【2021年最新版】エギングリールの人気おすすめランキング10選【安いものも!】

記事ID6597のサムネイル画像

エギングリールは、釣果に大きな影響を与える重要アイテム。信頼できるシマノや「エメラルダス」などが人気のダイワ、アブガルシアなどのメーカーが人気です。今回はエギングリールの中から、コスパのよい商品や上級者向けのハイエンドを紹介します。さらに、ハイギアやダブルハンドル、番手(サイズ)など選び方のポイントも説明します。

新製品の軽いエギングリールでイカを狙おう

エギングとは、古来からある漁具の餌木を進化させ、イカを狙うルアー釣りです。エギングは、ケンサキイカやコウイカなど様々なイカをターゲットとしますが、メインターゲットは高級食材として知られるアオリイカです。

 

エギングは、長時間リールの操作を続ける釣りであり、リールやタックルは軽いものを選ぶことが最も重要です。各メーカーからエギングの操作性に優れたリールが販売されています。ただ、どのエギングがいいか迷ってしまいますよね?実は正しい選び方があります。

 

そこで今回は【エギングリール】の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、サイズ(番手)・ギア比・コスパの視点からランキング形式でご紹介します。購入に迷われている方は参考にしてみてください。

エギングリールの選び方

ここでは、エギング用リールの選び方をご紹介します。

初心者向け・上級者向けで選ぶ

初心者向けと上級者向けの選び方をご紹介します。

初心者なら「価格が安い・高性能」がおすすめ

エギング初心者、ルアーゲーム用スピニングリール初挑戦の方には、まずハイスペックなリールより、コスパの良いリールで1万円以下くらいの低価格のものがおすすめです。エギングリールは年々進化し、新商品の性能はどんどん良くなっています。

 

コスパの良い低価格リールを買うことで、壊れたときに新しいモデルに変えたり、コンディションに対応できるように2台目、3台目を買えたりすることができます。 低価格のものでも軽さやギア比などのポイントをおさえて選べば、十分エギングに適したルアーを選ぶことができます。

上級者なら最強「ハイエンドモデル」がおすすめ

ルアーゲームの経験が長い方、エギングに慣れている上級者は、シマノとダイワがしのぎを削って開発している最高級機「ステラ」「イグジスト」がおすすめです。これらのハイエンドリールは使い心地はもちろんのこと、所有する喜びを与えてくれます。

 

しかし、エギング専用で使う場合、ミドルクラスの「18エメラルダスAIR」でも、性能も申し分なく軽く使い心地の良い高コスパリールもおすすめです。下記の記事では、電動リールについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

メーカーに合わせて何番がいいか選ぶ

リールの番手が小さいとラインがたくさん巻けないし、大きいと重たくて釣りにくいです。ダイワとシマノは何番手かご紹介します。

ダイワなら「LT2500~3000C」がおすすめ

エギングではダイワなら2500〜3000番のスピニングリールを使用します。リールの大きさは500番刻みで大きくなります。ダイワであれば2500番±500番くらいで自重200g程度が適したエギングリールでしょう。

シマノなら「2500~3000」がおすすめ

シマノも2500〜3000番のスピニングリールを使用します。リールの大きさは500番刻みで大きくなります。シマノであれば3000番±500番くらいで自重200g程度がエギングに適したリールと言えます。

 

エギングリールでもっとも重要とされるのが、軽さです。キャストと激しいロッドアクションを繰り返すエギングでは、軽さは大きなメリット。 軽快にロッドをシャクれ、疲労も軽減されます。ロッドとの相性もありますが、リールは軽いものがいいでしょう。

ギア比で選ぶ

スピニングリールのギア比に関しては、大きく分けてハイギアとノーマルギアの2タイプです。釣り方や好みに合わせてモデルを選びましょう。

ラインスラックの回収力なら「ハイギア」がおすすめ

エギングリールの場合、ラインスラックの回収が速いハイギアが好まれる傾向にあります。しかし、アクション中にラインを巻きすぎ、エギの移動距離が大きくなってしまうというデメリットもあります。メリットとデメリットを考えて選んでみましょう。

ラインを巻きすぎたくないなら「ノーマルギア」がおすすめ

標準的な巻き量のノーマルギアは、巻きすぎてエギを引っぱってしまうミスが少なくなるのがメリットです。ハイギアに比べて巻きが軽い傾向があります。安いモデルから選ぶならノーマルギアがおすすめです。

 

ただしノーマルギアを表す型番記号は無いので、番手を表す数字の後ろにHGの記載が無いものを選びましょう!

ハンドルで選ぶ

エギングリールのハンドルには、ノブが1つだけ付いたシングルノブタイプや、2つ付いたダブルハンドルタイプが存在します。それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

軽い力で回したいなら「I字型平ノブ付きシングルハンドル」がおすすめ

シングルノブタイプ、特にI字型と呼ばれる平ノブタイプは、親指と人差指でつまむことができます。つまんでから手首の回転によって、リールハンドルを回すことができるため、軽い力でハンドルを一定に回すことができます。

 

加える力が小さいので、ロッドが揺れてしまうことを抑えることができ、それによってアオリイカからの信号をとらえやすくなります。また加える力を抑えることで、アングラーが疲れるのを防ぐ役割も果たしてくれるのも嬉しいです。

 

しかし、もし巨大イカが掛かった場合、シングルノブタイプはハンドルを指でつまんで回すことしかできないため、力強く巻き取って引き寄せるのが難しいという点に注意が必要です。

力をかけるなら「ラウンドノブ付きシングルハンドル」がおすすめ

巨大イカが掛かったときに有効になるのが、平ノブ部分を球型に換えたラウンドノブタイプのシングルハンドルです。ラウンドノブなら指でつまむのではなく、手の平でつかむことができます。そのため、その分大きな力でハンドルを回すことができます。

位置の確認しやすさなら「ダブルハンドルタイプ」がおすすめ

エギング専用モデルのスピニングリールはダブルハンドルモデルが主流です。その理由として、ダブルハンドルはしゃくった後にハンドルが勝手に回らず、止めたい場所で止められること、アタリがきた時にハンドル位置が確認できるので動作が遅れません。

ラインで選ぶ

様々なメーカーから発売されているエギングラインは、見た目がほとんど変わらないため、どれを選んだらよいか判断が難しいもの。以下の選び方のポイントを参考にしてください。

風の影響が少ないなら「PEライン」がおすすめ

エギングラインの種類は、PEラインが主流です。PEラインは細くても強度があり、伸びが少ない特徴があります。エギングリールに巻くメインラインはPE0.5号〜0.8号ぐらいで最低でも150m程巻きましょう。リールに記載してある巻き量も併せてチェックして選びましょう。

 

風が強い場合は細めのPEラインにすると風の影響が少なくなりますので、替えスプールやリールをもう1台用意し太めと細めを状況合わせて選びましょう。浮力が強い太めのラインを使って、わざと潮に流すこともできます。下記の記事では、PEラインについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

アタリを追いたいなら「PEラインの目立つ色」がおすすめ

エギングでは、アタリをPEラインの微妙な動きの変化でとりますので、ラインの色は見やすいピンクやオレンジなどのカラーがおすすめです。また、一定のメートルごとに色分けされたマーキング付きラインもおすすめです。

 

夜釣りをすることが多い人は、蛍光系のカラーも目立つのでおすすめです。下記の記事では、ナイロンラインについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

スプールがシャロースプールなら「番手前にSがあるもの」がおすすめ

エギングリール選びでは、スプールがシャロースプール(浅溝)かどうかも確認しておくと良いです。エギングではPEラインの0.8号を中心とする細い号数を使用することが多いので、糸巻量が少ないシャロースプールが適しています。

 

選ぶ際には、「3000S」のように、番手のあとにシャロースプールの頭文字「S」が記載されているかをチェックしましょう。一方、ダブルハンドル搭載なら100%シャロースプール搭載されています。

獲物で「タックルの組み合わせ・カスタムを変える」のがおすすめ

エギング釣りはどのタックルを組み合わせるかによって釣る事ができるイカや量が変わってきます。そのため実際にエギングリールを選ぶ際には、タックルの組み合わせにも注目してみましょう。

メーカーで選ぶ

国内には30社以上の釣具メーカーが存在しますが、その中でもダイワとシマノは人気を二分する国内トップシェアの釣り具メーカーです。

リール・ドラグ性能なら「シマノ」がおすすめ

シマノは設立1940年、大阪に本社を置くアウトドアスポーツ用品のブランドで、特に釣り具や自転車部品は世界中にその名前を知られています。自転車部品メーカーとして名高いシマノはギアの精度が非常に高く、どのクラスのリールでも巻き心地が良いものが多いです。

 

さらに、高い金属加工技術やカーボン製造技術を持っていて、シマノの釣具は耐久性に優れているのが特徴です。エギングではドラグの調整が重要ですが、シマノのドラグは滑らかなので、不意にでかいイカが来てもしっかりとドラグが効いてラインを送り出してくれます

 

過酷な状況下や長年安心して使えるので、釣りに慣れていない初心者からベテランアングラーまで人気のメーカーです。シマノのリールの人気おすすめランキングは下記の記事が詳しくなっているので合わせてご覧ください。

リールと合わせて釣具用品を求めるなら「ダイワ」がおすすめ

ダイワは創業1958年、東京に本社を置く釣種や製品カテゴリーを問わず、数多くの製品を手掛ける釣具メーカーです。シマノに並び国内2大総合釣具メーカーのひとつになります。エギングにおいても幅広い商品が揃っています。

 

エキスパート向けのエギング専用リールからさまざまな釣りに対応できる汎用品まで、多くのモデルを展開しているのが魅力です。ダイワはいち早くエギング専用タックルを発売したメーカーであり、エメラルダスはエギングにおいて中核的ブランド。

 

エギング専用リールのエメラルダスは、軽量コンパクトなボディにダイワの独自テクノロジーを搭載した人気モデルです。高品質なエギング専用リールとして多くのエギングファンの支持を得ています。ダイワリールの人気おすすめランキングは下記をご覧ください。

日本人向けなら「アブガルシア」がおすすめ

初心者におすすめなのが「アブガルシア(Abu Garcia)」のリール Cardinal STX2500SD。初めて使う人でもちゃんと扱うことができると評価も高いです。特にスプールサイズや回転力、デザインを日本規格に抑え、日本人向けに作られているのも魅力的です。

自重は「軽い」ものがおすすめ

エギングのリールは軽いものがおすすめです。何度もロッドアクションを繰り返すことを想定して軽いリールにしておけばそれだけ負担を軽減できます。しゃくるのもしやすく、手感度も上がります。

最新リールを求めるならダイワの「ルビアス」に注目

ダイワから、5年ぶりにリニューアル新発売された「ルビアス」は、ZAIONモノコックボディ採用で超軽量なリールとして大注目されています。上位機種のイグジストと遜色ないと言われています。

 

初心者には高価なリールですが、マグシールドで耐久性もあるので、選んでも損はないでしょう。

エギングリールの人気おすすめランキング10選

10位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 18 イグジスト LT2500S-XH-DH (2018モデル)

ダイワの最高峰!イグジスト

2018年ダイワの60周年と合わせて、モデルチェンジを行い変貌を遂げた「18イグジスト」は、シマノのステラに並ぶスピニングリールを代表するハイエンドモデルです。「ダイワスピニング60年の技術の粋を結集して生まれた18EXIST」がキャッチコピー。

 

ダイワの小型スピニングリールの新基準LTを中心にダイワ独自の最先端技術を搭載し、重量も巻き心地も今までにないほど軽く、是非とも手に入れたい上級者におすすめの逸品です。

ギア比 5.2 標準自重(g) 190
標準巻糸量 PE(号-m) 0.6-200 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 73

口コミを紹介

3ヶ月ほど使い、マルスズキ50~75cmを20本程度、ヒラスズキ45~70cmを10本程度獲っての感想として、巻きの軽さと滑らかさは、購入時からほとんど変わらず。XHなのにストラクチャからヒラスズキを引きずり出す際も巻きが重くなりすぎないのは、大口径ギアの恩恵なのだろうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

シマノ(SHIMANO)

スピニングリール 18 ステラ C3000SDH エギング

シマノの最高峰!ステラ

ギアの巻き心地に徹底的にこだわって開発された高品質リールです。14ステラから4年ぶりにフルモデルチェンジを果たした18ステラから新たにエギング用として待望のハイギア×ダブルハンドル仕様の「C3000SDHHG」が追加されました。

 

高額な製品ですが、ユーザーの満足度は非常に高いです。デザインも、シルバーを基調とし、ゴールドをアクセントにしたシックながらも高級感に溢れたデザインになっています。エギングに限らず、ルアーゲーム上級者を満足させる間違い無しのリールです。

ギア比 5.3 標準自重(g) 215
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8-150 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 78

口コミを紹介

18ステラC3000SDH HGエギング用に購入しました(о´∀`о)早速箱から出してマキマキすると静かでヌメヌメ(^o^)大当たりです。賈って良かった(ノ´∀`*)

出典:https://review.rakuten.co.jp

8位

シマノ(SHIMANO)

スピニングリール 17 サハラ 2500HGS

シマノのコスパ最強満足リール

「サハラ」は人気のシリーズで、中でも2500HGSは耐久性が高く動力を無駄にしないため疲れにくい仕様で、淡水・海水のどちらでも使用可能でゲームの幅が広がります。軽快なリーリングと力強い巻き上げを可能にするクロスシップ構造で、巻き心地がスムーズ。

 

AR-Cスプールが搭載されているので、キャスティング時の飛距離アップ・ライントラブルフリーで快適に釣りを楽しむことができます。お手頃価格なリールながらも、高スペックなリールですので、エギング入門者にはぜひ、おすすめです。

ギア比 6.2 標準自重(g) 250
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8-150 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 91

口コミを紹介

エギング用に購入!初のハイギアでしたが使いやすくて良いです。PE0.8を150m巻き、エギングロッドでのスーパーライトショアジギング(5〜20g)を楽しんでいます。0.8でも良く飛びますし、エギング、スーパーライトショアジギングで1番バランスが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 15 レブロス 2506H-DH

安いのにコスパ最強!ダイワのレブロス

ダイワの「レブロス」は、優れた回転性能と軽さでジャンルを問わず快適に使える小型汎用スピニングリールです。淡水ではバスやトラウト、海では堤防や磯でのエサ釣りからルアーフィッシングまで幅広く活躍してくれます。

 

幅広いターゲットや釣り方に対応できるため、どんなリールを選べばいいか分からない初心者にもおすすめです。また、ダイワの洗練された数々の技術が詰まったリールなので、ターゲットに応じてタックルを使い分けたいベテランにも、幅広いラインアップです。

ギア比 4.8 標準自重(g) 270
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8-130 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 72

口コミを紹介

非常にかっこいいリールです。使いやすいです。ちょっと重いかなぁ〜。
ダイワのリールですから、繊細で機敏でブレは一切無い。この価格なのが不思議なくらいの素晴らしいリール。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

シマノ(SHIMANO)

スピニングリール 19 ストラディック 2500S

史上最高スペックの汎用スピニングリール

シマノの「ストラディック」が今年フルモデルチェンジをして、ミドルクラス史上最もハイスペックなスピニングリールとして発売されました。マイクロモジュールギア2、Xプロテクト、ロングストロークスプールなど、シマノの目玉技術が詰め込まれたリールです。

 

マイクロモジュールギア2とサイレントドライブの相乗効果により、巻き心地の良さはミドルクラスの中では最高級です。

ギア比 5.3 標準自重(g) 220
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8-150 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 78

口コミを紹介

素晴らしいリールです。使用感は抜群に良い‼️

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 18 カルディア LT2500S-XH

軽さを代表するダイワのカルディア

ダイワの軽量モデルとして人気の「カルディア」は、LTコンセプトに基づき設計されているため、ボディ・スプール・ハンドルを細部まで徹底的に軽量化し、耐久性はマグシールドに加え、タフデジギアを搭載することで、長期間の使用や過酷な環境にも対応しています。

 

ツイストバスターIIが搭載され、糸寄れを大幅に軽減してくれます。また、エアベールと呼ばれるベール形状のおかげで、糸が絡みにくい構造になっています。ボディには、マグシールドやATDだけでなくダイワの技術を惜しみなく搭載し、洗練されたデザインです。

ギア比 6.2 標準自重(g) 185
標準巻糸量 PE(号-m) 0.6-200 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 87

口コミを紹介

まず巻き心地ですが非常に滑らかですが多少ダイワっぽい引っかかりのような感覚はあります。この値段なら素晴らしいと思います。ドラグ性能ですが1.6キロのアオリイカをかけましたがとても安心してファイト出来ました。エメラルダスを使ってましたが全然こちらのほうがいいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ダイワ(DAIWA)

ダイワ 18 エメラルダス エア LT3000S-CXH-DH

ダイワ エメラルダスシリーズの最上位機種!

ダイワの「エメラルダスAIR」は、LTコンセプトに基づき設計されているため、ボディ・スプール・ハンドルを細部まで徹底的に軽量化し、心臓部であるギア・ボディの剛性を向上により、軽快な操作が可能となった本格派エギングリールです。

 

小型スピニングリール新基準「LT」に加え、様々な最新機能を搭載しています。エギング専用機種のため、ラインナップは2種類のみ。とにかく軽く「AIR感が半端ない!」と話題の商品です。

ギア比 6.2 標準自重(g) 195g
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8‐200 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 93

口コミを紹介

エギングでインターラインの竿を試してみたくてエメラルダスAIR一式を揃える目的で購入しましたが、このリールは本当に素晴らしいです。
軽さ、巻き心地、異音の無さ、ガタの無さ、美しいデザインとカラーリング、どれを取ってみても非の打ち所が見当たりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

シマノ(SHIMANO)

スピニングリール エギング 17 セフィア CI4+ C3000SDH HG

シマノ エギング最高峰モデル

シマノの「セフィアCI4⁺」はエギング最高峰モデルです。エギングリールで最も重要な軽さを、シマノ独自素材 CI4+をボディ&ローターだけでなくハンドルにも採用することで軽量になり、コアプロテクトにより耐久性も向上し、ライト&タフを実現しています。

 

NEWマグナムライトローターを搭載することで、新次元の巻上げの軽さを実感できます。

ギア比 5.0 標準自重(g) 195
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8-150 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 73

口コミを紹介

届いて手にした瞬間軽い!と思いました。
しゃくり続けられる時間が長くなるので必ず釣果に繋がると思います。
トラブルも無いので、むしろ初心者や女性にもおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シマノ(SHIMANO)

シマノ 19 セフィアSS C3000SDH

シマノのエギングリール最新モデル

シマノのエギングブランドの最新モデル「19セフィアSS」は、ハイエンドモデルに迫る充実の技術が詰め込まれたリールです。赤×ブラック×シルバーというマットなカラーリングが目を引きます。

 

また、モデルチェンジをしたことでロッドとの一体感が向上し、軽快なジャークとフォールやステイ時のロッドの安定感をサポートしてくれます。実売価格は2万円台まで抑えられており、コスパの高いエギングリールを探している方におすすめです。

ギア比 5.0 標準自重(g) 220
標準巻糸量 PE(号-m) 0.8-150 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 73

口コミを紹介

気に入った点は、基本性能が17セフィアCI4⁺とほぼ同等になった事。約1万の違いは、CI4⁺がローターのみで25g重いのとSA-RBベアリングが2個少ない点かな?ベールがチタン化されたとこも17セフィアCI4⁺と同等になり評価出来る点ではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 19 エメラルダス LT2500S-H-DH (2019モデル)

エギングリールといえば!王道ダイワのエメラルダス

ダイワのエギングブランドとして人気なのが、2005年に世界で初めてエギング専用タックルとして誕生した「エメラルダス」です。エメラルダスは、ボディ・スプール・ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわりと、リールの心臓部となるギアが魅力。

 

そして、それを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ、エギングをより快適に楽しむためのリールになっています。

ギア比 5.3 標準自重(g) 240
標準巻糸量 PE(号-m) 0.6‐200 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 75

口コミを紹介

X86MLロッドと合わせて買いましたが、扱いやすくていい感じです!

出典:https://www.amazon.co.jp

エギングリールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7692146の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:7692143の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:7692140の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:7692137の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:7692134の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 6
    アイテムID:7692131の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 7
    アイテムID:7692128の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:7692125の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 9
    アイテムID:7692122の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 10
    アイテムID:7692119の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • スピニングリール 19 エメラルダス LT2500S-H-DH (2019モデル)
  • シマノ 19 セフィアSS C3000SDH
  • スピニングリール エギング 17 セフィア CI4+ C3000SDH HG
  • ダイワ 18 エメラルダス エア LT3000S-CXH-DH
  • スピニングリール 18 カルディア LT2500S-XH
  • スピニングリール 19 ストラディック 2500S
  • スピニングリール 15 レブロス 2506H-DH
  • スピニングリール 17 サハラ 2500HGS
  • スピニングリール 18 ステラ C3000SDH エギング
  • スピニングリール 18 イグジスト LT2500S-XH-DH (2018モデル)
  • 特徴
  • エギングリールといえば!王道ダイワのエメラルダス
  • シマノのエギングリール最新モデル
  • シマノ エギング最高峰モデル
  • ダイワ エメラルダスシリーズの最上位機種!
  • 軽さを代表するダイワのカルディア
  • 史上最高スペックの汎用スピニングリール
  • 安いのにコスパ最強!ダイワのレブロス
  • シマノのコスパ最強満足リール
  • シマノの最高峰!ステラ
  • ダイワの最高峰!イグジスト
  • 価格
  • 18,800円(税込)
  • 20,144円(税込)
  • 28,600円(税込)
  • 28,360円(税込)
  • 20,320円(税込)
  • 17,855円(税込)
  • 23,000円(税込)
  • 6,258円(税込)
  • 68,880円(税込)
  • 65,120円(税込)
  • ギア比
  • 5.3
  • 5.0
  • 5.0
  • 6.2
  • 6.2
  • 5.3
  • 4.8
  • 6.2
  • 5.3
  • 5.2
  • 標準自重(g)
  • 240
  • 220
  • 195
  • 195g
  • 185
  • 220
  • 270
  • 250
  • 215
  • 190
  • 標準巻糸量 PE(号-m)
  • 0.6‐200
  • 0.8-150
  • 0.8-150
  • 0.8‐200
  • 0.6-200
  • 0.8-150
  • 0.8-130
  • 0.8-150
  • 0.8-150
  • 0.6-200
  • 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転)
  • 75
  • 73
  • 73
  • 93
  • 87
  • 78
  • 72
  • 91
  • 78
  • 73

状況の違いによって最適なスピニング(spinning)リールを

多くの釣りで使用されているスピニングリールは、釣りの成果に影響を与える重要アイテム。ダイワやシマノなどのメーカーからリールが出ていますが、釣り方や狙う魚、使用するラインやギアによって適切なものが異なります

 

自分の釣りのスタイルに合わせてスピニングリールを選びましょう。スピニングリールの人気おすすめランキングはこちらが詳しくなっています。また、ベイトリールについての記事も併せてご覧ください!

まとめ

ここまで、おすすめのエギングリールをランキング形式で10選ご紹介しましたがいかがでしたか。エギングリールを選ぶうえで重要なのは、軽さです。リールの軽さでアオリイカの釣果のすべてが決まるわけではありませんが、快適なエギングを楽しむことができます。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

2021年最新版】投げ竿の人気おすすめランキング20選【ダイワ・シマノも紹介!】

2021年最新版】投げ竿の人気おすすめランキング20選【ダイワ・シマノも紹介!】

釣具
トラウトリール人気おすすめランキング15選【使い分けがカギ】

トラウトリール人気おすすめランキング15選【使い分けがカギ】

釣具
【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
【2021年最新版】シーバスリールの人気おすすめランキング21選【多数の番手掲載】

【2021年最新版】シーバスリールの人気おすすめランキング21選【多数の番手掲載】

釣具
【2021年最新版】アジングロッドの人気おすすめランキング19選【初心者向けも】

【2021年最新版】アジングロッドの人気おすすめランキング19選【初心者向けも】

釣具
【2021年最新版】ハンドルカバーの人気おすすめランキング17選

【2021年最新版】ハンドルカバーの人気おすすめランキング17選

カー用品