サビキ仕掛けの人気おすすめランキング15選【セットも紹介】

記事ID9418のサムネイル画像

初心者やご家族連れの方など幅広い人気を誇る釣りの一つです。こちらの記事ではサビキ仕掛けのハリの号数と本数、幹糸とハリスの号数、仕掛けの全長、疑似餌の四点に着目し、サビキ仕掛けのおすすめランキングと、仕掛けの選び方をご紹介しています。

目指せ爆釣!初心者でも近場で簡単にサビキ釣り

波止場や港など近場で初心者でも簡単に釣れるとあって、サビキ釣りに興味がある方も多いですよね。実は、サビキ仕掛けのほかにもウキやカゴ、オモリなどのアイテムが必要となります。アイテムを自作する方もいるなど非常に奥の深い釣りです。

 

主にアジやイワシなどが釣れ、タイミングよっては一度に大量の魚を釣り上げることも可能です。非常に人気の高い釣りであるため、様々なメーカーから多様なサビキ仕掛けが売り出されており、初心者の方にはどれを選べばいいのかわかりにくいかもしれません。

 

そこで今回は、サビキ仕掛けの選び方やおすすめ作品をランキング形式でご紹介します。ランキングはハリの号数と本数・仕掛けの全長・疑似餌を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

サビキ仕掛けの選び方

サビキ仕掛けのを選ぶ際に注目したい要素があります。初心者の方にもわかりやすく掘り下げていきたいと思います。

仕掛けのタイプで選ぶ

下カゴ、上カゴ、飛ばしサビキ、トリックサビキなど、サビキ釣りは仕掛けのタイプがいくつかあります。その中から自分に合うものを選びましょう。

初心者には「下カゴタイプ」がおすすめ

初心者におすすめなのが下カゴのタイプです。仕掛けの一番下にサビキカゴを取り付けるタイプで、最も扱いやすく、効率よく撒き餌を拡散できます。

水深の深い場所での釣りは「上カゴタイプ」がおすすめ

上カゴのタイプは仕掛けの上部にカゴを取り付けるため、深い水深での釣りに向いていますが、仕掛けに重りをつける必要があるため、少し構造が複雑です。

魚の群れを狙うなら「飛ばしサビキ(投げサビキ)」がおすすめ

下カゴや上カゴ式にウキを取り付けたものが、飛ばし(投げサビキ)サビキといいます。ウキを取り付ける必要があるので、下カゴ・上カゴ式のものに比べて準備が大変です。しかし、沖が狙えるので良型の魚や群れを狙えるメリットがあります。

取り逃がしを減らしたいなら「トリックサビキ」がおすすめ

トリックサビキは専用のエサ付け器で針に餌を付ける方法です。道具が増えるため、慣れていない場合はセッティングが大変になります。仕掛けを動かさなくても魚が釣れる可能性が高くなります

ハリの本数で選ぶ

魚とやり取りする際に仕掛けの中でも最も重要となるパーツがハリです。こちらではハリの本数について解説します。

大量狙いの方は「針の本数が多め」のものがおすすめ

ハリの本数はそのまま魚をかけられる最大の数となります。サビキ釣りではアジやイワシが群れでやってきたとき、入れ食い状態となることもしばしばあり、そうした状況ではハリの本数が多いほど釣果を順調に伸ばすことができます。

扱いやすさ重視の方は「針の本数が少なめのもの」がおすすめ

しかしながらハリの本数が多いほど絡まりやすくなるというリスクがあります。本数が少ないほうがそうしたトラブルも少なく済み、比較的扱いやすいです。6本針を基準としてお好みで選びましょう。

ハリの号数で選ぶ

ハリの号数はハリ自体のサイズを示しており、数字が小さいほどサイズが小さく、大きいほどサイズが大きくなります。そして、ハリのサイズによりかかる魚のサイズも変化します。

アジやイワシなどの小さい魚を狙うときは「号数の小さいもの」がおすすめ

ハリが大きいと、小さな魚は口にハリを吸い込むことができないため滅多にかからなくなります。小アジやイワシなどを港で狙う際は号数は小さめがおすすめです。

大きい魚を狙うときは「号数が大きいもの」がおすすめ

大きい魚を釣るとき針が小さすぎると、飲み込まれてしまうことがあります。そのため、大きい魚を狙うときは、号数の大きいものがおすすめです。

幹糸とハリスで選ぶ

幹糸、ハリスはいわば仕掛けの骨組みにあたるところです。幹糸が主軸となり、ハリスは枝分かれするようにして接続されています。こちらでは幹糸、ハリスの号数についてご紹介します。

トラブルを防止したい方は「太めのハリス」がおすすめ

幹糸が軸となり、そこからハリスが6本前後枝分かれするようにして接続されていることから、ほぼすべてのサビキ仕掛けはハリスのほうが細いです。ハリスの号数はハリを結びつけることもかんがみて適切な号数が逐一変わります。

 

枝分かれした形状からサビキ仕掛けはどうしても絡まることがありますが、比較的太めのハリスのほうが絡まりにくくなります。絡まりにくさを目的として作られた商品もたくさんあるので、初心者の方などには特におすすめです。

自分の好みに調整したい方は「自作やカスタム」がおすすめ

玄人の方には仕掛けを自作したり、改造したりする方も多いでしょう。幹糸やハリスとして使えるラインは個別に売られているため、市販品で満足できなくなった方や市販品をよりお好みで微調整して使いたいという方にはおすすめです。

 

ハリを付け替えるという方も多く、そうしたところまでこだわって事前に準備するのもまた釣りの醍醐味の一つと言えそうです。

扱いやすい仕掛けを探している方は「全長の短いもの」がおすすめ

仕掛けは幹糸にハリスが枝分かれして付いています。魚がかかっていない状態でも濡れただけで扱いづらく、どうしてもトラブルの多い形状の仕掛けです。さらにカゴやウキといったものが付属するため、面倒に感じる方も多いでしょう。

 

そのため小さなお子様や初心者の方には、全長の短い仕掛けが扱いやすくおすすめです。1.4mが標準的なサビキ仕掛けの全長です。仕掛けの全長はハリの数などにも影響されます。

疑似餌の種類で選ぶ

ピンクスキン、白スキン、ハゲ皮、サバ皮など、疑似餌には様々な種類があり、スキンや仕掛け自体の全長も、サビキ仕掛けを選ぶポイントとなります。

潮の動く時間帯に釣りをする方には「スキン」がおすすめ

スキンはゴムでできた疑似餌で、サビキ釣りの定番の素材です。最もポピュラーなピンクスキンは、アミエビと同化したスキンで、魚の種類を問わずおすすめです。また、秋になるとシラスに同化した白色のスキンを使うことがあります。

夜間の釣りには「蛍光色の疑似餌」がおすすめ

サビキ釣りの狙いとなる魚は、小さな光のある場所に集まります。そのため、夜間に釣りをする方は蛍光色のスキンや、発光する疑似餌を用意するのがおすすめです。

河口付近で釣りをする方は「魚皮」がおすすめ

魚の皮を使ったハリで、サバやナマズ、カワハギの皮を使ったハゲ皮が主に使用されます。サバ皮が一番やわらかく、ナマズ皮は丈夫、ハゲ皮が扱いやすいといった特徴があります。スキンへの食いつきが悪いとき、魚皮を使用すると釣果が得られることがあります。

小魚を狙う際のサビキ仕掛け人気おすすめランキング3選

キラキラ光って強力アピール

豆アジ向けサビキ仕掛けとあって、ハリの号数は3号と小さめです。ラメ入りのピンクスキンが水中で高いアピール力を発揮します。また、ハリの号数に対しハリスは太め仕様となっています。

 

こちらの仕掛けは3枚組となっており、うっかり仕掛けを破損したりラインが切れてしまったりしても安心して釣りを続けることができます。3枚入って低価格とおすすめの商品です。

ハリの号数/本数 3号/6本針 幹糸/ハリス 0.6号/1.5号
長さ - 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

サビキ釣りで問題無く使用できました。太ハリスのサビキ仕掛けが3セットで500円切るのはかなりコスパが良いと思います。ちょくちょくリピート買いしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

スタンダードで人気の高いサビキ仕掛け

非常にシンプルでスタンダードなサビキ仕掛けと言えるでしょう。ハリの号数のラインナップは1号から10号と、様々な対象魚に合わせて適切な仕掛けを選ぶことができます。3枚組となっておりお得です。

 

ピンクスキンで、アピール力が高いです。ハリやスキンは日本製なので、安心して使用することができそうです。

ハリの号数/本数 1号/6本針 幹糸/ハリス 1号/0.6号
長さ 1.4m 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

サビキ釣り針1号は、なかなか探しても無い商品で、一度で大量に買わせて頂きました!バカ釣れですよ、、、!

出典:https://www.amazon.co.jp

ピンク&ホワイトのスキンでしっかりアピール

ハリのラインナップが0.5号から2号と極小サイズのみにとどまっているため、豆アジ狙いの方におすすめのサビキ仕掛けです。スキンはピンクとホワイトの二色を使用しているので、より多くの魚にアピールをすることができます。

 

ハリスが太めで絡まりにくく、扱いやすいという点も魅力的です。豆アジだけでなくイワシも釣れやすく、小さなお子様連れの方にも釣りが楽しめるおすすめ商品です。

ハリの号数/本数 1号/6本針 幹糸/ハリス 1.5号/1号
長さ - 疑似餌 ピンク&ホワイトスキン

口コミを紹介

針サイズが小さくハリスが太いので、豆サイズから大きいサイズまで、問題なく釣れます。
7cmくらいのイワシから、20cmくらいのメジナまで、釣ることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

小魚を狙う際のサビキ仕掛けのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6887612の画像

    ささめ針(SASAME)

  • 2
    アイテムID:6887597の画像

    TAKAMIYA(タカミヤ)

  • 3
    アイテムID:6887588の画像

    ライズウェイ(RISEWAY)

  • 商品名
  • ちょい太豆アジ
  • 大漁シンプルサビキ 3枚組
  • 爆釣サビキ ピンクサビキ
  • 特徴
  • ピンク&ホワイトのスキンでしっかりアピール
  • スタンダードで人気の高いサビキ仕掛け
  • キラキラ光って強力アピール
  • 価格
  • 449円(税込)
  • 384円(税込)
  • 304円(税込)
  • ハリの号数/本数
  • 1号/6本針
  • 1号/6本針
  • 3号/6本針
  • 幹糸/ハリス
  • 1.5号/1号
  • 1号/0.6号
  • 0.6号/1.5号
  • 長さ
  • -
  • 1.4m
  • -
  • 疑似餌
  • ピンク&ホワイトスキン
  • ピンクスキン
  • ピンクスキン

初心者でも扱いやすいサビキ仕掛けの人気おすすめランキング5選

すぐに釣り始められる便利なセット商品

タカミヤと言えば、「釣具のポイント」でも有名なメーカーです。こちらのサビキ仕掛けの特徴はセット商品となっている点です。仕掛けはもちろん、ウキやカゴ、オモリも付属しているので、あとは餌とロッド、リールがあればすぐに釣りを始めることができます。

 

釣りは多くのアイテムを必要とする場合が多く、よく知らないという方には難しく思えてしまう部分もありますが、このようなセット商品は特に小さなお子様連れの方や初心者の方にも安心して使用することができるのでおすすめです。

ハリの号数/本数 5号/6本針 幹糸/ハリス 4号/1.5号
長さ 1.4m 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

最近、仕掛けの段取りが面倒で仕方がないので、小物しか釣れないときに切り替えなどで手軽でよい。品質共に費用的な面で最高なのでタカミヤは良い。家族で釣りなどの際には持って来い。

出典:https://www.amazon.co.jp

3枚組でお得なコスパ良好サビキ仕掛け

ピンクスキンに加え、きらきらと輝くティンセルも付いており、水中で魚に強くアピールしてくれます。3枚組と非常にお得な商品で、ご家族連れなど大人数でのレジャーなどでも重宝しそうです。

 

Lサイズの仕掛けはハリの号数が8号と大きめなので、場所によっては大物がかかってしまう可能性もあります。Sサイズの場合はハリが4号、Mサイズの場合は6号となるため、対象魚によって使い分けましょう。

ハリの号数/本数 8号/6本針 幹糸/ハリス 3号/1.5号
長さ - 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

非常に安いので本当に釣れるのか検証しましたところ、ちゃんとイワシが釣れましたので価格を考えても非常に良い商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

飛ばしサビキがすぐにできるおすすめセット商品

有名メーカーささめ針のサビキ仕掛けセット商品です。カゴ、ウキ、オモリが仕掛けと一緒に付いています。こちらは飛ばしサビキ仕掛けとなっており、遠くへ仕掛けを投げることを想定して、仕掛け1つあたりのハリの本数は少なく設計されています。

 

仕掛け同士が接続された状態で袋に入っているので、仕掛けの一番端をラインと結び付けるだけですぐに釣りが始められる便利な仕様です。堤防での釣りにおすすめのサビキ仕掛けです。

ハリの号数/本数 6号/4本針 幹糸/ハリス 3号/-
長さ - 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

先月、鴨川港に行った際に、使いました。と言いますか、みんな同じような仕掛けで、サビキ釣りをしていまして、群れが回ってくると、ぽつぽつと連れて、同行した初心者君は、大喜びでした。防波堤釣りには、必需品ですね。これからも使い続けていきたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

大きめのアジやサバを狙いたい方におすすめ

釣りは基本的に遠投すればするほど、より大きな魚を釣る確率が高まります。こちらのサビキ仕掛けは遠投することを想定しているため、絡まりにくいようハリスは太めで、ハリも3本針仕様となっています。

 

また、全長も比較的短く1mとなっています。疑似餌にはハゲ皮を使用しています。仕掛けを遠投し大きめのサバやアジなどを狙ってみたい方におすすめのサビキ仕掛けです。

ハリの号数/本数 8号/3本針 幹糸/ハリス -/3号
長さ 1m 疑似餌 ハゲ皮

口コミを紹介

これはなんとか解けてこれ2セット入りで一日楽しめます 
先日はアジにヒラメが食付きゲット いいですなー。

出典:https://www.amazon.co.jp

とにかく1匹でも釣って帰りたい方におすすめ!

下カゴタイプのサビキ仕掛けセットです。カゴが付属しています。非常に人気の高いサビキ仕掛けセットのひとつで、特にご家族連れの方やレジャーとして楽しみたい方におすすめできます。

 

特徴はボウズのがれという名前の通り、何かしらの魚をとにかく釣るという目的に適した仕掛けとなっているのが特徴です。こちらのサビキ仕掛けには、通常の仕掛けの一番下に、一回り大きなハリと30cmと長いハリスが接続されています。

ハリの号数/本数 6号、3号/6本針 幹糸/ハリス 2号/1号、3号
長さ 1.7m 疑似餌 ピンクスキン

口コミ紹介

釣り初心者です。2、3時間くらいでアジやサバを20匹程度釣ることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者でも扱いやすいサビキ仕掛けのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6887615の画像

    ささめ針(SASAME)

  • 2
    アイテムID:6887603の画像

    がまかつ(Gamakatsu)

  • 3
    アイテムID:6887591の画像

    ささめ針(SASAME)

  • 4
    アイテムID:6887585の画像

    SIB株式会社

  • 5
    アイテムID:6887582の画像

    TAKAMIYA(タカミヤ)

  • 商品名
  • ボウズのがれ サビキ下カゴ式
  • 遠投サビキ
  • ウルトラ簡単飛ばしサビキ(上カゴ式)
  • オリジナルサビキ 「サビキルドX」
  • SmileShip サビキセット
  • 特徴
  • とにかく1匹でも釣って帰りたい方におすすめ!
  • 大きめのアジやサバを狙いたい方におすすめ
  • 飛ばしサビキがすぐにできるおすすめセット商品
  • 3枚組でお得なコスパ良好サビキ仕掛け
  • すぐに釣り始められる便利なセット商品
  • 価格
  • 608円(税込)
  • 377円(税込)
  • 491円(税込)
  • 499円(税込)
  • 570円(税込)
  • ハリの号数/本数
  • 6号、3号/6本針
  • 8号/3本針
  • 6号/4本針
  • 8号/6本針
  • 5号/6本針
  • 幹糸/ハリス
  • 2号/1号、3号
  • -/3号
  • 3号/-
  • 3号/1.5号
  • 4号/1.5号
  • 長さ
  • 1.7m
  • 1m
  • -
  • -
  • 1.4m
  • 疑似餌
  • ピンクスキン
  • ハゲ皮
  • ピンクスキン
  • ピンクスキン
  • ピンクスキン

ハリの本数が多めのサビキ仕掛けの人気おすすめランキング7選

有名メーカーがまかつの扱いやすいサビキ仕掛け

有名メーカーがまかつのサビキ仕掛けです。こちらの商品の特徴は、全長が短いという点にあります。全長1.4m程度のものが主流ですが、このサビキ革命は0.96mと、全長が1m以下となっています。

 

仕掛けが短いメリットは、短ければ短いほど絡まってしまうなどのトラブルが起こりにくく、小さなお子様でも簡単に扱えることです。

ハリの号数/本数 5号/5本針 幹糸/ハリス -/0.8号
長さ 0.96m 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

中アジが回遊してくるマヅメまでの小アジタイムの釣りには,非常に適していると思います.仕掛け長が1m弱というのも貴重な釣りやすい仕様です.なお,15cm以下の小アジで使いましたので,ハリス切れはありませんでした.

出典:https://www.amazon.co.jp

スキンはケイムラ仕様で高アピール力

こちらの特徴はスキンにあります。スキンはサバ皮を使用していますが、こちらに特殊なケイムラ加工を施し、暗闇でうっすらと青白く光って見えるようになっています。また、きらきらと光るティンセルも付属しています。

 

これにより多くの魚に強くアピールすることができます。価格帯が比較的お手頃なのも魅力の一つです。

ハリの号数/本数 6号/6本 幹糸/ハリス 2号/1号
長さ 1.4m 疑似餌 サバ皮

口コミを紹介

半分に切り、浮き釣りサビキで使いました。コマセが大して効いていないのに釣れました。掛かりも甘くなく、ばらしは殆んど有りませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

水中でハゲ皮がしっかりアピール

有名釣り具メーカーハヤブサのサビキ仕掛けです。自然な光沢感のあるハゲ皮をしており、水中でなまめかしく光って魚にアピールします。ハリは金袖針を使用しているので、しっかりと魚をかけます。

 

主流のピンクスキンのサビキ仕掛け以外も使いたいと考える方におすすめです。価格帯もお手頃なので釣り場に持っていく仕掛けのラインナップに是非加えたくなるようなサビキ仕掛けです。

ハリの号数/本数 4号/6本針 幹糸/ハリス 1.5号/0.8号
長さ 1.4m 疑似餌 ハゲ皮

口コミを紹介

仕掛けを上下させてればサヨリも普通にかかります かかりがわるいときはハヤブサかがまかつのハゲ皮が良いです、仕掛けの耐久性はがまかつが上ですがとコチラは安い!

出典:https://www.amazon.co.jp

8本針仕様で釣果アップ!

オーナーばりと言えばハリの人気メーカーの一つです。こちらの特徴は釣果重視の8本針仕様です。ハリが多いほど魚をかける場所が必然的に多くなるため、回遊魚の群れがやってきて入れ食い状態となったときなどにはぐんぐん釣果を伸ばすことができます。

 

ハリの本数が多ければ多いほど全長も長くなってしまいますが、こちらの商品は比較的短めの全長1.6mです。最大限仕掛けの扱いやすさとハリの多さを両立させた、攻めの姿勢のサビキ仕掛けと言えるでしょう。

ハリの号数/本数 5号/8本針 幹糸/ハリス 2号/1号
長さ 1.6m 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

正月に清水港で飛ばしサビキとしてシコイワシを釣ってみましたが、隣のファミリーの足元トリックに負けない釣果が得られました。通常は生エサの方が釣果に分があるはずですが、8本針の効率の高さと、リアルサイズのスキンが効いているように思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

お得かつ釣れる!3枚組のサビキ仕掛け

非常にスタンダードなサビキ仕掛けです。スキンはホワイトできらきらとしたラメがついているので、ナチュラルに魚に存在をアピールしてくれて集魚率が高まります。

 

3枚組でこの価格は非常にお得な商品と言えるでしょう。うっかり絡まってしまったり根がかりしてしまったりしても安心なので、釣りに慣れていない方や小さなお子様連れの方におすすめの商品です。

ハリの号数/本数 4号/6本針 幹糸/ハリス 1.5号/0.6号
長さ - 疑似餌 白スキン

口コミを紹介

とりえず安いです。そしてしっかりしています。しかしキャストしたりすると、下のおもりの号数によっては切れそうです。そして4号なので小さいサイズも食いついてきます。25cmのアジがかかった時も何の問題もなかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ピンクスキンでアピールするベーシックサビキ仕掛け

ハヤブサの仕掛けの中でも非常にスタンダードなもので、手ごろな価格で購入することができます。6本針の仕掛けにはアミエビをイメージした繊細なピンクスキンがついており、魚に自然な形でアピールをしてくれます。

 

ラインナップが幅広く、ハリは3号から10号まであるため、対象魚によって使い分けてもいいでしょう。初心者はもちろん玄人の方にもおすすめです。

ハリの号数/本数 4号/6本針 幹糸/ハリス 1.5号/0.8号
長さ 1.4m 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

初心者でも釣りを楽しむならやはりサビキ釣りでしょう。堤防でカゴにアミエビを詰めてこれと一緒に沈めれば何かしら釣れます。泳がせのエサ釣り用にも。

出典:https://www.amazon.co.jp

本物のアミエビのようなリアル感で釣果アップ

ピンクスキンでアミエビを再現しており、そのリアルさは人間の目でもうっかり本物と見まごうほどのものです。しっぽまで緻密に作りこまれています。ハリも赤く、目も再現しているなどこだわりの出来です。

 

サビキ釣り、特にコアジ狙いに特化した商品で、どんな方でも釣果を伸ばすことができるようなサビキ仕掛けです。サビキ釣りをするならマストで持っていきたい人気の高い商品の一つと言えるでしょう。

ハリの号数/本数 4号/6本針 幹糸/ハリス 1.5号/0.8号
長さ 1.4m 疑似餌 ピンクスキン

口コミを紹介

本当によく釣れます。周囲が全員ボウズか数時間頑張って1匹程度の日でも、水に入れて5分もたたないうちに魚が水族館のように寄ってきます。針のカラーが良いのでしょうか?

出典:https://www.amazon.co.jp

ハリの本数が多めのサビキ仕掛けのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6887624の画像

    ハヤブサ(Hayabusa)

  • 2
    アイテムID:6887621の画像

    ハヤブサ(Hayabusa)

  • 3
    アイテムID:6887618の画像

    ライズウェイ(RISEWAY)

  • 4
    アイテムID:6887609の画像

    オーナー(OWNER)

  • 5
    アイテムID:6887606の画像

    ハヤブサ(Hayabusa)

  • 6
    アイテムID:6887600の画像

    ハヤブサ(Hayabusa)

  • 7
    アイテムID:6887594の画像

    がまかつ(Gamakatsu)

  • 商品名
  • 小アジ専科 リアルアミエビ
  • これ一番 ピンクスキンサビキ
  • 白スキンサビキ 3枚組
  • アミエビ実寸サビキピンクギジ
  • これ一番 金袖鈎
  • 小アジ専科 ケイムラサバ皮レインボー
  • サビキ革命
  • 特徴
  • 本物のアミエビのようなリアル感で釣果アップ
  • ピンクスキンでアピールするベーシックサビキ仕掛け
  • お得かつ釣れる!3枚組のサビキ仕掛け
  • 8本針仕様で釣果アップ!
  • 水中でハゲ皮がしっかりアピール
  • スキンはケイムラ仕様で高アピール力
  • 有名メーカーがまかつの扱いやすいサビキ仕掛け
  • 価格
  • 349円(税込)
  • 176円(税込)
  • 304円(税込)
  • 264円(税込)
  • 181円(税込)
  • 312円(税込)
  • 396円(税込)
  • ハリの号数/本数
  • 4号/6本針
  • 4号/6本針
  • 4号/6本針
  • 5号/8本針
  • 4号/6本針
  • 6号/6本
  • 5号/5本針
  • 幹糸/ハリス
  • 1.5号/0.8号
  • 1.5号/0.8号
  • 1.5号/0.6号
  • 2号/1号
  • 1.5号/0.8号
  • 2号/1号
  • -/0.8号
  • 長さ
  • 1.4m
  • 1.4m
  • -
  • 1.6m
  • 1.4m
  • 1.4m
  • 0.96m
  • 疑似餌
  • ピンクスキン
  • ピンクスキン
  • 白スキン
  • ピンクスキン
  • ハゲ皮
  • サバ皮
  • ピンクスキン

サビキ釣りのやり方

サビキ釣りの基本のやり方は、ロッドとリールに加え、カゴ・オモリ・サビキ仕掛けの三点とエサがあればできます。カゴはオモリと一体になったものもあります。カゴにエサを詰め込み、疑似餌のついたサビキ仕掛けとともに沈めることで魚が釣れます。

サビキ釣りの種類

サビキ釣りと一口に言っても、実際には様々な釣法に分かれており実は奥が深い釣りです。スタンダードにカゴを沈めるサビキ釣りから、ウキを取り付けることによって控えめに遠投しより広い範囲を探るウキサビキ釣り、遠くへ投げる遠投サビキなど、多種多様です。

 

遠投サビキは遠投に耐えうるタックルが必要となるため、若干玄人向けと言えます。しかし、遠投することによって広い範囲を探ることができ、より大物を狙いやすくなるため人気の高い釣りです。

サビキ釣りに使われる餌は?

エサにはアミエビという赤くて小さなエビのようなものを使用します。においなどが気になるという方には水を入れて練るだけのパウダーなども販売されているのでそちらもおすすめです。

 

ほかにも、サビキ釣り用にパッケージされた餌を使用するケースもあります。パッケージされているタイプは、そのままカゴに餌を入れられるため手が汚れる心配がありません。アミエビの臭いが気になる方は、こちらがおすすめです。

仕掛け巻きですっきり収納・サビキ釣り仕掛けの再利用の方法

サビキ釣りを楽しんだ後は仕掛けを処分するのも良いですが、まだまだハリスもしっかりしていてもう一度使えそうという場合もあるでしょう。そんなときにはサビキ仕掛け巻きがおすすめです。

 

サビキ仕掛け巻きは、引っかかったり絡まったりと様々なトラブルを起こしやすいサビキ仕掛けを、きれいにすっきりと収納してくれるアイテムです。仕掛けの再利用もでき、経済的にもエコ的にもおすすめです。

サビキ最強!自作サビキの作り方

サビキを自作する目的は、強度や、ハリとエダスの間隔、ハリの号数などさまざまです。サビキを自作する場合は、ターゲットに合わせて作成しましょう

 

サビキの作り方は、まずエダスの作成から始まります。ハリを装飾し、本線と結ぶための糸を取り付けます。その後、エダス同士が絡まらない間隔を取りながら、本線に結んでいきます。

 

慣れると10分程度で作れるようになるので、釣りをするときに作成に必要な道具を持っていき、用途に合わせて自作してもいいですね。

釣り関連用品はこちらをチェック

以下の記事では、釣り関連用品の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ご家族連れでも楽しめるサビキ釣りには、いろいろなやり方があります。初めての方にはカゴとオモリとサビキ仕掛けの最もシンプルなサビキ釣りがおすすめです。必要なものがほぼすべてそろう便利なセット商品もたくさんあるので、是非参考にしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

PEラインの人気おすすめランキング15選【青物・船釣り・遠投に!】

PEラインの人気おすすめランキング15選【青物・船釣り・遠投に!】

釣具
【2021年最新版】バス釣りラインの人気おすすめランキング10選【結び方や巻き方も!】

【2021年最新版】バス釣りラインの人気おすすめランキング10選【結び方や巻き方も!】

釣具
【2021年最新版】魚群探知機の人気おすすめランキング10選【ホンデックス製も紹介!】

【2021年最新版】魚群探知機の人気おすすめランキング10選【ホンデックス製も紹介!】

釣具
【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング21選【防災用にも】

【2021年最新版】LEDランタンの人気おすすめランキング21選【防災用にも】

ランタン・ワークライト
ビッグベイトの人気おすすめランキング15選【釣り好き必須!】

ビッグベイトの人気おすすめランキング15選【釣り好き必須!】

釣具
エギングラインの人気おすすめランキング15選【最強のラインを!】

エギングラインの人気おすすめランキング15選【最強のラインを!】

釣具