ストリンガーの人気おすすめランキング10選【美味しい魚を食べるために】

記事ID21134のサムネイル画像

ストリンガーは、釣った魚の鮮度を保つためには欠かせない釣りアイテムになります。そんなストリンガーも種類や選び方の基準も様々なので、選ぶには苦労するでしょう。今回は、ストリンガーのロック方法・フックサイズ・フロートの有無選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介しています。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

釣った魚を美味しく食べるならストリンガーは必須

釣った魚を水中で活かすための道具がストリンガーになります。ロープにいくつかのフックがついていて、釣った魚の下あごにフックを通して使います。魚を水中に戻し泳がせておくことで、釣りが終わるまでの間、魚の鮮度を保つことに役立ちます!

 

スカリを知っている方もいるでしょう。しかし、今まで使ったこともないという人もいますよね。スカリとは網のような道具でストリンガーと似たような効果があり幅広い釣りに使われているんです!ただし、便利な一方で魚にストレスを与えやすくもなっています。

 

そこで今回は、ストリンガーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはロック方法・フックサイズ・フロートの有無などを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ストリンガーの選び方

ストリンガーは釣りに必須のアイテムというわけではありません。自分が良いと感じた商品を選ぶのが失敗しない近道といえますので、ぜひ紹介するポイントを参考にしてください。

ロック方法で選ぶ

ストリンガーのロック方法は、バネ式とインナーロックスナップ式の2種類が存在します。どんな釣りをするかを参考にすると選びやすくなるでしょう。

しっかりキープするなら「バネ式」がおすすめ

バネ式は、フックの先端部分をスプリング内に固定して使用するロック方法になります。魚をしっかりキープしたいならバネ式のストリンガーがおすすめです。バネ式は、魚の下あごに通したフックの先端を、螺旋状のバネの中に収納して固定します。

 

螺旋状になっているバネに、フックの先端がしっかり固定される構造のため、外れにくく魚を逃がしにくいのが特徴といえます。魚が水中で激しく動いた場合などでも、フックが外れて逃がしてしまうリスクを軽減することができます。

 

ただし、使用時はスプリングを回転させてロックする必要があるので、初心者の方には扱いが難しいという場合もあります。大型の魚を優れたロック機能でキープしておきたい方におすすめです。

手軽にロックしたいなら「インナーロックスナップ式」がおすすめ

インナーロックスナップ式は、もっと手軽に魚をロックしたいという方におすすめです。フック先を収納パーツにひっかけるだけなので手間もかからず簡単な点も魅力です。しかし、負荷が掛かりやすく外れやすいというデメリットもあるので、注意しておきましょう。

 

インナーロックスナップ式は、バネ式と比較するとキープ力はどうしても劣ってしまうものの、素早くロックできるので魚を弱らせずに水中へ投入できるのもポイントです。初心者の方や、シチュエーションに応じてスピーディに作業したい場合におすすめのタイプです。

狙う魚のサイズで選ぶ

ストリンガーのフックは釣りたい魚のサイズによって適している大きさがあります。自分がどのサイズの魚を狙っているかで決めるようにすると良いでしょう。

中型サイズには「13cm程度」がおすすめ

ストリンガーのフックは100~150mmなどのサイズが多く販売されています。100mmだと中型サイズの魚には対応するのが難しくなってしまうので、中型を狙う場合は130cm程度のサイズのフックを選ぶのがおすすめです。

大型を狙うなら「15cm以上のフックサイズ」がおすすめ

ストリンガーは、狙う魚の大きさに適したサイズのモノを選ぶことが重要です。魚の大きさにサイズの合わないフックを使用した場合、外れたり曲がったりして、魚を逃がしてしまうこともあります。


また、フックのサイズが大きくなれば比例して太さと強度も上がります。100mmだと大型には対応するのが難しいので中型から大型を狙う場合は130~150mm以上のサイズのフックを選ぶのがおすすめです。

釣果などの考えて「フックの数が多いもの」がおすすめ

必要なときにフックが足りなくなる状況も考慮して、フックの総数をチェックしておきましょう。一般的にフックの数は様々で5つ程度から10個ほど付いたストリンガーまで幅広く販売されています。


思わぬ釣果に備えるならフックの数が多めのモノを選ぶのがおすすめです。シーンによっては、大型の魚にフックを2個使う場合や、大量に釣れた魚をキープする場合も考えられます。
また、単体で販売されているフックを追加して使用できるものもあります。


ただし、多くのフックを付けすぎてしまうと、重量が大きくなり、水中からの引き揚げが難しくなるケースもあるので注意しておきましょう。

スぺを用意しておきたいなら「フックの後買い」可能なものがおすすめ

ストリンガーの種類によってはフックが単体で販売されている商品もあります。スペア用のフックも備えておきたいという場合には単体で購入が可能なストリンガーから選ぶようにしましょう。


また、単体での購入が可能だとフックだけが劣化した場合でもフックだけを取り換えて使用することができるので経済的にもおすすめです。

長さで選ぶ

ストリンガーの長さは使用する場所などによって適正な長さが異なります。どんな場所で使うかなどを見極めて選ぶようにすると良いでしょう。

ロープの長さに迷うなら「長め」がおすすめ

ロープの長さも重要なポイントです。釣りをする場所やシチュエーションによって、適切な長さが変わってきます。最低でも足元から水面までの距離に、プラス2メートルは必要にってきます。

 

堤防から釣る際や潮の満ち引きによっても必要な長さは変ってくるので、ぴったりの長さを選ぶというのは難しいかもしれません。迷ったときは長めのロープを選んでおくのがおすすめといえます

 

長ければ垂らす分を調整し、短くすることができますし、7~10mくらいあればほとんどの釣り場には対応できます。長めのストリンガーを選んだ時は特に、ロープを巻き取るホルダーなどが付いていると、長さ調整もしやすいでしょう。

磯で使うなら「10m程度」がおすすめ

例えば、磯での使用を考えているのであれば10メートル、足場が高くない堤防であれば5メートル、ウェーディングの場合は3メートルといったように選んでみるのがおすすめです。いずれの場合でもロープの長さに余裕があるものを使ってみてください。

耐久性の高さなら「ワイヤー素材」がおすすめ

ロープの素材も、忘れずにチェックしておきましょう。素材は、水を吸いにくく、耐久性が高いものが理想です。ナイロンやワイヤーなどが使われているものが多いですが、ワイヤー素材の方が、耐久性も高いのが特徴です。

 

また、ロープが細かったり柔らかかったりすると水中で絡んで切れてしまう可能性もあるので、注意が必要です。ロープが水を吸うと、引き揚げる時にかなりの重さになってしまいます。釣った獲物を逃さないためにも、耐久性のあるものを選びましょう。

機能性で選ぶ

ストリンガーには便利な機能が備わっています。欲しいと思う機能をチェックして選び方の参考にしてください。

魚が潜ることを避けるなら「フロート付き」がおすすめ

せっかく大物が釣れても、キープしている間に岩場の隙間などにもぐってしまったら残念ですよね。そんな状況を避けるためにも、ストリンガーにフロート(浮き具)が付いているものがおすすめです。

 

釣った魚を海面近くで泳がせておくことができるので、魚が隙間に潜ったり、岩場で傷ついたりするのを防ぐことができます。さらにロープを引き揚げる際の目印にもなるので、フロート付きを選びたいところです。

安全に持ち運ぶなら「収納ポーチ・ボビン付き」がおすすめ

ストリンガーを丸ごと収納が可能な専用ポーチが付いていると持ち運びに便利なのでおすすめです。フックなどでケガをしたり他のアイテムに傷をつける心配もありません。安全に持ち運ぶためにも、ケースが付属した商品から選ぶのがおすすめです。

 

またロープを巻くための道具としてボビンが付いているストリンガーも使いやすく人気があります。

バネタイプの人気おすすめランキング5選

長いワイヤーで高い堤防でなど様々な場所で利用可能

フロートが付いているため、魚が深くまで潜ってしまうのを防止できます。目立つオレンジ色でで、見失ってしまうリスクも減らせます。さらに便利な収納ポーチ付きで、持ち運びやすさも申し分ありません。

 

フックは全長135mmとやや大きめで、幅広い魚に対応することができます。ロープは短めの5mのため、水面が比較的近い場合に適しています。ステンレス製ワイヤーを採用しているためサビに強く、耐久性も優秀なストロンガーです。

ロック方法 バネ フックサイズ 全長135×幅40mm
フックの数 5 ロープの長さ 5m
ロープの素材 ステンレス製ワイヤー フロート

口コミを紹介

とってもしっかりロックできます。しっかりした商品で、耐久性もありそう。以前使ってたストリンガーは片手でロックができて簡単でしたが、この商品はがっつりホールドできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

青物にも使える外れる心配が少ない大型フック

フックが全長約174mmと大型で、大きめの魚でもしっかりホールドできるのが魅力です。大物狙いでない方も、いざというときのために常備しておくのがおすすめです。さらにフック数が10個と多いので、予想外に釣れてしまったときも問題ありません。

 

ロープはたっぷり10mあり、釣り場を選ばないことも魅力です。またフック、ワイヤー共にステンレス製なので丈夫で柔軟性があり錆にも強いため、安心して使うことができます。

ロック方法 バネ フックサイズ 全長175×幅60mm
フックの数 10 ロープの長さ 10m
ロープの素材 ステンレス製ワイヤー フロート

口コミを紹介

青物に使用のために購入。釣った魚をそのまま泳がせて新鮮な状態で保つ。ワイヤの強度がよい。10つ付いてるから、十分使える。店舗より値段が安くて通販の中でもお買い得。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワンタッチフックで幅広い魚に対応

フックサイズ140mmと180mmの2タイプが展開されているのが特徴です。フックの数は5・10本、ロープの長さも5・10mと異なるため、狙う魚やフィッシングスタイルに合う方を選べます。

 

専用のクリアケースが付属しており、持ち運びもラクにできます。また視認性抜群のオレンジ色のフローター付きで、遠くからでも目立ちます。幅広い魚に対応できるストリンガーを探している方にもおすすめです。

ロック方法 バネ フックサイズ 全長約140・180mm
フックの数 5・10 ロープの長さ 約5・10m
ロープの素材 - フロート

口コミを紹介

小型軽量ランガン向き。タックルボックスにスッポリなおかつ激安。
クーラーボックスの必要無く手軽に釣り場に行けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベルモントのメインとしてもサブとしても使える持ち運びやすいストリンガー

小型魚用のストリンガーを探している方におすすめのストリンガーです。100mmとコンパクトサイズのフックが5つ付属しています。大物が釣れた場合は2つ使って固定するのがベターです。すでに大型魚用をお持ちの方は、サブとして持っておいてもよいでしょう。

 

ロープがナイロン製のため、全体の重さが285gと控えめで持ち運びやすいのも魅力ですね。長さは8mあり、大抵の釣り場には対応できます。

ロック方法 バネ フックサイズ 全長100mm
フックの数 5 ロープの長さ 8m
ロープの素材 ナイロン フロート ×

口コミを紹介

紐を巻き取る金具がとても気に入っています。金具に重さがあるので、あまった紐が風でぐちゃぐちゃなったりしないですし、道具箱の中で収まりも良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

実用性と携帯性を備えたゴールデンミーンの最強ストリンガー

実用的なリールタイプで、ハンドルを回すことでロープを巻き取れます。ハンドル部分にはラバーが採用されており、滑りにくいのが特徴です。使わないフックはホルダー部分に取り付けておけるので、必要なときすぐに交換可能です。

 

アルミ製のカラビナに加え、ベルトに差し込めるフックも搭載。シーンに応じてさまざまな場所に固定できて便利です。見た目もおしゃれなため、アイテムで気分を盛り上げたい方にもおすすめです。

ロック方法 バネ フックサイズ 全長150×幅40mm
フックの数 5 ロープの長さ 15m
ロープの素材 - フロート ×

口コミを紹介

非常に使いやすくお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バネタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6459771の画像

    ゴールデンミーン(Golden Mean)

  • 2
    アイテムID:6459808の画像

    ベルモント(Belmont)

  • 3
    アイテムID:6459871の画像

    オルルド釣具

  • 4
    アイテムID:6459896の画像

    Kiranic

  • 5
    アイテムID:6459948の画像

    campstores

  • 商品名
  • リールストリンガーII
  • ストリンガー MP-176
  • フロート付きストリンガー qb500019
  • フロート付きストリンガー 10個入り
  • ストリンガーセット
  • 特徴
  • 実用性と携帯性を備えたゴールデンミーンの最強ストリンガー
  • ベルモントのメインとしてもサブとしても使える持ち運びやすいストリンガー
  • ワンタッチフックで幅広い魚に対応
  • 青物にも使える外れる心配が少ない大型フック
  • 長いワイヤーで高い堤防でなど様々な場所で利用可能
  • 価格
  • 9790円(税込)
  • 1904円(税込)
  • 1111円(税込)
  • -
  • 998円(税込)
  • ロック方法
  • バネ
  • バネ
  • バネ
  • バネ
  • バネ
  • フックサイズ
  • 全長150×幅40mm
  • 全長100mm
  • 全長約140・180mm
  • 全長175×幅60mm
  • 全長135×幅40mm
  • フックの数
  • 5
  • 5
  • 5・10
  • 10
  • 5
  • ロープの長さ
  • 15m
  • 8m
  • 約5・10m
  • 10m
  • 5m
  • ロープの素材
  • -
  • ナイロン
  • -
  • ステンレス製ワイヤー
  • ステンレス製ワイヤー
  • フロート
  • ×
  • ×

インナーロックスナップタイプの人気おすすめランキング5選

大型のチヌにピッタリなストリンガーセット

チヌなどの大型魚におすすめのステンレス製のストリンガーで、フックのサイズは108mm、ロープの長さは1mあります。ビーズによってフックの間隔が広めにとってあるので、魚同士が絡みにくいことも魅力の一つです。

ロック方法 インターロックスナップ フックサイズ 108mm
フックの数 5 ロープの長さ 10m
ロープの素材 - フロート ×

セットになっているからすぐに使える

バネ式がイマイチ合わない方や、そこまでパワーのない小〜中型魚狙いの方におすすめです。ロープの色は、フラッシュグリーンの他にも、イエロー・オレンジ・ピンクの4種類がラインナップしています。

 

どのタイプも視認性に優れ、悪天候の日にも活躍してくれるストリンガーです。

ロック方法 インターロックスナップ フックサイズ -
フックの数 5 ロープの長さ -
ロープの素材 - フロート

口コミを紹介

2個目の購入です。他の商品と比べると高いですが、ハーケンスプールが特に便利です。ストリンガーの着脱もさっと取り出せ使い勝手がよいです

出典:https://www.amazon.co.jp

長さ調整が簡単なおしゃれなリール式ストリンガー

レバーでロープの長さを調整できる、リール型のストリンガーです。魚を回収するのも簡単で、場所を移動することの多い場合にも活躍します。しっかり巻き取っておけばロープが出てしまったり絡まってしまったりするのを防げるため、使い心地も最高です。

 

また、カラビナ付きで、取り付けの自由度が高く釣り用具に不慣れな方の入門用としてもおすすめです。

ロック方法 インターロックスナップ フックサイズ -
フックの数 5 ロープの長さ -
ロープの素材 - フロート

口コミを紹介

ロープは、硬さとリール径の小ささが仇になって、引き出すと螺旋状の強いクセがありますが、実使用時は魚の重さが掛かるので、問題ないものと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

視認性の高いコンパクトストリンガー

携帯性を追求し、コンパクトに設計されたストリンガーです。軽量のため扱いやすく、お子さんや女性にも向いています。フロートが付属しているにもかかわらず、価格がリーズナブルなこともポイントです。

 

ロープカラーは鮮やかなイエローで、視認性も抜群です。岩場で利用する際も、引っ掛かっていないか瞬時に確認できます。見た目は細いものの強度は高く、遠慮せず使い込むことができます。

ロック方法 インナーロックスナップ フックサイズ -
フックの数 5 ロープの長さ 10m
ロープの素材 クレモナロープ フロート

強度を追求したオリジナルストロンガーを採用したシマノ製

シンプルな白いロープは7.5mと程よい長さで、幅広い釣り場に対応する機能性と扱いやすさを兼ね備えています。フックはオリジナルの設計で、強度が高めに設定されています。簡単にロックできるうえに外れにくく、使い勝手にも優れていることも魅力です。

 

また指を引っ掛ける部分が平らなため、キープした魚を持ち上げる際もラクです。さらにマジックテープ式のベルトが付いているので、使わないときはコンパクトにまとめることが可能。バッグのスキマに収納できるうえに、ロープやフックが絡まるのも防げます。

ロック方法 インナーロックスナップ式 フックサイズ 全長100×幅45.5mm
フックの数 3 ロープの長さ 約7.5m
ロープの素材 - フロート ×

口コミを紹介

ちょっと高いですが、1500円前後のものと比べて格段に使いやすいです。出したい分だけロープを出せて、使わない時はコンパクトに綺麗にまとまります。

出典:https://www.amazon.co.jp

インナーロックスナップタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6459752の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6459837の画像

    MARUSHINGYOGU(マルシン漁具)

  • 3
    アイテムID:6459913の画像

    タカ産業

  • 4
    アイテムID:6459981の画像

    ヤマワ産業(Yamawa Sangyo)

  • 5
    アイテムID:6460019の画像

    がまかつ

  • 商品名
  • ハンディーストリンガー3.0 RP-211R
  • フロート付ステンストリンガー
  • ロープY リールストリンガー
  • パーフェクトストリンガーセット
  • GM-1307 チヌストリンガーセット
  • 特徴
  • 強度を追求したオリジナルストロンガーを採用したシマノ製
  • 視認性の高いコンパクトストリンガー
  • 長さ調整が簡単なおしゃれなリール式ストリンガー
  • セットになっているからすぐに使える
  • 大型のチヌにピッタリなストリンガーセット
  • 価格
  • 3134円(税込)
  • 710円(税込)
  • 2984円(税込)
  • 2970円(税込)
  • 2871円(税込)
  • ロック方法
  • インナーロックスナップ式
  • インナーロックスナップ
  • インターロックスナップ
  • インターロックスナップ
  • インターロックスナップ
  • フックサイズ
  • 全長100×幅45.5mm
  • -
  • -
  • -
  • 108mm
  • フックの数
  • 3
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • ロープの長さ
  • 約7.5m
  • 10m
  • -
  • -
  • 10m
  • ロープの素材
  • -
  • クレモナロープ
  • -
  • -
  • -
  • フロート
  • ×
  • ×

魚の固定方法もチェック

ストリンガーでの魚の固定方法もチェックしておきましょう。やり方としてはまず、ロープを足元やベストに固定したら、フックのロックを開きます。魚の下あごに外側からフックを刺して貫通させたら、フックをロックしてください。

 

エラにフックを刺すという方もいますが、エラが傷付くと魚が死んでしまうこともあるのでおすすめしません。フックで魚を固定できたら、そっと魚を水中に戻します。弱らせないよう、特に足場の高い場所などでは注意するようにしましょう。

 

また、魚に直接刺して固定する仕組み上、リリース前提の魚に対しては使用しないようにしましょう。

ロープの固定方法を知っておく

ストリンガーには、固定しておくためのロープがついています。使用する場所によって固定方法が異なるので、正しいやり方をチェックしておきましょう。

磯の場合

磯でヒラマサなどを目的にした釣りを行う場合、ピトン・ハーケンと呼ばれる道具を用意しておきましょう。ピトン・ハーケンは元々は登山で使用するくさびで、釣りでは竿掛けとして使われる道具です。


ストリンガーを固定するにも使えるものになっています。磯の隙間に先端を差し込み、場合によってはハンマーなどで固定しましょう。

 

以下の記事では、磯竿の人気おすすめランキングもご紹介しています。ぜひご覧ください。

堤防の場合

堤防で大物であるブリやチヌなどのをターゲットに釣りをする場合は、磯でのやり方と同じようにピトン・ハーケンに固定しましょう。柵などがあれば、そちらにロープを結んでもも良いでしょう。


船をつなぐための杭に繋ぐアングラーもいますが、迷惑になることもありますのでやらないようにしましょう。

サーフの場合

サーフでヒラメなどを標的にする場合、磯や堤防のように足元に固定するのではなく、カラビナなどでライフジャケットに繋ぐことをおすすめします。サーフではピトン・ハーケンが抜けやすいことと、ポイントを頻繁に移動しながら釣りを行うことが多くなります。


サーフに釣った魚が打ち上げられないよう、長めのロープを準備するのがおすすめです。以下の記事では、ヒラメルアー・ロッドの人気おすすめランキングもご紹介しています。ぜひご覧ください。

手作りストリンガーにも挑戦してみよう

ストリンガーユーザーの方には、自作・手作り派という方もいるかもしれません。フックの数や大きさ、ロープの長さなど自分好みにできる上、材料も100均などで安い値段で揃えることができます。

 

またイチから作るのではなく市販のストリンガーをベースに、改造する方法も存在します。ストリンガーの作り方は簡単である程度強度のあるロープに、フックをセットするだけ。 カラビナをフックの代用にする場合もありますが、できれば専用のものを使いましょう。

 

さらにフロートを付けておくと夜間などの目印になるほか、障害物に引っかかるトラブルを防いでくれます。また下記では、釣りに役立つクーラーボックスの人気おすすめランキング20選を紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

まとめ

今回は、ストリンガーのロック方法や機能、ワイヤー素材などの選び方やおすすめランキングを紹介してきました。ストリンガーは今までの釣りをより快適に楽しむためのアイテムです。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

楽器
ラバージグの人気おすすめランキング15選【バス釣り・海釣りに】

ラバージグの人気おすすめランキング15選【バス釣り・海釣りに】

釣具
トレブルフックの人気おすすめランキング10選【付け方もご紹介】

トレブルフックの人気おすすめランキング10選【付け方もご紹介】

釣具
犬用ロングリードの人気おすすめランキング10選【手巻きや巻き取り式も】

犬用ロングリードの人気おすすめランキング10選【手巻きや巻き取り式も】

犬用品
【2021年最新版】アジングルアーの人気おすすめランキング10選【ワームからメタルジグまで】

【2021年最新版】アジングルアーの人気おすすめランキング10選【ワームからメタルジグまで】

釣具
エフェクターボードの人気おすすめランキング10選【初心者向けからおしゃれなものまで】

エフェクターボードの人気おすすめランキング10選【初心者向けからおしゃれなものまで】

楽器