カーサイドタープの人気おすすめランキング10選【車中泊に最適!】

記事ID13694のサムネイル画像

キャンプや車中泊で活躍するカーサイドタープ。ハイエース、軽自動車、SUVなど、さまざまな車両に吸盤を使って固定できます。ロゴス、スノーピーク、小川などのメーカーから発売されています。今回はカーサイドタープの張り方や選び方、人気おすすめランキングを紹介します。

今回の記事では数アルター部の中から「カーサイドターブ」に着目しておすすめのターブをご紹介させていただきます。また、下記記事ではカーサイドターブに限らず幅広くおすすめのターブを紹介しています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

便利なカーサイドタープ

車中泊やキャンプで活躍するカーサイドタープですが、実は、カーサイドタープなら車体をフレームの一部として利用して、開放的な生活空間を作り出したり、日除け、雨風を防いだりできるんです!また、テントのように四方を覆うタイプならプライベートが守られるため、着替えをすることができます。

 

スノーピーク、ロゴス、小川などのメーカーからさまざまな製品が発売されているので、どれを購入すればいいのか悩みますよね。

 

そこで今回はカーサイドタープの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは価格・サイズ・デザイン・品質などを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

カーサイドタープとは

カーサイドタープとは、車のサイドやリアハッチに連結して、テントのように日陰と居住空間を作るアイテムのことです。車体の一部をテントフレームとして利用するのが特徴です。キャンプをするときや、アウトドアシーンで日射を遮ったり、人の目線を遮って目隠しになるなど、幅広いシーンで活躍します。

カーサイドタープとサイドオーニングの違い

カーサイドタープとサイドオーニング(カーサイドオーニング)は、よく似ているアイテムなので間違いやすいです。2つの違いについて解説します。

オーニングを固定するためには「外装パーツ」が必要

カーサイドタープは、必要な時に組み立てる携帯アイテムであり、サイドオーニングは、車に備え付けておくオプションパーツです。サイドオーニングは、車のルーフに常備装着しており、使用する際は収納されているロールを引き出して広げて、脚を伸ばして設営します。

 

外装パーツのブラケット(突出部分を支える横材)を直接取り付けて、オーニングを固定するのが特徴です。手動式で収納・引き出しする製品が一般的ですが、電動式のものもあり、手軽かつスピーディーに設置と収納ができます。

タープと車体の連結方法には「吸盤」を使う

サイドオーニングは車と一体的になっているのに対して、カーサイドタープは車とは独立したアイテムとして、テントを組み立てて設置します。タープを固定するのに車体を利用しますが、仕組み自体はテントとほとんど変わりません。

 

車と連結するのには吸盤が使われるのが一般的です。車のリアやサイドに吸盤を貼り付けて、幕の1辺を固定するようになっています。

カーサイドタープのメリット・デメリット

カーサイドタープのメリット・デメリットを紹介していきます。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

メリット

カーサイドタープは、車体と地面の両方を使用して固定するため、サイドオーニングに比べて風・雨に強く、広範囲を日除けできます。また、サイドオーニングは10万円以上しますが、カーサイドタープは1~2万円程度で購入できます。お手頃に入手できるリーズナブルさも魅力です。

 

サイドオーニングは、テント幅2.5m程度のもので重さが約20kgあるため、燃費にも多少なりとも影響します。カーサイドタープはその点、軽量でコンパクトなので、サイズや重量の面でもメリットがあると言えるでしょう。なにより、アウトドアやキャンプなど、必要な時だけ積めばいいというのも便利です。

デメリット

カーサイドタープは、サイドオーニングに比べて設営・撤去に手間と時間がかかります。また、車体と地面に固定するため、1度設営したら車で移動するのが困難になります。車で移動する予定を済ませてから、設営することをおすすめします。

 

また、カーサイドタープの多くは、良くも悪くも開放的な空間を作るため、日射や雨をしのぐことはできますが、防寒性・防虫性はキャンプ用テントに比べると劣ります。寒さに強く、虫を寄せ付けたくないのであれば、シェルター式タープ、リアゲートタープを選ぶと良いでしょう。

カーサイドタープの選び方

キャンプビギナーの方やタープについて知らない方は、どのようにカーサイドタープを選べばいいか分かりませんよね。ここでは、カーサイドタープの選び方を分かりやすく解説します。

使用目的で選ぶ

デイキャンプ、車中泊、日差し避けなど、カーサイドタープを使用する目的に合わせて最適なものを選びましょう。ここでは、使用目的による選び方を解説します。

「デイキャンプ」なら簡単かつ素早く設営・撤収できるものがおすすめ

宿泊せずに日帰りでするデイキャンプでは、サッとスピーディーに設置と片付けができるカーサイドタープがおすすめです。複雑なものはタープを張るのに時間と手間がかかってしまい楽しいキャンプの時間を有意義に使えません。

 

車体に専用の吸盤を貼り付けるだけのものなど、簡単に設営できるものを選んで、デイキャンプでの時間をゆったりと楽しみましょう。4方面を囲うことができるタイプもあるので、着替えがしたいという方はそちらもチェックしてみてください。

「車中泊」には地面にしっかり設置できるものがおすすめ

車中泊したり、オートキャンプのベースにするなど、カーサイドタープを長時間使用するのであれば、地面にしっかりと固定できるものがおすすめです。天候の変化に対応できるように、雨や風を防げる構造をした製品がベストです。

 

また、夜間にテント内を明るく照らすランタンフックが付いたものを選んでおくとよいでしょう。使用人数に合わせてゆったりとできるサイズを選ぶことも忘れずに!

種類で選ぶ

カーサイドタープには、レクタタープ、ヘキサタープ、シェルタータープ、リアゲートタープなどの種類があります。タープの種類によって設営方法や特徴が違ってきます。

キャンプ初心者や女性には「レフタタープ」

レクタタープのレクタとは、レクタングル(長方形)の略であり、天幕が長方形になっているカーサイドタープです。形がシンプルなのでキャンプ初心者や女性の方でも、簡単にたたんで片づけることができ、張り方をアレンジしやすいというメリットがあります。

 

タープ下の空間は開放的になっているのも魅力です。大型タイプのカーサイドタープが主流になっているため、大人数で使用する場合や広範囲の日陰が欲しい場合におすすめです。尚、天幕が正方形のものはスクエアタープと呼ばれます。

シーンやスタイルに合わせて張り方をアレンジしたいなら「ヘキサタープ」

六角形(ヘキサゴン)の形をしたヘキサタープは、実際のキャンプでも一番採用されているタイプです。2本のポールで立ち上げて、六角の頂点からロープを張って固定するため初心者でも扱いやすいです。カーサイドタープの場合は、いずれかの辺か頂点を車体に固定します。

 

シーン・スタイル・天候などに合わせて自在に張り方をアレンジできるのがメリットです。見た目が美しくおしゃれで、日差し、雨、風などに強いというのも特徴です。

周囲の視線をシャットアウトできる空間を作るなら「シェルター式タープ」

レクタタープとヘキサタープは天幕をポールで支えますが、シェルター式タープは、フレームを使って、側面にも幕を張り周囲を囲みます。宿泊用テントのように組み立てて、車体の一面に立てかけて覆うように設置します。

 

フレームなので安定感があり、日差しや風をしっかり防げます。周囲の視線をシャットアウトしてプライバシーを保護できるのもメリットです。車中泊したり着替えをする場合におすすめです。

お手軽でリーズナブルなものを選ぶなら「リアゲートタープ」

リアゲートタープは、車のリアゲートに取り付けるタープです。上に上げた状態のバッグドアを屋根代わりにして、そこからタープを垂らすようにして設置します。リアゲートを囲うように覆い、外の視線を遮断できるので、着替えをするときの目隠しとしてもおすすめです。

 

天幕の前をまくり上げたり、ポールを使って持ち上げることで、レクタタープのように解放的な日除け空間を作れます。バックドアに被せて吸盤やマグネットで固定するだけで、簡単に設営できて、価格がリーズナブルなのがメリットといえるでしょう。

「軽自動車」「SUV」「ジムビー」「ハイエース」など車体のサイズに合わせて選ぶ

カーサイドタープは、軽自動車用、SUV用、ジムニー用、ハイエース用など、車体のサイズや形状に合わせた商品が発売されています。サイズが合っていないと、タープを広げても風・雨を防ぐことができません。所有している車に合わせてカーサイドタープを選んでくださいね。

雨天時に対応するなら「耐水圧」1500mm以上を目安に

耐水圧とは、生地がどのくらいの量の水まで浸透せずに耐えられるか、という性能を表したもので、耐水圧の値が高いほど防水性が高いことを示しています。目安としては、耐水圧300mm程度で小雨程度、10,000mm程度で大雨に対応できます。

 

雨天時にもカーサイドタープを使用したいのであれば、耐水圧の値にも注目して選びましょう。耐水圧が1,500mm程度あれば、大雨でなければ十分雨をしのげるはずです。テントと違いタープは基本的に側面が開放されているため、通気性や結露を考慮しないでいいのもポイントでしょう。

車に積んでおくなら「重量」が軽く「収納時サイズ」が小さいものを

カーサイドタープを選ぶときは、重量や収納時のサイズをチェックしておきましょう。重量が軽く、サイズが小さいものは持ち運びがしやすく、簡単に設営できるものが多いです。1人で設営してソロキャンプを楽しみたいなら、軽量でコンパクトなものがおすすめです。保管しておいても車内の場所をとらないのもポイントです。

プライベートを守りたいなら「テント型」「カーテン付き」を

外からの視線をカットしてプライベートを守りたいのであれば、シェルター式タープやリアゲートタープなどのテント型のタープを選ぶことをおすすめします。また、カーテンが付いているカーサイドタープを選ぶのも1つの手段でしょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

カーサイドタープを販売しているアウトドア用品メーカーの中で、人気で支持されているメーカーを紹介します。

ファッション性が高いものを選ぶなら「LOGOS(ロゴス)」

ロゴスは豊富なアイテムを展開するアウトドア総合メーカーで、ファッション性が高くリーズナブルなラインナップが多いのが特徴です。ロゴスの「neos ALカーサイドオーニング-AI」は、付属の車体用連結ジョイントを使って手軽に空間を広げることができ、車体に連結すると3方向から出入りできます。

 

雨水や虫の侵入を防ぐマットスカートを全面に装備しており、大型リビングスペースを確保できるため車中泊におすすめします。別売りパーツがあるので拡張性も広がります。持ち運びに便利な収納バッグが付いているのもポイントです。

さまざまなカーサイドタープから選ぶなら「ogawa(小川テント)」

テント製品やアウトドア製品で有名なogawa(オガワ)は、「カーサイドタープ AL」、「カーサイドリビングDX」、「カーサイドシェルター」など、さまざまな種類のカーサイドタープを発売しています。車高170~200cmの車体に適しているのが特徴です。

 

吸盤タイプのフックで組み立てや片付けも簡単なので、手軽に生活空間を広げられます。フラップ付きで開閉できるメッシュ窓があるので、シーンに応じて明るく開放的な空間を作り出せます!安心で快適なアウトドアライフを過ごしたい方におすすめです。

本格的なカーサイドタープが欲しいなら「Snow Peak(スノーピーク)」

スノーピークは新潟県に本社を置く、アウトドア用品の総合メーカーです。カーサイドタープの生地には、テフロン加工を施しており高い防水機能と撥水機能があります。業界トップクラスの品質と洗練されたデザイン性が特徴で、国内外で圧倒的な人気があります。

 

スノーピークが販売している「オーニングサイドタープ TP-073」は、キャンピングカー専用サイドタープで高品質なのはもちろん、張り方も使い方も幅広いため、キャンプやアウトドア上級者の方でも満足できます。

車中泊向けのカーサイドタープの人気おすすめランキング3選

3位

ロゴス(LOGOS)

neos ALカーサイドオーニング-AI 71805055

価格:30,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

行き来がスムーズなカーサイドタープ!3方向から出入りできる

車とタープの行き来がスムーズなカーサイドタープです。アルミ製フレームを採用しており、従来品よりも1kg軽量になっています。付属のジョイントで車体とリンクすることができ、連結時は3方向から出入りすることができます。

サイズ320×250×190cm重量3.9kg
素材ポリエステルタフタ・アルミ収納サイズ63×20×20cm

口コミを紹介

早く組みたで来て最高買ってよかった

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ogawa(オガワ)

テント シェルター型 カーサイドシェルター 2336

価格:35,046円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

扱いやすく快適なカーサイドタープ!軽自動車や軽バンにおすすめ

撥水加工・防水加工・紫外線カットの機能性を備えたカーサイドタープです。軽自動車や軽バンにもちょうどいいサイズなので参考にしてみてください。軽量でコンパクト化されているため扱いやすく、雨や寒さをしのげるため車中泊やキャンプが快適です。

サイズ-重量約4.2kg
素材ポリエステル75d・アルミ合金収納サイズ約68×18×18cm

口コミを紹介

軽バンにもちょうどいいサイズです。カーサイドタープALを使ってましたが、
新作のカーサイドシェルターだと窓も含めてクローズできるので雨や寒さをしのげますし、広くなった分ソロでの車中泊キャンプがより快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Rightline Gear

110907 SUVテント 車中泊テント

価格:57,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族で車中泊・キャンプしたい方におすすめのカーサイドタープ

ハッチタイプの車両に接続して利用するカーサイドタープです。防水生地仕様で4名就寝可能なので家族で車中泊キャンプを楽しみたい方におすすめします。天井が高く、テント内のスペースに余裕があるため快適ですよ。

サイズ243x243x219cm重量-
素材-収納サイズ70.1x48.1x25.15cm

口コミを紹介

最高の 車中泊用のテントです これ以上の物は無いと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

車中泊向けのカーサイドタープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5938387の画像

    Rightline Gear

  • 2
    アイテムID:5938124の画像

    ogawa(オガワ)

  • 3
    アイテムID:5938146の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 商品名
  • 110907 SUVテント 車中泊テント
  • テント シェルター型 カーサイドシェルター 2336
  • neos ALカーサイドオーニング-AI 71805055
  • 特徴
  • 家族で車中泊・キャンプしたい方におすすめのカーサイドタープ
  • 扱いやすく快適なカーサイドタープ!軽自動車や軽バンにおすすめ
  • 行き来がスムーズなカーサイドタープ!3方向から出入りできる
  • 価格
  • 57000円(税込)
  • 35046円(税込)
  • 30800円(税込)
  • サイズ
  • 243x243x219cm
  • -
  • 320×250×190cm
  • 重量
  • -
  • 約4.2kg
  • 3.9kg
  • 素材
  • -
  • ポリエステル75d・アルミ合金
  • ポリエステルタフタ・アルミ
  • 収納サイズ
  • 70.1x48.1x25.15cm
  • 約68×18×18cm
  • 63×20×20cm

スノーピークのカーサイドタープの人気おすすめランキング3選

3位

スノーピーク(snow peak)

オーニングサイドタープ Proセット TP-075

価格:50,544円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の快適性を備えたカーサイドタープ!キャンピングカーにおすすめ

キャンピングカー専用のカーサイドタープです。ウォール(壁)に装備された2枚のメッシュパネルは、周囲の視界をふさがずに風を軽減できるため快適です。耐水圧1800mm、テフロン加工を施しているため高い防水・撥水機能を実現しています。

サイズ340×180×230cm重量8.3kg
素材210Dポリエステルオックス・210Dナイロンオックス収納サイズ-
2位

スノーピーク(snow peak)

【雪峰祭限定】クラシックタープヘキサL FES-101

価格:39,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

限定カラーのスノーピークタープ!おしゃれな2トーンカラーが魅力

エンジ色を効かせた2トーンカラーが特徴の限定カラーのクラシックタープです。スノーピーククラシックロゴのワンポイントもおしゃれでおすすめです。遮光ピグメントPUコーティング、UVカット加工、テフロン撥水加工などが施されています。

サイズ-重量3.6kg
素材210Dポリエステルオックス収納サイズ79×13×12.5cm
1位

スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ "ペンタ" シールド STP-381 [1人用]

価格:12,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しい五角形の見た目に惹かれるタープ!涼しく過ごしたい方にもおすすめ

タープを張ると離陸する飛行機のような美しいフォルムになります。遮光ピグメントPU により、侵入してくる光を軽減して体感温度が低くなり、シートの中の影が濃くなるため視覚的にも涼しくなります。日除け・風よけにおすすめのタープです。

サイズ400×320×150cm重量790g
素材75Dポリエステルタフタ収納サイズ45cm×24cm

口コミを紹介

見た目に惹かれて購入。
五角形が非常に美しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スノーピークのカーサイドタープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5938297の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 2
    アイテムID:5938319の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 3
    アイテムID:5938334の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 商品名
  • スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ "ペンタ" シールド STP-381 [1人用]
  • 【雪峰祭限定】クラシックタープヘキサL FES-101
  • オーニングサイドタープ Proセット TP-075
  • 特徴
  • 美しい五角形の見た目に惹かれるタープ!涼しく過ごしたい方にもおすすめ
  • 限定カラーのスノーピークタープ!おしゃれな2トーンカラーが魅力
  • 抜群の快適性を備えたカーサイドタープ!キャンピングカーにおすすめ
  • 価格
  • 12980円(税込)
  • 39000円(税込)
  • 50544円(税込)
  • サイズ
  • 400×320×150cm
  • -
  • 340×180×230cm
  • 重量
  • 790g
  • 3.6kg
  • 8.3kg
  • 素材
  • 75Dポリエステルタフタ
  • 210Dポリエステルオックス
  • 210Dポリエステルオックス・210Dナイロンオックス
  • 収納サイズ
  • 45cm×24cm
  • 79×13×12.5cm
  • -

軽自動車向けのカーサイドタープの人気おすすめランキング4選

4位

Levolva (レヴォルヴァ)

汎用リヤゲートタープ - ミニバン・軽ワンボックス向け

価格:16,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2WAYの使い方ができるカーサイドタープ!ミニバン・ワンボックスカーにおすすめ

吸盤とベルトを使って簡単に装着できるミニバン用リアゲートタープです。リビングモード・プライベートモードの2WAYの使い方ができて、車中泊からキャンプまで幅広く活用できます。ミニバンや軽ワンボックスに乗っている方におすすめの商品です。

サイズ-重量-
素材ナイロン収納サイズ600×400×150mm

口コミを紹介

早速届来ました、思っていたよりもしっかりした生地で、作りも大変まんぞくしています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

3位

HEWFLIT

カーサイドタープ テント

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの高いカーサイドタープ!実用性が高くおすすめ

リアゲートに取り付けられることができるカーサイドタープです。価格がリーズナブルでコスパが高いためおすすめです。多くの車種に対応しており、タープ単体でも使用できるため実用性も抜群です。防水性・耐風性も備わっていて快適に過ごせます。

サイズ190cm×240cm×200cm重量2.95kg
素材90Tポリエステル収納サイズ56cm×10cm×16cm

口コミを紹介

お手軽です めっちゃ良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ogawa(オガワ)

カーサイドタープAL 2332

価格:20,290円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽に設営・撤収できるカーサイドタープ!

簡単に設営ができてラクラク撤収できるお手軽なカーサイドタープです。リアに取り付けることもでき、硬い地面でもアンカーバッグを使用すれば設置可能です。安心で快適なアウトドアライフが過ごせるタープなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

サイズ250×170×220cm重量約2.5kg
素材ポリエステル75d収納サイズ59×13.8×13.4cm

口コミを紹介

軽自動車で使用しています。作りもさすが、しっかりしています。冬はさすがに寒いですが年中使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

FIELDOOR(フィールドア)

FIELDOOR カーサイドタープ

価格:7,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テント泊・デイキャンプ・車中泊などにおすすめのカーサイドタープ

車の横に取り付けてリビング空間が作れるカーサイドタープです。吸盤フックを使って簡単に設営できます。テント泊・デイキャンプ・車中泊などにおすすめです。風がある時に便利なベンチレーション付きなのもポイントです。

サイズ250×350cm重量2.2kg
素材ポリエステル収納サイズ55×13×13cm

口コミを紹介

コスパかなりいいと思います。
設営も簡単にできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽自動車向けのカーサイドタープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5938513の画像

    FIELDOOR(フィールドア)

  • 2
    アイテムID:5938465の画像

    ogawa(オガワ)

  • 3
    アイテムID:5938170の画像

    HEWFLIT

  • 4
    アイテムID:5938231の画像

    Levolva (レヴォルヴァ)

  • 商品名
  • FIELDOOR カーサイドタープ
  • カーサイドタープAL 2332
  • カーサイドタープ テント
  • 汎用リヤゲートタープ - ミニバン・軽ワンボックス向け
  • 特徴
  • テント泊・デイキャンプ・車中泊などにおすすめのカーサイドタープ
  • お手軽に設営・撤収できるカーサイドタープ!
  • コスパの高いカーサイドタープ!実用性が高くおすすめ
  • 2WAYの使い方ができるカーサイドタープ!ミニバン・ワンボックスカーにおすすめ
  • 価格
  • 7480円(税込)
  • 20290円(税込)
  • 5280円(税込)
  • 16900円(税込)
  • サイズ
  • 250×350cm
  • 250×170×220cm
  • 190cm×240cm×200cm
  • -
  • 重量
  • 2.2kg
  • 約2.5kg
  • 2.95kg
  • -
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル75d
  • 90Tポリエステル
  • ナイロン
  • 収納サイズ
  • 55×13×13cm
  • 59×13.8×13.4cm
  • 56cm×10cm×16cm
  • 600×400×150mm

カーサイドタープの張り方

カーサイドタープの張り方は種類や形状によって張り方が少し違ってきますが、基本的には、吸盤を使って車体のサイドやリアハッチに連結して、ポールを設置して天幕を張ります。シーンや好みのスタイル、シチュエーションなどによって張り方をアレンジできるので、色々と試してみてくださいね。

まとめ

カーサイドタープの選び方や人気おすすめランキングはいかがだったでしょうか。カーサイドタープはコンパクトで軽量なため車に積んでおきやすく、日除け、車中泊、キャンプ、アウトドアなど、幅広いシーンで活躍します。今回の記事を参考にしただき、ご自身にピッタリの製品を見つけてくださいね。

 

また、今回はカーサイドターブに着目しておすすめのターブをご紹介させていいただきましたが、下記記事ではカーサイドターブに限らず幅広くおすすめのターブをご紹介させていただいています。ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ