【2021年最新版】初心者向けロードバイクの人気おすすめランキング15選【通勤・通学にも】

記事ID9549のサムネイル画像

男性・女性を問わず人気なロードバイク。ジャイアントやトレックなどさまざまなメーカーのものや10万円以下のコスパ最強なものまで種類が多く選ぶのが難しいですよね。そこで今回はロードバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

今回の記事では初心者向けロードバイクの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではロードバイクについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

初心者の憧れ!ロードバイクでかっこよく走りたい!

ロードバイクは普通の自転車と違い、軽快な乗り心地を楽しめる乗り物です。そのスピード感あふれる姿を見て、1度は乗ってみたいと思ったことのある方も多いのではないでしょうか。しかし「ロードバイクは高価でレース選手向けだ」と敬遠していませんか?

 

実は、最近では初心者向けのロードバイクも多く販売されています通学・通勤用として日常で気軽に使えるモデルも登場しており、私たちの身近な存在となってきています。コスパに優れた商品もあるので、ぜひ自分に合ったロードバイクを探してみましょう。

 

そこで今回はロードバイクの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは予算、フレームの素材、用途、走る場所、変速ギアを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

初心者向けロードバイクの選び方

ロードバイク初心者の方は、どういうものが自分に合っているのか把握できていない方も多くいるでしょう。ここでは、ロードバイク初心者が迷わないで購入できるように、選び方のポイントを紹介していきます。

予算で選ぶ

経済的に余裕がない方、ロードバイク初心者だけど値段は高くてもしっかりとしたものが欲しい方などさまざまにいるでしょう。ここでは、それぞれの予算で購入できるロードバイクについて解説していきます。

「5万円以下」の安い価格帯は体力のない方にもおすすめ

価格が安くなっているため、性能は劣っていますが初心者の方であれば十分でしょう。通勤、通学などの日常的で使いたい方にはおすすめです。フレームは軽いアルミで作られているものが多く、5万円以内で購入することができます。

 

軽量に作られているので、体力に自信がない方にもおすすめです。「初心者の段階から高額のものを購入するのは抵抗がある」と思ったいる方は5万円以下のロードバイクを購入すると良いでしょう。

耐久性重視!「5万円~10万以下」ならダイエットにも

通勤・通学用はもちろん、長距離を走ることも可能なので、休日にアウトドアなどをしたい方にはおすすめです。耐久性、走行性能なども優れているものが多いので、すぐに壊れる心配もありません。10万円以内で購入できるものはアルミ、クロモリをフレームにしていることが多いです。

「10万円~20万円」はトライアスロンなど本格的なレースに

10万円以上のロードバイクは耐久性、安定性などに優れているため、本格的にレースに出場したい方にはおすすめです。

 

レースだけでなく、アウトドアなどでも乗ることができるので、頻繁に険しい道を走ることができます。10万円以上のロードバイクは、カーボンをフレームに使用していることが多いです。耐久性、走行性、軽量など全てに優れているので、初心者の方でも安心して乗ることができます。

フレームの素材で選ぶ

フレームはロードバイクの軽さ、耐久性などを左右する大切な部分でもあります。ここでは、それぞれの素材について紹介していきます。

女性でも軽々と乗れる「アルミ素材」

価格は3万円から購入することができ、軽量にも優れているので通勤など日常的に乗るのに適しています。体力の少ない女性でも気軽に乗れるところが魅力の1つでもあります。アルミ素材は錆びにくいので、長く乗りたい方におすすめです。

乗り心地を重視!疲れにくい乗り方ができる「カーボン素材」

アルミと比べたら値段が高いですが、アルミよりも軽さがあります。軽量で衝撃を吸収しやすく、アウトドアなどの険しい道でも走ることができるのでおすすめです。長く乗っていても疲れにくいので、休日に長距離を走りたい方はチェックしてみてくださいね。

「クロモリ素材」は衝撃吸収性が抜群!

クロモリ素材はカーボンやアルミよりも耐久性に優れているため、すぐに壊れてしまう心配はいりません。乗り心地が良く、衝撃もカーボンと同じくらい吸収してくれるので、アウトドアでも使用することができます。ただし、車体が重いので通勤や通学などで乗ることはおすすめしません。

用途によって選ぶ

ロードバイク初心者の方は、自分がどういう用途で乗りたいのかを把握しておく必要があります。ここでは、それぞれの用途について解説していきます。

通学・通勤に便利な「エントリーモデル」

通学、通勤用などで日常的に乗りたい方はエントリーモデルを選ぶと良いでしょう。価格の相場は約3万円~10万円までさまざまにありますが、安くても性能や耐久性などは優れているものも多くあります。

 

エントリーモデルは非常に軽量で初心者向けとなっているので、迷ったらエントリーモデルを選ぶと良いでしょう。

カジュアルな服装で乗れる「ロングライドモデル」

趣味などで長い距離を走りたい場合は、長く乗っていても疲れにくいロングライドモデルがおすすめです。デザインがシンプルなものから、おしゃれなものまで幅広くあるので、カジュアルな服装でも違和感はありません。

 

山登りなどの険しい道でもスムーズに走ることができるので、初心者の方でも安心して乗ることができます。また、初心者が選ぶときは上体を起こせるカーボン素材のロードバイクを選ぶと良いでしょう。

レースに出るための練習用「ヒルクライムモデル」

レースに本格的に出場したい方は、ヒルクライムモデルを選ぶと良いでしょう。ヒルクライムモデルは長い距離を走ることはもちろん、山道や急な坂道でもスムーズに走ることができます。安全性に優れており、走るときの速度も初心者向けなのでおすすめです。

タイヤで選ぶ

ロードバイクは、走る場所によってタイヤも合わせなければいけません。適切でないタイヤで走行してしまうと、タイヤが破損するおそれがあります。購入する前に走る場所はどこなのかを考慮しておくと良いでしょう。

「23Ⅽのタイヤ」なら軽量で走りやすい

レースで走る場合は軽さを重視した方が走りやすいため、細めである23Ⅽのタイヤを選ぶと良いでしょう。耐久性や安定感などは劣っているため、通勤や通学などの日常的での使い道には適していません。また、長距離レースをする場合は23Ⅽよりも太めのタイヤを選ぶと良いでしょう。

「25Ⅽのタイヤ」はバランス型!街乗りに便利

日常的に使うのであれば、軽量、耐久性、安定感などを考慮して25Ⅽのタイヤを選ぶことをおすすめします。25Ⅽのタイヤは長距離でもスムーズに乗ることができるので、通勤・通学時間が多少長くても心配はいりません。

「28Ⅽのタイヤ」は険しい道に!アウトドアに最適

山道などのアウトドアで乗るのであれば、険しい道でもスムーズに走れる28Ⅽのタイヤを選ぶと良いでしょう。28Ⅽのタイヤは段差が多いところでも衝撃を吸収してくれるので、初心者の方でも安心して乗ることができます。

 

ロングライドやヒルクライムに適しているため「アウトドアが好きでロードバイクでいろいろなところへ行きたい」と思っている方にもおすすめです。

変速ギアで選ぶ

変速ギアはどのくらいなのか、購入する前に確認しておく必要があります。変速ギアは走りやすさなどを左右するものでもあるため、初心者には特に重要です。

体を鍛えたいのであれば「10段変速以内」のもの

体を鍛えるために負担をかけたいのであれば、10段変速以内の変速ギアにすることをおすすめします。変速ギアが少ないと体に負担がかかるので、ダイエット目的で乗っている方も少なくありません。

 

また段差が少ない街乗り、レースなどで乗りたい方にも最適です。平地や坂道で乗ることがないのであれば、変速ギアが少なくても良いでしょう。

 

 

体力に自信がない方であれば「14段変速以上」のもの

14変速以上のものは、さまざまな道を走ることができるメリットがあります。自分の体力に合わせることができるので、初心者の方は14速、または21変速などのロードバイクを選ぶと良いでしょう。

 

通勤や通学はもちろん、段差の多い道でも衝撃を吸収してくれるので、安心して走ることができます。

メーカーで選ぶ

ロードバイクは世界各国、さまざまなメーカーから販売されています。その中でも、日本国内で購入できる初心者におすすめな有名ロードバイクメーカーを3社をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

コスパ最強!「GIANT(ジャイアント)」は豊富なラインナップが魅力

ジャイアントは世界的にも有名な台湾の自転車メーカーです。リーズナブルな価格帯ながらも、ロードバイクの高性能さが特徴。初心者からハイエンドモデルまで幅広いラインナップで、目的に応じた商品を探しやすいのが嬉しいポイントです。

「TREK(トレック)」は高い剛性・耐久性!プロも注目するブランド性

トレックはプロも注目するほどのブランド力があり、軽快な乗り心地と高い剛性・耐久性が魅力のメーカー。どちらかというとプロ向けの商品が多いですが、スペックに優れたロードバイクに乗りたい初心者にもおすすめ。レースを目指す方は、ぜひチェックしてくださいね。

コンポーネントのトップシェア!105などで有名な「SHIMANO(シマノ)」

世界におけるロードバイク用コンポーネントのシェア率8割超を誇るシマノは、初心者でも扱いやすいハイスペックなパーツが特徴です。その中でも有名な105グレードは、レース使用の性能を持ちながら価格を抑えています。コスパに優れたコンポーネントをお探しの方は要チェックです。

初心者向けロードバイクの人気おすすめランキング15選

カーボンだから乗り心地が抜群!

フレームはカーボン仕様となっているため、軽量、走行性などに優れています。18段変速となっており、通学や通勤はもちろん、山道などさまざまな道を走ることができるロードバイクです。

 

カーボンは険しい道でも振動を吸収してくれるため、乗り心地を重視している方にはおすすめです。組み立て式ですが、分かりやすい説明書が付いているので、初心者の方でも簡単に組み立てることができます。

予算 10万円以内 フレームの素材 カーボン
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 18段変速

口コミを紹介

デザインは良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまな用途で乗れる!

フレームは非常に軽量のアルミを使用しているロードバイクです。軽々と運ぶことができるため、力があまりない方でも気軽に乗ることができます。また22段変速なので、段差の多い場所で走っても心配ないです。

 

スタイリッシュなデザインとなっているため、日常的に乗るのはもちろん、サイクリングなどの趣味で乗っても良いでしょう。耐久性にも優れているので、長く愛用したい方におすすめなロードバイクです。

予算 10万円以内 フレームの素材 アルミ
用途 通勤・通学/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 22段変速

口コミを紹介

値段と見た目で購入しました。僕は十分満足いていますし、オススメのロードバイクです!

出典:https://www.amazon.co.jp

男女関係なく乗れる

デザインがシンプルなので、女性から男性まで幅広い方が乗ることができます。フレームはクロモリ仕様となっているので、非常に耐久性に優れているロードバイクです。

 

クロモリなので全体的に重いですが、山道などの険しいところを走っても傷が付くことはありません。初心者でも長く愛用したいと思っている方におすすめなので、予算に余裕がある方は購入してみてはいかがでしょうか。

予算 10万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 アウトドア 走る場所 山道
変速ギア 8段変速

口コミを紹介

個人の見解ですがピストバイクがベースのシンプルなホリゾンタルフレームに太いタイヤ、ディスクブレーキと微妙にマッチョで且つ街中で見かけても格好良く、ツーリングもこなせるバイクで満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

スタイリッシュなデザイン

フレームはアルミで作られており、初心者でも乗りやすい仕様になっています。カラーはグレー、ブルーの2色があり、どちらもスタイリッシュなのでおすすめです。変速は20段階もあるので、段差の多いところで走ってもストレスを感じさせません。

 

全体的に軽く、乗り心地も抜群なので、趣味で長距離を走りたい方にはおすすめです。70%組み立てた状態で手元に届くので、すぐに乗ることができます。

予算 10万円以内 フレームの素材 アルミ
用途 アウトドア 走る場所 山道
変速ギア 20段変速

口コミを紹介

とても満足しました。 アイテムは完璧でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性抜群なロードバイク

16段階変速が可能なので、通勤や通学、サイクリングなどでも乗ることができます。フレームはクロモリ仕様となっているため、耐久性に優れているロードバイクです。カラーはゴールドとグリーンがあり、自分の好きなものを選ぶことができます。

 

アルミやカーボンよりも重量がありますが、乗り心地は抜群なロードバイクです。男性から女性まで幅広く乗ることができるので、夫婦でそれぞれ購入しても良いでしょう。

予算 10万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 16段変速

口コミを紹介

サイコーです!買ってよかったぁ笑周りの人とは違うジャンルのロードバイクですが、かなりいいです!私は身長160センチですが54センチでちょうどよかったです。またFujiのロードバイク買います。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性に優れている

フレームはアルミなので、体力に自信のない方でも気軽に乗ることができます。フロントにはライトが付いているため、夜間で走っても安心です。16段階変速が可能なので、通学や通勤、サイクリングなどさまざまな用途で使うことができます。

 

ブレーキをかけやすいようになっているので、初心者の方におすすめなロードバイクです。またフロント、リアブレーキは制動力とコントロール性に優れているため、転倒を防止することができます。

予算 10万円以内 フレームの素材 アルミ
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 16段変速

口コミを紹介

街乗り中心で乗りますのでスタンド付きにして正解でした。
私自身が身長169cmですがちょうどいい大きさです。
重量も軽く初めてロードバイク購入する人にはかなりおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

カラーバリエーションが豊富

カラーは4色と豊富にあり、どのカラーもスタイリッシュとなっています。フレームはアルミ素材となっているので、軽量を重視したい方にはおすすめです。価格は5万円以内なので、経済的に余裕のない方でも購入できます。

 

タイヤのサイズは23Ⅽなので、街乗りやレースの練習用として購入しても良いでしょう。また組み立て式ですが、初心者でも簡単に組み立てることができます。

予算 5万円以内 フレームの素材 アルミ
用途 通勤・通学/レース 走る場所 街/レース場
変速ギア 8段変速

口コミを紹介

買って一年ですが、今のところ不安定なところはなく十分すぎるほど快適です。組み立てのところは自分でやるので不安でしたが説明書もあるので問題なかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

全体的に軽いロードバイク

見た目は大きく感じますが、フレームがアルミなので力のない方でも簡単に運ぶことができます。デザインはシルバー、ホワイトがあり、どちらもスタイリッシュなのでおすすめです。

 

タイヤは滑りにくいようになっているため、雨の日に走っても心配は要りません。軽量、走るときの安定感、耐久性などにも優れているので、長く乗りたい方にはおすすめです。

予算 5万円以内 フレームの素材 アルミ
用途 街乗り/レース 走る場所 街/レース場
変速ギア 14段変速

口コミを紹介

とても心地よく走れます。
今3か月使ってますがパンクしてません。
組み立ては説明書を見れば簡単に組み立てられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

山道でもスムーズに走れる

21段変速が可能なので、舗装されていない道路で乗っても衝撃を吸収してくれます。タイヤのサイズは28Ⅽと太めなので、山道などの険しい道を走ってもパンクする心配は要りません。

 

フレームはクロモリなので、耐久性を重視したい方にはおすすめです。デザインはスタイリッシュなものから、おしゃれなものまであるので、自分の好きな色を選ぶことができます。

予算 5万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 アウトドア 走る場所 山道
変速ギア 21段変速

口コミを紹介

バイト先まで乗るのに前はママチャリで通っていて、片道16キロほどあったので1時間ほどかけて行っていたのがこれを買って45分で着くようになり、さらに特に疲れることもなく楽に行けるのでとても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良いロードバイク

フレームはクロモリ素材で作られているため重量はありますが、とても耐久性に優れています。タイヤのサイズはは25Ⅽなので、通勤や通学、長距離を走るサイクリングなどに最適です。

 

14段変速が可能なので、坂道でも簡単に登ることができます。4万円代で自転車キャリーバッグも付いてくるので、非常にコスパの良いロードバイクです。また、組み立ても説明書が付いているので、初心者の方でも簡単に組み立てることができます。

予算 5万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 14段変速

口コミを紹介

·デザインが良くて長持ちなクロモリなのにひかれました。街中で通勤に使うなら信号もあるので妥当なスペックかと。ママチャリだと1時間かかっていた時間が30-45分くらいに短縮されて体もだいぶ楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

アウトドアにも最適

フレームはクロモリ仕様となっているので、耐久性に優れています。デザインがスタイリッシュのため、学生から社会人まで幅広い方が乗っても違和感はありません。タイヤは28Ⅽと太いサイズなので、長距離を走るサイクリングなどには最適です。

 

また14段変速が可能なので、段差の多い場所で走っても問題ないでしょう。価格も安いので、初心者の方にはおすすめなロードバイクです。

予算 5万円以内 フレームの素材 アルミニウム合金
用途 アウトドア 走る場所 山道
変速ギア 14段変速

初心者でも乗りやすい

21段変速が可能なので、街乗りだけでなく、山道など段差の多い場所でも気軽に走ることができます。中学生から乗ることができるので、お子さんの誕生日などにプレゼントとしてあげても最適でしょう。

 

またフレームはアルミで作られているため、軽量で走りやすくなっています。タイヤは滑りにくいように作られているので、雨の日に走っても安心です。平地、坂道にかかわらずスムーズに走ることができるため、体力に自信のない方でも安心して乗ることができます。

予算 5万円以内 フレームの素材 アルミ
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 21段変速

口コミを紹介

車体も軽いしスピードも出るのでなかなか気に入っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

長期間乗りたい方におすすめ!

2万円弱で購入できるので、予算に余裕がない方にもおすすめです。フレームはクロモリ仕様となっており、傷が付きにくいようになっています。クロモリなので重量がありますが、耐久性に優れている利点があるので、長く乗りたい方には最適です。

 

またライトも付いているので、夜間に乗っても安心です。カラーバリエーションも豊富なので、好みの色を選ぶことができます。タイヤのサイズは28Ⅽなので、険しい道で走ってもパンクする心配は要りません。

予算 5万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 アウトドア 走る場所 山道
変速ギア 14段変速

口コミを紹介

ハンドル取り付けペダルの取り付けフロントタイヤの組み立てのみなので初心者の方でも簡単に組み立てできると思います
乗った感想はとにかく軽く感じます

出典:https://www.amazon.co.jp

衝撃を吸収してくれるから乗りやすい!

21段変速となっているので、日常的に乗るだけでなく、アウトドアなどの段差の多い場所でも走ることができます。タイヤは28Ⅽと太いので、山道などの険しい道でもスムーズに走ることができるロードバイクです。

 

カラーは4色あるので、自分の好きな色を選ぶことができます。軽量かつ耐久性にも優れているので、すぐに壊れる心配はありません。価格も安いため、初心者にはおすすめなロードバイクです。また、1年保証付きなので初心者の方も安心して乗ることができます。

予算 5万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 21段変速

ガタガタ道で走っても安心

フレームはクロモリですが軽量に設計されているため、通勤や通学、サイクリングなど様々な用途で乗ることができます。価格も2万円以内で購入できるので、初心者の方にはおすすめのロードバイクです。

 

14段変速が可能で、段差の多いところで走っても振動を吸収してくれます。また、補助ブレーキが付いているので、操作に自信のない初心者でも安心です。サドルの調整も工具を使わずにできるので、女性でも簡単に扱うことができます。

予算 5万円以内 フレームの素材 クロモリ
用途 通学・通勤/アウトドア 走る場所 街/山道
変速ギア 14段変速

口コミを紹介

普段使いには最高にコスパが良くロード初心者の私も満足する商品です!

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向けロードバイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7204463の画像

    21Technology

  • 2
    アイテムID:7204460の画像

    Grandir(グランディール)

  • 3
    アイテムID:7204457の画像

    HK mart

  • 4
    アイテムID:7204454の画像

    CANOVER(カノーバー)

  • 5
    アイテムID:7204451の画像

    KINGTTU JP

  • 6
    アイテムID:7204448の画像

    カノーバー(CANOVER)

  • 7
    アイテムID:7204445の画像

    Grandir(グランディール)

  • 8
    アイテムID:7204442の画像

    SCHNEIZER(シュナイザー)

  • 9
    アイテムID:7204439の画像

    CANOVER(カノーバー)

  • 10
    アイテムID:7204436の画像

    CANOVER(カノーバー)

  • 11
    アイテムID:7204433の画像

    FUJI(フジ)

  • 12
    アイテムID:7204430の画像

    トリンクス(TRINX)

  • 13
    アイテムID:7204427の画像

    FUJI(フジ)

  • 14
    アイテムID:7204424の画像

    SAVADECK

  • 15
    アイテムID:7204421の画像

    SAVANE(サヴァーン)

  • 商品名
  • ロードバイク CL27-700
  • Grandir Sensitive
  • ロードバイク700C
  • ロードバイク CAR-014-DC NERO
  • 破れた風の車輪 レトロリム
  • CAR-013 ORPHEUS
  • Grandir Sensitive
  • ロードバイク R101
  • Claris(クラリス)
  • CAR-011(ZENOS)
  • BALLAD R ロードバイク 2020年モデル
  • エアロダイナミクス
  • FEATHER CX
  • ロードバイク 700C
  • Cabon ROAD 700c
  • 特徴
  • ガタガタ道で走っても安心
  • 衝撃を吸収してくれるから乗りやすい!
  • 長期間乗りたい方におすすめ!
  • 初心者でも乗りやすい
  • アウトドアにも最適
  • コスパの良いロードバイク
  • 山道でもスムーズに走れる
  • 全体的に軽いロードバイク
  • カラーバリエーションが豊富
  • 安全性に優れている
  • 耐久性抜群なロードバイク
  • スタイリッシュなデザイン
  • 男女関係なく乗れる
  • さまざまな用途で乗れる!
  • カーボンだから乗り心地が抜群!
  • 価格
  • 19980円(税込)
  • 21980円(税込)
  • 21880円(税込)
  • 39437円(税込)
  • 43317円(税込)
  • 43971円(税込)
  • 36435円(税込)
  • 46025円(税込)
  • 59157円(税込)
  • 71253円(税込)
  • 83160円(税込)
  • 88995円(税込)
  • 94328円(税込)
  • 99999円(税込)
  • 92003円(税込)
  • 予算
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 5万円以内
  • 10万円以内
  • 10万円以内
  • 10万円以内
  • 10万円以内
  • 10万円以内
  • 10万円以内
  • フレームの素材
  • クロモリ
  • クロモリ
  • クロモリ
  • アルミ
  • アルミニウム合金
  • クロモリ
  • クロモリ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • クロモリ
  • アルミ
  • クロモリ
  • アルミ
  • カーボン
  • 用途
  • 通学・通勤/アウトドア
  • 通学・通勤/アウトドア
  • アウトドア
  • 通学・通勤/アウトドア
  • アウトドア
  • 通学・通勤/アウトドア
  • アウトドア
  • 街乗り/レース
  • 通勤・通学/レース
  • 通学・通勤/アウトドア
  • 通学・通勤/アウトドア
  • アウトドア
  • アウトドア
  • 通勤・通学/アウトドア
  • 通学・通勤/アウトドア
  • 走る場所
  • 街/山道
  • 街/山道
  • 山道
  • 街/山道
  • 山道
  • 街/山道
  • 山道
  • 街/レース場
  • 街/レース場
  • 街/山道
  • 街/山道
  • 山道
  • 山道
  • 街/山道
  • 街/山道
  • 変速ギア
  • 14段変速
  • 21段変速
  • 14段変速
  • 21段変速
  • 14段変速
  • 14段変速
  • 21段変速
  • 14段変速
  • 8段変速
  • 16段変速
  • 16段変速
  • 20段変速
  • 8段変速
  • 22段変速
  • 18段変速

ロードバイクとクロスバイクは同じ自転車じゃないの?相違点と特徴

自転車の中のカテゴリとして、ロードバイクとクロスバイクがあります。よく聞く名前ですが、明確な違いを説明できない方も多いのではないでしょうか。実は、それぞれにわかりやすい相違点と特徴があります。

 

1番の相違点は、クロスバイクは街乗りなど普段使い用、ロードバイクは走ることに特化したサイクリング用という点です。クロスバイクはちょっとしたサイクリングや、通勤・通学・お買い物など、普段使いから軽い運動まで幅広い用途で使えます。

 

ロードバイクは走ることに特化しており、普段使いはもちろんのこと、レースへの出場など軽快な走り心地を楽しむ自転車です。車体重量も軽量なものが多く、長時間の使用でも疲れにくく走りやすい特徴があります。

ロードバイクを始めるときの必須アイテム

ロードバイクを乗り始める際に、準備しておくと良いアイテムが3つあります。それぞれのアイテムについて解説していますので、しっかりと用意をして快適なロードバイクライフを送りましょう。

夜道も安心!明るさとバッテリー形式に注目して「ライト」を装着しよう

道路交通法にて、自転車での夜間走行の際にはライトの点灯が義務付けられています。夜間でも10m先がしっかりと見えるよう、ライトの明るさは約300ルーメン前後を目安に探してみましょう。

 

バッテリーの形式は「充電式」「乾電池式」のものがあります。「充電式」はランニングコストが安く、コストパフォーマンスに優れています。「乾電池式」は突然のバッテリー切れに対応しやすく、抜群の扱いやすさです。お好みのタイプを選んでくださいね。

 

ロードバイク・クロスバイクで使えるライトについては、下記記事で解説しています。併せてご覧ください。

「鍵」をつけて盗難対策を

盗難防止用の鍵には「U字ロック」「ワイヤーロック」「チェーンロック」「折りたたみ式ロック」の4種類があります。この中で初心者におすすめなのが、安全性・扱いやすさに優れている「U字ロック」です。どの鍵も一長一短ありますので、使用するシーンに合わせてご用意ください。

 

ロードバイク向けの鍵については下記記事で解説していますので、併せてご覧ください。

タイヤはこまめにチェック!週1で「空気入れ」を使うとグッド

ロードバイクを楽しむためには、タイヤのコンディションをこまめにチェックすることが大切です。空気が抜けていると、乗り心地の悪化やパンクといったリスクも。1週間に1度程度は、タイヤに空気を入れるようにしましょう。

 

ロードバイクで使いやすい「仏式空気入れ」については下記記事で解説していますので、併せてご覧ください。

まとめ

ロードバイク初心者のためのランキングを紹介しました。ロードバイクは種類によってさまざまな場所で走ることができるので、非常に便利な乗り物です。これからロードバイクを購入しようと思っている方は、自分に合ったロードバイクを探してみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】クロスバイクの人気おすすめランキング17選【街乗り・通勤・通学に!】

【2021年最新版】クロスバイクの人気おすすめランキング17選【街乗り・通勤・通学に!】

自転車
【2021年最新版】折りたたみ自転車の人気おすすめランキング15選【人気メーカーもご紹介!】

【2021年最新版】折りたたみ自転車の人気おすすめランキング15選【人気メーカーもご紹介!】

自転車
子供自転車の人気おすすめランキング25選【2021年版・人気メーカーや安いモデルも】

子供自転車の人気おすすめランキング25選【2021年版・人気メーカーや安いモデルも】

自転車
【2021年最新版】オールシーズンタイヤの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】オールシーズンタイヤの人気おすすめランキング15選

カー用品
【2021年最新版】ゴルフ初心者のためのドライバー人気おすすめランキング20選

【2021年最新版】ゴルフ初心者のためのドライバー人気おすすめランキング20選

ゴルフ用品
ビアンキのロードバイクの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

ビアンキのロードバイクの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

自転車