【2021年最新版】モバイルプロジェクターの人気おすすめランキング25選

記事ID11188のサムネイル画像

アウトドアやキャンプで映画が楽しめると人気のモバイルプロジェクター。天井固定型と比べ、小型で軽量なので持ち運びが簡単です。価格帯も気軽に購入できる安いものからフルHD対応の画質の良いものまで種類も豊富に揃っています。この記事では、モバイルプロジェクターの選び方や2021年最新版おすすめランキングをご紹介しています。

コンパクトで高性能!進化したモバイルプロジェクター

モバイルプロジェクターとは、小型で持ち運びしやすい携帯用のプロジェクターのことです。もともと重くて大きかったプロジェクター。「家にあったって使わないし」と購入を見送っていた方もいるでしょう。
 
でも実は、最近では持ち運びやすい薄型・携帯化が進んでいて、ついにポケットサイズにまで進化しました!自宅で過ごすことが多くなった今、モバイルプロジェクターがあれば、映画やスポーツ、ライブ映像を大画面でより快適に楽しむことができます。
 
 
そこで今回は、モバイルプロジェクターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは画質・使い勝手・機能性を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

モバイルプロジェクターの選び方

モバイルプロジェクターの選び方をご紹介します。同じメーカーでも以前とは性能が進化しているので、改めてチェックしてみてください。

パネルタイプで選ぶ

パネルタイプとは投影方式のこと。パネルタイプを比較することで、自分に合ったモバイルプロジェクターを選びやすくなります。

一般的なタイプから選ぶなら「DLP」がおすすめ

DLPとは、デジタル・ライト・プロセッシングの略で、マイクロミラー反射型パネル・通称DMDを使ったパネルタイプのことです。

 

コントラストの高い鮮明な投影が可能で、映像を自由に調整できます。操作しやすいのがメリットです。低コストでの搭載が可能なので、コストパフォーマンスの良い商品が多く揃っています。

画質重視なら「LCOS」がおすすめ

LCOSとは、リキッド・クリスタル・オン・シリコンの略で、ミラーではなく液晶を使用した反射タイプです。

 

4K対応モデルなど上位機種に採用されているパネルで、高解像度の美しい画像を投影できるのが特徴。DLPタイプに比べると高額な商品が多いですが、画質を重視したい方におすすめです。

明るさ「ルーメン(lm)」で選ぶ

モバイルプロジェクターを選ぶときは、輝度・明るさに注目してみましょう。ルーメン(㏐)という単位で表示され、数値が大きいほどはっきりと投影できます。

暗い場所で使う方は「100~300ルーメン」がおすすめ

ホームシアターのように部屋を暗くして使う時は、100~300ルーメンの明るさがあれば投影できます。

 

真っ暗な部屋やキャンプの夜のような暗闇であれば、100ルーメンでも投影することが可能です。暗い場所で使うことが多い方は、商品の種類も豊富で価格帯も比較的安いものが多くあります。

明るい場所で使う方は「1000ルーメン」がおすすめ

昼間の会議室など明るい場所で使う場合には、1000ルーメンの明るさが理想です。しかし、輝度の数値が大きく明るく投影できる商品ほど、バッテリーの消費も大きく、価格も高くなる傾向にあります。明るい場所で使う場合には、できるだけ照明を消して使用するのがおすすめです。

解像度・コントラストの比較で選ぶ

解像度やコントラスト比は、投影する画質に大きく関係しています。環境や用途に合わせて、理想的な解像度やコントラスト比を選ぶようにしましょう。

映画やゲームを高画質で楽しみたい方は「高解像度・フルHD・画素数」がおすすめ

解像度・画素数が高いほど、きめ細やかな投影が可能です解像度が高いと画像や小さな文字がつぶれにくいですが、解像度が低いと細かい部分がつぶれてしまいます。高画質のきめの細かい映像を楽しみたい方は、高解像度・高画素数の商品を選びましょう。

 

解像度や画素数は、640×480pixelや854×480pixelが一般的。1366×768pixel以上あれば、画像をきれいに投影できますが、その分だけ価格も安くはありません。映画鑑賞できめ細かな美しい映像を楽しみたいなら、FULL HD以上の解像度・画素数がおすすめです。

色合い・白黒をはっきり投影したい方は「高いコントラスト比」がおすすめ

コントラストとは、一番明るい白と一番暗い黒の明るさの比率のことです。1000:1や2500:1などと記載され、数値が高いほど明るい部分と暗い部分がはっきり投影されます。とはいえ、コントラスト比が高いから、映像全体が美しくなるというわけではありません。

投射距離で選ぶ

モバイルプロジェクターを選ぶときは投射距離を確認しましょう。投射距離とは、映像を映すときに必要な距離のことです。

壁の近くで使うなら「短焦点」のものがおすすめ

狭い部屋でモバイルプロジェクターを使用する場合は、短焦点のものがおすすめです。投射する壁との距離が近くても、大きくて見やすい映像を楽しむことができます。目安として、短焦点にこだわる場合、1m程度のものがおすすめです。

大画面投影なら「2~3m焦点」のものがおすすめ

2~3m焦点のモバイルプロジェクターなら、大画面で映像を楽しむことができます。壁との距離を十分保つことができるなら、ぜひ検討してください。

補正機能で選ぶ

モバイルプロジェクターに搭載されていると便利な補正機能。代表的な二つの機能をご紹介します。

使用場所を頻繁に変えるなら「オートフォーカス機能付き」がおすすめ

オートフォーカス機能は、モバイルプロジェクターと壁の距離が変わるたびに、自動でピントを合わせるものです。「モバイルプロジェクターを持ち運んで様々な場所で使う予定だ」という方におすすめ。自分でピントを合わせる必要がなくなります。

狭い部屋で使うなら「台形補正機能付き」がおすすめ

台形補正機能は、壁とモバイルプロジェクターの距離が近い場合、それを考慮して理想的な形で映像を投射する機能です。壁とモバイルプロジェクターの距離が近いと映像が台形になってしまうことがありますが、台形補正機能がついていればその悩みが解消されます。

快適に使うなら「部屋に適した投影画面サイズ」がおすすめ

モバイルプロジェクターの投影画面サイズは、通常「インチ」という単位で表されます。部屋や目的に合わせた投影画面サイズのものを選ぶと、快適な使用感に近づくでしょう。

 

投影画面サイズは、10インチを下回るものから、300インチ程度のものまで商品によって幅があります。大画面で映画を楽しみたいなら、少なくとも50インチ以上のものを選ぶのがおすすめです。

目的に合った映像の縦横比で選ぶ

モバイルプロジェクターが投射する映像の縦横比は、商品によって異なります。選ぶ際のポイントを確認しましょう。

ビジネスなら「4:3」がおすすめ

ビジネス用にモバイルプロジェクターを購入するなら、縦横比は4:3がおすすめです。ビジネスシーンでは16:9の縦横比である必要性はあまり高くありません。4:3のものの方が、16:9のものよりも価格が安い場合が多く、コスパに優れています。

映画やゲーム・動画を楽しむなら「16:9」がおすすめ

映画やゲーム・動画を楽しむ場合、16:9の縦横比のモバイルプロジェクターがおすすめです。映像そのものの美しさを、可能な限り損なわない状態で堪能することができます。

接続方法で選ぶ

モバイルプロジェクターは、iPhoneなどスマートフォンやパソコンとつないで投影できます。商品を購入する前に、機器との接続方法もチェックしておきましょう。

iPhoneと接続する方は「wi-fi・Bluetooth」モデルがおすすめ

iPhoneなど無線LAN通信機能を搭載した機器には、「wi-fi」対応モデルがおすすめです。iPhoneからワイヤレスで情報が送信され、モバイルプロジェクターを通して投影されます。便利さを比較すると断然ワイヤレスがおすすめです。

スマホをケーブルで接続する方は「HDMI・MHL端子」がおすすめ

モバイルプロジェクターで最も多いのは、HDMI端子を使った接続方法です。HDMI端子に対応している機種が多いので、ケーブルをつなげるだけで視聴が可能。スマートフォンやタブレットなどに接続する場合も、HDMIケーブルを使うことができます。

 

USBポートからMHL端子へ接続できるタイプもあります。micro USBポートから映像を出力できるMHLに対応しているかどうか確認しましょう。中には、SDカードに対応していて、差し込むだけで映像を投影できるモデルもあります。

キャンプに持ち運ぶなら「小型サイズ・軽量モデル」がおすすめ

モバイルプロジェクターの選び方には、サイズで選ぶという方法があります。モバイルプロジェクターの魅力は、小型化されたコンパクトなサイズです。携帯して持ち運びやすい、ポケットサイズやスマホサイズの超小型モデルもあります。

 

モバイルプロジェクターは、持ち歩きやすい重量で選ぶのがおすすめです。モバイルプロジェクターには、本体重量が200g700gの小型タイプがあります。ポケットに入れて携帯したいなら、500gほどの軽量モデルがおすすめです。

内蔵スピーカーの音質で選ぶなら「W数が高いもの」がおすすめ

モバイルプロジェクターの内臓スピーカーで音を楽しむ場合は、W数が高いものを選ぶといいでしょう。W数が高い方が、はっきりと音を出すことができます。また、音質にとことんこだわるのなら、別途スピーカーを用意するのもおすすめです。

快適に楽しむなら「作動音の小さいもの」がおすすめ

モバイルプロジェクターの作動音が大きいと、映像に集中できなくなる恐れがあります。没入感を高めるためにも、作動音が小さいものを選びましょう。口コミなどで確認するのがおすすめです。

バッテリー容量で選ぶ

内蔵バッテリー容量はとても重要なポイントです。バッテリーの容量は、ミリアンペアアワー・mAhという単位で表示されていて、数値が高いほど容量は大きくなります。

映画を鑑賞したい方は「3時間以上」のものがおすすめ

モバイルプロジェクターは、2〜5時間ほど持続できるモデルが多く販売されています。映画鑑賞をしたい方は、少なくとも3時間以上持続できるバッテリー容量が必要です。同じバッテリー容量でもモデルによって消費電力が異なるため、連続使用時間を確認しましょう。

長時間投影したい方は「モバイルバッテリー給電」のものがおすすめ

モバイルバッテリー給電とは、パソコンやモバイル機器からバッテリーを供給できるタイプです。長時間映像を投影したい方は、USBを接続してバッテリーを供給できるか確認しましょう。モバイルバッテリー給電のモデルなら、いざという時に安心です。

リモコンだけで動画を楽しむなら「OS搭載」のものがおすすめ

OS搭載のモバイルプロジェクターなら、スマホやパソコンに接続することなく動画を楽しめます。各種ビデオオンデマンドサービスと提携している商品も販売されているので、ぜひチェックしてください。

予算で選ぶ

モバイルプロジェクターの価格相場についてご紹介します。購入時の参考にしてください。

機能性と価格のバランスを考えるなら「20,000円前後」のものがおすすめ

機能性と価格のバランスを考えてモバイルプロジェクターを選びたい場合は、20,000円前後のものがおすすめです。もちろん、予算を上げるほど機能が豊富で使いやすい商品が増えます。

安いモバイルプロジェクターなら「10,000円以下」のものがおすすめ

とにかく安いモバイルプロジェクターが欲しい!」という方は、10,000円以下の商品も存在するので探してみるといいでしょう。最低限の機能さえあればいいという場合は、10,000円以下の価格帯でも使い勝手が良いものが豊富にあります。

メーカー・ブランドで選ぶ

モバイルプロジェクターのおすすめメーカー・ブランドをご紹介します。迷ったときは参考にしてください。

人気の高い商品なら「Anker(アンカー)」がおすすめ

モバイルプロジェクターを取り扱う中でも、人気が高い商品が多いのがAnker。モバイルバッテリーやスマホ関連商品に強いメーカーです。価格が安く使い勝手が良い商品を豊富にそろえています。通販サイトなどで購入することができる手軽さも魅力。

電子機器の大手メーカーなら「EPSON(エプソン)」がおすすめ

EPSONは電子機器やパソコン周辺機器を取り扱う有名メーカー。ユニークな発想で生活を便利にするアイテムを取り揃えています。家電ショップでも販売されているような有名メーカーの商品をお探しならぜひチェックしてください。

高くても高品質なものを探すなら「SONY(ソニー)」がおすすめ

世界的に有名な電化製品メーカー・SONY。モバイルプロジェクターの相場よりも高価なアイテムが多いですが、その分高品質。使い勝手を優先したい方におすすめです。

性能で選ぶなら「BenQ(ベンキュー)」がおすすめ

性能重視でモバイルプロジェクターを選びたいなら、BenQのアイテムをチェックしてみましょう。多数の機能がついて快適に使える商品を多くそろえています。画質や音質も高性能なものが多く、納得できる商品をとことん探したい方におすすめです。

超小型モバイルプロジェクターの人気おすすめランキング7選

スマホと同じポケットサイズ!

おしゃれな時短家電・小型生活家電を中心に取り揃えているUENO-monoの「KABĒN カベーニ」。繊細な描写ができて、色合いも強く暗い映像でもしっかりと表現できます。明るさも良好で暗い部屋ならストレスなく楽しめます。

投影方式/投影距離 DLP/ 0.5~4m 解像度 854×480
サイズ 145×80×180mm 明るさ 1000lm
コントラスト比 2000:1 天井投影
OSの有無 接続方法 USB・HDMI・microSD
補正機能 オート 無線対応 Bluetooth
内臓スピーカー 重量 260g
連続再生時間 2~3時間 投影画面サイズ 18~140インチ

口コミを紹介

思ったよりずっといい商品でした! 音も十分大きくて、Androidなのでいろんなアプリを使えます。 スマホよりは少し重いけど、備品も揃ってて届いたらすぐ使えます!AirPlayもできるし、便利です。お家が映画館になったみたいです。

出典:https://ck.jp.ap.valuecommerce.com

持ち運びに適した超小型モバイルプロジェクター!

手で握れるサイズ感のモバイルプロジェクター。重さはなんと400g!持ち運びが楽です。小さいながらも高性能で、ビジネスシーンでもキャンプシーンでも大活躍します。天井へ向けての投影も可能

投影方式/投影距離 - 解像度 1080ピクセル
サイズ 192×50×50mm 明るさ 1000ルーメン
コントラスト比 2000:1 天井投影
OSの有無 接続方法 HDMI・USB・SD
補正機能 - 無線対応 Wi-Fi対応
内臓スピーカー - 重量 400g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 100インチ

口コミを紹介

HDMIとwifi両方に対応しているので、状況に応じて使い分けられるのがいい。
iphone/ipad/パソコンとのミラーリングは簡単にできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

片手に乗るサイズのキューブ型で簡単操作!

京都に拠点を置く総合商社フェリクロスの「PicoCube」。5.5cmと非常にコンパクトながら、再生時間目安は約2時間が期待できるキューブ型のプロジェクターです。明るさも良好で、暗い部屋ならストレスなく楽しむことができます。

投影方式/投影距離 DLP/0.18~2.5m 解像度 854×480p
サイズ 55×55×55mm 明るさ 100lm
コントラスト比 1000:1 天井投影
OSの有無 Android 接続方法 HDMI・USB-A
補正機能 オート:±45° 無線対応 Bluetooth
内臓スピーカー 重量 170g
連続再生時間 2時間 投影画面サイズ 7~100インチ

口コミを紹介

コンパクトさがお気に入りです。まだ使用できていませんが、キャンプの時など野外で手軽に使用したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

手のひらサイズの立方体デザイン

立体方をしたデザインがおしゃれな、手のひらサイズの小型モバイルプロジェクターです。Androidやスピーカが搭載されているので、AndroidアプリやYouTubeなどが利用できます。おしゃれなデザイン性で選びたい方にも大人気の商品です。

投影方式/投影距離 DLP/- 解像度 Full HD
サイズ 14×7.49×2.39cm 明るさ 1400ISOルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 USB・HDMI・SDカードなど
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー - 重量 270g
連続再生時間 - 投影画面サイズ -

口コミを紹介

凄い技術だと思います。電源オンオフは蓋の開閉であっという間、ミラーリングはLightningケーブルで繋げばすぐにできる、煩わしさを感じないプロジェクターです。

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち運びにぴったり!垂直台形補正付き!

持ち運びやすいコンパクトなモバイルプロジェクターです。三脚がついているので、設置場所に困りません。Android OSを搭載し、リモコンの身で各種映像を楽しむことができます。垂直方向の台形補正や上下反転機能で、快適な鑑賞ライフをサポート。

投影方式/投影距離 DLP/- 解像度 1920×1080p
サイズ 15×2×8.5cm 明るさ 300ISOルーメン
コントラスト比 2000:1 天井投影 -
OSの有無 接続方法 HDMI
補正機能 垂直方向台形補正・自動反転 無線対応 Wi-Fi
内臓スピーカー 重量 240g
連続再生時間 2~3時間 投影画面サイズ 30-120インチ

口コミを紹介

基本プロジェクターなので暗いところで使用するのが前提なので明るい場所での使用は期待してなかったのですが蛍光灯下で20インチ位の大きさでは普通に観れたのはビックリでした

出典:https://www.amazon.co.jp

ポケットに入る大画面!

小型ランキングでおすすめの、持ち運びに便利な手のひらサイズです。約307gの小型軽量タイプで、最大120インチの大画面。ポケットに入れて持ち歩けば、外出先でも映像を投影できます。

投影方式/投影距離 -/0.5~3.7m 解像度 -
サイズ 8.3×11×2.9cm 明るさ 150ルーメン
コントラスト比 3500:1 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 HDMI・USB
補正機能 自動台形補正 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 307g
連続再生時間 5時間 投影画面サイズ 30-120インチ

口コミを紹介

150ルーメンということで、小さな会議に使えたらいいやと思っていましたが、
試しにホームシアターをしてみたら、意外と使えてびっくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルHD画質で明るさ2000ルーメン

明るさ2000ルーメンで、最大120インチまでフルHD画質で投影できる商品です。HDMIやUSB、DC端子が付いているので、パソコンスマホなど幅広く接続できます。バッテリー容量は4200mAhで、屋外での使用にもおすすめです。

投影方式/投影距離 - 解像度 480p
サイズ - 明るさ 2000ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 USB・HDMI・TFカード
補正機能 台形補正機能 無線対応 -
内臓スピーカー - 重量 1180g
連続再生時間 120分 投影画面サイズ 120インチ

口コミを紹介

一つ目はこのプロジェクターは、思ったより小さく、非常にコンパクトで持ち運びに便利です。それでそんなに重くない、1kg程度だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

超小型モバイルプロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7968998の画像

    iCODIS

  • 2
    アイテムID:7968995の画像

    Asustek

  • 3
    アイテムID:7968992の画像

    Hotack JP

  • 4
    アイテムID:7968989の画像

    vamvo

  • 5
    アイテムID:7978814の画像

    Felicross(フェリクロス)

  • 6
    アイテムID:7968986の画像

    FunLogy

  • 7
    アイテムID:7980028の画像

    雅万屋商店 楽天市場店

  • 商品名
  • RD-818 プロジェクター
  • ASUS ZenBeam E1
  • AODIN スマート プロジェクター
  • S1 モバイルプロジェクター
  • PicoCube A FCPC-S6A
  • X-03
  • KABENI カベーニ
  • 特徴
  • フルHD画質で明るさ2000ルーメン
  • ポケットに入る大画面!
  • 持ち運びにぴったり!垂直台形補正付き!
  • 手のひらサイズの立方体デザイン
  • 片手に乗るサイズのキューブ型で簡単操作!
  • 持ち運びに適した超小型モバイルプロジェクター!
  • スマホと同じポケットサイズ!
  • 価格
  • 21,680円(税込)
  • 26,470円(税込)
  • 23,798円(税込)
  • 21,999円(税込)
  • 25,000円(税込)
  • 39,800円(税込)
  • 34,800円(税込)
  • 投影方式/投影距離
  • -
  • -/0.5~3.7m
  • DLP/-
  • DLP/-
  • DLP/0.18~2.5m
  • -
  • DLP/ 0.5~4m
  • 解像度
  • 480p
  • -
  • 1920×1080p
  • Full HD
  • 854×480p
  • 1080ピクセル
  • 854×480
  • サイズ
  • -
  • 8.3×11×2.9cm
  • 15×2×8.5cm
  • 14×7.49×2.39cm
  • 55×55×55mm
  • 192×50×50mm
  • 145×80×180mm
  • 明るさ
  • 2000ルーメン
  • 150ルーメン
  • 300ISOルーメン
  • 1400ISOルーメン
  • 100lm
  • 1000ルーメン
  • 1000lm
  • コントラスト比
  • -
  • 3500:1
  • 2000:1
  • -
  • 1000:1
  • 2000:1
  • 2000:1
  • 天井投影
  • -
  • -
  • -
  • -
  • OSの有無
  • -
  • -
  • -
  • Android
  • 接続方法
  • USB・HDMI・TFカード
  • HDMI・USB
  • HDMI
  • USB・HDMI・SDカードなど
  • HDMI・USB-A
  • HDMI・USB・SD
  • USB・HDMI・microSD
  • 補正機能
  • 台形補正機能
  • 自動台形補正
  • 垂直方向台形補正・自動反転
  • -
  • オート:±45°
  • -
  • オート
  • 無線対応
  • -
  • -
  • Wi-Fi
  • -
  • Bluetooth
  • Wi-Fi対応
  • Bluetooth
  • 内臓スピーカー
  • -
  • -
  • -
  • 重量
  • 1180g
  • 307g
  • 240g
  • 270g
  • 170g
  • 400g
  • 260g
  • 連続再生時間
  • 120分
  • 5時間
  • 2~3時間
  • -
  • 2時間
  • -
  • 2~3時間
  • 投影画面サイズ
  • 120インチ
  • 30-120インチ
  • 30-120インチ
  • -
  • 7~100インチ
  • 100インチ
  • 18~140インチ

小型モバイルプロジェクターの人気おすすめランキング7選

自然なカラーを再現!

台湾に本社を置き、コンピューター周辺機器の製造と販売を行っているASUSの「ASUS ZenBeam S2」。自然なカラーで投影でき、細部もくっきりできる描写力とリアルな質感を再現可能です明るさも十分です。

投影方式/投影距離 DLP/ 1.5~3m 解像度 1280×720p
サイズ 35×120×120mm 明るさ 500lm
コントラスト比 3500:1 天井投影
OSの有無 接続方法 HDMI・USB
補正機能 オート:±30° 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 490g
連続再生時間 3.5時間 投影画面サイズ 60~120インチ

口コミを紹介

携帯性を重視して購入、イメージより軽くてコンパクトな印象。写り、明るさはそれなり。ある程度暗くしてpower pointプレゼンするには充分。

出典:https://www.amazon.co.jp

高いコントラストで色鮮やかな画像

独自の色彩技術で色鮮やかな画像を楽しめるモバイルプロジェクターです。Wi-Fi接続を利用すれば、簡単にミラーリング可能。タッチパネルで操作できるので、ビジネスやプライベートでスマートに投影できます。

投影方式/投影距離 - 解像度 1280P
サイズ 225×106×30mm 明るさ 3000ルーメン
コントラスト比 6000:1 天井投影 -
OSの有無 Bluetooth対応 接続方法 VGA・USB・HDMI・SDカード・AVポート
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー - 重量 1400g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 100インチ

口コミを紹介

明るさ!以前コンパクトサイズを重視して購入した他社製品に比べ、3000lmということもあり、蛍光灯をつけた部屋でも見られるレベルです。会社で担当している研修でぜひ活用したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち運びやすい使いやすい!

レンズの調整が可能で自動台形補正もついています。Bluetoothスピーカーを使用してホームシアターも楽しめます。3時間バッテリーで長編映画もラクラク鑑賞。独立型で場所も取らずセットアップも簡単なのでキャンプや会議にも最適です。

投影方式/投影距離 - 解像度 -
サイズ 8×8×15.5cm 明るさ 200ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 接続方法 USBなど
補正機能 - 無線対応 Bluetooth対応
内臓スピーカー 重量 710g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 最大100インチ

口コミを紹介

起動が早く、10秒ほどです。軽量で、三脚を付ける部分も付いています。
wifi経由でアクセスポイントにもなります。
リモコンも付いているので直感的に操作できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

くっきりと繊細な画像を投影!

世界トップクラスのシェアを誇る、韓国の総合家電メーカー・LGエレクトロニクスの製品。再生時間の目安は約2.5時間で、外出先でも映画1本は視聴できるます。輝度は600ルーメンで、投影方式には「DLP方式」が採用されています。

投影方式/投影距離 DLP 解像度 1280×720
サイズ 11.6×17.4×4.8cm 明るさ 600lm
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 HDMI ・USB 2・LAN
補正機能 無線対応 Bluetooth
内臓スピーカー 重量 600g
連続再生時間 3時間 投影画面サイズ 25~100インチ

口コミを紹介

小型の物が欲しく他社と色々比較した結果、こちらを購入してみました。中華の3000~3500ルーメンの物と比べても、明るく画質も綺麗です。本体サイズの割に色鮮やかな映像でとにかく驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ネット接続にも対応!ディスプレイ部門銀賞の高品質プロジェクター

Webの閲覧を可能にしたAndroidOS搭載モデル縦自動台形補正、左右上下反転表示に対応しています。スマホなどの外付けバッテリーにも使え、キャンプやアウトドアに便利な機能満載です。デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER ディスプレイ部門 銀賞受賞。

投影方式/投影距離 DLP/- 解像度 -
サイズ 12×12×3.3cm 明るさ 130ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 MicroSD・USB・HDMI
補正機能 縦自動台形補正・左右・上下反転表示 無線対応 Bluetooth対応
内臓スピーカー 重量 410g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 16.1-97インチ

口コミを紹介

PC本体が無くても色々持ち歩けるので少人数のミーティングを出先で行う時に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロ仕様の高解像度カメラ搭載

600〜800ANSIルーメンの明るさと組み合わせると、XGIMIのこれまでで一番明るいポータブルプロジェクターです。オートフォーカス機能4点キーストーン補正がついていて、電源を入れるだけで画像の焦点を自動的に合わせます

投影方式/投影距離 - 解像度 1080p Full HD
サイズ - 明るさ 800ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 接続方法 USB・HDMI
補正機能 4点キーストーン補正 無線対応 Bluetooth対応
内臓スピーカー 重量 1600g
連続再生時間 4時間 投影画面サイズ 300インチ

口コミを紹介

思った以上のクオリティー、画像も綺麗で満足してます!
もっと早く購入すれば良かきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高性能高品質に安定の大容量バッテリー搭載

ハーマンカードンデュアルスピーカーと大容量バッテリーを内蔵。世界初のAndroidTVコンパクトプロジェクターです。wi-fiとBluetooth経由でMoGoに接続し、ワイヤレススピーカーとしてフル充電で最大300曲を楽しめます。

投影方式/投影距離 - 解像度 -
サイズ 105.5×94.5×146mm 明るさ 300ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 接続方法 USB・HDMI
補正機能 オートフォーカス・垂直方向の自動台形補正 無線対応 Wi-Fi・Bluetooth対応
内臓スピーカー 重量 -
連続再生時間 - 投影画面サイズ -

口コミを紹介

オートフォーカスとても便利です。明るさも、四隅も明るく色むらもありません。斜めからの補正も手動ですが慣れれば簡単です。就寝時に、布団の横に置いて使っていますが冷却ファンもとても静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型モバイルプロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7969015の画像

    XGIMI

  • 2
    アイテムID:7969012の画像

    XGIMI

  • 3
    アイテムID:7969009の画像

    キヤノン

  • 4
    アイテムID:7978652の画像

    LG

  • 5
    アイテムID:7969006の画像

    ベンキュージャパン

  • 6
    アイテムID:7969003の画像

    FunLogy

  • 7
    アイテムID:7978800の画像

    Asus

  • 商品名
  • XGIMI MogoSeries pro
  • XGIMI Halo Plus PSE認証
  • Canon モバイルプロジェクター C-13W
  • LEDポータブル プロジェクター
  • BenQ モバイルプロジェクター GV1
  • FUN BOX 2
  • 小型ミニ プロジェクター
  • 特徴
  • 高性能高品質に安定の大容量バッテリー搭載
  • プロ仕様の高解像度カメラ搭載
  • ネット接続にも対応!ディスプレイ部門銀賞の高品質プロジェクター
  • くっきりと繊細な画像を投影!
  • 持ち運びやすい使いやすい!
  • 高いコントラストで色鮮やかな画像
  • 自然なカラーを再現!
  • 価格
  • 74,800円(税込)
  • 96,800円(税込)
  • 47,736円(税込)
  • 46,000円(税込)
  • 36,800円(税込)
  • 64,800円(税込)
  • 199,660円(税込)
  • 投影方式/投影距離
  • -
  • -
  • DLP/-
  • DLP
  • -
  • -
  • DLP/ 1.5~3m
  • 解像度
  • -
  • 1080p Full HD
  • -
  • 1280×720
  • -
  • 1280P
  • 1280×720p
  • サイズ
  • 105.5×94.5×146mm
  • -
  • 12×12×3.3cm
  • 11.6×17.4×4.8cm
  • 8×8×15.5cm
  • 225×106×30mm
  • 35×120×120mm
  • 明るさ
  • 300ルーメン
  • 800ルーメン
  • 130ルーメン
  • 600lm
  • 200ルーメン
  • 3000ルーメン
  • 500lm
  • コントラスト比
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 6000:1
  • 3500:1
  • 天井投影
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • OSの有無
  • -
  • -
  • Bluetooth対応
  • 接続方法
  • USB・HDMI
  • USB・HDMI
  • MicroSD・USB・HDMI
  • HDMI ・USB 2・LAN
  • USBなど
  • VGA・USB・HDMI・SDカード・AVポート
  • HDMI・USB
  • 補正機能
  • オートフォーカス・垂直方向の自動台形補正
  • 4点キーストーン補正
  • 縦自動台形補正・左右・上下反転表示
  • -
  • -
  • オート:±30°
  • 無線対応
  • Wi-Fi・Bluetooth対応
  • Bluetooth対応
  • Bluetooth対応
  • Bluetooth
  • Bluetooth対応
  • -
  • -
  • 内臓スピーカー
  • -
  • 重量
  • -
  • 1600g
  • 410g
  • 600g
  • 710g
  • 1400g
  • 490g
  • 連続再生時間
  • -
  • 4時間
  • -
  • 3時間
  • -
  • -
  • 3.5時間
  • 投影画面サイズ
  • -
  • 300インチ
  • 16.1-97インチ
  • 25~100インチ
  • 最大100インチ
  • 100インチ
  • 60~120インチ

価格が安いモバイルプロジェクターの人気おすすめランキング5選

画面サイズは小さく投影!

パソコン周辺機器やオーディオ関連機器を取り扱っている、電子機器総合メーカー・グリーンハウスの「GH-PJTA-WH」。バッテリーは非搭載ですが、比較的安価な小型LEDプロジェクターです。輝度は最大8ルーメンで、解像度は320×240pに対応し、投影方式は「液晶方式」です。

投影方式/投影距離 液晶/1~2m 解像度 320×240p
サイズ 22×17.5×8cm 明るさ 8lm
コントラスト比 800:1 天井投影
OSの有無 接続方法 USB・microSD・HDMI・AV
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 680g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 30~60インチ

口コミを紹介

リモコンの認識が弱く良い距離か角度にならないと認識しませんが、それをのぞけば値段の割に良い商品だと思います。やや大きめと思っていましたが、すごく軽くコンパクト、明るさもあり。USBもmicroSDカードも使えて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

狭い場所での投影も可能

価格が安いランキングでおすすめなのが、80cmの距離から24インチで投影できる商品です。子供のアニメ視聴やバスルームでの映画視聴にもぴったり。狭い場所での投影にも適していて、どこにでも持ち歩けます。

投影方式/投影距離 -/0.8~2m 解像度 1080p Full HD
サイズ - 明るさ 100ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 VGA・USB・HDMI・AVポート
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー - 重量 531g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 24-60インチ

口コミを紹介

全体的に満足です。
主に映画や好きなアーティストのライヴを観ていますが、映像も綺麗だし字幕もエンドロールもバッチリ読めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10,000円以下で購入できるホームプロジェクター!

ホームシアターで使いやすいモバイルプロジェクターです。10,000円以下で高画質の商品をお探しの方におすすめ。5800ルーメンかつ4000:1のコントラスト比で、美しい映像を楽しむことができます。スクリーン付きで投影場所に悩まなくて済むのも魅力。

投影方式/投影距離 - 解像度 720P
サイズ - 明るさ 5800ルーメン
コントラスト比 4000:1 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 VGA・USB・HDMI・AVポート
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー - 重量 -
連続再生時間 - 投影画面サイズ 最大200インチ

口コミを紹介

1週間ほど使ってみた感想ですが、この価格にして必要十分な機能を備えていて、実用性は十分と感じました

出典:https://www.amazon.co.jp

重さ128gの超小型軽量モバイルプロジェクター

ランキングで人気なのが、名刺入れと変わらないくらい小型サイズのプロジェクターです。ポケットに入れても持ち歩けるのはもちろん、最大60インチサイズまで投影できます。静音性にも配慮した、バッテリー給電も可能なモデルです。

投影方式/投影距離 - 解像度 -
サイズ 9.8×7.5×1.35 明るさ 30ANSIルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 USB・HDMI・AVポート
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 128g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 最大60インチ

口コミを紹介

小規模の打ち合わせやプレゼンで使えます。
白い壁などがあれば使える
持運び使いやすさはコンパクトでとっても良い

出典:https://www.amazon.co.jp

3800ルーメンまでアップグレード

2400ルーメンから3800ルーメンにアップグレードした小型モバイルプロジェクターです。スマホやタブレット、ゲーム機への接続が可能で、いろいろな楽しみ方が可能。スピーカーを内蔵しているので、迫力ある音声を楽しめます。

投影方式/投影距離 - 解像度 1080p
サイズ 18.5×15×7.5cm 明るさ -
コントラスト比 2000:1 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 USB・ HDMI
補正機能 台形補正 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 1.4kg
連続再生時間 - 投影画面サイズ 50-175インチ

口コミを紹介

めちゃくちゃおススメです。この値段でこの性能のものが買えて大満足です。
ショップ対応も◎でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格が安いモバイルプロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7969029の画像

    TOPVISION

  • 2
    アイテムID:7969026の画像

    サンワダイレクト

  • 3
    アイテムID:7969023の画像

    aokang

  • 4
    アイテムID:7969020の画像

    Artlii

  • 5
    アイテムID:7980845の画像

    グリーンハウス

  • 商品名
  • プロジェクター小型
  • モバイルプロジェクター 400-PRJ023
  • DR.J 小型プロジェクター
  • 小型プロジェクター 超軽量 ポータブル
  • ポータブルミニプロジェクター
  • 特徴
  • 3800ルーメンまでアップグレード
  • 重さ128gの超小型軽量モバイルプロジェクター
  • 10,000円以下で購入できるホームプロジェクター!
  • 狭い場所での投影も可能
  • 画面サイズは小さく投影!
  • 価格
  • 7,994円(税込)
  • 21,800円(税込)
  • 8,991円(税込)
  • 4,999円(税込)
  • 4,338円(税込)
  • 投影方式/投影距離
  • -
  • -
  • -
  • -/0.8~2m
  • 液晶/1~2m
  • 解像度
  • 1080p
  • -
  • 720P
  • 1080p Full HD
  • 320×240p
  • サイズ
  • 18.5×15×7.5cm
  • 9.8×7.5×1.35
  • -
  • -
  • 22×17.5×8cm
  • 明るさ
  • -
  • 30ANSIルーメン
  • 5800ルーメン
  • 100ルーメン
  • 8lm
  • コントラスト比
  • 2000:1
  • -
  • 4000:1
  • -
  • 800:1
  • 天井投影
  • -
  • -
  • -
  • -
  • OSの有無
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 接続方法
  • USB・ HDMI
  • USB・HDMI・AVポート
  • VGA・USB・HDMI・AVポート
  • VGA・USB・HDMI・AVポート
  • USB・microSD・HDMI・AV
  • 補正機能
  • 台形補正
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 無線対応
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 内臓スピーカー
  • -
  • -
  • 重量
  • 1.4kg
  • 128g
  • -
  • 531g
  • 680g
  • 連続再生時間
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 投影画面サイズ
  • 50-175インチ
  • 最大60インチ
  • 最大200インチ
  • 24-60インチ
  • 30~60インチ

ソニーモバイルプロジェクターの人気おすすめランキング3選

赤外線センサーでタッチ操作

洗練されたおしゃれなデザインと、機能性に優れたソニーのモバイルプロジェクターです。赤外線やセンサーを利用したタッチ操作や、人感センサーによる自動オンオフ機能を搭載。Android OS内蔵タイプなので、アプリでゲームも楽しめます。

投影方式/投影距離 - 解像度 -
サイズ 14.3×6.91×13.41cm 明るさ -
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 HDMI
補正機能 - 無線対応 Bluetooth対応
内臓スピーカー - 重量 930g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 23インチ

口コミを紹介

ソニーらしい製品でしょうか、机などに映したスクリーンをタッチ操作するのは非常に未来感があって楽しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

ポータブル超短焦点プロジェクター

超短焦点レンズ搭載で、狭いスペースの室内でも大画面で投影できます。オートフォーカス機能がピントを自動的に調整。簡単にクリアな映像を楽しめます。手のひらサイズのコンパクトな機種で、迫力ある映像を堪能したい方におすすめ。

投影方式/投影距離 - 解像度 -
サイズ 13.11×8.1×13.11cm 明るさ 100ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 HDMI・AVポート
補正機能 - 無線対応 赤外線
内臓スピーカー - 重量 930g
連続再生時間 約2時間 投影画面サイズ 23-80インチ

口コミを紹介

本体が小さくて、持ち運びがラク。常時接続でなくても、内蔵バッテリーの充電で2時間動くのが嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

スピーディな起動でスマートに投影

電源を入れてから約5秒で立ち上がる、クイックスタート機能を搭載した機種です手軽に持ち運べるポケットサイズで、約2時間の連続使用が可能!ソニーの商品ランキングで、人気の高いモバイルプロジェクターです。

投影方式/投影距離 DLP/- 解像度 854 x 480
サイズ 15×8.3×1.6cm 明るさ 105ANSIルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 - 接続方法 USB・HDMI
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー - 重量 280g
連続再生時間 約2時間 投影画面サイズ -

口コミを紹介

小さい割に明るさ等申し分ない。投影サイズ80インチ迄なら、照明を消せば通常のカーテンやブラインドで十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソニーモバイルプロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7969040の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:7969037の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:7969034の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • モバイルプロジェクター MP-CD1
  • プロジェクター 超短焦点 LSPX-P1
  • プロジェクター Xperia Touch G1109
  • 特徴
  • スピーディな起動でスマートに投影
  • ポータブル超短焦点プロジェクター
  • 赤外線センサーでタッチ操作
  • 価格
  • 22,790円(税込)
  • 128,000円(税込)
  • 113,275円(税込)
  • 投影方式/投影距離
  • DLP/-
  • -
  • -
  • 解像度
  • 854 x 480
  • -
  • -
  • サイズ
  • 15×8.3×1.6cm
  • 13.11×8.1×13.11cm
  • 14.3×6.91×13.41cm
  • 明るさ
  • 105ANSIルーメン
  • 100ルーメン
  • -
  • コントラスト比
  • -
  • -
  • -
  • 天井投影
  • -
  • -
  • -
  • OSの有無
  • -
  • -
  • -
  • 接続方法
  • USB・HDMI
  • HDMI・AVポート
  • HDMI
  • 補正機能
  • -
  • -
  • -
  • 無線対応
  • -
  • 赤外線
  • Bluetooth対応
  • 内臓スピーカー
  • -
  • -
  • -
  • 重量
  • 280g
  • 930g
  • 930g
  • 連続再生時間
  • 約2時間
  • 約2時間
  • -
  • 投影画面サイズ
  • -
  • 23-80インチ
  • 23インチ

アンカーモバイルプロジェクターの人気おすすめランキング3選

優れたデザインと高機能併せ持つ革新派

DLPの驚くほど高画質なプロジェクションテクノロジーで150インチの鮮明な映像を映し出します。内蔵されている2つのスピーカーから聴こえるしっかりとした重低音。まるで映画館にいるかのようなステレオサウンドです。

投影方式/投影距離 - 解像度 720p HD
サイズ 17.8×12.2×13.8cm 明るさ 300ANSIルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 接続方法 -
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 2300g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 最大150インチ

口コミを紹介

この商品であれば外付けスピーカーなしでも迫力がある映画がみれるんではないかと。

出典:https://www.amazon.co.jp

モバイルスピーカーの迫力あるサウンド

アンカーのランキングで人気の、モバイルスピーカとしても使えるモバイルプロジェクターです。Android OS内蔵なので、アプリを使って音楽の再生も可能です。映画鑑賞するなら、スピーカーで迫力ある音声を楽しめます。

投影方式/投影距離 - 解像度 480p
サイズ 6.5×6.5×13.1cm 明るさ 200ルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 接続方法 -
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 1.08kg
連続再生時間 約4時間 投影画面サイズ 最大100インチ

口コミを紹介

ネブラシリーズは何種類かあり、最終的にカプセル2かこちらで迷いましたが、スペックがほぼ同じで価格が安いこちらを選びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

350ml缶のようなデザイン

まるで350缶のようなデザインで、360度スピーカーを搭載したタイプです。タブレットやゲーム機との接続が可能で、臨場感のあるサウンドを楽しめますAndroid OS内蔵なのも便利なポイント。アプリを使ってNetflixYouTubeの映像を体感してください。

投影方式/投影距離 - 解像度 720P
サイズ 8×8×15cm 明るさ 200ANSIルーメン
コントラスト比 - 天井投影 -
OSの有無 接続方法 -
補正機能 - 無線対応 -
内臓スピーカー 重量 739g
連続再生時間 - 投影画面サイズ 最大100インチ

口コミを紹介

天井投影にも最適なプロジェクターです!

出典:https://www.amazon.co.jp

アンカーモバイルプロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7969051の画像

    Anker

  • 2
    アイテムID:7969048の画像

    Anker

  • 3
    アイテムID:7969045の画像

    Anker

  • 商品名
  • Anker Nebula Capsule II
  • Anker Nebula Apollo
  • Anker Nebula Mars II
  • 特徴
  • 350ml缶のようなデザイン
  • モバイルスピーカーの迫力あるサウンド
  • 優れたデザインと高機能併せ持つ革新派
  • 価格
  • 59,800円(税込)
  • 39,392円(税込)
  • 69,800円(税込)
  • 投影方式/投影距離
  • -
  • -
  • -
  • 解像度
  • 720P
  • 480p
  • 720p HD
  • サイズ
  • 8×8×15cm
  • 6.5×6.5×13.1cm
  • 17.8×12.2×13.8cm
  • 明るさ
  • 200ANSIルーメン
  • 200ルーメン
  • 300ANSIルーメン
  • コントラスト比
  • -
  • -
  • -
  • 天井投影
  • -
  • -
  • -
  • OSの有無
  • 接続方法
  • -
  • -
  • -
  • 補正機能
  • -
  • -
  • -
  • 無線対応
  • -
  • -
  • -
  • 内臓スピーカー
  • 重量
  • 739g
  • 1.08kg
  • 2300g
  • 連続再生時間
  • -
  • 約4時間
  • -
  • 投影画面サイズ
  • 最大100インチ
  • 最大100インチ
  • 最大150インチ

プロジェクターの種類

プロジェクターには、モバイルプロジェクターのほかにもいくつか種類があります。この記事では設置方法によって4つに分類しました。

据え置き型

据え置き型のプロジェクターは、オフィスなどに設置されていることが多いタイプ。据え置き前提のため、サイズが大きいものが多いです。性能が高く、講演会などで活躍します。

天井固定型・壁固定型

天井固定型壁固定型はオフィスや講堂に設置されることが多く、大人数での鑑賞に適しています。価格が高い分、性能が高いのが魅力。中には家庭向けとして販売されている商品もあります。

ポータブル型

ポータブル型は、持ち運び可能なサイズ感のもの。モバイルプロジェクターと呼ばれるのはほとんどがポータブル型に分類できます。キャンプなどに持ち運びたい方におすすめ。家庭用として選びやすい価格帯での展開が豊富です。

モバイルプロジェクターの使い方

モバイルプロジェクターの基本的な使い方は、壁やスクリーンに映像を投影して楽しむというものです。商品によって多少手順や方法が異なります。特に違うことが多いのは、映像データをモバイルプロジェクターに送る方法についてです。

 

HDMIやBluetoothでの通信など、商品によって対応するデータ転送方法が異なります。購入前に確認しておきましょう。

モバイルプロジェクターはレンタルも可能

モバイルプロジェクターは、レンタルサービスでの取り扱いも多いアイテムです。「気になっているけれど、本当に使うかわからない」「一日だけ使えればそれでいい」という方は、レンタルサービスを検討するのもおすすめ。

 

一度使ってみて、便利そうなら購入を検討するといいでしょう。

プロジェクタースクリーンで映画やゲームを楽しもう

モバイルプロジェクターの映像は、プロジェクタースクリーンに投影するのがおすすめです。白いただの壁にも投影できますが、プロジェクタースクリーンを使うことでよりきれいな映像を楽しめます

 

映画やゲームを大きな画面で楽しみたい方、プロジェクタースクリーンも合わせて用意しましょう。

まとめ

モバイルプロジェクターの選び方やおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介しました。モバイルプロジェクターがあれば、自宅でもアウトドアキャンプでも気軽に映像を投影できます。ご紹介した選び方やランキングを参考にして、大画面の映像を楽しんでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【現役家電販売員監修】ビデオカメラの人気おすすめランキング21選

【現役家電販売員監修】ビデオカメラの人気おすすめランキング21選

ビデオカメラ
ソニービデオカメラの人気おすすめランキング10選【2021年最新版】

ソニービデオカメラの人気おすすめランキング10選【2021年最新版】

ビデオカメラ
【2021年最新版】Panasonicテレビの人気おすすめランキング10選【ビエラの新製品も】

【2021年最新版】Panasonicテレビの人気おすすめランキング10選【ビエラの新製品も】

薄型テレビ・液晶テレビ
【2021年最新版】パナソニック製パソコンの人気おすすめランキング10選【ビジネスシーンに最適】

【2021年最新版】パナソニック製パソコンの人気おすすめランキング10選【ビジネスシーンに最適】

ノートパソコン
【2021年最新版】モバイルパソコンの人気おすすめランキング11選【軽量モデルで持ち運べる】

【2021年最新版】モバイルパソコンの人気おすすめランキング11選【軽量モデルで持ち運べる】

ノートパソコン
【2021年最新版】スキャナーの人気おすすめランキング20選【紙媒体をデータ化しよう】

【2021年最新版】スキャナーの人気おすすめランキング20選【紙媒体をデータ化しよう】

スキャナ