ダイワのクーラーボックスの人気おすすめランキング15選【真空も】

記事ID8961のサムネイル画像

クーラーボックスで大事なのは保冷力!ダイワには「真空パネル入り」など保冷力が高いモデルはもちろん、釣りやキャンプでも役立つ消臭・抗菌機能つきなど多くのタイプがそろいます。ここではダイワのクーラーボックスの選び方とおすすめのクーラーボックスをランキング形式で紹介します!

ダイワのクーラーボックスは釣りでもキャンプでも役立つ!

「保冷性能が高いクーラーボックスはないかな?」「ダイワのクーラーボックスで真空パネルが入ったものを探している」「強度が高くて座れるクーラーボックスが欲しいな」と、こんな思いでクーラーボックスを探していませんか。

 

たしかに、ダイワのクーラーボックスはかなり種類が多くて調べているだけで時間が足りないですよね!たとえば、大容量でも持ち運びがしやすいようにキャスターが一体化したタイプや、真空パネルでしっかり冷えてくれるもの、消臭・抗菌効果があるクーラーボックスなど多様です。

 

そこで、今回は「サイズ」「保冷力」「オプションの機能」といった観点から、人気のダイワクーラーボックス15選をランキング形式でお届けいたします。ぜひ選び方の参考にしてくださいね。

ダイワのクーラーボックスの人気おすすめランキング15選

15位

ダイワ(DAIWA)

RX GU X 3200X

価格:11,502円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイワの同型比で約2.3倍の保冷力!

ダイワのRXシリーズは、ノンフロンウレタンの断熱材が入っているおかげで、ダイワの同型と比較して約2.3倍の保冷力があるシリーズです。32リットルでたっぷりと収納できるほか、水抜きがしやすい水栓の機能、取り外しができワンタッチで開く両開きフタなど機能も申し分がありません。

サイズ外寸34.5×55.5×40.0センチ・内寸24.0×43.0×30.5センチ保冷力〇(KEEP 90)
オプションの機能ワンタッチ両開きフタつき・水栓つき容量32リットル
重さ6.1キロ

口コミを紹介

みんなでパーティなどをするときに安いやつだとすぐに氷が解けてしまうので購入しました。やはりいいものは違う気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ダイワ(DAIWA)

クリスティア CLα S1000X

価格:8,037円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワカサギ釣りをする人向けのコンパクト軽量タイプ

ワカサギ釣りを行う人をターゲットとしているのが、こちらのクーラーボックスです。叩き用の衝撃を吸収ができるマットつきで、マットの位置を自在に変えられます。座れるモデルなのでわざわざワカサギ釣りにアウツドアチェアを持っていく必要がありません。

 

断熱材の素材はスチロールなのである程度の保冷力にとどまりますが、メリットとしては軽くて持ち運びがしやすいです。電車やバスでワカサギ釣りに行きたい人や子供や女性が一緒の人におすすめのモデルです。

サイズ外寸25×37×29cm・内寸17×26×22cm保冷力△(KEEP25)
オプションの機能叩き用衝撃を吸収マットつき・投入口つき容量10リットル
重さ2.1キロ

口コミを紹介

使いやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ダイワ(DAIWA)

トランク大将II TSS4000X

価格:41,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

値段が高いぶん効果はバツグン!抗菌剤と消臭剤も配合

10位で紹介したトランク大将IIの、保冷力が高いバージョンです。値段が高めなのでなかなか初心者には手が出しづらいのがネックでしょう。ただ、底面と広い面積の側面2面という、合計3面に真空パネルを配置し、発泡ウレタンも併用しているので高保冷クーラーが実現します!

 

40リットルの大容量なので、海釣りや大型の魚を狙う釣り、遠征釣行をする人や大人数でキャンプやアウトドアに行く人に便利です。またこのシリーズはクーラーボックスの内部に抗菌剤と消臭剤を配合しているので、臭いが気になる食べ物や魚を入れる場合に重宝しますよ。

サイズ外寸37.5×72×33.5cm・内寸28.5×59.5×23保冷力◎(KEEP 118)
オプションの機能抗菌・消臭機能・ハンドルつき・静音キャスターつき容量40リットル
重さ9.3キロ

口コミを紹介

ロゴスの保冷剤をしたに敷き詰めて使用してます。真夏の炎天下で1日使っても保冷剤はほとんど凍ったまま。ものすごい保冷力です。両側開きの蓋は使いやすく片側だけ開く事も出来ます。開閉に少しこつがいりますが慣れれば問題ないです。それだけ密閉力が高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ダイワ(DAIWA)

プロバイザーHD 2100X KR

価格:16,830円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペットボトルもたっぷり収納!中型のクーラーボックス

児島玲子氏の監修したオリジナルデザインのクーラーボックスです!21リットルの中型サイズで500mlペットボトルだったら20本も収納できます。4キロほどでそこまで重くないので女性や高齢の方でも持ち運びしやすいですよ。

サイズ外寸32×50×33cm・内寸23.5×36×24cm保冷力〇(KEEP 60)
オプションの機能滑り止め・抗菌機能容量21リットル
重さ4.0キロ

口コミを紹介

保冷力も申し分なく、軽いです。抗菌も付加されており、色が我慢出来れば十二分だと思います。両開きの蓋のせいか、開けにくい事もありましが許容範囲かと

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ダイワ(DAIWA)

スノーライン S300X

価格:3,430円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型で値段も手ごろ!手軽に使いやすい

スチロール材の断熱材なので、軽くて持ち運びがラクなクーラーボックスです。近場の公園にランチを持っていく際やハイキングや小物の釣りなどに使いやすいでしょう。何より値段が安いのが大きな魅力です!

サイズ外寸13×22×26cm・内寸9×17.5×20cm保冷力△(スチロール)
オプションの機能水栓つき・肩掛けベルトつき容量2.9リットル
重さ0.8キロ

口コミを紹介

ワカサギ用に購入。寒い所での使用の為、保冷は考えず、サイズ感だけで購入。
ワカサギを入れる分には充分な容量。何より荷物を減らしたかったので、とても満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ダイワ(DAIWA)

トランク大将II S 5000X

価格:25,520円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量モデル!キャスターつきで1人でもラクラク移動

海釣りや大型の魚を狙う釣り、遠征釣行をする人や大人数でキャンプやアウトドアに行く人に便利なのが、この大容量クーラーです!50リットルの大容量で大きな魚のほか、500ミリリットルのペットボトル44本も持ち運ぶことができます。

 

サイドハンドルと、静音キャスターつきで重い荷物だとしても1人で移動・持ち運びができますよね。また、うれしいのは本体内部に抗菌剤が配合されていることです。特に真夏や湿度が高い日に、魚や肉など生ものを入れておく場合、気になる菌の繁殖を抑えてくれるでしょう。

サイズ外寸37.5×86×33.5センチ・内寸28.5×73×23センチ保冷力△(KEEP 70)
オプションの機能抗菌機能・ハンドルつき・静音キャスターつき容量50リットル
重さ9.0キロ

口コミを紹介

頑張って高額ですが購入しました。そのおかげで行きはドリンクやエサを入れ、釣りの後は魚を入れる。ハマチや太刀魚も基本的に問題ないと思います。釣堀ではハマチ5枚や乗合船では太刀魚10枚でも余裕で入れることができると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ダイワ(DAIWA)

プロバイザートランクHD TSS 3500

価格:37,440円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間ヒンヤリが続くので災害時にも便利!

底面と広い面積の側面2面という、合計3面に真空パネルを配置し、発泡ウレタンも併用しているシリーズです!KEEP120でかなり長時間、保冷効果が続くので何泊もするキャンプや災害時の冷蔵庫代わりなどいろいろな場面で使い勝手がいいでしょう。

 

また、耐久性が高いのでフタを閉めた状態で座れたり、転がしても音が出にくい静音キャスターつきも魅力です。

サイズ外寸32.5×71.5×35cm・内寸24×55×25cm保冷力◎(KEEP120)
オプションの機能両開き・滑り止め・静音キャスターつき容量35リットル
重さ7.3キロ

口コミを紹介

スゲェっすよ このクーラーボックス お高いお値段ですけど・・・ 持っといて損は無いと思いますよ よーく冷えて氷もかなりもちますわね 車輪付きで3面真空に発泡ウレタンしかも中は抗菌仕様で座れちゃいます!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ダイワ(DAIWA)

シークールキャリーII SU2500

価格:20,470円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスターとハンドルつきでコロコロ運べちゃう!

側面にはウレタンを配置し、底面には集中して真空パネルを配置しているので、防波堤や海の砂場、船の上など、クーラーボックスの底からの熱をブロックするのに長けているシリーズです。

 

容量は25リットルでハンドルとキャスターがセットになっているので、どんなに重い荷物を積んでもコロコロを転がして移動することができますね。腰が悪い人や筋肉に自信がない人、女性や高齢者などにおすすめです。

サイズ外寸33.0×53.5×39.0cm・内寸15.0×38.5×31.0cm保冷力〇(KEEP 70)
オプションの機能静音キャスター・収納可能なハンドルつき容量25リットル
重さ4.8キロ

口コミを紹介

ダイワ モバイルタックルバッグ S36と合わせて購入。色味もサイズもばっちり。
永く大切に使いたいと思える商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ダイワ(DAIWA)

クールライン GU 800X

価格:6,508円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適度な保温力でコスパがいいクーラーボックス

『クールライン』タイプのなかでも、ウレタン素材のみを使ったGUシリーズのクーラーボックスです。後に紹介する、SUシリーズよりは保冷力が高くはないものの、スチロール素材のみで作られているSシリーズよりは保冷力があります。

 

6000円台で手が出しやすい価格帯なので、多くのアウトドア好きや釣り好きから愛されているのです!コンパクトさや軽量さを求める人におすすめできます。

サイズ外寸22.5×37.5×25cm・内寸15×28×19cm保冷力〇(ウレタンのみ)
オプションの機能投入口つき・ロングハンドル・ベルトつき容量8リットル
重さ2.0キロ

口コミを紹介

尋常ではない2018年の真夏でも冷え冷えが長時間保ちます。
釣具屋さんで実物を見て、値段がより安いAmazonで購入しました。
サイズも丁度良いし、カラーも気に入ってます。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ダイワ(DAIWA)

ライトトランク4 VSS3000RJ

価格:29,959円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力が高く出来る限り軽量性を追求したモデル

容量が30Lもあり、500mlのペットボトルを24本縦置きすることができます。6面を真空パネルにし、ウレタンも合わせた保冷力が高いモデルなのに、6.4キロと出来る限り、軽量化をされているので、なるべく軽くて高機能なクーラーボックスを求めていた方向けでしょう。

 

消臭ができる機能もあるため、釣りで魚を入れる場合やバーベキューで肉を入れる場合など生臭さが気になるときも安心ですね!

サイズ外寸33.5×67×34.5cm・内寸23×52.5×24.5cm保冷力◎(6面真空パネル+ウレタン)
オプションの機能消臭機能・両開き・滑り止め容量30リットル
重さ6.4キロ

口コミを紹介

このクーラーボックスは、氷のもちが長くてとても良い製品です。氷が溶けても水がキンキンに冷えてビールやジュースが美味しく頂けます。キャンプの食材も入れられる私にとって便利アイテムです。釣り用ですが多種に活用が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ダイワ(DAIWA)

クールライン SU 800X

価格:10,313円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷力が高めで便利な機能もたっぷり

『クールライン』タイプのなかでも、ウレタン素材を、また側面の2面には(広い側)真空パネルを合わせて使用しているSUシリーズのクーラーボックスです。これにより、保冷力を高めています。保冷力があるだけでなく、魚を収納するときに冷気を逃がさない便利な投入口つきです。

 

持ち運びをしやすいロングハンドルやベルトつき機能も魅力ですよね。高機能なのにそこまで値段は高くないので、アウトドア上級者さんやベテラン釣り師などの役に立ってくれるはずです。

サイズ外寸22.5×37.5×25cm・内寸15×28×19cm保冷力◎(真空パネルとウレタン)
オプションの機能投入口つき・ロングハンドル・ベルトつき容量8リットル
重さ2.1キロ

口コミを紹介

安いモデルで、「真空パネルの威力」を体感したいなら、実感できる。確かに6面パネルには叶わないが、そこそこの値段。何でもかんでも突っ込まない、なら、十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ダイワ(DAIWA)

クールライン アルファ GU1000X

価格:13,090円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竿立てつきでアジングやエギングなどの釣りにピッタリ

ルアーでアジ釣りを楽しむような『アジング』や、エギ(餌木)を用いながらイカを釣る『エギング』などにピッタリの小型クーラーボックスです。こちらは10Lですが、15Lなどのサイズもそろっています。

 

そのままパカッと外し洗える両開き上フタ、冷気を逃がさずに魚を入れることができる投入口、サイドについているオリジナルカラーの竿立てや小物入れなど、便利な機能が満載な優秀品です!

サイズ外寸25×37×29cm・内寸17×26×22cm保冷力〇(KEEP 35)
オプションの機能両開き・竿立てと小物入れつき容量10リットル
重さ2.3キロ

口コミを紹介

岸タコ釣り用に購入しましたが、いろいろな釣りに使えそうです。ハンドル、ベルト、竿立て、小物入れが付属していて便利ですが、ふんばるマンとケースは別途購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ダイワ(DAIWA)

クールライン S800X

価格:4,336円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな小型クーラーボックスを探している人向け

ワカサギやアジなどの小型の魚釣りや、そこまで大きくない食材や飲み物を持ち運ぶときに便利です。またフタを取り外して洗えるのも衛生的です。こちらは8Lの小型サイズなのですが、同じシリーズで6Lサイズもあり、どちらもコンパクトで場所ととらないのがいいですよね。

 

そして、4000円台と価格が安いのも手を出しやすく人気の理由です。軽いので初心者キャンパーさんや大型のクーラーボックスを持ち運べない女性や子供のグループ、高齢者の方などに使い勝手がいいのではないでしょうか。

サイズ外寸23×35×25cm・内寸15×28×19cm保冷力△(スチロール)
オプションの機能上フタが外せる機能つき容量8リットル
重さ1.7キロ

口コミを紹介

長年使用してきたクーラーボックスが壊れたので、ホームセンターで¥1,500程度の品を購入したものの、保冷性が悪く使用を断念、この品を購入しました。やはりメーカー製は違うなあ、とその保冷能力に驚いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダイワ(DAIWA)

プロバイザーHD ZSS 2700

価格:37,664円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バツグンの保冷力!「マッスルボディ」で座れるモデル

適度な容量でバツグンの保冷力が欲しいなら、このモデルがおすすめです!プロバイザーHDはダイワのクーラーボックスの中で比較すると保冷力が高めのシリーズです。特にZSSは、真空パネル6面とウレタンを合わせたシリーズで、内部の冷気を逃がしづらいのが特徴でしょう。

 

中型サイズの魚や食材、500mlのペットボトルを24本も収納できます。しかも、耐久性が高い「マッスルボディ」のため、人間が座れるのがうれしいですね。値段が高いのがネックですが、釣りやバーベキューのイスの代用と考えればコスパがいいのではないでしょうか。

サイズ外寸35×57.5×34cm・内寸25×43×25cm保冷力◎(KEEP 100)
オプションの機能消臭機能・両開き・ワンタッチ水栓機能つき容量27リットル
重さ6.3キロ

口コミを紹介

普通に使って カキン!カキンに 冷えます プライスは高めですが…3日は 楽勝です
冷蔵庫より 冷えます 私的には アウトドアで 重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ダイワ(DAIWA)

クールラインαII S1000X

価格:6,751円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両開きのフタで左右どちらからも食材を入れやすい!

どんな人も使いやすい『クールラインα』のクーラーボックスの新デザインとして登場したモデルです!リブが補強された耐久性が高めのボディで、座れるので釣りやアウトドアやフェスなどの小休憩に大活躍します。

 

10Lの容量で、丸ごと外して洗うことができる両開きのフタ付きです。釣りのときに、フタをいちいち開けてしまうと冷気がその都度、逃げてしまうのでそれを防止するために、投入口が付いているのも便利な機能ですね。

サイズ外寸25×37×29cm・内寸17×26×22cm保冷力〇(KEEP 25)
オプションの機能両開き・投入口つき・滑り止めつき容量10リットル
重さ2.1キロ

口コミを紹介

ホワイトは清潔感あり 普段使いに 良い。500のペットボトル4~5本入れ 保冷剤2パックと オニギリ2ケと ゆで卵とその他諸々ぶち込んで 12時間たっても 保冷剤半溶けくらい。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイワのクーラーボックスの選び方

ダイワのクーラーボックスには、非常に多くの種類があることが分かりますよね。では、その多くの種類から、使い勝手がいいクーラーボックスを選ぶにはどうすればいいでしょうか。ダイワのクーラーボックスの選び方を「サイズ」「保冷力」「オプションの機能」といった観点からご紹介します。

サイズで選ぶ

ダイワのクーラーボックスには、さまざまなサイズがあってその大きさにより用途が違います!選ぶ前には、まずどんなサイズがあるか、何に使うのかを確認しておきましょう。

小型サイズ

アジやメバルやワカサギやキスなど、小型の魚を釣りたい人や、適度な飲食物を入れて冷やしておきたい人には、20リットル以下の容量の小型クーラーボックスがぴったりでしょう。小型のクーラーボックスはどこでも持っていきやすく用途が広いので、1つは持っておくと便利なアイテムです。

 

多さも1キロや2キロなど女性や子供でも、無理をせず持ち運べるものがほとんどなので安心ですよね。

中型サイズ

多目的に使うなら容量が20~30リットルほどの中型サイズのクーラーボックスがいいでしょう。防波堤釣りや小型や中型の魚を狙った釣り、それだけでなくアウトドアやキャンプでペットボトルや氷、食材を持ち運ぶ用途に適しています。

 

大型サイズ

船釣りをメインで行っている方や、大人数でバーベキューやキャンプに出掛ける方は、40リットル以上ある大型のクーラーボックスを選びましょう。小型や中型の魚ならたくさん入りますし、保冷材も多めに積んでおくことができます。

 

また大物のサイズの魚を狙うのであればその魚に適したサイズを選ぶのも大事です。1リットルのペットボトルやたっぷりの食材も入るので、何泊かするアウトドアにもピッタリです。しかも、大型サイズのクーラーボックスにはハンドルやキャスターつきのものもあり、移動がラクですよ。

保冷力で選ぶ

クーラーボックス選びで最も大事なポイントが、保冷力です!ダイワのクーラーボックスには、真空パネルやウレタンを用いたシリーズや、ウレタン素材だけのシリーズ、発泡スチロール材が使われているシリーズなどがあり、保冷力もさまざまです。

 

買った後で「失敗した」と後悔しないように選び方を、しっかり見ておきましょう。

保冷力の目安「KEEP」の数値を参考に!

出かける際に、氷や保冷材の保ち時間(持ち時間)は目安にしたいですよね。ダイワはこの氷のキープ時間の目安を「KEEP〇〇」と記載しています。氷が時間が経ってどれほど残っているか、更に氷が溶けきるまでどれくらいの時間が絶つかという目安となっています。

 

要は、数値が高ければ高いほど長く氷が持つという意味です。そのため、KEEP30のクーラーボックスよりも、KEEP120のクーラーボックスの方がより保冷力が長持ちするということになるので、この数値を参考に選んでみましょう。

高い保冷力は「真空パネル」と「ウレタン」を合わせたZSS・VSSクラス

発泡ウレタン真空パネルといい断熱材を合わせて使用することで、より高い保冷力を叶えています。特に、ZSSとVSSクラスは、ウレタン断熱材と真空パネルを側面から底面まで、内面すべてに用いたタイプです。

 

保冷力がバツグンなので、真夏のアウトドアや、炎天下の車内、日陰のないビーチなど、過酷な環境下でも活躍してくれるでしょう。

保冷力は高めだけど真空パネルは1面のみ!SUクラス

SUクラスもまた、発泡ウレタンと真空パネルを合わせて搭載しているのですが、底面の1か所だけ真空パネルを使用しています。そのため、底からの熱を受けにくい作りになっているのが特徴です。

 

たとえば真夏の防波堤や砂場、コンクリートの地面など下からの温度を遮断したいときに便利でしょう。しかもZSSクラスやVSSクラスと比較すると比較的安く、保冷力があるクーラーボックスを手に入れられるのもうれしいですね。

真空パネルはなし!軽いクーラーボックスならGUクラス

ダイワのGUクラスは、真空パネルを搭載しないで、発泡ウレタンのみを使っているのが特徴でしょう。真空パネルが入っていない分、保冷力は少々下がりますが、軽くて持ち運びがしやすい、スチロールよりは保冷力が高いなどのメリットが享受できますよ。

 

値段ももちろん下がりますので、適度な保冷力があって安いクーラーボックスを求める人に応えてくれるのではないでしょうか。

真空パネルとウレタンなし!安くて手軽に使うならSクラス

日帰りでアウトドアやレジャーを楽しむ場合、また近場でバーベキューをしたい場合などに便利なのが、スチロール材を用いて保冷をするSクラスクーラーボックスでしょう。手軽に使える、安く手に入る、ある程度の保冷力があるといった3つのメリットがあります。

 

コスパが高いのでアウトドアをあまりする機会がない人や、初心者キャンパーさんにおすすめです!

オプションの機能で選ぶ

ダイワのクーラーボックスにはオプションの機能も多くついています。シリーズやモデルによって機能は異なりますのでぜひ参考にしてくださいね。

肩掛け用ベルトつき

肩掛けが出来るベルトつきタイプであれば、重い荷物を入れたときに腕が痛くならずバランスをとって持ち運びしやすいですね。

消臭機能・抗菌機能

消臭や抗菌の機能性も便利ですよ!特に、魚を釣る方や肉などの生ものを持ち運びたいときにイヤな臭いや菌の繁殖を防ぐのは大事ですよね。

滑り止め

滑り止め機能がついていると、船や車内や電車のなかで滑って動いていってしまうこともありません。ダイワのクーラーボックスには「ふんばるマン」という機能滑り止めシートがついたモデルがあるので、必要ならば確認してみましょう。

強度が高くて座れる

ダイワには強度が高く、フタを閉めて座れるタイプのクーラーボックスもあります。特に長丁場の釣りや、バーベキューでアウトドアチェアを持っていない場合に役立つので参考に選んでくださいね。

両開き

両開きタイプのフタは、左右どちらかからでも開閉することができるので、大勢で囲んで使うときや急いで中身を取り出したいときに便利ですよ。

ダイワのクーラーボックスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5392169の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 2
    アイテムID:5392034の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:5392107の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 4
    アイテムID:5392352の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:5392472の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 6
    アイテムID:5392839の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 7
    アイテムID:5392571の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 8
    アイテムID:5392908の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 9
    アイテムID:5393026の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 10
    アイテムID:5393398の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 11
    アイテムID:5393773の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 12
    アイテムID:5393918の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 13
    アイテムID:5393538の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 14
    アイテムID:5393363の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 15
    アイテムID:5393929の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • クールラインαII S1000X
  • プロバイザーHD ZSS 2700
  • クールライン S800X
  • クールライン アルファ GU1000X
  • クールライン SU 800X
  • ライトトランク4 VSS3000RJ
  • クールライン GU 800X
  • シークールキャリーII SU2500
  • プロバイザートランクHD TSS 3500
  • トランク大将II S 5000X
  • スノーライン S300X
  • プロバイザーHD 2100X KR
  • トランク大将II TSS4000X
  • クリスティア CLα S1000X
  • RX GU X 3200X
  • 特徴
  • 両開きのフタで左右どちらからも食材を入れやすい!
  • バツグンの保冷力!「マッスルボディ」で座れるモデル
  • コンパクトな小型クーラーボックスを探している人向け
  • 竿立てつきでアジングやエギングなどの釣りにピッタリ
  • 保冷力が高めで便利な機能もたっぷり
  • 保冷力が高く出来る限り軽量性を追求したモデル
  • 適度な保温力でコスパがいいクーラーボックス
  • キャスターとハンドルつきでコロコロ運べちゃう!
  • 長時間ヒンヤリが続くので災害時にも便利!
  • 大容量モデル!キャスターつきで1人でもラクラク移動
  • 小型で値段も手ごろ!手軽に使いやすい
  • ペットボトルもたっぷり収納!中型のクーラーボックス
  • 値段が高いぶん効果はバツグン!抗菌剤と消臭剤も配合
  • ワカサギ釣りをする人向けのコンパクト軽量タイプ
  • ダイワの同型比で約2.3倍の保冷力!
  • 価格
  • 6751円(税込)
  • 37664円(税込)
  • 4336円(税込)
  • 13090円(税込)
  • 10313円(税込)
  • 29959円(税込)
  • 6508円(税込)
  • 20470円(税込)
  • 37440円(税込)
  • 25520円(税込)
  • 3430円(税込)
  • 16830円(税込)
  • 41800円(税込)
  • 8037円(税込)
  • 11502円(税込)
  • サイズ
  • 外寸25×37×29cm・内寸17×26×22cm
  • 外寸35×57.5×34cm・内寸25×43×25cm
  • 外寸23×35×25cm・内寸15×28×19cm
  • 外寸25×37×29cm・内寸17×26×22cm
  • 外寸22.5×37.5×25cm・内寸15×28×19cm
  • 外寸33.5×67×34.5cm・内寸23×52.5×24.5cm
  • 外寸22.5×37.5×25cm・内寸15×28×19cm
  • 外寸33.0×53.5×39.0cm・内寸15.0×38.5×31.0cm
  • 外寸32.5×71.5×35cm・内寸24×55×25cm
  • 外寸37.5×86×33.5センチ・内寸28.5×73×23センチ
  • 外寸13×22×26cm・内寸9×17.5×20cm
  • 外寸32×50×33cm・内寸23.5×36×24cm
  • 外寸37.5×72×33.5cm・内寸28.5×59.5×23
  • 外寸25×37×29cm・内寸17×26×22cm
  • 外寸34.5×55.5×40.0センチ・内寸24.0×43.0×30.5センチ
  • 保冷力
  • 〇(KEEP 25)
  • ◎(KEEP 100)
  • △(スチロール)
  • 〇(KEEP 35)
  • ◎(真空パネルとウレタン)
  • ◎(6面真空パネル+ウレタン)
  • 〇(ウレタンのみ)
  • 〇(KEEP 70)
  • ◎(KEEP120)
  • △(KEEP 70)
  • △(スチロール)
  • 〇(KEEP 60)
  • ◎(KEEP 118)
  • △(KEEP25)
  • 〇(KEEP 90)
  • オプションの機能
  • 両開き・投入口つき・滑り止めつき
  • 消臭機能・両開き・ワンタッチ水栓機能つき
  • 上フタが外せる機能つき
  • 両開き・竿立てと小物入れつき
  • 投入口つき・ロングハンドル・ベルトつき
  • 消臭機能・両開き・滑り止め
  • 投入口つき・ロングハンドル・ベルトつき
  • 静音キャスター・収納可能なハンドルつき
  • 両開き・滑り止め・静音キャスターつき
  • 抗菌機能・ハンドルつき・静音キャスターつき
  • 水栓つき・肩掛けベルトつき
  • 滑り止め・抗菌機能
  • 抗菌・消臭機能・ハンドルつき・静音キャスターつき
  • 叩き用衝撃を吸収マットつき・投入口つき
  • ワンタッチ両開きフタつき・水栓つき
  • 容量
  • 10リットル
  • 27リットル
  • 8リットル
  • 10リットル
  • 8リットル
  • 30リットル
  • 8リットル
  • 25リットル
  • 35リットル
  • 50リットル
  • 2.9リットル
  • 21リットル
  • 40リットル
  • 10リットル
  • 32リットル
  • 重さ
  • 2.1キロ
  • 6.3キロ
  • 1.7キロ
  • 2.3キロ
  • 2.1キロ
  • 6.4キロ
  • 2.0キロ
  • 4.8キロ
  • 7.3キロ
  • 9.0キロ
  • 0.8キロ
  • 4.0キロ
  • 9.3キロ
  • 2.1キロ
  • 6.1キロ

まとめ

ダイワのクーラーボックスにもいろいろなタイプ・種類があることがわかりましたよね。これからクーラーボックスを選ぶ方は、ぜひとも今回のランキングを参考に自分好みのアイテムを選んでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ