンドには赤や緑のカラーリングが施されており、それぞれ「色と弦のゲージが対応」しています。

 

 

ド定番のXL NICKELシリーズ

世界中のギタリストに愛され圧倒的な支持を得ているD’Addarioのド定番のシリーズです。正統派のニッケルワンドを採用したサウンドは色んなプレイスタイルに対応できます。

温かみのある音ならXL CHROMESシリーズ

フラットワウンド弦の業界標準的存在であるXL CHROMEシリーズです。ステンレス・スチールのフラットリボンワイヤーを巻き弦とし、滑らかなタッチでジャズやブルーススタイルに最適な温かみのある音色を響かせる事ができます。

ビンテージトーンならXL PURE NICKELシリーズ

50年代・60年代のサウンドをインスパイアしたビンテージトーンが特徴のPURE NICKELシリーズです。当時のブルース、ロックンロール、サーフ、ロカビリーのような音色を響かせます。

力強いサウンドならXL PROSTEELSシリーズ

D’Addarioの製品の中で最も高い磁力を誇るXL PROSTEELSシリーズです。ブライトなトーンで力強いサウンドを響かせる事ができます。

独特なフィーリングならXL HALF ROUNDSシリーズ

430ステンレスのラウンドワウンドの巻弦で巻いた後、研磨し滑らかに仕上げたXL HALF ROUNDSシリーズです。ラウンド弦の倍音感とフィンガリングノイズを軽減する弦タッチを両立させた独特なフィーリングを兼ね備えています。

EXP ELECTRICシリーズ

世界的スタンダードのXLシリーズをも上回る性能をもつEXPシリーズです。巻き線へ高い精度で均一EXP特殊コーティングをして、ノーコーティング弦さながらのフィーリングを保ちながら耐腐食性と脅威の弦寿命を兼ね備えた弦になります。

長寿命化を実現したXT NICKELシリーズ

独自のコーティング・テクノロジーによってハイカーボン・スチールを芯線とした巻弦とプレーン弦の全てにコーティングをした事で更に長寿命化を実現したXT NICKELシリーズです。全ての弦に薄い疎水性コーティングが施されています。

高品質ならNYXLシリーズ

D'Addarioが新たに開発した高炭素カーボンスチールを芯線とプレーン弦に採用していて、従来の弦よりも高品質なNYXLシリーズです。チューニングの安定性も向上し、高い出力と音の抜けの良い中域のトーンが魅力です。

 

同社のEXLシリーズより弦のテンションが柔らかいのが特徴で、弦を張り替えてからチューニングが安定するまでが早いです。

ELIXIR(エリクサー)

ELIXIR(エリクサー)は1995年にアメリカで創業したメーカーです。コーティングエレキギター弦・アコースティックギター弦・ベース弦・マンドリンやバンジョーといった様々な弦楽器の弦を販売しています。

 

POLYWEB、NANOWEB、OPTIWEBといったコーティングの厚さが違う3種類のラインナップがあり、張りたての弦の様な状態が長く続きます。優れたコーティング技術により汗や汚れに非常に強い品質の弦です。

上品なサウンドのPOLYWEBシリーズ

オリジナルのPOLYWEBシリーズは、上品でバランスの良い落ち着いたサウンドでフィンガーノイズが小さく押さえられたスムーズな弾き心地です。温かみのある音と滑らかな感触が特徴です。

迫力のあるサウンドならNANOWEBシリーズ

極薄コーティングが施されたNANOWEBシリーズは、コーティング弦である事を感じさせないブライトで迫力のあるサウンドが魅力です。フィンガーノイズが程よく押さえられるのも特徴の一つです。

クリスピーなサウンドならOPTIWEBシリーズ

革新的な軽量コーティングにより、ノーコーティングプレミアム弦と変わらない音色と感触を実現したOPTIWEBシリーズです。長寿命を維持しながらクリスピーなサウンドを奏でる事ができます。

Ernieball(アーニーボール)

Ernieball(アーニーボール)は創業者の「アーニー・ボール」が1957年頃にアメリカで初めてギター専門店を立ち上げたのが始まりです。他の楽器を扱わない事に当時は批判を浴びましたが遠方から訪れる人も現れる程、人気店になりました。

 

当時ベストセラーだったフェンダー社の「♯100 ミディアム・ゲージ弦」が初心者には扱いにくい事に気付き、自社開発のギター弦を販売する事になります。これがアーニーボールブランドの始まりです。

 

アーニーボールの弦は他社の製品よりも指への負担が軽く、中高音域の倍音が出やすいです。しかし弦の寿命が短いとも言われています。弦そのものの劣化が早いのでこまめな弦の交換が必要です。

世界中で愛されてるのはREGULAR SLINKY

REGULAR SLINKYは世界中の楽器店で販売されており、この黄色いパッケージを目にした事がある方は多いのではないでしょうか?とても鳴りの良い弦であり、適度な硬さの弦になります。弦の太さは「010、013、017、026、036、046」となっています。

多くのギタリストが愛用のSUPER SLINKY

REGULAR SLINKYと同様に人気があるのがSUPER SLINKYです。弦の太さが「009、011、016、024、032、042」となっている為、REGULAR SLINKYよりも押さえやすくなっています。ジェフ・ベック氏が使用していた事で知られています。

ヘビーなサウンドならHYBRID SLINKY

REGULAR SLINKYとSUPER SLINKYの特徴をそれぞれに組み合わせたのがHYBRID SLINKYです。弦の太さが「009、011、016、026、036、046」となっており、1弦〜3弦がSUPER SLINKY、4弦〜6弦までがREGULAR SLINKYと同じ太さになっています。

 

ハードロックやメタルなどのギタリストから人気のある商品です。

SLINKYシリーズの中で一番細いEXTRA SLINKY

EXTRA SLINKYは最も細いエクストラゲージで癖がなく弾きやすいため、リードプレイを楽しみたい方におすすめです。太さは「008、011、014、022、030、038」となっています。

骨太なサウンドならPOWER SLINKY

REGULAR SLINKYよりワンランク太くなったのがPOWER SLINKYです。太さが「011、014、018、028、038、048」となっています。ロックやブルースなどの骨太なサウンドに合います。

太いけど弾きやすいSKINNY TOP HEAVY BOTTOM

SKINNY TOP HEAVY BOTTOMの弦の太さは「10、013、017、030、042、052」となっており、ライトゲージやレギュラーゲージと比べて圧倒的に太くなっています。ソロプレイに適したライトな演奏を犠牲にせず、ヘビーな演奏プレイを求めるギタリストにおすすめです。

ドロップチューニングに適したBEEFY SLINKY

BEEFY SLINKYの弦のサイズは「011、015、022、030、042、054」とSKINNY TOP HEAVY BOTTOMを凌ぐ極太ゲージで、慣れない人はチョーキングも一苦労になるでしょう。黄色いパッケージなのでREGULAR SLINKYと間違えそうですが、まったくの別物となりますので注意。

シリーズで最も極太のNOT EVEN SLINKY

NOT EVEN SLINKYは最も太い弦で「012、016、024、032、044、056」となっています。ドロップチューニングによって図太い音を得ているので世界中のメタルギタリストが使用しています。

超極薄コーティングを実現したCoatedシリーズ

通常のSLINKYシリーズより耐久性を強化したのがCoatedシリーズです。芯線にエナメルを焼き付けることにより、超極薄のコーティングを実現しているのが特徴です。SLINKYシリーズよりも値段が高いですが、耐久性が良いので弦を変える頻度は減るかと思います。通常のSLINKYシリーズと同じゲージを揃えています。

ダイナミックな音が特徴のCobaltシリーズ

世界初の鉄とコバルトを調合して作り、マグネティック金属を使った弦がCobaltシリーズです。弦の滑りがいいのでとても演奏しやすいです。ダイナミックでギラギラとした音が特徴です。

往年のロックやブルースならClassicシリーズ

1960年代にアーニーボール社が初めて販売した弦がこのClassicシリーズです。豊かで深みのあるヴィンテージ・トーンが特徴です。70年代から80年代のロックやブルースの演奏におすすめです。

最も切れにくいPARADIGMシリーズ

2017年7月に登場したPARADIGM(パラダイム)シリーズです。アーニーボール定番のシルキーなトーンと手触りを残しながらも最新テクノロジーによる高い強度と優れた耐腐食性を実現しました。世界で最も切れにくい弦とも言われています。

定番じゃなくてもこちらもおすすめ!

3弦をプレーン弦からワウンド弦に変更してジャズなどのトラディショナルスタイルの音楽に合ったNickel Woundやワウンド弦にステンレススティールワイアーを採用したロックやメタル系のプレイに合うStainless Slinkyがあります。

 

他にもRPS SlinkyはSLINKYシリーズのワウンド弦に、特許レインフォースド加工を施したプレーン弦を組み合わせたシリーズです。サウンド・耐久性・強度と全てのパフォーマンスを向上させた新しいシリーズM-Steel Electric Slinkyもあります。

エレキギターの弦おすすめ商品10選

エレキギターの弦を購入する際のポイントを踏まえたおすすめを紹介します。

50年以上愛されている定番中の定番

多くのギタリストから長年愛用されているスリンキーシリーズ。ワウンド弦とプレーン弦を組み合わせたゲージセットです。癖がなく幅広い演奏スタイルに合うので弦を選ぶ際に迷っている方にはこちらの弦がおすすめです。

ゲージ カスタム 素材 ニッケル

耐久性で選ぶならこれ!

特殊なポリマーコーティングによって錆や汚れに強く、耐久性にも優れてます。マメに弦を交換しない方におすすめです。音質も良く手触りが滑らかで演奏がしやすいのが特徴。

ゲージ スーパーライト 素材 コーティング

こちらも定番の一つ!

他社モデルに比べて高値ですが、NANOWEBと同様に錆に強く耐久性に大変優れています。張りたての迫力のある音質が続きます。コーティング弦特有の触り心地がなくノーコーティングの様な感触が特徴です。

ゲージ スーパーライト 素材 コーティング

女性でも使いやすいのはこれ!

D'Addario(ダダリオ)のニッケル弦と言えばこちらの商品。バランスが良く使い勝手も抜群です。初心者からプロまで愛用者が多いのも納得です。はっきりとした明るいサウンドが特徴です。

ゲージ スーパーライト 素材 ニッケル

ジャンルを問わず使えるのはこれ!

やや太めの弦になるのでより切れにくくサウンドもやや太めになります。癖がなく指先と一体化したかの様な演奏が出来るのが特徴です。

ゲージ レギュラーライト 素材 ニッケル

MADE IN JAPANといえばこれ!

有名楽器メーカーYAMAHAのエレキギターの弦です。弦をおさえるのが苦手な方でも使いやすいのが特徴です。1弦が1パックに2本入っているのでお得感があります。

ゲージ スーパーライト 素材

こちらも人気の一つ

コストパフォーマンスに優れているDUNLOPの弦です。6本の弦が個別に包装されていて丁寧な作られているのが特徴です。弦のテンションが低いので女性でも扱いやすいです。

ゲージ ライト 素材 ニッケル

錆を気にせず保存ができる!

オールラウンドに使えるニッケルのエレキギター弦です。高・中・低音がバランス良く演奏が出来ます。完全密封のパッケージなので湿気を完全に遮断します。長期保存も可能。

ゲージ ライト 素材 ニッケル

1弦が012、6弦が052と特殊!

弦の太さが特徴的なサイズですが、中・低音域の際立つ音が特徴です。滑らかでフィンガーノイズが少ないのでジャズやフュージョンにも適している弦です。

ゲージ ヘビー 素材 ステンレス

1本だけ切れた時にはこれ!

1弦だけ切れた!って時に全ての弦を交換するのは面倒ですよね。そんな時はこちらの「Hシリーズ」です。楽器屋さんにほぼ置いてあるので手に入れやすいです。価格が安いのもポイントです。

ゲージ スーパーライト 素材

エレキギターの弦のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6373305の画像

    ELIXIR(エリクサー)

  • アイテムID:6374497の画像

    ELIXIR(エリクサー)

  • アイテムID:6374581の画像

    D'Addario(ダダリオ)

  • アイテムID:6378351の画像

    D'Addario(ダダリオ)

  • アイテムID:6378408の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • アイテムID:6378949の画像

    JIM DUNLOP

  • アイテムID:6379412の画像

    S.I.T

  • アイテムID:6379431の画像

    ROTOSOUND

  • アイテムID:6379455の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • Elixir NANOWEB Super Light .009-.042
  • Elixir エリクサー エレキギター弦 OPTIWEB Light .010-.046
  • D'Addario ニッケル SuperLight .009-.042
  • D'Addario ニッケル Regular Light .010-.046
  • YAMAHA H1060
  • DUNLOP DEN1046
  • SIT Strings POWER WOUND S1046 LIGHT
  • ROTOSOUND/ロトサウンド ROT-RS200 [12-52] エレキギター弦
  • YAMAHA H1062 エレキギター用 バラ弦 2弦×3本
  • 特徴
  • 耐久性で選ぶならこれ!
  • こちらも定番の一つ!
  • 女性でも使いやすいのはこれ!
  • ジャンルを問わず使えるのはこれ!
  • MADE IN JAPANといえばこれ!
  • こちらも人気の一つ
  • 錆を気にせず保存ができる!
  • 1弦が012、6弦が052と特殊!
  • 1本だけ切れた時にはこれ!
  • ゲージ
  • スーパーライト
  • スーパーライト
  • スーパーライト
  • レギュラーライト
  • スーパーライト
  • ライト
  • ライト
  • ヘビー
  • スーパーライト
  • 素材
  • コーティング
  • コーティング
  • ニッケル
  • ニッケル
  • ニッケル
  • ニッケル
  • ステンレス

以下の記事では、さまざまなメーカーのエレキギターの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

エレキギターの弦を長持ちさせるには・・・

エレキギターの弦は金属なので手汗や汚れ等により時間が経つにつれ錆びてしまう事も。基本的には弾いた後にクロスで拭く事で錆防止になりますが、防錆効果のあるアイテムを使うと更に弦が長持ちしますよ。

 

詳しいお手入れ方法やメンテナンスアイテムについて知りたい方は下記のサイトを参考にしてみてください。

まとめ

ここまでエレキギターの弦のおすすめ10選を紹介してきましたがどうだったでしょうか?弦は一か月に一度は張り替えた方がいいみたいですよ。演奏をしていて「音が出にくい」「弦が錆びてきた」と感じた方は弦を1パックで購入して全ての弦を交換する事をおすすめします!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アコギ弦の人気おすすめランキング10選【初心者用やコスパ最強も!】

アコギ弦の人気おすすめランキング10選【初心者用やコスパ最強も!】

楽器
ミニギターの人気おすすめランキング10選【アコギ・エレキ・エレアコ】

ミニギターの人気おすすめランキング10選【アコギ・エレキ・エレアコ】

楽器
【現役ピアノ講師監修】電子ピアノの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者向けまで】

【現役ピアノ講師監修】電子ピアノの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者向けまで】

楽器
【現役家電販売員監修】PCスピーカーの人気おすすめランキング15選【安いものやおしゃれなものなど】

【現役家電販売員監修】PCスピーカーの人気おすすめランキング15選【安いものやおしゃれなものなど】

PCスピーカー
ハンドソープの人気おすすめランキング20選【ウイルス対策にも】

ハンドソープの人気おすすめランキング20選【ウイルス対策にも】

ボディケア用品
【オーディオライターが選ぶ】最新版Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング19選

【オーディオライターが選ぶ】最新版Bluetoothスピーカーの人気おすすめランキング19選

スピーカー