スピニングリールの人気おすすめランキング20選【バス釣りにも】

記事ID1169のサムネイル画像

多くの釣りで使用されているスピニングリールは、釣果に影響を与える重要アイテムです。ダイワやシマノからリールが出ていますが、釣り方や狙う魚、使用するラインやギアによって適切なものが異なります。今回はスピニングリールの人気おすすめランキングと選び方をご紹介します!

初心者にも使いやすい「スピニングリール」で釣りを楽しもう

スピニングリールは、初心者の方でも扱いやすい釣りアイテムとして人気があります。トラブルが少なく釣りを楽しめるので、中級以上の方にも愛用されています。でもスピニングリールがたくさん並んでいると、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

 

実はスピニングリールの性能によって、釣りやすさだけでなく身体への負担の大きさなども変わってしまうんですよ。せっかく釣りを楽しむなら、使いやすいスピニングリールを選びたいですよね。

 

そこで今回は、スピニングリールの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは釣りのスタイルやロッドの種類、サイズなどを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

スピニングリールの選び方

スピニングリールには、タイプやサイズ、ギアなど様々な選び方があります。使用目的に合わせて、使いやすいスピニングリールの選び方をご紹介しましょう。

釣り方とタイプで選ぶ

スピニングリールは、釣りのスタイルに合わせた幾つかのタイプがあります。どんな釣り方をしたいかに合わせて、スピニングリールのタイプを選んでみましょう。

初心者の人には「標準タイプ」

標準タイプまたは汎用タイプは、幅広いスタイルで使用できるスピニングリールです。釣りのスタイルや仕掛けの種類、釣り場所を選ぶことなく、初心者の方にもおすすめのタイプです。港からのちょとした投げ釣りに適しています。

 

幅広いスタイルに使えるタイプですが、大物狙いや船で沖まで出る場合にはスペックを選ぶ必要があります。サイズが大きめのリールを選ぶことで、より広いスタイルの釣りにも対応できます。これから釣りを始めたい初心者の方には、標準タイプのリールがおすすめです。

シーバス釣りには「レバーブレーキ搭載タイプ」

レバーブレーキ搭載タイプは、リールのレバーブレーキで道糸の出し入れを操作するスピニングリールです。魚の引きが強く、より激しいファイトを楽しみたい方におすすめのリールです。本来はチヌやグレを対象に開発されましたが、シーバス釣りに適したタイプとして人気があります。

 

引きが強い魚とのバトルでは、レバーを使ってラインコントロールをする楽しみ方があります。ドラグ機構が勝手に道糸を出し入れしてくれる標準タイプとは違い、最初は知識とテクニックが必要になります。バス釣りでファイトを楽しみたい方におすすめです。

より遠くに投げたい人には「遠投タイプ」

遠投タイプのスピニングリールは、より遠くに投げたい方に適しています。ラインを巻き付けているスプールが大口径のタイプは、投げの中でも大遠投することができます。ラインの巻取り直径が大きいサイズを選ぶことで、巻きつけるラインに癖が付きにくくなります。

 

浅底で口径が広いスプールなら、糸巻き量が必要最低限で済みます。ラインへ掛けるコストも削減され、100メートル以上の大遠投を楽しむことができます。投げる際に段差が少ないリールを選ぶことで、抵抗を減らしてスムーズにラインを出すことができます。

スプールサイズで選ぶ

スピニングリール選びで大切になるのが、ラインを巻きつけるスプールのサイズです。釣りたい魚や釣りのスタイルに合わせて、スプールのサイズを選びましょう。

小型スピニングリールなら「500〜1000番手」

500番手は、1号糸という一番細い道糸を150m巻き取れるサイズです。主にアジングやエリアトラウトなどの釣りスタイルに適したサイズです。アジングは、ジグヘッドとワームというコンパクトなタックルで気軽に楽しむことができます。

 

アジを対象にしたアジングは、日本全国どこにでもいる魚を対象にしています。5001000番手のスピニングリールなら、比較的小さいサイズの魚とのバトルにぴったりです。コンパクトなサイズで気軽に釣りを楽しみたい方におすすめのサイズです。

バスフィッシングには「2000番手」

2000番手のスピニングリールは、2号ラインを150m巻き取れるサイズです。主にメバリングやバスフィッシングなど、人気の高い釣りスタイルに適しています。アジングなど小型魚種を狙ったフィッシングも気軽に楽しめます。

 

バスフィッシングには2000番手が一般的ですが、大物を狙えるシーバスゲームでは25003500番手のサイズもあります。20003000番手のスピニングリールには、数字の前後にRCといったアルファベットが表記されていることが多くあります。

エギングやトラウトには「2500番手」

2500番手のスピニングリールは、2.5号サイズのラインを150m巻き取れるサイズです。釣りのスタイルは、ライトエギングや渓流トラウト、中型以上のバスフィッシングに対応しています。小・中サイズの対象魚を狙う初心者アングラーにおすすめです。

 

2000番手や3000番手では、タックルがオーバー気味だったり、パワーが不足したりしてしまいます。その中間である2500番手は、どちらのタックルにも対応できる使い勝手の良さがあります。中型の魚を狙う初心者の方にもおすすめのサイズです。

中型以上の魚には「3000番手」

3000番手のスピニングリールは、3号サイズのラインを150m巻き取れるサイズです。釣りのスタイルは、エギングやシーバスフィッシング、フラットフィッシュ、本流トラウトに対応できます。

 

3000番手は、シーバスやヒラメといった人気の高い中型サイズ以上の魚を対象としています。中型以上の魚とのバトルを楽しみたい方におすすめのスピニングリールです。釣りの中級者以上の方にも愛用されているサイズと言えます。

大物を狙いたいなら魚「4000番手」

4000番手のスピニングリールは、4号サイズのラインを150m巻き取れるサイズです。シーバスやフラットフィッシュの他にも、ジギングまで楽しむことが可能になります。シグ操作が重要になるライトジギングに対応できるスピニングリールも揃っています。

 

4000番手のサイズになると、シーバス専用やタイラバ専用など対象魚をより細かく絞り込むことができます。バトルの際に肝になってくるアクションに対応できる専用機も存在しています。狙いたい魚が決まっているのであれば、専用機を選ぶのも一つの選択です。

飛距離を上げたいなら「シャロースプール」

シャロースプールは、巻いた糸を保管する部分の溝が浅くなっているタイプです。主に細糸を使用したルアーフィッシングが得意で、ラインが出やすく飛距離を出すことができます。必要最低限の糸を巻くだけで下巻きがない分、応用が利かなくなってしまうこともあります。

ギアで選ぶ

スピニングリールは、種類によって巻きの速さや必要な力が異なっています。ハンドル一回転当たりの巻き上げ量のギア比が異なるので、自分のスタイルに合ったギアを選びましょう。

えさ釣りに最適な「ノーマルギア」

ノーマルギアは、ハンドル一回転当たりの巻き上げ量のギア比が標準タイプのギアです。標準タイプのノーマルギアは、えさ釣りにおすすめです。ラインを巻く際のパワーとスピードのトータルバランスが高く、ゲームフィッシング以外のあらゆる釣りに適応しています。

ゲームフィッシングには「ハイギア」

ハイギアは、ハンドルが一回転するごとにスプールが6回転以上するギアです。ハイギアタイプは巻く速度が速く、魚をすぐに回収できます。ギア比が高いと抵抗が強く、巻き取るのに力が必要になります。休むことなくハンドルを回し続けるゲームフィッシングに最適です。

安定して巻ける「ローギア」

ローギアは、ハンドルが一回転するごとにスプールが5回転未満のギアです。ローギアタイプは、高負荷が加わっているラインを安定して巻き上げられる点が特徴です。ラインを巻くパワーとスピードのバランスを取るのが難しいため、大型のものが多いです。

逆回転に耐える限界なら「ドラグ力」

ドラグ力とは、スプールが逆回転に耐える限界の重さのことを指します。最大まで占めた時に耐えられる重さを最大ドラグ力と言い、実際に釣りをしているときに調整できる重さの範囲を実用ドラグ力と言います。狙う獲物の大きさによって選びましょう。

ハンドルで選ぶ

スピニングリールのハンドルには、シングルタイプとダブルタイプの2種類があります。使いやすさを比較して、ハンドルのタイプを選びましょう。

力をこめやすい軽さなら「シングルタイプ」

シングルタイプは、片方にのみハンドルが付いているスピニングリールです。とても軽く力をこめやすいのが特徴です。重心が中心にないため竿を動かすとハンドルも動いてしまい、勝手に巻いてしまうこともあるので注意しましょう。

安定して巻きたいなら「ダブルタイプ」

ダブルタイプは、ハンドルが2つ付いているスピニングリールです。重心が真ん中に来るため安定して巻くことができます。どちらが良いか分からない場合は、別売りのハンドルを付け替えることで、両方とも使えるタイプを選ぶといいでしょう。

使いやすさで選ぶ

スピニングリールには、使いやすさを追求した様々な工夫が施されています。釣りスタイルに合わせて、使いやすくて必要な機能を選びましょう。

疲れにくさ重視なら「軽いリール」が使いやすい

疲れにくさを重視してスピニングリールを選ぶ方は、なるべく「軽いリール」を選ぶことが大切です。ルアー釣りの際はキャスト(投げ)を何度も繰り返すことになります。このときリールが重いと、手や身体に強い負担がかかってしまいます

 

こうした負担をなるべく軽くするには、軽量なリールを選んでいくことが大切です。軽量リールはロッドとのバランスも取りやすく、長時間のフィッシングに最適となっています。こちらもチェックしていきましょう。

海釣りに挑戦したい人は「海水対応」

リールには、淡水と海水に適しているものがあります。海水が入り込まないようにしたり、防錆加工が施されたりしている海水対応のものがあります。海釣りを検討している方は、海水に対応しているタイプのリールを選ぶと良いでしょう。

遠投したい人は「ラインの長さ」

何号のラインを何メートル巻きたいという視点で選ぶのもいいでしょう。シマノを基準では、ナイロン1/4lb2000S100m500150m、ナイロン8/32lb8000150mです。PE1号は2500S110mSW6000210mSW8000300m巻き上げられます。

快適に使うなら「ライントラブル回避設計」

高性能なスピニングリールはライントラブルを回避するための様々な機能をもったモデルが多くなっています。快適にフィッシングを楽しむには、こうした「ライントラブル回避設計」のスピニングリールを選ぶことも大切です。

 

巻ぐせ・ラインブレイクなど、ライントラブルごとの対策機能をチェックしていきましょう。

手を疲れさせないなら「スムーズに巻けるリール」

長時間のフィッシングで手を疲れさせないためには、「スムーズに巻けるリール」であることも大切です。リールの巻き心地があまり良くないと、手を疲れやすくさせてしまいます

 

快適にフィッシングを楽しむなら、なるべく一定した速度でスムーズにリールを巻くことができるモデルを選んでいきましょう。こちらもしっかりチェックしておくのがおすすめです。

バランスを考えるなら「竿ロッド」

使う竿がすでに決まっている場合は、竿を元に決めるのも良いでしょう。一般的に竿が長めの場合番手が大きい方を選ぶことをおすすめします。竿と合わせて選ぶことで、全体のバランスが良くなります。

 

例えばシマノの場合、磯竿1号では20003000、磯竿5号は50008000です。投げ竿10号には20003000、投げ竿30号は60008000となります。ルアーロッドの場合、シーバスロッドL200003000、シーバスロッドMには4000が適切です。

頻繁に釣りを楽しむなら「剛性」

剛性を重視すべきか、軽さを重視すべきか悩む方もいらっしゃるでしょう。大物狙いの場合は、ルアーが重くても剛性が強いリールを選ぶのがおすすめです。使用予定のラインが太い場合も、剛性を優先して選ぶと良いでしょう。

 

強行ファイトが必要な場合や、釣りに行く回数が多い方には剛性を重視することをおすすめします。反対に小さいサイズ狙いの方や、ラインが細い場合、軽さを重視しても良いでしょう。腕力の弱い方、繊細な流れの変化を読む感度が必要な場合も軽さ重視がいいでしょう。

安い低価格重視なら「コスパの高いモデル」をチェック

スピニングリールは5000円以下の安価なモデルから、5万円近い高価格モデルまで豊富にラインナップされています。価格を重視して選びたい方は、なるべく「コストパフォーマンスに優れたモデル」をチェックしていきましょう。

 

まずは予算からある程度価格帯を絞り、同価格帯の中でも特に機能性の高いモデルを見つけることが大切です。ただ安いだけだと品質や機能性が悪い場合もあり、結果的にコスパは悪くなってしまいます。しっかりと価格と品質のバランスをチェックしていきましょう。

メーカーで選ぶ

スピニングリールには、人気メーカーの商品が数多く揃っています。釣りを始めたばかりの初心者の方は、有名メーカーで選ぶことで品質とデザイン性に優れた商品を見つけやすくなります。

巻き心地の良さなら「シマノ」

自転車ギアの製造メーカーであるシマノが、その技術を生かして作ったリールです。性能はもちろん、リールの巻き心地がとても良いのが特徴です。初心者の方でも安心して使えるリールが揃っています。

カスタマイズしたいなら「ダイワ」

ダイワのリールは、釣りの大会に出場している選手の意見が取り入れられています。選手の間でも大人気で、釣りのプロを目指す方にもおすすめです。自分に合ったリールにカスタマイズすることができるセミオーダーシステムもあります。

熱狂的なファンが多い「アブガルシア」

スウェーデンの老舗釣り具メーカーです。カーディナルやレボシリーズなどがあります。熱狂的なファンが多く、マニアの間では高値で取引されることもあり、現在ではピュアフィッシングが経営を行なっています。

ハイエンドモデルの人気おすすめランキング8選

8位
 

シマノ(SHIMANO)

ヴァンキッシュ 2500SHG

価格: 45,051円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量なのにタフ!ギア耐久性・防水性は業界最高水準クラス

ヴァンキッシュ2500SHGは、自重たったの165gと軽量クラスにも関わらず、シマノのテクノロジーを搭載したハイクオリティモデルです。ボディの剛性や防水性、更にギア耐久性は業界でもトップクラスを誇り、ワンランク上のアングラーにおすすめの逸品です。

スタイル ライトエギング・渓流トラウト サイズ 2500番
対象魚 アオリイカ・アジ・メバル 重量 165g

口コミを紹介

ギアノイズが無く巻き心地も良いですし、巻き始めが軽いので巻いていて気持ちいい。
ハンドルノブ付け根辺りのガタつきも無く快適に釣りができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

シマノ(SHIMANO)

エクスセンスCI4+ C3000MHG

価格: 25,700円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シーバス専用!オフショアフィールドで光り輝く名機

オフショアバトルで大人気のシーバス。しかもモンスタークラスのシーバスとのバトルを楽しみたい方におすすめなのが、エクスセンスCI4+ C3000MHGです。CI4+シリーズには初搭載となるXプロテクトを採用し、アングラーが望む機能を余すことなく満載しています。

スタイル エギング・シーバス サイズ C3000番
対象魚 シーバス 重量 195g

口コミを紹介

D社の2018年新モデルも併用しているが、1ランク上のリーリング性能がある。なめらかな巻き+ストップ&ゴーの巻き性能は明らかにこちらが上。個人的な感想だがこの値段帯では最高峰なレベル、かけた後のパワーも申し分ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

最先端テクノロジーを注いだバスフィッシュ専用機

シマノが誇る最先端フィーチャーをこれでもかというくらいに注いだバスアングラー専用のスピニングリールです。独自のCI4+ハンドルとマグナムライトローターで軽量化に成功。クイックレスポンスが特徴のシリーズの中でも上位機種ながらお手頃価格でおすすめです。

スタイル バスフィッシュ サイズ 2500番
対象魚 ブラックバス 重量 185g

口コミを紹介

ハンドルを回してもベールが戻らないのは違和感でしたが、一瞬で慣れました。着水と同時に巻き始める事は無いので、全く気になりません。とても、満足です

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量・飛距離にも優れたスピニングリール

こちらはシマノ製、軽量・飛距離にも優れたスピニングリールです。軽量なだけでなく、上位モデル「ステラ」と同等クラスの優れた飛距離を実現しています。こちらは軽量性だけでなく飛距離にも優れたハイエンドスピニングリールが欲しいという方におすすめです。

スタイル - サイズ 2500番
対象魚 フィネスバス チヌ 重量 155g

口コミを紹介

身銭を切って買うステラ。言うことはありません。最高の品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量化・耐久性を両立させたスピニングリール

こちらはダイワ製、軽量化・耐久性を両立させたスピニングリールです。通常両立させにくい軽量性と耐久性を見事に両立させた、高性能なスピニングリールとなっています。軽量なだけでなく耐久性ももったスピニングリールが欲しいという方におすすめです。

スタイル - サイズ 4000番
対象魚 シーバス ヒラメ マゴチ 重量 235g

口コミを紹介

心配していたベール下がりも無く、巻き心地も最高でした。とりあえず回ってはいるので様子見です。

出典:https://www.amazon.co.jp

最高の巻き心地のスピニングリール

こちらはシマノ製、最高の巻き心地のスピニングリールです。ギアの巻き心地を最大限追求した設計となっており、滑らかでスムーズな回転が可能です。巻き心地最高の防水性・耐久性・静音性にも優れたハイエンドスピニングリールが欲しいという方におすすめです。

スタイル - サイズ 3000番
対象魚 ブラックバス トラウト アオリイカ 重量 210g

口コミを紹介

XGでも巻きは滑らかです。今まで使っていたc3000HGより巻き出しは重く、しばらく違和感ありましたが慣れれば問題なし。ドラグノブが安っぽい事だけが不満です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アルミ製モノコックボディ採用!軽いと強いを高次元で両立

セルテートLT2500Sは、軽くて操りやすいのに、耐久性が高く、高剛性まで持ち合わせているスピニングリールです。2500S番台のリールというと小物狙いというイメージがあるものの、大物が掛かっても耐えるパワーを持った商品であり、価格にも納得できます。

スタイル ライトエギング・渓流トラウト サイズ 2500s番
対象魚 ライトエギングアオリイカ・トラウト・渓流トラウト 重量 205g

口コミを紹介

ラインの巻取りのスムーズさと、ドラグのち密さは額面通り。今のところこれといった不具合は全くありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

強さ・感度の良さをコンセプトに快適な使い心地が最上の一品

塩ガミを抑制する防水性の高さと、ギアの最適値、支持性能の見直し、回転抵抗の排除のXプロジェクトをふんだんに搭載したスピニングリールがサステインです。耐性、剛性、操作性、防止性、使い心地、全てを追求した極上スピニングリールと言えるでしょう。

スタイル ライトジギング・ライトショアジギング サイズ 4000番
対象魚 シーバス・ワラサ・ヒラマサ 重量 285g

口コミを紹介

クイックレスポンスシリーズのため巻き始めは軽いし止めやすいです。釣行回数が多い方には剛性のある無印ツインパやXDをお勧めしますが青物が頻繁に釣れる状況じゃなければサステインで十分と感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイエンドモデルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6129720の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6129709の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6129686の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:6129679の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:6129662の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 6
    アイテムID:6129654の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 7
    アイテムID:6129650の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:6129645の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • サステイン 4000XG
  • セルテート LT2500S
  • C3000XG
  • LT5000D-CXH
  • C2500SXG
  • コンプレックスCI4+ 2500HGS
  • エクスセンスCI4+ C3000MHG
  • ヴァンキッシュ 2500SHG
  • 特徴
  • 強さ・感度の良さをコンセプトに快適な使い心地が最上の一品
  • アルミ製モノコックボディ採用!軽いと強いを高次元で両立
  • 最高の巻き心地のスピニングリール
  • 軽量化・耐久性を両立させたスピニングリール
  • 軽量・飛距離にも優れたスピニングリール
  • 最先端テクノロジーを注いだバスフィッシュ専用機
  • シーバス専用!オフショアフィールドで光り輝く名機
  • 軽量なのにタフ!ギア耐久性・防水性は業界最高水準クラス
  • 価格
  • 25220円(税込)
  • 31980円(税込)
  • 32600円(税込)
  • 39759円(税込)
  • 62293円(税込)
  • 24493円(税込)
  • 25700円(税込)
  • 45051円(税込)
  • スタイル
  • ライトジギング・ライトショアジギング
  • ライトエギング・渓流トラウト
  • -
  • -
  • -
  • バスフィッシュ
  • エギング・シーバス
  • ライトエギング・渓流トラウト
  • サイズ
  • 4000番
  • 2500s番
  • 3000番
  • 4000番
  • 2500番
  • 2500番
  • C3000番
  • 2500番
  • 対象魚
  • シーバス・ワラサ・ヒラマサ
  • ライトエギングアオリイカ・トラウト・渓流トラウト
  • ブラックバス トラウト アオリイカ
  • シーバス ヒラメ マゴチ
  • フィネスバス チヌ
  • ブラックバス
  • シーバス
  • アオリイカ・アジ・メバル
  • 重量
  • 285g
  • 205g
  • 210g
  • 235g
  • 155g
  • 185g
  • 195g
  • 165g

1万円以内のコスパ重視モデル・人気おすすめランキング7選

トラブルなく飛距離を稼ぎたい初心者のエントリーモデル

リールトラブルを回避しつつ、飛距離を伸ばして釣りを楽しみたいと思っている初心者におすすめのスピニングリールです。シマノのオリジナルテクノロジーであるAR-Cスプールを搭載。ライン放出がベストになるテクノロジーを満載したエントリーモデルです。

スタイル アジング・ジギング サイズ 3000番
対象魚 アジ・メバル・イワシ 重量 260g

口コミを紹介

釣りを始めたい、釣りを始めたけれど新しいタックルをそろえたい。でも予算が・・・、と思っている方、特にリールは少しでも良いものをと思っているなら、中途半端に5~6千円のものを購入するなら、迷わずにアリビオを選択することをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

エアローター採用の小型汎用タイプのスピニングリール

レブロス 2506H-DHは、まだ釣りのスタイルなどが確立していない初心者の方にお手頃であり、高性能なスピニングリールです。この価格帯でも優れた回転性能と巻き心地が良いと評判のエアローターを搭載。ABSシステムでバックラッシュを回避できるおまけ付きです。

スタイル アジング・メバリング サイズ 2500番
対象魚 タチウオ・カサゴ・メバル 重量 295g

口コミを紹介

2000番で気に入って2500番を追加購入しました。お値段が倍近いストラディックと比較しても全く遜色ないです。素晴らしい製品を作ってくれているDAIWAに感謝です。

出典:https://www.amazon.co.jp

50cmオーバーの大物狙いにも!

ジギングでシーバスやヒラメ、ヒラマサといった青物狙いをするスタイルはもちろん、タイラバにも使用できる使用用途の広さが魅力のスピニングリールです。大手メーカーダイワのテクノロジーが詰まっており、この価格帯で信じられないパワフルさを発揮してくれます。

スタイル タイラバ・ジギング サイズ 4000番
対象魚 マダイ・シーバス・タチウオ 重量 365g

口コミを紹介

ジギング用に購入しました。見た目◎価格◎巻き心地もスムーズでとても満足してます。シーバス、ブリ、ヒラマサなど青物の突発的な突込みにも余裕で対応できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4号150mのライン付きだから初心者の最初の一台に最適

アリビオ4000は、ちょい投げ釣りや船に乗って落とし込み釣りなどを楽しむのに最適なスピニングリールです。ナイロン4号ラインが150mついていますから、糸巻きの必要がなく購入してロッドにつければ、そのまま釣りに出かけられる初心者には嬉しいリールです。

スタイル ライトジギング・シーバス サイズ 4000番
対象魚 カレイ・サバ・タチウオ 重量 365g

口コミを紹介

ダイワのスピニングリールをゴリ巻きしたらハンドルが折れたので新しいリールを探していました。このシマノはハンドルを回した感じ7,000円クラスと同等では?ってくらい良く出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

スーパーメタル使用だから高負荷に耐えられる

オフショアシーンで大事なポイントの一つがタフさ。樹脂製は強い負荷が加わるとリールそのものが歪んでしまい、使い物にならなくなります。レガリスはスーパーメタル仕様のため、外圧に強く青物が掛かって暴れても十分に持ちこたえられるタフさを持っています。

スタイル アジング・メバリング サイズ 2000番
対象魚 アジ・メバル・バス 重量 205g

口コミを紹介

一昔前の高級ロールより性能いいのは間違いない。マグシールド、ねじ込みに拘るならフリームスにしたらおけ

出典:https://www.amazon.co.jp

最大ドラグ9kg!全魚種を狙えるオールマイティ

セドナC3000HGは、2000番台のコンパクトボディながら、3000番スプールに対応しているC3000番サイズのスピニングリール。しかも通常よりも高いギア比であるハイギア仕様のリールのため、全魚種をターゲットにできる広い守備範囲を持っています。

スタイル ライトジギング・ショアジギング サイズ C3000番
対象魚 全魚種 重量 250g

口コミを紹介

非常にスムースな使い心地。さすがシマノさん。
僕には、これ以上のグレードのリールは必要ない。
もう少し地味な色にしてほしかったけど(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

その名に恥じないアオリイカ専用スピニングリール

アオリスタBB C3000HGは、その名のとおりアオリイカをターゲットにするエギングに最適なスピニングリールです。その秘密はドラグフリーの軽さ。これによりイカに違和感を与えずアタリをつけることが可能。ハイギアだから距離詰め性能も申し分ないリールです。

スタイル エギング・本流トラウト サイズ C3000番
対象魚 アオリイカ・シーバス・トラウト 重量 265g

口コミを紹介

この製品の4000番も持っていますが、3000番の方が小型な分ドラグフリー時の軽さ(緩さ)がいいです秋時期は小型アオリに対応するために小さめのアジを使いますが、それでもスルスルとラインを持って行ってくれます

出典:https://www.amazon.co.jp

1万円以内のコスパ重視モデルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6129764の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6129762の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6129748の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:6129739の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 5
    アイテムID:6129735の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 6
    アイテムID:6129733の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 7
    アイテムID:6129728の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • アオリスタBB C3000HG
  • SEDONA C3000HG
  • レガリス LT2500S-XH
  • アリビオ4000
  • レブロス4000
  • レブロス 2506H-DH
  • アリビオ C3000
  • 特徴
  • その名に恥じないアオリイカ専用スピニングリール
  • 最大ドラグ9kg!全魚種を狙えるオールマイティ
  • スーパーメタル使用だから高負荷に耐えられる
  • 4号150mのライン付きだから初心者の最初の一台に最適
  • 50cmオーバーの大物狙いにも!
  • エアローター採用の小型汎用タイプのスピニングリール
  • トラブルなく飛距離を稼ぎたい初心者のエントリーモデル
  • 価格
  • 6220円(税込)
  • 6930円(税込)
  • 7777円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 7700円(税込)
  • 4730円(税込)
  • 2980円(税込)
  • スタイル
  • エギング・本流トラウト
  • ライトジギング・ショアジギング
  • アジング・メバリング
  • ライトジギング・シーバス
  • タイラバ・ジギング
  • アジング・メバリング
  • アジング・ジギング
  • サイズ
  • C3000番
  • C3000番
  • 2000番
  • 4000番
  • 4000番
  • 2500番
  • 3000番
  • 対象魚
  • アオリイカ・シーバス・トラウト
  • 全魚種
  • アジ・メバル・バス
  • カレイ・サバ・タチウオ
  • マダイ・シーバス・タチウオ
  • タチウオ・カサゴ・メバル
  • アジ・メバル・イワシ
  • 重量
  • 265g
  • 250g
  • 205g
  • 365g
  • 365g
  • 295g
  • 260g

スピニングリールの使い方

記事番号:1169/アイテムID:5406361の画像

ここでスピニングリールの使い方も確認しておきましょう。基本の仕込みはリールを買った際に釣り道具店でやってくれますが、トラブルが起きた場合や糸が古くなった場合などは自分で巻き直すことになりますよね。

 

スプールに糸を巻く方法やリールと竿のセット方法、正しい操作の仕方、投げ方が紹介されています。大事な道具ですので、正しい使い方で楽しい釣りを目指しましょう!

スピニングリールのセットの仕方・メンテナンス方法

記事をまとめていく前に、最後にスピニングリールのセットの仕方とメンテンス方法をご紹介していきます。こちらもぜひ、チェックして見てくださいね。

スピニングリールのセットの仕方

リールをセットする「リールシート」と呼ばれる部品には「クリップ式」と「スクリュー式」の2種類があり、それぞれでセット方法が変わってきます。クリップ式の場合には、ロッドのクリップ部分をまず開きます。

 

クリップを開くと、リールシートが動かせるようになるので一番うしろまでスライドさせます。その後スピニングリールの足を、リールシートに嵌め込み、スライドさせたシートを押し込んで元にもどします。あとはクリップをしっかり留めればOKです。

 

スクリュー式の場合には、まずはスクリューを目一杯緩めていきましょう。リールの足が入るスペースをつくったら、足をしっかりとリールシートに嵌め込みます。あとはスクリューを締め上げればセット完了となります。ガタつかないようにしっかりセットしていきましょう。

スピニングリールのメンテンス

記事番号:1169/アイテムID:5406356の画像

お持ちのスピニングリール、毎回メンテナンスしていますか?使い終わった後そのまま次の釣りまでしまっておくと、最悪の場合劣化して使えなくなってしまうこともあります。メンテナンスを行うと、故障を防ぎ、回転のスムーズさをキープすることができます。

 

塩分を落とすためにシャワーで上から軽く流す方法が一般的です。この際グリスやオイルまで流れてしまわないように気をつけましょう。メンテナンス後保管する際は必ずドラグを緩めて、ハンドルや逆転ストッパーも緩めて保管しましょう。

 

スピニングリールを選んだら、釣竿も合わせて購入しましょう。釣竿には、メーカーや機能性、種類など幅広い選び方があります。以下の記事では、釣竿の人気おすすめランキングを紹介していますのでぜひご覧ください。

まとめ

おすすめのスピニングリールをランキングでご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。経験を積めば自分にベストなアイテムを見つけることは簡単です。初心者の場合は、自分がどんな魚を釣りたいのかを前提にして選ぶようにしていきましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

スノーボードグローブの人気おすすめランキング15選【メンズ用からレディース用まで】

スノーボードグローブの人気おすすめランキング15選【メンズ用からレディース用まで】

スポーツ
バトミントン用グリップテープの人気おすすめランキング15選【ヨネックスも】

バトミントン用グリップテープの人気おすすめランキング15選【ヨネックスも】

スポーツ
剣道防具の人気おすすめランキング10選【初心者向けから上級者向けまで】

剣道防具の人気おすすめランキング10選【初心者向けから上級者向けまで】

スポーツ
【コスパに優れた商品も】ロードバイクの人気おすすめランキング8選

【コスパに優れた商品も】ロードバイクの人気おすすめランキング8選

スポーツ
【2021年最新版】陸上短距離用スパイクの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】陸上短距離用スパイクの人気おすすめランキング10選

スポーツ
TOPへ