【2021年最新版】ダイワリールの人気おすすめランキング20選【初心者・中級者】

記事ID4408のサムネイル画像

アングラーから高い支持を得ているダイワリール。スピニングリールやベイトリール、初心者・中級者・上級者向けまで種類はさまざま。釣り方や魚種に合わせたリール選びが大切です。今回はそんなダイワリールのおすすめランキングと選び方をご紹介します。

初心者からベテランまでおすすめのダイワリール!

魚を釣り上げるための道具(タックル)の中でも、特に重要になるのがリール。実はリール選びで釣果が変わる場合があるんです!釣り具屋にはたくさんのリールがありますが、老舗メーカーである「ダイワ」製のリールを選ぶ人は多いことでしょう。

 

リールはとても奥が深く、狙う魚や釣り方によって最適なサイズや種類が異なります。さらに初心者向けのものからベテラン向けのものまでさまざまな種類があり、結局自分にはどんなダイワリールが合うのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ダイワリールの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類・狙える魚種・口コミなどを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイワリールの選び方

ひとくちにリールといってもさまざまな種類があります。使用シーンやレベルに合わせて選びましょう。ここではダイワリールの種類と選び方を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

種類で選ぶ

リールは大きく分けて2種類が存在し、それぞれにメリット・デメリットがあります。釣りのスタイルや狙う魚種に最適なリールを選ぶことで、釣果の向上が期待できますよ。ここでは2種類のリールと、その特徴について紹介していきます。

ライントラブルが少なく扱いやすさを求める人には「スピニングリール」がおすすめ

ライントラブルが少なく、初心者でも扱いやすいスピニングリール。キャスト時の摩擦によるライン抵抗が少なく、遠投性に優れています。そのため軽いルアーでも遠くへ投げることができますよ。実際に使用する際は竿の下側に付くところが特徴です。

 

ルアーフィッシングやサーフフィッシング、磯釣り、流行りのショアジギングや一部の船釣りにも使用されるなど、汎用性の高い万能タイプといえます。ドラグ性能に優れているのも大きな特徴。これから釣りを始めたい・さまざまな釣りを楽しみたい方向けのリールです。

 

しかし、また、ロングキャストは可能ですが、狙ったところへと投げる場合などキャストに精密さが求められる場合、スピニングリールは向かないといっていいでしょう。下記の記事では、スピニングリールについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

パワーのある釣りをしたい人には「ベイトリール」がおすすめ

主にルアー釣りに使用され、パワーのある魚に対応できるベイトリール。スプールがボディに内蔵されており、竿の上側に付くところが特徴です。スプールの回転がライン放出のスピードを上回ると起きる「バックラッシュ」が頻発するため、リールの扱いに慣れた人向け。

 

ルアーの着水に合わせて親指でラインの放出量を調節する「サミング」でバックラッシュを防ぐことができます。サミングはベイトリールを使用するうえで基本のテクニックとなるため、ぜひ覚えましょう。上達すれば狙ったポイントにルアーを落とすことができますよ。

 

なお似たタイプに「両軸リール」がありますが、キャスティングを目的としたベイトリールとは異なり、両軸リールは船釣りでのトローリングなど投げることをしないタイプ。近年は遠投できるモデルも登場していますが、厳密には別物といえます。

ギア比で選ぶ

リールにおけるギア比とは、ハンドル1回転あたりのスプール(ローター)の回転数を指します。例えば「ギア比1:5」なら「ハンドル1回転でスプールが5回転する」ということになります。以下でギア比について、いくつか説明していきます。

主流なものがいい人には「ハイギア」がおすすめ

ノーマルギアよりも巻き取る糸の量が多いものを「ハイギア」といいます。商品により異なる場合もありますが、ダイワリールの場合、ギア比5.5~5.9あたりをハイギアと考えればよいでしょう。

 

1回転あたりのライン回収量が多いぶん、ルアーや仕掛けの回収も早くなります。そのため、次のキャストを素早く行えるところがハイギアのメリットです。

 

ただし、キャストの効率が上がる反面、巻きが重いというデメリットもあります。巻き抵抗が大きいため水中でのアタリを感じやすく「巻きの感度が高い」ともいえますが、大型魚とのファイト時は釣り人への負担が大きくなるといえるでしょう。

巻きの強さを求める人には「ローギア」がおすすめ

1回転で巻き取れる糸の量が少ないぶん回転が多くなり、巻き上げ力が高くなるのが「ローギア(パワーギア)」です。商品により異なる場合もありますが、ダイワリールの場合、ギア比4.9以下あたりをローギアと考えればよいでしょう。

 

巻き抵抗の大きいルアーや大型魚が掛かるなど、強い負荷が掛かった場合でも力強く巻き上げられるところがメリットです。ラインの回収率はハイギアに劣るぶん、重いジグを使用する場合や、ゆっくりとした動きで魚を誘いたい場合などはローギアが向いています。

 

ただし、ルアーの回収速度が遅いため、長い距離の巻き上げには時間が掛かってしまいます。速いテンポでの釣りをするには不向きである点がデメリットといえます。

その他の選び方

上記で紹介した選び方とは別に、釣りのスタイルや魚種に合わせてリールを選ぶ場合や、初心者や中級車が着目したい点などについて触れていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

釣り場所や狙う魚種など「目的」別に選ぶ

釣りのフィールドは大きく分けて、海水か淡水かに分かれます。エギングやアジング、ショアジギングなどの海水釣り、バス釣りなどの淡水釣りがあります。リールにも海水用と淡水用が存在しますので、それぞれに適したモデルを選びましょう。

 

幅広い釣りができる汎用リールを使用するか、特定の魚種に特化したリールを使用するか、獲物は小さめか大きめか、などによってリールの選び方は異なります。目的に合った商品を選ぶことが大切です。

 

なお、リールは使用後の洗浄や定期的な注油をするなどのメンテナンスも重要です。特にソルトウォーター(海水)での使用においては錆びなどの原因となりますので、アフターケアを十分に行ったうえで保管することをおすすめします。

タフなファイトをしたい人は「ドラグ性能」にも注目

大型魚とのやり取りを優位に行いたい場合などは、ドラグ性能に着目してみるのも大切です。釣りのスタイルなどにより異なりますが、近年流行りのショアジギングを例にしてみましょう。

 

目安としては、スピニングリールであれば8kg以上、ベイトリールの場合は6kg以上のドラグ力があるモデルがおすすめです。体長1m以上の魚や10kg超えの大物・怪魚を狙いたい場合には、もっとドラグ力のあるモデルを使用するのもよいでしょう。

 

最大ドラグ力20kgを超すモデルなどもありますので、ラインの太さ・強度、釣りのスタイルや場所などを考慮して、必要に応じてドラグ調整することをおすすめします。

ロッドとのバランスを考えたい人は「重量」も考慮しよう

昨今ではリールの軽量化が進んでおり、ダイワリールもその例に洩れません。では、リールは軽ければ軽いほどよいのかというと、実はそういうわけでもありません

 

例えば軽量なロッドに最軽量クラスのリールを組み合わせた場合、キャスト時にロッドを振ると支点や重みが無くブレてしまうなどのケースもあります。また、個人の体格・体力、好みの使用感も異なりますので、組み合わせには一概に正解というものはありません。

 

ロッドとリールには相性やバランスがありますので、ロッド・リール双方の重量についても考慮しましょう。タックルバランスを考えることで釣果にも影響しますので、最適なものを選ぶようにしましょう。

「初心者」なら扱いやすく軽量なものを

釣りを始めたい・始めて間もないという方には、入門機種で扱いやすく、長時間の釣りでも疲れにくいリールを選ぶのがおすすめ。特に、重量が軽いものは釣りに慣れていない方や力の弱い方が一日中使っても疲れにくいですよ。

 

ライト&タフ(軽量で丈夫)を表す「LT」は、2018年に発表されたダイワの新規格「LTコンセプトシリーズ」であることを示しています。入門機種も近年はモデルチェンジによりLTコンセプトが採用されているものが多く存在します。

 

また、釣りを幅広く楽しみたいという方は汎用スピニングリールを選ぶのがおすすめ。初心者向けのエントリーモデルにも、さまざまな釣りを行うのに十分な機能を持ったリールがたくさんあります。下記の記事では、初心者でも扱いやすい、ショアジギングリールについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

「中級者」ならミドルクラスやハイエンドモデルを

そろそろ釣りに慣れてきたという中級車には、高性能でありつつ、ややコストが抑えられたモデルがおすすめ。高い剛性を持ったタイプや巻きの軽さに着目して選ぶなど、重量や価格だけではなく使い心地にこだわるのもよいでしょう。

 

また、シーバスフィッシングやエギング・アジング・メバリングなど特定の魚種に特化したタイプのリールを選ぶのもよいでしょう。季節により狙う魚種に合わせてリールを変えれば、釣りを年中楽しむことができますよ。

 

もっと釣果を追求したい・トーナメントを視野に入れているという方は、先進技術を惜しみなく搭載したハイエンドモデルの導入を考えるのもよいでしょう。価格は上がりますが、もう一歩先の楽しみ方をしたい場合の先行投資と考えればいいかもしれませんね。

ダイワリールの人気おすすめランキング20選

初心者におすすめ

入門用として購入するため価格は抑えたい、という方におすすめのモデルです。汎用スピニングリールで、淡水・海水どちらにも対応できるところも魅力。

 

スタンダードモデルと違いラインは付属していませんが、「CF」のこちらは箱入りで、リールの調整用ワッシャー付きというところも嬉しいポイント。

 

サブリールを持っておきたい、磯釣りやチョイ投げなどラフに使えるリールが欲しいという場合などにも、コスパ面で優秀なこちらのリールならぴったりでしょう。満足できる性能を持ちつつ、安いリールを求めている場合にはおすすめです。

種類 スピニングリール 主な魚種 アジ・メバル・サバ・ブラックバス・トラウト・アオリイカ・シーバス・ハゼ・キス・ベラ
ギア比 5.3 最大ドラグ力 4kg

口コミを紹介

何回か実釣して使用しましたが異常はありませんし扱いやすいです。
ちょい投げ限定なら☆5です。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

穴釣りに最適

穴釣りにぴったりの両軸リールです。穴釣りはピンポイントで穴を狙う必要があるので、スピニングリースは不向きといえます。こちらのリールは高性能ではないですが、シンプルな機能を備えているので扱いやすいでしょう。

 

実用耐力も3kgあるので、ワカサギなど小型魚を狙うには問題ないといえます。価格も安く、またデザイン面でもかわいいと穴釣りフリークの間でも人気のあるリールです。

種類 両軸リール 主な魚種 ワカサギ・クロダイ
ギア比 3.7 最大ドラグ力 -

口コミを紹介

それまで使っていたのはワゴンセールの物だったが、これはバックラッシュしても軸の中に糸が入り込まないのでいちいち軽く分解しなくてもよく、ストレスが解消した。
テトラ穴釣り、堤防カワハギに使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽くて使いやすい

バス釣りから、タイ、イカまで幅広い魚種を狙うことができるベイトリールです。比較的軽めのルアーでも飛びやすいので、これまでスピニングリールしか使っていなかった方や、ライトルアーしか持っていない方にもおすすめのリールです。

 

これからベイトリールを使って釣りを始める方にもぴったりのリールです。

種類 ベイトリール 主な魚種 ブラックバス・タチウオ・カワハギ・コウイカ・アオリイカ・マダイ・シーバス・マルイカ
ギア比 7.2 最大ドラグ力 4kg

口コミを紹介

スピニング廃止しました アジングはこれに決定です ラインはオードラゴン0.4号リーダーは4lb ジグヘッド単体 スプリット いずれもOKだよ もう2年になります 今は 豆アジと戯れていますよ 不意の大物にもバッチリ

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ重視

価格を抑えたいなら買うべきスピニングリールの1つです。このリール1つでメバリング、アジングから、トラウト、バス釣りまで幅広く使うことができます。

 

汎用性の高い2000番なので、軽めのルアーやワームから、少し重めのルアーまで扱うことができるのでおすすめです。初心者の方や、これから釣りを始める方にもぴったりのスピニングリールです。

種類 スピニングリール 主な魚種 メバル・アジ・トラウト・ブラックバス
ギア比 5.3 最大ドラグ力 2kg

口コミを紹介

お値段以上のパフォーマンスを持ってますね。
この価格帯での性能は十分に発揮されています!
ハンドルは左右兼用で使用できるのもうれしかったです。(左派なので

出典:https://www.amazon.co.jp

PEライン付きでお得

軽く扱いやすいスピニングリールの1つです。こちらはPEライン付きなので、買ってすぐに釣りを楽しむことができます。

 

ルアーやワームなどで釣りをする場合は、別途リーダー用のラインを購入しておくことをおすすめします。海釣りから、淡水まで幅広く使用できます。

種類 スピニングリール 主な魚種 トラウト・ブラックバス・アジ・メバル・メッキ・カマス
ギア比 5.3 最大ドラグ力 2kg

口コミを紹介

この値段でPEライン付き...流石としか言いようがないです。
たいていの安いライン付きのリールは、ラインがダメなものが多い気がしますがリール、ラインともに問題なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オフショアジギングに特化

BJとはベイジギングのことで、近海でのオフショアジギングを楽しむための専用シリーズとなります。青物(ワラサ、ブリ、ヒラマサ)や鯛など、ある程度の大物を狙うことも可能で幅広い楽しみ方をできるところが大きな魅力でしょう。

 

水深は深めよりも若干浅めを狙うのに適しています。スムーズな巻き心地でキャスト疲れがあまりありません。

種類 ベイトリール 主な魚種 ワラサ・ブリ・ヒラマサ・タチウオ・マダイ・キジハタ
ギア比 7.3 最大ドラグ力 7kg

口コミを紹介

軽めのスロー用に買いました!
水深が浅い所で使っていますが、ちょうどいいと思います!
深いところで重いジグを使うのには物足りないと思いますが、浅い所では十分です!

出典:https://www.amazon.co.jp

大物も狙えるスピニングリール

4000サイズなので、ワラサやシーバスといった大物魚もねらうことができるスピニングリールです。マグシールドで錆びにくいため、長く使用することができます。軽くて使いやすいので女性にもおすすめです。

 

重いジグを使用してもその性能や軽量さから疲れにくく、長時間釣りを楽しむことができるといえるでしょう。この性能でこの価格帯はコストパフォーマンスも高く、購入を検討したいリールの1つです。

種類 スピニングリール 主な魚種 ワラサ・イナダ・シーバス・ヒラメ・マゴチ
ギア比 6.2 最大ドラグ力 12kg

口コミを紹介

巻きが非常に静かです。14カルディアはラインローラーのベアリングのシャリシャリ音がしてましたが、18カルディアはほとんど音がしません。夜釣りでこちらの気配を消したい時には重宝しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格で扱いやすいスピニングリール

アジングやメバリングに最適な1500番台のスピニングリールです。価格も安く、サブのリールとしても活躍します。細めのラインを巻いておくことで手軽に釣りを楽しむができます。

 

ブラックバスやアジをターゲットにすることもできるので、幅広い釣りを楽しむことができるいえます。初心者の方やこれから釣りを始める方、家族で釣りを楽しむ方におすすめのスピニングリールです。

種類 スピニングリール 主な魚種 アジ・メバル・ブラックバス・トラウト・イワシ・ハゼ
ギア比 4.7 最大ドラグ力 2kg

口コミを紹介

まず、値段が安い。でも安っぽく見えない。使い心地はスムーズな巻取りができ、ハンドルの遊びガタがなくソリッドな巻き上げができます。糸ふけバックラッシュも出ずらく、もし出てしまってもリカバリーしやすいです。ドラグ調整もしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バス釣りの定番ベイトリール

マグダイヤルを調整することで、4グラム程度の軽めのルアーやワームから、重めのシンカーを付けたワームまで幅広く扱うことができます。スピニングリールしか所持していない方で、ベイトリールの購入を検討されている方におすすめ。

 

また、バックラッシュを起こしにくい機能を備えているところが大きな魅力。ベイトリール初心者の方にもおすすめのモデルです。

種類 ベイトリール 主な魚種 ブラックバス
ギア比 7.3 最大ドラグ力 5kg

口コミを紹介

ブレーキ調整がしやすくバックラッシュしにくいです。初心者の方にもおすすめです!!値段もちょうどいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで軽いスピニングリール

軽量でコンパクト、価格の安さからちょい投げなどにおすすめのスピニングリールです。コンパクトロッドを購入する際にはこちらのリールの購入もおすすめします。アジングやメバリングなどに最適で、家族や友人と気軽に釣りを楽しむことができます。

 

また海水魚だけでなく、ブラックバスなどの淡水魚の釣りにも対応しているので、このリールを1つ持っておくことで、海釣りからバス釣りまで幅広いフィールドで釣りをすることができます。

種類 スピニングリール 主な魚種 アジ・メバル・ブラックバス・トラウト・イワシ・ハゼ
ギア比 4.7 最大ドラグ力 2kg

口コミを紹介

海外旅行に行くついでに竿をだそうと小さくて軽いスピニングリールを探していました。さすがDaiwaです!値段の割に巻き心地は滑らかでとても使いやすい、そして軽いのでつかれない。初心者用やとりあえず1個って時に十分満足度が得られる商品です(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

LTコンセプト採用モデルの中でコスパ最強

20モデルからクレストもLTコンセプトが採用されています。LTモデルの中でも最安値の部類に入る本商品ですが、トラウト・バス・シーバスゲーム、ライトショアジギングと幅広い釣りが楽しめる汎用性リールとなっています。

 

価格がリーズナブルなことから、初心者が最初に購入するスピニングリールとしてもおすすめです。ギア比・ドラグ性能ともに申し分なく、十分なスペックを持ったモデルといえるでしょう。

種類 スピニングリール 主な魚種 シーバス・トラウト・ブラックバス
ギア比 6.2 最大ドラグ力 10kg

口コミを紹介

ドラグの出だしも効きもスムーズでいい感じです。東京湾でワラサと鰆を上げましたが剛性も十分で安心してやり取りできました。上位機種の繊細さは求めては酷ですが、ハイギアタイプでガンガンいくならこれで十分だと個人的には思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

中級者におすすめ!

高い剛性を持ち、ジギングやロックフィッシュなど比較的パワーのある釣りを目的としたアングラーにおすすめといえます。エントリーモデルよりは高いスペックで、ハイエンドモデルよりもコストを抑えたいという中級者にぴったり。

 

シルバーとブラックの色味がどんなロッドにも合わせやすく、渋めのおしゃれを演出できるデザイン性にも注目です。

種類 スピニングリール 主な魚種 シーバス・ヒラメ・マゴチ・マダイ・タチウオ・アオリイカ
ギア比 6.2 最大ドラグ力 10kg

口コミを紹介

PE1.0が200mでハイギア、アルミボディ…
ショアジギングで使っていますが、最高です!
何の問題もなく快適に使用しています。
迷っている方、お勧めします!!

出典:https://www.amazon.co.jp

快適性抜群のタイラバ用リール

一定速度でリールを巻くことが求められるタイラバでも、こちらのリールは軽量かつ、巻速度が表示されるカウンター付きのため、快適に釣りを楽しむことができます。また好きな水深にタイラバを落とすことができます。

 

紅牙ICSの樹脂ボディから本モデルのICはアルミボディへと変わり、高い剛性も実現しているところが大きな魅力です。電池交換を自分で行えるところもポイント。

 

真鯛以外にも、ブリやヒラマサといった大きめの青物にも対応しているので、不意にかかった青物などとも安心してファイトできるでしょう。

種類 ベイトリール 主な魚種 マダイ
ギア比 4.9 最大ドラグ力 5kg

口コミを紹介

回転がとにかくスムーズ!
60gのタイラバと80gのタイラバも巻き心地が同じってくらい簡単に巻けます!

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ優秀で幅広く活躍

エギング、アジング、メバリング、タイラバ、さらにはバス釣りにも使えるスピニングリールです。さまざまな魚種を狙うことができるので、これから釣りを始める方で、どのリールを購入したらよいか分からない方におすすめ。

 

スムーズな巻き心地で、長時間の釣りでも疲れにくく扱いやすいといえるでしょう。

種類 スピニングリール 主な魚種 アオリイカ・ブラックバス・トラウト・メバル・アジ・シーバス・マダイ・タチウオ・クロダイ
ギア比 5.6 最大ドラグ力 4kg

口コミを紹介

魚を釣るのに、必要な性能はすべて揃っています。
これが原因で釣れなかったということはまずありません。
それでいて、さらに安っぽさもありません。コスパ重視の定番であり、おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

大物にも耐える万能リール

ショアジギング、エギング、チニングといった海釣りからバス釣りまで対応しているスピニングリールです。大型魚とのファイトも問題なくできるでしょう。マグシールドを採用しているので海水の錆にも強く、軽量のため長時間の釣りでも疲れにくいです。

 

上記の釣り方以外にも泳がせ釣り用のリールとしても適しているので、1000番のスピニングリールと合わせて購入するのもおすすめ。

種類 スピニングリール 主な魚種 ブラックバス・アオリイカ・シーバス・トラウト・ロックフィッシュ・クロダイ・タチウオ・ヒラメ・マゴチ・マダイ
ギア比 6.2 最大ドラグ力 10kg

口コミを紹介

最初に持って軽さに驚きました!パワーも十分で巻きも滑らかです。シーバス狙いで、でかボラとレンギョがスレ掛かりましたが
いいファイトができました!

出典:https://www.amazon.co.jp

バス釣りならこのリール

淡水専用のリール。ブラックバスを釣るならぜひとも所持しておきたいスピニングリールです。ブラックバス特有の食いつきに合わせスムーズにラインが放出されるドラグシステムを採用しており、想定外の負荷に耐えるタフデジギアを搭載しています。

 

上位機種にも採用されてるさまざまな機能が搭載されているので、ハイスペックなモデルを検討されている方におすすめ。軽量で扱いやすく、長時間の釣りでも疲れにくいのがポイントです。

 

2019年の秋には海水にも対応した「マグシールド」搭載のモデルも登場していますので、気になる方は要チェックです。

種類 スピニングリール 主な魚種 ブラックバス・トラウト
ギア比 6.2 最大ドラグ力 5kg

口コミを紹介

PE巻いてバス釣りに使用しています。
軽くて1日使っても疲れません。
ハイギアなので取り込みも早くて良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エギングならこのリール

エギング専用リールとして人気の「エメラルダス」。イカがエギを引っ張る際にスムーズなライン放出を実現するドラグシステムを採用しており、バレにくく、合わせることができます。エメラルダス特有カラーで、専用ロッドと合わせるととってもおしゃれ。

 

ダブルハンドルなので操作性も高く、扱いやすいリールです。マグシールド採用で錆に強いのも魅力。19モデルからはLTコンセプトが採用され、さらに扱いやすくなっているといえるでしょう。これからエギングを始める方や、エギング初心者の方にもおすすめです。

 

なお2021年2月、新たに登場した「21エメラルダス エア」は、ZAIONモノコックボディで高い剛性を実現しつつエメラルダス史上最軽量となっており、価格は上がりますがこちらも要注目のモデルです。

種類 スピニングリール 主な魚種 アオリイカ
ギア比 5.3 最大ドラグ力 10kg

口コミを紹介

さすがエメラルダス。airと比べると当然重さは感じるが、価格的にも初心者には十分なモデルだと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

アジングやメバリングの定番リール

アジング、メバリングをする方におすすめ。軽いのでシャクリがしやすく、感度が高いため小さなアタリでもしっかり感じることができます。コンパクトでありながら最大ドラグ力は5kgと、アジング、メバリングでは問題なく対応できます。

 

月下美人のロッドとセットで使うことで統一感が生まれ、おしゃれに釣りを楽しむことができます。初心者の方はもちろん、中級者、上級者も満足できるスピニングリールといえるでしょう。

種類 スピニングリール 主な魚種 アジ・メバル
ギア比 4.8 最大ドラグ力 5kg

口コミを紹介

価格以上に楽しめる一品となってます!
普段は大物を釣りたいがためにハードなタックルをチョイスして楽しんでしまいがちでしたが今はこのセットでハゼ釣りですら細やかなあたりを感じられるので楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

定番のコスパ優秀モデルもLT化!

お手ごろ価格のダイワ製スピニングリールでは定番のレブロス。2020年のモデルチェンジにより、アングラ―待望のLTコンセプト採用で更に扱いやすくなっているといえるでしょう。

 

エントリークラスとして初心者にはぴったり。しかしながら、コストを抑えつつ上位機種の機能も受け継いでおり、幅広い釣りに対応できる十分な機能を持った汎用スピニングリールです。

種類 スピニングリール 主な魚種 アオリイカ・シーバス・クロダイ・ブラックバス・トラウト・タチウオ・マダイ・アジ・サバ
ギア比 5.6 最大ドラグ力 10kg

口コミを紹介

82センチのブリあげれました。70前後のシーバスもボンボン釣ることができます。最高!

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ優秀で高性能!

初心者の方はもちろん、一万円以下でちょっといいリールが欲しいという方にもおすすめの18レガリス。「タフデジギア」や「エアローター」など上位機種に採用されている機能も搭載されている点が大きな魅力です。軽量なところも嬉しいポイント。

 

狙える獲物も幅広く、色んな魚を釣りたいという方にもぴったりです。ATD(オートマチックドラグシステム)搭載で魚に追従し、安心してやり取りを行えますよ。

種類 スピニングリール 主な魚種 アオリイカ・シーバス・メバル・アジ・トラウト・ブラックバス・ヒラメ・マゴチ・マダイ・タチウオ・クロダイ
ギア比 6.2 最大ドラグ力 10kg

口コミを紹介

まず、軽い。そしてDAIWAロッドとリールのゴールドカラーが良く合う。ゴリゴリ感などなく、スムーズな巻き心地。釣行後はDAIWA専用グリス、オイルでメンテナンス。やはり、巻き心地良い。大物がかかってもドラグ調整すれば問題なし。この価格でこのコスパ。さすがDAIWAです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワリールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6844693の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:6909286の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6844702の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:6844696の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:6844705の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 6
    アイテムID:6844690の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 7
    アイテムID:6844699の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:6844684の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 9
    アイテムID:6907761の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 10
    アイテムID:6907742の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 11
    アイテムID:6844682の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 12
    アイテムID:6844673の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 13
    アイテムID:6844676の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 14
    アイテムID:6844667の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 15
    アイテムID:6844664の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 16
    アイテムID:6844661の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 17
    アイテムID:6844658の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 18
    アイテムID:6844655の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 19
    アイテムID:6844652の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 20
    アイテムID:6844649の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • レガリス LT2500S-XH
  • レブロス LT3000-CH
  • 月下美人 MX LT2000S-P
  • エメラルダス LT2500S-DH
  • バリスティック FW LT2500S-CXH
  • フリームス LT3000S-CXH
  • レブロス 2506H
  • 紅牙 IC 100P-RM
  • レグザ LT3000-XH
  • クレスト LT3000-CXH
  • リバティクラブ 1500
  • タトゥーラ SV TW 7.3R
  • ワールドスピン 1500
  • カルディア LT4000-CXH
  • キャタリナBJ 200SH
  • リーガル 2004H
  • ジョイナス 2000
  • アルファス AIR 7.2R
  • スーパーコロネット ST-5RL
  • ワールドスピン CF 2500
  • 特徴
  • コスパ優秀で高性能!
  • 定番のコスパ優秀モデルもLT化!
  • アジングやメバリングの定番リール
  • エギングならこのリール
  • バス釣りならこのリール
  • 大物にも耐える万能リール
  • コスパ優秀で幅広く活躍
  • 快適性抜群のタイラバ用リール
  • 中級者におすすめ!
  • LTコンセプト採用モデルの中でコスパ最強
  • コンパクトで軽いスピニングリール
  • バス釣りの定番ベイトリール
  • 低価格で扱いやすいスピニングリール
  • 大物も狙えるスピニングリール
  • オフショアジギングに特化
  • PEライン付きでお得
  • コスパ重視
  • 軽くて使いやすい
  • 穴釣りに最適
  • 初心者におすすめ
  • 価格
  • 6,520円(税込)
  • 6,634円(税込)
  • 12,790円(税込)
  • 16,122円(税込)
  • 25,287円(税込)
  • 14,600円(税込)
  • 6,997円(税込)
  • 26,900円(税込)
  • 15,108円(税込)
  • 5,085円(税込)
  • 4,340円(税込)
  • 17,400円(税込)
  • 3,586円(税込)
  • 21,980円(税込)
  • 28,798円(税込)
  • 4,858円(税込)
  • 2,105円(税込)
  • 37,165円(税込)
  • 2,830円(税込)
  • 4,279円(税込)
  • 種類
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • ベイトリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • ベイトリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • ベイトリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • ベイトリール
  • 両軸リール
  • スピニングリール
  • 主な魚種
  • アオリイカ・シーバス・メバル・アジ・トラウト・ブラックバス・ヒラメ・マゴチ・マダイ・タチウオ・クロダイ
  • アオリイカ・シーバス・クロダイ・ブラックバス・トラウト・タチウオ・マダイ・アジ・サバ
  • アジ・メバル
  • アオリイカ
  • ブラックバス・トラウト
  • ブラックバス・アオリイカ・シーバス・トラウト・ロックフィッシュ・クロダイ・タチウオ・ヒラメ・マゴチ・マダイ
  • アオリイカ・ブラックバス・トラウト・メバル・アジ・シーバス・マダイ・タチウオ・クロダイ
  • マダイ
  • シーバス・ヒラメ・マゴチ・マダイ・タチウオ・アオリイカ
  • シーバス・トラウト・ブラックバス
  • アジ・メバル・ブラックバス・トラウト・イワシ・ハゼ
  • ブラックバス
  • アジ・メバル・ブラックバス・トラウト・イワシ・ハゼ
  • ワラサ・イナダ・シーバス・ヒラメ・マゴチ
  • ワラサ・ブリ・ヒラマサ・タチウオ・マダイ・キジハタ
  • トラウト・ブラックバス・アジ・メバル・メッキ・カマス
  • メバル・アジ・トラウト・ブラックバス
  • ブラックバス・タチウオ・カワハギ・コウイカ・アオリイカ・マダイ・シーバス・マルイカ
  • ワカサギ・クロダイ
  • アジ・メバル・サバ・ブラックバス・トラウト・アオリイカ・シーバス・ハゼ・キス・ベラ
  • ギア比
  • 6.2
  • 5.6
  • 4.8
  • 5.3
  • 6.2
  • 6.2
  • 5.6
  • 4.9
  • 6.2
  • 6.2
  • 4.7
  • 7.3
  • 4.7
  • 6.2
  • 7.3
  • 5.3
  • 5.3
  • 7.2
  • 3.7
  • 5.3
  • 最大ドラグ力
  • 10kg
  • 10kg
  • 5kg
  • 10kg
  • 5kg
  • 10kg
  • 4kg
  • 5kg
  • 10kg
  • 10kg
  • 2kg
  • 5kg
  • 2kg
  • 12kg
  • 7kg
  • 2kg
  • 2kg
  • 4kg
  • -
  • 4kg

おすすめベイトリールは?

おすすめのベイトリールとひと口に言っても、やはり用途や目的により最適なリールは異なります。そこで、人気の高いモデル・要注目のモデルをいくつか紹介していきます。

 

ランキングでも紹介している「紅牙IC」「タトゥーラSV」、2021年4月に登場予定のコスパ優秀・入門~中級者用としても最適な「PR100」、軽量ながら高いコスパでバス釣り用のエントリーモデルである「バス X」もおすすめです。

 

なおかなり高額にはなりますが、バックラッシュを起こしたくないという方向けのPEライン向けスプールが特徴的なシーバス用リール「モアザン PE TW」も注目したいところです。下記の記事では、ベイトリールについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

最強リールを探している人は要注目

2020年に登場した「20ソルティガ」は、大型魚を狙うアングラーにとっては魅力的な性能を誇る「ダイワ最強リール」と名高いモデルです。頑丈なモノコックボディ、高耐久のドラグ、高い巻き上げ性能を持つなど、公式でもシリーズ史上「最強」がうたわれています

 

気軽に手を出せる価格帯ではありませんが、シリーズでロッド・リールを合わせバランスの整った装備を揃えたいところです。最強装備で大型魚に挑戦することは、アングラーにとってひとつの夢といっていいでしょう。

2000番・3000番の安いおすすめモデルは?

なるべく安いものがいいけれど、妥協するのも惜しいという方に向けて、実売価格1万円以下、または1万円台を目安に、特に出番の多い2000番・3000番リールの中からおすすめのモデルを紹介していきます。

高コスパの2000番モデルを探している人におすすめ

アジングやエギング、シーバス、堤防釣りにも使用でき汎用性が高く、20モデルからLTコンセプトが採用されフルモデルチェンジを果たした「クレスト」や「レブロス」、クレストやレブロスよりもややスペックが上がり軽量な「レガリス」もおすすめ。

 

メバリングやアジングを中心としたライトゲームシリーズの中でもエントリーモデルである「月下美人」の「X」シリーズ、2018年にLT化された「18フリームス」、価格は上がりますが新素材「ZAION V」を搭載して2021年4月に登場予定の「21フリームス」も注目です。

 

ひと口に2000番台といっても釣りのスタイルにより最適な番手は変わりますが、コスパの高いリールを探している場合におすすめのモデルをいくつか紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

高コスパの3000番モデルを探している人におすすめ

最も汎用性が高く、さまざまな魚種に対応できる3000番台。エギングやシーバスフィッシング、近年流行っているライトショアジギングなどにも最適です。ダイワの中でもさまざまな種類があります。

 

上記でも既に紹介した人気の「レブロス・フリームス・レガリス」はもちろん、ミドルクラスで軽量の「18カルディア」、高剛性でライトショアジギングにも向いている「19レグザ」もおすすめ。

 

万能タイプの3000番台は、ギア比で選ぶのもよいでしょう。釣りを始めたばかりで迷ってしまう、という方は主流の「ハイギア」から使ってみるのがおすすめです。

まとめ

今回は人気のメーカーであるダイワのリールを紹介しましたが、いかがでしたか?ダイワリールは種類が豊富なため、狙う魚種、釣り方、使う頻度などに合わせて選ぶとよいでしょう。ぜひこの記事を参考に、ステキなリールに出会ってください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】トラウトロッドの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】トラウトロッドの人気おすすめランキング15選

釣具
ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【2021年最新版】飛距離を出せるベイトリール人気のおすすめランキング20選【100m以上も】

【2021年最新版】飛距離を出せるベイトリール人気のおすすめランキング20選【100m以上も】

釣具
【2021年最新版】初心者必見!ウェッジの人気おすすめランキング25選

【2021年最新版】初心者必見!ウェッジの人気おすすめランキング25選

ゴルフ用品
持ち運びに便利!ロッドスタンドの人気おすすめランキング15選【竿を大切に】

持ち運びに便利!ロッドスタンドの人気おすすめランキング15選【竿を大切に】

釣具
【2021年最新版】ナイロンラインの人気おすすめランキング21選【最強】

【2021年最新版】ナイロンラインの人気おすすめランキング21選【最強】

釣具