キャンプテーブルの人気おすすめランキング15選【軽量で激安】

記事ID4804のサムネイル画像

キャンプテーブルはアウトドアとしてキャンプやBBQなどで大活躍します。最近はおしゃれで安いキャンプテーブルや、軽量なもの、セット売りのものも増えてきました。そこで、今回はキャンプテーブルの人気おすすめランキング紹介します!また、合わせてブランド別・機能別・サイズ別の選び方とテーブルクロスの作り方も説明しています。

BBQで大活躍のキャンプテーブル

キャンプテーブルはバーベキューやキャンプ、焚火などをする時にあると非常に便利なアイテムです。テーブルがなくて調理をする際に手間取ったり、物置スペースの確保に困った経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

そんなキャンプテーブル、実は多くの種類の商品が展開されているのをご存じでしたか?おしゃれなものや安いもの、軽量なもの、耐熱性に優れているものなど多くの優秀なキャンプテーブルが登場しています。

 

そこで今回は、機能性、価格、デザインなどの観点から、キャンプテーブルの人気おすすめランキング15選を作成しました!ブランド別、サイズ別、素材別の選び方も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

キャンプテーブルの人気おすすめランキング15選

15位

Magarrow

アウトドアテーブル キャンプ テーブル

価格:2,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドリンクホルダー付きのテーブル

こちらは、ドリンクホルダーがついているキャンプテーブルです。キャンプテーブルの中では非常に軽量で持ち運びに便利です。テーブルにドリンクホルダーがついているので、風が吹いたときに飛びやすいコップの落下を防ぐことができます。

 

布製なので、こぼしたときの処理はすこし大変ですが、その分軽量で持ち運びやすく女性でも簡単に持つことができます。一応防水になっているのですぐに拭き取ることができればしみになることもありません。

使用人数4人重量1050g

口コミを紹介

天板に端2本、中に2本計4本のアルミのパイプが補強ではいっているため布製ですがしっかりしてます!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

BUNDOK(バンドック)

バンブー テーブル 50 BD-191

価格:2,277円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹でできたローテーブル

こちらは、キャンプテーブルの中でも珍しい竹を使ったローテーブルです。非常にシンプルでナチュラルな作りになっています。脚をたたんでコンパクトに収納することが可能です。軽量なため、女性でも簡単に持ち運ぶことができます。

 

竹素材がいい味をだしていで、山や川で使用するときは、普通のテーブルでは出せない雰囲気を出すことができます。さらさらとした肌触りでほのかに竹の香りもします。ソロキャンプや二人での使用に向いています。

使用人数1~2人重量1.65Kg

口コミを紹介

ソロキャンプで使用するため購入
大きさもコンパクトで軽くイメージ通り
値段のわりに雰囲気もあり、天板の手触りもよい

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

DOD(ディーオーディー)

グッドラックテーブル

価格:8,260円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車にも設置可能なテーブル

こちらは、車に設置して荷物をたくさん置くこともできるキャンプテーブルです。高さを2段階に調節可能で、使用用途によって変えることができます。天板下に収納ボックスをつけることができ、たくさんの荷物を収納することができます。

 

使った後はコンパクトに収納することができるので持ち運びも簡単にできます。色はカーキで自然な色なので、おだやかな雰囲気にもなります。ソロでは少し大きく収納スペースが余る可能性があるので、大人数でキャンプなどに行く方におすすめです。

使用人数4人重量6.9Kg

口コミを紹介

黒でカッコいいのと、モノを置けるスペースが便利でした。ただし収納が付いていることで、組立てや仕舞う時が少しだけ大変です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Taimonik

アルミ製 折りたたみ テーブル

価格:5,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納可能キャンプテーブル

こちらは、テーブルの下に物をおくことのできるキャンプテーブルです。テーブルの材質はアルミで安定性が抜群です。テーブルはロールタイプなので、収納するときはコンパクトにすることができます。

 

天板はサビに強く、耐熱性もあるので、加熱した鍋をそのまま直接おくことも可能です。4人でつかっても十分な広さがあるので、これが1つあると非常に便利です。アウトドア、お花見や、運動会、キャンプなど様々なところで大活躍します。

使用人数4人重量6.6Kg

口コミを紹介

自宅のデッキやピクニック用に購入しました。折りたたみ式は重いものを乗せた時心配なので、丈夫そうなこちらのテーブルを選びました。重量がある分、しっかりした作りで、ぐらつきも無く、安心感も有り満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

コールマン(Coleman)

ナチュラルモザイクリビングテーブル

価格:4,756円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいくて丈夫なキャンプテーブル

こちらは、コールマンからでているキャンプテーブルです。非常にシンプルな作りですが、かわいらしいデザインと上部な作りがおすすめのポイントです。抗菌加工がしてあるので、衛生面でも安心して使用することができます。

 

4~6人まで使用することができるので、大人数でのキャンプや、BBQなどで大活躍します。高さも2段階調節可能で、地面に座って使いたいという方でも使うことができます。使用後はコンパクトに収納可能です。

使用人数4~6人重量3.7Kg

口コミを紹介

天板や脚もしっかりしてて安定感バツグン!
同サイズの他メーカーの商品だと、脚はグラグラ、天板も微妙にしなっていてフラットになっていない。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミロールテーブル ロースタイルUC-501

価格:2,497円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロでもっておきたいキャンプテーブル

こちらは、様々なシーンで活躍することのできる、軽量でコンパクトなアルミ製のローテブルです。焚火などのロースタイルシーンでは座ったときにちょうどいい高さになります。天板は耐食、耐摩耗性に優れているので、1つもっておけば半永久的に使うことができます。

 

サイズは小さいですが、一人で使う分には十分な広さがあるので、ソロキャンプなどで使用したいと考えている方におすすめです。アルミなのである程度の耐熱性はありますが、表記はしていないので熱のあるものには注意が必要です。

使用人数1~2人重量1.5Kg

口コミを紹介

バイクで行くソロキャンで使ってます。大きすぎず、小さすぎず、1人〜2人で使うにはいいかと。もっと小さいサイズのとどっちにしようか迷ったのですが、こちらにしてよかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

DesertFox

アウトドア 折りたたみ テーブル

価格:5,299円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イス付きのキャンプテーブル

こちらは、椅子が4つついてくるキャンプテーブルです。サッと広げるだけで簡単に組み立てることができるので、説明書を読まなくても使うことができます。テーブルのつなぎ目が少ないので、物を動かすときにひっかかることが少ないです。

 

高さは3段階に調節が可能で、シーンによってお好みに変えることができます。万が一物をこばしても、防水加工がしてあるのですぐに拭き取れば、しみたりすることはありません。椅子が付属していないものもあるので、選ぶときは注意しましょう。

使用人数4人重量5.5Kg

口コミを紹介

このテーブルは、サイズ感、重量、色合いもちょうど良く、収納もしやすく安定性も良いため普段使いにも十分。軽くて組み立ても簡単でした。高さは3タイプに出来て使いやすいです

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

DOD(ディーオーディー)

ライダーズテーブル

価格:4,472円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能キャンプテーブル

こちらは、ライダーズテーブルといって、ツーリングをする人に特化したキャンプテーブルです。一番のポイントは収納したときのコンパクトさです。バイクに収納するために非常に小さくなってバイクに積む程になります。普通に使う分にも持ち運びが非常に楽です。

 

小物が収納可能なストレージメッシュに、ぶら下げてつかうことのできるメッシュポケットなど様々な機能がついています。非常に軽量に作られていて、手軽に使うことができるので、ツーリング意外にもソロキャンプをする人などにおすすめです。

使用人数1~2人重量920g

口コミを紹介

他のロールテーブル等も持っていますが、この商品は、天板にアルミ板が内蔵してあり2Lのペットボトルを乗せても安定して、倒れたりしません。収納寸法も長さ50cmになるので、非常にコンパクトにパッキング可能です。お勧めできる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Soomloom outdoor

折り畳み式テーブル

価格:3,570円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランタンをかけて夜でも使える

こちらの商品は、ランタンハンガーがついているので、夜暗くなってもそこにランタンをかけて使用することができます。別売りのジョイント天板を連結することで、無限に机の大きさを変えることができます。

 

天板下に収納マットもつけることができるので、ある程度の収納ができます。天板が一枚ずつ独立しているので、組み立てには少し時間がかかるので、すぐに展開したいという人は注意が必要です。

使用人数1~2人重量1.5Kg

口コミを紹介

これからキャンプ行こうと思って、運びやすいテーブル探してる時、このテーブル見つかりました。使ってみると、かなり運びやすいですね。組立も簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

コールマン(Coleman)

ナチュラルウッドロールテーブル

価格:11,457円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然木を使用したロールテーブル

こちらは、ナチュラルな色合いの天然木を使用した、ロール式のキャンプテーブルです。非常に明るいカラーなので緑が映えます。天板がアルミなどの金属ではないため、色味のあるものをこぼすと染み込む可能性があるので注意が必要です。

 

金属系のテーブルが多いですが、アウトドアの雰囲気をより良くするためには木でつくられたテーブルも味がでるのでおすすめです。収納した時もコンパクトで、持ち運びも非常に楽です。軽量につくられているので、簡単な移動もすぐにできます。

使用人数4~6人重量2.7Kg

口コミを紹介

木製テーブルは、見た目カッコイイのに、重くて大変なのが多い中、このテーブルは、軽いのにカッコイイです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

KingCamp

ロールテーブル

価格:11,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つなぎ目の段差がないキャンプテーブル

こちらのキャンプテーブルは、折り畳み式ですが、縦に折りたたむことができるタイプです。つなぎ目が少し盛り下がっているので、物を移動しても段差を感じることがないです。かなり精巧につくられているので、安定感が抜群です。

 

天板の素材は竹でできているので、キャンプなどでの雰囲気にピッタリです。竹製の天板にはUVカット、さび止め、防カビ、防水加工がされているので、長時間の日射を浴びてもはげたりせず、濡れたりしてもすぐに拭き取れば大丈夫です。

使用人数4人重量6.8Kg

口コミを紹介

重たいですが、重たいからこそ安定性があり、あんまりグラグラしません。多少の段差はありましたが、支障ありません。脚も継ぎ足すタイプではなく、伸ばすタイプかつ長さが任意で止められるので段差のある所でも設置可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

コンポジット

バンブーテーブル

価格:8,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バンブーテーブルの中では最安レベル

こちらのキャンプテーブルは、竹製でバンブーテーブルの中では最安レベルの商品です。サイズは最大4人まで使えますが、やや小さめに設計されているので、2人で使用するのがベストなサイズです。

 

重さはすこしありますが、その分安定度も高いです。なにも置いていない状態で風が吹いても揺れたり倒れたりすることを防ぐことができます。高さも調節可能なので、お好みの高さに変更して使うことができます。

使用人数2~4人重量7Kg

口コミを紹介

重さも許容範囲。
組み立ても足を広げてジャバラ状の天板乗せるタイプに比べて驚異の手軽さで完成。
15秒あれば組み立てできると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ユニフレーム(UNIFLAME)

フィールドラック ブラック

価格:3,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最薄キャンプテーブル

こちらは、キャンプテーブルの中では収納した時の薄さがトップレベルです。ほんの隙間があれば収納することができます。テーブルは網目上なので小さいものをおくことはできませんが、お皿やコップなどは問題なく置くことができます。

 

軽い見た目をしていますが、素材は鉄とメッキを使用しているので、安定度も高いです。ある程度の熱があるものをおいても問題なく使用することができます。

使用人数2~3人重量1.7Kg

口コミを紹介

クーラーボックスや収納ボックス置き、スタッキングして小物棚として、ソロテーブルとして、、、アイデア次第で色々なものに化ける優秀な道具。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Linkax

アルミ製 アウトドアテーブル

価格:1,680円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立て簡単でコスパよしのキャンプテーブル

こちらは、丈夫で耐久性に優れたオックスフォードを素材にした天板を使っています。組み立てが非常に簡単で慣れれば1分近くで組み立てをすることができます。サイズは大きすぎず小さすぎず、2人で使っても十分な広さがあります。

 

天板は防水機能がついているので、濡れてもすぐに拭き取れば問題なくつかうことができます。非常に安価な分類のキャンプテーブルですが、価格以上のパフォーマンスをもっているので2位に選ばれました。

使用人数2人重量900g

口コミを紹介

外で使わなくなっても家の中でも使えそうです。
天板は「プラスチックじゃないの?」と思ったぐらい軽いです。
ロータイプの椅子やアグラ椅子にちょうどいい高さです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Moon Lence

キャンプテーブル ロールテーブル

価格:3,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カスタマイズ可能キャンプテーブル

こちらは、自分の理想とするテーブルサイズや高さに設定することのできるキャンプテーブルです。ランタンハンガーもつけることができます。室外での使用はもちろんですが、黒基調のシンプルデザインで室内のテーブルにも使うことができます。

 

天板下にメッシュネットを装着することができるので、簡単な収納もすることができます。連結の天板を購入さえすればいくらでも大きさを変えることができるので、人数に限りはありません。

使用人数1~4人以上重量1.6Kg

口コミを紹介

このテーブルは他にはない補強がプラスされ、ぐらつきなしの完璧です、天板の枚数も他とは違い仕舞い寸法も細くなります、それなのに一番安い、値上げ、売り切れ前に早く買った方がいいですよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプテーブルの選び方

キャンプテーブルは、強度や、大きさ、デザインなどが様々で選ぶときにどれを選んでいいのか悩みます。そこでここではキャンプテーブルの選び方のポイントをいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

サイズで選ぶ

キャンプテーブルは1人用や4人用など大きさがそれぞれ違ってきます。自分が使う使用目的によって変わってくると思うので、それに合わせた選び方をする必要があります。

少人数で使うなら軽量でコンパクトな「1人用~3人用」を選ぶ

キャンプテーブルには1人で使うサイズ用のものがあります。お皿、コップ、ナイフ、フォーク等必要最低限のものが収まります。

 

非常に軽量のものが多く、ライダー達にも人気があります。1人で使う分には十分なサイズがあるので、1人で使おうと考えている方1人用のサイズのものを選ぶことをおすすめします。

大人数で遊ぶなら「4人用以上」を選ぶ

BBQやキャンプなどを大人数で使いたいという方は4人以上を推奨しているテーブルを選ぶことをおすすめします。組み立てには少し時間がかかるものが多いですが、広さがあるので、コンロなどをおいてそのまま食事をすることも可能です。

 

利便性は高いので、大掛かりなキャンプで一人で使うということも可能です。いろんなもの置きたいという方や、大人数で使う方は4人以上のテーブルを選びましょう。

高さで選ぶ

キャンプテーブルにはそれぞれ高さがあります。椅子に座りたい方や、地面に座って使いたい方など様々なので、自分が使うシーンによって購入を考える必要があります。

テント内など狭いところでも使える「ロースタイル」

ロースタイルテーブルは、地面に近い高さで使用することができるので、ピクニックなどで座ったり使ったりするときに便利です。焚火などロースタイルで使いたい方はロースタイルテーブルをおすすめします。

 

ロースタイルテーブルは、軽量で、コンパクトにまとまるものが多く、携帯性にも優れています。サイズ的には小さめのものが多いので、少人数で使いたい方やテント内など狭いところで使いたい方におすすめです。

調理など立ち作業に使うなら「ハイスタイル」

一方ハイスタイルは、高さがある分、椅子に座ってそのまま食事をすることができます。立ったまま調理などすることもできるので、食材を自分で調理するという方は、高さのあるテーブルを選ぶと楽に調理ができます。

 

ハイテーブルは大人数での使用をメインとしているので大きいサイズのものが多いです。大人数での使用や、調理をしたいと考えている人はハイスタイルのキャンプテーブルをおすすめします。

色んなシーンに合わせて使いたいなら「高さ調節タイプ」がおすすめ

ハイテーブルとローテーブルの両方に調節可能な商品もあります。特に使用方法が定まっていなく、いろんなシーンに合わせて変えたいという方や、特に高さにこだわりがなくなんでもいい、という方は高さが調節可能な商品を選んでおくことをおすすめします。

 

しかし、高さが調節可能な分、部品の数が多く重さも増します。使用方法が決まっていて、ローテーブルでしか使うつもりがないという方は、調整可能な商品を選んでも、無駄な重みとなるので注意が必要です。

機能で選ぶ

キャンプテーブルは防水性の機能であったり、収納スペース機能があるものなど様々あります。自分に必要な機能性のあるものがどうか確認することがポイントの1つです。

悪天候や水遊びにも対応できる「防水機能付き」

キャンプテーブルを選ぶときに見ておきたいのが、防水性があるかどうかです。

 

アウトドアで外で使用する時は、風などでタレの入ったお皿や、ドリンクなどがこぼれてしまうことがよくあります。そんなときに防水性のあるキャンプテーブルだと、濡れた場合すぐに拭けば、しみになったり、塗装が剥がれたりすることがないので安心です。

 

外での使用は、急な雨なども考えられるので、特にこだわりがなければ、防水性の商品を選んでおくと便利です。

コンパクトで持ち運びできる「折り畳み式」

キャンプテーブルの多くはコンパクトに収めることができます。持ち運びするときには小さいほど楽になるので、できる限り、コンパクトにできるものを選ぶことをおすすめします。

 

また、収納できるバッグなどがついているものだとさらに楽に持ち運べるのでそちらも確認をしましょう。

整理整頓をしたいなら「収納スペース付き」

キャンプテーブルには天板の下に収納スペースを設置できる商品があります。この中に、食材を入れたり、食器などをいれることができるので、テーブルの上が整理されて使いやすくなります。

 

収納スペースがないと、食材を地面に置いたり、テーブルの上や、椅子の上に置いたりしないといけないので、衛生的にもよくありませんし、邪魔になることもあります。収納スペースは取り外し可能なものも多いので、なるべく整理して使いたいという方におすすめです。

種類で選ぶ

収納方法販売方法は種類によって異なります。自分のニーズに合わせた種類のキャンプテーブルを選ぶようにしましょう。

初心者の方は組み立てやすい「フォールディングタイプ」

フォールディングタイプとは、真ん中で二つに折りたたんで収納するタイプのキャンプテーブルを指します。組み立てが楽なので、初心者の方でも簡単に組み立てることが出来ます。

 

天板のサイドに持ち手がついているものをえらべば、持ち運びも簡単にすることが出来ます。

専用ケース付きで持ち運びに便利な「ロールタイプ」

ロールタイプは、筒状に丸めて収納するタイプのキャンプテーブルを指します。コンパクトにまとめられるため、登山など背負って運ぶ際などに非常に便利です。

 

しかし、組み立てる際に土台の脚組を組み立てる必要があるので、組み立て方はフォールディングタイプよりも複雑です。

一式そろえたいなら「セット売りタイプ」を

キャンプ初心者の方で、一式そろえようとしている方は、セット売りになっているキャンプテーブルを選ぶのがおすすめです。デザインも統一されますし、収納もひとまとめにできるものが多いので大変便利です。

素材で選ぶ

キャンプテーブルは素材によって特性が異なります。自分の希望に合った素材を選ぶようにしましょう。

調理をするなら耐熱性の高い「ステンレス製」

ステンレス製は熱伝導率が低いので、耐熱性に優れています。そのため、コンロなどを使って調理をしたい方やバーベキューテーブルをお探しの方はステンレス製を選ぶようにしましょう。

 

また、さびにくいという性質もあるので、長く使えるキャンプテーブルを探している方にもおすすめです。

軽量なのに強度が高い「アルミ製」

アルミ製は非常に軽量なのが特徴です。なので、ハイキングなど荷物を最低限に抑えたいときに大変便利です。耐熱性にも優れているため、調理やキャンプファイヤーによって故障してしまうこともありません。

デザイン性を求めるなら「木製」がおすすめ

折角キャンプをするなら、山奥の自然を存分に楽しみたいですよね。そんな方には木製のキャンプテーブルはいかがでしょうか。木製のデザインなら、周りの自然になじむので雰囲気を壊すことがありません。

 

しかし、木製は他のモデルに比べて重量があるものが多いので、持ち運びの際の利便性を重視する方にはおすすめできません。

持ち運べるものがいいなら軽量な「布製」を選ぶ

布製は軽量でコンパクトに収納できるのが特徴です。しかし、火気に非常に弱く、安定性にも欠けるので、サブテーブルとして使うのがおすすめです。

ブランドで選ぶ

キャンプテーブルを扱うブランドは様々。そのため、どこで買えばいいか迷われている方も多いのではないでしょうか。ここではブランド別におすすめポイントをご紹介します。

多種多様なアウトギアが魅力の「Coleman(コールマン)」

多種多様なアウトドア用品を取り扱うコールマンは、同じデザインでも人数に合わせてサイズ違いのものを展開しています。多くの商品が高さ調節可能になっているので、とても使いやすいデザインです。

独創的なデザインが豊富な「Onway(オンウェー)」

「自社でデザインした製品しか製造しない」をモットーに、個性的なデザインのキャンプテーブルを展開しているオンウェー。他のブランドにはないオリジナリティーあふれる商品を求める方におすすめです。

天然素材で自然に優しい「snow peak(スノーピーク)」

スノーピークは、自然に優しい素材でキャンプテーブルを製造しています。たとえば、足の部分で地面の植物がつぶれることがないように工夫されています。自然にフィットするデザインなので安定性も抜群です。

木製デザインがおしゃれな「Peregrine Furniture(ペレグリン・ファニチャー)」

ペレグリン・ファニチャーは、木製デザインのテーブルが多数製造されています。木製は他の素材と違って周りの雰囲気になじみやすいのが特徴。自然の雰囲気を壊したくない方におすすめです。

耐熱や収納性に優れている「LOGOS(ロゴス)」

キャンプ用品だけでなく、リビング用など多種のテーブルを展開していることで有名なロゴス。表面には耐熱加工しっかりされているのでコンロなどを使った調理も可能です。さらに収納性にも優れているのでコンパクトに折りたたむことが出来ます。

シンプルなデザインと耐熱性が強みの「UNIFLAME(ユニフレーム)」

ユニフレームはシンプルなデザインが特徴。複雑な機能を一切排除して使い勝手を追求したデザインのキャンプテーブルが展開されています。もちろん機能性も抜群で、耐熱性や安定性にも優れています。

低価格で種類豊富な「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」

デザイン・種類・素材別に様々な商品を販売しているキャプテンスタッグ。種類が豊富なだけでなく、他ブランドに比べて価格が安いのも嬉しいポイントです。

ユニークなデザインで他の人と差を付けたいなら「DOD(ディーオーディー)」

独創的なデザインが特徴のDOD。機能性を重視した独自のデザインのキャンプテーブルが展開されています。テーブルに収納スペースがついているなど多機能なものが多いので、キャンプ上級者の方は試してみてはいかがでしょうか。

軽量をとことん追求している「mont-bell(モンベル)」

モンベルはアウトドアウェアのイメージの強いブランドですが、実はキャンプテーブルも取り扱っています。中でも、布製のキャンプテーブルは人気で、軽量で収納性に優れているのでおすすめです。

お手頃価格でシンプルな「ニトリ」

あの大手インテリアショップ「ニトリ」からも、キャンプテーブルが発売されています。手ごろな価格品質のいいキャンプテーブルが手に入ります。また、店舗数も多いので、気軽に買いに行けるのも嬉しいポイントです。

テーブルクロスの作り方とは?

キャンプテーブルが決まったら、テーブルクロスを手作りしてみてはいかがでしょうか。テーブルクロスがあれば、机の上の雰囲気をがらりと変えられますし、汚れを吸収してくれるのでキャンプテーブルのお手入れが簡単になります。

 

テーブルクロスを作る際は、綿の生地をつかうのをおすすめします。なぜなら、綿は耐熱性が高く、吸水性があるからです。洗濯機でも洗えるので、繰り返し使うならとても便利です。

 

ぜひお気に入りのテーブルクロスを選んで、キャンプに彩を添えてみてはいかがでしょうか。

キャンプテーブルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5072494の画像

    Moon Lence

  • 2
    アイテムID:5072487の画像

    Linkax

  • 3
    アイテムID:5072483の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • 4
    アイテムID:5072476の画像

    コンポジット

  • 5
    アイテムID:5072471の画像

    KingCamp

  • 6
    アイテムID:5072465の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:5072460の画像

    Soomloom outdoor

  • 8
    アイテムID:5072453の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 9
    アイテムID:5072433の画像

    DesertFox

  • 10
    アイテムID:5072425の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 11
    アイテムID:5072418の画像

    コールマン(Coleman)

  • 12
    アイテムID:5072382の画像

    Taimonik

  • 13
    アイテムID:5072325の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 14
    アイテムID:5072320の画像

    BUNDOK(バンドック)

  • 15
    アイテムID:5071955の画像

    Magarrow

  • 商品名
  • キャンプテーブル ロールテーブル
  • アルミ製 アウトドアテーブル
  • フィールドラック ブラック
  • バンブーテーブル
  • ロールテーブル
  • ナチュラルウッドロールテーブル
  • 折り畳み式テーブル
  • ライダーズテーブル
  • アウトドア 折りたたみ テーブル
  • アルミロールテーブル ロースタイルUC-501
  • ナチュラルモザイクリビングテーブル
  • アルミ製 折りたたみ テーブル
  • グッドラックテーブル
  • バンブー テーブル 50 BD-191
  • アウトドアテーブル キャンプ テーブル
  • 特徴
  • カスタマイズ可能キャンプテーブル
  • 組み立て簡単でコスパよしのキャンプテーブル
  • 最薄キャンプテーブル
  • バンブーテーブルの中では最安レベル
  • つなぎ目の段差がないキャンプテーブル
  • 天然木を使用したロールテーブル
  • ランタンをかけて夜でも使える
  • 多機能キャンプテーブル
  • イス付きのキャンプテーブル
  • ソロでもっておきたいキャンプテーブル
  • かわいくて丈夫なキャンプテーブル
  • 収納可能キャンプテーブル
  • 車にも設置可能なテーブル
  • 竹でできたローテーブル
  • ドリンクホルダー付きのテーブル
  • 価格
  • 3999円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 3900円(税込)
  • 8480円(税込)
  • 11380円(税込)
  • 11457円(税込)
  • 3570円(税込)
  • 4472円(税込)
  • 5299円(税込)
  • 2497円(税込)
  • 4756円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 8260円(税込)
  • 2277円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 使用人数
  • 1~4人以上
  • 2人
  • 2~3人
  • 2~4人
  • 4人
  • 4~6人
  • 1~2人
  • 1~2人
  • 4人
  • 1~2人
  • 4~6人
  • 4人
  • 4人
  • 1~2人
  • 4人
  • 重量
  • 1.6Kg
  • 900g
  • 1.7Kg
  • 7Kg
  • 6.8Kg
  • 2.7Kg
  • 1.5Kg
  • 920g
  • 5.5Kg
  • 1.5Kg
  • 3.7Kg
  • 6.6Kg
  • 6.9Kg
  • 1.65Kg
  • 1050g

まとめ

キャンプテーブルの人気おすすめランキング15選と選び方を紹介しました。いかがでしたでしょうか。キャンプテーブルの種類は多く選ぶときに悩むかもしれませんが、今回の記事を参考に、良いキャンプテーブルを探してみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ