【2021年最新版】小学生読書感想文の本人気おすすめランキング15選【低学年〜高学年】

記事ID24446のサムネイル画像

小学生の読書感想文を書くのに大切なのは、課題図書や自由図書、創作や伝記など多様なジャンルの中から、自分にとって書きやすい本を見つけること。本記事では、本の選び方や低・中・高学年にそれぞれおすすめの本、感想文を書くコツなどを紹介します。ぜひ参考にしてください。

読書感想文は自分にとって書きやすい本を見つけることが大切

夏休みの宿題のなかでも苦手とする子の多い、読書感想文。苦手な理由を聞くと、「本を読むのが好きじゃない」「何を書いていいのかわからない」といった言葉が返ってきます。そう言われてしまうと、がんばらせたところで書けないだろう……と諦めてしまいがちです。

 

でも、それは本選びに原因があるのかもしれません。おもしろい本や、自分が興味を持てる本なら、楽しんで読むことができます。また、「わくわくした」「感動した」など少しでも心が動かされれば、感想として書くことがないはずがないのです。

 

そこで今回は、小学生向け読書感想文の本について、選び方やおすすめランキング15選をご紹介します。ランキングは、おもしろさや読みやすさ、感想文の書きやすさを基準に選びました。読書感想文が苦手な方は、ぜひ本選びの参考にしてください。

小学生用読書感想文の本の選び方

読書感想文の宿題で一番重要なのは、読むときや書くときよりも、本を選ぶときです。本選びに失敗すると、読むのが苦痛だったり、書くことがなかったりと、途中でつまずいてしまいます。じっくり選ぶことで、結果的にスムーズに終わらせることができるのです。

区分で選ぶ

「青少年読書感想文全国コンクール」は、応募区分が課題図書と自由図書に分かれています。どちらもそれぞれメリットがあるので、違いを確認し、自分に合う方を選びましょう。また、コンクールに出さないという方も、課題図書を選ぶメリットがありますよ。

毎年変わる「課題図書」はプロが選んだおすすめの本

課題図書は、毎年本の専門家たちが選んでいる本です。児童の興味や関心を引く本、感動や知識を得られる本などが選ばれるので、感想文を書きやすいものが多く集まっています。そのため、コンクールに出さない人でも参考にするといいでしょう。

 

その年の課題図書が発表されると、大型書店などで特設コーナーが作られます。すると、感想文に適した本が一ヶ所に集まることになるので、何冊かを比較しながら選ぶことができるのもメリットです。

「自由図書」は関心に沿ったものなので書きやすい

自由図書は、数多くある本の中から好きなものを選んで感想文を書くことができる応募区分です。自分の興味がある本を選ぶことができるので、読みやすいのはもちろん、感想を抱きやすく、感想文を書きやすい傾向にあります。

 

好きな本を選ぶときは、あらすじなど話の展開を確認し、自分の好みに合いそうなものを選びしょう。「表紙の絵が好き」などの理由だけで選ぶと、内容が合わず読む気になれないなんてことも。また、普段からよく読んでいるシリーズのものを選ぶこともできます。

学年に合うものを選ぶ

児童向けの本の裏には、「低学年向け」「中学年向け」「高学年向け」などの表記があるものが多いです。学年に応じた本を選ぶと、読みやすいものに巡り会えるはず。また、読書力に合わせて上の学年のものや下の学年のものから選ぶのもいいでしょう。

1年生と2年生は文字数の少ない「低学年」向けのもの

多くの学校で、読書感想文の宿題を出すのは2年生からですが、中には1年生から課題とする学校もあります。知っている漢字や語句が少なく、ひらがなやカタカナも習ったばかりの1、2年生には、低学年向けの児童書や絵本がおすすめです。

 

低学年向けの児童書は、一文字一文字が大きく、全体の文字数が少ないのが特徴。代わりに絵がたくさん入っているので、想像をきちんとふくらませてくれます。ポイントは、ただ読みやすいだけでなく、心動かされる作品を選ぶこと。感想が書きやすくなります。

「中学年」の3年生と4年生は読書力に合わせて

3、4年生は、中学年向けの児童書が読みやすく、年齢にも合っているでしょう。低学年向けのものに比べて文字が小さく多くなっており、長く奥行きのある物語が増えてきます。読むのに時間がかかるようになってくるので、夢中になれる本を選びたいところ。

 

もちろん、本を読むのが苦手な子であれば、低学年向けのものから選ぶのもOK。本を読んで感じたことを書くのが読書感想文なので、何も恥ずかしいことはありません。反対に、日頃から読書に親しんでいる子は高学年向けのものに挑戦してみるのもありです。

5年生と6年生は「高学年」向けだけでなく中学生向けも選択肢

高学年向けの本は、挿絵がほとんどなく、大人向けの文庫本よりも少し文字が大きいくらいのものが多いです。出てくる語句も難しくなりますし、抽象的なものを描いた本なども増えてきます。背伸びはせず、内容を理解して感想文を書けそうな本を選びましょう。

 

中学年と同様に、読書が苦手なら下の学年のものから選ぶという選択肢もあります。また、本を読み慣れているなら中学生向けのものを読んでみてもいいですね。中学生向けのものが読めるなら、ライトノベル(ラノベ)なども選択肢に入ってきます

性別で選ぶ

性別で好みを分けるのはナンセンスではありますが、男女でよく読まれる本の傾向が違うのも事実。ここではそれぞれに人気なジャンルを紹介しますので、参考にしてみてください。もちろん、男子が女子に人気な本を読むのも、その逆も、素敵なことですよ。

「男の子」には冒険ものや歴史ものが人気

全学年の男の子に人気があるのは、冒険もの。剣や盾が登場する話や、見知らぬ世界を探検する話など、わくわくドキドキさせられる作品は根強い人気があります。また、低学年には日常が冒険に変わるような話が人気です。冒険心をくすぐる本を探してみてもいいですね。

 

高学年の男子には、歴史ものも人気があります。偉人を取り上げた伝記などは、自分に重ねて考えることができるので、感想を書きやすいのがいい点です。他にも、ある時代を取り扱ったものなどもあり、歴史好きにおすすめの選択肢です。

「女の子」にはファンタジーや恋愛ものが人気

どの学年の女の子にも、魔法や妖精が出てくるようなファンタジー作品は人気です。また、料理に関する話や、動物が出てくる話なども、夢中になって読めるジャンルかもしれません。他に、ディズニープリンセスが出てくる映画のノベライズなどもおすすめ。

 

高学年の女子には、恋愛要素の含まれる本もおすすめです。日常で味わうことのできないドキドキを楽しみながらページをめくれば、長めの本でもあっという間に読み終わるでしょう。心が動くので、感想も書きやすいはずです。

「男女」ともに人気なのはアニメのノベライズ

男女問わず人気があるのは、アニメや漫画のノベライズ作品。最近だと「鬼滅の刃」や「名探偵コナン」など、テレビでよく見かける作品の小説版が多く読まれています。また、ディズニーやピクサーの映画なども小説化されており、好きな作品のものを選べます。

 

ノベライズ作品は、設定や物語が子供心を掴むものが多く、どんどん読み進められるのが特徴です。また、読みやすい要因の一つに、だいたいのストーリーを知っているということも挙げられます。馴染みがある設定や物語なら、苦なく読んでいけるでしょう。

本の種類で選ぶ

小学生向けの本には、いくつかの形式があります。中には、同じ内容のものを何種類かの形式で出版しているものもあります。絵本であれば絵が多め、児童書は文字が大きめ……など特徴がちがうので、読みやすいものを選びましょう。

絵と文で物語が楽しめる「児童書」

児童書は絵が挿絵が多く、文字も比較的大きめです。対象学年が書いており、その学年の子がきちんと読めるようふりがなや漢字とひらがなのバランスなどが調整されています。ハードカバーなので、感想文のために読んだあとも長く大切にできるでしょう。

「児童文庫」は安くて軽いのでどこでも読める

児童文庫は、本のサイズ・文字の大きさともに、大人用の文庫本よりも少し大きいぐらい。軽いので場所を変えて読むのも苦ではありません。また、ハードカバーのものよりも安く、値段は1000円以下。試しに何冊か読んでみたいという方におすすめです。

読書が苦手でも「絵本」なら読みやすい

文字を読むのが苦手な子でも抵抗なく読むことができるのが、絵本です。「絵本はもっと小さい年齢の子が読むものでしょ?」と侮ってはいけません。中には名作といわれるものや、課題図書に選ばれるものもあるのです。絵がたくさんなので、感情移入もしやすいですよ。

アニメが好きなら「ライトノベル(ラノベ)」もあり

本を読むことに慣れていて、アニメや漫画などが好きだという子には、ライトノベルもおすすめです。字は小さめで分量も多いのですが、軽い文体で書かれているのでどんどん読むことができます。アニメ化された原作に挑戦してみるのもいいですね。

本の内容で選ぶ

フィクション、ノンフィクション、問題提起……。本にはいろいろな内容のものがあり、「実話だとのめり込める」「伝記は苦手」など好みが大きく分かれるところです。読む本に迷ってしまわないためにも、まずは自分が好きな内容のものは何かを知っておきましょう。

「創作」は想像が広がり読みやすい

小説や本に多い創作(フィクション)のジャンルは、わくわくする展開のものが多く、夢中になって読むことができるでしょう。設定やキャラクターも無限大なので、自分が好きな話がきっと見つかるはず。迷った方はまずフィクション系から選んでみましょう。

さまざまなことを考えさせられる「ノンフィクション」

ノンフィクションは、実話を扱った物語です。その中でも小学生によく読まれているのは、人や動物の命を扱ったもの。重いテーマではありますが、実際に起きた話なので考えさせられることが多く、それを整理していけば感想文を仕上げることができます。

実在の人物を取り扱った「伝記」も人気

読書感想文では、伝記も人気があります。実際に存在した人物の考え方や生き方、業績などを物語風に取り上げているので、読みやすい上に感想も書きやすいのです。好きな偉人を選ぶのもいいですが、地域で有名な偉人を選んでみてもいいかもしれませんね。

環境問題などの「問題提起」をする本は勉強になる

環境問題などを取り上げた本を選ぶと、自分の学びにもなります。また、読むのは大変かもしれませんが、問題提起されている内容がはっきりしているので、意外と感想文を書きやすいのです。物語で感想を書くのが苦手なら試してみてもいいかもしれません。

サイズで選ぶ

本のサイズはさまざまですが、ここでは大まかに二つにわけてご紹介します。読む場所やタイミングに合わせて選ぶといいでしょう。

「文庫本サイズ」は持ち運びがしやすい

軽くて小さい文庫本サイズなら、かばんに入れて持ち歩くことができます。たとえば旅行や遊園地などに行くときなどにも荷物に入れておけるので、待ち時間などに読むことができますね。

本の世界に入りこみやすい「大判サイズ」

大判サイズの本は、持ち運びには不向きな代わりに、文字が大きく、読みやすい傾向にあります。同様に絵も大きいため、物語の世界に入りやすくなります。何人かでいっしょに読めるのも、楽しみ方が広がっていいですね。家で読むなら、大判サイズもおすすめです。

時間がないなら「ページ数」は少なめのものを

読書感想文の宿題をするには、まず本を読み終えなくてはいけません。あまり時間がないのであれば、ページ数が少なめのものを選ぶのもひとつの手です。しかし、文字の大きさにもよるので、必ずしも「ページが少ない=読み終わるのが早い」わけではないのでご注意を。

低学年向け読書感想文の本の人気おすすめランキング5選

5位

岩波書店

ちいさいおうち

価格: 880円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しい挿絵と変わっていく景色に考えさせられる話

すばらしい自然の中に建っていた「ちいさなおうち」と、その周りで暮らす人たち。しかし、時は少しずつ流れ、だんだん景色は変わっていきます。ちいさなおうちは、そしてそれを見守る読者はいったい何を思うでしょうか。

 

これは、アメリカの絵本作家が描く美しい挿絵の絵本です。文字数は少ないですが、落ち着いた話の展開と深みのある余韻に、低学年の子でも考えさせられるところがあるはず。何十年にもわたり長く愛されている理由を、自分の目で確かめてみてください。

著者 バージニア・リー・バートン(著)石井桃子(訳) 発売日 1954/4/15
ページ数 46ページ

口コミを紹介

子供に読んであげると大人が泣いてしまうような優しい絵本です。ちいさいおうちの優しさ、環境の変化による孤独、世の中がどんどん便利に忙しなく変わっていく、それは本当に良い事なのか?

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

福音館書店

エルマーのぼうけん

価格: 1,320円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛され続ける冒険物語の鉄板

誰もが一度は目にしたことのある、エルマーのぼうけんシリーズ。主人公エルマーは、りゅうのこどもが閉じ込められていることを知り、助けるために冒険に出発します。待ち受ける恐ろしい動物たちを、歯ブラシやガム、輪ゴムなどでやっつける様は必見。

 

長く愛され続けている理由は、そのおもしろさにあります。「次はどうなっちゃうの?」というドキドキの展開で、1950年代から子供に読まれ続けているのです。このシリーズは三部作なので、他の二冊もあわせて読んでみるのもいいかもしれません。

著者 ルース・スタイルス・ガネット(著)ルース・クリスマン・ガネット(絵)わたなべしげお(訳) 発売日 1963/7/15
ページ数 128ページ

口コミを紹介

とてもおもしろく、楽しいお話だったと喜んでいました。一冊読み終えた達成感と冒険の話が気に入ったようで一年生には良い経験になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

童心社

しっぱいに かんぱい!

価格: 1,320円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分の失敗を思い出しながら読みたい一冊

毎年リレーの選手に選ばれていたおねえちゃんは、最後の運動会のリレーで失敗をしてしまいます。弟は何もできず、落ち込んだおねえちゃんといっしょにおじいちゃんのところへ行くのですが、そこにはたくさんの親戚が集まっていて、自分の失敗を語り出したのです。

 

この本は、「しっぱい」を前向きに捉えられるようになる一冊です。自分の失敗体験を思い出して、それを感想文に取り入れることもできます。この本以外にも「けんかにかんぱい!」「0点にかんぱい!」などがあるので、経験に合わせて選んでもいいかもしれません。

著者 宮川ひろ(著)小泉るみ子(絵) 発売日 2008/9/15
ページ数 96ページ

口コミを紹介

この時期の子供にあった内容です。
昨年の夏休みの読書感想文を書いたところ、高評価でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

講談社

一さつのおくりもの

価格: 1,210円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心が温まる、宝物のような一冊

主人公のクマタは、ある一冊の絵本が大好きで、毎日読んで大切にしています。そんなある日、山の向こうで大雨があり、大騒ぎになっていることを知ります。クマタは決心して、大切な絵本を贈ることにしました。後日届いたお礼の手紙に書かれていたのは……。

 

一度読んだら忘れることができない、心温まるお話です。道徳の教科書に採用されていたこともあり、「おもしろかった」だけでなくいろいろなことを考えることができるので、感想文を書くのに最適。タイトル通り、贈り物のような一冊です。

著者 森山京(著)鴨下潤(絵) 発売日 2012/11/30
ページ数 80ページ

口コミを紹介

図書館で読んで気に入って買いました。
読んだ後にとても優しい気持ちになれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

講談社

100万回生きたねこ

価格: 1,540円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100万回死んでも涙を流さなかった猫の物語

題名の通り、100万回死んで、100万回生きた猫のお話です。女の子、どろぼう、手品師と、たくさんの人に飼われ、猫が死ぬと彼らはみんな涙を流して悲しみますが、猫は一度も泣いたことがありませんでした。そんな猫はある出会いにより、変化していきます。

 

特徴的な挿絵は、物語により入り込ませてくれるでしょう。すべて読んだあと、31ページという短いページ数からは信じられないほど、たくさんの感情が押し寄せてくるはず。ぜひその気持ちを整理して、読書感想文に仕上げてください。

著者 佐野洋子 発売日 1977/10/19
ページ数 31ページ

口コミを紹介

悲しさなのか、美しさなのか、なんとも言い表せないですが、あらゆる感情が押し寄せてくるというのが正直な感想ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

低学年向け読書感想文の本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6871822の画像

    講談社

  • 2
    アイテムID:6871816の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:6871810の画像

    童心社

  • 4
    アイテムID:6871800の画像

    福音館書店

  • 5
    アイテムID:6871788の画像

    岩波書店

  • 商品名
  • 100万回生きたねこ
  • 一さつのおくりもの
  • しっぱいに かんぱい!
  • エルマーのぼうけん
  • ちいさいおうち
  • 特徴
  • 100万回死んでも涙を流さなかった猫の物語
  • 心が温まる、宝物のような一冊
  • 自分の失敗を思い出しながら読みたい一冊
  • 愛され続ける冒険物語の鉄板
  • 美しい挿絵と変わっていく景色に考えさせられる話
  • 価格
  • 1540円(税込)
  • 1210円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 880円(税込)
  • 著者
  • 佐野洋子
  • 森山京(著)鴨下潤(絵)
  • 宮川ひろ(著)小泉るみ子(絵)
  • ルース・スタイルス・ガネット(著)ルース・クリスマン・ガネット(絵)わたなべしげお(訳)
  • バージニア・リー・バートン(著)石井桃子(訳)
  • 発売日
  • 1977/10/19
  • 2012/11/30
  • 2008/9/15
  • 1963/7/15
  • 1954/4/15
  • ページ数
  • 31ページ
  • 80ページ
  • 96ページ
  • 128ページ
  • 46ページ

中学年向け読書感想文の本の人気おすすめランキング5選

5位

講談社

完全版 あらしのよるに

価格: 2,035円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シリーズ7作分を一冊にまとめた完全版

ある嵐の夜、暗い小屋の中に逃げ込んだヤギとオオカミのお話です。明かりのない小屋の中、鼻もきかず、ヤギは相手をヤギだと、オオカミは相手をオオカミだと思い込みます。話は盛り上がり、二人は仲良くなるのですが、その後彼らの友情は……?

 

この本は、映画化もされた有名な話「あらしのよるに」に加え、後日談などを含めたシリーズ7作分をひとつにまとめた本です。もともとが絵本なので、7冊文をぎゅっと集めたこの本も、そこまで読むのが大変な量ではありません。中学年にぜひ挑戦してほしい本です。

著者 きむらゆういち(著)あべ弘士(絵) 発売日 2014/9/2
ページ数 266ページ

口コミを紹介

挿絵と言葉が非常にうまく装丁してあり、「次のページでいったい何が起こるんだろう?」とわくわくしてページをめくりました。3年生の女の孫が夏休みの読書感想文の題材に「感動した」と選んだ本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

学研プラス

北極と南極のへぇ〜 くらべてわかる地球のこと

価格: 1,540円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きや疑問がいっぱいで感想が書きやすい一冊

「北極と南極、どっちが寒い?」「北極と南極、動物が人間に近づいてくるのはどっち?」……こんな質問に興味を持った方には、この本がおすすめです。地球の極地に着目し、北極と南極から地球について迫るという、クイズあり写真ありの本です。

 

この本は、知識や驚きを得られるだけでなく、新しく疑問も生まれやすいので、感想を書きやすいこと間違いなし。温暖化について触れるなど、環境問題にも触れており、学びも多く得られます。2020年の課題図書にも選ばれた、感想文を書くのにおすすめの本です。

著者 中山由美 発売日 2019/8/1
ページ数 112ページ

口コミを紹介

この本を息子が読んで、その後に気になったことや学んだことを自分自身で別の本やインターネットを使って調べてみたりしていたため、最終的にとてもよい結果に結び付いたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

講談社

ルドルフとイッパイアッテナ

価格: 1,430円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「俺の名前はいっぱいあってな……」二匹の猫の物語

長距離トラックに乗り、岐阜から東京に来てしまった黒猫・ルドルフ。そこで出会った野良猫の親分に名前を聞くと、「俺の名前はいっぱいあってな……」と言われ、「イッパイアッテナ」という名前だと勘違いします。二匹は岐阜に帰るため、試行錯誤することに。

 

登場するキャラクターが魅力的であるほか、感情移入もしやすく、心が動かされるお話です。2017年の課題図書に選ばれており、読みやすく夢中になれること間違いなし。アニメ映画化されているので、そちらを見てから読むのもいいかもしれません。

著者 斉藤洋(著)杉浦範茂(絵) 発売日 1987/5/20
ページ数 274ページ

口コミを紹介

登場人(猫)物の性格や心情、出てくる場所の設定など子どもが想像しやすく感情移入もしやすい。教訓めいたセリフも不思議と説教臭くないので受け入れやすいのでないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KADOKAWA

新訳 ドリトル先生アフリカへ行く

価格: 484円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動物の言葉がわかるお医者さんの物語

1951年に出版された「ドリトル先生シリーズ」を、原作に忠実に新しく翻訳した作品。タイトルにもなっている主人公・ドリトル先生は、動物の話していることがわかるお医者さんです。本作ではたくさんの動物を連れ、伝染病の噂のあるアフリカへ向かいます。

 

海賊との戦いや、珍しい動物との出会いなど、50年以上経っても色褪せない冒険の数々にわくわくさせられることでしょう。かわいい挿絵もついているので、想像をさらにふくらませながら読んでいけるはず。ぜひ読んで、冒険の感想を作文にしてみてください。

著者 ヒュー・ロフティング(著)河合祥一郎(訳) 発売日 2020/2/21
ページ数 176ページ

口コミを紹介

井伏訳を子どもに読み聞かせていましたが、文章のリズムや語彙が固くてちょっとしんどかったです。
この新訳は滑らかに読みやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

偕成社

ふしぎ駄菓子屋銭天堂

価格: 990円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

駄菓子を食べると不思議なことが?小学生に人気のシリーズ

小学生に大人気のシリーズ、銭天堂。銭天堂は、脇道の奥にある一軒の駄菓子屋です。そこで売っているお菓子は、どれも奇妙なものばかり。「型ぬき人魚グミ」「猛獣ビスケット」「ホーンテッドアイス」……。食べたあとに起こる不思議な出来事は必見です。

 

本作は、現時点で15巻まで発売されています。紹介する1巻は、全6話を収録。短編集なので、あいた時間に少しずつ読み進められるのもいいですね。でも、目が離せない展開に、一気に読み終わってしまうかもしれません。それほどにおもしろい本です。

著者 廣嶋玲子(著)jyajya(絵) 発売日 2013/5/15
ページ数 150ページ

口コミを紹介

ちょっと不思議な物語だけど、どこか懐かしさを感じさせる世界観。あまりに現実離れしすぎるお話だと物語の世界観に入り込みづらかったりするんですが、今作の”ふしき”の匙加減が絶妙です。

出典:https://www.amazon.co.jp

中学年向け読書感想文の本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6872002の画像

    偕成社

  • 2
    アイテムID:6871980の画像

    KADOKAWA

  • 3
    アイテムID:6871952の画像

    講談社

  • 4
    アイテムID:6871951の画像

    学研プラス

  • 5
    アイテムID:6871943の画像

    講談社

  • 商品名
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂
  • 新訳 ドリトル先生アフリカへ行く
  • ルドルフとイッパイアッテナ
  • 北極と南極のへぇ〜 くらべてわかる地球のこと
  • 完全版 あらしのよるに
  • 特徴
  • 駄菓子を食べると不思議なことが?小学生に人気のシリーズ
  • 動物の言葉がわかるお医者さんの物語
  • 「俺の名前はいっぱいあってな……」二匹の猫の物語
  • 驚きや疑問がいっぱいで感想が書きやすい一冊
  • シリーズ7作分を一冊にまとめた完全版
  • 価格
  • 990円(税込)
  • 484円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 2035円(税込)
  • 著者
  • 廣嶋玲子(著)jyajya(絵)
  • ヒュー・ロフティング(著)河合祥一郎(訳)
  • 斉藤洋(著)杉浦範茂(絵)
  • 中山由美
  • きむらゆういち(著)あべ弘士(絵)
  • 発売日
  • 2013/5/15
  • 2020/2/21
  • 1987/5/20
  • 2019/8/1
  • 2014/9/2
  • ページ数
  • 150ページ
  • 176ページ
  • 274ページ
  • 112ページ
  • 266ページ

高学年向け読書感想文の本の人気おすすめランキング5選

5位

岩波書店

ライオンと魔女 ナルニア国物語1

価格: 1,430円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

登場人物といっしょに冒険できる骨太な物語

骨太な長編冒険小説、「ナルニア国物語」の1巻目。田舎の古い屋敷にやってきた4きょうだいのうち、末っ子のルーシィが洋服ダンスにの中に入り、別世界ナルニアに行ってしまうところから物語が始まります。永遠に冬だというその世界に、4人は……?

 

冒険ファンタジーの王道ともいえるこのシリーズは、分量が多いですが、夏休みなどの長い休みにぜひ読んでほしい作品です。物語の中に入り込んでナルニア国をたっぷり味わい、最後に感想文を書けば、楽しみつつ宿題を終わらせることができます。

著者 C.S.ルイス(著)瀬田貞二(訳) 発売日 2005/5/27
ページ数 235ページ

口コミを紹介

誰もが一度は憧れる魔法の国。フォーンや物言う動物たちとの出会い、思いがけない冒険と闘い、正義と赦し。ファンタジーの王道を行く秀作。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

教育画劇

バッテリー

価格: 1,540円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

努力することの美しさを描く野球小説

バッテリーとは、野球用語で、ピッチャーとキャッチャーのペアのこと。この本は、中学野球を題材にした物語です。主人公は、中学校入学の直前に引っ越してきたピッチャー、巧。キャッチャーの豪と出会い、バッテリーを組むことになります。

 

中学1年生が主人公の物語ですが、心理描写が細かく丁寧に描かれているので、小学生でも感情移入しながら読むことができるでしょう。一つのことに熱心に取り組んだことがある子は、自分と照らし合わせながら読み、感想を書くことができるでしょう。

著者 あさのあつこ 発売日 1996/12/1
ページ数 243ページ

口コミを紹介

読書は余り好きではない息子ですが、読んでて面白いみたいでスラスラ読めてあっという間に読み終わりました。面白かったそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

岩波書店

モモ

価格: 1,870円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時間を盗まれた町を救う少女の物語

主人公のモモは、不思議な少女。決してきれいとは言えない見た目ですが、モモが話を聞くだけで、人々の悩みは解決するのです。そんなモモが住む町に、時間を独占しようとする「灰色の男たち」が現れます。モモは時間を取り返すことができるのでしょうか。

 

1976年から多くの子供や大人に読み継がれている名作です。ページ数は多く、長い物語ですが、ハラハラする展開にきっと引き込まれることでしょう。対象は小学5年生からですが、大人が読んでも深く考えさせられる作品なので、ぜひ親子で読んでみてください。

著者 ミヒャエル・エンデ(著)大島 かおり(訳) 発売日 1976/9/24
ページ数 360ページ

口コミを紹介

小学生の時に担任の先生のオススメだと言われ、借りて読みました。確かに分厚い本ですが、昔から本が好きだったので、子供心にとても面白く、ずっと印象に残っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

講談社

星の王子さま

価格: 748円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王子さまがたくさんのことを教えてくれる名作

飛行機が墜落し、砂漠でひとりぼっちとなった主人公は、不思議な少年と出会います。歩いて一周できるような星に住んでいたという彼は、地球に来るまでに奇妙な地理学者や独裁者、労働者と出会ったといいます。砂漠で話を聞くうちに、水がつきてしまい……。

 

少年と主人公の対話から、さまざまなことを考えることができる物語です。星の王子さまは多くの出版社から発刊されていますが、読書感想文を書くために読むのであれば児童向けに訳されている青い鳥文庫のものがおすすめ。ふりがなもついているので読みやすいですよ。

著者 サン=テグジュペリ(著)三田 誠広(訳) 発売日 2006/11/16
ページ数 192ページ

口コミを紹介

私の読んだ昔ながらのオリジナル版よりも易しく、しかし内容が省略されることもなく、読みやすかったようです。漢字にふりがなが付いているので漢字の勉強にもなって良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

講談社

注文の多い料理店-宮沢賢治童話集1

価格: 748円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

宮沢賢治の描くちょっと不思議な物語たち

日本の童話作家として名高い、宮沢賢治による不思議な物語。山奥の西洋料理店で、奇妙な注文ばかりつけられた二人の紳士はどうなってしまうのでしょうか? 表題の「注文の多い料理店」はもちろん、他14作も読み応えがあります

 

この本は、短編や詩を集めて一冊にしたものなので、少しずつ読み進められるのもポイント。本全体についての感想文にしてもいいですし、特に心に残った一編を取り上げて書くのもよさそうです。のめりこむこと間違いなしの名作をぜひ読んでみてください。

著者 宮沢賢治 発売日 2008/10/16
ページ数 224ページ

口コミを紹介

注文の多い料理店他、宮沢賢治の詩や短いお話も載っていいるので気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

高学年向け読書感想文の本のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6872199の画像

    講談社

  • 2
    アイテムID:6872186の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:6872137の画像

    岩波書店

  • 4
    アイテムID:6872121の画像

    教育画劇

  • 5
    アイテムID:6872109の画像

    岩波書店

  • 商品名
  • 注文の多い料理店-宮沢賢治童話集1
  • 星の王子さま
  • モモ
  • バッテリー
  • ライオンと魔女 ナルニア国物語1
  • 特徴
  • 宮沢賢治の描くちょっと不思議な物語たち
  • 王子さまがたくさんのことを教えてくれる名作
  • 時間を盗まれた町を救う少女の物語
  • 努力することの美しさを描く野球小説
  • 登場人物といっしょに冒険できる骨太な物語
  • 価格
  • 748円(税込)
  • 748円(税込)
  • 1870円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 著者
  • 宮沢賢治
  • サン=テグジュペリ(著)三田 誠広(訳)
  • ミヒャエル・エンデ(著)大島 かおり(訳)
  • あさのあつこ
  • C.S.ルイス(著)瀬田貞二(訳)
  • 発売日
  • 2008/10/16
  • 2006/11/16
  • 1976/9/24
  • 1996/12/1
  • 2005/5/27
  • ページ数
  • 224ページ
  • 192ページ
  • 360ページ
  • 243ページ
  • 235ページ

金賞を狙うなら過去の入賞作品をチェック!

金賞を狙うなら、過去の優秀作品を読んでみましょう。青少年読書感想文全国コンクールのホームページ、または作品集で、各賞に入賞した作品を読むことができます。どんなことを書いているのか、どんな本を選んでいるのかなど、参考になることばかりですよ。

原稿用紙は何を使えばいい?文字数は?

青少年読書感想文全国コンクールでは、文字数を低学年800字以内、中学年・高学年1200字以内と指定しています。使用する原稿用紙は400字詰が基本なので、原稿用紙で換算すると低学年は2枚、中・高学年は3枚が上限ということになります。

 

せっかくがんばって書いても、規定をオーバーしていたらそれだけでマイナスな印象に。また、少なすぎるのもよくありませんので、上限の8割を目安にして書くようにしましょう

読書感想文を書くコツは?

読書感想文がどうしても苦手な方のために、書き方のポイントをご紹介します。本を読み終わったあと、書き始める前に参考にしてください。

「構成」を考えればスムーズに書ける

全体の構成を考えてから書き始めるようにしましょう。国語で「はじめ」「なか」「おわり」という構成を習いますが、読書感想文もそれに合わせて考えます。「はじめ」に本との出会い、「なか」にあらすじと考えたことを書き、「おわり」で考えをまとめます。

 

「なか」を考えるときは、自分が思ったことや疑問などを箇条書きでメモしておきましょう。構成を考えずに書き始めてしまうと、うしろがぎゅっとつまってしまったり、何が言いたいのかわからなくなってしまったりします。簡単にでいいので、構成を考えましょう。

「出だし」を工夫すれば一段階上の感想文に

書き始めはとても大切です。多いのは、「私は、〇〇という本を読みました。」というもの。低学年であればこれでもいいのですが、中学年・高学年だと、少し幼く見えてしまいます。少し工夫してみましょう。

 

たとえば、なぜその本を選んだのかという理由を、状況を説明しながら書くというのもひとつの方法。「本屋に行って、気になる表紙があったので手に取りました。それがこの本です。なぜ気になったかというと……」などと書けば、読む人を惹きつけられますよ。

「題名」は最後につけよう!

題名で避けたいのは、「〇〇を読んで」というもの。本を読んで書くのが読書感想文なので、それは言わなくてもわかっているのです。作文全体を通して自分が言いたいことや、感じた気持ちが伝わるような言葉を一言にまとめられるといいですね。

 

工夫して題名をつけるためには、題名をつけるのをあとまわしにするのがポイントです。すべて書き終わったあと、読み返してみて、自分が言いたいことを短くまとめてみましょう。それをタイトルにすれば、まわりの子とちがったタイトルになりますよ。

それでも書けないなら「ワークシート」などを試そう

コツを読んでも書けそうにない場合は、参考書を使ってみるのも一つの手です。参考書にはワークシート付きのものもあり、記入していくだけで自分の感想を整理することができます。考えがまとまれば、急に筆が進むなんてこと。一度試してみてもいいかもしれません。

 

当たり前のことですが、書けないからといってネット上のものをコピペしたり、親や兄弟に書いてもらうのはNG。特に、他人のものを勝手に自分のものとして提出するのは著作権の侵害になりますので、絶対にしてはいけません。

中学生・高校生は本をレベルアップさせよう

もちろん、中学生や高校生が小学生向けの本を選んで読書感想文を書くのが悪いわけではありません。でも、せっかく小学生に比べて読む力がレベルアップしているのですから、年齢に適した本を読むといいでしょう。

 

以下の記事では、中学生向けの本や、高校生向けの読書感想文の本の、人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ここまで、小学生用読書感想文の本のおすすめランキング15選を紹介してきました。宿題の中でも大変な読書感想文ですが、丁寧に本を選び、楽しみながら本を読めば、抵抗もなくなってくるはず。自分が楽しめる本を見つけて、感想文を書いてみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事