鮎竿の人気おすすめランキング10選【メーカー別も】

鮎の友釣りに必要な鮎竿。調子や短竿など専門用語が多く、どんな鮎竿がいいか悩みますよね。そこで今回は鮎竿の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介。ランキングはメーカー(ダイワ・シマノなど)、価格(高い~安いまで)を基準に作成しました。是非参考にして下さい。

多くの釣り師を魅了する鮎釣り

鮎釣りは世界的にも類をみない釣法で、日本では古来より親しまれてきた釣りです。鮎の生態を研究し編み出された、日本独特の釣り方「友釣り」で鮎を狙います。釣り人なら、1度は鮎釣りをやってみたいと思う方も少なくはないでしょう。

 

友釣りは独特な釣法のため、敷居が高いと感じる方が多いです。専用の鮎竿を用意する必要があり、その選び方は独特でわかりにくいものもあります。しかし、選ぶポイントをしっかりと把握することで、気軽にチャレンジすることができます。

 

この記事では、鮎竿の選び方を詳しく解説しています。鮎竿の調子や硬さの説明、メーカー別の特徴をご紹介。おすすめの鮎竿もランキング形式で掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

鮎竿とは

鮎竿とは、友釣りの仕掛けに最適の延べ竿です。非常に軽く、とても長いことが鮎竿の特徴です。リールシートは搭載されておらず、穂先に直接ラインを結んで鮎を狙います。

 

仕掛けには「オトリ鮎」を装着し、鮎のテリトリーを目掛けて送りいれます。テリトリーを侵された鮎たちは、オトリ鮎に威嚇攻撃として体当たりを繰り出します。この体当たりをしっかりと感じとり、オトリ鮎を操作できる繊細さが鮎竿の重要なポイントです。

鮎竿の選び方

鮎竿は、さまざまなメーカーから発売されています。長さ・硬度・調子・パワーなど、鮎竿ごとの搭載スペックは多岐にわたります。メーカーごとに特徴なども違うので、慣れないうちはどれを選んでいいのか悩んでしまうことでしょう。

 

鮎竿を選ぶにあたり、どのような点に注目すればいいかを解説しています。具体的なポイントや対象サイズ別の説明、また使用する河川の様子に合わせた選び方をご紹介。使用する状況を想定しながら、使いやすい鮎竿を探してみましょう。

長さで選ぶ

各メーカーより発売されている鮎竿は、7~11mの長さのものが主流になっています。長さによって扱いやすさがかわり、初心者・中級者・上級者ごとにおすすめの長さがあります。ご自身に合った鮎竿の長さはどれくらいか、確認してみましょう。

スタンダードな長さは「9m」

長さで重要なポイントは、「初心者ほど短いものを選ぶべき」ということです。鮎竿が短いほど、取りまわしがよく扱いやすくなります。鮎竿が長ければ使用場所・シチュエーションが増えますが、その分扱いが難しくなります。

 

スタンダードな長さは9mが適切ですが、初めて鮎釣りに挑戦する際には7~8mのものが扱いやすくおすすめ。9~11mのものは、鮎竿の扱い方に慣れてきた中・上級者の方に最適です。上達に合わせて、徐々に長いものを使うようにしましょう。

「ズーム機能」搭載モデルも

鮎竿のなかには、50cmや1m単位で長さを変えられる「ズーム機能(マルチ機能)」を搭載しているモデルもあります。ご自身のスキルに合わせて調整でき、長い竿を使いたくなったときに買い替える必要がありません。コスパを重視する方におすすめの機能です。

 

また、シチュエーションに合わせられるというメリットがあります。川幅の狭い川だと長い竿は扱いにくく、川幅が広いと短い竿では攻めるポイントが大きく減ります。そういった状況に1本の鮎竿で対応できるため、ズーム機能の有無を選ぶ基準にするのもいいでしょう。

風が強い・川幅が狭い場所では「短竿」を

鮎を釣るためには、木が覆いかぶさっているようなポイントに赴くこともあります。そういったポイントは川幅が狭く、吹き抜けで風が強いことも少なくありません。そんな時に活躍するのが「短竿」です。

 

「短竿」とは、7m以下の鮎竿のことを指します。短いことで風の抵抗が少なく、取りまわしがいいため、狭い川幅でも扱いやすいのが特徴。また、手元から竿先の距離が短いことで微細な振動を伝えやすく、高感度なものが多いです。

調子で選ぶ

鮎竿の調子とは、竿のどの部分がしなりやすくなっているかのことを指します。先調子・本調子・胴調子の3種類があり、曲がる箇所によって鮎竿の扱い方がかわります。それぞれの調子の特徴と、対応する場面についてご紹介していますので参考にしてください。

釣りやすいレギュラーサイズの鮎を狙うなら「先調子」

初心者の方におすすめなのが先調子の鮎竿です。先端部分が曲がりやすくなっているため、微細な振動がわかりやすく非常に高い感度があります。オトリ鮎のコントロール性にも優れているため、狙ったポイントで思いどおりのアピールをさせることができます。

 

狙える鮎はレギュラーサイズのもので、釣ってよし食べてよしのちょうどいいサイズがターゲット。ロッドの曲がる範囲が狭いため、大物がかかってしまうと糸が切れることもあります。感度がよく扱いやすいですが、不意の大物には対応しづらいのが先調子の鮎竿です。

レギュラーサイズ狙いで大鮎にも対応する「本調子」

鮎釣りの際に、オールマイティな活躍をするのが本調子の鮎竿です。竿の中心部分が曲がりやすくなっていて、粘り強いパワーを発揮します。大物がかかったときにも、竿のパワーでしっかりと釣りあげることが可能です。

 

狙える鮎はレギュラーからビッグサイズまでさまざま。オトリ鮎のコントロール性も高く、自由に操作ができて体力を奪いません。パワーと操作性のバランスがいい、万能な鮎竿といえます。

ベテラン・上級者向け「胴調子」

大物の鮎とエキサイティングなやりとりがしたい方に最適なのが、胴調子の鮎竿です。竿の手元側が曲がりやすくなっているため、柔軟性が非常に高くなっています。その柔軟性が大物とのやり取りをサポートし、鮎の取りこみをスムーズにします。

 

ビッグサイズの鮎を狙う上級者向けです。柔軟性が高いことでオトリ鮎のコントロールが難しく、活用できるまで時間がかかることもあります。竿の扱いに慣れれば急な瀬でも対応できるので、さまざまなシチュエーションで活躍します。

硬さ・パワーで選ぶ

鮎竿を選ぶ際、硬さ・パワーも重要な要素です。硬さの目安として、「中硬」「硬中硬」「早瀬抜」「急瀬抜」「荒瀬抜」の5種類があります。「中硬」から「荒瀬抜」に向かって段々と硬くなり、パワーとその順番で強くなります。

初心者におすすめ「中硬~早瀬抜」

初心者の方におすすめなのが、「中硬」「硬中硬」「早瀬抜」の3種類です。「中硬」が最も柔軟性があり、続いて「硬中硬」、「早瀬抜」の順に鮎竿の硬さが強くなります。柔らかい鮎竿ほどオトリ鮎が弱りにくいため、初めての鮎竿にも最適です。

 

鮎はスモールからレギュラーサイズに対応。柔らかい鮎竿ほどパワーもなくなるので、激流での大鮎とのやりとりには向いていません。ご自身が鮎釣りをしたいフィールドの、川の流れの強さに合わせて選ぶのもいいでしょう。

大鮎狙いの最適な「急瀬抜~荒瀬抜」

中・上級者の方におすすめなのが、「急瀬抜」「荒瀬抜」の2種類です。非常に硬度があり、激流や大鮎とのやりとりにも負けないパワーを発揮します。大鮎がいるフィールドや、深さがある流れが強い川で釣りをする予定の方はぜひチェックしましょう。

 

鮎はレギュラーからビッグサイズに対応。硬度があるため感度が多少低く、またオトリ鮎が疲れやすいというデメリットもあります。エキサイティングな鮎釣りに挑戦したい、鮎竿の扱いに慣れている中・上級者の方向けの鮎竿です。

「操作性や感度」を決定づける重量で選ぶ

大自然の中で行う鮎釣りは、長時間に及ぶ釣行になることもあります。その際に重要になってくるのが、鮎竿の重量です。数10gの違いでも、手元にかかる負担が大きく変わってくるほど繊細なため、できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。

 

しかし、鮎竿は軽くなるほど価格も高額になってきます。そのため、予算を先に決めて、その範囲内で最も軽いものを選ぶといいでしょう。250g前後のものが扱いやすく、理想として230g以下を目安にしてください。

メーカーで選ぶ

鮎竿はさまざまな釣り具メーカーから発売されています。感度にこだわっていたり、リーズナブルなものであったりと、メーカーごとにさまざまな特徴があります。それぞれのメーカーの特色を把握して、よりご自身に合った鮎竿を探してみてください。

感度が高く初心者におすすめの「ダイワ」

釣りをしている方なら誰もが聞いたことがある、日本2大釣り具メーカーのひとつです。幅広いラインナップがあり、用途や調子などから細かく条件付けて選べます。初めての鮎竿を購入する際には、必ずチェックしておきたいメーカーです。

 

ダイワの鮎竿の特徴は、その感度の高さです。独自の技術の「感性領域設計システムESS」により、さまざまな方向へのねじれに対する耐久性があります。塗装の厚みをギリギリまで抑える「ゼロコーティング」「エアグロスフィニッシュ」により、驚きの軽さと高い感度を実現しています。

軽量で強度が高い「シマノ」

シマノは日本2大釣り具メーカーのひとつで、竿ごとにコンセプトがはっきりとしている点が特徴。シチュエーションにぴったりと対応した鮎竿が見つかることも多く、ラインナップを眺めているだけでも楽しめます。使う状況を想定しながら、商品を探してみましょう。

 

特色として、軽量ながらも強度が高い点が挙げられます。鮎竿の玉口を守る「Gクロスプロテクター」技術により、破損リスクを大幅に軽減しています。鮎竿は安い買い物ではないので、破損リスクの低い商品をお求めの方におすすめのメーカーです。

上級者向きの「がまかつ」

老舗メーカーで、他社にはない独特の粘りや味のある鮎竿が特徴です。価格は中・高級なものが中心で、ベテランの方におすすめのメーカー。一目でがまかつとわかる特徴的なデザインから、コアな人気を誇っています。

 

がまかつの鮎竿は、穂先にこだわりがあります。「チタンテクノトップ」の技術で、水中の様子を手元に伝える高い感度を実現。川の流れや魚の様子や、水中の石の配置までわかるほどの感度のよさがあり、鮎釣り上級者から高く評価されています。

扱いやすく安い商品が多い「サンテック」

鮎竿・渓流竿専門のメーカーで、リーズナブルな鮎竿を多く取り扱っています。高価な商品が多い鮎竿のなかで、優れたコストパフォーマンスが支持されている理由です。すべての鮎竿が日本製で、バランスのよい使い勝手があります。

 

軽量で感度の高く、リーズナブルながらも他メーカーに引けをとりません。カーボンのポテンシャルを引き出す設計で、扱いやすく取りまわしのよい性能を発揮。ラインナップには短めの鮎竿もありますので、初心者の方にとくにおすすめです。

鮎竿の人気おすすめランキング10選

パワーのあるバランスのいい鮎竿

大鮎に対応できるようにチューンナップされたパワータイプ。8.5mと扱いやすい長さで、バランスに優れたパワーが操作性をサポートします。剛性を高めた設計が、オトリ鮎の繊細な操作と掛かり鮎の豪快な取りこみを実現しました。

 

反発力・強靭な粘りで鮎をバラしません。どんな状況下でも鮎をコントロールし、主導権を渡さない力強い鮎釣りを体感できます。

全長 8.5m 継数 8本
仕舞寸法 141cm 重さ 245g
9位

がまかつ

がま鮎 エクセルシオ ノブレス 引抜早瀬

がまかつのハイエンドモデル

がま鮎シリーズの頂点に位置する最高スペックの鮎竿です。がまかつの技術の粋を集め、研ぎ澄まされた感度を搭載。釣り場を選ばないオールマイティがあり、さまざまなシチュエーションで活躍します。

 

繊細ながらも力強いパワーを備え、小鮎・大鮎の対象を問いません。ロッドをとおして川の中をクリアに見通せる感覚を、ぜひ1度ご体験ください。

全長 9m 継数 8本
仕舞寸法 138.7cm 重さ 240g

ダイワのハイエンドモデル

ダイワの技術が詰め込まれた、ハイエンドモデルに相応しい逸品です。柔軟性のある竿先で、緻密なテンションコントロールが可能。メンディング時の竿ブレを抑え、寸分の狂いもないオトリ鮎の操作ができます。

 

超高密度カーボン「スペシャル Z-SVFナノプラス」を使用し、ダイワ史上最高の軽さ・感度・パワーを実現。鮎釣り師なら誰もが憧れる、ハイスペックな商品です。

全長 8.5m 継数 8本
仕舞寸法 143cm 重さ 190g

がまかつを代表するスタンダードモデル

老舗メーカー「がま鮎」伝統の力強さがあり、がまかつらしい鮎竿の基本性能を搭載したスタンダードモデル。高弾性カーボンにより、しっかりとした強度・粘り・パワーがあります。剛性と柔軟性があり、オトリ鮎を疲れさせにくい仕上がりです。

 

ロッドが自然に曲がり込むため、違和感を与えずオトリ鮎の操作ができます。22~23cmほどの大鮎にも対応が可能なパワーを兼ねそなえ、繊細ながらも力強い釣りを楽しめます。

全長 9m 継数 8本
仕舞寸法 138.8cm 重さ 230g

ハイエンドモデルに迫るスペック

「プロセレクト」は、シマノのハイエンドモデルに迫る性能を追求した商品です。まるで高性能モデルと同等のものが買い求めやすい価格という点で、釣り人から密かに支持されている逸品。初心者から上級者まで、どなたでも扱いやすい鮎竿です。

 

あらゆる操作性を快適にするために、鮎竿としての軽量さと粘りを追求。ハイエンドモデルのような高感度を実現し、鮎釣りを大いにサポートするでしょう。

全長 8m 継数 7本
仕舞寸法 136.5cm 重さ 195g

口コミを紹介

今年の鮎釣りの納に使用しました。
思ったより軽く、年寄りの私にも楽に操作できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

オールマイティに使える万能ロッド

優れたコストパフォーマンスで、鮎釣りをやってみたい方におすすめしたいエントリーモデルです。扱いやすい軽さと硬さがあり、軽快な操作性としっかりとした強度を実現。取りまわしのいい9mの長さで、シーズンを通して活躍します。

 

濡れた手でも滑りにくい「しっとりグリップ」を採用。低価格で気軽に購入しやすく、鮎釣りデビューの初心者にぴったりの鮎竿です。

全長 9m 継数 8本
仕舞寸法 136.8cm 重さ 275g

口コミを紹介

小河川で使ってますが、軽く扱いやすいので満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽くてシャープなパワーロッド

ダイワの「銀影エア」は、非常に軽量なロッドが特徴です。独自の「SUPER SVFナノプラス」を採用し、力強いパワーと軽さ・シャープさを両立。その力強くも美しいデザインは、多くの釣り師を魅了します。

 

パワーと粘り強さを維持しながら、軽快性を高めた使い勝手がいい鮎竿。中・上級者の方におすすめの商品です。

全長 8.5m 継数 8本
仕舞寸法 143cm 重さ 211g

バレを軽減するパワータイプ

細身のロッドに高弾性カーボンを巻き上げ、ロッドパワーはそのままに粘りを最大限に向上させた鮎竿です。粘りが強く余計な反発力がないため、自然な取りこみができます。掛かり鮎に対してテンションを一定に保ちやすく、取りこみ時のバレを大きく軽減。

 

もちろん大鮎にも対応。細身のボディーが風抵抗を少なくするため、大河川でも繊細なコントロールで大鮎を狙えます。

全長 9.0m 継数 8本
仕舞寸法 138.8cm 重さ 263g

長さを変えられるアクションズームロッド

ねじれ剛性がある「スパイラルX」構造を搭載した、シマノのコストパフォーマンスモデルです。先調子感を活かした急瀬抜タイプで、高い感度とパワーを備えています。長さを8.5~9.0mで調整できるアクションズームロッドなため、幅広い河川で活躍します。

 

「Gクロスプロテクター」機能が堅牢性を高め、破損リスクを大幅に軽減。初心者・中級者におすすめの鮎竿です。

全長 8.5~9.0m 継数 8本
仕舞寸法 144.3cm 重さ 265g

口コミを紹介

軽さ、握った時の感触、振りやすさ、アユが掛かったら逃さない最高の竿です。今まで使っていた竿はもう使ええません。予備で2本購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

優れたコストパフォーマンス

ダイワの「プライム アユ」は、粘りや強度を補強するHVFナノプラスを採用。扱いやすい操作性と、引き抜き性能を高めるパワーを実現しました。急瀬抜ロッドなので、多くのシチュエーションに対応できます。

 

低価格ながらも性能は高く、初心者・中級者にぴったりの鮎竿です。ハイコストパフォーマンスのこちらの商品で、鮎釣りデビューをしてみませんか。

全長 8.96m 継数 8本
仕舞寸法 139cm 重さ 325g

口コミを紹介

さすがDAIWAさん、値段が安くてもそれなりの仕事をしてくれています。
上級者には不満は多いかもしれませんが、初級~中級者には良いかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

鮎竿のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 全長 継数 仕舞寸法 重さ
アイテムID:6558816の画像

Amazon

ヤフー

優れたコストパフォーマンス

8.96m

8本

139cm

325g

アイテムID:6558826の画像

Amazon

長さを変えられるアクションズームロッド

8.5~9.0m

8本

144.3cm

265g

アイテムID:6558828の画像

楽天

Amazon

ヤフー

バレを軽減するパワータイプ

9.0m

8本

138.8cm

263g

アイテムID:6558833の画像

Amazon

軽くてシャープなパワーロッド

8.5m

8本

143cm

211g

アイテムID:6558825の画像

楽天

Amazon

ヤフー

オールマイティに使える万能ロッド

9m

8本

136.8cm

275g

アイテムID:6558835の画像

楽天

Amazon

ハイエンドモデルに迫るスペック

8m

7本

136.5cm

195g

アイテムID:6558831の画像

楽天

Amazon

ヤフー

がまかつを代表するスタンダードモデル

9m

8本

138.8cm

230g

アイテムID:6558842の画像

楽天

Amazon

ダイワのハイエンドモデル

8.5m

8本

143cm

190g

アイテムID:6558829の画像

楽天

Amazon

がまかつのハイエンドモデル

9m

8本

138.7cm

240g

アイテムID:6559253の画像

Amazon

ヤフー

パワーのあるバランスのいい鮎竿

8.5m

8本

141cm

245g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、さまざまな釣り竿の人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

鮎竿が高い理由とは

鮎釣りデビューをする際に、釣り人が驚くのは鮎竿の高価さです。1万円前後の商品も多くありますが、数十万円の高額な商品も少なくありません。なぜ鮎竿には、こんなにも高額な商品が多いのでしょうか。

 

鮎竿が高い理由は、使用されているカーボン素材の質と量が関係しています。鮎竿はとにかく「軽さ」が重要で、軽くするためには高品質カーボンを多く使用する必要があります。その結果、軽量・高感度な鮎竿ほど価格が高価なものになっているのが理由です。

まとめ

ここまで鮎竿のおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。友釣りという釣法には、他の釣りにはない独特の魅力がありますよ。ご自身に合った鮎竿を選んで、鮎とのエキサイティングなかけひきを楽しみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

へら竿のおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも紹介!】

へら竿のおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも紹介!】

釣具
物干し竿の人気おすすめランキング15選【しならない4mのものも】

物干し竿の人気おすすめランキング15選【しならない4mのものも】

洗濯用品
【2023年最新版】サビキ釣り用の竿の人気おすすめランキング10選【ダイワ・シマノ】

【2023年最新版】サビキ釣り用の竿の人気おすすめランキング10選【ダイワ・シマノ】

釣具
渓流竿の人気おすすめランキング10選【イワナやハゼを釣ろう!】

渓流竿の人気おすすめランキング10選【イワナやハゼを釣ろう!】

釣具
万能竿の人気おすすめランキング11選【おすすめの釣竿メーカーもご紹介】

万能竿の人気おすすめランキング11選【おすすめの釣竿メーカーもご紹介】

釣具
投げ竿の人気おすすめランキング20選【コスパが高いものやダイワ・シマノも!】

投げ竿の人気おすすめランキング20選【コスパが高いものやダイワ・シマノも!】

釣具

アクセスランキング

バスロッドの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者まで】のサムネイル画像

バスロッドの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者まで】

釣具
トラウトロッドのおすすめ人気ランキング15選【ネイティブトラウロッドも!】のサムネイル画像

トラウトロッドのおすすめ人気ランキング15選【ネイティブトラウロッドも!】

釣具
【2023年最新版】サビキ釣り用の竿の人気おすすめランキング10選【ダイワ・シマノ】のサムネイル画像

【2023年最新版】サビキ釣り用の竿の人気おすすめランキング10選【ダイワ・シマノ】

釣具
釣り用腕時計の人気おすすめランキング15選【釣りに特化した腕時計!Gショックも!】のサムネイル画像

釣り用腕時計の人気おすすめランキング15選【釣りに特化した腕時計!Gショックも!】

釣具
【2023年最新版】タコ釣りルアーの人気おすすめランキング13選【良釣果をあなたに】のサムネイル画像

【2023年最新版】タコ釣りルアーの人気おすすめランキング13選【良釣果をあなたに】

釣具
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。