電動リールの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!】

記事ID1162のサムネイル画像

釣り糸を自動で巻き上げてくれる電動リールは、フィッシングの中でも特に沖釣りには欠かせないツールです。そんな電動リールのおすすめをランキング形式でまとめました。このランキングがあなたの電動リール選びのヒントになれば幸いです。

電動リールで快適なフィッシング

電動リールとは、リール本体内部に電動モーターを搭載し、釣り糸の巻き取り作業を自動で行うことが出来るリールです。手巻き式と違って手返し(仕掛けを回収して、次の仕掛けを投入するまでの一連の動作)が良く、疲労の軽減が図れるのがメリットです。

 

電動リールは狙う魚や、ポイントの水深によって最適な「番手」を選ぶ必要があります。小魚を狙ったライトゲーム向けの300~400番手、中小型魚や小さい青物を狙う800番手、5~6キロクラスを難なく釣り上げる1000・2000番手、10キロ超えを狙う3000番手~などがあります。

 

この記事では電動リールを「力強さ」「使いやすさ」「コスパ」の3つの観点で評価しました。

電動リールの人気ランキング15選

高性能なワカサギ電動モデル

新型モーターを搭載した、パワーと耐久性に優れたモデルです。液晶パネルには10センチ単位で水深を表示してくれるので、アタリがあった深さを把握しやすいです。ラインストッパーを使えばアタリの層で仕掛けを止めることができます。ボディ側面について巻き上げスイッチは、押下する長さで「ちょい巻き」「連続巻き」の切り替えが容易にできます。スプールはV字状になっており、ラインの均一な巻き取りとスムーズな放出を可能にしています。作動音が静かで、軽いシンカーでもよく沈むとレビューでも評判です。初心者からベテランまで幅広い層におすすめです。

力強さ D 使いやすさ B
コスパ C

口コミを紹介

マウス型~のバージョンアップで購入。一台は、某釣具屋で購入。二刀流の為もう一台と思い、どこよりも一番安いAmazonにて購入決定。

出典:https://www.amazon.co.jp

レッドボディが美しいワカサギリール

ボディは支点が浮かない3点で固定する形状で、低重心設計になっているためリール台の上などでしっかり安定するのが特徴です。巻き上げスピードは6段階あり、デジタルで大きく表示されるので現在の状況が把握しやすくなっています。ラインストッパーやスプールホルダーが備えられておりトラブルフリーで釣りに集中できます。軽量に作られているのでワカサギの引きが手に伝わりやすいのも嬉しいですね。水深計がついているためアタリがついた層を掴めるのは大きなメリットです。操作も簡単で初心者の方にもおすすめできるアイテムです。

力強さ D 使いやすさ B
コスパ C

口コミを紹介

ワカサギ釣りに最適化された最高の製品です。

強くお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

誘って食わせる攻めのスタイル

電動リールの小型化を突き詰め、業界最小クラスのボディと400グラムを下回る軽さを実現しています。内部にはパワフルモーターを搭載し、コンパクトな外観からは想像できない、400番手の域を超えるパワフルな駆動を生み出します。片手で全ての操作が行えるダイアル式ボタンによって、手巻きリールの本域であった「攻めるフィッシング」を電動リールでも可能にしました。初心者にも扱いやすく、ライトゲームを本当に面白くしてくれる製品です。太刀魚やマガレイ釣りなどに向いていますが、やや大きめの真鯛、ワラサ、イサキなどにも使えます。

力強さ C 使いやすさ B
コスパ D

口コミを紹介

コンパクトで軽い! 凄く気に入ってます!

出典:https://www.amazon.co.jp

ライトゲームにおすすめ

軽くてコンパクトなので一日持っていても疲れない上に、クラッチの切り替えなどが片手で出来るため手返しが良く、非常に扱いやすいモデルです。巻き上げ速度は速いですが、低速モードによる持久戦も得意です。太刀魚や電動タイラバのほか、幅広いターゲットを相手に高いパフォーマンスを発揮します。アタリが出た水深を記録し、同じ水深まで来るとアラームが鳴る「棚メモ」機能も便利で、慣れないポイントでも釣果が安定しやすくなります。水深50~60m程度のアジやサバ、太刀魚釣りなどにはピッタリの商品です。音も静かとレビューでも好評です。

力強さ C 使いやすさ B
コスパ C

口コミを紹介

子供用に軽い電動リールが必要になり購入しました。pe4号を巻いて真鯛の半日船に乗りましたが見た目もカッコよく、音が静かで必要十分なパワーと思いました。唯一プレイズ1000と比較して棚タイマーが省略されていたのが残念でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

手巻きリールのようなコンパクトさ

手動リール並みの小型ボディに、電動リールのパイオニアであるダイワ社のノウハウを詰め込まれた逸品です。モーターにはハイパワーを生み出すマグマイト構造のブリッツモーターを使用し、オートドラグシステムで魚の動きに合わせたライン引き、そして左右に糸を振りながら巻き取るシンクロレベルワインドの効果で、150番手というクラスを超えた活躍をしてくれるでしょう。アジや小型の青物などライトゲームはもちろん、やや中型の太刀魚やヒラメ、イサキなどとも対等に渡り合えるスペックを持っています。まさに電撃のように、素早く獲物を捉える電動リールです。

力強さ C 使いやすさ B
コスパ B

口コミを紹介

レオブリッツ300を太刀魚用に2回程使いましたが、少し重たく感じましたので、約100g軽い150Jを買い、加太へ落とし込み釣りに行き、71㎝の真鯛をゲットしました。電源プラグ、操作性も同じで、釣力にも問題無く、楽々と釣りを楽しむことが出来ました。更に、サイズアップ?は有り得ませんが、近日中の釣行を予定しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

電動ライトゲームの決定版

従来はリールの右上にあったパワーレバーをセンターに配置し、直感的なダイヤルタイプに変更しています。これによりロッドを持っている手の親指のみで、細かな操作が正確にできるようになりました。ドラグは魚の動きに合わせて、安定した巻き取りが可能なオートマチックドラグシステム(ATD)を採用しています。巻き取りをATDに任せることにより、アングラーはロッドアクションに集中できます。さらに巻き取り時にはラインを左右に動かしながら、均一に回収していく(シンクロレベルワインド)ので釣り糸が傷まず、キャストした際もスムーズに射出できます。

力強さ B 使いやすさ B
コスパ B

口コミを紹介

コンパクトで使いやすいが、ふざけたことに取説が添付されていない。使う前にダイワのホームページからダウンロードしろと言う。オープン価格のリールならともかく、横着が過ぎるだろう。リールの良し悪し以前の問題で星一つマイナス。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトかつ軽量モデル

545グラムの軽量ボディに小柄なサイズ、ワンハンドで扱える「JOGパワーレバー」を搭載した非常に取り回しのよいモデルです。ラインキャパシティも十分な300番手ですが、ブリッツモータを採用することにより、そのクラスでは有り余る駆動力も備えています。オートマチックドラグシステム&シンクロレベルワインド機能によってスムーズな滑り出しと巻き取り性能を実現しています。サイズの割にはパワーがあり扱いやすいので、ライトな深場や100m以下のアクティブなフィッシングを好む方や、初心者の方にもおすすめできる商品です。

力強さ B 使いやすさ B
コスパ B

口コミを紹介

サイズの割にパワーがある電動リールを探していたので、値打ちなリールが見つかり良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

扱いやすい汎用型リール

アジや青物釣りに向いている800番手ですが、ハイパワーエンジン「MUTEKI MOTAR」を搭載していますので力不足の心配は無用です。各ポイントでの水深を上方向、横方向のどちらでも表示できるので、棚取りがしやすいのも特徴です。また電動停止やクラッチボタンが押しやすい配置になっているので、食わせる間をとったり、咄嗟のバイトやリールへの高負荷に柔軟に対応できます。海水への耐性も万全なので、適切なメンテナンスで長く使うことが出来ます。作動音が気になるというレビューもありますが、価格的にも初心者の最初の電動リールとしておすすめできます。

力強さ A 使いやすさ B
コスパ B

口コミを紹介

最大巻上力49キロ
最大巻上速度190メートル
ドラグ10キロでこのコストパフォーマンスは最高

出典:https://www.amazon.co.jp

パワー型ベーシックタイプ

小型ながら、パワフルなトルクを生み出すバランス型電動リールです。ロープロファイル化された設計でコンパクトなボディを実現し、片手でクラッチの切り替えが出来るなど操作性にもこだわりのある手返しのよいモデルです。心臓部に搭載された「MUTEKI MOTOR」により、最大巻上力49Kgと1000番手では破格のパワーを秘めています。そしてカーボンクロスワッシャーにより滑らかで柔軟性のある巻き取りが可能になっています。棚底の水深をメモリー出来たり、好きなアングルで表示させることができるなど、プレイヤーへの細かい気遣いも嬉しいですね。

力強さ A 使いやすさ B
コスパ B

口コミを紹介

トルクもあり、10kgくらい青物でも問題なくあがりました。
10回以上釣行しましたが、発熱も少なくトラブルはありません。
エントリーモデルの価格帯ですが、十分だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者に易しいエントリーモデル

ボタン一つでコントロール可能なプレミオ3000が新たな技術を搭載してリニューアルされました。視認性に優れた水深カウンター、マニュアルいらずのシンプル操作、リールにかかる負荷に合わせて一定の速度でラインを巻き上げる「楽楽モード」など初心者向けの性能は以前にも増して充実しています。他にもスローモードでのライン回収やメモリーバックアップ機能、滑らか船ぶち自動停止モードなどのオプションも万全です。お求めやすい価格にシマノ社らしさが詰まった、良い商品です。入門機として選ぶ一台目には最適と言えます。

力強さ B 使いやすさ B
コスパ A

口コミを紹介

太刀魚にはデカイ。腕疲れます。カサゴ釣りに使用。超カンタ操作でわかりやすい。電気リール最安値。入門機です。

出典:https://www.amazon.co.jp

300サイズの枠を超えたパワー

かつての名器「シーボーグ 300MJ」が、現代のテクノロジーを搭載した最新版としてリニューアルされました。パワフルな動作を支える「マグマックスモーター」、高耐久・防水技術「マグシールドボールベアリング」、ギアの簡易切り替え「メガツインプロ」など、新技術は数えだすとキリがありません。数多のバトルを繰り広げてきたプレイヤーたちの生の声を集約したこちらのモデルは、多くの船釣り師たちの希望となってくれるでしょう。近海の馴染みの獲物たちから、憧れの大物まで対等以上に渡り合えるスペックをもった逸品です。

力強さ A 使いやすさ A
コスパ B

口コミを紹介

200グラムの電動ジギングで問題なく青物釣りが楽しめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

パワー強めのバランスタイプ

大きめの青物やイカから、中深場のキンメ・ムツまで幅広いターゲットを狙えるバランスの取れた500サイズです。手持ち・置き竿どちらのスタイルでも快適な操作が可能なJOGレバーを採用し、ドラグには滑らかに作動するATDを装備を搭載しています。そして本体中心部に備えられたマグマイト設計のブリッツモーターが心臓として、パワフルな動作と高いパフォーマンスを支え続けます。モーター音が大きいという従来のダイワ製リールのイメージを払拭した静かな動作音も人気の秘密です。投入速度も向上するので使いやすい製品と言えるでしょう。

力強さ B 使いやすさ A
コスパ A

口コミを紹介

早速日本海でウキメバルと ソイ釣りに行ってきました 前のリールでしたら 最大にしても少し物足りなかったのが レオブリッジにより 最大にしなくても ソイの 3 km オーバーが 何の問題もなく上がってきました

出典:https://www.amazon.co.jp

スピードを重視したバランス型

従来ベーシックな性能であった3000番手に、更なるスピードが加わったのがこちらのモデルです。耐久性・耐熱性に優れたカーボンクロスワッシャーを採用することで、ラインの滑り出しを著しく向上させ、高速回収が可能になっています。またベアリングを随所に搭載し、わずか3グラムという釣底負荷でリールが回転するので、圧倒的な速さでタナ取りが出来ます。中深場など巻き取りの速さがモノを言う環境で、抜群のパフォーマンスを発揮してます。船べりで簡易的に魚群を確認できる魚探「深見丸」対応し、釣果に大きく貢献してくれます。

力強さ A 使いやすさ A
コスパ B

口コミを紹介

素晴らしいリールです。
先ずは与那国島でつかいます。
楽しみだー

出典:https://www.amazon.co.jp

電動パワーゲームの更なる「深み」へ

シマノ社の定番「フォースマスター」のマックスモデルです。前作の同モデルから大幅にパワーを向上させてリニューアルされました。ボディに高い剛性を持つ「HAGANE」を採用し、放熱性と耐久性を高いレベルで兼ね備えています。そこに同社の特殊技術である「ヒートフリーシステム2」も相まって深場での長期戦でもモーターを停止させることなく、安心して大物と渡り合える信頼性を実現しているのです。視認性・操作性に優れた「ファインドットLCD」、魚群探知機「深見丸」対応などのオプションも充実した本モデルは、アングラーたちを新たな戦いに導きます。

力強さ A 使いやすさ B
コスパ A

口コミを紹介

購入はしたけど、このリールの出番はこれからです。
早く、相模湾にキハダが回ってこないか待ち遠しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

大物と渡り合える十分なパワー

シマノ社の定番シリーズ「フォースマスター」の、中深場や泳がせ釣りを得意とする6000モデルです。最大巻き上げ力は69キロと必要にして十分な力強さを備えているので、3~5キロ程度のカツオやキメジでは物足りないでしょう。「掛けた獲物は確実に獲る」というコンセプトに沿ったヒートフリーシステム2で、万が一のトラブルも防ぎます。船縁で魚影を確認できる魚群探知機「深見丸」にも対応しており、パワーだけでなくオプションスペックも優秀です。渋さが光るガンメタルカラーと丸く収まったフォルムも美しいですね。これなら安心してファイトできます。

力強さ A 使いやすさ B
コスパ A

口コミを紹介

夏の相模湾 「キハダ・カツオ」用に購入。ライトキンメにも対応でき、ドラグ性能の高いものをということで購入。同じシマノのビーストマスター6000は勿論、ダイワのシーボーグ750MTより安価でなんといっても、アキュフィッシュ対応の探検丸親機搭載船なら、海底・魚群水深表示機能があることが決定要因でした。このリールでは反対側の人がパワー負けしてラインを出してくれるので取り込み確率が格段に上がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

電動リールの選び方

ここまで電動リールのおすすめをまとめましたが、自分に合ったものは見つかりましたでしょうか。電動リールの選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

力強さで選ぶ

憧れの大物や、深海に潜む怪魚を釣り上げるのは釣り人のロマンですね。そんな夢をかなえるには、ハイパワーな電動リールのサポートが必要不可欠です。

パワフルなトルクが必要な大型サイズ

電動リールは番手が大きくなるほど、より深い場所でより大きい獲物を釣り上げるため、扱える糸の太さと糸の量も大きくなります。そのためサイズの大きいリールは必然的に強いパワーを備えてなければいけません。大は小を兼ねるというように下のクラスの糸も当然使えるので、対応できるターゲットは多いです。ただあまりにライト層のゲームでは取り回しの面から不向きでしょう。

高出力モーター搭載の中型サイズ

番手1000前後の中型電動リールでも、モーター性能自体は上のクラスに匹敵するものもあります。電動リール本体の大きさは3000以上のそれよりはやや小ぶりなので、本域である中深場より浅いエリアはもちろん、大型リールの範疇である深場や大物相手にもある程度対応できるので、使っていけるポイントの範囲はかなり広いと言えるでしょう。

使いやすさで選ぶ

電動リールの利便性が高いと、よりフィッシングに集中でき釣果も上がるでしょう。軽量で取り回しがよいものや操作性が良いもの、情報量が多いものなど様々なタイプがあります。

ダイヤル式パワーレバー搭載モデル

クラッチ切替え・棚の切り直し・アタリ合わせ・巻き上げなど、船釣りにおいて咄嗟の状況で求められる動作は多岐にわたりますが、片手で直感的にそれら全てに対応できるのがこちらのタイプです。片手が完全に空くので、ロッドの持ち換えなどの予備動作がスムーズに行え、獲物との駆け引きを純粋に楽しんでもらえます。

釣りが楽しくなる魚探対応モデル

魚の群れをサーチできる魚群探知機「深見丸」に対応し、船ぶちで使うことが出来るのがこちらのタイプです。あらかじめ遊漁船に親機が搭載されていることが条件ですが、魚探映像・リール水深・誘い幅などを釣り座に居ながら確認できるのは非常に大きなメリットですね。情報を駆使した、緻密かつアクティブなフィッシングを楽しむことが出来ます。

アクティブに使える軽量モデル

電動リールは手動型に比べて構造が複雑なので、大型で重たくなりがちですが、手動リールほどコンパクトかつ軽量に設計されたモデルもあります。手動リールの機動性を活かした細かいロッドアクションで「誘って食わせる」攻めのスタイルが、自動リールでも再現できるのは大きなポイントですね。電動リールの釣り方を大きく変える可能性を秘めたタイプです。

コスパで選ぶ

電動リールは、釣り用品の中では高い買い物ですね。だからこそお買い得なモデルや、費用を抑えつつそれ以上の価値を得られるものを選びたいものです。

お手頃価格の中型サイズ

電動リールは高額なモデルが多いため、初心者がそういったラインナップにいきなり手を出すのは少し気が引けますよね。そんな方におすすめなのがミドルサイズでお求めやすい価格の製品です。同サイズのより高額なモデルに比べるとオプションの数では劣りますが、対応できる深度や獲物の大きさも幅広いので入門用としても最適です。

手軽に楽しめるワカサギ用モデル

通常タイプに比べて用途が限られてしまいますが、お手軽に電動リールを楽しむという意味では、ワカサギ用の製品も決して悪くない選択肢です。軽くて操作も簡単なので、女性や子供にも親しんでもらえますし、フィッシングというレジャーで得られる喜びは費用以上の価値があるでしょう。

メーカーで選ぶ

電動リールは、シマノ・ダイワ両社のほぼ寡占市場と言えるでしょう。人によって好みが別れるため優劣は付けられませんが、まずはメーカーからアプローチするのも良いですね。

初心者から上級者まで使えるシマノ製

シマノ製の電動リールは故障が少なく、モーターがスプール内に収まっているため静音性に優れているのが特徴です。スプール径の幅も広くラインの放出と巻き取りがスムーズな傾向があります。またハイスペックモデルに限りますが魚探「深見丸」に対応しているのも大きな利点です。カスタムなしでも扱えるので初心者からベテランにおすすめです。

カスタム可能な玄人好みのダイワ製

ダイワ製の電動リールは「ちょり巻き」「JOGパワーレバー」など、ユーザー目線での細かいニーズに応えたモデルが多いです。小型電動リールをはじめ、基本性能が高いのが特徴です。シマノ製とは逆にカスタマイズ性が高く、改造して楽しめる中級者以上に向いている製品です。

電動リールのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 力強さ 使いやすさ コスパ
1
アイテムID:4831866の画像
フォースマスター6000 右ハンドル 65,769円

詳細を見る

大物と渡り合える十分なパワー

A B A
2
アイテムID:4831874の画像
フォースマスター9000 右ハンドル 68,790円

詳細を見る

電動パワーゲームの更なる「深み」へ

A B A
3
アイテムID:4831908の画像
ビーストマスタ- 3000XS 右ハンドル 83,076円

詳細を見る

スピードを重視したバランス型

A A B
4
アイテムID:4831958の画像
レオブリッツ S500J 42,701円

詳細を見る

パワー強めのバランスタイプ

B A A
5
アイテムID:4831994の画像
シーボーグ 300MJ 91,930円

詳細を見る

300サイズの枠を超えたパワー

A A B
6
アイテムID:4832034の画像
プレミオ3000 右ハンドル 26,800円

詳細を見る

初心者に易しいエントリーモデル

B B A
7
アイテムID:4832063の画像
プレイズ1000 右ハンドル 38,077円

詳細を見る

パワー型ベーシックタイプ

A B B
8
アイテムID:4832116の画像
プレイズ800 右ハンドル 38,150円

詳細を見る

扱いやすい汎用型リール

A B B
9
アイテムID:4832345の画像
レオブリッツ 300J 44,477円

詳細を見る

コンパクトかつ軽量モデル

B B B
10
アイテムID:4832399の画像
レオブリッツ 200J-L 46,672円

詳細を見る

電動ライトゲームの決定版

B B B
11
アイテムID:4832442の画像
レオブリッツ 150J 42,453円

詳細を見る

手巻きリールのようなコンパクトさ

C B B
12
アイテムID:4832461の画像
プレイズ400 右ハンドル 34,615円

詳細を見る

ライトゲームにおすすめ

C B C
13
アイテムID:4832539の画像
フォースマスター 400 右ハンドル 50,122円

詳細を見る

誘って食わせる攻めのスタイル

C B D
14
アイテムID:4832600の画像
レイクマスター CT-T 11,938円

詳細を見る

レッドボディが美しいワカサギリール

D B C
15
アイテムID:4832637の画像
クリスティア CRIII 9,970円

詳細を見る

高性能なワカサギ電動モデル

D B C

まとめ

いかがでしたでしょうか。電動リールを始めてみたいという方は、3~4万円くらいのエントリーモデルから使ってみることをおすすめします。もしくは拡張性の高いダイワ製も良いでしょう。この記事が製品選びの参考になれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】シマノのリールの人気おすすめランキング25選【初心者にも】

【2021年最新版】シマノのリールの人気おすすめランキング25選【初心者にも】

釣具
【2021年最新版】スピニングリールの人気おすすめランキング20選【バス釣りにも】

【2021年最新版】スピニングリールの人気おすすめランキング20選【バス釣りにも】

釣具
釣竿の人気おすすめランキング15選【初心者に最適なセットや有名メーカーも】

釣竿の人気おすすめランキング15選【初心者に最適なセットや有名メーカーも】

釣具
【2021年最新版】フィッシングカヤックの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】フィッシングカヤックの人気おすすめランキング10選

アウトドアグッズ
【2021年最新版】メバリングロッドの人気おすすめランキング25選【初心者にも】

【2021年最新版】メバリングロッドの人気おすすめランキング25選【初心者にも】

釣具
【2021年最新版】抱き枕の人気おすすめランキング22選【ニトリやかわいいものも!】

【2021年最新版】抱き枕の人気おすすめランキング22選【ニトリやかわいいものも!】

布団・寝具