Wi-Fi中継器の人気おすすめランキング15選【NEC,バッファローも】

記事ID6673のサムネイル画像

Wi-Fi中継器は、無線LANルーターの電波をより広い範囲に電波を届けられるようにするアイテムです。Wi-Fi中継器には様々なモデルがあり、最適なものを選ぶ必要があります。今回はWi-Fi中継器の選び方をまとめ、人気のWi-Fi中継器をランキングでご紹介。

無線LAN電波を強化するWi-Fi中継器

Wi-Fi中継器は、無線LANルーターの電波を補強し、より広い範囲に電波を届けられるようにする便利なアイテムです。無線LANルーターの電波は、壁を挟むなどの障害物によって弱まってしまいます。また異なる階層ではさらに電波は微弱となっていきます。

 

 

ルーターを置いた部屋と別の部屋などで使用する場合には、電波を強化しより広い範囲で利用することができるようにする「Wi-Fi中継器」の利用がおすすめです。Wi-Fi中継器を挟むとルーターを置いた階層と違う階層からでも、電波の状態が悪くなることがありません。

 

今回はそんなWi-Fi中継器の選びかたのポイントを簡単にまとめ、人気のWi-Fi中継器をランキング形式でご紹介していきます。選びかたの基準となったのは「機能性」・「使い勝手」・「価格」の3点です。

Wi-Fi中継器の人気ランキング15選

15位

Wodgreat

WIFI中継器 B07VDJMN3K

価格:3,178円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全方向外部アンテナつきWi-Fi中継器

こちらはWodgreat製、全方向外部アンテナつきWi-Fi中継器です。2本の全方向アンテナによって、より広い範囲に無線電波を送ることができます。部屋間や階層をまたいで、安定した無線接続が可能です。

 

周波数帯は2.4Ghzのみ対応となっているため、Bluetoothやほかの家電との電波の混雑には注意しましょう。こちらは設定も簡単なWi-Fi中継器となっています。こちらは全方向アンテナで広い範囲をカバーするWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11n周波数帯2.4GHz
有線LANポートあり設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

2階でノートPCを使用する際にネット回線のもたつきが気になったので購入しました。こんな安価な商品なのに、わが家のwifi環境が著しく向上して感動しました。こちらの商品のおかげで安く現状の不満を解決することができ感謝しています。オススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

CHOSMO-JP

無線LAN中継器 B07YS5K9YD

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さなボディのWi-Fi中継器

こちらはCHOSMO-JP製、小さなボディのWi-Fi中継器です。こちらはコンパクトな筐体で、取り扱いやすく、ほかのコンセント口を塞ぐことなく使用することができます。2本のアンテナで、しっかりと広い範囲に無線電波を送ることができます

 

周波数帯は2.4GHzのみとなっているため、ほかの家電との電波の混雑には注意しましょう。しっかりと安定した無線接続をおこなうことができます。こちらはコンパクトなボディのWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

口コミを紹介

1階のWi-Fiを2階の寝室に飛ばしたくて中継する機械探してました❗値段もお手頃でコンセント直挿しなんで邪魔なコードが無くて、とてもいいです❗パワーも強く家のどこでも届くので満足してます。設定は少し手間取りますけど、皆さんのレビューとか見たら出来たので問題無いですー

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

TP-LINK

無線LAN中継器 TL-WA850RE

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「Wi-Fiの死角」をなくすWi-Fi中継器

こちらはTP-LINK製、「Wi-Fiの死角」をなくすWi-Fi中継器です。こちらはボタンをワンプッシュで簡単に設定でき、Wi-Fiの信号を効果的に拡張します。こちらを設置しておくだけで、家のどこからでも安定した接続が可能になります。

 

こちらはスマートシグナル・インジケータ・ライトが取り付けられており、Wi-Fiの電波の強度を確認することができるため、簡単に最適な設置場所を見つけることができます。こちらはリーズナブルな価格のWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11n周波数帯2.4GHz
有線LANポートあり設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

届いてすぐに、ソフトバンクのルーターと接続出来ました。ソフトバンクの機能ボタンとTP-LINKのボタンを2つ押しただけでつながりました。電波が1か2からmaxになりました。品物は思っていたよりコンパクトで良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

バッファロー

無線LAN中継器 WEX-G300

価格:2,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全ポートGiga対応のWi-Fi中継器

こちらは大手バッファロー製、全ポートGiga対応のWi-Fi中継器です。こちらは有線LANポートを4ポート搭載し、全ポートGiga対応となっています。光ネット回線などの通信速度を落とすことなく、有線接続することができます

 

薄型・据え置きタイプのWi-Fi中継器となっており、家中どこからでも安定した無線通信が可能となります。こちらはノートパソコン・パソコンなどと有線接続が可能なWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11n・11g・11b周波数帯2.4GHz
有線LANポートあり設置タイプ据え置きタイプ

口コミを紹介

無線LANの中継器にしてはLANポートも複数ありますし、性能にも全く問題ありません。以前はコンセントへ差し込むだけのコンパクトな物を使用していましたが、動画が途切れてしまったりと不満がありましたので、皆さんの評価を参考にして今回この製品を購入してみましたが当たりでした。fireTVとテレビに有線にて接続出来ましたし、かなりスムーズです。お勧めの商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

TP-LINK

無線LAN中継器 RE300

価格:3,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用アプリで簡単にセットアップできるWi-Fi中継器

こちらはTP-LINK製、専用アプリで簡単にセットアップできるWi-Fi中継器です。こちらはTP-Link専用スマホアプリ「Tether」を利用することで、簡単にセットアップすることが可能です。基本的な設定や管理などもアプリで簡単に操作することができます。

 

Wi-Fi中継器規格は「11ac」となっており、デュアルバンドに対応。周波数帯を2.4GHz帯・5.0GHz帯から環境にあわせて自由に選ぶことができ、高い機能性をもっています。こちらは操作の簡単なWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac周波数帯2.4Ghz・5.0GHz(デュアルバンド)
有線LANポートなし設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

一軒家ですが、wifiルーターが2階の端にあるため、1回のリビングまで届きにくかったのが、リビングにこれを設置したことで解決しました。発熱も軽度です。設定はアプリで行いましたが、比較的容易に設定できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

TP-LINK

無線LAN中継器 RE200

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大250m²の範囲をカバーするWi-Fi中継器

こちらはTP-LINK製、最大250m²の範囲をカバーするWi-Fi中継器です。こちらは3つの内蔵アンテナによって、通常よりも広い範囲に無線電波を送ります。部屋間・階層をまたいで、家内のどこからでも安定した接続を可能にします。

 

こちらはデュアルバンドに対応しているため、2.4Ghz帯・5.0GHz帯の2種類の帯域を自由に使い分けることができます。設定も簡単で、使いやすいWi-Fi中継器となっています。こちらは使い勝手のいいWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

口コミを紹介

買う前からわかっていたことなのですが、本機はコンセントから上方向に長く(恐らく内蔵のアンテナかな?)下側にLANケーブルが刺さるため、コンセントを2つも埋めてしまう。短い延長ケーブルで解決したいが、本体を下に置いて熱の問題は大丈夫かな~。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

TP-LINK

WiFi中継器 AC1200

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能アンテナ搭載Wi-Fi中継器

こちらはTP-LINK製、高性能アンテナ搭載Wi-Fi中継器です。こちらは2本のアンテナによって、ルーターの電波を補強し、より広い範囲に電波を送ります。部屋間・階層をまたいでの接続でも、電波が弱まってしまうことがありません

 

デュアルバンドに対応しているため、2.4Ghz帯・5.0GHz帯の2種類の帯域を自由に使い分けることができます。LEDランプによって、最適な設置場所を簡単に把握することが可能です。こちらは通信可能距離の長いWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac・11n・11a・11g・11b周波数帯2.4Ghz・5.0GHz(デュアルバンド)
有線LANポートあり設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

入浴中に動画を見たいのですが、無線ルーターと風呂場までの間に壁が二枚あり、電波の入りにくさにイライラしていました。途中の部屋にこいつを設置して一気に改善。無線ルーターをTPLINKにしていたので、セッティングはボタンを2つ押すだけ。もっと早く買えば良かった、と感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

TP-LINK

無線LAN中継器 RE650

価格:9,049円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クアッドアンテナ設計のWi-Fi中継機

こちらはTP-LINK製、4本のアンテナでさらに広い範囲に電波を送るクアッドアンテナ設計のWi-Fi中継機です。こちらは取り付けられた4本のアンテナによって、さらに広範囲に電波を送ることができ、家のすみずみまでカバーすることができます。

 

こちらは高速な転送速度をもち、安定した無線接続が可能になります。また有線LANポートを搭載しているため、有線接続も可能となっています。こちらは高い性能をもったWi-Fi中継機がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac・11n・11a・11g・11b周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートあり設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

期待していた以上の性能。正直、中継器なんてどれも変わらないと思っていました。しかし、TP-Linkの最上位機種は違った。デュアルバンドの中継器なので、離れた部屋でもWIFI受信感度が飛躍的に上がった。家から約20m離れた場所でも、受信出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

バッファロー

無線LAN中継器 WEX-733D

価格:7,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで高性能なWi-Fi中継器

こちらは大手バッファロー製、コンパクトで高性能なWi-Fi中継器です。こちらはコンパクト・薄型設計のため、ほかのコンセント差込口を塞ぐことなく使用することができます。またしっかりとルーターの電波を補強し、安定した無線接続を可能にします。

 

LEDランプの点灯によって、電波の強度を確認することができ、すぐに最適な設置場所を見つけることができます。電源のオン・オフもスイッチで簡単に切り替えることができます。こちらはコンパクトで高性能なWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac・11n・11a・11g・11b周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートあり設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

親機から10m離れた所に設置しました。今までWi-Fiが不安定な場所でしたが、接続したら電波MAXで、中継機としての機能を十分に発揮してくれてます!すごく助かってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

エレコム

無線LAN中継器 WTC-F1167AC

価格:4,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に接続できるWi-Fi中継器

こちらはエレコム製、簡単に接続することができるWi-Fi中継器です。こちらは製品横のWPSボタンを押すだけで、簡単に使用することができるWi-Fi中継器です。部屋間や階層をまたいで、しっかりと安定した無線接続が可能になります。

 

こちらはデュアルバンドに対応しているため、2.4Ghz帯・5.0GHz帯の2種類の帯域を自由に使い分けることができます。こちらは簡単に接続することができるWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートなし設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

エレコムの親機から中継しています。以前はNTT光のモデムに直挿しするタイプのものを使っていましたが、そちらが古かったのもあり、こちらに変えた時は速度が格段に上がった気がします。ただ、時々リセットしないと使えなくなります。(うちの環境が悪いのも有りますが)

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

NEC

Aterm W1200EX PA-W1200EX

価格:5,555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デュアルバンド対応Wi-Fi中継器

こちらはNEC製、デュアルバンド対応Wi-Fi中継器です。ルーターの無線電波の強度を高め、より広い範囲に送信することができます。こちらはデュアルバンドに対応しているため、2.4Ghz帯・5.0GHz帯の2種類の帯域を自由に使い分けることが可能です。

 

広い範囲に電波を届けたいときには2.4Ghz帯、より安定した通信にしたいときには5.0GHz帯と、状況にあわせて最適な周波数帯を選ぶことができます。こちらはデュアルバンドに対応したWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac・11n・11a・11g・11b周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートあり設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

ホームゲートウェイがAtermなのでWi-Fi中継機で繋ぎ、一階にある親機の斜め上の二階の部屋に設置。計測したら、タブレットで320Mpbs付近(昼間)で安定して繋がっています。試しにLANでPCに有線接続して計測したら、上り・下りともに100Mpbs(昼間)を挟んで10Mpbs程度の増減でした。スマホで家の中の端から端まで計測したところ52Mpbs~72Mpbsでしたので良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

バッファロー

無線LAN中継器 WEX-733DHP

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンセント口を圧迫しないWi-Fi中継器

こちらは大手バッファロー製、コンセント口を圧迫しないWi-Fi中継器です。こちらはコンパクト・薄型の設計のため、コンセントに差し込んだ際、ほかのコンセント口を塞いでしまうことがありません

 

Wi-Fi無線の届く範囲をしっかりと拡大し、家のなかのどこからでも安定した無線接続ができるように強化します。こちらはコンパクト・薄型設計で扱いやすく、しっかりと無線範囲を拡大することができるWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートなし設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

家のwifiエリア拡大を図るため購入しました。電源確保と簡単な設定で予定通り、エリア拡大できました。(親機もバッファロー)2F自室から1Fの1番近い部屋→1番遠い部屋まで届くようになりました。距離で言うと親機から10m範囲→25m程度に拡大し、家全域で使用可能となりました。今まで弱かったところも電波強度が5割増といったところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アイ・オー・データ

無線LAN ルータ中継器 WN-AC1167EXP

価格:4,315円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さくてもハイパワーなWi-Fi中継器

こちらはアイ・オー・データ製、小さくてもハイパワーなWi-Fi中継器です。こちらはコンパクト・薄型の筐体で扱いやすく、ほかのコンセント口を塞いでしまうことがありません。自宅のWi-Fiをしっかりと、各部屋に届けることができます

 

こちらはデュアルバンドに対応しているため、2.4Ghz帯・5.0GHz帯の2種類の帯域を自由に使い分けることができます。こちらはコンパクト・薄型で、しっかりと安定した無線接続が可能になるWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac・11n・11a・11g・11b周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートなし設置タイプ直挿しタイプ

口コミを紹介

親機と私の部屋とが階が異なり、しかも20mほど離れていて、その間に電子レンジなどもあり、特に近所の方がネットをよく使用される土日などは、ネットは切れるし、つながりにくくて困っていました。うちはまだ「光」じゃないからなあなんて諦め加減であまり期待もせず、親機との間の部屋にこれを設置したところ、いつでもしっかりとつながっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

バッファロー

無線LAN中継器 WEX-1166DHPS

価格:4,054円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビームフォーミング機能搭載Wi-Fi中継器

こちらは大手バッファロー製、ビームフォーミング機能搭載Wi-Fi中継器です。こちらは子機側の位置や距離を判別し、電波を最短距離で届けることができる「ビームフォーミング機能」を搭載しています。より安定した無線通信を可能にします。

 

こちらはデュアルバンドに対応しているため、2.4Ghz帯・5.0GHz帯の2種類の帯域を自由に使い分けることができます。LEDランプによって、最適な設置場所を確認することが可能です。安定した無線通信が可能なWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

口コミを紹介

我が家は、ルーターを2階寝室のクローゼットの中に設置しています。リビングまで壁があったり、軽量鉄骨の住宅なのもあってか、WiFiの接続が不安定でした。ルーター買い替えを機に、こちらを購入。画像の通り、バッチリです。大きさもコンパクトで、出っ張りもさほどないので生活の邪魔にはなりません。ただ、中継機もデバイスにカウントされてしまうのは購入してから気付きました…。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

バッファロー

無線LAN中継器 WEX-1166DHP2

価格:6,235円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可動式アンテナ搭載Wi-Fi中継器

こちらは大手バッファロー製、可動式アンテナ搭載Wi-Fi中継器です。こちらは可動式アンテナによって、広い範囲をしっかりとカバーすることができるWi-Fi中継器となっています。またこちらは「直挿し」・「据え置き」と二通りの設置が可能です。

 

子機側の位置や距離を判別し、電波を最短距離で届けることができる「ビームフォーミング機能」を搭載し、安定した無線通信が可能です。こちらは様々な便利な機能を搭載した、高機能なWi-Fi中継器がほしいというかたにおすすめです。

規格11ac・11n・11a・11g・11b周波数帯2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
有線LANポートあり設置タイプ直挿し・据え置きタイプ

口コミを紹介

ADSL から光に変更したのは良かったが、Wi-Fi の届きが悪くなり、居間以外の部屋では使用出来なくなったので、購入。早速、廊下に設置したところ、全ての部屋で80~87%の感度になりどの部屋でもWi-Fiが使用可能になりました。使用開始後2週間半ですが、今の所切れることも無く安定しています。欲を言えば価格がもう少し安ければ・・・・。

出典:https://www.amazon.co.jp

Wi-Fi中継器の選びかた

それではWi-Fi中継器の選びかたのポイントをご紹介していきます。ポイントは「規格」・「周波数帯」・「有線LANポートの有無」・「設置タイプ」の4点です。しっかりとチェックしていきましょう。

規格をチェック

まずはWi-Fi中継器の規格をチェックしていきましょう。最新の規格に対応したルーターを利用している場合、古い規格のWi-Fi中継器を選んでしまうと、古い規格の通信速度となってしまいルーター本来の性能を出すことができません。

 

Wi-Fi中継器の規格を選ぶときには、かならずご自宅のルーターの規格と同じか、それ以上のものを選ぶようにしましょう。Wi-Fi中継器の代表的な規格は「11b」・「11g」・「11n」・「11a」・「11ac」の5種類があります。

 

それぞれ周波数帯・通信速度が違い、しっかりとチェックしていく必要があります。基本的にはルーターの規格を確認し、Wi-Fi中継器もルーターと同じ規格のものを選ぶだけで、問題なく利用することができます

周波数帯をチェック

つづいて周波数帯の特徴をチェックしていきましょう。Wi-Fi中継器の周波数帯には「2.4GHz帯」・「5.0GHz帯」の2種類があります。それぞれ利点が違うため、しっかりと把握していきましょう。

2.4GHz帯

2.4GHz帯は障害物に強く、より広い範囲に電波を送ることができます。また古い規格のため、さまざまなモデルのWi-Fi中継器がラインナップされています。

 

2.4GHz帯のデメリットは他の電波による干渉を受けやすい点です。2.4GHz帯の周波数はBluetooth機器や電子レンジ使用時に発生する電波と同じであるため、電波が混雑してしまい、無線に問題が起きやすくなっています。

 

メリット・デメリットをしっかりと把握したうえで選んでいきましょう。

5.0GHz帯

5.0GHz帯は2.4GHz帯と対称的に、障害物に弱く、電波の範囲が狭くなっています。代わりに他の家電の出す電波と干渉しないため、電波の混雑に強く、常に高速な通信が可能です。5.0GHz帯は、最新のモデルなどに採用されることが多くなっています。

 

障害物によって電波が弱まってしまったときは、置き場所を変えるなどの対策をおこなう必要があります。こちらもメリットとデメリットをしっかりと把握したうえで、選んでいきましょう。

デュアルバンド対応

ふたつの周波数帯のほかに、両方の周波数帯に対応した「デュアルバンド対応」と記載されたモデルなどもあります。こちらは両方の周波数帯を利用することができ、状況にあわせて自由に周波数帯を変えることができます

 

別の部屋や別の階まで無線を送りたいときには「2.4GHz帯」、より安定した高速な通信をおこないたいときには「5.0GHz帯」と環境に適した周波数帯を使い分けることができ、非常に使い勝手がよくなっています。

 

こちらのモデルもしっかりとチェックしていきましょう。

有線LANポートの有無をチェック

Wi-Fi中継器のなかには有線LANポートを搭載したものなどもあります。有線LANポートを搭載したWi-Fi中継器なら、無線LANに対応していない古いノートパソコンや、デスクトップパソコンなどでも接続することができます

 

無線LANに対応していないノートパソコン・デスクトップパソコンを利用しているかたは、Wi-Fi中継器に有線LANポートが搭載されているか、事前にかならずチェックしていきましょう。

設置タイプをチェック

Wi-Fi中継器にはコンセントに直挿しで使用することができる「直挿しタイプ」と、ケーブルを使用する「据え置きタイプ」の2種類があります。直挿しタイプはコンパクトで場所を取らない点が魅力です。

 

しかしコンセントから自由に移動させることができないため、設置場所が固定されてしまいます。また筐体の大きさによっては、大きすぎて他のコンセント口も一緒に塞いでしまうことがあり、コンセント口を圧迫させる原因となってしまう点に注意が必要です。

 

据え置きタイプはケーブルを引くことで、ある程度設置場所を自由に移動させることができる点が魅力です。ケーブルは邪魔になってしまうことも多いので、こちらも注意が必要です。環境に適したものを選んでいきましょう。

Wi-Fi中継器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5214510の画像

    バッファロー

  • 2
    アイテムID:5214468の画像

    バッファロー

  • 3
    アイテムID:5214713の画像

    アイ・オー・データ

  • 4
    アイテムID:5214486の画像

    バッファロー

  • 5
    アイテムID:5214521の画像

    NEC

  • 6
    アイテムID:5214843の画像

    エレコム

  • 7
    アイテムID:5214929の画像

    バッファロー

  • 8
    アイテムID:5214367の画像

    TP-LINK

  • 9
    アイテムID:5214358の画像

    TP-LINK

  • 10
    アイテムID:5214383の画像

    TP-LINK

  • 11
    アイテムID:5214332の画像

    TP-LINK

  • 12
    アイテムID:5214894の画像

    バッファロー

  • 13
    アイテムID:5214346の画像

    TP-LINK

  • 14
    アイテムID:5214912の画像

    CHOSMO-JP

  • 15
    アイテムID:5214922の画像

    Wodgreat

  • 商品名
  • 無線LAN中継器 WEX-1166DHP2
  • 無線LAN中継器 WEX-1166DHPS
  • 無線LAN ルータ中継器 WN-AC1167EXP
  • 無線LAN中継器 WEX-733DHP
  • Aterm W1200EX PA-W1200EX
  • 無線LAN中継器 WTC-F1167AC
  • 無線LAN中継器 WEX-733D
  • 無線LAN中継器 RE650
  • WiFi中継器 AC1200
  • 無線LAN中継器 RE200
  • 無線LAN中継器 RE300
  • 無線LAN中継器 WEX-G300
  • 無線LAN中継器 TL-WA850RE
  • 無線LAN中継器 B07YS5K9YD
  • WIFI中継器 B07VDJMN3K
  • 特徴
  • 可動式アンテナ搭載Wi-Fi中継器
  • ビームフォーミング機能搭載Wi-Fi中継器
  • 小さくてもハイパワーなWi-Fi中継器
  • コンセント口を圧迫しないWi-Fi中継器
  • デュアルバンド対応Wi-Fi中継器
  • 簡単に接続できるWi-Fi中継器
  • コンパクトで高性能なWi-Fi中継器
  • クアッドアンテナ設計のWi-Fi中継機
  • 高性能アンテナ搭載Wi-Fi中継器
  • 最大250m²の範囲をカバーするWi-Fi中継器
  • 専用アプリで簡単にセットアップできるWi-Fi中継器
  • 全ポートGiga対応のWi-Fi中継器
  • 「Wi-Fiの死角」をなくすWi-Fi中継器
  • 小さなボディのWi-Fi中継器
  • 全方向外部アンテナつきWi-Fi中継器
  • 価格
  • 6235円(税込)
  • 4054円(税込)
  • 4315円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 5555円(税込)
  • 4125円(税込)
  • 7300円(税込)
  • 9049円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 3100円(税込)
  • 2690円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 3178円(税込)
  • 規格
  • 11ac・11n・11a・11g・11b
  • 11ac・11n・11a・11g・11b
  • 11ac
  • 11ac・11n・11a・11g・11b
  • 11ac
  • 11ac・11n・11a・11g・11b
  • 11ac・11n・11a・11g・11b
  • 11ac・11n・11a・11g・11b
  • 11ac
  • 11n・11g・11b
  • 11n
  • 11n
  • 周波数帯
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz・5.0Ghz(デュアルバンド)
  • 2.4Ghz・5.0GHz(デュアルバンド)
  • 2.4Ghz・5.0GHz(デュアルバンド)
  • 2.4GHz
  • 2.4GHz
  • 2.4GHz
  • 有線LANポート
  • あり
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • 設置タイプ
  • 直挿し・据え置きタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 据え置きタイプ
  • 直挿しタイプ
  • 直挿しタイプ

まとめ

ご自宅のWi-Fiの接続が不安定、部屋間をまたいで接続することができない、といった際にはWi-Fi中継器の利用が最適です。ご自宅の環境によって最適なモデルは変わってくるため、しっかりとWi-Fi中継器の性能をチェックして、最適なWi-Fi中継器を選んでいきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ