安いプロジェクターのおすすめ人気ランキング8選【小型やコスパ最強のも】

家庭用プロジェクターは、一人暮らしにもおすすめの小型サイズや、格安の1万円以下でも性能の優れたコスパ最強のもの、高画質で映像を楽しめる4Kのものまで種類が多いです。そこで今回は、安いプロジェクターの選び方からおすすめ商品までご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

静かで一人暮らしにもおすすめ!格安プロジェクターの相場は?

家庭用プロジェクターは、自宅にいながら映画館にいるような映像を楽しめる商品で、世代を問わず多くの方から人気を集めています。安いプロジェクターの価格相場は1万円~5万円ほどで、最近は格安の1万円以下でコスパ最強なものもあります。

 

また、スマホに繋いで映画やYouTubeなどを楽しめるスマホプロジェクターや、一人暮らし向きの小型タイプのホームプロジェクターなどさまざまな特徴をもったものが揃っているんです。しかし商品の種類が多く迷う方も多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は、静かで安いプロジェクターの選び方からおすすめ商品までランキング形式で紹介します。ランキングは、機能・メーカー・サイズ・価格などを基準に作成しました。ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

5000円以下~1万円以下のプロジェクターのおすすめ

1位

Green House(グリーンハウス)

ポータブルミニプロジェクター GH-PJTA-WH

格安で購入できるポータブルミニプロジェクター

グリーンハウスの「GH-PJTA-WH」はAmazonで購入できる格安のポータブルミニプロジェクターです。モバイルバッテリーにも対応しているため、コンセントがない場所でも使用できます。Chromecast・Fire・TVStickなどに対応しているのでさまざまなコンテンツを楽しめるのが魅力です。

基本情報
サイズ W127.5×D87.9×H50.5mm
重量 約251g
明るさ AC電源 8ANSIルーメン/USB電源 3ANSIルーメン
解像度 320×240
機能 スピーカー搭載(1W)搭載

2万円以下のプロジェクターのおすすめ

1位

グロビュー

プロジェクター 小型

スマホに接続可能でYouTubeも見やすい!4K映像を簡単に堪能

iPhoneやAndroidにBluetoothで接続できるので、YouTubeも見やすく初めてプロジェクターを購入する方にもおすすめできる商品です。また4K映像に対応しているため、自宅にいながら映画館で観られるような鮮明な映像を楽しめます。

基本情報
サイズ -
重量 -
明るさ -
解像度 1080P
機能 Bluetooth搭載・4K映像対応

3万円以下のプロジェクターのおすすめ

1位

DMM.make

シネマライト DKS-LGT1

LED照明一体型プロジェクター

DMM.makeの「DKS-LGT1」はLED一体型のプロジェクターです。お部屋の天井のライトと交換し、プロジェクターとして楽しむ仕様です。Fire Tv Stickを使用すれば簡単にNETFLIXやAmazonプライムビデオなどさまざまなコンテンツを楽しめます。

基本情報
サイズ 425x140x420 mm
重量 4kg
明るさ 150 ANSIルーメン
解像度 854x480
機能 スピーカー搭載

安いプロジェクターの選び方

プロジェクターを選ぶ際には、メーカー・価格・サイズ・機能などさまざまな点を確認するのが重要です。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

設置方法で選ぶ

プロジェクターの設置方法は、据え置きタイプ・天吊りタイプから選べます。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの方には移動できる「据え置きタイプ」がおすすめ

一人暮らしの方にぴったりなのが、据え置きタイプのプロジェクターです。据え置きタイプは使わないときにはしまっておけるので、頻繁に使用しない方や持ち運びする方にぴったりのタイプになっています。

家庭用など頻繁に使用する方は天井設置の「天吊りモデル」がおすすめ

頻繁にプロジェクターを使用する方には、天吊りタイプがおすすめです。天吊りタイプは天井設置するタイプなので、置いておく場所を確保する必要もありません。また家庭用としてだけでなく、ビジネスシーンでの使用にも向いています。

用途で選ぶ

プロジェクターは、自宅用・ビジネス用など使用用途別でも選べます。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

「自宅用」なら短焦点でコスパ最強の商品がおすすめ

鑑賞距離の近い自宅用にプロジェクターが欲しい方には、短焦点でコスパ最強の商品がおすすめです。自宅用のプロジェクターでドラマや映画、アニメなどを観たいと考えている方は、コストパフォーマンスの高いものでも満足できます。

「ビジネス用」なら高画質のものがおすすめ

ビジネスシーンでの使用を考えている方は、高画質の商品がおすすめです。パワーポイントなどを使う会議などでもプロジェクターは使用できます。また高画質なだけでなく、さまざまな機能を付いているものを選ぶとより快適に使用可能です。

鮮明な映像を楽しみたい方は「解像度」が高い4Kなどをチェック

より鮮明な映像を楽しみたい方は、解像度の高いプロジェクターを選んでください。高解像度のプロジェクターは高画質なものばかりなので、自宅のスクリーンで映画館にいるような臨場感のある映像を楽しみたい方におすすめできます。

 

解像度が高いプロジェクターの中には、4kの映像が楽しめる商品もありますが低価格の商品のなかにはなかなかありません。低価格のものが多い小型プロジェクターで探すならフルHDのものがおすすめです。より解像度の高い4k映像を楽しむなら、予算を少し上げましょう

使用する部屋に合わせて「投影距離」をチェック

プロジェクターを購入する前に、使用する部屋に合わせて投影距離をチェックするのも大切です。投影距離とはスクリーンからプロジェクターのレンズの先端までの距離になります。商品によって大きく異なるので、事前に確認してください。

輝度で選ぶ

プロジェクターは、1000ルーメン・2000ルーメンなどの輝度からも選べます。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

暗い部屋で観るなら「1000ルーメン以上」がおすすめ

暗い部屋でプロジェクターを使う方には、1000ルーメン以上の商品がおすすめです。1000ルーメン以上の商品はほどよい明るさになっているので、明るすぎないのがポイントになっています。逆に明るい場所では見ずらいので、用途に合わせてチェックしてください。

明るい部屋で観るなら「2000ルーメン以上」がおすすめ

明るい部屋で使用するからには、2000ルーメン以上のプロジェクターがおすすめになります。2000ルーメン以上は明るい空間でも見やすいので、会議などにも使用できるのが嬉しいポイントです。数値が大きくなるとより見やすいので、ぜひチェックしてみてください。

機能で選ぶ

プロジェクターには、コントラスト比・台形補正機能・ピント合わせ機能などいろいろな機能が揃わっています。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、参考にしてください。

見やすいものなら「コントラスト比」が大きいものがおすすめ

見やすいものを選びたい方には、コントラスト比が大きいものがおすすめです。コントラスト比が大きいと、はっきりとした映像を楽しめます。特に映像の見やすさを重視して選ぶ方は差が大きいものを選んでください。

狭い部屋で使用する方は歪みを修正してくれる「台形補正機能」がおすすめ

狭い空間で使用する方には、歪みを修正してくれる台形補正機能がおすすめです。台形補正機能が付いているプロジェクターは、斜めから投射しても正面から投射しているように補正してくれます。正面から投射できない場合にも役立つ機能です。

初めてプロジェクターを使用する方は「ピント合わせ機能」がおすすめ

初めてプロジェクターを購入する方には、ピント合わせ機能がおすすめです。初めて使う方の中には、なかなかピントが合わせられない場合もあります。ピント合わせ機能は自動でピントを合わせてくれるので、多くの方に最適です。

手軽に使用できるものなら「スピーカー内蔵」がおすすめ

スピーカーいらずで手軽に使用できるものなら、スピーカー内蔵のプロジェクターがおすすめです。スピーカーが内蔵されていると、ほかのものを揃える必要がないので場所やお金の節約になります。一人暮らしの方にもおすすめです。

スマホから映像を映すなら「無線接続対応」がおすすめ

iPhoneやAndroidなどのスマホから映像を映したい方には、無線接続対応のプロジェクターがおすすめです。無線接続に対応しているプロジェクターはBluetoothで繋げられるので、余計な配線いらずで手軽に楽しめるのがポイントになっています。

さまざまな方法で接続したいなら「接続端子」が多いものがおすすめ

さまざまな方法で接続できるプロジェクターをお探しの方には、接続端子が多いものがおすすめできます。接続端子が多いとそのときに合わせたものを使用し映し出せるので、家庭用・ビジネス用の併用をしたい方にもぴったりです。

DVDプレイヤー代わりにするなら「DVDプレイヤー内蔵」がおすすめ

DVDプレイヤーの代わりにも使用したい方には、DVDプレイヤー内蔵のプロジェクターがおすすめです。DVDプレイヤーが内蔵されている商品は、AmazonプライムやYouTubeなどでは見れない円盤化されている作品も観られます

さまざまな映像を観る方は「アスペクト比」自動設定がおすすめ

アスペクト比とは、縦と横の比率を指します。現在はおもに、4:3・16:10・16:9の3種類が多いです。アスペクト比の自動設定ができると、自分で調節する必要がないので、初めてプロジェクターを使用する方でも簡単に操作できます。

キャンプなど外で使うなら「バッテリー内蔵」がおすすめ

キャンプなどアウトドアで使用する方は、バッテリー内蔵タイプがおすすめです。バッテリーが内蔵されている小型のモバイルプロジェクターは、コンセントがない野外でも使用できるのでキャンプでの使用にうってつけといえます。連続駆動時間はモデルによって異なるため、必ずチェックするのをおすすめします。

画面のサイズを調整できる「ズーム機能」がおすすめ

本体を動かさずに画面のサイズを調整したい方は、「ズーム機能」の有無を確認しましょう。ズーム機能があれば、本体の設置場所を固定したまま画面サイズで調整できます。プロジェクターの設置場所を固定したい方におすすめです。

メーカーで選ぶ

プロジェクターは、さまざまなメーカーの商品から選べます。ここからはそれぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Android TV機能搭載なら「EPSON(エプソン)」がおすすめ

Android TVに対応している商品が欲しい方には、EPSON(エプソン)のプロジェクターがおすすめです。また、EPSONは国内だけでなく、国外でもトップクラスの人気を誇る有名メーカーです。家庭用の商品から、ビジネス用の商品まで揃っています

ゲーム用やビジネス用のプロジェクターなら「BenQ(ベンキュー)」がおすすめ

ゲーム用やビジネス用のプロジェクターをお探しの方には、BenQ(ベンキュー)が商品がおすすめできます。またリーズナブルな商品が揃っているのも嬉しいポイントです。さまざまな特徴を持った商品があるので、自分に合ったものを選べます。

お手頃な価格で高性能な商品が欲しい方には「Anker(アンカー)」がおすすめ

お手軽な価格で高性能な商品をお探しの方には、Anker(アンカー)のプロジェクターがおすすめできます。コンパクトで使いやすい小型タイプのプロジェクターもあるので、持ち運びしたい方にも適しています。

ラインナップが豊富な「Acer(エイサー)」がおすすめ

豊富なラインナップの中からプロジェクターを選びたいなら、Acer(エイサー)がおすすめです。エイサーは台湾に本社を置く電子機器メーカーで、格安PC「Aspire One」が人気。エイサーのプロジェクターは、コンパクトなモデルから4K画質を投影できるハイエンドモデルまでさまざまなものを提供しています。

機能性が魅力的な「popIn(ポップイン)」がおすすめ

照明一体型のプロジェクターがほしい方は、「popIn(ポップイン)」がおすすめです。ポップインはインターネット事業を主軸にした日本のメーカー。プロジェクター・スピーカー・シーリングライトが一体となった「popIn Aladdin」が爆発的にヒットし注目を浴びました。

低価格帯で画質がいいものなら「FUDONI」がおすすめ

コスパを重視する方は、FUDONIがおすすめです。FUDONIはプロジェクターやゲーミングヘッドセットなどを取り扱うアメリカの電気機器メーカー。高性能ながらも1万円以下で購入できるコンパクトなプロジェクターを取り扱っています。

安くて使い勝手のいいものなら「YOWHICK」がおすすめ

1万円代で購入できるプロジェクターがほしい方は、YOWHICKがおすすめです。YOWHICKは、中国の電子機器メーカー。使いやすくて高機能でありながらも価格が安いプロジェクターを提供しています。

YouTube・ドラマ・アニメを見たい方は「OS搭載」かチェック

アニメやドラマなどを楽しみたい方は、OS搭載されているかチェックしてください。OSが搭載されていると、AmazonプライムやYouTube、ユーネクストなどのサブスクリプションをプロジェクターで観られます。

持ち運びするなら「小型タイプ」をチェック

持ち運びできるプロジェクターをお探しの方には、小型タイプの商品がおすすめです。小型タイプのなかには手のひらサイズのプロジェクターもあるので、一人暮らしの方でも場所を取りません。また遊びに行くときに持っていけるのもポイントです。

価格帯で選ぶ

プロジェクターは、付いている機能などによって価格が大きく変化します。ここでは価格別に特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ホームシアターとして使うなら格安の「5000円~1万円以下」がおすすめ

初めてプロジェクターを購入する方や、ホームシアターとして手軽なものが欲しい方には、格安の5000円~1万円以下のプロジェクターがおすすめです。大人だけでなく、学生でも手の出しやすいものが揃っているので、世代を問わずチェックしてみてください。

さまざまな機能が備わっているものなら「2万円以下」がおすすめ

さまざまな機能が備わっているものなら、2万円以下のプロジェクターがおすすめです。ほとんどの商品に基本的に付いている機能はもちろん、あると便利な機能がいくつも搭載されているので、長く愛用したい方にも適しています。

明るさ関係なく1日中使用できる商品なら「3万円以下」がおすすめ

明るさ関係なく1日中使用できるプロジェクターをお探しの方には、3万円以下の商品がおすすめです。ほかの商品と比べてどうしても価格は上がってしまいますが、自宅ではもちろんビジネスシーンでも使用できるのでコスパがいいといえます。

5000円以下~1万円以下の人気おすすめ2選

製品価格はセールなどで変動する可能性があります。

1位

Green House(グリーンハウス)

ポータブルミニプロジェクター GH-PJTA-WH

格安で購入できるポータブルミニプロジェクター

グリーンハウスの「GH-PJTA-WH」はAmazonで購入できる格安のポータブルミニプロジェクターです。モバイルバッテリーにも対応しているため、コンセントがない場所でも使用できます。Chromecast・Fire・TVStickなどに対応しているのでさまざまなコンテンツを楽しめるのが魅力です。

基本情報
サイズ W127.5×D87.9×H50.5mm
重量 約251g
明るさ AC電源 8ANSIルーメン/USB電源 3ANSIルーメン
解像度 320×240
機能 スピーカー搭載(1W)搭載
2位

Green House(グリーンハウス)

ポータブルミニプロジェクター GH-PJTD-WH

1万以下で購入できる格安プロジェクター

グリーンハウスの「GH-PJTD-WH」は格安のポータブルミニプロジェクターです。コンパクトながらも最大60インチに投影でき、モバイルバッテリーに対応しています。HDMI・AV端子・microSD・USBメモリーなど4種類の機器に対応できるのが魅力です。

基本情報
サイズ ‎8.79 x 12.75 x 5.05 cm
重量 251g
明るさ AC電源:8ANSIルーメン / USB電源:3ANSIルーメン
解像度 320x240
機能 スピーカー搭載

5000円以下~1万円以下のおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 重量 明るさ 解像度 機能
1位 アイテムID:14898122の画像

Amazon

楽天

ヤフー

格安で購入できるポータブルミニプロジェクター

W127.5×D87.9×H50.5mm

約251g

AC電源 8ANSIルーメン/USB電源 3ANSIルーメン

320×240

スピーカー搭載(1W)搭載

2位 アイテムID:14898123の画像

Amazon

楽天

ヤフー

1万以下で購入できる格安プロジェクター

‎8.79 x 12.75 x 5.05 cm

251g

AC電源:8ANSIルーメン / USB電源:3ANSIルーメン

320x240

スピーカー搭載

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

2万円以下のプロジェクター人気おすすめランキング4選

製品価格はセールなどで変動する可能性があります。

1位

グロビュー

プロジェクター 小型

スマホに接続可能でYouTubeも見やすい!4K映像を簡単に堪能

iPhoneやAndroidにBluetoothで接続できるので、YouTubeも見やすく初めてプロジェクターを購入する方にもおすすめできる商品です。また4K映像に対応しているため、自宅にいながら映画館で観られるような鮮明な映像を楽しめます。

基本情報
サイズ -
重量 -
明るさ -
解像度 1080P
機能 Bluetooth搭載・4K映像対応

口コミを紹介

安い!大画面でYouTubeがみれる!
音がするのでイヤホン推奨です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DBPOWER

プロジェクター

Amazon での評価

(2024/07/12調べ)

\プライムデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る

iOSとAndroidの両方に対応!映画館のような高画質な映像を楽しみたい方に

iOSとAndroidの両方に対応しているため、PC・iPhone・iPadなどさまざまな端末から接続できるプロジェクターです。最大120インチまで拡大できるので、友達が遊びに来た際も、映画やドラマなどをゆったりと観られるのが嬉しいポイントです。LED電球の寿命時間が50000時間で、コスパの高い商品をお探しの方にも適しています。

基本情報
サイズ -
重量 -
明るさ 9000LM
解像度 1080P
機能 台形補正機能・Wi-Fi・Bluetooth接続可能

口コミを紹介

設定も簡単、画質も良いので気軽に長く使えそうです。
スピーカーも別途購入検討していましたが、プロジェクター本体からの音でもストレスなくて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

VANKYO

Leisure 470 HD プロジェクター

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

\プライムデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
プライム会員
-33%
¥ 7,999 税込
参考価格: ¥11,999

超高速5G対応!冷却システムや静音機能が嬉しいコスパ最強商品

高速Wi-Fiでスムーズで低遅延のスクリーンミラーリング接続が可能です。無線のため、コードを用意する必要がないのが嬉しいポイントになっています。またスピーカーが内蔵されているのも特徴です。

 

効率的なLED光源によって寿命が60000時間以上もあるので、長く愛用したい方にもおすすめです。最大300インチの大画面を楽しめるため、友達や家族との映画鑑賞やドラマ鑑賞にも適しています。

基本情報
サイズ 20×15×7cm
重量 0.92㎏
明るさ 10000LM
解像度 1080P
機能 無線接続

口コミを紹介

初心者に対して設定は簡単です。switchやps4やパソコンもできます。画質や明るさも良いと思います。推薦します。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ファンロジー

小型プロジェクター

ゲームやライブ映像も楽しめる小型の家庭用プロジェクター

ゲームや映画はもちろん、写真なども観られるおしゃれでスタイリッシュなプロジェクターです。スマートフォンを始め、パソコンやBlu-ray・DVDプレイヤーが接続できるのも特徴になります。

基本情報
サイズ 230×190×89(mm)
重量 1.25㎏
明るさ 200ANSIルーメン
解像度 1280×720
機能 自動台形補正機能・スピーカー内蔵

口コミを紹介

120インチサイズレベルで使っていますが、画質の粗さはそんなに気にならない。アマゾン特選タイムセールで買いました、コスパは十分と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2万円以下のプロジェクターおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 重量 明るさ 解像度 機能
1位 アイテムID:14898126の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スマホに接続可能でYouTubeも見やすい!4K映像を簡単に堪能

-

-

-

1080P

Bluetooth搭載・4K映像対応

2位 アイテムID:14898129の画像

Amazon

iOSとAndroidの両方に対応!映画館のような高画質な映像を楽しみたい方に

-

-

9000LM

1080P

台形補正機能・Wi-Fi・Bluetooth接続可能

3位 アイテムID:14898132の画像

Amazon

超高速5G対応!冷却システムや静音機能が嬉しいコスパ最強商品

20×15×7cm

0.92㎏

10000LM

1080P

無線接続

4位 アイテムID:14898135の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ゲームやライブ映像も楽しめる小型の家庭用プロジェクター

230×190×89(mm)

1.25㎏

200ANSIルーメン

1280×720

自動台形補正機能・スピーカー内蔵

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

3万円以下のプロジェクター人気おすすめ2選

製品価格はセールなどで変動する可能性があります。

1位

DMM.make

シネマライト DKS-LGT1

LED照明一体型プロジェクター

DMM.makeの「DKS-LGT1」はLED一体型のプロジェクターです。お部屋の天井のライトと交換し、プロジェクターとして楽しむ仕様です。Fire Tv Stickを使用すれば簡単にNETFLIXやAmazonプライムビデオなどさまざまなコンテンツを楽しめます。

基本情報
サイズ 425x140x420 mm
重量 4kg
明るさ 150 ANSIルーメン
解像度 854x480
機能 スピーカー搭載

口コミを紹介

賃貸住まいの為、工事ができないので、シーリングに取り付け出来る本機を購入手持ちのfire stickとりつけて10分でセッティング完了画像に関して色々書かれていますが、ネトフリ、TVer、YouTube程度なら全然問題ないかと。chromeTVも取り付けてiPadから映像飛ばしても問題なし。(後略)

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ワイズオフィス 楽天市場店

DVDプロジェクター Wizz WPJ-D100 ホワイト

コンパクトで軽量なDVDプロジェクター

ダイニチの「Wizz WPJ-D100」はコンパクトで軽く持ち運びに便利なDVDプロジェクターです。SDカードに対応・スピーカー搭載しているのが魅力。また、150インチの大画面投影できたり、投影映像の台形歪みを補正したりできるのも魅力です。

基本情報
サイズ 約235(W)x185(D)x 100(H) mm
重量 約1.33kg
明るさ 70ANSI(3000ルーメン)
解像度 1280x720
機能 スピーカー搭載

3万円以下のプロジェクターおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ 重量 明るさ 解像度 機能
1位 アイテムID:14898140の画像

Amazon

楽天

LED照明一体型プロジェクター

425x140x420 mm

4kg

150 ANSIルーメン

854x480

スピーカー搭載

2位 アイテムID:14898143の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトで軽量なDVDプロジェクター

約235(W)x185(D)x 100(H) mm

約1.33kg

70ANSI(3000ルーメン)

1280x720

スピーカー搭載

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\プライムデー開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

安いプロジェクターでも問題なし?高いものと何が違う?

安いプロジェクターでも問題なく使用できます。1万円以下の低価格モデルでも十分な性能があり使いやすくコスパがいい商品もたくさんあります。プロジェクターの価格の違いは、主に機能面なので、画質・機能性など特にこだわりがない方におすすめです。

 

画質がよく機能性が高いモデルがほしい方は、ゆがみ補正・オートフォーカス機能などプラスアルファの機能付きモデルがおすすめです。高画質レンズを使用したモデルや、解像度が高く明るい画面を投影できるモデルを選びましょう。

プロジェクターのメリット・デメリット

プロジェクターにはテレビとは違った映像が楽しめる点や、簡単に使用できるなどのメリットはもちろんですが、デメリットもあります。1番のデメリットは、明るい場所では映像が鮮明に見えない点です。

 

しかし最近では明るい場所でも使用できるモデルが増え、時間を選ばずに臨場感のある映像を楽しめるようになりました。それぞれに合った商品を選ぶと、デメリットを感じずに使用できるのでぜひ探してみてください。

よりプロジェクターを楽しむならスクリーンにもこだわろう

プロジェクターは壁や天井でも使えますが、スクリーンがあるとより綺麗な映像が楽しめます。以下の記事では、プロジェクタースクリーンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

まとめ

ここまでは、安いプロジェクターの人気おすすめランキングをご紹介しました。安いプロジェクターといっても小型サイズのものから、高機能のものまでさまざまなものがあり迷ってしまいますが、今回の記事を参考にしぜひ自分に合ったものを選んでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年03月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事