万能竿の人気おすすめランキング10選【おすすめのメーカーもご紹介】

記事ID21820のサムネイル画像

初心者でもさまざまなジャンルの釣りに挑戦できる万能竿には、延べ竿や磯竿、シーバスロッドなどのタイプがあります。今回は万能竿の選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。長さや価格、メーカーで迷っている方も必読です!

岸釣りから船釣りまでできる万能竿の魅力とは?

「釣りを始めてみたいけれど、お店にはたくさんの釣り竿が並んでいてどれを選べばいいか分からない…」「釣りってなんだかハードルが高くて、なかなか手を出せない…」このように思っている方も多いのではないでしょうか。

 

釣り竿にはさまざまな種類がありますが、中でも「万能竿」と呼ばれる釣り竿は、1本あれば多様なジャンルの釣りを楽しむことができます。難易度の低い釣り方から始められるので、初心者でも気楽に取り組めます

 

そこで今回は、万能竿の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、釣り方・価格・メーカーを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

釣り竿にかかわる専門用語を徹底解説!

釣り竿には、商品の特徴を表すために専門用語が用いられます。本題に入る前に、釣り入門者向けに基本的な専門用語をご説明します。

「号」には複数の意味がある

釣り竿を選ぶ際「号」という言葉をよく目にすると思います。釣りにおける「号」には主に3つの意味があります。1つ目はエサ釣り竿の性能や硬さを示し、数値の基準は商品によって異なります。2つ目は糸の太さ、3つ目はおもりの重さ(錘負荷)を示します。

 

同じ「号」でも数字の意味が異なってくるので、注意して区別するようにしましょう。とはいえ慣れてくると自然に覚えられる言葉なので、安心してください。

「L・M・H」はルアーロッドの性能と硬さを示す

ルアーロッドでは、性能や硬さを「号」の代わりに「L・M・H」で表します。表記の基準はメーカーごとに異なる場合があるので、注意してください。

「調子」は釣り竿が曲がる位置を示す

主に船釣りの竿に表示されている、「7:3」などは調子といい、釣り竿が曲がる位置を示しています。どのメーカーでも推奨する釣り方に大きな違いはないので、調子については初心者のうちはあまり気にする必要はありません。

万能竿の選び方

一言に「万能竿」といっても、釣り竿には多様な種類があります。自分の釣り方に合った万能竿を選んでみてくださいね。

種類で選ぶ

釣り竿の種類は機能の向上とともにますます細分化されています。ここでは、初心者でも使いやすい万能竿として人気のタイプを見ていきましょう。

初心者にはシンプルな「延べ竿」がおすすめ

延べ竿とは、リールのついていないシンプルな構造の竿です。リールの使い方を学ばなくても使えるため、初心者の方やお子さんに強くおすすめしたい竿です。短時間で仕掛けをセットできることも大きな魅力です。

 

以前は小物を狙うことがメインでしたが、最近では延べ竿を作る技術の進歩により、10kgクラスの大物にも対応できるようになりました。まさに初心者におすすめの万能竿です!

岸釣りの小物から磯釣りの大物まで幅広く狙いたいなら「磯竿」がおすすめ

磯竿は、小物から大物まで本格的な釣りを楽しみたい方におすすめです。元々は磯釣りのために作られているため、穂先が柔らかく長さがあるのが特徴です。そのため、堤防での小物や磯釣りでの大物に対応した万能竿といえます。

 

磯竿の中でも特におすすめしたいのが3号の磯竿です。磯竿の中でも対応範囲が広いので、初心者の方から釣りを長期的に続けたい方におすすめです!

以下の記事では、磯竿の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

小物釣りを楽しみたいならライトな「ルアーロッド」がおすすめ

ルアーロッドは、魚を捕らえた瞬間のわくわく感が大きいので、子ども向けの万能竿としておすすめです。軽いルアーロッドであれば渓流魚から海の小物まで幅広く釣ることができます。

 

ルアーロッドにはリールがあるので、キャスティングを楽しむことができるのもおすすめポイントです。キャスティングによって、より広範囲の魚とやり取りが可能になります。

以下の記事では、ルアーロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

大物を狙いたい方には「シーバスロッド」がおすすめ

シーバスロッドは、元々はスズキを釣るために作られた釣り竿です。しかしスズキを狙うために重いルアーにも対応しているため、実はスズキ以外にも様々な大物の釣りを楽しむことができます。海での大物に挑戦したい方におすすめの万能竿です!

以下の記事では、シーバスロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

汎用性の高さを重視するなら「エギングロッド」がおすすめ

エギングロッドとは、元々はイカを釣るために作られた釣り竿です。しかしエギングロッドには硬さとしなやかさを兼ね備えているという特徴があるため、実は様々な釣りと相性が良いのです。

 

エギングロッドは非常に汎用性が高く、ちょい投げ釣りからシーバスまで幅広く対応してくれる万能竿といえます。硬さも重さも「ちょうどいい」万能竿を探している方にはおすすめです!

以下の記事では、エギングロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

リール付きの定番なら「投げ竿」がおすすめ

投げ竿は、リールを取り付けられる釣り竿です。繋ぎあわせて使う「並継竿」とコンパクトに収納できる「振出竿」の2タイプがあります。

 

軽量で持ち運びやすく、遠くまで投げ飛ばすことができるので広範囲の魚を狙えることが特徴です。リールの使い方を学びたい初心者におすすめの万能竿です。

以下の記事では、投げ竿の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

船釣りには「船竿」がおすすめ

船釣りを楽しみたい方には、船竿をおすすめします。定番のおもりの重さは40号、80号、120号ですが、船釣りは海の中に竿を真っ直ぐ落とす場合が多いので、基本的にはどの竿でも幅広く対応することができます。

 

船釣りは魚の種類も多く、すぐに引きが出やすいので、スピード勝負で釣りを楽しみたい方におすすめです。

万能竿の硬さで選ぶ

万能竿の硬さによって、釣れる魚の大きさの範囲が変わってきます。硬さごとにどのような魚に対応できるのか、みていきましょう。

延べ竿には「硬調」がおすすめ

リールがついていない延べ竿を購入する場合は、硬めの「硬調」タイプをおすすめします。やわらかいタイプの延べ竿だと、竿を振るったときにぶつけて穂先が折れてしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

硬調の延べ竿であれば、思いがけない大物がかかったときにも重さに耐えられるので、安心して対応できます。

小物釣り用のルアーロッドには「UL」がおすすめ

「UL」は「ウルトラ・ライト」の略で、最もやわらかいことを意味します。軽量のルアーロッドを万能竿として使用する場合は、ULを選ぶことをおすすめします。

 

ULのルアーロッドは、小物の釣りに最も適しており、小物であれば海でも川でも場所を選ばず楽しむことができます。

大物を狙いたい初心者には「L・ML」がおすすめ

「L・ML」の万能竿はULよりも硬めにできており、7gほどの軽めのルアーから23gほどの重めのルアーに対応しています。初心者が様々な大物に挑戦したい場合は、L・MLクラスの万能竿をおすすめします。

とことん大物にこだわりたいなら「M・MH」がおすすめ

大物をとことん狙いたい方には、「M・MH」の万能竿をおすすめします。軽いルアーには対応していませんが、重いルアーをキャスティングすることができるので、70cm以上の大物を釣り上げることが可能です。

超大物を釣りたいベテランには「H・XH」がおすすめ

超大物に挑戦したい方には、「H・XH」の万能竿をおすすめします。80g前後の重いルアーをキャスティングすることができるので、80cm以上のバスなども容易く釣り上げることができます。ただし、扱いが難しいため初心者にはおすすめしません。

メインとなる釣り方で選ぶ

釣りには大きく分けて「エサつり」と「ルアーつり」の2種類があります。どの釣り竿を選べばよいか優柔不断になっている方は、まずは好みの釣り方をイメージすることから始めてみましょう。

サビキ釣りなどでたくさん釣りたいなら「エサ釣り」がおすすめ

「エサつり」とは、本物のエサを穂先につける釣り方です。この釣り方のメリットとしては、比較的魚が釣れやすいという点が挙げられます。釣りの初心者で魚を釣る達成感を早く味わいたい方におすすめの釣り方です。

釣りの奥深さを追求したいなら「ルアー釣り」がおすすめ

ルアーを用いる釣りでは、小物から大物まで様々な魚を釣ることができます。大型魚にも挑戦したい方にはおすすめの釣り方です。また、ルアーをセットする技術を磨く必要があるので、釣りの奥深さを知ることができるのも魅力的です。

万能竿の長さで選ぶ

万能竿の長さによっても、釣れる魚は変わってきます。どの長さでどのような魚が釣れるのかみていきましょう。

海釣りなら「4~4.5m」がおすすめ

堤防や波止場で釣りを楽しみたい場合は、4~4.5mの長さの万能竿をおすすめします。短すぎると竿を飛ばせませんが、5m以上あると取り回しが悪くなるためです。また、この長さの万能竿は経験が浅くても扱いやすいため、初心者にもおすすめです。

磯場では「5.3~5.4m」がおすすめ

磯場での釣りを楽しみたい方には、5.3~5.4mの万能竿をおすすめします。足場の悪い磯場では、釣れた魚を引き寄せるときにある程度の長さがあった方がコントロールしやすいためです。通常は長くなるほど竿が重くなりますが、最近では軽量の商品も増えています。

しまいやすさなら「コンパクト」サイズがおすすめ

持ち運びやすさを重視するなら、コンパクトタイプの万能竿をおすすめします。代表的なコンパクトロッドとしては、振出竿などが挙げられます。コンパクトロッドは比較的安価な商品が多いことも魅力的です。

 

ただ、コンパクトロッドは曲がりにくく壊れやすいというデメリットがあるので、万能竿に負担をかけないように注意が必要です。

価格で選ぶ

万能竿は種類が豊富なだけに、その値段もピンからキリまであります。ただ安ければよいというのではなく、質と値段がマッチしているものを選びましょう。

初心者は「10,000円前後」がおすすめ

初心者の方には10,000円前後の万能竿をおすすめします。店頭には1,000円~5,000円の安い釣り竿もありますが、あまりに安すぎると耐久性が低く、すぐに壊れてしまう恐れがあります。

 

初心者のうちは釣り竿をコンクリートにぶつけたり木に引っ掛けたりなど多くのトラブルが想定されます。すぐに買い替える事態に陥らないよう、初めからある程度上質の万能竿を購入するようにしましょう。

ベテランは「30,000円以上」がおすすめ

ベテランの方が万能竿を新調したい場合は、30,000円以上の万能竿をおすすめします。このくらいの価格帯ですと、強度と機能性に優れた万能竿に出会うことができるからです。

 

経験を重ねると、もっと大物を釣りたくなる方は少なくありません。重さのある魚にも耐えられる強度のある万能竿を選びましょう。また、高い万能竿には様々な機能がついていることが多いので、より快適な釣り生活を満喫することができるでしょう。

「リール」で選ぶ

釣り竿にはリールを取り付けられるタイプと取り付けられないタイプがあります。万能竿と呼ばれる釣り竿では、基本的に延べ竿以外はリールを取り付けることができます。

 

リールには、軽い仕掛けに最適なスピニングリールと、重い仕掛けに対応したベイトリールの2種類があります。初心者の方には、より扱いやすいスピニングリールを強くおすすめします。

「釣り場」で選ぶ

釣り場によって適した釣り竿が変わってくるので、あらかじめ釣りたい場所を定めておくと、万能竿選びがよりスムーズになります。初心者の場合は、足場が整備された防波堤や波止場からスタートすることをおすすめします。

「釣りたい魚」で選ぶ

万能竿は幅広いジャンルの釣りに対応しているとはいえ、全てをカバーできるわけではありません。よって、あらかじめ最も釣ってみたいターゲットを絞っておいて、その魚に適した万能竿を購入することをおすすめします。

 

初心者の場合は、手軽に楽しめるアジやスズキがおすすめです。実際に釣りを始めてから、その万能竿でできる他の釣り方を色々と試してみましょう。

メーカーで選ぶ

万能竿のメーカーとして最も有名なのは、ダイワ(DAIWA)、シマノ(SHIMANO)です。その他にも様々なメーカーがありますが、特に初心者の方はアフターサポートがしっかりしている有名メーカーから万能竿を選ぶことをおすすめします。

機能性と汎用性なら「ダイワ(DAIWA)」がおすすめ

ダイワ(DAIWA)は1958年から続く老舗の釣り具メーカーです。コスパの良さ・高機能・汎用性の高さに優れており、人気のメーカーとして長く愛されています。

最先端の技術なら「シマノ(SHIMANO)」がおすすめ

シマノ(SHIMANO)は自転車用品や釣り具を扱う人気メーカーです。独自の技術で素材を開発し、世界でも高い評価を受けています。

「その他」のメーカーにも注目

釣り具の種類は年々増えており、メジャークラフトやプロマリンなど、メーカーもどんどん進化を遂げています。コスパの良い万能竿も多く登場しているので、様々なメーカーの商品を比較してみましょう。

「ダイワ(DAIWA)」の万能竿の人気おすすめランキング3選

ソルトルアーの入門に最適

リバティークラブシーバスは、手軽に大型魚に挑戦できるよう、ダイワの独自技術が盛り込まれています。初心者もベテランも満足して長く使うことができます。

種類 シーバスロッド 全長 2.9m

口コミを紹介

結果軽くて使いやすく、それでも作りはしっかりしており40gのメタルジグもフルキャストできています。Mですが比較的堅めでショアジギング向きだと思います。ワンピッチやジャカジャカ巻きなどいろんなアクションも楽に行えます。初心者〜中級者にもオススメできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広い魚種に対応する万能竿

しなやかさと操作性に優れており、様々な大きさの魚を釣ることができます。振出式なので、コンパクトに持ち運びたい方にもおすすめです。

種類 ルアーロッド 全長 2.29m

口コミを紹介

こちらの商品はカーボン含有率が高くファーストテーパーでありながら腰から曲がるパラボリックアクションを特徴としているようです。振出竿であることを意識すれば非常に安価でしっかりとした商品であると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

波止場釣りに最適な安心設計

「リバティクラブ磯風」は扱いやすさと丈夫さにこだわった設計により、1本で様々な魚を釣れる万能竿を実現しました。釣り方のバラエティにも富んでいるので、飽きの来ない釣りを楽しむことができます。

種類 投げ竿 全長 5.33m

口コミを紹介

磯竿初めての1本目、サビキ釣りの為に購入しました。長さは記載の通り5.33mで長さも十分だと思います。しかし重さもそれなりにありますが片手で使える重さの範囲内です。

出典:https://www.amazon.co.jp

「ダイワ(DAIWA)」の万能竿おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6541355の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:6541325の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6541006の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • リバティクラブ磯風・K 3-53・K
  • クロスビート 764TULFS
  • リバティークラブシーバス 96M
  • 特徴
  • 波止場釣りに最適な安心設計
  • 幅広い魚種に対応する万能竿
  • ソルトルアーの入門に最適
  • 価格
  • 7,439円(税込)
  • 8,639円(税込)
  • 9,511円(税込)
  • 種類
  • 投げ竿
  • ルアーロッド
  • シーバスロッド
  • 全長
  • 5.33m
  • 2.29m
  • 2.9m

「シマノ(SHIMANO)」の万能竿の人気おすすめランキング3選

シンプルで扱いやすい万能竿

軽量で持ち運びにも便利なシマノのボーダーレス・シリーズは、初心者におすすめです。飛距離が長いのが特徴で、小さな力でも遠くまで飛ばすことができます。

種類 磯竿 全長 3.05m

口コミを紹介

調子で非常に投げやすく、30~40g程度の軽いメタルジグや125mmのフローティングミノーも気持ち良く飛びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シーバスやエギングなど幅広く活躍

こちらの万能竿は、しなやかな曲がりにこだわった使いやすい商品です。操作性・遠投性ともに優れているので、シーバス、エギング、ライトショアジギングなど、幅広いシーンに対応しています。

種類 シーバスロッド 全長 2.59m

口コミを紹介

小さなあたりから、ガツンと食い付くカサゴやメバルにも対戦ができ、なおかつ持ち運びに便利!何よりモバイルロッドの大きな魅力である携帯性を備えつつ、3ピースなのでセッティングも早いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

堤防・磯竿の決定版

「ホリデー磯」はメガヒットを記録した大人気のシリーズです。カーボンを刷新することにより、より軽い持ちごこちを実現しています。手軽な小物から大物まで、幅広くカバーしているだけでなく、白い穂先はイカにも対応しています。

種類 磯竿 全長 4.45m

口コミを紹介

堤防からのファミリーフィッシングにはもったいないくらい軽くて丈夫。30センチのクロもタモ無しで引き上げられた!

出典:https://www.amazon.co.jp

「シマノ(SHIMANO)」の万能竿おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6542091の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6541876の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6541841の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • ホリデー磯 3号 450PTS
  • ルアーマチック MB S86ML-4
  • ボーダレス 305H4
  • 特徴
  • 堤防・磯竿の決定版
  • シーバスやエギングなど幅広く活躍
  • シンプルで扱いやすい万能竿
  • 価格
  • 9,062円(税込)
  • 8,276円(税込)
  • 28,614円(税込)
  • 種類
  • 磯竿
  • シーバスロッド
  • 磯竿
  • 全長
  • 4.45m
  • 2.59m
  • 3.05m

「その他メーカー」の万能竿の人気おすすめランキング4選

超硬タイプで丈夫な延べ竿

競技にも使われるこちらの万能竿は、穂先はホワイトのアクセントがついたおしゃれなデザインです。防波堤でのさまざまな釣り方に対応した、超硬タイプの延べ竿なので、破損を心配せず安心して使うことができます。初心者にもおすすめです!

種類 延べ竿 全長 7m

口コミを紹介

長竿のわりに超硬だけあって、合わせ、振り込み竿時のしなりのタイムラグが無く良い感じ、持ちしぶり感が無くデザインも気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

子どもから使えるエギングロッド

こちらの商品は、子どもから高齢者まで、あらゆる世代の使いやすさを追求した万能竿です。掴みやすいグリップ糸がらみしにくいガイドのおかげで、子どもでも安心して使うことができるのでおすすめです。

 

また感度の高いカーボン素材によって、魚を釣る楽しさを存分に味わうことができるでしょう。初心者から中上級者まで、満足して使用することができます。

種類 エギングロッド 全長 -

口コミを紹介

真鯛のテンヤ釣りで使用しています。安いわりには、満足しています。バットが短くてテンヤ竿より使いやすいのではと感じています

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパと機能性に優れた万能竿

初心者におすすめのスピニングリールを搭載し、軽量で持ち運びにも便利な万能竿です。ルアー・フィッシングを始めたばかりの方や、1本のルアーロッドで様々なタックルを楽しんでみたい方におすすめです。

種類 ルアーロッド 全長 7.6ft

口コミを紹介

サーフからのヒラメ、シーバス狙いで釣行。長さのある分、多少疲れは残るがロングキャストが可能なので許容範囲内。見た目も良いし価格も安いのでサブロッドなんかにもおススメ。

出典:https://www.amazon.co.jp

釣り入門に最適な1本

無駄のないシンプルなデザインで軽量なので、女性でも簡単に持ち上げることができます。やわらかい材質のため、折れ曲がらないように注意する必要がありますが、やわらかい割に丈夫なので、重めの魚にも耐えることができます。初心者におすすめの万能竿です!

種類 磯竿 全長 5.3m

口コミを紹介

初めて磯竿使いましたが、コスパが良く、しっかりした竿で30cmのメジナも難なくあがります。買ってよかったと思います!入門、さびき釣りに一本買うとしたらこの竿が良いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

「その他メーカー」の万能竿おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6542835の画像

    プロマリン(PRO MARINE)

  • 2
    アイテムID:6542696の画像

    アブガルシア(Abu Garcia)

  • 3
    アイテムID:6542621の画像

    Major Craft(メジャークラフト)

  • 4
    アイテムID:6542571の画像

    プロックス(Prox)

  • 商品名
  • ブルーベイ磯 1.5-530
  • クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFS-764L-TE
  • 2代目ソルパラX SPX
  • ASKBB70H 超硬700
  • 特徴
  • 釣り入門に最適な1本
  • コスパと機能性に優れた万能竿
  • 子どもから使えるエギングロッド
  • 超硬タイプで丈夫な延べ竿
  • 価格
  • 4,340円(税込)
  • 9,539円(税込)
  • 7,392円(税込)
  • 7,058円(税込)
  • 種類
  • 磯竿
  • ルアーロッド
  • エギングロッド
  • 延べ竿
  • 全長
  • 5.3m
  • 7.6ft
  • -
  • 7m

万能竿の使い方・メンテナンス方法

万能竿はその種類によって、使い方も大きく変わってきます。ご自分のタイプに合った使い方をマスターして、釣りを楽しみましょう。釣り竿の基礎的な使い方について、以下のサイトで説明されています。ぜひ参考にしてみてください。

また、長く使うためにも万能竿のメンテナンスは怠らないようにしましょう。釣りが終わったら、ロッドについた汚れをしっかり落としてからロッドケースにしまうようにしましょう。特にガイド(糸を通す部分)は丁寧に掃除しましょう。

 

なお、釣りには釣り竿をはじめとして様々な必需品を揃える必要があります。初心者の方はセットで販売されているものを購入することもおすすめです。また、以下の記事で釣り用品のおすすめ商品をランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ここまで万能竿の選び方や人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか。初心者からベテランまで幅広く楽しめる最強の万能竿を手に入れて、ぜひ釣りに出かけてみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

渓流竿の人気おすすめランキング10選【イワナやハゼを釣ろう!】

渓流竿の人気おすすめランキング10選【イワナやハゼを釣ろう!】

釣具
ルアーロッドの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

ルアーロッドの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

釣具
鮎竿の人気おすすめランキング10選【メーカー別も】

鮎竿の人気おすすめランキング10選【メーカー別も】

釣具
へら竿の人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

へら竿の人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

釣具
バス釣り用ベイトロッドの人気おすすめランキング30選【ラインもご紹介】

バス釣り用ベイトロッドの人気おすすめランキング30選【ラインもご紹介】

釣具
【2021年最新版】ベイトフィネスロッドの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】ベイトフィネスロッドの人気おすすめランキング20選

釣具