【2021年最新版】シーバスロッドの人気おすすめランキング20選【初心者から上級者まで】

記事ID11532のサムネイル画像

さまざまなフィールドで初心者から上級者まで楽しめるシーバスフィッシングに必要なシーバスロッド。シマノやダイワ、プロマリンなど多くのメーカーから色々な特徴を持つシーバスロッドが販売されています。この記事ではシーバスロッドの選び方と人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

汎用性の高さが魅力の万能なシーバスロッド

これからシーバス釣りを始めたい方にとって一番楽しみなのが、メインの釣り具であるシーバスロッド選びですよね。数あるシーバスロッドの中から最適なものを選ぶためには、釣りをするフィールドや狙う獲物のサイズ、重さに合わせて選ぶのがポイントです。

 

 シーバスを狙うために使うのがシーバスロッドですが、実はヒラメやマゴチ、小型の青物など他の釣りにも使えるんです!シーバスロッドの真の魅力は、その汎用性の高さ。これから釣りを始める方にとって1本持っておけば世界が広がるのがシーバスロッドなのです。

 

そこで今回はシーバスロッドの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは「価格・性能・扱いやすさ」を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

シーバスロッドの選び方

シーバスロッドは汎用性の高いロッドとして初心者から経験者まで人気があります。以下では、フィールドやレベルなど様々な視点からみたシーバスロッドの選び方をご紹介します。

タイプで選ぶ

シーバスロッドは大きく分けて2種類あります。それぞれの違いを理解したうえで、ご自分に合うタイプを選びましょう。

初心者には扱いやすくキャストしやすい「スピニングロッド」

ロッドの下向きに取り付けるスピニングリール専用のスピニングロッドは、重心が安定することから扱いやすくキャストしやすいのが特徴です。そのため、初めてのシーバスロッド購入を検討している初心者の方にはスピニングロッドがおすすめです。

 

以下の記事では、スピニングリールの人気おすすめランキング20選【バス釣りにも】を紹介しています。ぜひご覧ください。

重いルアーを使った釣りをするなら「ベイトロッド」

ロッドの上向きにベイトリールを取り付けるベイトリール専用のベイトロッドは、重心が不安定になりやすく扱いが少し難しいかもしれません。初心者の方にも扱いやすいベイトロッドもあるので、ベイトロッドが欲しい方はチェックしてみることをおすすめします。

 

ベイトロッドはラインが直線的に動くので、魚のあたりがよく伝わってくるのが特徴。重いルアーに対応しているものが多いです。

 

以下の記事では、飛距離を出せるベイトリール人気のおすすめランキング20選【100m以上も】を紹介しています。是非、参考にしてください。

硬さをチェック

シーバスロッドの硬さはUL(ウルトラライト)からXH(エクストラヘビー)の7種類で表されます。フィールドや対象の魚、ルアー、熟練度に合わせて適した硬さのロッドを選びましょう。

小型のシーバスを狙うならL~MLの「ライトタックル」

L(ライト)からML(ミディアムライト)の硬さをライトタックルと呼びます。軽めのルアーに対応する硬さで、重いルアーを使用する場合には竿が負けてしまいキャストしにくくなるので不向きです。セイゴサイズの小型のシーバスなどを釣りたい場合に最適です。

大物や青物も狙いたいならM〜Hの「ヘビータックル」

M(ミディアム)からH(ヘビー)の硬さをヘビータックルと呼びます。大型ルアーを遠投したい場合や、40〜60gのメタルジグを使って大物を狙いたい場合に適した硬さです。逆に軽いルアーではロッドの反発力が活かせないのでロングキャストしにくくなります。

 

以下の記事では、ビッグベイトの人気おすすめランキング15選【釣り好き必須!】を紹介しています。是非、参考にしてください。

テーパー(調子)をチェック

シーバスロッドを選ぶ際に注目したいのが「テーパー(調子)」です。テーパーとは、ロッドの曲がり具合を表すもので、テーパーごとにロッドの曲がり方が違います。どんな釣りがしたいか、何を釣りたいかに合わせて適したロッドを選びましょう。

先端が曲がる「ファーストテーパー」は操作性の良さが魅力

ロッドの穂先部分が7:3の割合で柔らかく曲がるのが「ファーストテーパー」です。感度がいいのでルアーが操作しやすく、正確なキャスティングがしやすいのが特徴。その反面、大型のシーバスが暴れやすくなるのがデメリットです。

さまざまな釣りに適する「レギュラーテーパー」

より穂先の曲がる部位が長く6:4の割合で曲がるのが「レギュラーテーパー」です。シーバスの食い込みが良く、ただ巻くだけのリトリーブに向いているため、初心者にも扱いやすい汎用性の高い調子です。ファーストテーパーに比べるとルアーの操作性は劣ります。

胴までよく曲がる「スローテーパー」強い引きにも対応

ロッドが5:5の割合で全体的に緩やかに曲がるのが「スローテーパー」です。大型のシーバスの強い引きにも対応しやすく、シーバスの食い込みが良いので暴れられても逃しにくいのが特徴です。その分、フッキングが難しいので注意が必要です。

経験に合わせて選ぶ

シーバスロッドは種類やモデルによってさまざまな特徴があり、扱いやすさにも違いがあります。そのため、満足のいくシーバスロッドを選ぶためには、アングラーのレベルに合わせて選ぶのがポイントです。

初心者には汎用性の高い万能モデルがおすすめ

初めてシーバスロッドを使う初心者の方は、遠投性、操作性、手回しの良さが揃ったロッドを選ぶのがポイントです。具体的には、長さは多くのシチュエーションでオールマイティに使える9フィート台、硬さはほとんどのルアーに対応できるMLがおすすめです。

上級者には高級感のあるハイエンドモデルがおすすめ

上級者になるとシチュエーションやターゲットに合わせたロッド選びを楽しむ方が多いのではないでしょうか?豊富な経験を持つ上級者には、各メーカーが細部までこだわったブランクスやガイド、グリップなどが高性能なハイエンドモデルがおすすめです。

フィールドに合わせて長さを選ぶ

シーバス釣りの魅力はフィールドの豊富さです。さまざまなフィールドに合わせて、適した長さや硬さを組み合わせたシーバスロッドを選ぶのがポイントです。

港湾・小型河川は短めの「7〜8.6フィート」

キャストするスペースが狭く、障害物が多い港湾や小型河川でのシーバス釣りには、手返しのしやすさと操作性の良さが重要です。このフィールドでは飛距離を必要としない場合が多いので、長さは7〜8.6フィート、硬さはL〜MLがおすすめです。

 

以下の記事では、バスロッドの人気おすすめランキング10選【初心者の方も】を紹介しています。是非、参考にしてください。

サーフ・大型河川のショアジギングは飛距離の出る「9〜10フィート」

サーフ(砂浜)や大型河川などキャストするスペースが十分にあるフィールドでのシーバス釣りには、飛距離の出る長めのロッドが向いています。ロッドの長さは9〜10フィート、硬さはルアー重量に合わせてML〜Mくらいがおすすめです。

 

以下の記事では、ショアジギングロットの人気おすすめランキング10選【2020年最新版】を紹介しています。ぜひご覧ください。

ウェーディングには中間的な長さの「8.6〜9フィート」

水に浸かりながらキャスティングするウェーディングゲームでは、ほどほどの飛距離が出せる長さと、手返しと操作性のしやすさを両立した中間的なロッドがおすすめです。慣れないうちは長すぎるロッドは扱いづらいので注意しましょう。

磯は手前の根を避けて飛ばせる「9.6〜10フィート」

磯でのシーバス釣りで一番気をつけなくてはならないのが、手前の岩や障害物などの「根」にひっかからないようにすることです。そのため磯でのシーバス釣りには、手前の根を避けて遠投できる飛距離が出る長さのロッドを選びましょう。

 

硬さは大物を強引に引っ張り上げられるM〜MH、青物も同時に狙いたければHがおすすめです。

飛距離を詰められる船やボートは「8.6フィート」

船上やボートからシーバスを狙う場合には、ターゲットに近くことができるので遠投する必要がなく飛距離は必要としません。そのため、狭い船上でも扱いやすい手返しと操作性の良さを重視したロッド選びがポイントです。

ガイドやガイドフレームをチェック

シーバスロッドを選ぶ際には、ガイドやガイドフレームもチェックするようにしましょう。ガイドは摩擦抵抗の少なさ、軽さ、ラインに傷がつきにくいことが重要なポイントです。

各メーカーともに「SiCリング」が主流

多くのシーバスロッドでは、強度が高く軽いのが特徴である富士工業社製の「SiCリング」を採用しています。また、ガイドは小径で数が多いものほど高価になる傾向があります。

PEラインを使用するなら糸が絡まりにくい「Kガイド」がおすすめ

シーバス釣りで使うラインはPEラインが主流です。PEラインは引っ張る力に対しては強度がありますが、摩擦に弱いのが特徴。KガイドやAGSなど、ラインの絡まりを防ぐPEライン対応のガイドフレームが人気です。

 

以下の記事では、peラインの人気おすすめランキング15選【シーバス・エギングを紹介】を紹介しています。是非、参考にしてください。

グリップの素材を選ぶ

シーバスロッドの持ち手部分の素材は大きく分けて2種類あります。どちらの素材が適しているか、好みや使い方に合わせて選びましょう。

見た目がおしゃれで軽い「コルク」

コルク製グリップは軽量でフィット感がよく、使い込むと味わいが出てくるのが特徴です。汚れやすく劣化しやすいため耐久性はあまり期待できませんが、おしゃれでかっこいいので見た目にこだわりたい方におすすめです。

手入れがしやすく耐久性が高い「EVA素材」

EVA素材のグリップは、汚れても水洗いできれいになるお手入れのしやすさと耐久性の高さが魅力です。扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。

継数をチェック

シーバスロッドの持ち運びや収納のしやすさに注目して選びたい場合は、ロッドの継数をチェックしましょう。

長いロッドは「2ピース」構造が主流

シーバスロッドは、継ぎ目のないワンピースといくつかのピースに分かれるものがあります。ワンピースはアクションや強度の特徴を発揮しやすいメリットがありますが、持ち運びが不便なのがデメリット。長さのあるロッドは2ピースに分割できるものが主流です。

バイクや電車移動にはコンパクトになる「3〜5ピース」が人気

2ピースタイプは分割しても約1.2mくらいの長さになります。バイクや自転車、電車で移動する方にとってはもう少しコンパクトに収まる3〜5ピースタイプがおすすめです。そのほかにも引き出して伸ばす振り出しタイプもあります

価格で選ぶ

シーバスロッドは各メーカーから様々な価格で販売されています。求める機能に応じた価格の商品を選ぶようにしましょう。

感度や性能を重視するなら「1万5千円以上」がおすすめ

シーバスロッドは使われている素材やガイド、採用技術などにより、軽量でかつパワーがあり、感度が良ければそれだけ価格も高くなる傾向にあります。軽量でパワーがあれば、ロッドを振り抜くやすく、パワーを活かした飛距離を飛ばせます。

 

さらにパワーがあることでシーバスのキャッチ率も上がり、感度が良ければシーバスのバイトやルアーの振動、流れの変化を掴みやすくなります。1万5千円以上のものであれば、良いロッド素材や技術が採用されているのでおすすめです。

安い価格重視なら「1万円以下」のお得なモデルがおすすめ

手軽にシーバス釣りを楽しみたい場合には、1万円以下で手に入れられるコスパのいいモデルがおすすめです。アングラーの熟練度に関わらず、シチュエーションごとにさまざまなロッドを試したい場合にも安くて性能のよいシーバスロッドは人気です。

メーカーで選ぶ

シーバスロッドを選ぶ際におすすめの主要メーカーを3つ紹介します。性能や価格などさまざまな特徴があるので、気になるメーカーの商品をチェックしてみてくださいね。

自転車部品メーカーとしても有名な「シマノ」

シマノのロッドは、高級シリーズ「エクスセンス」、ミドルモデルの「ディアルーナ」、エントリーモデルの「ソルティーアドバンス」や「ルアーマチック」など幅広いラインナップが特徴です。上位機種ではCi4+などの最新テクノロジーが搭載されています。

日本を代表する大手釣り具メーカー「ダイワ」

ダイワはシマノと並ぶ国内の2大釣り具メーカーです。スピニングロッド、ベイトロッドともに種類が豊富で、基本的にねじれを防ぐX45技術が採用されています。上位機種にはAGS(エアガイドシステム)やHVF(高密度HVFカーボン)技術が使われています。

コスパ最強なプライベートブランド「プロマリン」

プロマリンは浜田商会のプライベートブランド。数千円〜高くても1万円前後で購入できるリーズナブルな価格が魅力です。手を出しやすい価格帯なので初心者の方やチャレンジしたことがない釣り具を使ってみたいときにおすすめのメーカーです。

職人によるこだわりの品質保証なら「ヤマガブランクス」

ヤマガブランクスは現在では珍しい完全国内生産の釣り具メーカーです。日本国内の工場で設計士とプロの職人が常にコミュニケーションを取ることで、より質の高い製品が作られています。国産ならではの高品質にこだわる方におすすめです。

初心者だけでなく中級者~玄人にも人気の「メジャークラフト」

メジャークラフトは淡水のバス釣りからトラウトゲームまで様々な種類のロッドを取り扱っている釣り具メーカーです。安価で購入できるため、初心者が気軽に釣りを始めるのにおすすめです。さらに種類が豊富なので、中級者や上級者からも愛されています。

シマノ製シーバスロッドの人気おすすめランキング4選

軽量化にこだわったシーバスロッド

ルミナスは軽量化にとことんこだわって作られたシーバスロッドです。新設計のブランクス、軽量高感度を実現するマッスルカーボン、カーボン強化素材であるCI4+リールシートなどにより、キャストしやすく感度のいいロッドに仕上がっています。

長さ 9.5フィート 硬さ ML
ルアー重量 8〜32g タイプ ベイトロッド

口コミを紹介

感度もそれなりによく、パワーもあるため色んな魚種を楽しめるロッドだと思います。ちなみにライトショアジギングもアオリもシーバスも太刀魚もこれ一本で楽しむつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

遠投性能の高いサーフ向きシーバスロッド

ムーンショットは飛距離が必要なサーフや大型河川などで威力を発揮する、遠投性能の高いシーバスロッドです。根元のバットパワーが強いので、大物のシーバスや青物を狙うだけでなく重いメタルジグを遠投したい場合にも最適です。

長さ 9.6フィート 硬さ M
ルアー重量 8〜42g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

大満足です。価格も手頃で、扱いやすいですし、かっこいい。あとは釣りの腕だけ!笑

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広いルアーゲームに対応したオールラウンダー

ルアーマチックはシーバスはもちろん、メバルやアジなどのライトショアゲームや淡水でのトラウトゲームまで幅広く対応できるオールラウンダーのロッドです。入門機としてもおすすめできる価格なので、初心者の方の最初の1本にも最適です。

長さ 8.6フィート 硬さ ML
ルアー重量 6〜28g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

当たりもすごく分かりやすく、初竿だったのにいまだに主力として使っています!初めての方は最初は色々な釣りを試すと思うので、この竿はオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

遠投性能とパワーを兼備したシーバスロッド

この商品は、サーフや大型河川など広いフィールドで活躍する遠投性能とパワーを兼備したシーバスロッドです。長いロッドでありながらも軽量設計のブランクスで操作性もアップ。さまざまなルアーに対応できるスタンダードなシーバスロッドです。

長さ 10.5フィート 硬さ MH
ルアー重量 10〜56g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

どのぐらいの硬さかって言うと、60gのジグがカッ飛んでいきます。不安感は全くありません。なんなら60gぐらいが1番竿に重さが乗っていて投げやすいぐらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シマノ製シーバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6842224の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6842221の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6842218の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 4
    アイテムID:6842215の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • ディアルーナ スピニング S106MH
  • ルアーマチック S86ML
  • ムーンショット シーバス
  • ルナミス B906ML
  • 特徴
  • 遠投性能とパワーを兼備したシーバスロッド
  • 幅広いルアーゲームに対応したオールラウンダー
  • 遠投性能の高いサーフ向きシーバスロッド
  • 軽量化にこだわったシーバスロッド
  • 価格
  • 29,335円(税込)
  • 7,170円(税込)
  • 14,706円(税込)
  • 42,451円(税込)
  • 長さ
  • 10.5フィート
  • 8.6フィート
  • 9.6フィート
  • 9.5フィート
  • 硬さ
  • MH
  • ML
  • M
  • ML
  • ルアー重量
  • 10〜56g
  • 6〜28g
  • 8〜42g
  • 8〜32g
  • タイプ
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • ベイトロッド

以下の記事では、シマノのリールの人気おすすめランキング25選を紹介しています。是非、参考にしてください。

ダイワ製シーバスロッドの人気おすすめランキング4選

ルアー入門に最適な横断型シリーズ

こちらのシーバスロッドは、おかっぱりルアーフィッシング入門ロッドで、ルアー入門に最適な横断型シリーズです、気持ちよくキャストできる高品質ブランクで、握りやすいダイワオリジナルのリールシートを採用した人気のシーバスロッドです、

長さ 8.2フィート 硬さ ML
ルアー重量 5~25g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

ダイワの下位モデルですがさすがに一流メーカーだけあってすごく使いやすいです。まだ小物しか釣れてませんが、結構柔らかめでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ優秀な軽量・高感度なブランクが魅力

この商品は飾り気をなくしたことで上位機種と遜色のない軽量化に成功したシーバスロッドです。ねじれに強いX45構造のブランクは遠投にも強く、感度も良好で、PEラインが絡みにくい特性のあるKガイドを採用しています。

長さ 8.5フィート 硬さ ML
ルアー重量 7〜35g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

ラテオとシーバスハンターの間のロッドですが、両方使ったことのある感想からすると、両者の良いとこ取りのロッドです。安くて必要最低限の技術が使われていて良かったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

シーバス釣りを楽しめる万能ロッド

この商品はダイワのシーバスロッドの中でも特に初心者におすすめのロッドです。初めての方にも使いやすいリバティクラブは、シーバスはもちろん、さまざまな釣りに使えるバーサタイル性が魅力で、さまざまな釣りの楽しみが広がる夢のロッドです。

長さ 9フィート 硬さ ML
ルアー重量 7〜35g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

とても使いやすく万能なロッドだと思いました。今年はメインで使っていたロッドが折れ、秋から2ヶ月間このロッド1本で釣ってました。60~70㎝のシーバスも釣り上げましたが問題なし。やっぱり最高!!

出典:https://www.amazon.co.jp

携帯性に優れたマルチなシーバスロッド

クロスビートは携帯性に優れた振り出し式のシーバスロッドで、さまざまなフィールドやターゲットに対応できるマルチパフォーマンスが最大の魅力です。メイン機としてはもちろん、サブ機として愛用する方も多い人気のシーバスロッドです。

長さ 9.5フィート 硬さ M
ルアー重量 7〜35g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

マルチに使ってます。シーバスでは遠投にも!35㌘で最高の飛びをします!

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワ製シーバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6842240の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:6842237の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6842234の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:6842231の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • クロスビート
  • リバティークラブシーバス
  • シーバスロッド LAZY
  • ルアーニスト 96ML
  • 特徴
  • 携帯性に優れたマルチなシーバスロッド
  • シーバス釣りを楽しめる万能ロッド
  • コスパ優秀な軽量・高感度なブランクが魅力
  • ルアー入門に最適な横断型シリーズ
  • 価格
  • 9,500円(税込)
  • 7,975円(税込)
  • 18,881円(税込)
  • 8,096円(税込)
  • 長さ
  • 9.5フィート
  • 9フィート
  • 8.5フィート
  • 8.2フィート
  • 硬さ
  • M
  • ML
  • ML
  • ML
  • ルアー重量
  • 7〜35g
  • 7〜35g
  • 7〜35g
  • 5~25g
  • タイプ
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド

以下の記事では、ダイワリールの人気おすすめランキング20選を紹介しています。是非、参考にしてください。

コスパ最強!1万円以下シーバスロッドの人気おすすめランキング4選

3000円以内で購入できるコスパの良さ!

長続きするかどうかわからないけれどシーバス釣りを楽しんでみたいという方におすすめしたいのがこの商品です。3000円以内という安さにも関わらず、しっかりとした強度と持ちやすさを兼ね備えたコスパの良いシーバスロッドです。

長さ 6フィート 硬さ
ルアー重量 6〜12g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

これいいですよ!まず値段のわりにはしっかりした塗装してます。硬さも自分には丁度いいです。またロッド途中からの脱着で車内収納に困りません!

出典:https://www.amazon.co.jp

小型〜中型ルアーに対応するシーバスロッド

この商品は小型〜中型のルアーに対応した汎用性の高いシーバスロッドです。シンプルなデザインで使いやすく、安いシーバスロッドの中でも人気の高い商品です。柔らかくて軽いので、シーバスだけでなくエギングやメバリングにも活躍します。

長さ 7フィート 硬さ ML
ルアー重量 3.5〜14g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

エンギングやアジングやメバリング等の小物に対しては非常に使いやすくて反応がいいので自分は釣りやすいです。値段を考えると物凄いコストパフォーマンスです。

出典:https://www.amazon.co.jp

多様なシーンに対応する万能ロッド

ダイワのルアーニストはサーフや防波堤、磯などさまざまなフィールドでのルアーゲームに適したシーバスロッドです。入門ロッドとしても購入しやすい値段と、ダイワならではの品質の高さが魅力。オリジナルの竿袋付きです。

長さ 8.5フィート 硬さ ML
ルアー重量 5〜25g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

色々と迷った結果、Daiwaブランドが安心感があるのでこれに決めました。何でも釣りたいので、万能的な使い方をしています。30cm程のサバも抜き上げ出来ました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

Fuji製SiCガイドとリールシート装備のロッド

この商品はロッドに負荷がかかったときのねじれを抑えるために、X状にカーボンシートが巻かれたブランクが特徴。しなやかで強いブランクにFuji製のSiCガイドとリールシートが装備された耐久性の高いシーバスロッドです。

長さ 9フィート 硬さ
ルアー重量 15〜50g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

シーバスとタチウオ用に購入。使った感じ、よく出来てると思う。

出典:https://review.rakuten.co.jp

コスパ最強!1万円以下のシーバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6842256の画像

    ocean

  • 2
    アイテムID:6842253の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6842250の画像

    OGK(オージーケー)

  • 4
    アイテムID:6842247の画像

    Takimi

  • 商品名
  • シーバスロッド TR03W
  • ルアーニスト 86ML
  • グローバルウェーブソルト
  • シーバスロッド スピニングモデル
  • 特徴
  • Fuji製SiCガイドとリールシート装備のロッド
  • 多様なシーンに対応する万能ロッド
  • 小型〜中型ルアーに対応するシーバスロッド
  • 3000円以内で購入できるコスパの良さ!
  • 価格
  • 8,800円(税込)
  • 8,975円(税込)
  • 2,901円(税込)
  • 2,680円(税込)
  • 長さ
  • 9フィート
  • 8.5フィート
  • 7フィート
  • 6フィート
  • 硬さ
  • ML
  • ML
  • ルアー重量
  • 15〜50g
  • 5〜25g
  • 3.5〜14g
  • 6〜12g
  • タイプ
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド

初心者向け万能シーバスロッドの人気おすすめランキング4選

幅広い釣り方やターゲットに対応したロッド

この商品はシーバス専用ロッドとしての機能を持ちながらも、トラウトやエギング、アジングなどさまざまな釣り方やターゲットにも対応した汎用性の高さが特徴です。このロッドがあればいろんな釣りが楽しめるので、初心者の方におすすめです。

長さ 9.0フィート 硬さ ML
ルアー重量 5〜30g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

30g以下のメタルジグ・バイブでシーバス・鯖・太刀魚釣れました。見た目がカッコよくて気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

シマノ製シーバスロッドのエントリーモデル

ルアーマチックはシマノ製シーバスロッドのエントリーモデルとして大変人気があります。手頃な値段で高性能なうえに、シーバスだけでなくさまざまな釣りにも対応する汎用性の高さが魅力。初めてのシーバスロッドにおすすめです。

長さ 9フィート 硬さ ML
ルアー重量 6〜28g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

65cm、55cmのシーバスを釣りましたが非常に使いやすい竿です。ファスト寄りのテーパーで魚のコントロールがしやすく意外とパワーもあります。ルアーも24gのバイブレーションを気持ち良くフルキャストできました。この値段でしかもパックロッドという事を考えると大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者にも扱いやすい遠投モデル

この商品は大型河川やサーフなどキャストスペースが広いフィールドでの釣りに向いた遠投モデルです。初心者にも扱いやすいしなやかさと力強さをもったロッドで、中級者以上の方にとってもサブロッドとして人気があります。

長さ 9.6フィート 硬さ ML
ルアー重量 10〜30g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

柔らかすぎず軽いのに強くてしなやかに振り抜ける印象。手頃な価格ながら安っぽさはなく長く愛用したいと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパに優れたシーバスロッドのエントリーモデル

浜田商会のプライベートブランドであるプロマリンのシーバスロッドは、価格の安さと性能の良さが魅力です。この商品はさまざまなフィールドに対応する軽量のオールラウンドモデルで、初めてロッドを購入する方におすすめです。

長さ 9フィート 硬さ ML
ルアー重量 7〜35g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

初心者ですが、扱いやすい竿です!

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向け万能シーバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6842270の画像

    プロマリン(PRO MARINE)

  • 2
    アイテムID:6842267の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6842264の画像

    Major Craft(メジャークラフト)

  • 4
    アイテムID:6842261の画像

    アブガルシア(Abu Garcia)

  • 商品名
  • CB ソルティーラガーシーバス
  • シーバスハンターX
  • クロステージ タコロッド
  • クロスフィールド
  • 特徴
  • コスパに優れたシーバスロッドのエントリーモデル
  • 初心者にも扱いやすい遠投モデル
  • シマノ製シーバスロッドのエントリーモデル
  • 幅広い釣り方やターゲットに対応したロッド
  • 価格
  • 3,242円(税込)
  • 13,579円(税込)
  • 11,682円(税込)
  • 9,481円(税込)
  • 長さ
  • 9フィート
  • 9.6フィート
  • 9フィート
  • 9.0フィート
  • 硬さ
  • ML
  • ML
  • ML
  • ML
  • ルアー重量
  • 7〜35g
  • 10〜30g
  • 6〜28g
  • 5〜30g
  • タイプ
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド

上級者向け高級シーバスロッドの人気おすすめランキング4選

シーバスロッドの本格派シリーズ

ダイワのラブラックスAGS(エアガイドシステム)は、あらゆるシーバスに対応する個別設計の本格派シリーズ。スピニングモデル・ベイトモデル共に人気があります。ターゲットに合わせたロッド選びをしたい上級者におすすめのシリーズです。

長さ 10.5フィート 硬さ MH
ルアー重量 12〜60g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

ダイワの使いやすいロッド!バイトもしっかり伝わります!ラブラックスおすすめです!

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量なトルザイトリング搭載モデル

この商品はヤマガブランクスのシーバスロッドの中でも最高峰のモデルです。耐衝撃性・復元性に優れた素材・ナノアロイや、SiCリングより約40%も軽いトルザイトリングを採用し、高性能で操作性に優れたシーバスロッドとして人気です。

長さ 9.6フィート 硬さ MH
ルアー重量 8〜38g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

まず何より扱いやすい!重さも感じさせず、振り抜きはかなりシャープ。キャスト時のティップのブレも感じません。ルアーは30g前後が非常に扱いやすいが、40g以上も余裕で振り抜けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイエンドモデルの中でもコスパのいいモデル

シマノのエクスセンスジェノスシリーズは、シマノの最新鋭テクノロジーを搭載したしなやかで高感度なシーバスロッドです。高性能で軽量なハイエンドモデルの中でもコスパのよいロッドで、シンプルで高級感のあるデザインも人気です。

長さ 9.8フィート 硬さ M
ルアー重量 6〜40g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

素晴らしい!使用した感じ、ここが悪いなという癖が見つからなかったです。カーボンモノコックはちょっと雑音が多い気がしますが、私はそれくらいで十分です!

出典:https://www.amazon.co.jp

軽さと操作性の良さが人気のモデル

ダイワのモアザンエキスパートシリーズは、新AGSガイド搭載のシーバスロッドです。新しい素材を使った新しいR形状のAGSガイドにより、さらに軽量化に成功し、水中からの情報量も格段にアップしました。最高峰モデルをお探しの方におすすめです。

長さ 9.4フィート 硬さ ML
ルアー重量 5〜30g タイプ スピニングロッド

口コミを紹介

ブランジーノ94MLと一緒に堤防で使ってます。こちらの方がショートバイトも確実にフッキングしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

上級者向け高級シーバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6842284の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:6842281の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6842278の画像

    ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)

  • 4
    アイテムID:6842275の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • モアザン エキスパート
  • エクスセンス ジェノス
  • バリスティック
  • ラブラックスAGS
  • 特徴
  • 軽さと操作性の良さが人気のモデル
  • ハイエンドモデルの中でもコスパのいいモデル
  • 軽量なトルザイトリング搭載モデル
  • シーバスロッドの本格派シリーズ
  • 価格
  • 71,038円(税込)
  • 53,460円(税込)
  • 55,132円(税込)
  • 38,434円(税込)
  • 長さ
  • 9.4フィート
  • 9.8フィート
  • 9.6フィート
  • 10.5フィート
  • 硬さ
  • ML
  • M
  • MH
  • MH
  • ルアー重量
  • 5〜30g
  • 6〜40g
  • 8〜38g
  • 12〜60g
  • タイプ
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド
  • スピニングロッド

シーバス釣りの仕掛けと結び方

シーバスロッドを手に入れたら、仕掛けやラインの結び方をチェックして練習しておきましょう。エビ撒き釣り、フライフィッシング、ルアーフィッシングなど釣り方に合わせて適した仕掛けがあります。挑戦したい方法に合わせて少しずつ揃えていきましょう。

 

より詳しい情報を知りたい方は、以下のページをチェックしてみてくださいね。

以下の記事では、メタルジグの人気おすすめランキング15選を紹介しています。ぜひご覧ください。

シーバスリールもチェック

シーバスロッドを選んだら、シーバスリールもチェックしましょう。シーバスリールも釣りで重要な道具のひとつです

 

大きなシーバスがヒットしたときに、焦らずやりとりでき、多くのシーバスアングラーが並ぶハイプレッシャーや活性が低い状況においても、釣果ゼロで帰らないためには、最適なリールを選ぶ必要があります。

 

以下の記事では、シーバスリールの人気おすすめランキング15選【多数の番手掲載】をご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまでシーバスロッドの選び方のポイントや、おすすめランキングをご紹介してきましたが、お気に入りの商品は見つかりましたか?初めてシーバス釣りに挑戦する方も、ベテランの方も、この記事を参考にして希望にあったシーバスロッドを見つけてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】エギングロッドの人気おすすめランキング20選【初心者〜上級者】

【2021年最新版】エギングロッドの人気おすすめランキング20選【初心者〜上級者】

釣具
【2021年最新版】人気メーカーのロードバイク人気おすすめランキング15選【初心者の方にも】

【2021年最新版】人気メーカーのロードバイク人気おすすめランキング15選【初心者の方にも】

自転車
【2021年最新版】大型バイクの人気おすすめランキング15選【乗ってて疲れない】

【2021年最新版】大型バイクの人気おすすめランキング15選【乗ってて疲れない】

バイク
【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング22選【ふわふわ・コスパの良いものなど】

【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング22選【ふわふわ・コスパの良いものなど】

日用品
【2021年最新版】バドミントンラケットの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】バドミントンラケットの人気おすすめランキング15選

バドミントン用品
釣り用クーラーボックスの人気おすすめランキング20選【コスパが良いものも紹介】

釣り用クーラーボックスの人気おすすめランキング20選【コスパが良いものも紹介】

アウトドアグッズ