足枕の人気おすすめランキング15選【腰痛・むくみに効果的!】

記事ID6766のサムネイル画像

足のむくみや腰痛に効果的な「足枕」。寝転ぶときに足を乗せるためのアイテムだけでなく、実は様々な使い方があり、足枕w使うことで快眠にもつながります。今回はそんな足枕について大きさや高さ、硬さなど選び方のポイントから、人気でおすすめの足枕をランキング形式でご紹介します。また、足枕の正しく効果的な使用方法もご説明します。

むくみや腰痛にお悩みの方に効果的な足枕

むくみや腰痛の緩和にぴったりな足枕は、寝転ぶときに足を乗せるためのアイテムです。大きさや高さ、硬さもいろいろなものが揃っています。足枕を使うと、下半身に溜まりがちな血液やリンパ液が体内に戻るため、むくみ改善・腰痛の緩和・足の疲れ軽減などに効果があります。

 

また、酸素や栄養が体のすみずみに行きわたり、冷えや疲労が軽減されればリラックスが得られ、快眠にもつながりますよ。足のだるさや痛み、腰痛、寝つきの悪さなどにお悩みの方は、一度試してみることをおすすめします。

 

今回はおすすめの足枕を、目的、形状、素材を重視してランキング形式でご紹介します。併せて足枕の効果的な使い方や、足枕以外の足の疲労に効果的なアイテムについても紹介するので、ぜひとも最後までお読みください!

編集部おすすめPR商品

株式会社ブレインスリープ

ブレインスリープピロー

価格:33,000円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の睡眠を生み出すフィット感最高の睡眠を生み出すフィット感

最高の睡眠を生み出すフィット感

ブレインスリープピローは睡眠の質を高めるために開発された枕で、睡眠の質を決めるとされている最初の90分のノンレム睡眠をより深くすることをサポートします。

 

 

圧倒的な通気性で熱がこもる事なく、快適な温度を保ち続けることから深部体温の低下を促します。また3層構造となっており、使い続けることで自分の首や頭にフィットすることで、肩や首の痛みや不快感をなくし、寝返りをしやすくします。

 

 

睡眠を十分に確保できない方だからこそ、深い眠りを実現するためにも是非試してみてください。

足枕の人気おすすめランキング15選

15位

コモライフ(Comolife)

丸洗いできる足まくら

価格:1,507円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸洗いができて、汚れが気にならない

足枕は足を直接乗せるものだから、毎日使うとなると汚れが気になりますよね。しかし、このコモライフの足枕なら、自宅の洗濯機で丸洗いができてしまいます。しかも水切れのいいポリエステル素材なので、脱水後の水切れもよく、すぐに乾きます

 

ちなみに、自宅で洗っても形状はくずれにくくなっています。衛生的で長く使えるアイテムです。足枕の右側に持ち手が付いているので、家中どこでも片手で持ち運びが可能です。また、洗濯後の乾燥にもこの取っ手が活躍してくれます。

形状波型素材カバー・綿/詰め物・ポリエステル
高さ8~13cmサイズ16×46×8~13cm

口コミを紹介

とても良いです。足の疲れが取れて楽になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

株式会社ワールドジェイビー

半円ロングマクラ

価格:2,268円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロからも支持される足枕

「半円ロングマクラ」は、マッサージ店・整体院・フットケアサロン・リフレクソロジーサロンなどで使われている、プロからも支持される足枕です。人気の理由は、形や高さが変わりづらい丈夫な点です。

 

また、幅が60cmもあるので、足枕としてだけではなく腰枕としても使うことができます。 足にフィットするような「W」の形ではないので足が外れやすいという欠点はありますが、その分使い勝手がいいです。

形状筒型素材ビニール
高さ12cmサイズ12×59.5×15.5cm

口コミを紹介

入院中で、足のむくみ防止対策で利用してます。
具合は良く、購入してよかったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

beech

王様の足枕 レッド

価格:2,590円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の枕専門会社が作る「足枕」

足を乗せたときに安定しやすいウェーブ形状となっているため、足を適当に乗せているだけでも力を使わずに支えてくれます。最初は違和感を覚えるかもしれませんが、多くの人の「心地よい」を追求した形とあって、使い心地は最高です。

 

足を乗せた瞬間からまさに「王様」になったような気持ちよさを実感することでしょう。柔軟性や流動性に優れているため、男性や女性、足の大小を問わず、多くの人に「ちょうどいいサイズ」に変身します。

形状波型素材カバー・綿他/詰め物・ポリエステルビーズ
高さ12~16cm サイズ50×16×12~16cm

口コミを紹介

安眠出来るようになりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

DRIVE TRAVEL

空気 フットレスト

価格:1,299円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

出張や旅行など、様々な場所でリラックス

コンパクトに折りたためるので、場所を選ばす持ち運ぶことができます。 出張や旅行などの長距離移動時の足の疲れを軽減します。車や新幹線・飛行機に限らずアウトドア・オフィスなどでも使用できます。

 

空気タイプのクッションのため、中身が傷むことなく、再度空気を注入して繰り返し使用できます。適当な柔軟度と高さによって個人差があるので、自分に快適な空気圧を見つける必要があるでしょう。空気量によって高さと硬さを調整可能です。

形状素材起毛加工/エアー
高さ12~15cmサイズ38×28×12~15cm

口コミを紹介

楽に膨らませ、凄く便利。コンパクトに持ち運べます。車の中で使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

HEAD HUNTER

首狩り族のフットマットレス

価格:6,100円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足が落ちない大き目サイズ

しっかりとしたウレタン構造でひざ裏から足を支える足マットレスです。 従来の足首を乗せるだけの足枕と違い、膝から乗せるこの足マットレスは膝への負担を和らげ、睡眠中にしっかりと疲労回復を助けます

 

寝返りを打っても足が落ちない大き目サイズで膝からしっかりとサポートします。 血行促進により、第二の心臓と言われるふくらはぎをムクミやだるさを寝ながらリセットできます。

形状傾斜型素材カバー・ポリエステル/詰め物・ウレタン
高さ15cm サイズ50×60×15cm

口コミを紹介

足を手術して浮腫が酷いので購入しましたが、とても快適です。硬さも良く、数年使用しても形状維持してくれそうです。朝起きたら足がスッキリしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

fannis

美脚マクラ

価格:2,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

眠りながらも使うことができる足枕

履いて歩くことができ、また眠りながらも使うことができる足枕です。医療技術を応用した独自の締め付け機能と足あげ効果で、疲れやむくみを解消してくれます。疲れた足が翌朝スッキリすると好評です。 敏感な人は、装着から5分から10分で違いがわかります。

 

長時間の立ち仕事、デスクワークの多い方、スポーツやドライブで足を酷使された方、足が冷えやすい方、美脚に憧れてる方にオススメの新感覚の足枕です。

形状巻きつけ型素材カバー・ポリエステル/詰め物・微粒子ビーズ
高さサイズ35×15×15cm

口コミを紹介

これは履くタイプなので行方不明になることがありません。
お風呂上がりにマッサージして履いて寝るだけで翌朝の違いにビックリ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SMELOV

足枕

価格:2,150円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美脚に憧れてる方にもおすすめ

100%高密度のメモリーフォーム+独特サッカーの形型設計、足に負担をかけることなく、ぴったりフィットです。表と裏の両面が凹んだ形状で、ふくらはぎや太ももに挟めば横向きの寝姿勢をサポートしてくれます。

 

足のだるさ、腰痛の方、首や肩への負担、ひざの痛み予防に最適です。長時間のたち仕事、スポーツやドライブで足を酷使された方、美脚に憧れてる方にもおすすめです。妊婦さん、産後の方はもちろん、男性、年配の方、お子さんも安心して使用できます。

形状凹型素材低反発ウレタン
高さ8cmサイズ26×15×8cm

口コミを紹介

膝下に置いて使用しましたら、仰向けで、寝る事が出来ました。使ってみたら、適度な柔らかさがあり、ちょうどいい反発力で、体に当たるクッション感が気持ちいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

cocochi

三角枕

価格:5,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいて設計されたなだらかな傾斜

頭、肩、首、お腹、腰にかかる負担を軽減するように人間工学に基づいて設計されたなだらかな傾斜と、硬すぎず柔らかすぎないウレタン素材が、体圧を分散させ安眠をサポートします。

 

逆流性食道炎の胃の不快感や肩こりの緩和、妊娠後期の胃圧軽減、足の浮腫み軽減のための足枕、赤ちゃんのミルクの吐き戻し予防、くつろぎタイムの背もたれや胸当て等、2つに分けられる利便性を生かし、それぞれのお悩みや用途に合った様々な使い方が出来ます

形状傾斜型素材ウレタン
高さ17.5~18.5cmサイズ50×60×17.5~18.5cm

口コミを紹介

あれだけあれだけ何度も起きていたのにウソのようにぐっすり眠れ、朝の目覚めがすっきりするようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

SARACAT

足枕

価格:2,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カバーが取り外し可能

人間工学に基づいて設計された足枕は、膝の間に快適にフィットし、夜間に最大のサポートと快適を提供します。坐骨神経痛および股関節痛を軽減でき、足や股関節や脊椎を理想的な位置に保ち、骨盤と臀部を安定させます。

 

寝返り中に膝が前方に倒れないように快適な睡眠ができるのもうれしいポイントです。カバー取り外し可能ので、洗濯は簡単です。敬老の日のプレゼントとして最高です。

形状筒型素材カバー・綿/詰め物・低反発ウレタン
高さ10cmサイズ40×20×10cm

口コミを紹介

見た目薄っぺらいですが、思ったより腰を伸ばすことができますし、低反発なので、自分の腰にちょうどフィットする形になってくれるため、とても気持ちいいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

SARACAT

三角まくら

価格:2,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人体工学に基づいて設計

背中や腰をしっかりフィットし、サポートする三角形のヘルスケアクッションです。腰椎のS字カーブをしっかりサポートするフォルムで背中の筋肉の負担を和らげます

 

腰痛・ヘルニア対策・産後や妊娠中の腰痛・安眠・骨盤サポートに最適です。理想的な寝姿勢を保ち、体の負担になる圧を分散し、疲労を軽減し、辛かった毎日の就寝を健やかにしてくれます。腰の下にあてて使用する腰枕ですが、膝の下において足枕としても活躍します。

形状傾斜型素材カバー・綿/詰め物・低反発ウレタン
高さ2~5cmサイズ30×60×2~5cm

口コミを紹介

首枕にも、足の間に挟んで横向き寝でも、足枕にもいろんなシチュエーションで使えます!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

TOLUCKS

足まくら

価格:2,350円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普通のまくらとしても使用可能

オフィスワークをする方にとってはかなりリラックスしながら仕事に取り組めます。もちろん、足だけではなく普通のまくらとして使用できます。腰の悪い方は腰用のクッションとしてもお使いいただけます。

 

また、腰痛の方にとって腰の負担がこわいところですが、その負担を極限まで抑えてくれる設計です。足がだるい時や疲れているときに、長時間旅行と出張などでむくみとエコノミー症候群の原因を少しでも抑えてくれます。

形状筒型素材カバー・綿/詰め物・ポリエステル
高さ10cmサイズ40×20×10cm

口コミを紹介

滑り止め使って、寝相悪くても滑らない、しかも足かけるとぽこぽこでマッサージになる、血液循环良くなりそう、固めタイプなので、沈まないからいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

HZQDLN

足枕

価格:1,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアーなのでコンパクトになる!

エアー式なので簡単な微調整で固さもお好みのままです。 バルプを押すだけでエアー調整が行えます。充填時逆流防止構造で1分で空気を吹き込むことができます。

 

また、飛行機に平らに置くための子供用ベッドとして使用できます。飛行機や電車、バスだけでなく、オフィスでの休憩時など、いろんなシーンで大活躍します。

形状素材起毛加工/エアー
高さ15~45cmサイズ15×40×15~45cm

口コミを紹介

小さい子供がとても喜んで足を置いてます。
空気を入れるのが、大変かと思いましたが、カンタンでとても楽でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

西川(Nishikawa)

アンクルピロー

価格:3,822円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両サイドの小花柄が女性らしい

カワイイだけじゃなく、頑張る女子に送る、女子が考えた東京西川のリラックスシリーズ「ラクシアガール」のアンクルピローです。

 

毎日の座りっぱなしのオフィスワークや、立ちっぱなしの接客業などでお疲れの足をピローに乗せてリラックスできます。両サイドの小花柄も女性らしく癒される柄です。

形状波型素材カバー・綿/詰め物・ゴム
高さサイズ50×24cm

口コミを紹介

花柄ピンクで可愛らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Metene

足枕

価格:2,199円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足だけでなく腕置きにも最適

新世代の足枕は両足を乗せて使えます。180度回転可能、折りたたみ可能、外部は親肌の素材で作られているので、睡眠が快適です。折り畳んで太ももの間に置くこともできます。足を少し高くし血流を促すことにより、足のむくみや疲れ、だるさも軽減します。

 

カバーには通気性の良いメッシュ素材を採用しています。ファスナー式でと取り外し可能です。カバーはご家庭で洗濯ができますので、いつでも清潔に使えるのもうれしいポイントです。

形状凹型素材低反発ウレタン
高さ5~11cmサイズ20×27×5~11cm

口コミを紹介

カバーが取り外し可能なので衛生的に使えるのもよいと思います。
カバーの素材は化繊で洗濯した時に乾きが良さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Mkicesky

足枕

価格:2,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特なウェーブ型設計

100%高密度のメモリーフォーム+独特なウェーブ型設計、足に負担をかけることなく、ぴったりフィットします。

 

足の血行を促進することでエコノミー症候群やむくみ、足のだるさ、ひざの痛み予防に最適です。長時間のたち仕事、デスクワークの多い方、スポーツやドライブで足を酷使された方、足が冷えやすい方、美脚に憧れてる方におすすめです。

形状波型素材低反発ウレタン
高さ3~9cmサイズ39.8×27.9×3~9cm

口コミを紹介

本当に使いやすいです。家に帰ってソファーに横になって携帯電話を見る時に使います。

出典:https://www.amazon.co.jp

足枕の選び方

足枕を選ぶ際、ぜひチェックしたいポイントがいくつかあります。注意点と合わせて解説しますので、参考にしてみてください。

目的に合わせたサイズで選ぶ

足枕にはさまざまなサイズがあります。大きめのものと小さめのものではおすすめの利用シーンが違います。どんなときに使いたいのかイメージしながら選んでみましょう。

睡眠時に使うなら「大きめ」の足枕

おやすみ時に使う方は、足全体を乗せられる大きめサイズを選びましょう。足を高くした状態でリラックスできていることが大切ですので、長さは60cm、幅は40cmくらいを目安に選んでみてください。幅が広いものならば、寝返りを打っても足が落ちにくいです。

リラックスタイムに使うなら「小さめ」の足枕

日中などに短時間使うなら、コンパクトなものを選んでも良いでしょう。ふくらはぎや踵が乗せられれば十分です。小さめの足枕なら収納場所を取らず、持ち運びもしやすいので、旅行先で使いたい方にもぴったりです。

形状で選ぶ

足枕の形は傾斜のついたものや円筒型、ドーナツ型などさまざまです。それぞれの特長を理解して、自分の使い方に適したものを選んでみてください。

睡眠時におすすめの「傾斜型」

傾斜付きのものは、足全体を乗せてリラックスできます。おやすみ時の使用が中心の方におすすめです。足先に向かって緩やかに高くなっていくので、自然な形で足全体を乗せることができます。長さや幅が大きめのものも多いので、寝ている間も安定して足を支えてくれますよ。

フィット感抜群の「波型」

波型はフィット感抜群で、足の位置を自然に固定してくれます。あらかじめ足を置く場所が凹んでいるので、フィット感を求める方におすすめです。

 

凹んだ部分に足首を乗せると自然な形に落ち着き、姿勢が安定しやすいです。寝返りを打ってもすぐポジションが決まるため、神経質な方も入眠しやすいでしょう。

膝裏や足首に使える「円筒型」

膝の裏や足首の下に置きたい方には円筒型がおすすめです。足枕の曲面がちょうど膝や足首の下にすっぽりと収まり、リラックスを促します。長さのあるものなら抱き枕として使うこともできます。

 

ただどうしても転がってしまうので、安定感が欲しい方は、かまぼこのような半円型や三角形の足枕を選ぶといいでしょう。

寝る姿勢をサポートしてくれる「凹型」

横向きで寝ることが多い方には凹型が最適です。表と裏の両面が凹んだ形状で、ふくらはぎや太ももに挟めば横向きの寝姿勢をサポートしてくれます。

 

妊娠中に使えば、妊婦特有のひざや腰の痛みを和らげることができます。 広げて両足を乗せられるタイプなら、仰向けで寝る時にも使えて便利です。

外れる心配なく使える「ドーナツ型・巻きつけ型」

寝相が悪い・寝がえりの回数が多いという方は、ドーナツ型や巻きつけ型を選ぶといいでしょう。足首に取りつけるので、寝返りを打った際にも外れる心配がありません。仰向けや横向き、うつ伏せなど、どんな寝姿勢でも使えるところがポイントです。

素材で選ぶ

足枕表面の素材には、布だけでなくビニールや合皮を使ったものもあります。それぞれのメリットとデメリットをチェックして選んでみましょう。

「布製」は洗濯できるものが多い

肌触りの良さを重視したい方は、布製を選ぶのがおすすめです。綿やポリエステルなどを使用した布製のものは肌触りもよく、滑りにくいのでベッドやソファの上でも使いやすいです。また、カバーを取り外して洗濯できるものも多く、清潔に使えるところも魅力です。

「ビニール・合皮」なら汚れにくい

合皮やビニールは、汚れにくいところが強みです。お手入れを楽に済ませたい方におすすめです。汗や皮脂を吸着しないので、拭き取るだけでお手入れができます。直接肌に触れるとべたつきやすいのがネックですが、専用カバーを購入するか、タオルなどを巻くと快適に使えます。

「エアー」は持ち運びが簡単

飛行機や新幹線、車など移動するときのフットレストとして使うなら、エアータイプがおすすめです。使うときには空気を入れ、用がすんだら空気を抜いてコンパクトに持ち運びが可能です。

 

旅行や出張などに持ち出しても荷物になりません。 高さ調整ができるフットピローもあり、こうしたものなら使う場所に合わせられて便利です。

硬さで選ぶ

足枕も普通の枕と同様に、様々な硬さがあります。足枕に使われる素材は低反発ウレタンや綿、ビーズなどです。ここではそれぞれの素材について解説します。

硬めの足枕なら「低反発ウレタン」

硬めの足枕を使いたいという方は、低反発ウレタンの足枕がおすすめです。足をのせるとゆっくりと沈み込んでいき、体にフィットしやすいです。足を動かしても形が崩れにくいので安心です。

ほどよい硬さで足にフィット感がある「ビーズ」

ビーズ素材の足枕は、足へのフィット感が非常によいです。足をのせると少し硬めのビーズが足を包み込むようにして沈んでいきます。低反発ウレタンと比べるとかなり足が沈み込んでいくので、ただ硬めの足枕が欲しいという方は注意しましょう

柔らかく足を包んでくれる「綿」

綿素材の足枕は非常に柔らかく、優しく足を包み込んでくれるのが特徴です。さわった時のふわふわ感もかなり気持ちがよく、柔らかい足枕が欲しいという方にはぴったりの素材です。

足枕の高さは「10cm~15cm」ぐらいを目安にしよう

足枕の高さは10cm~15cmぐらいがおすすめです。足を適切な高さにしてあげることで血行がよくなり、足のむくみなどを改善してくれます。

 

足枕が高すぎると頭部に血がたまって頭痛などを引き起こす恐れがあり、逆に低すぎると足枕の効果が充分に得られないので注意しましょう。

その他のポイントで選ぶ

サイズや形状、素材で選ぶ他にも、購入前に選ぶポイントがいくつかあります。購入前にチェックして自身に合うものを選んでみてください。

「高さ調節機能」で使用感アップ

高さを調節する機能があれば自分好みの高さに調整出来ます。そのため、足先を上げる以外の方法で使用しやすくなります。また、足を乗せるときの高さは10cm~15cmほどにしましょう。高すぎると逆効果です。

汗をかきやすい人は「肌触り」もチェック

汗をかきやすい体質や、きれい好きな方は、肌触りも大切です。カバーを取り外して、洗濯できるかというのも重要なポイントです。

 

カバーが取り外せない場合は、肌触りの良いタオルなどを巻くのもおすすめです。側生地や枕カバーをこまめに洗うことはもちろん、半年から1年に1度は中の素材まで洗えると良いでしょう。長く使うごとに、汗や汚れが染みこんでいきます。

足枕のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5223482の画像

    Mkicesky

  • 2
    アイテムID:5223522の画像

    Metene

  • 3
    アイテムID:5226488の画像

    西川(Nishikawa)

  • 4
    アイテムID:5226422の画像

    HZQDLN

  • 5
    アイテムID:5226458の画像

    TOLUCKS

  • 6
    アイテムID:5226439の画像

    SARACAT

  • 7
    アイテムID:5226493の画像

    SARACAT

  • 8
    アイテムID:5226470の画像

    cocochi

  • 9
    アイテムID:5223529の画像

    SMELOV

  • 10
    アイテムID:5223351の画像

    fannis

  • 11
    アイテムID:5226602の画像

    HEAD HUNTER

  • 12
    アイテムID:5226605の画像

    DRIVE TRAVEL

  • 13
    アイテムID:5223382の画像

    beech

  • 14
    アイテムID:5223277の画像

    株式会社ワールドジェイビー

  • 15
    アイテムID:5223311の画像

    コモライフ(Comolife)

  • 商品名
  • 足枕
  • 足枕
  • アンクルピロー
  • 足枕
  • 足まくら
  • 三角まくら
  • 足枕
  • 三角枕
  • 足枕
  • 美脚マクラ
  • 首狩り族のフットマットレス
  • 空気 フットレスト
  • 王様の足枕 レッド
  • 半円ロングマクラ
  • 丸洗いできる足まくら
  • 特徴
  • 独特なウェーブ型設計
  • 足だけでなく腕置きにも最適
  • 両サイドの小花柄が女性らしい
  • エアーなのでコンパクトになる!
  • 普通のまくらとしても使用可能
  • 人体工学に基づいて設計
  • カバーが取り外し可能
  • 人間工学に基づいて設計されたなだらかな傾斜
  • 美脚に憧れてる方にもおすすめ
  • 眠りながらも使うことができる足枕
  • 足が落ちない大き目サイズ
  • 出張や旅行など、様々な場所でリラックス
  • 人気の枕専門会社が作る「足枕」
  • プロからも支持される足枕
  • 丸洗いができて、汚れが気にならない
  • 価格
  • 2980円(税込)
  • 2199円(税込)
  • 3822円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 2350円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2150円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 6100円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 2590円(税込)
  • 2268円(税込)
  • 1507円(税込)
  • 形状
  • 波型
  • 凹型
  • 波型
  • 筒型
  • 傾斜型
  • 筒型
  • 傾斜型
  • 凹型
  • 巻きつけ型
  • 傾斜型
  • 波型
  • 筒型
  • 波型
  • 素材
  • 低反発ウレタン
  • 低反発ウレタン
  • カバー・綿/詰め物・ゴム
  • 起毛加工/エアー
  • カバー・綿/詰め物・ポリエステル
  • カバー・綿/詰め物・低反発ウレタン
  • カバー・綿/詰め物・低反発ウレタン
  • ウレタン
  • 低反発ウレタン
  • カバー・ポリエステル/詰め物・微粒子ビーズ
  • カバー・ポリエステル/詰め物・ウレタン
  • 起毛加工/エアー
  • カバー・綿他/詰め物・ポリエステルビーズ
  • ビニール
  • カバー・綿/詰め物・ポリエステル
  • 高さ
  • 3~9cm
  • 5~11cm
  • 15~45cm
  • 10cm
  • 2~5cm
  • 10cm
  • 17.5~18.5cm
  • 8cm
  • 15cm
  • 12~15cm
  • 12~16cm
  • 12cm
  • 8~13cm
  • サイズ
  • 39.8×27.9×3~9cm
  • 20×27×5~11cm
  • 50×24cm
  • 15×40×15~45cm
  • 40×20×10cm
  • 30×60×2~5cm
  • 40×20×10cm
  • 50×60×17.5~18.5cm
  • 26×15×8cm
  • 35×15×15cm
  • 50×60×15cm
  • 38×28×12~15cm
  • 50×16×12~16cm
  • 12×59.5×15.5cm
  • 16×46×8~13cm

足枕の正しく効果的な使い方

足枕の高さは10~15cmを目安に調節しましょう。足は心臓から最も遠い位置にあるため血行が滞りやすいのですが、足を高くすることで血液循環を促すことができます。むくみや疲れの改善にはこのくらい高さがあった方がいいですね。

 

足を高く上げすぎると血液が頭部に溜まり、めまいや頭痛、血圧異常を起こすことがあります。横になるときは、高すぎる足枕は避けておきましょう

 

また、足をのせる際はなるべくふくらはぎの辺りから足先まで足全体がのるようにしましょう。片足だけのせたり、かかとの周辺しか足枕にのっていない状態だと、血液がうまく流れず、足枕の効果が薄くなってしまいます。

足の疲労にはフットマッサージャー・着圧ストッキングもおすすめ

足のむくみや疲労が気になる方は、フットマッサージャーや着圧ストッキングもおすすめです。以下の記事でおすすめのフットマッサージャー・着圧ストッキングについて紹介しているのでぜひご覧ください。

まとめ

おすすめの足枕をランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたか?足枕は心地よいだけではなく、足のむくみを改善したり睡眠の質を上げたりなど、美容や健康にも効果があります。この記事を参考に、あなたに合った足枕を見つけて毎日の疲れを吹き飛ばしましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ