サッカーシューズのおすすめ人気ランキング15選【中学生向けスパイクも】

サッカーシューズには、ナイキ・アディダス・プーマなどのメーカーがあり、足に負担がかからないものから幅広で履きやすいスパイク・中学生向けなど種類が多く選ぶのが難しいです。そこで今回は、サッカーシューズの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

足に負担がかからないサッカースパイクを選ぼう

サッカーを快適にプレイするならこだわりたいのがサッカーシューズです。トレーニングシューズやサッカースパイクとも呼ばれ、サッカーをするために足に負担がかからない構造で作られています。パフォーマンスの向上のためにもシューズ選びは大切です。

 

幅広で履きやすいもの・ジュニアに合わせた越渓やサイズ・中学生から大人まで履けるものなど、さまざまなサッカーシューズが販売されています。また、ナイキ・アシックス・ミズノなどの大手メーカーから販売されているので、どれを買うか迷う方も多いです。

 

そこで今回は、サッカーシューズの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは、使用するシーン・スタッドの形状・ポジションに合った素材・メーカーなどを基準に作成しました。購入を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

Adidas

自分にぴったりの1足が見つけられる

Adidasのサッカーシューズは世界的に人気があります。「PREDATOR(プレデター)」「COPA(コパ)」「X(エックス)」「NEMEZIZ(ネメシス)」のシリーズがあり、それぞれに異なる特徴があります。

 

キッズ向けの商品も展開されており、サッカーを始めたばかりの方から本格的に取り組んでいる方まで、さまざまな方におすすめなブランドです。プレイする場所や年齢、予算などを踏まえたうえで、ぜひ自分に合った最高の1足を見つけてください。

屋外用サッカーシューズのおすすめ

1位

asics

DSライト TF SL

ミッドーソールのグリップ力が優秀なアシックスのトレーニングシューズ

耐久性が高い人工皮革のトレーニングシューズです。履き口はメッシュ素材を採用し蒸れにくく、履きやすさに特化しています。履いたときのアウターソール全体のグリップ力が高いのもポイントです。

 

トゥ部分は広めに設計され、中足部からかかと部分にかけてしっかりと足をホールドする幅広仕様になっています。かかとの内側部分のクッション性が高く、履いたときのフィット感も抜群です。

基本情報
使う場所 TF
素材 人工皮革 ・合成繊維
スタッド 丸形
サイズ展開 23〜29cm

ジュニア用サッカーシューズのおすすめ

1位

asics

DS LIGHT JR GS TF

ジュニアの足を優しくサポートする中敷入りのサッカーシューズ

ジュニアの足の構造を踏まえ、はき心地と足入れのしやすさを徹底的に追求したサッカーシューズです。生地にはメッシュ素材や柔軟なフォーム材を使用しており、足への負担を最大限減らせます。

 

中敷は立体になっており、フィット感をより向上させています。加えて、洗うときはそのまま取り外せるので、お手入れも簡単です。機能性と利便性の高さが好評なので、ぜひ試してみてください。

基本情報
使う場所 TF
素材 メッシュ素材
スタッド -
サイズ展開 16〜24cm

サッカーシューズ・スパイクの役割

サッカーシューズ・スパイクの役割は、走ったり蹴ったりする動作を最大限サポートすることです。疲労をなるべく緩和するために、軽量性が求められます。

 

さらにさまざまな方向への不規則な動きに対応し、ボールを操るために、土や芝生などに対するグリップが確保されているかどうかも重要です。

自分の足に合ったサッカーシューズの選び方

メーカー・着用する場所・スタッドの形状など、選ぶポイントは多いです。本章では自分の足に合ったサッカーシューズの選び方を解説していきますので参考にしてください。

シューズの「フィット感」をチェック

サッカーは足で蹴ったり、走ったりするスポーツなのでフィット感で選ぶのが重要です。足の指の長さ・甲高・かかとの丸みなど、それぞれで形状は異なります。サイズが合っていないと靴ずれを起こすなどプレーに影響する可能性もいなめません。

 

また、普段履きのシューズと同様に、国内メーカーは日本人の足の形状に合ったシューズが多いです。しかし、海外メーカーは製造国に合わせた仕様になっているので、サイズだけではなく足囲もチェックしておきましょう。

 

足の長さはジャストサイズでも、甲高の方は圧迫感がありキツく感じてしまうため、幅広のシューズを選ぶ必要があります。なるべく試し履きをするのがおすすめですが、商品の口コミをチェックしてサイズ感を把握するのもおすすめです。

使用するシーンに合ったサッカーシューズで選ぶ

サッカーシューズには硬い土・人工芝・天然芝・屋内用などシーンに適したタイプがあり特徴も異なります。自分にぴったりのタイプがあるかチェックしていきましょう。

硬い土のグラウンドなら「HG」がおすすめ

一般的なサッカー場や学校にある硬い土のグラウンドで着用するなら、HG(ハードグラウンド)と表記されている土用シューズを選びましょう。土でできたグラウンドが多い日本では、最も多く着用されているスタンダードタイプで人気です。

 

HGタイプは地面とスタッドの接地面積が大きく高さが低いため、硬い土に強く滑りにくい仕様になっています。また衝撃吸収性も高く、空中でヘディングやボールキープをしたときの接地のクッション性も安定しているのでおすすめです。

天然芝なら「FG」がおすすめ

芝の長さが短くて柔らかく、滑りやすい場所で着用するなら、FG(ファームグラウンド)と表記されている天然芝用のシューズを選びましょう。まだ日本に天然芝のグラウンドは少ないですが、プロサッカー選手が多く着用しているタイプです。

 

FGタイプのスタッドは細く長めのスタッドを採用し、本数が少ない仕様になっています。天然芝の中に細長いスタッドがしっかりと食い込むため、ドリブルや切り返しなどの動作がスムーズにできるのでおすすめです。

人工芝なら「AG」がおすすめ

人工芝で着用するなら、AG(アーティフィシャルグラス)と表記されているシューズを選びましょう。ソール部分にはフラットに近い形状で多めのスタッドが採用され、接地したときの衝撃を吸収するシステムが搭載されているのが特徴です。

 

AGのスパイクは対応グラウンドの表示が、AG・FG(土・人工芝)と2つ記載されていれば各グラウンドでスピーディーな動作がとれます。汎用性が高くそれぞれのシーンで履き回しをしたい方におすすめです。

雨の日の試合なら「SG」がおすすめ

雨などで滑りやすいピッチで使用するときは、SG(ソフトグラウンド)と表記されているシューズが推奨されています。SGは柔らかいドロドロとした土のグラウンドや天然芝のグラウンドに向いているスパイクです。

 

SGタイプのスパイクはスタッドの本数が少ないため、しっかりと地面に突き刺さる高いグリップ力が特徴で、スタッドの取り替えができます。また、やや長めのスタッドが地面に強く突き刺さるため、雨でも滑りにくく深く踏み込めるのが魅力です。

屋内での練習用なら「IN・IC」がおすすめ

体育館などの屋内練習用で着用するなら、IN(インドア)IC(インドアコート)と表記されているフットサルシューズを選びましょう。体育館に限らず、アスファルト上など表面が平らな場所に適したシューズです。

 

また、スタッドがないフラットなアウトソールが特徴で、平で硬い地面からの衝撃を抑制するゴム素材が採用されています。ゴム素材がバスケットシューズのようにグリップ力を発揮し、クッション性にも優れたシューズです。

ジュニア・大人の初心者のトレーニングシューズなら「TF」がおすすめ

トレーニング用のシューズが欲しい方はTF(トレーニングシューズ)と表記されているシューズを選びましょう。本タイプは細かい小さなスタッドが無数についていて、硬い土・人口芝・天然芝でも使えるオールラウンドなサッカーシューズです。

 

膝や足首への負担が少ないため、ジュニア年代にも多く推奨されているモデルです。トレーニングシューズと呼ばれてるとおり、サッカーのトレーニングで多く使用されており、大人から中学生・高校生・キッズまで幅広く展開されています。

ポジションに合った素材で選ぶ

サッカーシューズのアッパー部分の素材は主に、天然皮革・人工皮革の2種類があります。それぞれの特徴や、見合ったポジションを紹介するのでチェックしていきましょう。

センターバックや中盤のボランチなら中敷の入った「天然皮革」がおすすめ

天然皮革には主に高品質のカンガルー素材が採用されています。カンガルー素材は軽量で非常に軟らかく軽量で、履けば履くほど自分の足に馴染じみフィットして、靴擦れしにくい中敷がはいっているのが特徴です。通気性にも優れプレー中でも快適に履けます。

 

また、軽量で素足に近い感覚で履けるので、狙ったとおりにボールをコントロールしやすいのが魅力です。やや高価で汚れたまま放置しておくと型崩れしやすいのが難点ですが、お手入れをしっかりおこなえば長く履けます。

 

特にディフェンスのセンターバックや、中盤のボランチの選手におすすめです。確実なプレーが求められるのが多いポジションなので、足にしっかりとフィットする履きやすさと、ポジションの役割にあわせて検討しましょう。

スピード勝負のフォワードなら「人工皮革」がおすすめ

人工皮革のサッカーシューズは伸びにくく縮みにくいため、天然皮革に比べて足に馴染みにくいですが、型崩れがしにくく水や汚れにも強いのが特徴です。耐久性に優れたサッカーシューズとして人気があります。

 

現在は製造技術も進化しており、天然皮革に近い素材の商品も多いです。天然皮革に比べてリーズナブルな価格で購入でき、豊富なデザインから選べます。水や泥汚れがあってもメンテナンスが楽なのもポイントです。

 

一瞬の爆発的なスピード生む素材として優れているのも特徴です。また、雨天時に着用しても速乾性に優れているので、翌日までに乾きます。スピードで勝負するフォワード系のポジションにおすすめです。

スタッドの形状で選ぶ

サッカーシューズには、地面と接地する部分にスタッドと呼ばれる凸凹があります。シーンに合わせたスタッドを選べば、走りやすいシューズを選べるのでチェックしてください。

耐久性が高く足に負担がかからないものなら「丸型」がおすすめ

丸形のスタッドは前後左右の力を均等に受けられるため、サーカー初心者の小学生・中学生から経験者まで幅広い層に人気があります。スタッドの本数が多いほど、地面との接地面積が大きく足に負担がかからないのがポイントです。

 

また、硬い土の上でプレーに適した丸型のスタッドは、摩擦に強く耐久性も高いので、フェイントやターンなどの動きにも優れています。購入時はスタッドの本数もチェックして選びましょう。

グリップ力重視なら「ブレード型」がおすすめ

ブレード型のスタッドの特徴はグリップ力に優れているため、急な方向転換など瞬発的な動きを多用するドリブラーにおすすめです。激しい動きにも対応しているため、より俊敏な動きを実現できます。

 

しかしグリップが強い分、足腰にかかる負担が大きくなるのでケガにつながる恐れがあります。そのため、サッカーを始めたばかりのジュニア年代には向かないタイプなので考慮して選びましょう。

瞬発的な動きを発揮したいなら「トライアングル型」がおすすめ

トライアングル型のスタッドは、円形とブレード型のちょうど中間にあたるタイプで、全方向へのグリップ力に優れた形状なので、瞬発的な動きが求められるプレイヤーにおすすめのタイプです。

 

日本人選手では、香川真司選手などが愛用しているスタッドでも知られていおり、一瞬の動きで試合の流れを変えるような選手におすすめです。緩急をつけたプレーで試合を変えるような方に向いています。

足への負担軽減とグリップ力も欲しいなら「ミックス型」がおすすめ

ミックス型は丸形とブレード型がミックスされたタイプです。前後左右の力を分散して足への負担を減らし、方向転換など瞬時にグリップ力を高める性能があります。足への負担を軽減しつつ、グリップ力のあるシューズが欲しい方におすすめです。

 

最近では、個人のプレースタイルに合わせたスパイクが作られています。縦にも横にもクイックネスを多用するネイマール選手やクリスチャーノ・ロナウド選手などもミックス型のスタッドを着用している場合が多いです。

普段履きをしたいなら「デザイン」をチェック

サッカーシューズは機能性も重視したいですが、普段履きをするなら見た目も大切です。ユニホーム・トレーニングウエア・ソックスのデザインをチェックしながら、自分にあったコーディネートを考えましょう。

 

黒色はあわせやすく、クールな印象になるので人気です。また柄ものや蛍光色は、コーディネートにインパクトを与えます。お気に入りのトレーニングシューズを履くとモチベーションがあがるので、デザインやカラーもチェックしておきましょう。

けがが心配なら足よりも「5mm」ほど余裕のあるサイズか確認

サッカーシューズは走りやボールコントロールに大きく影響するものです。そのためシューズのサイズあわせが重要で、サイズがあっていないとプレーに影響するだけでなく、怪我をする可能性も高くなります。


またサイズ選びでは指の自由度も大切で、両足均等に立ったときに一番長い指のつま先が5mm程余るサイズがおすすめです。つま先を手で押してみて、途中で足の指先にあたれば問題ありません。

キッズは年齢別で選ぶ

キッズサイズのサッカーシューズは年齢ごとに作りが違うので、お子さんの成長も考えながら対象の商品を選びましょう。年齢ごとにあったキッズ用シューズを紹介します。

1〜5歳の幼児や幼稚園児なら「マジックテープ」で着脱できる商品がおすすめ

一般的なサッカーシューズは、紐で自分好みの締め具合に調節して履けます。しかし1〜5歳児のキッズは、はうまく靴紐が結べない場合が多いです。そんなときに、マジックテープがついているシューズをおすすめします。

 

マジックテープ式は、時間をかけず簡単でスムーズに着脱できるため、小さなお子さんに人気です。また1〜5歳児の幼児や幼稚園児でも、自分でフィット感を調節できるのも嬉しいポイントになっています。

6〜12歳までの子供なら「柔らかい作り」の商品がおすすめ

靴紐が結べるようになった頃の6歳以上の子供には、もうマジックテープは必要なくなる場合が多いです。まだまだ身体も足も成長期の真っただ中なので、足に負担がかかりにくいスニーカーを選びましょう。

 

足の負担をやわらげたいなら、シューズのソール・かかとの部分が柔らかい作りの商品がおすすめです。そうすれば、足の負担だけでなく靴ずれなどを起こす確率がグンッと下がり、ケガも予防できます。

人気メーカーで選ぶ

サッカーシューズはメーカーが多くどれを選べばいいかわからない方もいます。そんな方は、まずメーカーの特徴を把握しておきましょう。

デザインとスピード感を重視するなら「NIKE(ナイキ)」がおすすめ

世界的トップクラスの人気ブランドであるNIKE(ナイキ)は、サッカーシューズも多く展開しています。ナイキのサッカーシューズはスピードを武器とする選手におすすめの軽量モデルが多く、加速力とグリップ力を追求しているのが特徴です。

 

また、世界的に有名なサッカープレイヤーであるクリスチャーノ・ロナウド選手や、ブラジル代表エースのネイマール選手なども愛用しています。デザイン性・スピードを求めるプレイヤーにおすすめのメーカーです。

プレースタイル別に選びたいなら「adidas(アディダス)」がおすすめ

adidas(アディダス)のサッカーシューズは、選手のプレースタイルをスピード・コントロール・トータルバランス・ハードワークの4つに分類し、それぞれの特徴を求める方のニーズにこたえているのが特徴です。

 

スピードを求めるならX(エックス)、ボールコントロールを求めるならプレデター、トータルバランスを求めるならCOPA(コパ)、ハードワークならネメシスなどプレースタイルにあったタイプを選びたい方におすすめです。

軽量で馴染みがいいメーカーなら「MIZUNO(ミズノ)」がおすすめ

日本が誇る人気スポーツメーカーであるミズノのサッカーシューズは、日本代表の選手も多く愛用しています。そんなミズノのサッカーシューズは、日本人の足型に合わせたワイド設計が特徴です。ミズノはモレリア・レビュラ・モナルシーダの3種類に展開しています。

 

モレリアは天然皮革を採用し、軽量で足なじみがいいシューズが豊富に揃っています。レビュラシリーズは岡崎慎司選手や本田圭佑選手が愛用しており、多くの支持を集めている人気シリーズです。

足囲が幅広ならサッカーしやすい「NEW BALLANCE(ニューバランス)」がおすすめ

足囲が幅広の方にはサッカーしやすいニューバランスがおすすめです。ナイキやアディダスなどに比べて幅が広いシューズの展開が豊富で、履き心地がよく足に馴染みやすいフィット感があるので、靴擦れしやすい方はチェックしてみてください。

 

ニューバランスのシューズは主に3種類に分けられます。履きやすさとフィット感を重視した442、ボールのコントロール性を重視したテケラ、走りやすくスピード感を重視したフューロンなどがあるので、自分に合ったものを選んでください。

グラウンド別で選ぶなら「PUMA(プーマ)」がおすすめ

海外ブランドとして有名なプーマですが、日本人のサッカースタイルに合ったモデルが充実しています。また、プーマのスパイクはすべてのシリーズがグラウンド別にリリースされているので、自分の履きたいシーンにマッチするモデルが見つかるのが魅力です。

 

ほかのサッカーシューズメーカーに比べ、軽量でデザイン性が高くフィット感も優れています。また比較的にリーズナブルな価格で購入できるためコスパも抜群です。土のグランド用・人工芝など2つの場所に対応しているタイプもあるのでチェックしてみてください。

素足感覚で履きたいなら「asics(アシックス)」がおすすめ

アシックスは神戸に本社を置く総合スポーツ用品メーカーです。オニツカタイガーのブランドとして広く親しまれてきたメーカーでもあり、サッカーのほか陸上やバレーボール用として履くのにも定評があります。
 
アシックスのサッカーシューズは、繊細なボールタッチを実現し足との一体感に特化しているためフィット感が抜群です。素足感覚を味わえるスパイク構造にこだわっているので、繊細なボールさばきをしたい方におすすめします。

ワイド設計なら足にフィットしやすい「UMBRO(アンブロ)」がおすすめ

アンブロはイギリス発祥のスポーツブランドで、ワイドな幅広設計と厚みと足なじみのいいプレミアムカンガルーレザーを採用しています。そのため、足裏・かかと素材が柔らかく足にフィットしやすいのが魅力です。


インサイド部分にはアンブログリップテクノロジーを採用しているため、トラップ時やサイドパスのボールコントロール性を向上させます。モデルは1つのみですが、基本的にすべてのグランドに対応しているのが魅力です。

 

以下の記事では、サッカースパイクの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。

左右の激しい動きに強い「ハイカット」もチェック

ハイカットは、アッパー素材が足首まで包むように伸びたタイプです。履き靴のフォルムが靴下のようになっているサッカーシューズが多く展開されています。

 

ハイカットタイプを履くと、スパイクと足が一体化したような感覚を得られるため、左右の激しい動きにも柔軟に対応できます。また履き口がしっかり締まっているので、小石や砂などが入りにくいのもメリットです。

屋外用サッカーシューズの人気おすすめランキング10選

1位

asics

DSライト TF SL

ミッドーソールのグリップ力が優秀なアシックスのトレーニングシューズ

耐久性が高い人工皮革のトレーニングシューズです。履き口はメッシュ素材を採用し蒸れにくく、履きやすさに特化しています。履いたときのアウターソール全体のグリップ力が高いのもポイントです。

 

トゥ部分は広めに設計され、中足部からかかと部分にかけてしっかりと足をホールドする幅広仕様になっています。かかとの内側部分のクッション性が高く、履いたときのフィット感も抜群です。

基本情報
使う場所 TF
素材 人工皮革 ・合成繊維
スタッド 丸形
サイズ展開 23〜29cm

口コミを紹介

3Eと幅広でキツくない。甲も痛くない。
そして柔らかいので、足も痛くなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MIZUNO

モナルシーダ NEO 2 SELECT

大人に人気!バランスを実現したミズノのサッカースパイク

大人はもちろん、サッカーを始めたばかりの中学生や高校生からも高く支持されている人工皮革のサッカーシューズです。足に沿う形でピッタリ合わさるワイドフィットで、快適な履き心地を楽しめます。

 

ゼログライドカップインソールなど充実した機能が搭載されている上に、カラーバリエーションも豊富です。機能性もカラーも充実しており、お値段以上の商品なのでぜひチェックしてみてください。

基本情報
使う場所 HG/AG/FG
素材 人工皮革
スタッド 丸型
サイズ展開 24.5〜29cm

口コミを紹介

サイズも丁度で、高さもあるので、履きやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

asics(アシックス)

DS LIGHT CLUB

耐久性が毎日使う方でもサッカーしやすい

毎日部活で使用する中学生や高校生にもおすすめのエントリーモデルです。耐久性が高い人工皮革をかかとに搭載しているため、走る力にも答えてくれます。適度に伸びがあるので履きやすいです。

 

シンプルなホワイト・ブラックをはじめ、ピンクや蛍光イエローなど芝生で目立つ色も揃っているので、チームカラーや好みに合わせた色選びができます。豊富なカラーから選びたい方におすすめです。

基本情報
使う場所 屋外
素材 人工皮革
スタッド -
サイズ展開 24~29cm

口コミを紹介

ワイドでないとダメな高校生の子供用に購入。あまり無いのか今はアシックスのDSライトシリーズをずっと履いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

asics(アシックス)

DS LIGHT CLUB TF

履き口周りがメッシュ材で蒸れにくい

シューズの履き口周りがメッシュ素材で作られているため、夏や汗をかきやすい環境でも蒸れにくいです。足にフィットしやすいウェルダーが入っていたりワイドラストが入っていたりと、快適な履き心地を実現しています。

基本情報
使う場所 屋外
素材 メッシュ
スタッド 丸型
サイズ展開 23~29cm

口コミを紹介

私の経験では、アシックスのトレシューはランニングシューズより0.5大きめにしないときつい感じがしてます。トレシューにこだわりはないですが、履き心地に全く不満はないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

asics

DS LIGHT

カンガルーレザー採用で足に負担がかからないアシックスのスパイク

アシックスのDS LIGHTは、足に負担がかからずフィット性が高いカンガルーレザーを採用したスパイクです。足の負担を軽減するfuzeGELを採用し、接地時の突き上げを軽減させる高硬度と中硬度の2層構造になっています。

 

また、カンガルーレザーは軽量ながら耐久性に優れ肌触りがよく素足に近い感覚で履けるので、的確にボールをコントロールがしやすいのも魅力です。スタイリッシュなデザインで、どんなユニフォームにも合います。

基本情報
使う場所 HG/FG/AG
素材 カンガルー皮革
スタッド -
サイズ展開 22〜30cm

口コミを紹介

軽い•靴ズレが起きない•デザイン性(色豊富)
日本人の足にフィットしやすく、履きごごちも良い。悪いところを挙げるとすると、すぐに売り切れになってしまう事。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

adidas

プレデター フリーク .1 FG

的確なボールコントロールをサポートするアディダスの人気モデル

アディダスのプレデター フリーク .1 FGは、アッパー部分を覆うようにバージョンアップしたデーモンスキンアッパーが搭載され、ボールコントロール性やグリップ力がさらに向上した仕様になっています。

 

また、2ピース構造の履き口を採用し、ヒール部分が深く足をすっぽりと包み込むため、安定して履きやすくフィット感も抜群です。ボールコントロール性をよくしたい方におすすめします。

基本情報
使う場所 FG
素材 合成皮革・合成繊維
スタッド -
サイズ展開 25〜28.5cm

口コミを紹介

息子に購入しとても気に入ってるようです

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

PUMA

トレーニングシューズ タクト TT

土をしっかり踏みしめられる!軽量ながら優れた耐久性のトレシュー

アッパー部分には軽量で柔らかいシンセティックレザーを採用し、耐久性の高さが持ち味のプーマのトレーニングシューズです。アッパー部分にはライニングが施され、土をしっかり踏みしめられて履くたびに足に馴染みフィットします。

 

また、シューズ自体が軽量で柔らかいため、練習時のドリブルやダッシュも身軽で素早い動きが可能です。シーンに合わせてグラウンドと人工芝の両方でプレーできるので、履き回しをしたい方にもおすすめします。

基本情報
使う場所 TF
素材 人工皮革
スタッド -
サイズ展開 25〜31cm

口コミを紹介

子供とサッカー遊びに使います。本格的にトレーニングしているわけではないですが、値段・デザイン・履き心地文句なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

new balance

442 TEAM TF MS42T2E

普段履きにもおすすめ!足に負担がかからない幅広サイズで練習用にも

中学生・高校生の毎日のハードな練習に最適な、ニューバランスのトレーニングシューズです。つま先部分に沿ってアーチ状のカーフレザーが採用されているため、耐久性に優れています。

 

すべてのサイズの足囲が2Eと幅広になっていますが、普段のスニーカーよりも+1cmを選ぶようにしましょう。スポーツシーンのみならずクラシックなデザインなので普段履きにもおすすめです。

基本情報
使う場所 TF
素材 人工皮革
スタッド -
サイズ展開 24.5 2E〜29cm 2E

口コミを紹介

サッカーのスパイクを先に購入していたのでトレーニングシューズも購入。履き心地など、問題ないです。幅広さんには快適!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

NIKE(ナイキ)

ファントム GT アカデミー TF (303)

中学生や高校生におすすめ!スタイリッシュなデザインのシューズ

サッカーをプレイする人のデータをもとに作られたナイキのサッカーシューズです。中学生や高校生などのハードな部活動・試合にもってこいのスパイクでグラウンド・天然芝・人工芝とオールマイティーに履き回せます。

基本情報
使う場所 HG/FG/AG
素材 合成皮革/合成樹脂
スタッド -
サイズ展開 20〜27cm

口コミを紹介

ちゃんとしています

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

PUMA

フューチャー 2.3

靴紐の通し方でフィット性が高まるプーマのスパイク

プーマのフューチャー 2.3は、アッパーサイドのメッシュ状になった部分に紐を通せば自在にサイズ調節できるのが特徴です。自分に合った足幅で靴ずれを防ぎ、フィット感が得られスムーズな身動きがとれます。

 

またソック構造のアッパーが搭載されているため、足首全体を覆ってくれる安定感のある履き心地も魅力です。自分の足囲に合ったスパイクが見つからない方におすすめします。おしゃれなビビッドカラーにも注目です。

基本情報
使う場所 HG/AG
素材 人工皮革/合成樹脂
スタッド -
サイズ展開 24〜28cm

口コミを紹介

今までは長さは良くても横幅がフィットしなかったが、このスパイクなら左右、前後の幅に合わせてフィットさせることができる。
いいの、見ぃつけた。

出典:https://www.amazon.co.jp

屋外用サッカーシューズの人気おすすめランキング10選の比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 使う場所 素材 スタッド サイズ展開
アイテムID:14447630の画像

公式サイト

自分にぴったりの1足が見つけられる

2位 アイテムID:14447751の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大人に人気!バランスを実現したミズノのサッカースパイク

HG/AG/FG

人工皮革

丸型

24.5〜29cm

3位 アイテムID:14447745の画像

Amazon

楽天

ヤフー

耐久性が毎日使う方でもサッカーしやすい

屋外

人工皮革

-

24~29cm

4位 アイテムID:14447742の画像

Amazon

楽天

ヤフー

履き口周りがメッシュ材で蒸れにくい

屋外

メッシュ

丸型

23~29cm

5位 アイテムID:14447739の画像

Amazon

楽天

ヤフー

カンガルーレザー採用で足に負担がかからないアシックスのスパイク

HG/FG/AG

カンガルー皮革

-

22〜30cm

6位 アイテムID:14447736の画像

Amazon

楽天

ヤフー

的確なボールコントロールをサポートするアディダスの人気モデル

FG

合成皮革・合成繊維

-

25〜28.5cm

7位 アイテムID:14447733の画像

Amazon

楽天

ヤフー

土をしっかり踏みしめられる!軽量ながら優れた耐久性のトレシュー

TF

人工皮革

-

25〜31cm

8位 アイテムID:14447730の画像

Amazon

楽天

ヤフー

普段履きにもおすすめ!足に負担がかからない幅広サイズで練習用にも

TF

人工皮革

-

24.5 2E〜29cm 2E

9位 アイテムID:14447727の画像

Amazon

楽天

ヤフー

中学生や高校生におすすめ!スタイリッシュなデザインのシューズ

HG/FG/AG

合成皮革/合成樹脂

-

20〜27cm

10位 アイテムID:14447724の画像

Amazon

楽天

ヤフー

靴紐の通し方でフィット性が高まるプーマのスパイク

HG/AG

人工皮革/合成樹脂

-

24〜28cm

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

ジュニア用サッカーシューズ人気おすすめランキング5選

1位

asics

DS LIGHT JR GS TF

ジュニアの足を優しくサポートする中敷入りのサッカーシューズ

ジュニアの足の構造を踏まえ、はき心地と足入れのしやすさを徹底的に追求したサッカーシューズです。生地にはメッシュ素材や柔軟なフォーム材を使用しており、足への負担を最大限減らせます。

 

中敷は立体になっており、フィット感をより向上させています。加えて、洗うときはそのまま取り外せるので、お手入れも簡単です。機能性と利便性の高さが好評なので、ぜひ試してみてください。

基本情報
使う場所 TF
素材 メッシュ素材
スタッド -
サイズ展開 16〜24cm

口コミを紹介

小学生の息子に購入しました。何足か注文し、こちらが一番履きやすいとのことでした。トレーニングシューズは汚れが目立つせいか?ホワイトを選ぶ人はうちのチームでは少ないので、目立って私も気に入っています!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

asics

DSライト 3 Jr

成長期の子供におすすめのアシックスのスパイク

DSライト 3 Jrはアシックス独自の足形分析によって優れたフィット性を実現し、ジュニアの動作パターンの分析をもとにキッズ・ジュニア用に適した専用アウターソールを採用しているのが魅力です。

 

また、つま先からかかとまで徐々に10mm高くなるヒールアップ構造で、膝にかかる衝撃を吸収し足への負担をやわらげる効果があります。足回りにゆとりをもった仕様になっているため、成長期のキッズにおすすめです。

基本情報
使う場所 HG/FG
素材 合成皮革
スタッド 丸形
サイズ展開 19.0〜21.0cm

口コミを紹介

子どもが何度か、今までスパイクにチャレンジしてましたが足が痛く、無理でしたがこのスパイクだけは大丈夫でした。フィット感、足への負担は少なく値段以上に良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

UMBRO

ヴェローチタV SB JR WIDE

安くて履きやすいキッズ用メーカーアンブロのトレシュー

メーカーアンブロは日本人向けの幅広設計になっているので、キッズのにかかる負担や圧力を軽減してくれます。ミッドソールには軽量で劣化しにくいEVA素材を採用し、クッション性・グリップ力が高いです。

 

かかと部分には衝撃吸収加工が施されているため、地面からの突き上げ感を防止して足裏の負担もかかりにくい仕様になっています。また低価格ながらインソールが着脱でき、汚れたら取り外して洗えるのも魅力です。

基本情報
使う場所 HG
素材 人工皮革/合成樹脂
スタッド -
サイズ展開 16.0〜24.0cm

口コミを紹介

幅広甲高な息子の足にはなかなか合うメーカーがないのですが、こちらは問題なく履けました(^-^)

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

adidas

プレデター 20.4 TF J ベルクロ

アディダスの幼児・幼稚園児用トレーニングシューズ

シューズの外面にアディダスの象徴である、3本ラインを大胆にあしらったデザインがかっこいいトレーニングシューズです。ベルクロ式なので紐がほどけにくく、幼児や幼稚園児でもサイズ調整が簡単におこなえます。

 

また柔らかな人工繊維のアッパーが足を包み込み、ベルクロで足をガッチリとサポートしてくれるので履きやすく安定感があるのが特徴です。スッと履けて走りやすくリーズナブルな価格で購入したい方に適しています。

基本情報
使う場所 TF
素材 合成皮革
スタッド -
サイズ展開 17〜24.5cm

口コミを紹介

スバイクもプレデターなので、注文。
色も、使用感、子供に最高に合っていた。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

adidas

プレデター20.4

滑りにくく理想的なプレーができるアディダスのスパイク

アディダスのジュニア向けプレデター 20.4は、やや短い天然芝や人工芝・乾いた硬い地面のグラウンドでも使用できるのが魅力です。アウトソールはグリップ力が高いため、どんなシーンでも滑りにくく理想的なプレーができます。

 

また、つま先の周りに突起加工が施されているため、思い通りのボールコントロールやドリブルが可能です。さまざまなシチュエーションで着用したい方や、ボールを上手く扱い相手に差をつけたい方におすすめします。

基本情報
使う場所 HG/FG/AG
素材 合成皮革
スタッド -
サイズ展開 18・22・24・24.5cm

口コミを紹介

子どもの足にピッタリフィットし、とても蹴りやすいようです!

出典:https://www.amazon.co.jp

ジュニア用サッカーシューズ人気おすすめランキング5選の比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 使う場所 素材 スタッド サイズ展開
1位 アイテムID:14447768の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ジュニアの足を優しくサポートする中敷入りのサッカーシューズ

TF

メッシュ素材

-

16〜24cm

2位 アイテムID:14447765の画像

Amazon

成長期の子供におすすめのアシックスのスパイク

HG/FG

合成皮革

丸形

19.0〜21.0cm

3位 アイテムID:14447762の画像

Amazon

楽天

ヤフー

安くて履きやすいキッズ用メーカーアンブロのトレシュー

HG

人工皮革/合成樹脂

-

16.0〜24.0cm

4位 アイテムID:14447759の画像

Amazon

楽天

ヤフー

アディダスの幼児・幼稚園児用トレーニングシューズ

TF

合成皮革

-

17〜24.5cm

5位 アイテムID:14447756の画像

Amazon

楽天

ヤフー

滑りにくく理想的なプレーができるアディダスのスパイク

HG/FG/AG

合成皮革

-

18・22・24・24.5cm

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

サッカーシューズのお手入れ方法をチェック

サッカーは激しいスポーツなのでシューズは消耗品ですが、正しい方法でお手入れをすれば長く愛用できます。お手入れの方法を紹介するので、取り入れてみてください。

サッカースパイクが汗などで蒸れたとき

サッカースパイクが汗などで蒸れたときには、靴ひもやインソールを外して砂・砂利・人工芝・天然芝・チップを靴の中から出し、風通しのいいところで日陰干しします。つぎに歯ブラシなどでアッパーやソールの汚れを落とし、クリーナーで汚れを拭きとってください

 

その後、天然皮革の場合には乾いた布でクリームを塗り、シューズブラシでクリームやコンディショナーをムラなく薄く伸ばし、再び風通しのよい日陰に保管します。これで手入れは完了です。

雨でぬれたとき

雨などで濡れてしまったときは、靴紐やインソールを外して砂や砂利を靴の中から出し、水を染みこませた布で泥を取り除き、乾いた布で水分を拭きとります。そして、新聞や乾いたタオルを詰めて水分を取り除くのがベストです。

 

クリームを塗りブラッシングでツヤを出し、日陰で風通しのいい場所で乾燥させます。天然素材のシューズを乾かすときはドライヤーは控えましょう。ひび割れや革が硬くなる原因につながります。翌日に履きたいときはシューズ専用ドライヤーを使うのがおすすめです。

中学生・高校生は2〜3足持っているのがおすすめ

中学生や高校生は毎日部活動の練習があり、天候の影響でシューズに汗をかいたり泥だらけになったりするなど、つねに汚れや臭いはつきものです。また連日のハードな練習によってサッカーシューズが破れる場合もあります。

 

一足を大切に履き続けるのも大事ですが、使用頻度が多いとシューズは消耗しやすくなり、破損してしまう可能性も高いです。中学生や高校生はシューズを2〜3足持っておき、ローテーションしながら履くのをおすすめします。

トレーニングシューズ(トレシュー)は普段履きにもおすすめ

トレーニングシューズ(トレシュー)は、一般的にスポーツの練習をするときに履きますが、実は普段履きをしている方も多いです。デザイン性が高く履きやすいため、学生・大人など年齢層を問わず通勤や通学・タウンユースなど、さまざまなシーンで活用できます。

 

トレーニングシューズはサッカー用だけではなく、野球用やランニング用など種類が豊富です。もし通勤・通学途中で運動を兼ねてウォーキングをされている方は、ぜひ購入を検討してみてください。

 

以下の記事では、野球トレーニングシューズとランニングシューズの人気おすすめランキングを紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。

まとめ

サッカーシューズはジュニアから中学生・高校生・大人サイズまであり、ナイキ・アディダスなどのメーカーがあります。足に負担がかからないものから幅広スパイクまで種類が豊富なので、自分に合った履きやすいサッカーシューズを選んでを楽しみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年12月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

サッカーボールのおすすめ人気ランキング17選【3号や小学生用も】

サッカーボールのおすすめ人気ランキング17選【3号や小学生用も】

サッカー・フットサル用品
ジュニア用サッカースパイクの人気おすすめランキング15選【足に負担がかからないスパイクも】

ジュニア用サッカースパイクの人気おすすめランキング15選【足に負担がかからないスパイクも】

スポーツシューズ
サッカー用インソールのおすすめ人気ランキング19選【ジュニアスパイクの中敷きも!】

サッカー用インソールのおすすめ人気ランキング19選【ジュニアスパイクの中敷きも!】

靴用品
サッカーソックスのおすすめ人気ランキング15選【ジュニア・キッズ向けも】

サッカーソックスのおすすめ人気ランキング15選【ジュニア・キッズ向けも】

スポーツウェア
サッカー漫画のおすすめ人気ランキング34選【200人が選ぶ面白い作品はどれ?】

サッカー漫画のおすすめ人気ランキング34選【200人が選ぶ面白い作品はどれ?】

本・雑誌
サッカーゲームのおすすめ人気ランキング20選【ウイイレの最高傑作は?】

サッカーゲームのおすすめ人気ランキング20選【ウイイレの最高傑作は?】

ゲーム