飛距離を出せるベイトリールのおすすめ人気ランキング20選【遠投に】

海釣りや陸っぱりで使用するベイトリールですが、遠投できるリールが欲しい方は多いのではないでしょうか。ベアリングやライン、投げ方によって飛距離は左右されますが、改造なしでも良いリールは多いです。そこで、この記事ではベイトリールの選び方やおすすめ商品について解説します。

ベイトリールは飛距離を出すのに向いている

太いラインが巻けたり、手返しが早かったりと使い勝手のいいベイトリールは、必須ツールとして扱われています。これから海釣りを始めようとする初心者の方が揃えるもののひとつで、いろいろと探しているのではないでしょうか。

 

実はベイトリールはやや扱いづらいリールで、同列で扱われることの多いスピニングリールと比べると慣れるまで時間がかかります。うまく扱わないと全く飛距離はでません。だからこそ、自分に合ったベイトリールを選ぶ必要があります。

 

しかし、ベイトリールの選び方がわからない方のためにこの記事では釣る魚の種類・性能・メーカーの観点からベイトリールの選び方と共におすすめのベイトリールをランキングにして紹介します。

結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

海釣りやバス釣りにもおすすめのシマノベイトリール

ベアリングに対して防錆素材でシーリングを行なっており、ベアリング自体も錆を寄せ付けないベアリングを使用しているので、海釣りで使用していてもガリガリと異音がすることなく快適に巻き上げれます。

 

もちろん、ベイトリールに必要不可欠な遠心力ブレーキSVSを搭載しており、キャスト時に飛距離が出過ぎてライントラブルにならないように、ラインの出過ぎを抑止してトラブルが起こりにくくなっています。

重さ 210g ギア比 7.2:1
最大ライン 130m 性能 遠心力ブレーキSVS搭載

飛距離の出るベイトリールの選び方

ベイトリール特有のバックラッシュにならないようにするには、どういったベイトリールを使用すれば良いのかを紹介します。

釣る魚の種類で選ぶ

どんな魚を釣るかによって使うベイトリールの種類を選ぶことで魚は釣りやすくなり、どんな特徴のベイトリールが良いのかについて解説します。

「シーバス釣り」がメインの方は手返しがいいベイトリールがおすすめ

シーバス釣りをメインにしている方は手返しの良いベイトリールがおすすめですシーバスは基本的にナイトゲームになることが多いので、昼間の釣りよりも大変になります。手返しがいいベイトリールはコントロールがしやすいです。

 

コントロールがしやすければその分、手数が増やせるのでヒット数を増やすことができるでしょう。下記の記事では、シーバスロッドについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

「ロックフィッシュ」釣りがメインの方は強い力でラインが巻けるものがおすすめ

悪食で何でも食べるロックフィッシュ釣りはヒット数自体はありますが、岩陰や海藻の奥に潜んで暮らしており、ヒットしても岩陰に隠れられてラインが切れてしまう可能性があります。

 

隠れる前にパワーで釣り上げる必要があるので、強い力でラインが負けるリールがおすすめです。下記の記事では、ハードロックフィッシュロッドについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

ギア比で選ぶ

リールのギア比によって扱いやすさは変わり、適材適所のリールを選ぶと釣りがしやすくなるため、ギア比別のリールの選び方について解説します。

オフショアなど強烈な引きの魚に対抗したい方は「ローギア・ノーマルギア」がおすすめ

ラインを巻くスピードは遅いですが、強力な力をラインにかけることができるのがローギアとノーマルギアで、オフショアなど強烈な引きをする大物狙いの方はローギアやノーマルギアを選ぶといいでしょう。

陸っぱりなど高速でルアーを巻きたい方は「ハイギア」がおすすめ

ラインが長い、高速でルアーを巻きたい方はハイギアがおすすめです。ハイギアはパワーこそローギアやハイギアに比べると弱いですが、高速回転で巻き取ることができるので、ヒット後のリールコントロールに優れています。

 

陸っぱりや、展開を自由にコントロールしたい方におすすめです。

ブレーキシステムで選ぶ

ブレーキシステムは主にマグネットブレーキ・遠心ブレーキ・DCブレーキの3つです。自分の不得意な技術を補えるブレーキシステムを選びましょう。

重いルアーを扱う方は「マグネットブレーキ」がおすすめ

磁力でスプール回転にブレーキを与える仕組みのマグネットブレーキは、ブレーキの力が常に一定なので重いルアーを扱う時に便利で調整が簡単になります。半面、キャスト後半の伸びは落ちるので注意が必要です。

伸びを出したい方は「遠心ブレーキ」がおすすめ

スプールの回転に応じてブレーキ量が変わる仕組みの遠心ブレーキです。そのため、スプールの回転がほとんどなくなるキャスト後半はブレーキがほぼなくなります。伸びを出したい時におすすめです。

 

遠心ブレーキは水分や異物が入り込むとブレーキ力が落ちたり、消耗品なのでメンテナンスが必要です。

自動でブレーキをかけたい方は「DCブレーキ」がおすすめ

シマノ独自のブレーキシステムで電子制御によってブレーキがかかります。リールの状態によってブレーキ量を自動でコントロールしてくれるので知識がない初心者でも扱いやすく、バックラッシュも起こりにくいです。

 

デメリットは少なく、やや特殊な回転音がするくらいなので、回転音が気にならない方であればデメリットは皆無です。

悩みで選ぶ

魚釣りをしていての悩みはさまざまです。自分の弱点をリールで補うと、より柔軟に魚釣りが楽しめます。

バックラッシュを防ぎたい方は「バックラッシュ防止」があるものがおすすめ

メリットの多いベイトリールの数少ないデメリットの1つであるバックラッシュは、ベイトリールの構造上、バックラッシュは切っても切れないのですが、中にはバックラッシュを防ぎやすいリールが販売されています。

 

完璧に防ぐことはできませんが、格段にバックラッシュが起きる確率を減らせるので、バックラッシュに悩んでいる方におすすめです。

投げ方・使い方が不安な初心者は「キャストが簡単」なベイトリールがおすすめ

ベイトリールを扱うのが初めての方はキャストが簡単なベイトリールがおすすめですベイトリールは扱いやすいリールではありますが、狙った所に投げるにはある程度の練習が必要です。

 

使い方・投げ方に不安のある初心者は、最初の内は練習を兼ねてキャストがしやすいベイトリールを選ぶと上達が早くなります

新しいベイトリールが欲しい方は「最新式」がおすすめ

バス釣りに慣れてきて今使っているベイトリールでは物足りなくなってきたという方は最新式のベイトリールがおすすめです。最新式のベイトリールであればデジタルコントロールやプログラムされた最新機能が搭載されています。

 

今よりも格段に釣りやすくなってよりバス釣りが楽しめるようになるでしょう。

使いやすさ重視の方は「ハンドルの位置」を確認

使いやすさを重視する方はハンドルの位置がキャストと反対になるベイトリールを選びましょう。ハンドルの位置は右と左があり、細かい点ですが、ハンドルの位置にまでこだわることで釣りがしやすくなります。

安さを求める方は「中古品」も確認

安さを求める方・新品にこだわりのない方は中古品もしっかりと確認しましょう。ベイトリールは自分に合わないとすぐに売りに出す方も多く、お手頃価格で購入できることが多いです。

重さで選ぶ

飛距離を出すのであれば、ブレーキ性能が大きく関係してきますが、ベイトリールが重いと何度もキャストするのに疲れてしまいます

軽いリールが欲しい方は「200g未満」がおすすめ

軽量モデルのベイトリールであれば、150g前後となっています。しかし、ベイトリールが軽量過ぎても狙えなくなる魚も出てくるので、釣りたい魚に対応しているベイトリールか確認をしてから軽量モデルのベイトリールを購入しましょう。

 

ボディの素材は、各メーカーさまざまなものがあり、カーボンからグラファイトまで使用しています。

パワーを必要とする魚を狙うなら「200g以上」がおすすめ

200g前後のベイトリールでも重量的には軽い分類ですが、重いものであれば、500g以上のものもあり、狙う魚によっては、重さによるパワーも必要となってきます。

性能で選ぶ

各メーカーでブレーキシステムが違えば、性能も異なっており、ベイトリールの性能はどういったものがあるのかを紹介します。

船・海釣りは「ソルト対応」がおすすめ

船・海釣りでベイトリールを使う方はソルト対応がおすすめです。その名の通り塩に対して劣化しにくい素材で作られているので、海水に対しての耐久性が高く、海釣りがメインの方はソルト対応のベイトリールを購入しましょう。

軽いルアーで手返しよくキャストしたい方は「ベイトフィネスリール」がおすすめ

軽いルアーを手返しよくキャストができるベイトフィネスリールは、その軽さからコントロールがしやすく、手数を増やしてヒット数を増やします。シビアなラインセレクトにも対応し、コントロール重視の方におすすめです。

ジギングしたい方は「ベアリング性能」が高いものがおすすめ

ベアリングは、スムーズにハンドルを回すために必要なパーツです。画像にあるようにさまざまな部分に使用されて、ベイトリールが滑らかな動きになるので、海水でも使用できるに水が入らない仕様のものもあります。

 

淡水も海水・ジギングをするのであれば、必要な機能となっているので確認することをおすすめします。

価格で選ぶ

最近では、1万円以下でも十分な性能の持つベイトリールを購入できますので、メーカーによってのおすすめの価格帯の紹介をします。

コスパが良くて安いものが欲しい方は「1万円未満」がおすすめ

以前に比べて、価格が安くても高性能なベイトリールを選べるようになりました。中でも価格を抑えてベイトリールを購入したいのであれば、カストキングというアメリカのメーカーのベイトリールがおすすめです。

 

アメリカで実績のあるメーカーですが、コストパフォーマンスが良いです。とりあえず価格が安いベイトリールを購入するのであれば、1万円以下のエントリーモデルもおすすめになります。

しっかりした飛距離が出したい方は「1万円以上」がおすすめ

1万円以上のベイトリールは、エントリーモデルからハイエンドモデルまであり、ベイトリールが初心者であれば、3万円も出せば高性能なものを購入できます。それ以上の価格のものもありますが、大物対応の場合が多いです。

 

初心者を抜け出して、最初に購入したベイトリールよりも性能をあげたいのであれば、次は3万円程度の価格のものを狙いましょう。

メーカーで選ぶ

ベイトリールについてわからない方は信頼性のあるメーカーで選ぶといいでしょう。代表的なメーカーはシマノ・ダイワ・アブガルシアです。

初めてリールを購入する初心者の方は「ダイワ」がおすすめ

日本の2大釣りメーカーの1つであるダイワは、種類が豊富でほぼ全てのパーツを自社開発しているので、品質が高いことで有名です。独自生産をしているので全体的に価格が安く、購入しやすいのが特徴になります。

 

始めてベイトリールを購入する初心者の方におすすめです。下記の記事では、ダイワリールについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

耐久性重視の方は「アブガルシア」がおすすめ

スウェーデンの老舗釣りメーカーであるアブガルシアは、シンプルで耐久性の高いリールが揃っていることです。構造がシンプルが故に壊れにくいので、良いものを長く使いたい方におすすめになります。

高性能なリールが欲しい方は「シマノ」がおすすめ

ダイワと並ぶ日本2大釣りメーカーの1つがシマノです。ダイワはロッドの性能が高いのに対してシマノはリールの性能が高くなります。ベイトリールも高性能なものが多いので、リールにこだわりがある方にシマノはおすすめです。

 

下記の記事では、シマノのリールについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

飛距離を出せるベイトリールの人気おすすめランキング20選

2019年モデルのバックラッシュの少ない使い勝手がいいベイトリール

おかっぱりからのロックフィッシュゲームで圧倒的な回収の速さを実現できるベイトリールです。ハンドル1回転あたり最大105cmも回収することが出来るのが魅力的な特徴になります。

 

ブレーキシステムには、6点遠心ブレーキとマグネットブレーキを併用しているインフィニティブレーキシステムを採用しており、向かい風でも安心することができ、バックラッシュをが少なくなります。

重さ 208g ギア比 10.1:1
最大ライン 105cm 性能 インフィニティブレーキシステム

口コミを紹介

動画やフィッシングショーなどで一回転1メートル越えのリールとして発売され、さらにボディが赤でカッコいいですね!アブ好きな人なら文句ないリールだと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

糸巻きやメンテナンスが簡単なアブガルシアの高コスパ品

アブガルシアの大人気シリーズ、アンバサダーです。メンテナンスもしやすく、パーツが多いので、カスタムすることもできるので、自分好みにすることができるベイトリールになります。

 

まだ、アンバサダーを使用したことがない方にもリーズナブルに購入でき、糸巻きも簡単で、初心者の方にもおすすめのベイトリールです。

重さ 305g ギア比 5.1:1
最大ライン - 性能 全魚対応

口コミを紹介

アンバサダーが好きで、安いので買ってみた。思ったより軽くて普通に使えそう。ただ届くのに1ヶ月くらいかかる。樹脂パーツが多め、レベルワインダー、機会ブレーキのツマミ等、安っぽいところも。使えるけど普通の5500Cが欲しくなるかも

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワの2019年モデルのベイトリール

搭載しているスプールがボールベアリングだけで支えられている構造で、余計な抵抗がかからない、飛距離を狙えるベイトリールです。バス釣りの性能は飛距離だけでなく、ライントラブルも解消します。

 

ダイワの独自開発した「SVコンセプト」により、バックラッシュなどのライントラブルを抑えれます。2008年に一旦退いたミリオネアシリーズが2019年に新機能を搭載して新たに登場しました。

重さ 210g ギア比 7.2:1
最大ライン 70m 性能 SVコンセプト

口コミを紹介

・ノーシンカー 3,5inchシャッド問題なく投げれます。
・見た目がかっこいい
・作り込みがしっかりしている。

出典:https://www.amazon.co.jp

アブガルシアベイトリールのコンパクトモデル

アルミフレームを採用していることにより、149gと軽量を実現できたベイトリールです。性能はしっかりとしていて、マグネット式と遠心式のブレーキの特徴を併せ持ったインフィニブレーキを搭載しています。

 

風の抵抗に合わせて調整可能なので、どんなコンディションでも安心して釣りができます。軽いだけが特徴じゃない、操作性にも優れたベイトリールで、ソルトにも対応しているので場所を選ばずに使用可能です。

重さ 149g ギア比 7.1:1
最大ライン 71cm 性能 アルミフレーム採用

口コミを紹介

海水対応でドラグ力もかなりあるので使える場面が多いので優秀だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

投げ方によらずとにかく飛距離が欲しい方におすすめ

ターンアラウンド式TWS搭載することにより、4~5g前後の軽量リグから重量級ルアーまでストレスなく使用できるベイトリールです。簡単にキャストできるので、投げ方によらず、飛距離も狙えます。

 

ベイトリールを使用したくない理由に、バックラッシュがありますが、アキュラシー性能を大幅にアップすることで、極めてバックラッシュを起きにくいようになりました。使い心地の良いブレーキシステムが魅力です。

重さ 200g ギア比 7.3:1
最大ライン 90m 性能 ターンアラウンド式TWS搭載

口コミを紹介

ベイトリールはバックラッシュして面倒だと思っていて今まで使わずにいましたが、タトゥーラSVTWのトラブルレス性能のおかげでストレスフリーで釣りの幅が広がり(投げれるルアーが増え、キャストの正確性も上がり)最高です!

出典:https://www.amazon.co.jp

中古でも価格の高いシマノベイトリールのコンパクトモデル

最高性能を追求した130gシマノのベイトリールです。コンパクトなのに、豊富な機能を搭載している、中古でも価格の高い高級モデルで、マグネットブレーキにより、バックラッシュを抑止できます。

 

ボディ自体も「HAGANEボディ」を採用しているので、衝撃にも耐えて、たわみを抑えれ、ベアリングに対しても、外からの水の侵入も防ぐ構造となっているので、海水でも問題なく使用できます。

重さ 130g ギア比 8.0:1
最大ライン 45m 性能 HAGANEボディ採用

口コミを紹介

マグネットブレーキのダイヤルもこちらの方が回しやすく
使い勝手がいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワタトゥーラの2019年モデルで初心者にも中級者にもおすすめ

全世界のゲームフィッシュと対峙するタトゥーラシリーズの2019年モデルで、高い基本性能はもちろんのこと、タフコンセプトも継承されており、新型のスーパーメタルフレームを採用しています。

 

オーバーヘッドキャストだけでなく、軽くサイドキャストをしても滑らかに飛んでいく、飛距離を出せるので、初心者・中級者のどちらもこれを購入しておけば間違いない性能となっています。

重さ 195g ギア比 7.1:1
最大ライン 115m 性能 新型スーパーメタルフレーム採用

口コミを紹介

安いのに作りがしっかりしてる。巻き心地もスムーズ。
飛びも安定してて初級者から上級者まで安心してオススメできます!

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量モデルのアブガルシアベイトリール

REVOの遺伝子を引き継いだアブガルシアの軽量ベイトリールです。新搭載のMAGTRAX-Xブレーキシステムを搭載しているので、ROXANI8やROXANI7シリーズのスプールと互換性があります。

 

アルミニウムのフレームとソルトシールドピニオンBBを搭載しているので、淡水だけでなく、海水で使用することも可能となっており、どちらでも釣りもやってみたい方におすすめのベイトリールとなっています。

重さ 185g ギア比 8.0:1
最大ライン 100m 性能 ソルトシールドピニオンBB搭載

口コミを紹介

ソルトでも使えますし、コスパもいいのでガンガン使ってみたいと思います!
気になる方は買いですよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

アブガルシア(Abu Garcia)

ベイトリール ソルティーステージ コンセプトフリー

ダブルハンドル対応のアブガルシアのコンセプトフリーモデル

アブガルシアのコンセプトフリーモデル、ベイトリールです。ハンドルをダブルハンドルに変更すれば、イカメタルやライトジギングをでき、シングルハンドルでパワーハンドルにすればタチウオを狙えます。

 

とりあえず、狙う魚を考えずに性能の良いベイトリールが欲しいのであれば、こちらがおすすめです。最大ドラグ力も7kgあるベイトリールとなっています。

重さ 220g ギア比 6.4:1
最大ライン 200m 性能 カスタム可能

口コミを紹介

見た目も良く、見方によって緑〜青〜紫と本体色が常に輝いているのは…男の子なら誰しも惚れる輝きのはずです。

出典:https://www.amazon.co.jp

LEDバックライト付デジタルカウンター付きのベイトリール

暗い場所でもフィッシングゲームを楽しむLEDバックライト付デジタルカウンター付きのベイトリールです。従来のものよりも導光板を追加して視認性を向上させた新しいモデルとなっています。

 

目的に合わせてパワーハンドルにすることで、ヒラメや根魚に勝負を挑めます。最大ドラグ力は6kgですが、握りやすいハンドルで大物と勝負をしてもパワーで負けることはないでしょう。初心者におすすめです。

重さ 245g ギア比 5.8:1
最大ライン 300m 性能 LEDバックライト付デジタルカウンター付き

口コミを紹介

太刀魚ジギングではテンヤで40-90mtrまで沈めましたが、船長が言う棚とほぼ3-5mtr以内誤差でヒット。カウンターはほぼ正確でしょう。午前便でしたが指3-5本の計13本、最大101cmも難なく巻き上げられました。

出典:https://www.amazon.co.jp

船釣りに最適なコストパフォーマンスの良いベイトリール

船釣りに最適なシングルバングルのベイトリールです。カレイからアジまで対応することのできるコストパフォーマンスに優れていて、価格が安いのに、ブレーキシステムはしっかりと搭載しています。

 

ベイトリールを使用すると初心者に起こりやすいバックラッシュを防ぐのにも期待でき、初心者から中級者 まで使用できるベイトリールです。バックアップラチェットで万が一の大物にも対応できます。

重さ 228g ギア比 6.4:1:1
最大ライン 200m 性能 マグトラックスブレーキシステム

口コミを紹介

初めての船ベイトでしたが、あると便利なロケットクラッチ。80号の錘で太刀魚巻くのに、疲れるが、許容範囲。次はシマノのハイギア棚センサー付きを買い、その次は電動リールを目指してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

アイアンマンカラーのベイトリール

船小物釣りを快適にできる充実な機能を搭載しベたイトリールで、スムーズな仕掛け落下できるようにスーパースプールフリーを搭載しています。リールを握り込んだ手でそのままクラッチをOFFにすることも可能です。

 

キャストをしなくても釣りを楽しめ陸でも船でも楽しめるベイトリールとなっています。カラーも目立つので、他の人と少し違った性能の良いベイトリールが欲しいのであればおすすめです。

重さ 205g ギア比 7.0:1
最大ライン 100m 性能 スピード重視のハイギヤ

口コミを紹介

投げても落としても良し!
値段も手頃で申し分ないリールです。

私にはサイコーの商品ですね!!

出典:https://www.amazon.co.jp

陸っぱりにおすすめのコンパクトモデル

ベイトリールの特徴のバックラッシュに対して対策をしているので、ストレスフリーに使用できるブレーキシステムを採用しています。回転レスポンスも軽量のインダクトローター構造とスプールによって実現できました。

 

軽い力でスプールがスパッと立ち上がり、遠くまでキャストでき、反対に力み過ぎるとブレーキがしっかりと効きます。バックラッシュをしてエイトリールが嫌になった方や、初心者におすすめです。

重さ 145 ギア比 8.1:1
最大ライン 50m 性能 エアブレーキシステム

口コミを紹介

バックラッシュも少なく3~7gの間のルアーであればマグブレーキ5~4の間の調整幅で極端なセッティング変更もいらないので扱いやすいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

カーボン素材使用の軽量モデル

ボディにカーボンを使用しているので、優れた剛性と軽量を実現する事ができました。軽量モデルなので、今まで使用していたリールが重く感じていたのであれば買い換えることをおすすめします。

 

1日中使用するものですので、疲労軽減にも繋がり、感度の向上にも結びつきます。コンパクトですが、カーボンを使用していて剛性もあるので、ハンドルで巻き上げるパワーも強力です。

重さ 185g ギア比 7.2:1
最大ライン 200m 性能 遠心力ブレーキSVS搭載

高い剛性と使いやすいICカウンターを搭載

高剛性で、高い負荷がかかっても歪むことなく巻き上げることができ、ハンドルノブを滑りにくい幅広仕様にしているのでターゲットを幅広く設定することができます。初心者に使いやすいおすすめのリールです。

重さ 240g ギア比 4.9
最大ライン - 性能 メタルフレーム

口コミを紹介

使ってみると十分満足の行く商品だと思ってお気に入りになっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

オフショアからのジギングにおすすめ

状況に応じてブレーキをかけれるデジタルブレーキを搭載しており、向かい風邪の時や回転がピークになった時にはブレーキが効いてバックラッシュを起きにくくなります。

 

その結果、飛距離を伸ばす事ができるシマノの開発したブレーキを搭載しており、ラインの種類やルアーの種類によって15通りのブレーキモードの設定をすることが出来る優れたベイトリールとなっています。

重さ 215g ギア比 7.2:1
最大ライン 120m 性能 デジタルコントロールブレーキ搭載

口コミを紹介

竿を閉めすぎるとサイドプレートが開かなくなることがあります
mddc出して欲しいですね

出典:https://www.amazon.co.jp

使い方・ラインの巻き方が簡単で誰にでも使用しやすい

誰でも使いやすいをコンセプトに開発されたベイトリールで、使い方・ラインの巻き方が簡単で、基本性能がしっかりしているので、初心者にも使用しやすいモデルです。

 

価格が安いのに基本性能はしっかりとしていて、90mmアルミクランクハンドルとソフトタッチフラットノブを搭載しています。しばらく釣りから離れていた人が改めて始めるのにもおすすめのモデルです。

重さ 195g ギア比 7.5:1
最大ライン 100m 性能 ソルト対応

口コミを紹介

リール本体の質感、巻きごごちなど特に不満ないです。3号のナイロンを巻いてますがライントラブルもありません。遠投性も良く飛んでくれます。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで機動性が高く安いベイトリール

大人気のブラックマックスシリーズがコンパクト、軽量になって新登場しました。スプール径が33パイになっただけでなく、海水でも使用できるようになったので、場所を選ばずにどこでも釣りを楽しめます。

 

そして、細かな設定が可能な「パワーディスクドラグシステム」を搭載しているので、場所に応じて、絶妙な滑らかさに設定でき、コンパクトなのにしっかりと巻き上げることができます。

重さ 202g ギア比 6.4:1
最大ライン 90m 性能 パワーディスクドラグシステム

口コミを紹介

軽量でコンパクト、マグブレーキの効きがダイヤルにしっかり比例していてセッティングも簡単で良く飛びます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイトリールの基本性能を向上させた初心者におすすめのリール

T-ウィングシステムというリールの飛距離がアップしてフォールが速くなるシステムを搭載しており、このT-ウィングシステムのおかげでコントロールがしやすくなり、バッククラッシュの発生も少なくなっています。

 

今までのベイトリールの基本的性能を向上させているので、初心者にもおすすめの使いやすいリールです。

重さ 234g ギア比 8.1
最大ライン 81cm 性能 ジュラルミン製SVスプール搭載

口コミを紹介

とても優秀なリールです。Mロッドでフロロカーボン10lbを80m程巻いて試投しました。5g~20g位までのルアーはほぼ全てダイヤル4で軽いサミングだけで投げられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

海釣りやバス釣りにもおすすめのシマノベイトリール

ベアリングに対して防錆素材でシーリングを行なっており、ベアリング自体も錆を寄せ付けないベアリングを使用しているので、海釣りで使用していてもガリガリと異音がすることなく快適に巻き上げれます。

 

もちろん、ベイトリールに必要不可欠な遠心力ブレーキSVSを搭載しており、キャスト時に飛距離が出過ぎてライントラブルにならないように、ラインの出過ぎを抑止してトラブルが起こりにくくなっています。

重さ 210g ギア比 7.2:1
最大ライン 130m 性能 遠心力ブレーキSVS搭載

口コミを紹介

SVSを調整してやると素人のサミングでもバックラッシュせず、かつ遠くに飛ばすことができました。
初心者が楽しめる性能です

出典:https://www.amazon.co.jp

飛距離を出せるベイトリールのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 重さ ギア比 最大ライン 性能
アイテムID:11481635の画像

楽天

Amazon

ヤフー

海釣りやバス釣りにもおすすめのシマノベイトリール

210g

7.2:1

130m

遠心力ブレーキSVS搭載

アイテムID:11478502の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ベイトリールの基本性能を向上させた初心者におすすめのリール

234g

8.1

81cm

ジュラルミン製SVスプール搭載

アイテムID:11478499の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コンパクトで機動性が高く安いベイトリール

202g

6.4:1

90m

パワーディスクドラグシステム

アイテムID:11478496の画像

楽天

Amazon

ヤフー

使い方・ラインの巻き方が簡単で誰にでも使用しやすい

195g

7.5:1

100m

ソルト対応

アイテムID:11478493の画像

Amazon

ヤフー

オフショアからのジギングにおすすめ

215g

7.2:1

120m

デジタルコントロールブレーキ搭載

アイテムID:11478490の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高い剛性と使いやすいICカウンターを搭載

240g

4.9

-

メタルフレーム

アイテムID:11478489の画像

楽天

Amazon

ヤフー

カーボン素材使用の軽量モデル

185g

7.2:1

200m

遠心力ブレーキSVS搭載

アイテムID:11478486の画像

楽天

ヤフー

陸っぱりにおすすめのコンパクトモデル

145

8.1:1

50m

エアブレーキシステム

アイテムID:11478483の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アイアンマンカラーのベイトリール

205g

7.0:1

100m

スピード重視のハイギヤ

アイテムID:11478480の画像

楽天

Amazon

ヤフー

船釣りに最適なコストパフォーマンスの良いベイトリール

228g

6.4:1:1

200m

マグトラックスブレーキシステム

アイテムID:11478477の画像

楽天

Amazon

ヤフー

LEDバックライト付デジタルカウンター付きのベイトリール

245g

5.8:1

300m

LEDバックライト付デジタルカウンター付き

アイテムID:11478474の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ダブルハンドル対応のアブガルシアのコンセプトフリーモデル

220g

6.4:1

200m

カスタム可能

アイテムID:11478471の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量モデルのアブガルシアベイトリール

185g

8.0:1

100m

ソルトシールドピニオンBB搭載

アイテムID:11478468の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ダイワタトゥーラの2019年モデルで初心者にも中級者にもおすすめ

195g

7.1:1

115m

新型スーパーメタルフレーム採用

アイテムID:11478465の画像

Amazon

ヤフー

中古でも価格の高いシマノベイトリールのコンパクトモデル

130g

8.0:1

45m

HAGANEボディ採用

アイテムID:11478462の画像

楽天

Amazon

ヤフー

投げ方によらずとにかく飛距離が欲しい方におすすめ

200g

7.3:1

90m

ターンアラウンド式TWS搭載

アイテムID:11478459の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アブガルシアベイトリールのコンパクトモデル

149g

7.1:1

71cm

アルミフレーム採用

アイテムID:11478456の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ダイワの2019年モデルのベイトリール

210g

7.2:1

70m

SVコンセプト

アイテムID:11478453の画像

楽天

Amazon

ヤフー

糸巻きやメンテナンスが簡単なアブガルシアの高コスパ品

305g

5.1:1

-

全魚対応

アイテムID:11478450の画像

楽天

Amazon

ヤフー

2019年モデルのバックラッシュの少ない使い勝手がいいベイトリール

208g

10.1:1

105cm

インフィニティブレーキシステム

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

スピニングリールとベイトリールの違い

ベイトリールを調べていて目にする機会の多いスピニングリールです。実はこの2つにはできる事に違いがあり、ベイトリールは感度が良く、ヒットの感触が分かりやすいという特徴があります。

 

一方、スピニングリールは遠投が可能です。遠い場所に落としたい場合はスピニングリールを用いるといいでしょう。スピニングリールについては選び方とおすすめ商品を下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

飛距離を出すにはpeやナイロンラインにもこだわろう

飛距離がでない、飛距離を出すにはどうしたらいいのかわからないと悩んでいる方は多いと思います。飛距離を出すには「バックラッシュを起こさないこと」「ルアーの初速を維持すること」が重要です。

 

バックラッシュが起きるということはpeやナイロンライン放出が上手くできていないことでもあります。技術の問題はありますが、ラインそのものにも原因がある場合があるので、まずはラインを見直してみるといいでしょう。

 

下記の記事でナイロンラインのおすすめについて紹介しているので、自分に合ったラインが欲しい方は参考にしてください。

ベイトリールの遠投の平均飛距離について

ベイトリールの遠投で他の方はどれくらい飛ばしているのか平均距離が気になる方は多いのではないでしょうか。平均飛距離であれば50メートルあれば及第点と考えていいでしょう。

 

しかし、あまり飛距離にとらわれるのはおすすめしません。実は平均飛距離はあまり意味がないからです。目的は魚を釣ることなので、遠投したからといってそれが釣果に繋がることはありません

 

それよりはしっかりと魚のいるポイントに正確に投げられる方が重要なので、まずは10メートル先に正確に投げられるようになる練習をすることをおすすめします。

最高のベイトリールが欲しい方は改造・チューニングをしてみよう

初心者の内はベイトリールを購入したらそのまま使えばいいですが、ある程度慣れてきたら改造やチューニングがおすすめで、既製品は全ての方が扱いやすいように平均値を取っているので、痒い所に手が届かないケースが起こります。

 

ベアリングを変えたりよりリールを軽くしたりできるので、余裕がある方は試してみるといいでしょう。

ベイトリールのメンテナンス頻度は?

ベイトリールを使い続けるためには、メンテナンスが必要です。毎度釣りで使用した際には水洗いを行うことはもちろん、半年に一度はパーツを分解してのお手入れを行いましょう。

ベイトリールの糸巻き量・巻き方は?

ベイトリールを使用する際には、まずベイトリールに正しくラインを巻かなくてはいけません。巻き方は、初心者でもできるほど簡単なので、しっかりと調べながら行いましょう。また、糸巻き量は商品によって異なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はベイトリールについて紹介しました。まだ使用していない方も最近はバックラッシュの対策をしているリールも多いです。現在スピニングリールを使用しているのであれば、一度お試しください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

バス釣り向けベイトリールのおすすめ人気ランキング20選【2023年最新版】

バス釣り向けベイトリールのおすすめ人気ランキング20選【2023年最新版】

釣具
シマノのリールの人気おすすめランキング25選【比較表でランクを紹介!】

シマノのリールの人気おすすめランキング25選【比較表でランクを紹介!】

釣具
ダイワリールの人気おすすめランキング18選【ランクや値段が安い順に比較表で紹介】

ダイワリールの人気おすすめランキング18選【ランクや値段が安い順に比較表で紹介】

釣具
電動リールのおすすめ人気ランキング15選【メーカーもご紹介!】

電動リールのおすすめ人気ランキング15選【メーカーもご紹介!】

釣具
ホースリールのおすすめ人気ランキング15選【巻き取りやすい散水ホースも】

ホースリールのおすすめ人気ランキング15選【巻き取りやすい散水ホースも】

農業資材・ガーデニング用品
トラウトリール人気おすすめランキング15選【スピニングリールも紹介】

トラウトリール人気おすすめランキング15選【スピニングリールも紹介】

釣具

アクセスランキング

バスロッドの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者まで】のサムネイル画像

バスロッドの人気おすすめランキング15選【初心者から上級者まで】

釣具
トラウトロッドのおすすめ人気ランキング15選【ネイティブトラウロッドも!】のサムネイル画像

トラウトロッドのおすすめ人気ランキング15選【ネイティブトラウロッドも!】

釣具
【2023年最新版】サビキ釣り用の竿の人気おすすめランキング10選【ダイワ・シマノ】のサムネイル画像

【2023年最新版】サビキ釣り用の竿の人気おすすめランキング10選【ダイワ・シマノ】

釣具
釣り用腕時計の人気おすすめランキング15選【釣りに特化した腕時計!Gショックも!】のサムネイル画像

釣り用腕時計の人気おすすめランキング15選【釣りに特化した腕時計!Gショックも!】

釣具
【2023年最新版】タコ釣りルアーの人気おすすめランキング13選【良釣果をあなたに】のサムネイル画像

【2023年最新版】タコ釣りルアーの人気おすすめランキング13選【良釣果をあなたに】

釣具
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。