【2021年最新版】一眼レフの人気おすすめランキング15選【初心者や女性にも!】

記事ID11658のサムネイル画像

美しい写真が撮れる一眼レフカメラは、スポーツ観戦や旅行などに持って行くのにうってつけです。そんな一眼レフの多くは「Nikon」や「Canon」など日本を代表するメーカーから発売されています。今回は、一眼レフの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介します。

最近の一眼レフは軽くてコスパ抜群のモデルが多い!

「きれいな写真を撮りたいけれど、一眼レフだと扱いづらいのでは」と思う人も多いことでしょう。でも実は、いまの一眼レフは初心者にも簡単に操作ができるものばかり。「手ぶれ補正」や「オートフォーカス」などエントリークラス向け機能を搭載したモデルも多数発売されています。

 

加えて、レンズキットや型落ち、中古などを狙えば定価より安い値段で入手することも。リーズナブルで扱いやすいとなれば、選ばない道はありませんよね! スポーツ観戦や旅行をするときなどに持って行って、思い出をきれいな形に残してみませんか?

 

そこで今回は一眼レフの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは使いやすさ・重量・メーカーを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ミラーレス一眼レフとの違い

通常のデジタル一眼レフとミラーレス一眼レフの違いは「カメラの内部にミラーがあるかないか」。「ミラーレス」という名前からわかるとおり、ミラーレス一眼にはミラーが搭載されていません。その構造上、軽量でコンパクトに収まっているものが多いのが特徴です。

 

交換レンズのバリエーションは一眼レフのほうが豊富なものの、趣味で写真を撮る程度ならミラーレス一眼で十分。最近では、おしゃれなデザインのものも増えてきていて、持ち歩くのが楽しくなるものばかりです。

一眼レフの選び方

初心者からプロまで、多くの人が愛用する一眼レフ。ここでは「どれを選んだらよいかわからない」という人のために、選び方のポイントを解説します。

サイズ・重量で選ぶ

一眼レフを選ぶうえでまず重視したいポイントは、サイズと重さです。遠出をした先や旅行中に持ち運びたいならなおさら、コンパクトなものを選ぶことをおすすめします。

外出先に持ち運ぶなら「軽量タイプ」

旅行などで一日中一眼レフカメラを持ち運ぶ予定があるなら、コンパクトな軽量モデルを選ぶのがよいでしょう。本体重量が500~600g、レンズを合わせても1kg以下になるのが理想的。「光学ファインダー」が付いていないミラーレスタイプなら、軽くて持ち運び便利です。

最新モデルに多い「コンパクトタイプ」

できるだけ予算内に抑えようと中古や型落ちしたモデルを購入する人もいますが、カメラ初心者なら最新モデルを選ぶのがよいでしょう。というのも、最新モデルのほうがよりコンパクトに出来ていることが多いから。

 

基本的には発売から5年以内であることが理想。機能性に富んだ優秀なモデルは日々続々と発売されているので、初心者にもおすすめです。中古の重たいものだとどうしても腕や肩に負担がかかるので、注意しましょう。

初心者にも優しい「操作性」

シャッターボタンさえ押せれば写真は撮れますが、せっかく一眼レフを購入するのであればできるだけ写真の質にもこだわりたいですよね。スマートフォンとまた一味違った写真を撮ってみたいという人も多いはず。

 

新しいモデルの中にはガイド表示されるようになっているものもあり、初心者にも使いやすい仕様になっています。古いモデルにはそういった機能が付いていないこともあるので、最初は操作性に優れた最新モデルを選ぶとよいでしょう。

液晶モニターで選ぶ

『使いやすさ』を重視するなら液晶モニターの可動域も無視できないところ。液晶モニターは大きく「バリアングル式」と「チルト式」に分けることができます。

アングルの自由度が高い「バリアングル式」

カメラの背面に設置されている液晶モニターを横開きにして、上下方向に回転させられるタイプを「バリアングル式」と言います。アングルを自由に設定できるため、ローポジションやハイポジションからの撮影も可能。自撮りをする際にもかなり便利です。

使い方簡単だから初心者におすすめの「チルト式」

液晶モニターを引き出して、上下方向にずらして使うのが「チルト式」です。操作が簡単なので初心者にはもってこいですが、「バリアングル式」に比べるとややアングルの自由度には劣ります。ただ、最新モデルの中にはタッチパネルを採用したものも多く、気軽に使えるのでおすすめ!

機能で選ぶ

写真を撮影する目的によって、必要な機能は変わってきます。ここでは、モデルごとに異なる機能について解説します。

スポーツ観戦にもうってつけの「オートフォーカス・手ぶれ補正」

スポーツ観戦や子どもの運動会などで決定的瞬間を収めたいのであれば、優れた「オートフォーカス機能」が備わっているモデルを選ぶことをおすすめします。また、一眼レフ初心者なら「手ぶれ補正機能」も外せないところ。これで被写体をぶれなく撮影することができます。

屋外で風景を撮影するなら「防塵・防水機能」

屋外での撮影における砂や雨はカメラが壊れる要因になるので、風景などを撮りに行く人は「防塵・防水機能」の備わったモデルを選ぶようにしましょう。といっても、安い一眼レフだと耐久性が不安。理想は5万円以上の中級者向けモデルです。

旅行時にあるとうれしい「動画機能」

いまや静止画だけでなく、動画撮影時に一眼レフを使用する人も多くなってきました。旅行をするときなどは動画機能があると、リアルな記憶をそのまま残すことができて楽しさ倍増ですよね。一瞬一瞬を切り取れる動画撮影機能は大変便利。

 

旅行の思い出を動画で残して、家に帰ってからも長く楽しめるとうれしいもの。ただし、重さがあるものだと腕が疲れてしまうので、できるだけコンパクトな軽量タイプのカメラを選ぶことをおすすめします。

スマートフォンに直接写真を送れる「Wi-Fi機能」

カメラに「Wi-Fi機能」が付いていれば、写真撮影をしたその場でスマートフォンやパソコンに送ることができます。スマートフォンに専用アプリをインストールしておくなどすれば、カメラから写真を受け取って、そのままSNSにアップできるので大変便利です。

画質で選ぶ

デジタル一眼レフカメラを選ぶ人の中には「とにかくきれいな写真が撮りたい」という人もいます。画像の美しさにこだわりたい場合は、必ず画質をチェックするようにしましょう。

カメラを三脚で固定して使うなら「2000~3000万」

風景写真を撮影したりカメラを三脚で固定して使ったりする場合は、2000~3000万画素のモデルがおすすめ。画素数が大きくなればなるほど、より繊細な写真が撮れるようになります。ただし、その分ファイルサイズは大きくなるので、容量には注意しましょう。

精細な動画撮影には「4K」対応モデル

一般的な一眼レフカメラでの動画は、画素数がFull HD(1920×1080)になっています。それに加えて「4K」は3840×2160でより高画質。美しい映像を動画に収めてSNSに投稿したり、家庭の4Kテレビや高精細ディスプレイなどで鑑賞したりと、いろんな楽しみ方ができます。

センサーサイズで選ぶ

画質や画角など、あらゆる面に対する違いを生むイメージセンサーのサイズ。一眼レフカメラのセンサーサイズにはおもに「35mmフルサイズ」と「APS-Cセンサー」の2種類があります。

イメージセンサーが大きい「35mmフルサイズ」

「APS-Cセンサー」のカメラに比べると「35mmフルサイズ」のほうが広範囲にわたって景色を写すことができます。また、センサーサイズが大きいため、ノイズを抑えられるのも特徴。ただし、「APS-Cセンサー」搭載モデルよりもやや重たくなりがちなので、携行性に欠けるデメリットも。

コンパクトな軽量タイプに多い「APS-Cセンサー」

「35mmフルサイズ」に比べると写せる範囲は狭くなりがちなものの、被写体を遠くから撮影する場合にはうってつけの「APS-Cセンサー」。センサーサイズが小さめなので、コンパクトな軽量タイプのモデルが多いのが特徴です。旅行などで持ち運ぶ際には非常に便利と言えるでしょう。

シーンによって使い分けたい「交換レンズ」

一眼レフの魅力といえば、レンズを交換することによっていろんなタイプの写真が撮れるようになること。中には複数の交換レンズを所持している人もいます。ただし、基本的には本体と違うメーカーの交換レンズはセットすることができません。

 

欲しい交換レンズを見つけたときはまず、規格が対応しているかどうかをチェックするようにしましょう。いろんなタイプのレンズをそろえておけば、あらゆるシーンで活用することができます。以下の記事では、望遠レンズのおすすめ商品を紹介しています。

夜間撮影なら「ISO感度」の幅をチェック

「ISO感度」とは、レンズが光を取り込む能力を表した値のことです。たとえば「Nikon D5600」の仕様だと「ISO 100~25600」というふうに表記されています。

 

数値を上げれば上げるほど光をとらえる速さも上がり、つまりそれだけシャッタースピードも速くなるということ。そのため、暗い場所での手ぶれや被写体ぶれを防ぐことにもつながります。夜間撮影に出掛ける際は、ISO感度を上げるようにしましょう。

失敗したくないから慎重になりたい「価格帯」

一般的には、センサーサイズが大きかったり最新モデルだったり、機能性に優れていたりすると高くつきがちな一眼レフカメラ。10万円を超えることも珍しくありませんが、趣味の撮影であれば5万円前後の安価なエントリーモデルでも十分楽しむことができます

 

また、こういったタイプのモデルの多くは全自動モードやオートフォーカス機能が備わっているので、自分でピントを調整する必要もなく初心者にもおすすめです。

女子に人気があるおしゃれな「デザイン」も

最近では街歩きや旅行などで、デザイン性に優れたおしゃれな一眼レフを使用している女性をよく見かけるようになりましたよね。本格的な一眼レフだとやや硬派なイメージがありますが、ミラーレス一眼レフの中にはふんわりした色合いの可愛らしいモデルもたくさんあります。

 

デザイン性に富んでいるのに加えて、コンパクトかつ軽量。持ち運び便利だから長時間の仕様でも疲れません。また、コストが抑えられるのも魅力のひとつです。

メーカー・ブランドで選ぶ

現在、世界に出回っている一眼レフの多くが日本製です。日本はまさに世界に誇るカメラメーカーの宝庫と言えるでしょう。各メーカーの特色で選ぶのもひとつの方法です。

オートフォーカス機能にこだわりたいなら「キャノン(Canon)」

初級から上級まで幅広いレベルに合わせた一眼レフカメラを扱っている映像機器メーカー「キャノン(Canon)」。数あるモデルの中でも特に「EOS Kiss」シリーズは大人気で、発売以来トップクラスのシェアを誇っています。また、オートフォーカス機能に優れたものが多いのも特徴です。

 

以下の記事では、Canonのカメラを選ぶうえでのコツとおすすめの商品を紹介しています。カメラのタイプ問わずCanonに絞って選ぶ場合は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

一台を長く使いたいなら「ニコン(Nikon)」

「Canon」に比べると上級者向けのイメージが強い「ニコン(Nikon)」の一眼レフカメラ。やや扱いにくい側面はありますが、その分高性能なモデルが多いので、一台を長く使いたい人にはおすすめです。「Nikon」のカメラは耐久性が高く、屋外撮影時に大活躍。

 

「一眼レフといったらNikon!」という人は、以下の記事を読んでみてくださいね。Nikonから発売されている一眼レフがランキング形式で紹介されています。参考になる選び方のポイントなども併せて解説されています。

耐久性と手ぶれ補正で選ぶなら「ペンタックス(PENTAX)」

「リコー(Ricoh)」のブランド「ペンタックス(PENTAX)」は、ポートレート撮影に適したモデルを多数発売しています。その多くには近くに被写体を撮影するための「ボディ内手ぶれ補正機能」が搭載されているので、色彩効果が高くピントの合った撮影が可能。

 

また、おしゃれなデザインのものも多く、街歩きや旅行先に持って行きやすいとして女性からの人気も絶大です。

ミラーレスのラインナップが豊富な「ソニー(SONY)」

「ソニー(SONY)」が発売するカメラの魅力は、圧倒的にミラーレス一眼のラインナップが豊富なこと。この点に関しては他のメーカーから大きくリードしています。また、常用ISO感度の範囲を超えるような暗い場所でもしっかり撮影できるので、夜間撮影にもうってつけです。

 

ミラーレス一眼や動画が撮影できるカメラ、デジタルカメラなどSONYから発売されている商品は多岐にわたります。タイプ問わずSONY製の商品の中から選びたいという人は、以下の記事を参考にしてみてください。おすすめの商品をランキング形式で紹介しています。

クラシカルなデザインが好きなら「富士フイルム(FUJIFILM)」

まるでフィルムのような色彩の感じられる写真が撮影できる「富士フイルム(FUJIFILM)」の一眼レフカメラ。リーズナブルな価格帯で購入できることが多く、なんだか懐かしい気分が味わえるクラシックなデザインが人気の秘訣です。

 

「35mmフルサイズ」並みに高画質な写真が撮れる「APS-Cセンサー」を搭載している「Xシリーズ」は、プロカメラマンからも大きな支持を得ています。下記の記事では、フジノンレンズについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

一眼レフの人気おすすめランキング8選

リーズナブルなニコンの入門機種

デジタル一眼の入門として重宝されているのがNikonの「D610」 。発売から時間が経っているので型落ちではありますが、2426万画素の高画質でISO感度も最大51200と他のカメラにも性能は劣りません。リーズナブルで高性能なモデルを探している人におすすめです。

重量 760g メーカー Nikon

口コミを紹介

買いたい条件としてはMFレンズ(Ai)が使えることでしたので、レンズの絞りリングでMFカメラのように絞りを設定できるのがいいです。光学ファインダーで違和感なく使えるのもいいです。測光モードや露出モードの変更もやりやすく、背面液晶を使わずに設定できるように工夫されてるのもいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

きれいな写真をそのままスマートフォンに

顔認識機能や手ブレ補正機能が搭載された初心者にも優しいビギナー向けモデル。スマートフォンに「SnapBridge」をインストールしカメラと連動させておけば、撮影した写真をその場でスマートフォンに送ることができます。

 

撮影コマ数も約1550コマとかなり省エネ。バッテリーが長持ちするから旅行先での使用も安心です。

重量 約415g メーカー Nikon

口コミを紹介

とにかく軽い。普段はFXフォーマットの一眼を使用していますが、旅行などに持ち歩くのは少しきつい。これなら小さいし軽いし、持ち歩きが気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

徹底的にノイズを抑えた高画質画像

常用から超高感度域まで、さまざまな感度域での高い解像度を維持。「角度」「水平」「垂直」「回転」などあらゆる軸のブレに対応します。

 

すべてのレンズで手振れ補正、美しい写真撮影が可能。軽量で頑丈なボディは、防塵・防滴構造でハードな撮影条件でも安心です。

重量 1.36kg メーカー PENTAX

口コミを紹介

画質やモード・ダイヤルの使いやすさ、モニター表示のわかりやすさ、親切なカスタマーサービスなど、トップ2社よりはるかに秀でている。自動車と同じで、色々なメーカーがあってこそだが、今後はPentax を応援したい。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型化・防塵防滴性能に優れた低価格モデル

シリーズ伝統の優れた小型化・防塵防滴性能に加え、コンパクトで運びやすく、手振れを起こしやすい条件でも、しっかり手振れを補正。さらに、暗い場所でもぴったり合うオートフォーカスなど、初心者にはうれしい機能が満載です。

重量 620g メーカー PENTAX

口コミを紹介

40年以上のペンタックスファンです。古いレンズでもKマウントで問題なく使えるのは嬉しいですね。そういうペンタックスファンは多いみたいですよ。先日も撮影現場でペンタックスユーザーとその話で盛り上がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

広角から望遠までカバーしたレンズキット

18mmの広角から250mmの望遠まで広くカバーしているレンズキット。本体重量は500gを切っており、操作方法も簡単なので初心者にはぴったりのモデルですね。カラーバリエーションはブラックのほかに、シルバーとホワイトがあります。

重量 453g メーカー Canon

口コミを紹介

今まで1万以下のデジカメ使ってましたが、初級者向けという事で念願の一眼レフを購入。速写速度に驚きました。ファインダーごしに撮影するのも、写真家になった気分で楽しいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量で連射性能に優れたモデル

最上級モデルとしてCanonファンにも愛されているAPS-Cセンサー搭載の機種です。望遠性能だけでなく、連写性能も優れていることから屋外スポーツにもってこいです。最高約10コマ/秒で撮影することができるので、決定的瞬間を逃すことはありません!

重量 820g メーカー Canon

口コミを紹介

息子のパラアイスホッケーと娘のバスケを撮りたくてレンズと一緒に購入!素人でも綺麗に撮れるが機能は使いこなせていない!もっと勉強しなければ勿体無い機種!

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまなシーンに対応した入門機種

一眼レフデビューをする人に大人気のCanonの「EOS 900D」です。45点のオートフォーカスが付いているので、どんな小さな被写体もとらえることが可能。また、6コマ/秒の連続撮影ができるため、スポーツ観戦や動物のウォッチング撮影にぴったりです。

重量 540g メーカー Canon

口コミを紹介

夜の写真がきれいに撮れて感激。まだあまり使いこなせていないが、頼りになる相棒になりそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパがよくて初心者におすすめ

こちらの商品の特徴は、上下に動く液晶モニターによりローアングルの撮影が簡単にできること。広角と望遠のレンズが付いているため、シーンによって使い分けるのがおすすめです。ピント合わせも簡単なので、決定的瞬間も容易にとらえることができます。

重量 約465g メーカー Nikon

口コミを紹介

カメラを持って大阪旅行してきましたが、圧倒的高画質と一眼レフの中ではかなり軽いため持ち運びもしやすく、撮影がこんなに楽しいものかと感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

一眼レフのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 メーカー
1
アイテムID:7149447の画像
D5600 68,770円

詳細を見る

コスパがよくて初心者におすすめ

約465g Nikon
2
アイテムID:7149467の画像
EOS 9000D 73,980円

詳細を見る

さまざまなシーンに対応した入門機種

540g Canon
3
アイテムID:7149463の画像
EOS 7D Mark II 122,800円

詳細を見る

軽量で連射性能に優れたモデル

820g Canon
4
アイテムID:7149444の画像
EOS Kiss X9 65,300円

詳細を見る

広角から望遠までカバーしたレンズキット

453g Canon
5
アイテムID:7149441の画像
PENTAX K70  55,980円

詳細を見る

小型化・防塵防滴性能に優れた低価格モデル

620g PENTAX
6
アイテムID:7149433の画像
PENTAX K-1 Mark II 223,480円

詳細を見る

徹底的にノイズを抑えた高画質画像

1.36kg PENTAX
7
アイテムID:7150934の画像
D3500 52,000円

詳細を見る

きれいな写真をそのままスマートフォンに

約415g Nikon
8
アイテムID:7149476の画像
D610 81,618円

詳細を見る

リーズナブルなニコンの入門機種

760g Nikon

ミラーレス一眼レフの人気おすすめランキング7選

コンパクトさと高性能が人気の秘密

軽量モデルであるにもかかわらず、約20コマ/秒の高速連続撮影が可能です。また、Wi-Fiにも対応しているので、撮った写真をそのままスマートフォンやパソコンに送って確認・編集することができます。簡単操作だから初心者にもおすすめ!

重量 324g メーカー Nikon

口コミを紹介

グリップの具合も大変よくミニ一眼ミラーレスでは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

瞳AF採用のCanon初フルサイズミラーレス一眼

Canon初のフルサイズミラーレス一眼レフとして人気のモデル。BluetoothとWi-Fi対応なので、撮った写真をそのままスマートフォンに送ることができます。瞳AF採用で、ポートレート撮影にもってこいの性能となっています。

重量 660g メーカー Canon

口コミを紹介

撮影後すぐに次の撮影ができるのでストレスフリーです。EVFも覗いてて疲れません。よく映ります。文字も見やすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

APモードで上級者のような写真が撮れる

メニューに新しくAP(アドバンスドフォト)モードが追加。難しい撮影方法が簡単にできるので、撮影方法に迷ったときでも安心です。女性にも扱いやすいコンパクトサイズだからかばんにもスッポリ! 手軽に持ち運ぶことができます。

重量 455g メーカー OLYMPUS

口コミを紹介

ショートカットボタンが使いやすく、必要な機能に素早くアクセス出来ます。小型軽量で機動性を求めるならまずこれでしょう。5軸手ブレ補正は流石としか言えません。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロの現場で活躍するミラーレス

フルサイズミラーレスカメラの先駆者であるソニーの逸品です。AF機能は映像エリアの93%をカバー。うつむいた顔や振り返り姿なども、瞳を検出してしっかりと被写体をとらえます。加えて、最高約10コマ/秒の高速連射がシャッターチャンスを逃しません。

重量 650g メーカー SONY

口コミを紹介

全オート設定でも十分きれいな絵が撮れます。もちろんそれだとこのカメラの本当の性能を持て余してしまいますが、使いながらちょっとずつ勉強していけば大丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

CMでもおなじみ女子人気トップの一眼レフ

操作性にこだわった上品なデザインが特徴のモデル。全16種類31タイプのアートフィルターを搭載しており、タッチパネルで撮影ができてしまいます。また、本革のショルダーストラップが付いているので、旅先に持って行っても紛失の心配がありません。

重量 約380g メーカー OLYMPUS

口コミを紹介

カメラ初心者なのですが、こちらを購入してとても満足しています!色は茶色を購入しました。茶色はややくすんだ茶色でした。とても可愛くて気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

高性能の小型・軽量モデル

フィット感抜群で手のひらに収まるコンパクトサイズのモデル。持ち運びに便利な小型タイプでありながらも、暗い部分の明るさを調整できる「Fill Light」機能や補色効果がある多彩な「カラーモード」を搭載するなど、プロをもうならせる高性能ぶりです。

重量 230g メーカー SIGMA

口コミを紹介

下から樹を見上げて撮る場合,空に負けないように露出補正する方法がありますが,FPには暗い部分だけの露出を上げることができるFill lightという機能があります。これにより,鮮やかな紅葉を撮ることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ポートレート撮影が得意な小型のミラーレス

ミラーレス特有の軽量・薄型ボディが魅力で、かばんに入れて持ち歩いても邪魔になりません。約2420万画素の大型センサーを搭載しているので、ポートレート撮影に適したボケ味を簡単に出すことができます。また、カメラ内で写真の加工ができるのも特徴のひとつです。

重量 302g メーカー Canon

口コミを紹介

コンパクトで軽いので携帯性には優れていると思います。慣れれば操作も簡単でカメラ初心者の私には非常に使いやすいカメラです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミラーレス一眼レフのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重量 メーカー
1
アイテムID:7149466の画像
EOS M100 41,780円

詳細を見る

ポートレート撮影が得意な小型のミラーレス

302g Canon
2
アイテムID:7151192の画像
45mm F2.8 DG DN 188,000円

詳細を見る

高性能の小型・軽量モデル

230g SIGMA
3
アイテムID:7149458の画像
PEN E-PL9 53,120円

詳細を見る

CMでもおなじみ女子人気トップの一眼レフ

約380g OLYMPUS
4
アイテムID:7149430の画像
α7 III 165,000円

詳細を見る

プロの現場で活躍するミラーレス

650g SONY
5
アイテムID:7149452の画像
OM-D E-M10 34,000円

詳細を見る

APモードで上級者のような写真が撮れる

455g OLYMPUS
6
アイテムID:7149436の画像
EOS R BODY 185,950円

詳細を見る

瞳AF採用のCanon初フルサイズミラーレス一眼

660g Canon
7
アイテムID:7149470の画像
1 V3 56,700円

詳細を見る

コンパクトさと高性能が人気の秘密

324g Nikon

一眼レフを安い値段で手に入れるには?

限られた予算内で一眼レフカメラを用意したいという場合は、中古や型落ちしたものを入手するという方法もあります。あるいは、新品でもレンズキットで購入したほうがよいでしょう。

セット価格で購入できるから安いレンズキット

オンラインで調べればわかりますが、新品で一眼レフを購入しようと思うと、ボディ単体で売っているもののほかに、1本のレンズが付属した「レンズキット」を選ぶことができます

 

予算が限られているということ以外にも、カメラ事情にあまり明るくない初心者ならこの「レンズキット」を選んでおくと安心です。また、レンズが2本付いたタイプは「ダブルレンズキット」と言います。レンズをバラで買うよりもセットのほうが安く済むのでおすすめ。

趣味の写真撮影なら型落ち

日々、新しいモデルが発売されている一眼レフカメラ。発売日が昔で古くなってしまったモデルを一般的に「型落ち」と言います。

 

需要が高い機能が備わった最新モデルに比べるとやや性能に劣る場合は多いものの、きれいな写真を撮影する程度であれば問題ありません。つい2、3年前までは現行商品として出回っていたものも多く、それで安くなるのですからお得感満載ですね。

 

下記の記事では、安いミラーレス一眼について詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

古いモデルでも気にならないなら中古

家電量販店やカメラ専門店、インターネットなどで見てみると、大量の中古商品が出回っているのがわかります。「古い機種でもいい」「人が使ったものでも気にならない」という人であれば、中古商品を狙ってみるのもおすすめ。定価より随分安い値段で入手することができるでしょう。

まとめ

今回は、一眼レフの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介しました。目的の被写体や使用シーンによって、サイズやレンズを変える必要がある一眼レフ。カメラの特徴や性能を理解して選べば、きっとお気に入りの一台が見つかるはずです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年度最新版】デジカメの人気おすすめランキング42選【初心者でも扱いやすい】

【2021年度最新版】デジカメの人気おすすめランキング42選【初心者でも扱いやすい】

デジタルカメラ
デジタルカメラの人気おすすめランキング20選【2021年最新版!初心者用・安いものも紹介】

デジタルカメラの人気おすすめランキング20選【2021年最新版!初心者用・安いものも紹介】

デジタルカメラ
【2021年最新版】キヤノンのカメラの人気おすすめランキング15選【初心者向けも紹介】

【2021年最新版】キヤノンのカメラの人気おすすめランキング15選【初心者向けも紹介】

デジタル一眼カメラ
【2021年最新版】コンデジの人気おすすめランキング15選【高画質・高倍率】

【2021年最新版】コンデジの人気おすすめランキング15選【高画質・高倍率】

デジタルカメラ
【現役家電販売員監修】ビデオカメラの人気おすすめランキング21選

【現役家電販売員監修】ビデオカメラの人気おすすめランキング21選

ビデオカメラ
単焦点レンズの人気おすすめランキング15選【ニコン・ソニー・オリンパス】

単焦点レンズの人気おすすめランキング15選【ニコン・ソニー・オリンパス】

レンズ