シーバスリールの人気おすすめランキング15選【多数の番手掲載】

記事ID8656のサムネイル画像

人気のシーバスフィッシングは、狙うフィールドに合わせてリールを選ぶのが重要なポイントです。初心者だとリールを選ぶ際に何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回はおすすめのシーバスリールをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

シーバスリールを使用するメリットとは?

シーバスは、現在、大変人気のある釣りのターゲットになっています。初心者でも簡単に始められ、シーバスの強い引きやそのやり取りが何とも言えないということで、その釣りに病みつきになる人も増えています

 

シーバス釣りで、大切なのはリールの使い心地と巻き心地です。シーバスに適したリールを使用すると、魚がヒットする場合が多く、そのときはリールでアタリを取ることがあります。リールは、この釣りの中で、大変重要なウェイトを占めます

 

今回はおすすめのシーバスリールを、種類、サイズ(番手)、自重や価格を重視してランキング形式でご紹介します。品物が多く、どんなやリールを買っていいか迷うことが多々あるのではないかと思います。選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シーバスリールランキング15選

15位

シマノ(SHIMANO)

スピニングリール エクスセンス CI4+ 4000S

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量なシーバス専用のスピニングリール

カーボン素材をボディとローターに使用した軽量なシーバス専用のスピニングリールです。 カーボン素材は伝達効率も優れていて、リールを巻いて誘うことがメインとなるシーバスフィッシングに適した設計となっています。

 

また、ラインと常に接触するラインローラーは分解することなく外側から注油ができるようになっていて、メンテナンスも簡単に行うことができます。

自重250gギア比5.2
番手(サイズ)4000種類スピニングリール

口コミを紹介

軽くて疲れずいい感じでした。
長く使っていこうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

シマノ(SHIMANO)

リール 17 サステイン C5000XG

価格:26,455円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万が一落水させてしまっても大丈夫な仕様

高剛性で険しい磯での釣りに向いているスピニングリールです。「Xプロテクト」によって水しぶきはもちろん、万が一落水させてしまっても大丈夫な仕様です。

 

ハンドル1回転で最大103センチの巻き取りができるので、投げた後のラインの弛みをすぐに取ったり、足元でのルアー回収にとても役立ってくれます。

 

巻き取り量の多さを活かして、バイブレーションやミノーを緩急をつけて引いてきたりすることや、慣れてくると流れの強さを感じ取るといった使い方もできるリールとなっています。

自重285gギア比6.2
番手(サイズ)5000種類スピニングリール

口コミを紹介

コスパは抜群です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

シマノ(SHIMANO)

リール スピニングリール 18 ステラ 4000XG

価格:66,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2つの最新技術を搭載

18ステラは、2018年にモデルチェンジしたシマノスピニングリールのフラッグシップモデルです。追求されたギア形状の「マイクロモジュールギア」と、無駄なガタツキを排除した「サイレントドライブ」という2つの最新技術を搭載しています。

 

圧倒的な巻き心地の良さが魅力のリールとなっています。これまでのどのリールよりも静かに巻くことができ、力強い巻き取りができるリールです。

自重255gギア比6.2
番手(サイズ)4000種類スピニングリール

口コミを紹介

納得の巻き心地です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 15 ルビアス 2508PE-DH

価格:33,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルハンドルが標準搭載

ミドルクラスのスピニングリールです。ダブルハンドルが標準搭載されていることで、巻きブレが非常に押さえられています。また、ボディにはカーボンが使われていますので、ルアーが動くことで起きる振動が手元にまでしっかりと伝わってくるような感覚もあります。

 

慣れてくるとシーバスが追いかけてきたことで起きるルアーの動きの変化がわかり釣果アップも図れます。 細番手のラインを使っていてもドラグがしっかり効いてくれるので、シンキングペンシルやワームといった繊細さが求められるルアーとの相性がよいリールです。

自重215g ギア比4.8
番手(サイズ)2500 種類スピニングリール

口コミを紹介

コスパ最高でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 3000 レグザ LT3000-XH 2019モデル

価格:14,829円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LTコンセプト搭載でアルミボディを採用

LTコンセプト搭載でアルミボディを採用したレグザです。2019年に発売されたこのリールは、シーバスリールの中でも強度を重視したリールが欲しい方におすすめです。レグザのラインナップでは大きさとギア比の兼ね合いから、「LT3000」を選ぶことをおすすめします。

自重260 ギア比6.2
番手(サイズ)3000種類スピニングリール

口コミを紹介

迷っている方、お勧めします!!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

シマノ(SHIMANO)

リール スピニングリール シーバス 18 エクスセンス CI4+ C3000MHG

価格:24,756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018年にモデルチェンジしたシーバスリール

18エクスセンスCI4+は2018年にモデルチェンジしたシーバスリールです。軽く強いカーボン素材の「CI4+」に、内部への水の浸入を防ぐ「Xプロテクト」、「Gフリーボディ」によるバランスの良さが魅力のシーバスリールです。

 

18エクスセンスCI4+は、とても軽いことが1番のポイントで、感度を重視するのであればこのリールを使ってみてください。

自重195ギア比6.0
番手(サイズ)3000種類スピニングリール

口コミを紹介

この値段帯では最高峰なレベル、かけた後のパワーも申し分ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

シマノ(SHIMANO)

リール 17 アルテグラ C3000

価格:12,011円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの高いのが魅力

「コアプロテクト」や「Gフリーボディ」を惜しみなく搭載したコストパフォーマンスの高いリールです。 釣りで付き物となる水しぶきなどからリール内部をしっかり守り、バランスのよい設計で長時間の釣りもサポートしてくれます。

 

シマノで長く名前が残っているシリーズですので安心して使っていくことができます。 ほかの釣りでも使えるサイズで、シーバス初心者の方に特におすすめしたいスピニングリールです。

自重240gギア比5.0
番手(サイズ)3000種類スピニングリール

口コミを紹介

初のリールを買うのであればこれが一番だと自分は思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 17エクセラー 2500

価格:8,352円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門用として最適なリール

シーバス初心者の方におすすめのダイワのエントリーモデルです。低価格帯でありつつ、水や埃を防ぐ「マグシールド」や軽い巻き心地を実現する「エアローター」が搭載されています。

 

ルアー釣りだけでなくエサ釣りなどのほかの釣りにも応用しやすいサイズですので、入門用として最適なリールとなっています。

自重265gギア比4.8
番手(サイズ)2500 種類スピニングリール

口コミを紹介

海釣りでも気を使わずにガンガン使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

シマノ(SHIMANO)

ベイトリール 17 エクスセンス DC XG 右ハンドル

価格:61,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デジタルコントロールブレーキを搭載

ベイトリールでのシーバスフィッシングを快適にしてくれるデジタルコントロールブレーキを搭載したリールです。シーバスで必要不可欠となる遠投性はもちろんのこと、ベイトリール特有のキャスト精度の高さで障害物周りを釣るのにも適しています

 

巻き取りが速いエクストラハイギアとなっていますので、スピードに緩急をつけつつルアーを引いてくるといった使い方もできます。 シーバス用ベイトリールは種類が少なく、ほかのルアーフィッシング用を使うとトラブルが多かったりします。

 

ベイトリールを使いたい方はこのような専用リールを使うことをおすすめします。

自重225gギア比7.8
番手(サイズ)種類ベイトリール

口コミを紹介

飛距離は最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ダイワ(DAIWA)

リール 17 Xファイア 2510RPE-H

価格:22,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

力強い巻き取りができる

3,000番ボディに2,500番サイズのスプールを搭載したシーバス専用モデルです。ボディには強度と軽さが高バランスな「ザイオン」を採用水の浸入を防ぐ「マグシールド」は標準装備です。

 

力強い巻き取りができるボディとスプールの小型化による軽量化で、シーバスでとても扱いやすいモデルとなっています。

自重200ギア比5.6
番手(サイズ)2500種類

口コミを紹介

非常に良い買い物ができました。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

5位

シマノ(SHIMANO)

スピニングリール 17 エクスセンス C3000M

価格:45,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「マイクロモジュールギア」が搭載

マグネシウムボディによって自重200gと超軽量化されたシマノシーバススピニングのフラッグシップモデルです。

 

初期回転が向上された「NEWマグナムライトローター」と細かな歯によってシルキーな巻き心地を実現した「マイクロモジュールギア」が搭載されていますので、比較的小型ルアーの扱いに向いています。

 

繊細ながらも高い剛性を持っているシーバス専用リールとなっています。

自重200 ギア比5.3
番手(サイズ)3000種類スピニングリール

口コミを紹介

かなりいいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

4位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール シーバス モアザン 17 -LBD 2510PE-SH

価格:83,225円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レバーブレーキで大型のシーバスも取り込める

レバーブレーキを搭載したダイワシーバスリールのフラッグシップモデルです。巻き取りのギアもスーパーハイギアで最大91センチの巻き取りが可能です。レバーブレーキを活用することで大型のシーバスも取り込むことができます。

 

レバーブレーキが使えると、通常よりもさらに細いラインを使えるので飛距離が出せたり、ルアーのアクションがより機敏になったりといったメリットがでてきます。

 

初心者の方には難しいですが、シーバス釣りを長く楽しんでいる上級者の方には選択肢の一つとしてもらいたいリールとなっています。

自重260gギア比6.2
番手(サイズ)種類スピニングリール

口コミを紹介

星5つ

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ダイワ(DAIWA)

リール 18 イグジスト LT3000S-C

価格:70,097円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「モノコックボディ」がコンパクト化されて採用

「LTコンセプト」を搭載し、ダイワ60周年を機にフルモデルチェンジした18イグジストです。 ラインナップにはオリジナルモデルとフィネスカスタムモデルがありますが、シーバスで使うのであればオリジナルモデルから選ぶことをおすすめします。

 

18イグジストで最も注目すべきポイントは、今まで大型スピニングにしか使われていなかった「モノコックボディ」がコンパクト化されて採用されたことです。

 

強度の高いボディは巻き上げる際、力の伝達効率を高めてくれるため、より楽な巻き取りができるようになります。 18イグジストのラインナップでは、「LT3000S-C」がシーバスで使いやすいです。

自重185gギア比5.2
番手(サイズ)3000種類スピニングリール

口コミを紹介

釣具屋さんで空回しして比べても殆ど差は無いように感じると思いますが、実際ルアーをキャストして巻いてみれば直ぐに違いに気づきます。すべての質感が全然違う!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール 4000 フリームス(2018) LT4000D-C

価格:12,529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1万円台の買いやすい価格帯で人気

18フリームスは圧倒的なコストパフォーマンスを誇るシーバスリールです。 LTコンセプトを採用しつつ、1万円台の買いやすい価格帯で人気となっています。

 

小型スピニングリール新時代のスタンダードとなるべく開発されたこのリールは、前作を遥かに凌ぐ軽量化を実現しました。エンジンにはタフデジギヤを搭載しています。また、飛距離の向上とトラブルレス性能が大幅に向上しました。

自重240ギア比5.2
番手(サイズ)4000種類スピニングリール

口コミを紹介

軽い!巻きやすい!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ダイワ(DAIWA)

スピニングリール シーバス モアザン 17 3012H

価格:62,683円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モノコックボディを採用

モノコックボディを採用したダイワのシーバスブランドフラッグシップモデルです。最大限に大きくなった強度の高い「ハイパーデジギア」はどんな大型のシーバスが掛かったとしても安心してやり取りすることができます。

 

カーボン調のスプールスカート、クロロプレン製のリールバックも付属で付いていて高級感あふれるリールとなっています。

自重285g ギア比5.6
番手(サイズ)3000 種類スピニングリール

口コミを紹介

購入してよかったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シーバスリールの選び方

ここでは、シーバスゲームで使うべき「リール」の選び方についてご紹介します。種類やサイズなどが重要になってきます。

 

これからシーバスフィッシングを始めるためのリール選びで迷ってる人や、リールの買い換えで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

種類で選ぶ

ルアーフィッシングを少しでも経験したとのある人ならご存知でしょうが、リールには「スピニングリール」「ベイトリール」の2種類があり、買うときはどちらのタイプにするかを検討しなくてはなりません。それぞれの特徴をご紹介します。

スピニングリール

スピニングリールは飛距離が伸び、トラブルが少なくスピード感のある釣りに向いています。シーバスで使うリールは大多数がスピニングリールです。遠投してもトラブルが起きにくいことや、根元をしっかり握りやすく疲れにくいのが最大の理由になります。

 

スピニングリールはシリーズによって大きさが小さなものから大きなものまであるので、その中からシーバスに適した大きさを選んでいく必要があります。スピニングリールには「レバーブレーキ」機能がついたモデルもあります。

 

これはレバーを引く強さでラインを逆転させることができます。レバーブレーキモデルに関しては中級者以上向けのものとなっていますので、初心者の方はそのような機能がついていないリールを選ぶようにしましょう。

ベイトリール

ベイトリールはパワーが必要な場面や、ピンポイントでストラクチャーを攻めるときに向いています。ベイトリールは巻き取るパワーが強く、大きなターゲットと対峙したときに真価を発揮できるリールです。

 

スピニングリールとは違い、スプールへとダイレクトに力を使えることができるベイトリールはタコ、チヌ、穴釣り、船釣りといったパワーが必要な釣法で良く使用されています。ベイトリールの多くにはライン放出時のバッククラッシュを防ぐブレーキシステムが搭載されています。

サイズ(番手)で選ぶ

リールには使用状況にあわせ細かくセッティングができるよう、様々な「サイズ(番手)」が用意されてます。あまりに小さいリールだとパワーが足りなかったり、使用するラインの太さが合わなかったりします。

 

反対に大きすぎるとパワーが強すぎて面白くなくなったり、細いラインを使えなくなるデメリットがあります。なので、対象に合わせて番手を調整するのが理想的です。番手を使い分けることで釣りの幅が広がり、更に楽しい釣りを展開することができるようになります。

ダイワは2,500~3,000番までがおすすめ

シーバスリールを始めとして、多くのシーバス用品を販売しているメーカーにダイワがあります。リールにはさまざまな大きさがラインナップされていますので、その中からダイワのシーバスリールは2,500~3,000番がおすすめです。

 

中には番手で「2500R」というモデルもあり、これは2,500番クラスのスプールと3,000番クラスのボディを組み合わせたものです。 Rがついたリールはシーバスをメインターゲットとして設計されたものとなっていますので、選ぶときの目安としてみてください。

シマノはC3,000~5,000番までがおすすめ

ダイワと同じく多くのシーバス用品を販売しているのがシマノです。ダイワとはリールの大きさの表示が違い、シマノのリールでシーバスにおすすめなのはC3,000~5,000番です。

 

番手に付いている「C」はコンパクトを意味しており、C3,000は3,000よりも一つ小さな番手となっていますので、覚えておきましょう。

その他のポイントで選ぶ

種類やサイズの他にも、購入前にチェックしておきたいポイントがあります。とても重要なので、参考にしてみてください。

ギア比

ギア比とは、リールのハンドルを1回転させたときにどれだけギアが回転するかを表したものです。ギア比はスペックに「5.3」のように表示してあり、数字が小さければ巻き取る力が強く、数字が大きければ巻き取れるスピードが速くなります。

 

一般的にシーバスリールではノーマルギアやハイギアがおすすめで、これらは何もリールの番手に表記がないか、もしくは「HG」や「XG」などの表記がされています。同じ大きさのリールでもギア比が違うことは多いですので、選ぶときには注意してみるようにしましょう。

自重

シーバスリールを選ぶときには、できるだけ自重が軽いものを選ぶこともポイントです。 自重が軽いシーバスリールをおすすめする理由は、手元に伝わってくるルアーの振動やシーバスのバイトを感じ取りやすくなるメリットがあるからです。

 

リールのボディ素材に「カーボン」や「マグネシウム」が使用されているものや、価格が高いものほど自重が軽い傾向がありますので、選ぶときの目安にしてみてください。

価格

リールには各社から色々なシリーズがリリースされており、当然価格帯もバラバラです。 3000円で買えるリールもあれば、50000円もするリールもあるので、初心者の方は特に迷ってしまいます。一番のおすすめは、10000円以上のリールです。

 

10000円以下の低価格のリールだと本来あるシーバスゲームの楽しみが半減してしまいます。シーバスフィッシングは、ただ単純に楽しむためにするものです。低価格の性能が良くないリールを使うと、トラブルは多くなりますし、釣れていたはずのシーバスをキャッチすることができなかったりと、とにかくデメリットが多いです。

 

リールは大事に使えば数年は持つので、趣味として楽しみたい人は、少なくてもエントリーモデルのものを選ぶようにしましょう。

シーバスリールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5361588の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:5361567の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:5361558の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:5361586の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:5361620の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 6
    アイテムID:5361624の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 7
    アイテムID:5361585の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:5361593の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 9
    アイテムID:5361598の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 10
    アイテムID:5361551の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 11
    アイテムID:5361563の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 12
    アイテムID:5361592の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 13
    アイテムID:5361548の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 14
    アイテムID:5361596の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 15
    アイテムID:5361587の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • スピニングリール シーバス モアザン 17 3012H
  • スピニングリール 4000 フリームス(2018) LT4000D-C
  • リール 18 イグジスト LT3000S-C
  • スピニングリール シーバス モアザン 17 -LBD 2510PE-SH
  • スピニングリール 17 エクスセンス C3000M
  • リール 17 Xファイア 2510RPE-H
  • ベイトリール 17 エクスセンス DC XG 右ハンドル
  • スピニングリール 17エクセラー 2500
  • リール 17 アルテグラ C3000
  • リール スピニングリール シーバス 18 エクスセンス CI4+ C3000MHG
  • スピニングリール 3000 レグザ LT3000-XH 2019モデル
  • スピニングリール 15 ルビアス 2508PE-DH
  • リール スピニングリール 18 ステラ 4000XG
  • リール 17 サステイン C5000XG
  • スピニングリール エクスセンス CI4+ 4000S
  • 特徴
  • モノコックボディを採用
  • 1万円台の買いやすい価格帯で人気
  • 「モノコックボディ」がコンパクト化されて採用
  • レバーブレーキで大型のシーバスも取り込める
  • 「マイクロモジュールギア」が搭載
  • 力強い巻き取りができる
  • デジタルコントロールブレーキを搭載
  • 入門用として最適なリール
  • コストパフォーマンスの高いのが魅力
  • 2018年にモデルチェンジしたシーバスリール
  • LTコンセプト搭載でアルミボディを採用
  • ダブルハンドルが標準搭載
  • 2つの最新技術を搭載
  • 万が一落水させてしまっても大丈夫な仕様
  • 軽量なシーバス専用のスピニングリール
  • 価格
  • 62683円(税込)
  • 12529円(税込)
  • 70097円(税込)
  • 83225円(税込)
  • 45920円(税込)
  • 22527円(税込)
  • 61860円(税込)
  • 8352円(税込)
  • 12011円(税込)
  • 24756円(税込)
  • 14829円(税込)
  • 33980円(税込)
  • 66000円(税込)
  • 26455円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 自重
  • 285g
  • 240
  • 185g
  • 260g
  • 200
  • 200
  • 225g
  • 265g
  • 240g
  • 195
  • 260
  • 215g
  • 255g
  • 285g
  • 250g
  • ギア比
  • 5.6
  • 5.2
  • 5.2
  • 6.2
  • 5.3
  • 5.6
  • 7.8
  • 4.8
  • 5.0
  • 6.0
  • 6.2
  • 4.8
  • 6.2
  • 6.2
  • 5.2
  • 番手(サイズ)
  • 3000
  • 4000
  • 3000
  • 3000
  • 2500
  • 2500
  • 3000
  • 3000
  • 3000
  • 2500
  • 4000
  • 5000
  • 4000
  • 種類
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • ベイトリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール
  • スピニングリール

まとめ

今回はおすすめのシーバスリールをランキング形式でご紹介しました。いかがでしたか?この中からできるだけ上のモデルを選んでおくと、長持ちするので結果的に長い目でみたときのコストが抑えられたり、釣りをしているときの快適さが違います。シーバスフィッシングにぜひ挑戦してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ