へら竿の人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

記事ID22230のサムネイル画像

ヘラブナを釣る際に必要な釣り竿が「へら竿」です。ですが、シマノ・ダイワ・がまかつといったメーカーがあり、特に初心者はどれを選んでいいか迷ってしまうはず。そこでここでは、ヘラブナ釣りの初心者でもわかりやすい、へら竿の選び方・長さの揃え方のコツや人気おすすめのへら竿をご紹介します。

へら竿について

へら竿とはヘラブナ(フナの一種)を釣るための釣り竿です。昔のフナ釣りは今よりもずっと身近なものだったため「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という言葉があるぐらい。現在もヘラブナ釣りは愛好者の間で人気です。

 

ヘラブナ釣りは魚との駆け引きを楽しむ要素が強く、釣りの中でも趣深いもの。そのヘラブナ釣りで活躍するへら竿は、どういった基準で選ぶといいのでしょうか?

 

そこで今回はへら竿の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはシマノ・ダイワを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

へら竿の選び方

へら竿を選ぶ際の重要なポイントは、へら竿の素材・調子・長さ・メーカーです。これらのポイントについて詳しくみていきましょう。

へら竿の素材で選ぶ

へら竿の素材はカーボン・竹・グラスファイバーなどがありますが、主に流通しているのはカーボン竿と竹竿の2種類です。それぞれの素材の違いについて見てみましょう。

初心者でも扱いやすいのは「カーボン竿」

炭素系繊維強化プラスチックで作られたのがカーボン竿です。カーボン竿は竹竿と比べて軽いという特徴があります。ですので、振り込みの際に力を入れる必要もさほどありません。

 

カーボン竿は価格もリーズナブルで扱いやすいのも特徴。これからヘラブナ釣りを始めようという人にもおすすめです。同じメーカーでもカーボン製のへら竿は、数多くの種類が製造されています。

へら竿上級者や昔ながらのヘラブナ釣りを楽しむなら「竹竿」

竹竿はヘラブナ釣りで長く使われてきました。へら竿専門の職人が丹念に仕上げる竹竿は、現在では伝統工芸品として扱われることもあり、中には非常に高価なものも存在します。どのメーカーでも竹製のへら竿は最高級品扱いです。

 

また、竹はカーボンに比べると湿気などに弱いといった短所もあり、こまめなメンテナンスが必要です。

 

軽量なカーボン竿が主流になりましたが、カーボン竿にはない竹竿特有のしなりを好む愛好家も少なくありません。ヘラブナ釣りの上級者の中には、あえて重さのある竹竿を選ぶ人もいます。

調子で選ぶ

へら竿に限らず、釣り竿を選ぶ際には先調子か胴調子か、竿の曲がり具合も大切なポイントです。どちらの調子がいいかは、ヘラブナをどこで釣るかなどで変わってきます。

数釣りを楽しみたいなら「先調子」のへら竿を

竿の先が大きくよく曲がるのが先調子です。竿先の力で仕掛けを飛ばしやすい点や、魚が浮きやすいのも特徴。狙ったポイントにダイレクトに打ち込みたいなら、先調子のへら竿を選びましょう。

 

数釣りを楽しみたいなら、手返しのよい先調子のへら竿がおすすめです。また、振り込みのしやすさという点では初心者向きともいえます。

 

さらにへら竿には軟調・硬調といった違いもあります。ヘラブナの引きを楽しむなら軟調がおすすめです。野釣りの場合は、鯉などヘラブナ以外の魚がかかる可能性もあるので、硬調のへら竿がおすすめです。

野釣りを楽しみたいなら「胴調子」がおすすめ

竿の中央から手元の部分にかけて大きく曲がるのが胴調子です。胴調子は本調子とも呼びますが、メーカーによっては厳密に区別している場合もあります。弾性と粘りがあるので、大物狙いに適しており、魚を寄せやすいというメリットがあります。振り込みに慣れている人、野釣りを楽しみたい人におすすめです。

長さで選ぶ

へら竿の長さは尺単位で表されます(1尺=約30cm)。さらに短尺(8~10尺)・中尺(11~14尺)・長尺(15~18尺)・超長尺(19尺~)に分類されます。

へら竿初心者にオススメの長さは「8~10尺」

ヘラブナ釣りに初めてチャレンジするという人には、8~10尺の短尺がおすすめ。中でも初心者には9尺のへら竿がおすすめです。

 

短めのへら竿であれば、価格もリーズナブルで扱いやすいというメリットが。狙ったポイントにダイレクトに打ち込みたい、あるいはスピーディな手返しを期待するなら、短尺のへら竿を選びましょう。

慣れてきたら「中尺以上」もおすすめ

ヘラブナは水温や季節によって群れる場所が変わります。深いところにいるヘラブナを釣り上げるなら13尺以上のへら竿を選びましょう。

 

浅瀬では短尺、水深の深いところを狙うなら13尺以上のへら竿といったように、長さの違うへら竿を用意して使い分けるのもおすすめです。

水路なら「7尺以下」の短竿も

へら竿の長さは8尺以上が主流ですが、中には6尺・7尺サイズのへら竿もあります。主に池や沼・小川や・用水路などで釣りをする場合に選ばれています。

 

「無心 燦(むしんさん)」(ピュアテック)・「刀春(とうしゅん)」(シマノ)・「月光 剛(月光つよし)」(ダイワ)・「がまへら 更紗(さらさ)」(がまかつ)で、6尺・7尺のラインナップがあります。

メーカーで選ぶ

昨今は海外製の安い釣り竿が入手できるようになりましたが、品質面を比べるとやはり日本製が選ばれやすいようです。日本のへら竿のメーカーとして有名なのは、シマノ(SHIMANO)・ダイワ(グローブライト株式会社)・がまかつ・宇崎日清などです。

初心者におすすめ・耐久性もお墨付きの「シマノ(SHIMANO)」

株式会社シマノは自転車部品のメーカーとして世界的にも知られ、シマノの金属の加工技術の歴史をたどると、古墳時代にまでさかのぼることができます。釣り具の製造も行っており、耐久性の高さには定評があります。

 

シマノの公式サイトでは動画「シマノTV」が公開されています。また、ヘラブナ釣りにおすすめのコンテンツ「へら釣り名手の釣行記 “一竿風月”」も必見です。人気のへら竿も紹介されているので、購入を検討している人はぜひ一度視聴しておきましょう。

高い品質・機能性を求めるなら「ダイワ(DAIWA)」

ダイワ(DAIWA)はグローブライト株式会社のブランド。ダイワのへら竿で人気があるのは、枯法師・兆・月光・陽舟といったシリーズです。

 

初代のへら竿「龍聖」より受け継がれてきた、ダイワ独自の技術「株理論」は「常に株が力を支え、その先はしなやかに働く竿」を基本とし、へら竿づくりへの高い情熱と意気込みがうかがえます。「株理論」については下記の公式サイトで詳しく説明されています。

人気のがまへらシリーズを手掛ける「がまかつ」

がまかつ(株式会社がまかつ)は、当初は釣鈎(つりばり)のメーカーでしたが、その後釣り竿の製造も手掛けるように。顧客満足度も高く、常に最高のクオリティを追求し続けています。

 

「がまへら 結月」「がまへら  更紗」といったように「がまへら」シリーズが、がまかつのへら竿です。公式サイト内の「がまかつムービー」では人気のへら竿をはじめ、ヘラブナ釣り選手権の動画などが公開されています。

シマノのへら竿の人気おすすめランキング6選

シマノの最新技術を凝縮させた最高級のへら竿

シマノのへら竿の中での最高級にランクされる普天元 獅子吼(ふてんげんししく)。獅子吼とは獅子が吠えると、他の動物たちが恐れおののくように、雄弁をふるって話すことを意味します。

 

45cm刻みを採用するなど、これまでのへら竿のしきたりにとらわれない「獅子吼理論」を確立。名前の由来どおり、最新技術が凝縮されたシマノが世界に誇るへら竿で、振り込みの軽さが特徴。7~21尺まであり、さらに竹竿の小仕舞竿掛二本物なども取り揃えています。

素材 カーボン 調子 本調子
長さ 8尺 継数 3本
重さ 65g

口コミをご紹介

発売当初から気になっており やっと購入できました。シマノらしい仕上がりで、納得の商品です。大切に使用していきたいと思います。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

上級者からも評価される引きが楽しめる逸品

朱紋峰 神威(しゅもんほうかむい)は、ヘラブナ釣りの競技会の上位入賞者に愛用者が多いといわれることも。しかしながら、野釣り愛好者からも好評で、フィールドを選ばないへら竿です。

 

ねじれに強くロッドの機能性を高めるシマノの特殊技術「スパイラルX」を採用しています。グリップは疲れにくい仕様。7~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 硬式先調子
長さ 14尺 継数 4本
重さ 90g

口コミをご紹介

ダム湖での、大型狙いに最適です。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

桔梗の花を思わせる品格あふれるへら竿

景仙 桔梗(けいせんききょう)は、桔梗の花を思わせる紫色が高級感を漂わせるへら竿です。ねじれに強い「スパイラルX」、そして握りやすい「しっとり綾織握り」を採用。

 

管理釣り場・野釣りなどフィールドを問わず活躍してくれるへら竿です。8~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 硬式先調子
長さ 10尺 継数 3本
重さ 62g

口コミをご紹介

ダイワの月光剛からの乗り換えです。こんな安物なのにスパイラルX採用で異次元の魚の寄りです。ただ腕を曲げるだけでへらが浮きます、見事です。時間10枚を超える釣りになるとダイワに比べ腕の疲れが3分の1で済みます。

出典:https://www.amazon.co.jp

水路といった野釣りに最適なサイズ展開があるへら竿

刀春(とうしゅん)は穂先の力の強さが特徴。振り込みがしやすく、美しい曲線を描きます。伝統的なデザインも人気。6尺と7尺があり、水路のような場所での野釣りにも適しています。さまざまな長さのへら竿をそろえている人におすすめです。6~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 6~10尺:本調子 11尺~:先調子
長さ 8尺 継数 3本
重さ 48g

口コミをご紹介

安価な竿によくあるスカスカ感が軽減、良く購入比較でDAIWAの陽舟と比べられるかと思いますが、少しこちらの方が高いですがこちらをお勧めします、振り込みやすさと、あわせのショックが抑えられています。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格・扱いやすさで初心者にもおすすめ

「かすみ」は、リースナブルな価格と扱いやすさで人気のシリーズですが、高い性能はヘラブナ釣りの上級者にも高く評価されています。シンプルなデザインの中にも品の良さがうかがえるへら竿で、8~18尺まで取り揃えています。初心者・リーズナブルにヘラブナ釣りを始めたい人にもおすすめです。

素材 カーボン 調子 本調子
長さ 10尺 継数 3本
重さ 65g

口コミをご紹介

カスミの使いやすさは既に知っていましたが。今回13尺を使ってみてやはり、振込みやすさや適度の硬さがすばらしく、お気に入りの竿になりました。陽舟の14尺も持っていますが、使いやすさの点で同じ価格帯の商品としてはカスミが優れていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

握りやすくスムーズな操作性で人気の高いへら竿

普天元 独歩(ふてんげんどっぽ)は、普天元 獅子吼と同じく段塗りが印象的。グリップはユーザーに人気の「しっとり綾織握り」そして「スパイラルX」を採用。腕への負担や魚のムダな動きを抑え、玉網までスムーズに引き寄せます。7~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 本調子
長さ 8尺 継数 3本
重さ 60g

口コミをご紹介

使える長さのバリエーションの多さ、使い勝手の良さ、そしてデザインを考慮しました。意外に重いことと、ちょっと太く感じます。管理池中心で野釣りはあまりしないので、宝の持ち腐れになりそうな気もしないではないですが、一生ものにします。

出典:https://www.amazon.co.jp

シマノのへら竿のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6579221の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6579030の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6579044の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:6578999の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 5
    アイテムID:6579255の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 6
    アイテムID:6579284の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • へら竿 普天元 独歩 8尺
  • へら竿 かすみ 10尺
  • へら竿 刀春 8尺
  • へら竿 景仙 桔梗 10尺
  • へら竿 朱紋峰 神威 14尺
  • へら竿 普天元 獅子吼 8尺
  • 特徴
  • 握りやすくスムーズな操作性で人気の高いへら竿
  • 価格・扱いやすさで初心者にもおすすめ
  • 水路といった野釣りに最適なサイズ展開があるへら竿
  • 桔梗の花を思わせる品格あふれるへら竿
  • 上級者からも評価される引きが楽しめる逸品
  • シマノの最新技術を凝縮させた最高級のへら竿
  • 価格
  • 48,620円(税込)
  • 9,240円(税込)
  • 12,237円(税込)
  • 17,608円(税込)
  • 64,079円(税込)
  • 72,259円(税込)
  • 素材
  • カーボン
  • カーボン
  • カーボン
  • カーボン
  • カーボン
  • カーボン
  • 調子
  • 本調子
  • 本調子
  • 6~10尺:本調子 11尺~:先調子
  • 硬式先調子
  • 硬式先調子
  • 本調子
  • 長さ
  • 8尺
  • 10尺
  • 8尺
  • 10尺
  • 14尺
  • 8尺
  • 継数
  • 3本
  • 3本
  • 3本
  • 3本
  • 4本
  • 3本
  • 重さ
  • 60g
  • 65g
  • 48g
  • 62g
  • 90g
  • 65g

ダイワのへら竿の人気おすすめランキング4選

美しい赤が印象的な硬式胴調子のへら竿

兆(きざし)はダイワが最初にカーボン素材を採用した記念すべきシリーズです。硬式の胴調子で、鮮やかな赤がひと際目を惹く「煌びやかな和」が感じられるデザインです。

 

竿が美しい曲線を作るように設計されたダイワの技術「Vジョイント」、ネジレ予防と機能性を高めた技術「X45」を採用。また、17尺以上ではチャージリング・スパークリング構造も採用しています。7~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 硬式胴調子
長さ 15尺 継数 3本
重さ 85g

口コミをご紹介

感度がよく大変満足しています。梱包も大満足。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

コントロールに優れた硬式先調子のへら竿

陽舟(ようしゅう)は、硬調・先調子のへら竿です。コントロールしやすく、季節やタナを気にせず、オールマイティにヘラブナ釣りを楽しめます。グリップ部分は握りやすさを追求した編み込み握り。仕掛けが絡みにくい「からまん穂先」にも注目です。

 

リーズナブルな価格で、初心者にもおすすめです。8尺から18尺まで取り揃えています。

 

素材 カーボン 調子 硬式先調子
長さ 15尺 継数 3本
重さ 85g

口コミをご紹介

9,13,15尺を使っています。軽さ、強度、使い勝手など全体的に満足です。ヘラ竿は高価なものが多い中、陽舟はコスパがかなり良いと思います。60センチ級のアメナマが掛かってしまっても特に問題なく上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

フィールドを選ばずに活躍してくれる操作性の高いへら竿

管理釣り場から野釣りまで、フィールドを問わずに活躍してくれるへら竿です。ダイワの「株理論」が取り入れられ、操作性に優れています。職人の手による立体的な「節出し段塗」などが伝統工芸品的な雰囲気を醸し出し、飽きのこないデザインです。

 

竿が美しい曲線を作る「Vジョイント」を採用。グリップ部分は握りやすさを追求し、汚れも落としやすい仕様。7~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 硬式先調子
長さ 9尺 継数 3本
重さ 57g

口コミをご紹介

最近は廉価で本当に良い竿が出てきました。月光もそのひとつです。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

大物のヘラブナを狙う人におすすめのへら竿

「月光 剛(げっこうつよし)」は大物のヘラブナのために開発された硬式のへら竿です。ダイワの釣り竿の中でも硬めです。赤の笛巻きがインパクトのある、漆塗の格調の高いデザインです。

 

同じダイワの「月光」シリーズよりもグリップが大きめ。「Vジョイント」はもちろん独自技術「X45」が採用され、操作性が「月光」よりも飛躍的に向上しています。6~21尺まで取り揃えています。

素材 カーボン 調子 硬式先調子
長さ 15尺 継数 5本
重さ 97g

野釣り用に買いましたが、さすが、剛、大物が釣れても、安定感が違う

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワのへら竿のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6579660の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:6579492の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6579470の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:6579832の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • へら竿 月光 剛 15尺
  • へら竿 月光 9尺
  • へら竿 陽舟 15尺
  • へら竿 兆 15尺
  • 特徴
  • 大物のヘラブナを狙う人におすすめのへら竿
  • フィールドを選ばずに活躍してくれる操作性の高いへら竿
  • コントロールに優れた硬式先調子のへら竿
  • 美しい赤が印象的な硬式胴調子のへら竿
  • 価格
  • 23,629円(税込)
  • 19,099円(税込)
  • 37,159円(税込)
  • 69,744円(税込)
  • 素材
  • カーボン
  • カーボン
  • カーボン
  • カーボン
  • 調子
  • 硬式先調子
  • 硬式先調子
  • 硬式先調子
  • 硬式胴調子
  • 長さ
  • 15尺
  • 9尺
  • 15尺
  • 15尺
  • 継数
  • 5本
  • 3本
  • 3本
  • 3本
  • 重さ
  • 97g
  • 57g
  • 85g
  • 85g

以下の記事では、さまざまな釣り竿の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

へら竿の揃え方

へら竿と一口にいっても、種類はさまざまです。そこで、おすすめのへら竿の揃え方をご紹介します。

長さの違うへら竿をそろえるなら「奇数尺・偶数尺」に注目

最初の方でもお伝えしたように、ヘラブナは水温や季節によって群れる場所が変わります。そのため、ヘラブナがどの場所にいても対応できるように、長さの違うへら竿を揃えておくと、ヘラブナ釣りがもっと楽しくなります。

 

先にも触れたように1尺=約30cmです。ですので、9、10、11…と連続してへら竿をそろえてもあまり差がありません。へら竿をそろえるなら奇数尺・偶数尺で選んでそろえるようにするといいでしょう。

 

ちなみに、ブランドによってはシマノの「普天元 獅子吼」のように、45cm区切りのヘラ竿もあります。

へら竿を中古で探してみる

へら竿は長さがあるほど価格も上がります。長さ違いのへら竿をそろえようとすると、やはりそれだけお金がかかります。できるだけコストを抑えたいという人は、中古のへら竿も検討してみましょう。

 

中古の釣り竿を扱う釣具店やリサイクルショップ、あるいはオークションやフリマサイトでも入手が可能です。ですが、口割れや塗の部分などの状態などをできる限りチェックしてから購入しましょう。

へら竿の振出タイプは日本製がおすすめ

流通しているへら竿の中には海外製のノンブランドのへら竿もあります。リーズナブルな価格で入手しやすいので、違う長さのへら竿を選ぶ際には気になる存在でしょう。

 

しかし、海外製のノンブランドのへら竿は傷があったり、カーボンの質が悪かったりすることも少なくなく、ヘラブナ釣りのベテランからは「折れやすい」という声も…。

 

また、へら竿は圧倒的に並継のへら竿が多いですが、振出のへら竿を購入しようと考えているなら、海外製のノンブランドではなく日本製のブランドをおすすめします。

へら竿の修理・メンテナンスについて

購入したへら竿を長く愛用するためにも、修理方法・普段のメンテナンス方法などを知っておきましょう。

へら竿の修理が必要な場合

へら竿の修理が必要な場合は、購入した釣具店やメーカーで対応してもらえます。

また、握り(グリップ部分)や口割れの修理はセルフで行う人も少なくないようです。

「釣具店やメーカー」に修理を依頼する

へら竿を購入した釣具店やメーカーに修理を依頼することが可能です。修理したい部分・内容で修理が可能かどうかが違ってきますので、よく相談の上で利用するようにしましょう。シマノやダイワ(メーカー)に直接依頼する場合には、以下のサイトを参考にしてください。

へら竿の握りの「修理」について

へら竿の握り(グリップ)の修理を自分で行う人もいます。新聞紙・竿巻糸を使ってグリップ部分の修理を行いますが、ていねいに作業するとなるとアルコールランプや塗料が必要になります。自信がない人は、やはり購入した釣具店やメーカーに修理を依頼しましょう。

へら竿のメンテナンスについて

へら竿を長く愛用するためにも、普段のメンテナンスを忘れずに実行するようにしましょう。へら竿の材質でメンテナンスの方法が異なります。

「カーボン製」のへら竿のメンテナンス

濡らしたタオルでへら竿の汚れを落とした後、今度は乾いたタオルで水分をふき取ります。その後、付属の竿袋にしまって保管しましょう。また、長期間使用しない場合は、竿袋から出して風通しの良い場所に干しておくとなおいいでしょう。

「竹製」のへら竿のメンテナンス

カーボン製のへら竿と同じく、濡れタオルで汚れを拭きますが、乾燥したタオルで水気を十分にふき取ることが大切です。その後、竿専用のワックスなどでお手入れしましょう。

 

さらに、雨天時に使用した場合は、数日間へら竿を逆さに立てておき、水分が残らないように乾燥させましょう。保管場所は日光や湿気を避け、風通しのよい場所がベストです。

へら竿の取り扱いで注意したいこと

へら竿を長く愛用するためにも、普段のメンテナンスに気を配る必要がありますが、それ以外にも注意しておきたいポイントがあります。

「長尺」になればなるほど取扱注意

へら竿は長尺になればなるほど重さが増える傾向があります。なのでメーカーがへら竿を開発する際には「軽くする」ことを意識して作られます。へら竿の重量を軽くするため、ブランク(ブランクス)を薄くしたものもあるので、その点に注意して取り扱うようにしましょう。

「タモ網(玉網)」を活躍させる

ヘラブナをすくう際に必要なのがタモ網(玉網)です。へら竿を長持ちさせるためにも、魚がかかったら、できるだけ沖目ですくうように意識しましょう。

 

また、ヘラブナ釣りはキャッチ&リリース(釣った魚を元の場所へ生きた状態で戻す)なので、ヘラブナを極力傷つけないという意味でもタモ網は必要不可欠です。以下の記事もぜひ参考にしてください

まとめ

奥が深いヘラブナ釣りですが、楽しむためにも、あなたにピッタリのへら竿を選びましょう。最初は8尺、次に13尺…といった揃え方をすると失敗しません。まずは扱いやすいシマノ・ダイワーといったメーカー製のもので、リーズナブル・扱いやすいへら竿からトライしてみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

万能竿の人気おすすめランキング10選【おすすめのメーカーもご紹介】

万能竿の人気おすすめランキング10選【おすすめのメーカーもご紹介】

釣具
渓流竿の人気おすすめランキング10選【イワナやハゼを釣ろう!】

渓流竿の人気おすすめランキング10選【イワナやハゼを釣ろう!】

釣具
鮎竿の人気おすすめランキング10選【メーカー別も】

鮎竿の人気おすすめランキング10選【メーカー別も】

釣具
バス釣り用ベイトロッドの人気おすすめランキング30選【ラインもご紹介】

バス釣り用ベイトロッドの人気おすすめランキング30選【ラインもご紹介】

釣具
ルアーロッドの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

ルアーロッドの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

釣具
バス釣り用スピニングロッドの人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

バス釣り用スピニングロッドの人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

釣具