中学生向け本の人気おすすめランキング15選【成長期の中学生に最適】

記事ID7072のサムネイル画像

創造力を養い、語彙力や知識を蓄えることのできる読書。中学生からは本格的な本に挑戦したいところですが、何を読んでいいのかわからない方も多いはず。ここではおすすめの中学生向け書籍をランキング形式でご紹介していき、選び方についても解説していきまs。

多感な時期にこそ読書の時間を

人生を豊かにしてくれる読書のひとときですが、多感な時期である中学生にこそ読書をおすすめします。創造力を豊かにし、活字を読むことで語彙力を択得ることもでき、論理的な志向を養うこともできるので学力や教養が向上します。

 

また、読書の内容に感化され人生の目標や打ち込める趣味などを見出すこともできますし、読書そのものに興味を持つことで、クリエティブな活動や考えに積極的になるでしょう。メリットしかない読書を中学生のうちから習慣づけることは重要なことなのです。

 

そこで今回は中学生向けの本の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは読みやすさ、本のクオリティ、人気度を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

【中学生にこそ】おすすめの中学生向け人気書籍ランキング15選

15位

集英社

最後の冒険家

価格:748円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冒険家の飽くなき戦い

冒険家とは危険を伴う職業で時に命を落とすリスクを覚悟するものですが、この本で紹介されている神田氏は熱気球を使った太平洋横断にトライした冒険家。熱気球を使った冒険の過酷さや、美しい描写から目が離せないノンフィクション。

 

中学生であればフィクションの冒険もいいですが、危険に挑み世界を旅する本物の冒険家を描いたノンフィクションをおすすめします。本書で描かれる神田氏の目標に向かい計画する能力や、苦心して前へ進もうとする力は必見です。

 

感動する場面も多くヒューマンドラマ系が好きな方にもおすすめ。

ジャンルノンフィクションページ数216ページ

口コミを紹介

一人の冒険家のストーリーを通じ、冒険とは、冒険家とは、を考えさせ、教えてくれた。
「最後の」という題名が強力である。それにしても運命というものは。。。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

光文社

飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界で愛されている名作

クリスマスが近づくある寄宿学校での少年たちのお話。クリスマスが近づく中、主人公マルティンたちは「飛ぶ教室」という友達のジョニーが書いた戯曲の練習をしているのですが、ケンカ相手の学校の生徒たちが復讐にと友達を連れ去ってしまい…

 

著書・ケストナーの出身国であるドイツを中心に世界中で愛されてやまない世界的名作。ドイツでしらない人はいないほどの人気ぶりで何度も映画化されています。子供の世界のルールと次第に成長していく主人公の心との対比が見事に描かれています。

 

ワイワイ楽しい場面もありつつ、ほろほろ涙を流すようなハートウォーミングな場面もあるのでヒューマンドラマ系の作品が好きなかたにおすすめです。

ジャンルヒューマンドラマ系ページ数234ページ

口コミを紹介

学生,青春,スッキリ。といったジャンルを読みたいときに手にとってみてはいかがでしょうか?
深く考えずに物語を楽しみたいときにもオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

講談社

NO.6

価格:524円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

なぜ彼の運命は変わったのだろう

理想都市として建造されたNO.6に住むのは主人公の紫苑。12回目の誕生日を幸せに送るつもりでしたが、矯正施設から脱走した自称・ネズミという少年を助けたことで大きく紫苑の運命は変わってしまい…

 

多くのヒット作を生み出しているあさのあつこによるSF冒険ストーリー。主人公・紫苑とネズミの友情とあさのあつこによる魅力的な近未来SFの世界観が見事にマッチしており、それでいてページをめくる手を休ませない軽快な読み応えもバツグンです。

 

SF作品を読み始めたい方や、あさのあつこ作品をこれから読みたい方におすすめです。

ジャンルSF・ファンタジー系ページ数215ページ

口コミを紹介

さまざまな謎を提示したままで終わる第1巻。
やばい、面白い、続きが気になりすぎる。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

学研プラス

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

価格:1,319円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もし自分が日本以外の国のこどもなら

テレビで彼女の姿を見たことがある方も多いはず。性別や地位などを分け隔てなく「すべてのこどもに教育を」と世界中に訴えかけ、イスラム武装勢力から射撃された少女のノンフィクション。

 

日本では中学生までが義務教育であり、教育を受けること進学をすることは当たり前のように行われ、また当たり前ように感じる中学生がほとんどです。それは幸せなことですが、今一度自分と同じ年代のこどもについて考えることをおすすめします。

 

現実の社会問題がどのように起きているかを知りたい方におすすめです。

ジャンルノンフィクションページ数429ページ

口コミを紹介

17歳でノーベル平和賞受賞のマララ、そしてどのような環境に育ち、タリバンの問題、政府の無力そして大国の不当とも言える干渉の中、パキスタンについて状況・背景も上手に記述されているのは共著のクリスティーナ・ラムの助力もあったと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

小学館

くちびるに歌を

価格:681円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中学生も大人も胸がアツくなる青春文学

舞台は長崎県にある五島列島の中学校。音楽の先生が産休に入る代理の先生は超が付くほどの美人。自称ニート、と美人ピアニスト柏木目当てに男子生徒が合唱部へ殺到しますが…

 

本当の気持ちとは何なのかがストレートに描かれた新しい青春文学。キュンと切なくなる場面や、中学生も中学生を通った大人も共感できる感動たっぷりのストーリーは必見です。

 

青春をテーマにしたヒューマンドラマ系の作品を読みたい方におすすめです。

ジャンルヒューマンドラマ系ページ数316ページ

口コミを紹介

本当に歌が聴こえてきそうな島、五島列島。
青春の甘酸っぱさ、純粋さを味わえる、心が洗われる素晴らしい1冊です♪

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

幻冬舎

新 13歳のハローワーク

価格:2,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

だれしも無限の可能性を秘めている

2003年に『13歳のハローワーク』が発売され大きな話題を呼んだことは記憶に新しいですが、こちらはさらにページを追加した改訂版。ぼんやりと将来を考える時期である中学生のバイブルとなる書籍です。

 

ぼんやりとだけ自分の将来を考えている方、まだ全く見当もつかない、そんな中学生におすすめしたいのがこちらの書籍。この書籍で自分の将来を決めるのではなく、こんなにも楽しい職業があるのだという認識を楽しんでもらいたいですね。

 

職業そのものに興味がある方や将来について考えたい方におすすめ。

ジャンルノンフィクションページ数561ページ

口コミを紹介

中学にもなると職業体験があったり、将来の事を考える授業があったりするので、宿題が出た時は使ってよく読んでたみたいです。世の中にどんな仕事があるかなんて説明も難しいので、購入して良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

新潮社

ボッコちゃん

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個気味良いテンポとすばらしいラストが秀逸な短編集

ショートショートの神様・星新一による珠玉の短編集。読書が好きな方や大人の方は星新一という名前は聞いたことがあるでしょうし、好きな方も多いはず。

 

もし、長編作品が長すぎて挫折ししまったり読書に楽しさを見出せないのであればこの『ボッコちゃん』を読むことをおすすめします。わずか数ページで驚きの展開と圧巻のオチがあるので、楽しくサクっと読んでしまうことができますよ。

 

長編作品で挫折した方や、短編作品から読み始めたい方におすすめです。

ジャンルSFページ数352ページ

口コミを紹介

オチが衝撃的なものが多く、昔話や説話のようにくすりと笑えるものもありますが、多くはぞくりとさせられます。つらつらと読んでいると最後の最後にパンチを食らう、落語のようなな小説だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

やのまん

羅生門

価格:1,002円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

名作巡りは羅生門をくぐりぬけてから

芥川龍之介の代表作である『羅生門』を含んだ短編集。多くの教科書に採用されていますので、読んだことがある方も多いはず。

 

おどろおどろしい描写や、間の抜けたひょうきんなキャラクターや場面など軽妙さと重厚さを兼ね備えたストーリーが多いのが特徴的。一つ一つの作品は短いですし、文豪の作品の中では読みやすいのもポイント。

 

名作や純文学をこれから読みたい方におすすめです。

ジャンル名作・純文学系ページ数351ページ

口コミを紹介

老婆の話を聞いて、下人の心が変わる。生死がかかった異常な状況だからというのもあるが…。筆者の生々しい描写力は流石と思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

新潮社

きみの友だち

価格:781円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

痛いほどわかってしまう

頭はいいけれどちょっと意地悪で足の不自由な恵美、なにをやっても空回りで病気がちな由香。ある事件をきっかけに誰とも付き合うことを辞めた二人と、その二人をとりまくちょっと変わったトモダチについての連作小説。

 

直木賞を受賞している作家・重松清による切なくもピュアな多感な時代を送る子供を描いた連作小説。わかりやすい言葉と、痛いほど共感できる場面はきっと多感な今を生きる中学生へのカンフル剤となるでしょう。

 

切なくも共感できる青春文学を読みたい方におすすめ。

ジャンルヒューマンドラマ系ページ数436ページ

口コミを紹介

さすが、直木賞をはじめ、多くの文学賞を受賞されている作家さんだけあって、むつかしい微妙なテーマを、全編誰にでもわかる易しい言葉だけを使って、見事に描き出しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

文藝春秋

カラフル

価格:682円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

罪を思い出すため罰を

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されてしまったぼく。しかし、天使業界への抽選当選を果たした僕は生前の罪を思い出すため、自殺を図った中学三年生の小林真の体へ居候することになり…

 

突飛なアイディアと展開が予想もしない感動へと導く傑作。導入はSFのようでファンタジーのようでポップですら感じますが次第に痛烈な内容へと変化していきます。そのグラデーションこそ本書の魅力。

 

不思議な世界観の小説を読みたい方におすすめ。

ジャンルヒューマンドラマ系ページ数436ページ

口コミを紹介

かためのビジネス書や哲学書に疲れて「軽く小説を読みたいなー」と思って購入しました。
非常に読みやすく、読んだ後すっと心が軽くなる良い作品でした。
随所にでる美しい表現にも惹かれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

新潮社

夏の庭―The Friends

価格:473円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画化もされた傑作

多感な時期にある中学生のぼくとその友達は、町はずれにすむ老人たちの「死の瞬間」が気になり、観察するように。しかし、日ごとに元気になり老人との交流をいつしか楽しむようになっていくのですが…

 

1994年には映画化もされ、広い世代にわたり指示されてきた傑作。映画『スタンド・バイ・ミー』の主人公たちのように、若い自分とは対極にある死そのものをみつめる深遠なテーマでありながら、中学生にも読みやすい文体はすばらしいの一言。

 

深いテーマを読んでみたい、けれど読みやすい作品を探している、そんなかたにおすすめ。

ジャンルヒューマンドラマ系ページ数218ページ

口コミを紹介

多感な時期の一夏の経験だが、よくプロットが練られており、ぐいぐい読める。
と思いきや、深く感情移入する場面もあり、ゆっくりと読みたくもなる。
子供のおかげでよい作品に出会いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

変身

価格:352円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もし朝目覚め虫になっていたとしたら

グレゴールは不快な夢を見、そして目覚めると芋虫のような巨大な虫に変身してしまいます。虫そのものになった自分を微に入り細を穿って観察し、家族とのコミュニケーションをとろうとする、まるで悪夢のようなストーリー。

 

一躍カフカを有名にした本作。カフカの得意な悪夢のような情景や非現実性とが遺憾なく発揮されたすばらしい名作です。中編程度と短いので気軽にトライしてみてはいかがでしょうか。ちょっと変わった名作を読みたい方におすすめ。

ジャンル名作・純文学系ページ数121ページ

口コミを紹介

面白かったです。
主人公視点で話が進んでいくので、自分が変身したかのように(まるで視界が地を這うくらい低くなって、視野が狭くなったような)感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

KADOKAWA/角川書店

図書館戦争

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

若い世代にこそ

風紀を乱す表現を取り締まり人権侵害を厳しく規制する「メディア良化法」。日本はメディア良化法の成立から30年、図書館とメディア良化委員会が抗争する時代を迎えていた…

 

表現の自由とは?という疑問やテーマを本当の戦争に置き換え見事に表現した作品。2013年に映画化されたことは記憶に新しいですね。SNSを頻繁に利用する若い世代にこそ読んでもらいたい名作。

 

アクション感がありつつも、深いテーマを掘り下げている作品を探している方におすすめ。

ジャンルSF・ファンタジー系ページ数398ページ

口コミを紹介

実は娘が欲しがったので求めました。
大変喜んでくれました。大満足!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

早川書房

アルジャーノンに花束を

価格:946円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間がこんなにもうつくしいとは

32才でありながら幼児並みの知能である主人公のチャーリィ。ある日、彼の知能指数を高めてくれるという大学の教授から連絡があるのですが…

 

一人の人間が身体的にも、精神的にも変化していく様子をつぶさにとらえた不朽のヒューマンドラマ系の名作。純粋な気持ちで感涙したい方に特におすすめしたい作品です。

 

主人公の目線で描かれているので、だんだんと文体までも変化していく様子も本書の見どころ。ヒューマンドラマ系の作品が好きな方は必見です。

ジャンルヒューマンドラマ系ページ数464ページ

口コミを紹介

率直に言ってめちゃくちゃ面白い。特に和訳が秀逸。最初から日本人が書いたのではないかと思ったくらい違和感なく読める。チャーリーに感情移入しつつ、知的障碍者の気持ちがわかったような気持ちになってしまう作品。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

岩波書店

モモ

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

だれしにも流れる時間のヒミツ

町はずれの円形劇場に突然現れ住みつくようになった女の子・モモ。街のみんなはモモを好きになり、モモも街のみんなを好きになります。しかし、ある日を境に時間どろぼうが現れ…

 

世界の名作100選、というものがあればランクインしていてもおかしくはない世界中の子供から大人にまで愛される不朽の傑作。時間というあいまいでしかしだれしも考えたことのあるテーマを、不思議な世界観と感動的なストーリーで紡ぎ出します。

 

一冊購入すれば家族みんなで楽しめるすばらしい作品。

ジャンルSF・ファンタジー系ページ数409ページ

口コミを紹介

大人になってから読んだらどうなんだろう…と思い、文庫版になってましたので購入。
よりリアルに情景を想像できたり…。年代問わず、読んで欲しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

中学生のおすすめ本の選び方

選び方は至ってシンプル。自分に合うジャンルや本の文章量などから選ぶだけ。ですがまだどういったジャンルがどういう内容なのかわからないこともありますので、わかりやすく解説していきます。

本のジャンルから選ぶ

まずは本のジャンルから選びましょう。直感で自分の興味のあるジャンルから選ぶのがベスト。興味のあるジャンル=得意なジャンルであることが多いので、本当に興味が湧いたジャンルから選ぶのをおすすめします。

中学生が主人公の本が読みたいなら「友達・学校もの」を

日常を感じられる作品や、等身大の物語を読みたいという人は、ぜひ友達や学校をテーマにした作品をチェックしてみてください。自分と比較したり、あてはめながら読み進められるのが魅力となっています。

 

主人公や登場キャラクターの心情や行動に共感するタイプの方におすすめです。苦境に陥っても奮闘する主人公、力を合わせて目標に向かうキャラクター達などが好きな方はこういったジャンルを読んでいけば、人の気持ちをさらに理解することができるでしょう。

 

人への理解、共感、情操力の向上が見込まれるジャンル。読書のモットーは他者への共感だと考えている方におすすめです。

非日常の世界を楽しめる「SF・ファンタジー系」

登場人物というよりも、登場人物たちが暮らす世界や世界観、世界を作り出している科学的ルールや倫理観といったものに興味のある方におすすめ。魔法と剣の世界や、宇宙をまたに駆けるSFフロンティアといった内容がこのジャンルにあたります。

 

企画力の向上、想像による様々な試行錯誤力、論理的思考の向上が見込まれるジャンル。アイディアマンであったり、数字に強い、あるいは物語を作ることに興味のあるかたにおすすめです。

 

特にSFは読めば読むほど思考力・論理的思考が向上しやすいジャンルといえます。勉強に興味がある方や、企画や創造することが好きなアイディアマンにおすすめ。

作品や著者について考えたい人は「純文学・名作系」

物語の構成や文章のつくりそのものに興味がある方におすすめできるジャンル。夏目漱石『こころ』、ヘミングウェイ『老人と海』などの重厚かつ、人間の普遍性がテーマになっている純文学がこのジャンルの内容になっています。

 

なぜこのような作品背景が作られたのだろう、なぜこの登場人物はこのような発言をしたのだろう、と作品の構造に興味を持てるかたにおすすめ。難易度は高いですが、名作・純文学はどのジャンルよりも知識や論理的思考を養えるジャンルです。

 

演劇や映画、アニメーションに興味のある方や小説を読むとその小説について思索ができるかたにおすすめです。

現実に起こった出来事を知りたいなら「戦争・ノンフィクション系」

実際に戦地に向かいドキュメンタリー形式で取材した書籍や、様々な現代の社会的問題を切り取り世界に向けて発信した内容がこのジャンルにあたります。フィクションよりも現実の社会に興味がある方におすすめ。

 

このジャンルの強みは、社会貢献や奉仕の心を育むことができるポイント。また今まさに起きている現実の問題をどのような手段で伝えるのかということも学べるので、プレゼンテーション力の向上にもつながります。

 

日本や世界で起きている問題について知りたい方や、現実の社会の仕組みについて知りたい方におすすめ。

国外・国内の本から選ぶ

日本人の著者か、あるいは外国の方が著者かなのかを選びましょう。もちろん外国の方が著者の場合も翻訳されているので読むことはできますが、文章のタイプが変わってきます。

著者の思いをそのまま感じられる「著者が日本人の本」

まずは国内の作家や著者の作品を読みたいという方におすすめ。フィクションの小説等も世界に誇れる文豪は多く存在します。そういった名作や純文学を読む場合は明治から昭和中期あたりの著者の作品を読むことをおすすめします。

 

また、日本語の性質上から結論が構成の後ろあたりにくることが傾向として多いのが特徴的。ですので、結論を急ぐ方にはあまりおすすめできませんが、それだけ結論に至る前に説得させるための証拠や納得できる構成にしているのも事実です。

 

翻訳という作業を挟んでいないので、著者のストレートな表現を味わえるのも見逃せないポイント。小説や詩を読みたい方にもおすすめです。

より幅広い世界を知りたいなら「著者が外国人の本」

特に欧米は純文学や名作小説が多いのが特徴的です。そのため、ハイレベルな純文学・名作作品を読みたいという方は外国の方の書籍を読むことをおすすめ。また、いくつもの国が隣接しているような国の著者はそれだけグローバルな視点を持っている点も評価できます。

 

デメリットは翻訳されているという点。クオリティの高い書籍は非常に高名な翻訳家が翻訳作業をするため読みやすいですが、どうしても著者のストレートな表現ではなくなってしまいます。

 

しかし、それでも日本以外に住む著者の価値観や表現、グローバル的な視点というのは読書において非常に大切な要素です。海外の空気に触れてみたい方や、グローバルな視点を持ちたい方におすすめ。

本の文章の長さで選ぶ

最後に本の文章の長さで選んでみましょう。読書をあまりしていない方はまずは短め、読者が好きな方は長めと、読み切れる本を選ぶことが大切です。

物語をじっくりと楽しみたいなら「長編作品」

もともと読書を習慣としている方は長編作品から読んでも問題はないでしょう。しかし、純文学や名作作品は、構造が複雑であったり難しい表現・語彙などが多く使用されていることもあるので注意が必要です。

 

まずは国内の著者の作品から読んでみたり、全世代に愛されているようなシリーズ作品から読んでみることをおすすめします。ファンタジー作品やヒューマンドラマ系であれば長編であっても読みやすいですね。

 

長編作品に挑戦して見たい方や、読書好きの方は長編作品を読んでみましょう。

いつでも気軽に読める「短編作品」

これから読書を始めたいと考えている方や、あまり読書が得意でない方は短編作品からはじめるといいでしょう。読書が苦手な原因はストーリーや構成を把握できていない為。ですので、わかりやすい短編・ショートショートであれば楽しく読めるはず。

 

短編作品の魅力はわかりやすく、比較的強いオチがあることでしょう。読書は楽しいという成功体験の積み重ねをしていき、すこしずつ読書の習慣を培えば長編作品を読むことになったとしても、楽に読むことができます。

 

短編作品は読書好きにもおすすめしたいところ。これから読書習慣を培いたいかたや読書に興味のある方におすすめ。

人気の中学生向け書籍の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5803690の画像

    岩波書店

  • 2
    アイテムID:5803678の画像

    早川書房

  • 3
    アイテムID:5803667の画像

    KADOKAWA/角川書店

  • 4
    アイテムID:5803657の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:5803648の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:5803638の画像

    文藝春秋

  • 7
    アイテムID:5803628の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:5803616の画像

    やのまん

  • 9
    アイテムID:5803609の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:5803599の画像

    幻冬舎

  • 11
    アイテムID:5803582の画像

    小学館

  • 12
    アイテムID:5803560の画像

    学研プラス

  • 13
    アイテムID:5803548の画像

    講談社

  • 14
    アイテムID:5803530の画像

    光文社

  • 15
    アイテムID:5803520の画像

    集英社

  • 商品名
  • モモ
  • アルジャーノンに花束を
  • 図書館戦争
  • 変身
  • 夏の庭―The Friends
  • カラフル
  • きみの友だち
  • 羅生門
  • ボッコちゃん
  • 新 13歳のハローワーク
  • くちびるに歌を
  • わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女
  • NO.6
  • 飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)
  • 最後の冒険家
  • 特徴
  • だれしにも流れる時間のヒミツ
  • 人間がこんなにもうつくしいとは
  • 若い世代にこそ
  • もし朝目覚め虫になっていたとしたら
  • 映画化もされた傑作
  • 罪を思い出すため罰を
  • 痛いほどわかってしまう
  • 名作巡りは羅生門をくぐりぬけてから
  • 個気味良いテンポとすばらしいラストが秀逸な短編集
  • だれしも無限の可能性を秘めている
  • 中学生も大人も胸がアツくなる青春文学
  • もし自分が日本以外の国のこどもなら
  • なぜ彼の運命は変わったのだろう
  • 世界で愛されている名作
  • 冒険家の飽くなき戦い
  • 価格
  • 880円(税込)
  • 946円(税込)
  • 734円(税込)
  • 352円(税込)
  • 473円(税込)
  • 682円(税込)
  • 781円(税込)
  • 1002円(税込)
  • 693円(税込)
  • 2860円(税込)
  • 681円(税込)
  • 1319円(税込)
  • 524円(税込)
  • 594円(税込)
  • 748円(税込)
  • ジャンル
  • SF・ファンタジー系
  • ヒューマンドラマ系
  • SF・ファンタジー系
  • 名作・純文学系
  • ヒューマンドラマ系
  • ヒューマンドラマ系
  • ヒューマンドラマ系
  • 名作・純文学系
  • SF
  • ノンフィクション
  • ヒューマンドラマ系
  • ノンフィクション
  • SF・ファンタジー系
  • ヒューマンドラマ系
  • ノンフィクション
  • ページ数
  • 409ページ
  • 464ページ
  • 398ページ
  • 121ページ
  • 218ページ
  • 436ページ
  • 436ページ
  • 351ページ
  • 352ページ
  • 561ページ
  • 316ページ
  • 429ページ
  • 215ページ
  • 234ページ
  • 216ページ

歴史を知りたいなら古典文学もおすすめ

歴史が好きという人や昔の作品を読んでみたいという人は、ぜひ古典文学をチェックしてみてください。授業で出てくる作品も数多くあるため、知っている作品を読めるのも魅力となっています。

 

古典文学というと読みづらいと思う人もいらっしゃるかと思いますが、中学生でも読みやすく訳してある作品も多いため安心です。ぜひ自分が読みやすいと感じる文章で訳されている本を選んでくださいね。

まとめ

ここまでおすすめの中学生向け書籍をランキング形式でご紹介していきましたがいかがでしょうか。多感な時期にこそ読書に励み豊かな心をはぐくむことができれば人生も楽しくなるはず。ぜひこの記事をご参考にお役立てください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ