ロードバイクのハンドルの人気おすすめランキング10選【メーカーも】

記事ID20180のサムネイル画像

レースや長距離走るために必要なロードバイク。今回は、そんなロードバイクのハンドルのおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介します。おすすめのメーカーやカーボンやアルミといった素材、軽量のものからエアロ形状のものなど、おすすめの選び方も幅広く解説。記事の最後では、ハンドルの握り方や角度も解説しますので必見です。

ロードバイクのハンドル次第で変わる乗り心地

ロードバイクの乗り心地をも左右する、ハンドル。自分好みのものや目的別のものに交換してカスタマイズをすることで、より乗り心地をよくすることもできれば、時として勝負を左右することもあります。

 

交換の際には、ハンドルだけを交換すればいいように思えますが、実はハンドルの幅を広げたりする場合、他に必要な物が出てくる場合があるんです。ですので、それを考慮して様々な部品をチェックしておくことも必要です。

 

そこで今回はロードバイクのハンドルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはカーボン製、アルミ製、エアロタイプを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ロードバイクのハンドルの選び方

ここからは実際に、ロードバイクのハンドルの選び方を解説します。今からロードバイクを購入しようとしている方、初めてハンドルを交換しようとしている方も必見です。

ハンドルの形で選ぶ

ロードバイクのハンドルといっても、様々な種類が存在しています。自分の使用用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

スピード重視やレースを意識するなら「シャロー」がおすすめ

その見た目からも伝わるように、本格的なレースなどにも使用されているロードバイク。レース用としてロードバイクを使用したい方、もしくは、走行する際にスピード重視をしたい方におすすめなのが、シャローというハンドルの形状です。

 

このハンドルの特徴は、下に向かって深く孤を描いたような形になっており、ハンドルの下部の握ることで前傾姿勢を取れるため、風の抵抗を通常で走行する時よりも減らして走行できることもあり、スピードが出やすくなっています

安定性を重視するなら「アナトミック」がおすすめ

ロードバイクで走行する際に、安定感を重視したいという方におすすめなのが、アナトミックという形状のハンドルです。ハンドル部分の下に出っ張っている部分は握りやすいため、あらゆる場面での安定した走行が可能

 

そこで気をつけておきたいポイントの1つとして挙げられるのが、直線部分を握った際のブレーキまでの距離感です。慣れてくれば問題ありませんが、ブレーキを焦って探してしまうような方は注意が必要です。

ツーリングなど長距離目的なら「アナトミックシャロー」がおすすめ

本格的なものではなく、操作性も比較的簡単なものがいい、もしくは使い勝手がいいハンドルが欲しいという方におすすめなのが、アナトミックシャローという形状のハンドルです。このハンドルは、その名の通り、シャローとアナトミックの機能が入った万能型のモデル

 

それぞれの長所や特徴を盛り込んだような形状をしており、下部に伸びている箇所も程よく直線で程よく弧を描いています。握りやすく使いやすいことから、ロードバイクの初心者にもおすすめの形状です。

日常生活で使用するなら「ブルホーン」がおすすめ

通勤や通学に使用したい、買い物に出かける際などにロードバイクに乗りたいという時におすすめなのが、ブルホーンという形状のハンドルです。ハンドルの大半は地面と平行になったような形状で、そこから角のように両サイドが少し上がっているのが特徴的です。

 

従来の自転車のようにブレーキとの距離が比較的近いため、下に伸びている形状のハンドルではブレーキに手が届かないという方にもおすすめのハンドルです。なお、このブルホーンの形状だと、レースには参加することができませんので注意が必要です。

剛性の高いものが欲しいなら「エアロ」がおすすめ

空気抵抗ができるだけ少ない方がいい、剛性の高いものが欲しいという方におすすめなのが、エアロハンドルです。ハンドル部分は空気抵抗を受けやすいパーツの1つでもありますので、レースなどではそれが勝敗を左右する可能性さえあります。

 

空気抵抗が少ないだけあって、速度のアップも期待できるハンドルで、レースで勝ちにこだわる方にはもってこいのモデルです。また、素材はカーボン製ですので、使い勝手も良いのも特徴的です。

素材で選ぶ

ここでは、ハンドルの素材に関して解説していきます。素材で機能も異なりますので、特に初心者の方は必見です。

走行の快適性を重視するなら軽量の「カーボン製」がおすすめ

初心者を含め走行の快適性を重視したい方におすすめなのが、カーボン製のハンドルです。カーボン製のハンドルは、衝撃吸収性があったり調湿性に優れているため、不安定な道や場所を走ってもその衝撃などが体に直接伝わりにくくなっているのが特徴的です。

 

そうした道を走る予定がある方や、そういう場所をメインで走行する方、またロードバイクが初めてで独特の衝撃に不慣れだという方にもおすすめの素材です。

コスパの高さ重視なら「アルミ製」がおすすめ

なるべくハンドルは安く済ませたいという方におすすめなのが、アルミ製のハンドルです。ここ近年ではアルミ製もクオリティが高くなり、カーボンとの差も人によってはあまり感じないという方も増えてきているのが現状です。

 

軽量性もモデルによってはあまり変わらないうえに、耐久性を考えた時にはアルミ製の方が時と場合によって長持ちする場合もありますので、アルミ製のハンドルもおすすめです。

強度の高さを重視するなら「スチール製」がおすすめ

ハンドルの強度を重視したい方、またロードバイクを乗り始めた初心者の方にもおすすめなのが、スチール製のハンドルです。スチール製のものは、素材としては重いですがその分強度も高く、万が一転倒してしまった場合でも破損しにくい素材になっています。

 

軽量化にこだわる場合には敬遠されがちですが、コスパも高く安全性も上がるため、安全性を重視したい方にもおすすめの素材です。

体格やレベルで選ぶ

ロードバイクのハンドルは、乗る人の体格やレベルでも選ぶポイントが異なります。ここでは、基本となる3つをピックアップしてご紹介します。

ハンドルの幅は基本「肩幅に合わせる」

ロードバイクのハンドルの基本の幅は、自分の肩幅に合わせることがポイントです。そのためにもまずは自分の肩幅を測っておいて、そこから似たような幅のロードバイクのハンドルを選ぶと、あまり迷わずに選ぶことができます。

 

一般的に売られているロードバイクのハンドルは約400mm程度の長さですので、それを基準にして選ぶと良いでしょう。ちなみにそれよりも幅が広いと安定性が増しやすくなり、短くすると姿勢の関係で空気抵抗が減少し、スピードが出やすくなります。

初心者なら「ドロップとリーチのどちらも短め」がおすすめ

ロードバイクをこれから購入しようといている方、もしくはハンドルを初めて交換しようとしている方におすすめなのが、ドロップの幅とリーチが、共に短めのものです。もう少し詳しくいうと、リーチが70~90mmでドロップが120mm程度のものになります。

 

どちらも長く深いと前傾姿勢でもキツいレベルになってくるので、ロードバイクに慣れていない初心者は、まずは体に負担がきにくい長さを選ぶのがベストです。

「バークランプ径」のサイズもチェック

バークランプ径は、ハンドルの中心部に位置しているハンドルとロードバイク本体を繋げている部分のことを指します。このサイズも、実は一定ではなく種類があるので、ハンドルの交換をする際には、そのサイズもチェックしておくようにしましょう。

 

サイズの種類としては、25.4mmのもの、26mmのもの、そして31.8mmのものが存在していますが、専ら最近ではロードバイクのハンドルの主流は31.8mmです。とはいえ、所持しているロードバイクもそのサイズとは限りませんので、必ずチェックしましょう。

メーカーで選ぶ

ロードバイクのハンドルを取り扱っているメーカーは様々存在していますが、その中でもいくつかピックアップしてご紹介します。

世界トップクラスのパーツを供給する「デダ エレメンティ」

ロードバイクのハンドルをはじめ、あらゆる自転車のパーツを供給しているデダ エレメンティ。世界トップクラスのハイクオリティなパーツの数々は、プロチームにも採用されているほどの実力と信頼を誇ります。

 

また、ロードバイクにぴったりのデザインも魅力的で、そのデザイン欲しさに購入する人も。世界中で愛されているトップメーカーの1つです。

アルミ製などを取り扱う「3T」

アルミ製のパーツなどを取り扱うイタリア生まれのメーカー3T。ハンドルはもちろんのこと、ホイールなどのその他のパーツも取り扱っているほか、近年ではボディの生産も始め、幅広く商品を取り扱っています

精度の高さで人気を誇る「トムソン」

ロードバイクのハンドルをはじめとした自転車のパーツだけでなく、様々なものを精度の高い技術で次々と作り出しているトムソン。その信頼は、大手の航空会社などからも得るほどで、様々なところでトムソンの精度の高い技術が採用されています。

 

またその精度の高さから世界中にはたくさんのファンがおり、幅広い人から重宝されています。カーボンの加工をはじめ、アルミやチタンの加工技術が高いのも特徴の1つです。

職人の技が光る「日東」

日東はパイプ系統のパーツを主に扱っているメーカーで、ロードバイクのハンドルの素材としては、アルミ製のものをメインに取り扱っています。伝統的な技術を基にして作られる高品質な商品が、特徴であり魅力です。

軽量性や機能性に自信を持つ「リッチー」

自転車のフレーム作りで世界から高評価を得ているリッチーですが、ハンドルやホイール、ステムなどパーツも製造しており、その評価もまた高く有名です。軽量化や機能性に特に力を入れており、その高精度の技術はプロにも採用されるほど

 

世界選手権のような大きな大会にも使用されるほど、信頼と実績のあるメーカーでもあります。

エアロハンドルも販売している「イーストン」

自転車のパーツだけでなく、幅広いスポーツの商品も取り扱っているイーストン。ロードバイクのハンドルに関して言えば、イーストン独自の素材で作り上げられており、高品質であることも魅力的です。

 

また、先程も少し紹介したエアロハンドルなども取り扱っており、様々なニーズに対応できるような品揃えが豊富であることも魅力の1つです。

ドロップとリーチの距離もしっかり確認

ロードバイクのハンドルでチェックしておくべき項目の1つに挙げられるのが、ドロップとリーチの距離です。ちなみにドロップとは、ドロップハンドルの上下の長さのことを指し、リーチとは前後の長さのことを指しています。

 

リーチが大きい場合には前傾姿勢が深くなるため直進性に優れており、逆に小さい場合には前傾姿勢が浅くなるため、コントロール性に優れています。自分の走行する場所に適したようにしておくと、より快適な走行をすることが可能です。

バーテープを巻いて手を滑りにくく

装着したハンドルをそのまま握って走行することも可能ですが、短時間ならばともかくツーリングなどで長時間乗る際には、やはり手も疲れれば汗や場合によっては雨などで滑りやすくなってしまいます

 

そうなってくると危険が伴いますので、バーテープを巻いてグリップ力を上げたり滑りにくくする必要があります。ですので、初めてロードバイクを購入した際なども、バーテープを巻いておくことをおすすめします。

 

以下の記事では、ロードバイクヘルメットの人気おすすめランキング15選をご紹介しています。ぜひご覧ください。

カーボン製ハンドルの人気おすすめランキング5選

超軽量のフルカーボンハンドル

軽量性が売りのこちらのロードバイクのハンドルは、約250gと超軽量。また、それでいて耐久性があるので、長く使いたい方におすすめのモデルです。ハンドル幅には、サイズ展開があり、400mmの他に、420mm、440mmがあります。

 

デザインはクールでスタイリッシュですので、かっこいいデザインのハンドルが欲しいという方におすすめのモデルです。また、握りやすいだけでなく滑りにくさもあり、安全性もきちんと考慮されています。

ハンドル幅 400mm バークランプ径 31.8mm
ドロップ幅 約130mm リーチ幅 約80mm

口コミを紹介

初めて見るメーカーで、ハンドル内のバリが気になっていましたが、バリはほとんど無く、アウターとインナーがスルスル通りました。ヤスリがけもしてません。最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルカーボンの超軽量ドロップハンドル

コンパクト設計された、超軽量のフルカーボンドロップハンドルです。コンパクト設計ならではの快適な走行も可能となっています。また機能性も抜群で、軽量性をはじめ、耐久性、高い剛性と、ロードバイクのハンドルに必要不可欠な機能が揃っているのも魅力的

 

そのため、使い方によっては長期使用も可能ですので、ハンドルの交換が面倒な方や同じモデルを長く使用したいという方にも、おすすめのカーボンタイプのハンドルです。

ハンドル幅 380/400/420/440mm バークランプ径 31.8mm
ドロップ幅 130mm リーチ幅 90mm

口コミを紹介

明らかに振動の質が全然違うのが体感できたのが嬉しい。心配していた硬性も全く問題なし。ダンシング時でもヨレなど少しも感じないです。耐久性も問題無さそうですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

エアロタイプのドロップハンドル

こちらのロードバイクのハンドルは、カーボン素材でありエアロタイプのモデルです。サイズ展開があり、400mm、420mmそして440mmとあるので、自分の走行タイプやレベルなどに合わせて選ぶことができます

 

また、曲がりがコンパクト設計になっているため、誰が握っても握りやすいように作られているのも特徴的です。エアロタイプのロードバイクのハンドルが欲しいという方に、おすすめのモデルです。

ハンドル幅 400/420/440mm バークランプ径 31.8mm
ドロップ幅 123.5mm リーチ幅 79.4mm

口コミを紹介

下ハンのグリップ部分が絞り込まれているため、厚めのバーテープでもグリップポジションが握りやすくなっています。ホビーライド向けで使うには十分な剛性があると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャロー形状のハンドルバー

ロードバイクのこちらのハンドルは、シャロー形状のハンドルバーでショートリーチです。重量は420mmで、約175gと軽量性も抜群。軽量でシャロータイプのロードバイクのハンドルが欲しいと思っている方には、おすすめのモデルです。

ハンドル幅 400、420、440mm バークランプ径
ドロップ幅 130mm (400サイズは125mm) リーチ幅 80mm (400サイズは75mm)

口コミを紹介

これまでアルミの時は30km位で軽く手が痺れることがあったが、まったく痺れない。このハンドルは、柔らかいカーボンのようにたわむこともなく剛性があるのに、しっかり振動を吸収してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

超軽量のエアロ形状のハンドル

こちらのロードバイクのハンドルは、超軽量のエアロ形状モデルです。軽量モデルが欲しい方やエアロモデルが欲しい方に、おすすめのハンドル。また、耐久性も抜群ですので、それを重視している方にもおすすめです。

ハンドル幅 400/420/440mm バークランプ径 31.8mm
ドロップ幅 127mm リーチ幅 104mm

口コミを紹介

硬さもしっかりしていて乗った感じも良く振動も吸収してくれていると思います。オススメ。

出典:https://www.amazon.co.jp

カーボン製ハンドルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6369430の画像

    PLATT

  • 2
    アイテムID:6369421の画像

    Fizik(フィジーク)

  • 3
    アイテムID:6369418の画像

    WEITELI

  • 4
    アイテムID:6369414の画像

    PLATT

  • 5
    アイテムID:6369402の画像

    EC90

  • 商品名
  • ドロップハンドル
  • ドロップハンドル
  • カーボンハンドル
  • ロードバイクハンドル
  • フルカーボンドロップハンドル
  • 特徴
  • 超軽量のエアロ形状のハンドル
  • シャロー形状のハンドルバー
  • エアロタイプのドロップハンドル
  • フルカーボンの超軽量ドロップハンドル
  • 超軽量のフルカーボンハンドル
  • 価格
  • 円(税込)
  • 32840円(税込)
  • 5499円(税込)
  • 5180円(税込)
  • 円(税込)
  • ハンドル幅
  • 400/420/440mm
  • 400、420、440mm
  • 400/420/440mm
  • 380/400/420/440mm
  • 400mm
  • バークランプ径
  • 31.8mm
  • 31.8mm
  • 31.8mm
  • 31.8mm
  • ドロップ幅
  • 127mm
  • 130mm (400サイズは125mm)
  • 123.5mm
  • 130mm
  • 約130mm
  • リーチ幅
  • 104mm
  • 80mm (400サイズは75mm)
  • 79.4mm
  • 90mm
  • 約80mm

アルミ製ハンドルの人気おすすめランキング5選

オーソドックスなアルミ製ドロップハンドルバー

こちらのロードバイクのハンドルは、アルミ合金製モデルです。デザインもスタイリッシュでシンプルな、どのようなロードバイクにも合うオーソドックスタイプ。ハンドルはシンプルデザインがいいという方に、おすすめのモデルです。

 

またアルミ製のハンドルの特徴として、価格が安いのも挙げられます。ですので、ハンドルにはあまりお金をかけたくないという方にも、おすすめです。

ハンドル幅 42cm バークランプ径 25.4mm
ドロップ幅 15cm リーチ幅 8cm

口コミを紹介

25,4㎜径古いステムを流用したハドルを作りたかったので、探していましたが、手ごろなものがありよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトサイズでオールラウンド設計のシマノ製ハンドル

こちらのロードバイクのハンドルは、重量が約275gのコンパクトサイズのモデルです。コンパクトですので、比較的誰にでも扱いやすく、初心者はもちろんのこと、アスリートまで老若男女問わず扱えるマルチなハンドルになっています。

 

デザインもシンプルかつスタイリッシュなデザインになっていますので、シンプルなデザインを好む方や、扱いやすいハンドルを求めている方にとってもおすすめです。

ハンドル幅 400mm バークランプ径 31.8mm
ドロップ幅 127.5mm リーチ幅 75mm

口コミを紹介

こちらのハンドルは扁平デザインでロングライドの際に腕を載せて休憩しながら走ったりもできますし流行りのエアロロードにもピッタリのデザインでお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルホーンタイプのハンドル

こちらのハンドルは、ロードバイクをはじめ、固定ギアバイクやメッセンジャースタイルのバイク用としても幅広く用いられているモデルです。走行する際の快適性やスピードを重視しているモデルで、幅広い人の手の位置に合うように作られています。

 

また、デザインもシンプルですので、老若男女問わず使いやすいハンドルでもあります。ブルホーンタイプのハンドルが欲しい方に、おすすめのロードバイクハンドルです。

ハンドル幅 390mm バークランプ径 25.4mm
ドロップ幅 60mm リーチ幅

口コミを紹介

TEKTRO RX 4.1 取り付けできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性があり長期使用可能なハンドル

こちらのロードバイクのハンドルは、耐久性があり長期使用可能なモデルです。耐久性を重視でハンドルを選びたい方に、おすすめのモデル

 

また、こちらのモデルはサイズ展開もあり、ハンドル幅がそれぞれ380mm、400mm、420mmとあり、バークランプ径は25.4mmと31.8mm、重量はそれぞれ約290g、約296g、約305gになっています。

ハンドル幅 380mm バークランプ径 25.4mm
ドロップ幅 130mm リーチ幅 90mm

口コミを紹介

この商品はセンター径は25.4mmの物があったので注文しました。リーチ、ドロップ共に小さ目なのも好みに合っていたので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オフロード走行向けのドロップハンドル

こちらのロードバイクのハンドルは、オフロード走行向けのドロップハンドルです。そのため、ツーリング目的の方にもぴったりのモデルです。重量は約294gで、ショートリーチですのでハンドルが握りやすくなっています。

 

また、このモデルを含めゴリックスのモデルは、コスパが高くカラーバリエーションなども豊富ですので、ロードバイクの見た目にこだわる方や、カスタマイズが好きな方にもおすすめです。

ハンドル幅 430mm バークランプ径 31.8mm
ドロップ幅 130mm リーチ幅 86mm

口コミを紹介

このハンドルの特徴であるエンド部の末広がりですが、いい感じですね。ブラケット部分は以前より少し狭くなりましたが、そんなに気にならない程度です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アルミ製ハンドルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6369394の画像

    GORIX(ゴリックス)

  • 2
    アイテムID:6369388の画像

    BNVB

  • 3
    アイテムID:6369377の画像

    UPANTECH

  • 4
    アイテムID:6369371の画像

    プロ(PRO)

  • 5
    アイテムID:6369351の画像

    UPANTECH

  • 商品名
  • 自転車ドロップハンドル
  • 自転車用ハンドル
  • ブルホーンハンドルバー
  • R20RHA0347X
  • アルミ合金製ハンドル
  • 特徴
  • オフロード走行向けのドロップハンドル
  • 耐久性があり長期使用可能なハンドル
  • ブルホーンタイプのハンドル
  • コンパクトサイズでオールラウンド設計のシマノ製ハンドル
  • オーソドックスなアルミ製ドロップハンドルバー
  • 価格
  • 2999円(税込)
  • 円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • ハンドル幅
  • 430mm
  • 380mm
  • 390mm
  • 400mm
  • 42cm
  • バークランプ径
  • 31.8mm
  • 25.4mm
  • 25.4mm
  • 31.8mm
  • 25.4mm
  • ドロップ幅
  • 130mm
  • 130mm
  • 60mm
  • 127.5mm
  • 15cm
  • リーチ幅
  • 86mm
  • 90mm
  • 75mm
  • 8cm

ロードバイクのハンドルの使い方

ここからは、ロードバイクのハンドルの使い方を解説していきます。初心者の方は、必見です。

ステムも関わるハンドルの高さの違い

ハンドルの高さを高くしたり低くしたりすることで、どのような違いが生まれるかを解説していきます。まずハンドルを高くした場合には、姿勢などが楽になります。また、登り坂などを走行する際には酸素をより吸い込みやすくなるので、しんどさが軽減される場合も。

 

対してハンドルを低くした場合には、空気抵抗を抑えられるためスピードが出やすく、スピーディーな走行が可能になります。ペダルに荷重を乗せやすくなりますので、その分踏み込みやすくなるのが特徴的です。選ぶステムで、そうした高さや距離を変更することが可能です。

ハンドルの角度のポイント

ハンドルは高さだけでなく、角度も変えることができます。やり方としては、ステムのクランプの部分のボルトを緩めると、バーを調節することが可能です。

 

例えば、アナトミックシャロー形状のロードバイクの場合、手首に負担がかかったり無理な角度に向いたりしないように、基本的にはバーの上部とグリップを繋いでいる直線が、水平になっているか、少し上に向いているぐらいが、ちょうどいい状態です。

ハンドルの基本的な握り方

ロードバイクのハンドルの基本的な握り方は、3つあります。ブレーキや変速が常にできるようにするには、ブラケットを上から握ることでそれが可能になります。平坦な道や坂を自分のペースで走行したい際には、ハンドルのフラット部分を握ることで快適に走行できます。

 

なお、フラット部分を握っていると、ブレーキをすぐにかけることが難しいので注意が必要です。スプリントをする際や下り坂などスピードが出るような時には、ハンドルの下部分を握っておくようにしましょう。

 

以下では、ハンドルの高さや角度など、基礎的なことを詳しく解説していますので、気になる方は併せてご覧ください。

まとめ

ロードバイクのハンドルは、自分のレベルや走行の仕方を大きく左右するため、自分の使用目的に合ったものを、無理のないレベルで選ぶことが大切です。そのうえで、ロードバイクでより快適な走行を楽しみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】スノーボードケースの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】スノーボードケースの人気おすすめランキング15選

スポーツ
自転車の人気おすすめランキング25選【通勤用や子どもの練習用も!】

自転車の人気おすすめランキング25選【通勤用や子どもの練習用も!】

スポーツ
スノーボードグローブの人気おすすめランキング15選【メンズ用からレディース用まで】

スノーボードグローブの人気おすすめランキング15選【メンズ用からレディース用まで】

スポーツ
バトミントン用グリップテープの人気おすすめランキング15選【ヨネックスも】

バトミントン用グリップテープの人気おすすめランキング15選【ヨネックスも】

スポーツ
剣道防具の人気おすすめランキング10選【初心者向けから上級者向けまで】

剣道防具の人気おすすめランキング10選【初心者向けから上級者向けまで】

スポーツ
TOPへ