短焦点プロジェクターの人気おすすめランキング15選【2019年最新】

    記事ID4617のサムネイル画像

    短焦点プロジェクターは、ビジネスシーンに家庭用ホームシアターにと活躍の幅が広いのが特徴で、限られたスペースでも設置できるので置く場所に悩む心配も無いので非常に便利です。今回はそんな短焦点プロジェクターのおすすめをランキング形式で紹介します。

    近い距離でも問題なし!短焦点プロジェクターの魅力とは

    スクリーンや壁などに映像を映し出すことの出来るプロジェクターの中でも、プロジェクターと投影画面の距離が近くても問題無く移すことが出来るプロジェクターが、短焦点プロジェクターです。

     

    通常のプロジェクターは充分な距離がないと画面が小さくなってしまったりと、うまく映し出せない事がありますが、短焦点プロジェクターがあれば狭いスペースや、距離が限られている時でもキレイに大きい画面を投影することが可能です。

     

    今回はそんな短焦点プロジェクターのおすすめをランキング形式で紹介していきます。今回のランキングは、投影距離・ルーメン数・解像度を基準としています。ランキングの後には選び方のポイントも紹介しますので、ランキングと共に参考にしてください。

    おすすめの短焦点プロジェクターランキング15選

    15位

    LG

    LG PH450UG

    価格:53,300円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    コスパに優れた超短焦点プロジェクター

    わずか7cmの距離で40インチ、たったの33cmで80インチの画面が楽しめるバッテリー内蔵型の超短焦点モデルでありながら、低価格でコスパに優れたプロジェクターとなっています。

     

    重量も1.1kgと持ち運びにも便利で置く場所を選ばないものポイントです。またBluetoothやWi-Fiなどに接続することでワイヤレスでスッキリした見た目も魅力です。

    投影距離33cmルーメン450
    解像度1280×720

    口コミを紹介

    これで映画や、ゲームをやっていますが、薄暗い部屋であれば視認性は問題なく。さらに小型、バッテリー駆動で取り回しもしやすく、起動も早いので言うことなしです。他の格安プロジェクターと比べてしまうと、ちょっと高いかもですがw値段に十分見合った性能だと思います。購入して正解だと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    14位

    ソニー(SONY)

    SONY プロジェクター LSPX-P1

    価格:137,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    超短焦点プロジェクターの草分け的1台

    壁際にピッタリ置いても22インチの画面を映し出してくれる超短焦点プロジェクターとなっていて、80インチを投影するのにも28センチ離すだけという投影距離の短さが魅力です。

     

    コンパクトな手の平サイズで、持ち運びにも便利で設置場所にも困りません。サイズ感と投影距離の短さからどこに置いても活躍してくれます。また専用アプリを介することでスマートフォンやタブレットがリモコンにもなります。

    投影距離80cmルーメン100
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    テレビを断捨離して部屋をスッキリさせたいと思いこのプロジェクターに買い換えました。
    日中は見辛いですが、夜中に家族と大きな画面で見る時にはもってこいです。
    画質も大きくすぎると見辛いですが、そんなにこだわらない人なら十分です。
    ps4でサッカーゲームをした際には流石に見辛いので星一つマイナスです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    13位

    ソニー(SONY)

    ポータブルスマートプロジェクター Xperia Touch

    価格:120,088円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    投影画面にタッチして操作できるハイテク短焦点プロジェクター

    23インチで投影した場合に限りますが、投影した画像に対してタッチ操作が可能ななんともびっくりする機能を備えた超短焦点プロジェクターとなります。特徴はこれだけではなく、わずか25cm離すだけで80インチの投影が可能と超短焦点プロジェクターとしての機能も抜群です。

    投影距離30cmルーメン100
    解像度1280×768

    口コミを紹介

    ソニーらしい近未来的な製品ですね。
    シンプルで洗練されたデザインにまず心踊らされます。
    コンパクトで軽いので持ち運びも苦になりません。
    ソニー独自のレンズ、ディスプレイ仕様はやはり魅力的です。
    使う人それぞれの好みに応じていろいろと使い勝手の良さを実感すると思います。
    狭い我が家では壁に映して使っていますが、設置場所に少し悩みました。
    広い家の方が本当にうらやましいt頃ですね・・・。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    12位

    FunLogy

    FUN PLAY プロジェクター

    価格:28,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    三脚付きで高さ調節も可能な1台

    こちらの短焦点プロジェクターは、3m離れるだけで100インチの大画面を投影できて、フルHDにも対応しているので綺麗な画質を大画面で楽しむことが出来ます。本体に高音質のスピーカーを内蔵しているので、この1台でまるで映画館のような迫力を楽しむ事が出来ます。

     

    三脚が付属しているので高さの調節も可能です。わずか1.2kgと軽量なので持ち運びに便利な点も魅力です。

    投影距離3mルーメン2200
    解像度800×480

    口コミを紹介

    パソコンと繋げて、壁に映して映画を楽しんでます!明るくて昼でも夜でも楽しめます!初めてのプロジェクターでしたが、説明書も分かりやすく、誰でも使えます!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    11位

    ベンキュージャパン

    DLPプロジェクター TH671ST 短焦点モデル

    価格:81,688円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    低遅延でスポーツなどの激しい動きも問題なし

    1.5mの短距離で100インチが投影可能で、低遅延なので残像が少なくスポーツやゲームなどを大画面で楽しむことの出来る短焦点プロジェクターとなっています。またフルHD対応、3000ルーメンとキレイな画像をハッキリと映し出せるのも特徴です。

     

    MaxxAudioサウンドエンハンス技術を採用することで、パワフルで臨場感溢れるサウンドを楽しむことが出来ます。画質の良さと迫力のサウンドで映画やライブなどの動画鑑賞にも最適です。

    投影距離1.5mルーメン3000
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    1mくらいの距離から投影しても60インチ以上のサイズになります。
    壁紙にそのまま投影していますが、特に気になることもなく快適。
    また、3000ルーメンと明るいので、ライトがついている部屋での視聴も問題ありませんでした。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    10位

    GooBang Doo

    ABOX プロジェクター

    価格:12,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    多機能で低価格!コスパが魅力

    こちらの短焦点プロジェクターは、1mの距離でも32インチを映し出すことができ、最大で176インチもの大画面を投影できる点が魅力のプロジェクターです。3000ルーメンと明るいので昼間でも充分な明るさで映像を楽しめます。

     

    内蔵スピーカーを2つ搭載しているので迫力あるサウンドを楽しめる点も魅力です。そして何よりの特徴はコスパに優れている点で、機能性にも優れながら低価格なので短焦点プロジェクターのデビューに適していると言えるでしょう。

    投影距離3mルーメン3000
    解像度1280×720

    口コミを紹介

    80インチ程で投影してます。
    解像度が1280*720なので、充分綺麗に見えます。
    昼間もカーテンを閉めれば問題なく使えました。
    天吊で使用してますが、台形補正もソフトウェア上で行えば問題ないです。

    正直この価格なので不安でしたが、良い商品だと思います。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    9位

    エプソン

    プロジェクター EB-1780W

    価格:85,261円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    安心と信頼のEPSON製

    大手メーカーのEPSONから販売されているこちらのプロジェクターは、A4サイズで厚さが44mmと非常にコンパクトで、ノートパソコンや資料などと一緒に持ち運びが可能です。3000ルーメンと非常に明るくどんなシチュエーションでもハッキリとした映像を映し出すことができます。

     

    スクリーンの枠と画面をボタン1つで合わせることが出来るフレームフィット機能と、スクリーンがなくても自動で四角く調整してくれる自動タテヨコ補正を搭載しているので機能性も充実しています。スクリーンがなくても機能するので家庭用としても活躍してくれるでしょうが、最大限活躍してくれるのはビジネスシーンではないでしょうか。

    投影距離2mルーメン3200
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    コンパクトですが、明るさ、解像度ともに必要充分な性能を持ってるので、買って正解でした。
    1つ上の機種と迷いましたが、価格差考えてもこっちで良かったと思います。
    短焦点なので、小さい応接とか場所を選ばないのもgood!!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    8位

    LG

    PF1000UG LED プロジェクター

    価格:126,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    38cmの距離で100インチが楽しめる

    わずか11cmで60インチ、38cmで100インチの大画面を投影できる超短焦点プロジェクターで、天井にも投影できるので寝ながら映画も楽しめるなど家庭用としても活躍してくれます。

     

    ワイヤレスでスマートフォンやタブレット、パソコンなどに接続でき、Bluetoothも搭載しているので外部スピーカーともワイヤレスで接続可能です。コードを繋がないので機器周辺がスッキリして快適です。

     

    投影距離38cmルーメン1000
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    天井への投影をやって見ました。最初ファンの音が気になりましたが、エコモードに切り替えたら全く音がしなくなりました。
    寝転がりながら80インチ以上の画面でテレビが観れるので最高です!
    本当に買って良かったです。
    バッテリーも4時間も持つので、ワイヤレスで動画を観たりも出来るので良いです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    7位

    LG

    HF85JG レーザー超短焦点プロジェクター

    価格:164,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    120インチの大画面が20cmの距離で投影可能

    たった8cmの距離で90インチの画面が、120インチの大画面でもわずか20cmの投影距離とまさしく超短焦点といった性能を誇ったプロジェクターとなっています。ワイヤレスなのでスマートフォンなどと簡単に接続可能です。またBluetoothも対応しているので外部スピーカーとも手軽に接続可能です。

     

    超短焦点プロジェクターでありながら、フルHD対応・1500ルーメンと画質面でも充分な性能をもっていて、画面の歪みを自動で調整してくれるアシスト機能も備えているので誰でも簡単に扱うことが出来ます。家庭用・ビジネス用どちらでも活躍してくれる1台となっています。

    投影距離20cmルーメン1500
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    壁にスクリーンをはって使用してます。
    3Dには対応してないので注意が必要です。
    画像、明るさは問題ないです。
    超短焦点なのでスペースが無くても設置できます。
    HDMIの口が設置すると壁側になるのでL字アダプタ等で向きをかえる事推奨します。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    6位

    ベンキュージャパン

    プロジェクター HT2150ST

    価格:100,808円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ゲームを楽しむことに長けた短焦点プロジェクター

    ゲームモードを搭載していて、プロジェクターでゲームを楽しむのに長けた短焦点プロジェクターで、動きのブレや遅延を最小限に抑えることでプロジェクターでもゲームを楽しめる為家庭用として活躍してくれること間違いなしです。1.5mの距離で100インチの画面が楽しめるので場所を選ばず、最大で300インチの大画面にも対応しています。

     

    フルHD対応で、2200ルーメンと輝度も高いので明るい部屋でもハッキリ綺麗な映像を楽しむことが出来ます。このように充分な性能を備えていながら、比較的低価格で購入できるためコスパは抜群と言えるでしょう。初めての短焦点プロジェクターとしておすすめです。

    投影距離1.5mルーメン2200
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    初めてのプロジェクターだが、画質の良さに感動。
    白壁に写してますが、綺麗に映ります。
    音も静かで、昼もカーテンしめたら普通に見れます。
    自宅が映画館になるといっても過言ではないレベル。
    もうテレビが邪魔に感じるくらいです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    5位

    ベンキュージャパン

    プロジェクター MW632ST

    価格:66,463円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    対応接続端子数が豊富で様々なAV機器と接続可能

    1mの距離でも64インチの画面を投影出来る短焦点プロジェクターで、3200ルーメンの高輝度・13000:1のコントラスト比で、とても明るい画面、とてもくっきりとした画質を楽しむことが出来ます。

     

    また対応接続端子数が非常に豊富で、D-sub15ピンx1,ビデオコンポジット端子x1,Sビデオ端子x1,HDMI端子x2,オーディオRCA端子(L/R)x1,オーディオミニジャックx1‎と様々な機器と接続可能です。これだけの性能を持ちながら、お財布に優しい低価格で非常に高いコストパフォーマンスを誇っています。

    投影距離1.8mルーメン3200
    解像度1280×800

    口コミを紹介

    単焦点モデルのプロジェクターを探していたのですが、これが一番安かったんですよね。
    BenQは2台目なので、まぁ心配はしていなかったのですが、これが期待以上でした。
    兎に角、映写距離が短くでも大画面に映し出せるので、設置場所で悩む事が減りました。
    映写距離的には、ミラー反転タイプに勝てませんが、何しろ高いんですよね…
    凄く近くから映し出す必要が無ければ、ぶっちゃけ、これで十分です。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    4位

    YABER

    プロジェクター

    価格:7,790円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    衝撃的なコスパ性能

    わずか50cmの距離で30インチの画面を投影できる短焦点プロジェクターで、170インチの大画面でも3.5mだけなので設置場所に悩む事もなくなるでしょう。接続端子がVGA、HDMI、SD、USBと豊富にあるので様々なAV機器と接続可能です。

     

    騒音低減技術を導入しているので、動作音が小さく、狭い部屋でも騒音を気にすること無く使用できるので家庭用としても活躍できるでしょう。そして最大の魅力はその価格にあります。充分な性能でありながら、なんと1万円を切る衝撃的な価格設定ですので短焦点プロジェクターをお試しでという方にピッタリと言えます。

    投影距離2mルーメン2800
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    1万円以下のプロジェクターなので、あまり期待はしていなかったのですが、満足できる商品でした。
    ピントの合う範囲は広くないので、スクリーンとの距離を調整する必要があります。
    台形補正もできるし、昼間は外出していることが多いので、夜に落ち着いて大画面で映画を見たりするのに最適です。HDMIなどの入力など基本的な機能はしっかりしていると思います。
    値段相応と、割り切って使えば、持ち運んで使ってもいいし、据え置きにしても場所をとらいないサイズです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    3位

    日本エイサー

    プロジェクター H6517ST

    価格:77,801円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    300インチの大画面を楽しめる

    こちらの短焦点プロジェクターは、短焦点でありながら300インチの大画面を投影できるプロジェクターで、3.3mと短い距離で300インチの大画面が楽しめます。1.1mでも100インチの画面を投影可能です。

     

    3000ルーメンの高輝度フルHD対応なので、明るい部屋内でも鮮明な画質で投影可能です。コントラスト比も10000:1と高いのでハッキリとしたメリハリある画質になります。比較的安価で購入できるためコスパも良好です。

    投影距離1.1mルーメン3000
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    パソコンに接続し使ってます。
    購入時価格約77000円でしたがコスパがいいです。
    6畳ほどの部屋で150インチは出せます。
    DLP特有のレインボーノイズも出ませんでした。(カメラ越しにも)
    動作音も気にならないと思います。
    レビューが少なかったため買うのにためらったんで、
    これから買う人の参考になれば幸いです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    2位

    エプソン

    プロジェクター EB-536WT

    価格:170,938円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    投影画面に文字が書ける!特徴的な短焦点プロジェクター

    安心と信頼のEPSON製であるこちらの短焦点プロジェクターは、3400ルーメンの高輝度16000:1の高コントラスト比なので、くっきりとした鮮やかな画質を明るい部屋でも楽しむことが出来ます。83cmの短距離でも80インチの画面が映し出すことが可能です。

     

    最大の特徴は、投影画面に直接文字や絵を書き込む事が出来る点です。付属の専用ペンを使用することで投影した画面に直接文字などを書き込むことが出来るので、ビジネス用にピッタリと言えます。

    投影距離83cmルーメン3400
    解像度1280×800

    口コミを紹介

    備品のプロジェクターでは物足りなく購入しました。
    3400lmはとても見やすく、機能も充実しています。オプションの無線LANの設定に手間取りましたが、いろんな使い方ができそうで、ワクワクしています。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    1位

    OPTOMA TECHNOLOGY

    超短焦点 DLPプロジェクター

    価格:192,666円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    画面が明るくて鮮明!高機能超短焦点プロジェクター

    こちらの短焦点プロジェクターは、わずか31cmの距離で100インチの画面が、19cmで80インチの画面が楽しめるプロジェクターです。19cm距離から投影可能なので設置場所に悩むこと無くスムーズなセッティングが可能です。

     

    最大の魅力は、4000ルーメンの高輝度20000:1の高コントラスト比です。ルーメン数・コントラスト比のどちらも今回紹介した短焦点プロジェクターの中でトップの数値です。明るい部屋でもハッキリとメリハリある画面を楽しむことが出来る、高性能短焦点プロジェクターです。本格的な短焦点プロジェクターを求めている方にイチオシです。

    投影距離31cmルーメン4000
    解像度1920×1080

    口コミを紹介

    主に映像製作(投影シュミレーション)のために活用させていただいています。いろいろと他社の「短焦点プロジェクター」もリサーチてみましたが、このスペック(コンパクトなサイズ・明るさ・焦点距離の短さ)は他には無い!199,800円は高価な買い物ですが、納得です!

    出典:https://www.amazon.co.jp

    短焦点プロジェクターの選び方

    短焦点プロジェクターは様々な種類があり、特徴も非常に豊富です。一度購入すると買い換えるタイミングは中々無いので失敗しない購入のために、選び方のポイントもしっかりとチェックしていきましょう。

    用途で選ぶ

    短焦点プロジェクターをどの様な用途で使うのかを明確にすることで、選ぶ短焦点プロジェクターも変わってきます。

    ホームシアター

    近年ではプロジェクターをホームシアターとして家庭でも使用する機会が増えてきました。もはやプロジェクターはビジネスだけで使う時代では無くなっています。家庭でホームシアターとして使用するのであれば、家庭内の限られたスペースでも活躍できる短焦点プロジェクターはまさにうってつけと言えるでしょう。

     

    ホームシアターとして短焦点プロジェクターを使用する際は、映像美に注目して選びましょう。少なくてもフルHD(1920×1080)以上が望ましいです。予算が豊富であれば4K対応だとよりキレイな画質を楽しめます。

    ビジネス

    プロジェクターが活躍するシーンの多くはビジネスシーンです。社内でのプレゼンや勉強会、社外でのセミナーや説明会など活躍するシチュエーションは様々で社内に1台はあるケースも少なくありません。短焦点プロジェクターを使用すれば小さな会議室や、限られたスペースでも活躍できるので非常に便利です。

     

    ビジネス用として使用するのであれば注目したいのは、ルーメン数と接続端子数と対応種類が豊富である点です。ルーメン数が高ければ照明が明るくてもキレイに見えます。また接続端子数が豊富でより便利で、端子数の対応種類が豊富であればパソコンと繋ぐ場合に接続部に悩む必要もありません。

    パネルタイプで選ぶ

    パネルの性能が投影する映像の画質に反映されます。静止画なのか動画なのか映したい映像の種類によって選ぶのがポイントです。またパネルの種類によって価格も変わってきますので予算と相談することもポイントです。

    液晶

    液晶パネルの特徴は、発色の良さ・画質の良さにあります。投影する発色が良い為、高画質でキレイな映像を楽しむことが出来ます。一般的には静止画に向いているとされていてプレゼンや写真を投影するのにぴったりでしょう。逆に激しい動きには残像が残ってしまうため向いているとは言えません。

     

    比較的価格帯が安い傾向にあるのも魅力で、家庭用としてもビジネス用としても幅広く活躍出来るので人気が高いです。特にコスパを重視する方におすすめです。

     

     

    DLP

    DLPは近年急激に人気が高まっているモデルで、いいとこ取りをしたバランスの良いパネルとなっています。残像が無く、コントラストが高いことでくっきりとした映像を楽しむ事が出来ます。レインボーノイズと呼ばれる色のにじみが見られるケースがありますがそれ除けば性能が良く、低価格な値段も特徴でコスパにも優れています。

    LCOS

    LCOSは輝度が高く、高画質で美しい映像を楽しむことが出来るパネルです。紹介してきた2つのパネルと比べても画質が高く動画などを本格的に楽しむのにおすすめと言えます。性能が高いため高額な価格になる傾向にあり、本体サイズも大きくなるので短焦点プロジェクターには向いてはいません。

    メーカーで選ぶ

    短焦点プロジェクターは様々なメーカーから販売されています。メーカーに拘って短焦点プロジェクターを選ぶのもポイントです。

    エプソン

    EPSONはプロジェクター分野で長年シェア1位を獲得しているメーカーで、プロジェクター以外にも印刷機などの販売を行っている国内外でも人気が高いです。ビジネス・家庭用どちらも人気が高く、幅広い特徴の短焦点プロジェクターを販売しているので、まずはEPSONをチェックしてみましょう。

    ソニー

    もはや語る必要の無い大手メーカーで、プロジェクターの分野でも高い人気を得ています。どこよりも早く4K対応プロジェクターを取り入れたり超短焦点プロジェクターを販売したりと高い技術力に裏打ちされた製品が多いのが特徴です。

     

    お求めやすい価格帯の家庭用プロジェクターなども豊富に取り扱っているため、幅広い商品から選ぶことが出来ます。

    BenQ

    台湾を拠点としているBenQは、電気製品を製造しているメーカーで世界中でも評価が高いメーカーとなっています。他の2つのメーカーと比べると製品数は少ないもののラインナップはとても豊富です。また低価格の製品が魅力でコスパに優れた短焦点プロジェクターを求めているならBenQ製がおすすめです。

    その他に重視したいポイント

    短焦点プロジェクターにはその他にも注目したいポイントがあります。いずれも短焦点プロジェクターを選ぶ上で重要なポイントですのでしっかりとチェックしていきましょう。

    投影距離

    短焦点プロジェクターのみならずプロジェクターに置いても重要なのが、プロジェクター本体の投影距離です。短焦点プロジェクターにも適正投影距離があるので機種によって公表されている適正距離を把握しましょう。

     

    また短焦点プロジェクターの中には、超短焦点プロジェクターと呼ばれるモデルもあります。こちらの超短焦点プロジェクターは短焦点プロジェクターよりさらに距離を縮めて投影することが出来ます。30cmの距離で80型を投影可能と言われています。

    ルーメン数

    プロジェクターの明るさを表しているルーメン数「lm」と表記されるこちらの数値は、数値が大きい程明るい投影となります。真っ暗な場所でのみ映すのであれば1,000lm〜2,000lm程度でも充分でしょうが、比較的明かりが差し込む場所で使用する場合は3,000lm以上が望ましいです。

    解像度

    鮮明な映像を投影したい場合は、4KやフルHDの高解像度に対応したモデルを選びましょう。解像度が高ければ大画面でも鮮明な映像を楽しむことが出来ます。

     

    解像度が高くなればなるほど価格も上がっていくので、自身の見たい映像や環境に合わせて解像度を選びましょう。

    入力端子

    短焦点プロジェクターとパソコンやレコーダーなどを繋ぐ入力端子の数対応している種類が豊富であればとても便利です。数が豊富であれば繋ぎ直す必要がなく、対応種類が豊富であれば複数の人が集まる社内会議でも端子が合わないといったトラブルもなく安心です。

    4K

    最近のプロジェクターではフルHDを凌ぐ4K対応の製品も販売されています。4Kを映すには解像度3840×2160が必要とされています。4Kはまだ高価でありますが徐々に安価でお求めやすいモデルも販売され始めています。

    短焦点プロジェクターおすすめ商品一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5064025の画像

      OPTOMA TECHNOLOGY

    • 2
      アイテムID:5064039の画像

      エプソン

    • 3
      アイテムID:5064206の画像

      日本エイサー

    • 4
      アイテムID:5064265の画像

      YABER

    • 5
      アイテムID:5064257の画像

      ベンキュージャパン

    • 6
      アイテムID:5064210の画像

      ベンキュージャパン

    • 7
      アイテムID:5064041の画像

      LG

    • 8
      アイテムID:5064202の画像

      LG

    • 9
      アイテムID:5064197の画像

      エプソン

    • 10
      アイテムID:5064262の画像

      GooBang Doo

    • 11
      アイテムID:5064094の画像

      ベンキュージャパン

    • 12
      アイテムID:5064198の画像

      FunLogy

    • 13
      アイテムID:5064067の画像

      ソニー(SONY)

    • 14
      アイテムID:5064072の画像

      ソニー(SONY)

    • 15
      アイテムID:5064264の画像

      LG

    • 商品名
    • 超短焦点 DLPプロジェクター
    • プロジェクター EB-536WT
    • プロジェクター H6517ST
    • プロジェクター
    • プロジェクター MW632ST
    • プロジェクター HT2150ST
    • HF85JG レーザー超短焦点プロジェクター
    • PF1000UG LED プロジェクター
    • プロジェクター EB-1780W
    • ABOX プロジェクター
    • DLPプロジェクター TH671ST 短焦点モデル
    • FUN PLAY プロジェクター
    • ポータブルスマートプロジェクター Xperia Touch
    • SONY プロジェクター LSPX-P1
    • LG PH450UG
    • 特徴
    • 画面が明るくて鮮明!高機能超短焦点プロジェクター
    • 投影画面に文字が書ける!特徴的な短焦点プロジェクター
    • 300インチの大画面を楽しめる
    • 衝撃的なコスパ性能
    • 対応接続端子数が豊富で様々なAV機器と接続可能
    • ゲームを楽しむことに長けた短焦点プロジェクター
    • 120インチの大画面が20cmの距離で投影可能
    • 38cmの距離で100インチが楽しめる
    • 安心と信頼のEPSON製
    • 多機能で低価格!コスパが魅力
    • 低遅延でスポーツなどの激しい動きも問題なし
    • 三脚付きで高さ調節も可能な1台
    • 投影画面にタッチして操作できるハイテク短焦点プロジェクター
    • 超短焦点プロジェクターの草分け的1台
    • コスパに優れた超短焦点プロジェクター
    • 価格
    • 192666円(税込)
    • 170938円(税込)
    • 77801円(税込)
    • 7790円(税込)
    • 66463円(税込)
    • 100808円(税込)
    • 164800円(税込)
    • 126000円(税込)
    • 85261円(税込)
    • 12999円(税込)
    • 81688円(税込)
    • 28000円(税込)
    • 120088円(税込)
    • 137800円(税込)
    • 53300円(税込)
    • 投影距離
    • 31cm
    • 83cm
    • 1.1m
    • 2m
    • 1.8m
    • 1.5m
    • 20cm
    • 38cm
    • 2m
    • 3m
    • 1.5m
    • 3m
    • 30cm
    • 80cm
    • 33cm
    • ルーメン
    • 4000
    • 3400
    • 3000
    • 2800
    • 3200
    • 2200
    • 1500
    • 1000
    • 3200
    • 3000
    • 3000
    • 2200
    • 100
    • 100
    • 450
    • 解像度
    • 1920×1080
    • 1280×800
    • 1920×1080
    • 1920×1080
    • 1280×800
    • 1920×1080
    • 1920×1080
    • 1920×1080
    • 1920×1080
    • 1280×720
    • 1920×1080
    • 800×480
    • 1280×768
    • 1920×1080
    • 1280×720

    まとめ

    短焦点プロジェクターは、ビジネスシーンでも家庭用のホームシアターにも活躍できる便利なアイテムとして人気が高いです。一般的なプロジェクターと違い場所や環境を選ばない便利さでどんなシチュエーションでも綺麗な映像を映し出してくれますので、是非活用してみましょう!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ