ワンタッチタープの人気おすすめランキング15選【組み立て簡単!安いものも!】

一人で組み立てられるワンタッチタープはキャンプから運動会などのイベントまで大活躍です。でも、どんなときにどんなものが良いか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はワンタッチタープの選び方とおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

1人で組み立て可能なワンタッチタープ

ワンタッチタープは、キャンプやバーベキューなどのレジャーのほか、運動会などのイベントにも便利です。また、家の庭やバルコニーの日除けなどにも活躍します。

 

でも、テントなどを立てたことがないけど大丈夫かと不安な方もおられるのではないでしょうか。ワンタッチタープはフレームとタープが一体型なので、設営も収納バッグから出してフレームを引っ張るだけと簡単なんですよ。


そこで今回は、ワンタッチタープの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはサイズ・重さ・機能性を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ワンタッチタープのメリット・デメリット

ワンタッチタープのメリットはなんといっても設営の手軽さです。慣れれば一人でも組み立てが簡単で、ポールとフレームが一体になっており、スチール製だと重量がありますがアルミ製であれば軽量化され携帯性にも優れています。

 

ただ、ワンタッチタープはやや風に弱いのがデメリットです。また、収納がかさばる為車での運搬時にスペースを取ってしまいます。それらを考慮した上で装備を準備が必要です。

ワンタッチタープの選び方

ワンタッチタープは初心者の方でも簡単に日陰を作れるのが魅力です。それぞれ機能性やデザインが異なるので、用途に応じて選ぶ必要があります。

サイズ・用途で選ぶ

ワンタッチタープはサイズや用途で選ぶ必要があります。何に使いたいのか、何人で使うのかによっても選ぶタープが異なるので、どのように使いたいかが重要です。

一人用なら「簡単に固定しやすい小さめのもの」がおすすめ

一人用であれば、簡単に固定しやすいオープンタープがおすすめです。一枚布で小さめなので、コンパクトな荷物にまとめられます。とくにキャンプ初心者の場合には、設営のしやすさは重要です。

2〜4人で使用したいなら「片面2m程度」がおすすめ

2~4人程度で使用したいと考えている方は小さめのワンタッチタープがおすすめ。家族だけで使用したい方や、少しの日陰で十分という方にも良いです。小さいサイズであれば軽量で持ち運びが楽になり、かつコンパクトに収納できます。

キャンプや運動会には「片面2.5m程度」がおすすめ

4・5人程度で使用したい方やなるべく多くの日影が欲しい方は、片面2.5m以上のワンタッチタープがおすすめ。少人数でのキャンプにも向いており、ワンタッチタープの中でも一般的なサイズでバリエーションが豊富なのも魅力です。

バーベキューなど大人数で使用したいなら「片面3m程度」がおすすめ

5人以上で使用したいと考えている方や、バーベキューなどで中に椅子やテーブルをセットしたいと考えている方は、3m程度もしくはそれ以上のワンタッチタープがおすすめ。組み立てに人手が必要ですが、大きいサイズであれば幅広いシチュエーションで活躍します。

材質で選ぶ

使用する場所やシチュエーションにとって適した材質が異なるので、それぞれ特徴からシチュエーションに適した材質を選ぶ必要があります。

持ち運びやすさで選ぶなら軽量な「アルミ」がおすすめ

アルミ製の商品はフレームにアルミニウム合金を採用していて非常に携帯性に優れています。かなり軽量化されているので、荷物が多くなりがちな運動会などのイベントで使用する場合はアルミを選ぶのがおすすめです。

 

かなり軽く錆びにくいというメリットがある反面、比較的高価なものが多くスチールに比べると強度が劣ってしまいます。雨の日や風の強い日には向きませんが、軽量で持ち運びやすさを重視する方はアルミ製のワンタッチタープを選ぶと良いです。

耐久性に優れるワンタッチタープなら「スチール」がおすすめ

ワンタッチタープのフレームは、耐久性に優れたスチールを採用しています。雨や風にも強く、倒れたり飛ばされる心配が少ないので、多少重さがあっても頑丈さを求める方はスチール製のワンタッチタープを選ぶと良いです。

 

ただ、スチールは錆びやすい特性があります。頑丈ではありますが雨風の中使用した後はしっかりと天日干しすることが大切。重量があるので長時間持ち歩く場合や駐車場が近くにない場所での使用は大変です。

機能で選ぶ

ワンタッチタープにはそれぞれ機能が備わっています。用途に応じて適切な機能が備わったワンタッチタープを選ぶと良いです。

風に強く壊れにくいものなら「ベンチレーション機能」がおすすめ

風が強い場所でワンタッチタープを広げていると、強い風が吹きあがったとき風を受け流せず支柱が折れたりタープごと倒れたりしがちです。こんな場合、ベンチレーションと呼ばれる三角錐の空気穴が屋根にあるとうまく風を逃せます。

 

また、天井に空気の通り道ができることでBBQの煙などがタープ内にこもるのも防げます。風の強い場所で使うときはベンチレーションの有無を確認しましょう。

より安心感のある環境にするなら「UVカット機能や耐水圧」などもチェック

ワンタッチタープには紫外線を通しにくいUVカット機能がついているものや、耐水圧が高い生地を採用しているタイプもあります。フライシートの生地が薄く日差しを遮れないものもあるので、アウトドアシーンを快適に過ごす為にもチェックしておくと良いです。

焚き火を楽しみたいなら「耐熱」素材のものがおすすめ

タープテントの中には焚き火タープと呼ばれるものがあります。焚き火タープは熱に強いコットン素材を含んだ難燃素材を使用しており、雨の日でも焚き火を楽しむことが可能です。


また、焚き火にはリクラゼーション効果があり、焚き火を見ているだけで心を落ち着かせてくれます。焚き火を囲みながら家族や仲間たちと語らうなど、焚き火タープの魅力は楽しみ方は色々です

風対策や虫対策なら「オプションパーツ」をチェック

ワンタッチタープの中には、オプションパーツとしてサイドパネルやフラップなどが用意されているアイテムもあります。これらのオプションがあるととっさの雨風を防ぐこともできるので便利です。

 

また、メッシュ素材の横幕を四方に取り付け、ワンタッチタープを蚊帳の様に使用できるタイプもあるので虫が気になる夏場のキャンプなどでも活躍します。また、オプションパーツは購入時付属の他追加購入できる場合があるので、事前にチェックが必要です。

 

下記の記事では、スクリーンタープについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

コスパで選ぶなら「安い」ものをチェック

ワンタッチタープは軽量・携帯性に優れたタイプもありますが、機能性が優れたアイテムは比較的高価になります。コスパに優れる安いワンタッチタープも多く販売されているので、機能をチェックが必要です。

 

また、安すぎるワンタッチタープはフライ部分の生地が薄く、十分に日差しを遮れない場合があります。収納時もかさばるものなので、値段だけではなく機能や仕様をある程度確認・考慮した上で選ぶことが重要です。

気分を上げるなら「おしゃれな色合いやデザイン」をチェック

ワンタッチタープは機能性やサイズだけでなく、カラーバリエーションが豊富で目立つカラーの物も多いです。カラフルなタイプを選ぶメリットとしては人と被らないこと。大きいタープが隣の人と全く同じだった…ということも防げます。

 

現在はデザインも様々で、おしゃれなものやシンプルで落ち着く色合いのも増えてきています。自分の好みに合ったおしゃれなワンタッチタープを選ぶことで気分も上がるので、ぜひ素敵なデザインのアイテムを探してみてください。

メーカーやブランドで選ぶ

ワンタッチタープはメーカーやブランドによってデザインや特徴が異なります。特徴を理解し、自分に合ったメーカーを選ぶことが必要です。

機能性を求めるなら「Coleman(コールマン)」がおすすめ

コールマンは1900年ごろにアメリカで創業されたキャンプ用メーカーです。コールマンのタープは紫外線カットや通気性を確保してくれるなど機能性に優れたものが多く、キャンプ、バーベキューやピクニックにもおすすめします。

 

下記の記事では、コールマン製タープについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

ユニークなデザインの自立式タープなら「LOGOS(ロゴス)」がおすすめ

ロゴスは大阪に本拠地を置き、1980年代からキャンプ用品を販売し始めたメーカーです。ロゴスのタープはユニークで独特なデザインのものが多く、かつ使い勝手の良さが魅力。コスパに優れているのでキャンプ初心者にも人気です。

お好みのデザインを探したいなら「DOD」がおすすめ

アウトドアブランドのDODは、様々なデザインがあるため人気です。DODのタープには、ワンタッチタープ以外にも、ヒレタープ・ビートルタープ・オクラタープといったものが販売されています。

ワンタッチタープの人気おすすめランキング15選

4面フルクローズ・フルメッシュ仕様で用途が広がる

3m×3mの大きなワンタッチタープです。キャンプやBBQなどレジャーに使うのはもちろん、横面が付いているので屋外イベントの控室などに使うのもおすすめです。

 

4面フルクローズ・フルメッシュ仕様なので、寒さを避けたいときなど上げ下ろしするだけで簡単に変えられるのが便利です。4面のうち2面は完全に開放でき、タープとしての解放感もあります。

サイズ 300cm×300cm×210cm 重量 約7.3kg
カラー グレー・サンド フレーム材質 ファイバーグラス・スチール

口コミを紹介

4面それぞれ、日除けとメッシュをつけ外しできるので、使いやすい。
日の当たる角度が変わっても対応できる。しっかり杭打ちすれば、風も問題ない。設営はめちゃくちゃ簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

シリーズ最高峰のタープテント

生地には高耐水加工、縫い目からの雨漏れを防ぐシーム加工、そして生地の裏面には紫外線から守るシルバーコーティングも施されています。アウトドア、スポーツ大会やイベント等にもピッタリなアイテムです。

サイズ 2.5m×2.5m×1.65m 重量 14.5kg
カラー 水色他 フレーム材質 スチール

口コミを紹介

設置する時は立たせてするのですが大変軽くマジックみたいな展開でした〜女性でも大人2人いればなんとかなる商品です〜

出典:https://www.amazon.co.jp

価格は安いけど機能は十分

UPF50+のUVカット生地を使用し裏面にシルバーコーティングを施しています。強い日光や温度上昇を防ぎ、夏のレジャーでも快適です。また、耐水圧も良く夕立など激しい雨が降ってきても心配ありません。

 

天井部にはベンチレーションがあり突風にも対策十分です。脚は3段階に高さを変えられるなど、価格は安いですが十分な機能を備えています。野外イベントのテントなどに使いたい方におすすめです。

サイズ 250×250×240~260cm 重量 約13kg
カラー アースブラウン・オリーブブラウン・ネイビーブルー フレーム材質 スチール

口コミを紹介

カインズで販売されてた商品と比べて一万円以上安くさらにUV加工もされているのもよかったです。設営は簡単だしこれは良い買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者にもおすすめな設営しやすいタープ

建築物の柱と梁を支えるのにも使われているトラス構造をフレームに採用し、ワンタッチタープの弱点である支柱の強度を上げています。また、破損が多かったロック解除方法にユニバーサルデザインを採用し、撤収しやすくしました。

 

収納もコンパクトにできるので、初心者や女性の方にもおすすめです。自社工場生産で補償がしっかりしているのも嬉しいところです。

サイズ 組立時:220×220×225cm 収納時:20×20×116cm 重量 約8.5kg
カラー サファリ他 フレーム材質 スチール

口コミを紹介

一人で、作り方の手順にしたがって、楽に組み立てられます。ぜんぜん重くない。ディープシー、色が落ち着いててなじみやすい色です。
雨でも晴れでも庭に置きっぱなしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

大勢で使いやすいスクリーンハウス

3分でワンタッチ組み立て可能な新型フレーム構造を採用したアイテム。広げたらすぐに使えるのですぐに日陰が欲しい時にも素早く使用できます。縫い合わせ箇所はシームテープ加工、風抜けベンチレーション仕様。お庭でのBBQなどで活躍する商品です。

サイズ 200cm×200cm×260cm 重量 11.5㎏
カラー ブルー フレーム材質 スチール

口コミを紹介

とにかく簡単に設置できます。2人いれば初回は5-6分、慣れると2-3分で完成。風が心配でしたが、備え付けのものではなく少し長めのペグがあれば安定しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち運びしやすい軽量タイプのワンタッチタープ

雨天時にもサイドに流して雨水を屋根に溜めない流線型フライトシートのタープ。女性でも持ち運びしやすい重さで、レジャーのほか運動会などのイベントなど幅広く活用できます。また、脚部を収納してロースタイルでも使用できるのも特徴です。

サイズ 245×245×215cm 重量 約5.5kg
カラー 水色 フレーム材質 アルミニウム合金

口コミを紹介

とても軽くて組み立ても簡単にでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

よりコンパクトに収納できるように改良

従来のものより脚の節を増やして中に収納できるようになったことで、収納したときの長さがコンパクトになりました。開くだけで簡単に設営できる仕組みは従来通りで、女性でも1人で組み立てられます。

 

ダークルームテクノロジー採用で日光を遮り温度上昇を抑えることで、夏の屋外でも快適な環境を作り出します。夏のキャンプにおすすめの商品です。

サイズ シェード: 約300 x 300 x 265cm  フレーム: 約250 x 250cm 重量 約14kg
カラー ミスト・オリーブ フレーム材質 スチール

以前、コールマンの3メートル超のテントを所有していたが、今回のテントは軽くてコンパクト。様々な部分が改良されていて購入して良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミを紹介

初心者にも経験者にもおすすめ

スタイリッシュなブラックのタープは遮光率100%・UV-CUT率99%以上と高性能で、夏の日差しも安心です。また、複雑なフレームの組み立てがなく、女性でもあっという間に設置できます。

 

キャンプやBBQはもちろん、運動会や野外フェスといったイベントまで、使いどころ満載の防水タープテントです。 あらゆるレジャーシーンで活躍すること間違いありません。

サイズ 220×220×230/215/151cm 重量 9.5kg
カラー ブラック フレーム材質 スチール

口コミを紹介

設営、収納は数分。妻も一人ですぐに組み立てられます。キャンプ用品でよくありがちな「きっちり畳まないと収納袋に戻せない」なんてこともなく、ストレスなく片付けが出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

高さ3段階調節などうれしい機能付き

一人でも設営できる自立式フレームを採用しています。脚のフレームにはアルミを使用しており、天井を広げ室内空間を広げるアーチフレーム構造です。また、風を逃がしてくれるトップベンチレーションで風にも強い設計になっています。

サイズ 約300×300×230cm 重量 約11.5kg
カラー グリーン/ベージュ フレーム材質 アルミ

軽自動車のトランクに入りました。組み立ても簡単でした。作りもしっかりしていてお買得と思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレベルなUVカット機能が備わっているワンタッチタープ

UVカット率99.9%以上かつ遮光率100%のワンタッチタープです。タープ内側には強い日差しを遮るソーラーブロックコーティングを採用しています。表地が白いので、夏の暑い最中でも見栄えが良く涼しげです。

 

タープの形状が切妻式になっているので雨水を左右方向へ流し、前後に流れにくくなっています。出入りの際に頭や背中に雨水が落ちてくるのを防ぎやすいので、イベントの会場などにもおすすめです。

サイズ 約270×270×241/206cm 重量 約13.4kg
カラー ホワイト フレーム材質 スチール/グラスファイバー

キズに強い加工

フリーマーケットや町内会・祭事などのイベントやレジャーでリビングスペースを取るのに便利です。天井部にベンチレーションがあるので風が抜けやすく、シェード部分が風であおられるのを防げます。

 

支柱フレームに軽量なアルミニウムを使用し、表面は錆やキズに強いパウダーコーティング塗装。持ち運びや移動に便利なキャスターバック付なのも魅力の一つで初心者にもおすすめな商品です。

サイズ 200×200cm 重量 11 Kg
カラー ブルー フレーム材質 アルミ

口コミを紹介

物がしっかりしている分、重さはありますが、ケースにコロが付いているので運ぶのに苦はないです。何より設営と撤去が楽で助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

設営簡単でコンパクトなワンタッチタープ

開くだけ簡単組立式のワンタッチタープです。コンパクトに収納でき車のラゲッジスペースに載せやすく、収納や持ち運びにも便利です。三段階でお好みの高さに調節できるので慣れない方でも楽に設営できます。

サイズ 約270×270×254cm 重量 約12kg
カラー オリーブ フレーム材質 スチール

口コミを紹介

タープ初心者にはこれがよいです。ペグやロープ全てそろっていますし撥水がすばらしい。しばらく使っていますが買い換えようとはまだ思っていません。

出典:https://www.amazon.co.jp

災害でも便利な着脱式のインナーとシート付き

【おすすめポイント】

・クイックジョイントを伸縮させるだけで設営と撤収ができる。

・完成したタープの中には車椅子に座ったままでも入れる。

・臨時の更衣室・トイレスペース・シャワールームを作るのにも使える。

 

【ここが少し気になる!】

・耐水圧800mmと耐水性が低いのっで、小雨程度しか耐えられない。

サイズ 220×220×200cm 重量 6kg
カラー 黄緑 フレーム材質 グラスファイバー

暑い夏でも快適に過ごせる

【おすすめポイント】

・ダークルームテクノロジーで日差しの強い夏場でも屋外で快適に過ごせる。

・ターフの天井にバッテリーランタン用のフックが付いている。

・用途や風の強さに応じてターフの高さを3段階で調節できる。

 

【ここが少し気になる!】

・大きくて重量があるので、自動車でないと運べない。設や撤収も大人1人では難しい。

・生地が火に弱いので、焚き火のそばに設置できない。

・組み立ての手順を覚えるのに少し時間がかかる。

サイズ 300×300×225mm 重量 15.5kg
カラー グリーン/ベージュ フレーム材質 スチール

口コミを紹介

猛暑が続いてたので、BBQ用に急遽購入。注文して次の日に届いたので早速使用しました。猛暑だったので助かりました。組立ても簡単で見た目も良く、買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

カラーバリエーションが豊富なワンタッチタープ

【おすすめポイント】

・カラーバリエーションが豊富で好みに合わせて選びやすい。

・屋根柱が8本あるので設置後、強度が高い屋根になる。

・2枚のサイドシートを使ってタープの側面に壁を作れる。

 

【ここが少し気になる!】

・ホワイトの場合、生地の遮熱効果は低いので炎天下には向かない。

・悪天候に弱く、雨は小雨程度しか耐えられない。

・生地がシルバーコーティングで摩擦に弱く、剥離しやすい。

サイズ 200cm×200cm×135cm ~ 237cm 重量 7.4kg
カラー グリーン他 フレーム材質 スチール

口コミを紹介

200x200アルミ購入、持ち運びも軽く一人で10分あれば完成、三段目の足が頼りないけど普通に使うならOK お日さま気にせずタープテントの下でバーベキュー最高、いい買い物しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワンタッチタープのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 カラー フレーム材質
1
アイテムID:10023516の画像
FIELDOOR ワンタッチタープテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

カラーバリエーションが豊富なワンタッチタープ

200cm×200cm×135cm ~ 237cm 7.4kg グリーン他 スチール
2
アイテムID:10035902の画像
パーティーシェードDX 300

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

暑い夏でも快適に過ごせる

300×300×225mm 15.5kg グリーン/ベージュ スチール
3
アイテムID:10036323の画像
クイックどこでもターププラス 220-L

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

災害でも便利な着脱式のインナーとシート付き

220×220×200cm 6kg 黄緑 グラスファイバー
4
アイテムID:10023513の画像
シェード インスタントバイザーシェードⅡ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

設営簡単でコンパクトなワンタッチタープ

約270×270×254cm 約12kg オリーブ スチール
5
アイテムID:10023510の画像
テント タープ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キズに強い加工

200×200cm 11 Kg ブルー アルミ
6
アイテムID:10023509の画像
Qセットタープ270 71661021

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハイレベルなUVカット機能が備わっているワンタッチタープ

約270×270×241/206cm 約13.4kg ホワイト スチール/グラスファイバー
7
アイテムID:10023507の画像
シェード パーティーシェードライト 300

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高さ3段階調節などうれしい機能付き

約300×300×230cm 約11.5kg グリーン/ベージュ アルミ
8
アイテムID:10023504の画像
QセットBlackタープ270

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初心者にも経験者にもおすすめ

220×220×230/215/151cm 9.5kg ブラック スチール
9
アイテムID:10036771の画像
インスタントバイザーシェードII /L

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

よりコンパクトに収納できるように改良

シェード: 約300 x 300 x 265cm  フレーム: 約250 x 250cm 約14kg ミスト・オリーブ スチール
10
アイテムID:10023492の画像
スーパーライトタープ UA-1065

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

持ち運びしやすい軽量タイプのワンタッチタープ

245×245×215cm 約5.5kg 水色 アルミニウム合金
11
アイテムID:10023489の画像
バッとひろがるワンタッチテント(クイックタープ)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

大勢で使いやすいスクリーンハウス

200cm×200cm×260cm 11.5㎏ ブルー スチール
12
アイテムID:10023486の画像
カンタンタープ260

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初心者にもおすすめな設営しやすいタープ

組立時:220×220×225cm 収納時:20×20×116cm 約8.5kg サファリ他 スチール
13
アイテムID:10041057の画像
タープテント 2.5m

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

価格は安いけど機能は十分

250×250×240~260cm 約13kg アースブラウン・オリーブブラウン・ネイビーブルー スチール
14
アイテムID:10023480の画像
FIELDOOR ワンタッチタープテント

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シリーズ最高峰のタープテント

2.5m×2.5m×1.65m 14.5kg 水色他 スチール
15
アイテムID:10041262の画像
ワンタッチテント スクリーンタープ QC-ST300

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

4面フルクローズ・フルメッシュ仕様で用途が広がる

300cm×300cm×210cm 約7.3kg グレー・サンド ファイバーグラス・スチール

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ワンタッチタープ設営時の注意点

初心者の方でも手軽に設営することが可能なワンタッチタープですが、一番の弱点として風に弱いことが挙げられます。風に煽られて飛ばされないように必ずペグで固定し、支柱の固定と共にフライシートからの張り縄を使用したペグダウンも必要です。

 

舗装面やコンクリートなどペグうちができない場所に設営する場合は、石や水を入れたペットボトルもしくは専用のウェイトで固定することが大切です。ペグダウンしない状態での使用は避ける必要があります。

キャンプにワンタッチタープはダサい?

キャンプに行く時にタープは必須アイテム。ただ、多くのキャンパーが使用してるタープはヘキサタープが主流です。だからこそ、キャンプをする際にワンタッチタープを使用するのはダサいかな…と周りの目が気になる方も多いと思います。

 

しかし、想像しているより周りは全く気にしていません。自分たちのキャンプに向き合っている人がほとんどなので、安心してワンタッチタープを使用できます。キャンプに正解はないので、自分が好きなスタイルでキャンプを楽しんでください。

下記の記事では、アウトドアやキャンプで使用できるテーブルについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

ワンタッチタープは庭でも活躍する

タープと聞くとまずイメージするのがアウトドアという方も多いです。しかし、タープはアウトドア以外にも家庭でも活躍します。庭にタープを設置してリラックススペースを作ることに使用できるほか、バルコニーの上に設置してサンシェードのようにも使うことも可能です。

 

また、タープは家庭に設置することで目隠しとしても活用可能です。開放感のあるにあわやバルコニーは人の目につきやすい場所でもあるので、タープを設置することで人目を気にすることなく遊んだりくつろいだりすることができます。

 

下記の記事では、お庭でも使える折りたたみテーブルについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

カインズやニトリなどのホームセンターをチェック

ワンタッチタープ購入したいけどどこに売っているか分からないという方も多いと思います。専用のショップに行かないといけないのでは、とついつい通販サイトなどで購入してしまいがちですが、サイズ感は目で確かめないと中々つかめないものです。

 

その為、できる限り自分の目で見てサイズ感を確認してから購入するのがおすすめ。また、ワンタッチタープはカインズやニトリなどのホームセンターでも取り扱われています。実際商品を見たい方はホームセンターに行ってみるのも良いです。

購入を迷ったらレンタルするのもおすすめ

キャンプをする頻度は高くないし運動会の為だけに購入するのも…という方や、使用頻度が少なく家に収納スぺースが無いから購入を迷っているという方にはレンタルも可能です。また、何を買うか迷っている方も一度レンタルで試してみるのもおすすめします。

ワンタッチタープが壊れたら補修を

ワンタッチタープは支柱の強度があまり強くなく、無理な力がかかると骨組みが破損しやすいのが弱点です。一部メーカーでは支柱の販売もしているので、壊れてしまった場合は該当部分を購入して交換します。

 

また、天井などの布部分は焼け焦げや石などで穴が開くことがあります。また、長く使っていると縫い目もほつれてきます。放置しておくと雨漏りの原因になるので、補修テープを貼るか糸で縫ってふさいでおきましょう。

まとめ

ここまでワンタッチタープの人気おすすめランキング15選をご紹介しました。ワンタッチタープテントは素敵な時間を過ごすためのアイテムの一つです。購入を迷っている方にぜひ参考にしてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【専門家監修】タープのおすすめ人気ランキング13選【ファミリー向けも】

【専門家監修】タープのおすすめ人気ランキング13選【ファミリー向けも】

タープ・シェルター
【2022年最新版】コールマン製タープの人気おすすめランキング15選【シェードも紹介!】

【2022年最新版】コールマン製タープの人気おすすめランキング15選【シェードも紹介!】

タープ・シェルター
DODタープの人気おすすめランキング10選【オープン型からワンタッチ式まで】

DODタープの人気おすすめランキング10選【オープン型からワンタッチ式まで】

タープ・シェルター
【最新版!】スクリーンタープのおすすめ人気ランキング20選【焚き火にも】

【最新版!】スクリーンタープのおすすめ人気ランキング20選【焚き火にも】

タープ・シェルター
二重テープのおすすめ人気ランキング15選【片面タイプも!】

二重テープのおすすめ人気ランキング15選【片面タイプも!】

メイク雑貨・小物
gtracingゲーミングチェアの人気おすすめランキング10選【組み立てしやすい】

gtracingゲーミングチェアの人気おすすめランキング10選【組み立てしやすい】

ゲーム周辺機器